ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > 『逃げるは恥だが役に立つ』 > トピック一覧 > グッときた!(名シーン、印象...

『逃げるは恥だが役に立つ』コミュのグッときた!(名シーン、印象に残ったシーン)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

定番ですが、

皆様はどんなシーンにグッときましたか?
または誰のどの言葉にグッときましたか?

複数回答ありでお願い致します♪

コメント(120)

>>[79]

いずれかでしょうね。

そして、妄想するのが、ヒラマサくんの黒歴史。

中高生の頃は、学校で浮いてたと思います。
勉強でき過ぎるし、気難しいし。
もちろん女の子には興味あるけど、
クラスの中心の男女が仲良くしてる「明るい」グループなんかには
まったくお呼びじゃなくて、
軽くいじられちゃって、
根拠も無く「キモい」とか言われて、そういうの真に受けちゃって…

で、大学に入って、京大なんで、
合コンの誘いはいっぱいあったと思います。
行ったでしょう。
で、女の子たちに受けなかったんでしょう…
目に浮かぶようです。
だって相手は「京大の男(なら誰でもいいから)つきあいたい」という
ポジモン系ですし
(勝手な妄想なので、京大生と合コンする女子みんながそうだと決めつけてるんじゃないです!すみません)
生真面目でロマンチストなヒラマサくん(18歳)には
しんどかっただろうなぁ〜…とか

大学のクラスのマドンナとかには
片思いしただろうな。
賢い女性の方が合うだろうし、友だちにはなれただろうけど、
彼女にはとんでもなく素敵ハイスペックな彼がいて、
告白もせずに終わったかな…とか

「プロの独身」を自称するまでを、ついつい。。。

みくりちゃんに会えて、ホントよかった
(この辺、もう母親目線w)
>>[80]

「キモい」かぶりましたねw

言う方はたいして考えずに言うけど、
言われた方は一生心の傷になっちゃう言葉ですよね。
(自分の妄想に深刻になるワタシw)

私は3話から見始めたので、1〜2話の部分は、
やはり同じ1〜3話ダイジェストでした。

で、あちこちに頼んで、最初から録画してるという
友人の友人に1〜2話焼いてもらって観たのですが、
1話、抜群に面白いです!
イヤなヤツぽいんだけど、じわじわと可愛さが滲んで…
無茶な仕様変更に、部署みんなで泊まり込みで対応する時の
的確なリーダーシップに、かっこよさも見せて。

まだお話は滑り出してない、登場人物たちの紹介的なんですが、
各キャラの魅力を上手く紹介してて、すごくいいので、
どうか観られますよう。。。
ひらまささんが、実際に誰かに愛されたことがあるかどうかは、
直接は現実のひらまささんには関係なく、
いずれにしても、
彼は、
自分は誰にも愛されていない
と感じていた。
ここが決定的なポイントだと思います。

「愛される人は、いいなあ(涙)」
に僕が強く共感したのは、僕自身が、誰にも愛されていないのではないか、と感じた経験があったのだろうな、と思っています。

自分で壁を作ってしまうひらまささんだから、ますます他人から敬遠される。負のスパイラル。

そんなひらまささんのことを、
自尊感情が極端に低い人

と正確に分析し、何度もひらまささんのシャッターを開けようとしてくれたみくりちゃん。

「みくりさんが閉じたシャッターは…いつか僕が閉じたものと一緒かもしれない。
だとしたら、僕は開け方を知っている。
何度も何度も、見捨てずにノックしてくれたのは、他の誰でもない。
みくりさんだ。」

だから、僕の中では、最終回のこのひらまささんの言葉と
「愛される人は、いいなあ(涙)」
とは、対をなしています。

この二つの言葉が、僕がこのドラマの中で最も感動した部分です。
少しずれた感じかたかもしれませんが、契約結婚のきっかけって百合ちゃんかの一言だと思うんですよね。みくりちゃんは体調が悪い平匡さんに今日はいいですと言われて帰ってしまいましたが百合ちゃんに一人暮らしの病気は不安と指摘されて電話したらアイスと風邪薬買ってきてくれと言われましたね もし百合ちゃんが電話してみたらって言わなければこの物語は始まらなかったかもしれませんね そう考えると恋のキュピットは百合ちゃんだったのかな
>>[81]
いいですね〜すごい妄想力!
目の前にひらまさ(少年〜青年)がいるかのよう(笑)

学生のとき思い出しても、こんな子いたよね、いや、絶対今もいるよね!って思いました(^^)
>>[81]

コメントは82でいただきましたが、めっちゃ共感したのは81の平匡さんの黒歴史妄想wwwいる、いそうです!そういう人。

ロマンチストも的確だなぁと思いました。

あのプロポーズのセッティングを見る限りロマンチストなのは確実だと思います。
しかも、平匡さん自身は自分をリアリストだと思い込んでいそう。

「キモい」かぶりましたね〜〜。

平匡さんのポジモンへの対応を観ると、みくりちゃんから可愛い女の子と言われても思い出せないくらい女性扱いしていないwww
たぶんあのタイプの女性から辛辣な対応されまくるから出会っても一歩引いて必要以上に仲良くならないようにしていたのだろうなぁって思います。

1〜3話観たいですが、周囲でビデオを回してくれる人はいないし、TBSオンデマンドってクレジットカード払いを登録しないと無料でも観る事ができないので、3月発売のDVDまでお預けです。3月末からまた逃げ恥熱が高まりそうです♪
最終回、青空市で活き活きと働くみくりを目の当たりにして
「みくりさん、あんなに走れたんだな…。」

家事代行はみくりちゃんにとっては、ちゃんとした仕事に就くまでの一時的なもの。
必要に迫られて契約結婚をし、その後就職活動をしなかったので、平匡さんはみくりちゃんが本来は外で働きたい人だって気づかなかったのかも。
みくりちゃんはとしては平匡さんのところへ"家事代行業者の正社員として就職"したつもりだったから、就職活動をしなかったのかもしれませんが。

平匡さんの「あんなに走れたんだな…。」のセリフには、みくりちゃんが活き活き働いている事に対する驚きや、それを自分はまったく気づいていなかった事、それから一所懸命頑張っているみくりちゃんは可愛い、とかいろんな気持ちが篭った言葉だなぁって、感じます。

私も沼田さんと同じ気分。

「愛だね〜〜(´∀`*)」
>>[074]

ありがとうございますm(__)m
クリスマスでしたが、治るようにバニラアイスを食べました。平匡さんにあやかって(笑)ようやく解熱しました。

平匡さん、ちやほやされたことがないのか、もしくは好意を持たれても気づかないとか、先に進む勇気がないとか自分に自信がなくてこれまで恋愛分野を避けてきたんでしょうね。

ポジモンみたいなのにつかまらず、相手がみくりで本当によかった涙
>>[075]

ご心配おかけしましたm(__)m
おぼろげな記憶ですが、みくりをシェアすることになり、シェア前後でみくりから風見さんの話がたくさん出てきて、風見さんと自分を比べて言ったような気がしてきました。

言った場所はオフィスだったと思います。
>>[91]
そうそう、シェアの回ですね。
平匡さんが残業で、みくりが風見さん宅で一緒にご飯を食べてる頃、それを知らない平匡さんが心の中で言っていました。

蛇足ながら。
原作の漫画家、海野つなみさんが、あのシーンについて「あんな震える声で言われたらもう…漫画では表現しきれない情感が出ていました」というようなことを、どこかでおっしゃっていました。

原作者と脚本家、お互いがリスペクトしてるのが良いなぁと思いました。(思うところはないわけじゃないでしょうが、それぞれのメディアの特性上、仕方ないと認め合っている気がします)
みくりが平匡さんに萌えていたシーン全てexclamation
気に入ってますハート

平匡さんがみくりに始めに見せた弱い姿。
バニラアイスを手にし、みくりがまだ部屋のドアを閉め終わる前に、
アイスの蓋を開け食べ始める姿・・・可愛いハート

旅館で
「みくりさんはいつもとっぴょうしも無い事を言う、ぷんぷんむかっ(怒り)
みたいな調子で
マムシドリンクをいそいそと鞄にしまう平匡さん・・・可愛いハート

平匡さんがみくりにパジャマ姿を見せ始める様になり
朝顔を洗っていて
みくりは触りたいけどこれ以上は我慢している。
平匡さんが振り返ると同時にみくりは台所仕事に戻る・・・可愛いハート

最終回の中でも最後
みくりと平匡さんがソファーに座り話していて
みくりに「ベットは別が良い」と言われ
「応相談」と、もごもごする平匡さん・・・可愛いハート

「朝のちゅーは?」と言った後
「みくりさんがおねだりするなら僕だって」みたいな事を
もごもご言う平匡さん・・・可愛いハート

萌えるわー目がハート
>>[87]
あざます♪
夫と息子(18歳)がモデルになってます( ̄▽ ̄)

キモいまで言われてないかもですが、
スクールカーストではあまり上位じゃなかったと思うんですよねー
>>[88]
ありがとうございます顔(笑)
ひゅうがさんに認定いただけると
一段と嬉しいです💕

男性は基本、女よりロマンチストなのかなと。
中でもヒラマサさんは、かなりのロマンチストですよね。
女というよりは、
出会いや恋愛への理想が高くて、
それを持て余し気味だったのかなー、と
思ったりします。

高校生向けのライトノベルというジャンル内での有名な小説に
「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」というのがあります。
この主人公の八幡というのが、
ヒラマサさんの高校生の頃だな、と思ったり。
逃げ恥とは、かなりトーンが違いますが、面白い作品ですよ。

DVD発売、待ち遠しいですねー
特典映像、どんなかな…
十姉妹を保護するところあるかしら。
>>[95]

「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」ググってみました!なかなか面白そうです!

私なんぞの認定を喜んでいただいて、こそばゆいです(^^;

平匡さんだけでなく、風見さんもロマンチストですよね〜。あと百合さんも。
どんな相手と恋愛してもどこかで冷めていて、どうしても結婚へ踏み切れないところは、現実的な生活を考えての結婚ではなく、愛情という心のつながりを重視しているからだと思います(´∀`*)
なんて不器用で愛おしい大人たち♡

風見さんと百合さんの想いが繋がって、ハグから自然な流れでキスしようとした風見さんを「いきなり?!」って焦る百合さん。あんな可愛いアラフィフなんて初めて観ました(´∀`*)
>>[96]
あと百合さんの「会えなくて寂しかった」にグッときました〜(*^^*)
その前の好きよ、より本当の気持ちが伝わってきました。
>>[97]

それも!くぅぅ〜〜(≧∇≦)思い出しただけでキュンキュンします〜〜。

百合さんの上目遣いがヤバすぎでした。
石田ゆり子さん、リアルではちゃんと恋愛を重ねていらっしゃるはずですけれど、あの百合さんにはものすっっっごく処女って感じがでていましたから〜〜(´∀`*)
第4話の、みくりが風見のところに家事代行の仕事をしに行って、平匡はその日残業なので、風見に一緒に夕食を食べることを誘われて、夕食を一緒に食べながらお喋りをしていて、みくりが自分の小賢しい性格について風見に自分はそういうところ好きですよ、と言われているとき、
平匡の「愛される人はいいなあ」の直前くらいのシーンです。
その後、みくりが平匡に突然の恋人提案をします。
その、風見と一緒に食べているときのみくりのモノローグ、「逃げ込んでしまいたくなる。この人と一緒にいれば自己嫌悪の呪いから、逃れられるかもしれない」という声が流れているシーンが好きです。
ガッキーがかわいいので、あまり深刻味が出ていないところもあると思いますが、まずネガティブな独り言としてジーンと来ますね。みくりもけっこう闇が深いというのか。
次の、平匡の「愛される人はいいなあ」は、平匡がそう感じるのは、まあ自分からするとある意味当たり前と言いますか(笑)、そこまでジーンと来ませんでした。
みくりが、人に愛されているように見えながら、実はネガティブな思いを抱え込んでいる、というところにジーンと来ました。

で、その後みくりは、平匡に恋人提案をするわけてすが、単に落ち込んで終わらず、何か具体的な行動をして現状打破を図る、そういうみくりの切り替えが早くて積極的なところは魅力的だなと思います。

シーンの意味というよりも、言葉として好きなんですけど、「逃げ込んでしまいたくなる〜」は。
最終話のバスルームのドア越しのシーンで、

「面倒な事を避けて避けて、極限まで避けたら、歩くのも息をするのも面倒になって、限りなく死に近付くのではないですか?」

ちょっとうろ覚えですが、このセリフのような事を若い頃に考えた事があります。
当時の私は面倒なことが嫌で嫌で、面倒なことなんて無くなってしまえって考えて、究極まで考えたら、実は死ぬのも面倒になって、結局、生きている以上は面倒な事から逃げられないって理解しましたが、平匡さんがみくりちゃんへこの言葉で語り始めた時は、かつての自分を思い出してジーンとしました。

また、このセリフは直前シーンでみくりちゃんが言った

「やめるなら、いまです。平匡さんだって面倒ですよね。こんな生活」

を受けての言葉なので、「面倒を避けたら生きていけない」→「みくりさんとの生活をやめる気持ちはない」→「みくりさんと一緒に生きていきたい」との想いが込められているので、愛の溢れてる言葉だなぁ〜っと思います。
第6話の、新婚旅行という名目の慰安旅行の帰りの電車、有名なシーンですが。
の、平匡のモノローグ、「僕は知ってる、穏やかな微笑みも、ぬくもりも、優しさも」が好きです。
人はそうやって人を好きになるのかな、と思いました。
でもそういう後付けの一般化などどうでもいいような、人が人を好きになる、ある過程や瞬間を描いているのかなと思いました。
たくさんありそうなので
ひとくくりで。
みくりちゃんの一言一言の講釈がとても好きです。(本人はこざかしいと言ってますが)
こういう人が増えると世の中がもっと良い世の中になりそうでするんるん

新垣さんが演じた役の中で一番好きです!
他は、またドラマを見直してから思い出したら書き込みます(笑)
平匡「プラスαの仕事が出来る素晴らしい仲居さんだ!」
>>[103]

仲居さん役の宍戸美和公さんはスカッとジャパンの迷惑母ちゃん役がハマりすぎて、仲居さん役で登場した当初は、この仲居さんがなんかやらかしてふたりの仲がギクシャクするのかな?って思っていたら、素晴らしい神対応!!

一瞬、スカッとジャパンを観ていたのかと、データ放送のスカッとボタンを押したくなった程でした(*゚∀゚*)
>>[104]

私の場合は初見だったのでおしとやかな感じの人なのかなーって勝手に思ってたんですがそちらの番組にも出てたんですね!驚きです(笑)
やはり女優さんの演技力って凄いんですね(^_^)
>>[105]

スカッとジャパンの迷惑母ちゃんは、こんな人本当にいるの?!ってくらい、嫌な人です。だから、宍戸さんをひと目見てなんかやらかしそう…って思ってしまったくらい。
6話を後で改めてみると、最初からおしとやかで仕事がきっちり出来る仲居さんでしたね〜。
1話限りのゲスト女優さんも演技力高い方を配しているのって、制作スタッフさんのセンスが良いからですよね!
>>[106]

他番組のパロディとかの細かい演出とか至る所に拘りが感じられますよね!
普段ドラマとかはあまり見ない私でもハマっちゃうぐらいなんで素晴らしい作品ですね(*´-`)
>>[61]

最終回ラストの〜

たくさんの道を選べたり

選べなかったり

どの道も 面倒くさい日々だけど

どの道も いとおしい日もあって

逃げてしまう日があっても

深呼吸して 別の道を探して

また戻って

いい日も 悪い日も

いつだって また

火曜日から始めよう

〜いいですよね。このくだり。僕も大好きです。UPありがとうございます!
>>[108]

このモノローグ、ちょっと間があるので最初はよくわからなかったので、字幕にして拾ってみました。
第1話

森山家引っ越し準備の場面後、ゆりちゃんの言葉。

「何だかんだいって、いいわよね。お互いにただ1人の相手がいるっていうことが。誰からも選ばれない人生より素敵じゃない?な〜んてね」

♪選ばなかったから 失うのだと

悲しい想いが 胸をつらぬく

けれどあなたが ずっと好きだわ

時の流れに負けないの♪

ユーミン「青いエアメイル」が聞こえてきました。

ゆりちゃん、切ない…涙
逃げ恥見直してます。
8話の平匡さんとみくりちゃんが電話で話すシーン
『会って火曜の分のハグを』
この一言にみくりを想う気持ちが溢れてるなぁってハート
何度見ても涙がジワーッと溢れそうになる
>>[111]

この、「会って火曜の分のハグを!」が最終回での「喧嘩した時にどうやって触れたら良いかわからなくなる」に繋がっていきますからね♡
私も観ているだけで、ジーンとします。そしてその後のパパとのぐるぐるハグオチも含めて大好きなシーンです!
>>[112]
ですよねるんるん喧嘩してもハグの日があれば仲直りのきっかけを作れる。
ハグの日を作ることで平匡さんがハグをするスキンシップをとるタイミングをつかむことができてますよね。ハグの日は偉大です(笑)

あのあとお義父さんにハグされてぐるって回されて『今されてますお義父さんに』って言うときの平匡さんの表情が可愛いですよねるんるん
温泉旅行でのNGシーンで、とぐろターボを落として飛び込むシーンでテーブルの角に当たりそうになった場面が、ダウンタウンの笑ってはいけないの田中さんが棚の角に当たりそうになった瞬間とシンクロしていて、印象的でした。伝わりますかねぇ?(^-^;
ロスに陥って、録画していた9〜最終話までをリピートしているこの頃です。DVDの予約もしたのですが、その前に原作コミックをリリースされている8巻まで大人買いして、一気読みしました。
ずいぶん昔の話ですが「ハイカラさんが通る」(何年前だ?)以来の衝撃!
ドラマ化されたのも、納得しました(*^-^*)
で、コミックの方では「時間差で・・・」にグッと来ました。
しばらくは、コミックを何度も読んで、ドラマとの違いを探しながら楽しもうと思います。
最終話で石田ゆり子と内田理央が向かい合っているシーンです。セリフは忘れましたが、石田ゆり子が内田理央に何かを諭しているシーンでした。
(表現は悪くて恐縮ですが)実年齢で47歳のおばさんと25歳のギャル(?)という組み合わせでしたけれども、そのシーンを見ながら石田ゆり子の「年齢を重ねた美しさ」にハッとさせられたものでした。これはきっと若い女性では絶対に醸し出すことのできない雰囲気だと気づきました。「彼女こそ本当の大人の女性なのだ」と…。このドラマを見て石田ゆり子の魅力にも気づき、いい作品を見られてよかった!と思いました。
>>[105] 逃げ恥で、セリフをアフレコで入れてる場面、仕草や表情だけで表現している事。私的にはガッキーの演技力に感心しました!
>>[112] これだけヒットしたので、ディレクターズカットを含んだ特別編がないかなぁと妄想しています(私)。豪華な俳優陣だったので、また集合するのが難しいと思いますが、切に希望(#^_^#)。
>>[114] 私も年末のガキ使見て 同じ事思いました!笑
田中さん、余裕あったんやん!と攻められていたけど…星野源さんも言っていた通り 直前まで気づけないものですよねあせあせ
最終回本編が終わってDVDプレゼントの告知の後のTVerの紹介の際のテロップ、「最後まで応援ありがとうござました」が流れるところ。今までの名シーンが恋ピアノバージョンと共に流れるところはいつも涙します。これだけファンに愛されて社会現象にまでなったドラマですからスタッフの本当の気持ちだと思います。

ログインすると、残り82件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

『逃げるは恥だが役に立つ』 更新情報

『逃げるは恥だが役に立つ』のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済