ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 金沢Buddhismカレッジ > トピック一覧 > つぶやき

金沢Buddhismカレッジコミュのつぶやき

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

最近のできごとから...


普段は予約なしで入れるリーズナブルな床屋で髪を切っているのですが、今回は美容院に行ってみました。

頭が軽くなって、心も少し軽くなった気分です。

髪を切っているときに美容師の人に聞いたところでは、石川県は人口に対する美容室・理容室の割合が一番多いとのことでした。

そういえば、車で20分くらい走っただけでも5、6店舗は見ますね。

あとで調べてみると、正確には秋田県が一番のようです。

週に一度は美容室に行く方もいらっしゃるとか。。。美への意識がすごいです。


なぜ人はそんなに美しくなりたいのか。

そこには「他人からよく見られたい」という欲求があることは否定できません。

無人島で一生懸命化粧をしたり、髪型を気にしたりする人はいないでしょう。

外見はもちろんですが、人柄をよく思われたいという心はもっと強いものです。

他人と衝突しないよう気をつかっているのは、"自分勝手な人と思われたくない"という心があるからではないでしょうか。

私もどちらかというと、その場を丸くおさめようとしたり、目立たず無難に切り抜けようとすることが多いです。

しかし、本当に誰からも嫌われずに生きることはできるでしょうか?


チューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップ

仏典に、次のような言葉があります。

「過去にも、今にも、未来にも

 皆にてそしる人もなく

 皆にてほむる人もなし」

  『法句経(ほっくきょう)』

“どんなに立派な人でも、全ての人から好かれることはなく、

 どんなに嫌われている人でも、全ての人から嫌われることはない”

という意味です。(意訳:『幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く』より)


どうして全員から好かれることができないのでしょうか?

勉強会によく来てくれる岡本一志先生の『幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く』の解説では、

「人間の好き嫌いは、その人の都合によって決まるから」

とズバリ言われています。

人の都合ほどあてにならないものはありません。

こんな話があります。

 * * *

 ある奥さんが帰宅すると、泥棒とバッタリ鉢合わせになりました。

そこへタイミングよく巡回中の警察官が通りかかり、現行犯で逮捕。

「助かったわ。地獄で仏とはこのことね。なんて頼もしいお巡りさん!」

と奥さんは喜びました。

 ところが翌日、その奥さんが、路上に停めていた車に乗ろうとすると、違反の貼り紙が!

取り締まっていたのは昨日の警察官ではありませんか。

しかし「見逃して〜」といくら頼んでも、警察官は首を横に振るばかり。

「融通の利かない人ね。キライ!」と腹を立てていました。

 * * *

警察官の人格が変わったのではなく、奥さんの都合が変わっただけですよね。

これが人の心ですから、すべての人に好かれようとしても、それは無理な相談です。

アドラー心理学で人気の『嫌われる勇気』にも、

「10人の人がいるとしたら、そのうち1人はどんなことがあってもあなたを批判する。〜略〜

 そして10人のうち2人は、互いにすべてを受け入れ合える親友になれる。

 残りの7人は、どちらでもない人々だ」とあります。


チューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップ

金沢Buddhisumカレッジも、見る人によっていろいろの反応があります。

ごく稀ですが、「仏教」と聞いて、何か怪しい新興宗教と勘違いし、心配する人もあります。

勘違いするだけならまだしも、自分が正義だと思い込み、他人が聞くのを邪魔する被害も聞こえてきます。

メンバーに会ったことも、イベントに参加したこともないのに、なぜそんなことが言えるのか、と不愉快な気持ちになります。

きっと、本人にとって何か都合の悪いことがあったのでしょうが、人間の都合の上に立った意見には何の根拠もありません。

都合は状況によってコロコロ変わりますから、時間とともに消えていくものです。

お釈迦様が説かれた仏教には、いつでもどこでも変わらない真理が教えられています。

だから2600年経ったいまでも、その言葉は私たちのすがたを見事に言い当てているのです。

ホンモノかどうかは時間が証明してくれますから、他人の評価に一喜一憂せず、

いま自分のすべきことを精一杯していくことが大事ですね。

「誠実安穏に暮らしていても時として、

 あらぬウワサや中傷に驚き、悩み苦しみ腹立つことがある。

 しかし、やがて時の流れが洗い出す事実は、

 名人の打つ太鼓のように遠く世に響くのである。」

          『光に向かって123のこころのタネ』より

コメント(1)

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

金沢Buddhismカレッジ 更新情報

金沢Buddhismカレッジのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。