ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 実生活に役立つスピリチュアル > トピック一覧 > 円楽の愛情

実生活に役立つスピリチュアルコミュの円楽の愛情

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

22日に小林麻央さんが亡くなり、

23日には、以前このトピックでも取り上げた悪役レスラーのミスター・ポーゴさんが亡くなりました。

個人的には、ポーゴさんにはうちの子を目いっぱい可愛がって頂いていたので、ショックが大きいです。

二人とも、日本人の最高峰と言って良い存在でした。

社会的貢献度がすごすぎます。

この旅立ちの連鎖が何を意味するのか、

彼らが命と引き換えに守ったのは何なのか、よく考えてみる必要があります。

そんなわけで、また笑点の話です。

桂歌丸師匠は、何度死にかけても、不死鳥の如く復活しています。

もちろん歌丸さん自身がすごい生命力と執念を持っているのですが、

もう一つ大きな要因は、三遊亭円楽師匠の、一連の歌丸さん死亡ネタです。

これが、歌丸さんの数え切れないほどの復活に大きく貢献しています。

要するに、いわゆる死神と呼ばれる存在たちを欺いているのです。

彼らが軽いノリの中に押し込められ、「おう歌丸死んだか」という感じで、いわばニセの歌丸の魂をつかまされて、帰って行くのです。

磨き抜かれた芸の力は、ニセの歌丸の魂を発生させるほどの力があります。

もちろん、いくら芸がすごくても、円楽さんが歌丸さんへの深い愛情を持っていなければ、成立しません。

私が一番好きなネタは、円楽さんが「横浜のおじいさんが‥‥‥」と泣き、座布団を取られると、「横浜のおじいさんとしか言ってないよ」と言い、

司会の春風亭昇太師匠に、「横浜のおじいさんって、一人しかいないでしょ!」と突っ込まれるパターンです。

縁起でもない、不謹慎だという声もありますが、現実に歌丸さんを復活させている効果があるのです。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

実生活に役立つスピリチュアル 更新情報

実生活に役立つスピリチュアルのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済