ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > ビシエド 中日ドラゴンズ > トピック一覧 > 2018年 今日の活躍(公式戦...

ビシエド 中日ドラゴンズコミュの2018年 今日の活躍(公式戦)・・・

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(27)

ビシエドが2発、頼れる4番 今年は違う 猛打賞&3戦連続安打
2018年4月2日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018040202000107.html

 最後まで決して諦めない。その思いでビシエドがバットを振り抜いた。6点差をつけられて迎えた8回、2死走者なし。ジャクソンに追い込まれてからもファウルで粘った。8球目、外角高めの甘い球を強振。「うまく打てた。いいスイングだった」。右翼席へたたき込んだ。

 4回には今季初アーチを記録していた。大瀬良の高めに来たスライダーを、見逃さなかった。「浮いてきたボールにうまく反応できた」。打った瞬間にスタンドインを確信できる手応え。打球はグングン伸び、左翼席最上段に達した。

 昨年6月13日の日本ハム戦(ナゴヤドーム)以来の1試合2発。6回には内野安打も放ち、初猛打賞も記録した。開幕から3戦連続安打。森監督が3月19日のファンミーティングで早々と4番起用を明言した頼れる主砲が、きっちりと結果を残している。

写真:広島−中日 4回表無死、ビシエドが左越え1号ソロを放つ=マツダスタジアムで(小沢徹撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
鈴木博志投手がプロ初登板
<< 作成日時 : 2018/04/01 17:50 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_1.html

カープとの3回戦、先発は笠原投手です。
緊張の立ち上がりを無失点に抑えますが、2回裏にソロ本塁打で1点を先制されます。
4回表無死、ビシエド選手の1号ソロホームランで1−1の同点に【写真】
4回表2死、平田選手もレフトへ今季1号のソロホームラン!!
ビシエド選手、平田選手のソロホームランで2−1と逆転
「状態は悪くなかったのですが、詰めの甘さがでてしまい悔しい・・・」と笠原投手、4回裏に本塁打で同点とされると5回裏には2点を勝ち越されてしまいます。
8回表2死、今日2本目となるソロホームランを放つビシエド選手。【写真】
8回裏に鈴木博投手がプロ初登板。
2奪三振、打者3人できっちり抑える投球をみせました。ビシエド選手から受け取った記念のボールを手にベンチへ引き上げます。デビュー戦も「緊張はしなかった」と鈴木投手、なかなかの強心臓っぷりです。
しかし、試合は3−8で敗戦となり開幕3連敗に・・・
4月3日はナゴヤドームで地元開幕戦、ここから出直しです!!
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
今季初勝利です!!
<< 作成日時 : 2018/04/04 22:24 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_3.html

1回裏1死一、二塁、ビシエド選手の右前タイムリーで1点を先制。【写真】
先頭打者、大島選手のヒットからチャンスを作り先制となりました。
先発はガルシア投手、ジャイアンツ打線をノーヒット、無失点に抑えていきます。
4回裏無死、福田選手が中越えの二塁打でチャンスを作ると
4回裏2死一、三塁、ガルシア投手の放った打球はサードへ、しかし一塁へ全力で駆け込みます。
判定は「アウト」でしたが・・・
リクエストの結果セーフとなり追加点、笑顔を見せるガルシア投手
6回表に1点を返され、なおもピンチが続きましたが後続を抑えグラブを叩くガルシア投手。
7回からはリリーフ陣が奮闘、まずは又吉投手がきっちり3人で抑えます。
7回裏2死二塁、高橋選手が今日も三塁打を放ちます、これがダメ押しのタイムリー三塁打に!
8回表には鈴木博志投手がナゴヤドーム初登板、ホームのファンが見守る中、三者連続三振にとる鮮烈デビューをします
9回は田島投手が抑えてゲームセット!!開幕からの連敗を止め4−1で勝利です!!【写真】
いやいや、良かった〜、さぁここから巻き返していきましょう!!
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
ビシエド、ド迫力弾 10試合ぶり3号3ラン
2018年4月14日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018041402000111.html

 頼れる主砲に、久々の1発だ。同点に追い付かれて迎えた5回2死一、二塁。ビシエドは初球、インハイのストレートを振り抜くと、ハマの夜空を切り裂いて、打球は左翼席中段に着弾した。

 一時は3点の勝ち越し。小笠原に勝利投手の権利を与えた3号3ランに「アルモンテの四球で得点圏にランナーが進んだので、積極的に行こうと決めて打席に入った。高めのストレートだったけど、うまくバットが出たね。しばらくいいところで打てていなかったので、しっかり捉えることができてうれしい」と自画自賛。3回2死一塁の第2打席でも左前打を放っており、4試合ぶりのマルチ安打もマークした。

 このところ、新外国人・アルモンテの大ブレークとヒゲに注目が集まっていたが、オレを忘れるな! とばかりの1発だ。開幕3戦目の4月1日広島戦(マツダスタジアム)で2発放っていたが、その後はなかなかフェンスを越えず、10試合ぶりの3号だった。開幕から6戦連続安打で4割を超えていた打率も、前カードのヤクルト戦(ナゴヤドーム)では、3連戦で9打席1安打のみと、湿りがちだった。

写真:DeNA−中日 5回表2死一、二塁、ビシエドが左中間に3ランを放つ。捕手嶺井=横浜スタジアムで(平野皓士朗撮影)
わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔)
松坂投手が日本復帰後初勝利
<< 作成日時 : 2018/04/30 18:55 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_13.html

中日ーDeNA 6回戦、先発は松坂投手です。
1回裏無死一塁、京田選手の右翼線二塁打で無死二、三塁のチャンスを作ると、次打者アルモンテ選手の内野ゴロの間に大島選手が生還、先制します。
1回裏1死三塁、再来日しスタメン復帰のビシエド選手が右前にタイムリーを放ち2−0。【写真】
1回裏2死二塁、福田選手も右前にタイムリーを放ち初回に3点を先制します。
4回表無死一塁から三者連続三振にとり大野奨選手と笑顔でベンチへ戻る松坂投手
5回表1死満塁から押出し四球で1点を失いますが、ここを1失点で切り抜け松坂投手は6イニング1失点で降板。
7回は鈴木博投手がきっちり3人で抑え昨日のリベンジを果たします。
8回は岩瀬投が無失点に抑えると・・・
9回は田島投手が抑え、リリーフ陣無失点リレーで勝利です!!
日本に復帰後初勝利、日本では12年ぶり、日数にすると4241日振りの勝利です!!森監督と笑顔で握手を交わす松坂投手
松坂投手の勝利にドアラも祝福!!
試合中、そして試合後もスタンドからの声援が凄かったです、この調子で2勝目もいきましょう!!
わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔)
こどもの日7連敗 ため息…4番ビシ2併殺
2018年5月6日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018050602000106.html

 またも勝てなかった。中日は5日の阪神戦(甲子園)を拙攻で落とし、こどもの日は7連敗。常勝竜のころにも不思議と苦戦した特異日に、またも黒星を喫した。9連戦は4勝4敗となり、ゴールデンウイークは6日がラスト。勝ち越しの1勝を届け、1日遅れで竜党の子供たちを喜ばせたい。

 今季最多の4万6638人が詰め掛けた敵地・甲子園。こどもの日のスコアボードは、前日に続き漢字名がすべて平仮名で示された。

 来場した多くの子供たちの中には、少数派ながら竜党も。だが試合が進むにつれ、出るのはため息ばかり。大好きなドラゴンズは、もっと点が取れたはずなのに…。

 2点を追う5回。ヒットに2四球と、降って湧いたようなチャンスが訪れた。1死満塁、打席には4番のビシエド。同点、長打が出れば一気に逆転できる。1ボール2ストライクからの4球目。外のスライダーだった。強振したが、打球は力なく弾み三塁・大山のグラブへ。二塁、一塁へと転送され、最悪の結果となってしまった。

写真:阪神−中日 5回表1死満塁、ビシエドは三ゴロの併殺に倒れる。一塁手ロサリオ(黒田淳一撮影)=甲子園球場で
泣き顔 泣き顔 泣き顔 泣き顔 泣き顔 泣き顔 泣き顔 泣き顔 泣き顔 泣き顔 泣き顔 泣き顔 泣き顔
ビシエド、連続猛打賞 今季初の4安打3打点
2018年5月9日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018050902000118.html

 雨がそぼ降る福井の空とは裏腹に、2年越しの懸案事項から解放されたビシエドのバットは、晴れ晴れと振れていた。前戦の第4打席からこの日の3打席目まで5打席連続安打。三振を挟んでまた左前打を放ち、今季初の4安打で3打点。2試合連続猛打賞に「何かを変えたわけではないが、自分のスイングができるようになってきた。状態が良くなってきたのが分かる」と、手応えを語る表情も晴れやかだ。

 初回に先制されたその裏2死二塁、すかさず適時左前打で試合を振り出しに戻すと、同点で迎えた3回1死二塁、「うまく打てた」と初球チェンジアップを捉えて右翼席に放り込んだ4号2ランで勝ち越した。5回1死一塁も、痛烈な左翼線への二塁打でチャンスメーク。単打、本塁打、二塁打と来て「サイクルは人生で1度も達成したことがないから、ちょっと意識したよ」と笑う、第4打席の空振り三振はご愛嬌(あいきょう)というものだ。

写真:中日−ヤクルト 3回裏1死二塁、ビシエドが勝ち越しの右越え2ランを放つ=福井県営球場で(平野皓士朗撮影)
わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔)
福井で11年ぶりのゲームです。
<< 作成日時 : 2018/05/08 22:46 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_1.html

11年ぶりとなった福井でのゲーム、先発の柳投手が初回に1点を失いますが、その裏2死二塁、ビシエド選手のタイムリーで同点とすると【写真】
1回裏2死一塁、福田選手がライトへタイムリー二塁打を放ち2−1と勝ち越します。
先発の柳投手、3回表にも1点を失い2−2の同点とされてしまいますが・・・
3回裏1死二塁、ライトスタンドへ勝ち越しの2ランホームランを放つビシエド選手【写真】
追いつかれてもすぐさま勝ち越し、笑顔のビシエド選手。【写真】
7回表に途中降板となってしまった柳投手、「あのような形でマウンドを降りてしまい悔しい」と悔しさをにじませます。
この後、4−6と逆転を許してしまいますが・・・
8回裏1死二、三塁、高橋選手のタイムリーで6−6の同点に追いつきます。
延長戦へと入りましたが雨が激しくなり、10回表途中、雨天コールドのため6−6の引き分けで試合終了に。
金沢でヤクルト戦です
<< 作成日時 : 2018/05/09 22:21 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_2.html

金沢でのヤクルト戦です、石川県出身の京田選手にとって故郷への凱旋となりました!!
1回表2死一、二塁、守備で見せた京田選手を迎える吉見投手
2回表に1点を先制されますが、3回裏2死二塁、ビシエド選手の中前タイムリーで1点を返します。【写真】
1−1の同点に追いつき、笑顔を見せるビシエド選手。【写真】
5回裏2死、3回裏と同じように2死からアルモンテ選手の二塁打でチャンスを作ると
ビシエド選手が右翼線へタイムリー二塁打を放ち勝ち越し、2−1とします。【写真】
3回以降ノーヒットピッチング の吉見投手、6回表に3四球で満塁のピンチとなりますが、後続を抑え失点を許さず、2死満塁、坂口選手を三振にとりガッツポーズ、吉見投手はこの回で降板、6回を投げ2安打1失点のピッチングを見せました。
7回に1点を返され同点とされますが、8回裏無死、先頭の福田選手が右中間を破る三塁打を放ちビックチャンスを作ると
藤井選手がレフト前にタイムリーを放ちこれが決勝打、ガッツポーズを見せます
8回表を無失点に抑えていた鈴木博投手が2勝目を挙げました。
年に一度の金沢での試合、3−2で勝利です!!
ビシエド、看板直撃弾 主軸3発G粉砕
2018年5月13日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018051302000108.html

 爽快なクリーンアップの3発だ。中日は12日、東京ドームでの巨人戦でソイロ・アルモンテ外野手(28)、ダヤン・ビシエド内野手(29)、福田永将内野手(29)の3、4、5番が初のそろい踏みとなるアーチ共演。中でもビシエドの一発は左翼看板に当たる特大弾だった。投げてはオネルキ・ガルシア投手(28)が来日初完封。最下位転落の危機で投打がかみ合い、快勝した。

 これぞ4番、という当たりに誰もが息をのんだ。スコア1−0の6回1死。1ボールからの2球目。ビシエドが内角スライダーをしばきあげる。打った瞬間、それと分かる打球。左翼を守る昨季の同僚・ゲレーロは追うことすらしない。左翼席に陣取る竜党のさらに上、看板にぶち当てた。

 「完璧だった。しっかりコンタクトできれば飛ばせるよ」と自慢げに振り返った5号ソロ。8日のヤクルト戦(福井)以来、3試合ぶりの一発で両軍を行き来していた試合の流れをぐっと引き寄せた。

 残念ながら賞金がかかっていない看板だったため賞金は出なかったが「それが僕らしいよ。チームが勝てたことが1番のプレゼントさ」と白い歯を見せた。

 大リーグ時代から自認する「ミスター・メイ」。5月に入り、その存在感は増すばかりだ。この日も1回に左前打を放ち、早くも月6度目のマルチ安打。月間成績の43打数18安打、打率4割1分9厘は驚きの数字だ。「4月があまりよくなかったからね」といよいよエンジンは全開だ。

 好調の裏には心の余裕もある。キューバから亡命しているビシエドは昨季、米市民権の取得のためシーズン途中にチームを離れて渡米。1カ月以上も難航した揚げ句に市民権を得られず、再来日後も14打席連続で無安打と苦しんだ。だが今年は約1週間で手続きが完了。「人生にかかわることだったからね。今は頭の中がスッキリしているんだ」と無心でバットを振れている。

写真:巨人−中日 6回表1死、左越えに5号ソロを放ち、打球の方向を見るビシエド。投手田口(平野皓士朗撮影)=東京ドームで
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
連勝がストップ
<< 作成日時 : 2018/05/17 21:54 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_5.html

中日ー広島9回戦、先発は吉見投手です。カープ、ジョンソン投手との投げ合いとなり、0−0のまま試合が進んでいきます。
均衡が破れたのは5回裏、1死一、二塁からビシエド選手が中越えにタイムリー二塁打を放ちます。【写真】
一塁走者のアルモンテ選手も生還し2点を先制
二塁ベース上でガッツポーズのビシエド選手【写真】
6回表に2点を返されてしまい同点、悔しがる吉見投手、その後は7回、8回とノーヒットに抑え勝ち越しだけは阻止、8回を投げ2失点で降板に。
しかし・・・9回表に登板した鈴木博投手、カープ・鈴木選手へ投じた初球でした・・・勝ち越しの本塁打を打たれてしまい2−3で敗戦、対広島戦の連勝も5でストップとなりました
わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔)
カリビアンパワーで逆転です
<< 作成日時 : 2018/05/19 17:42 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_7.html

中日ー阪神10回戦、先発はガルシア投手です。初回に1点を先制されてしまいますが、その後は無失点に抑えいきます。
6回裏無死、京田選手が右前打で出塁、そして二盗も決めます。
6回裏1死二、三塁、ビシエド選手が左中間を破るタイムリー二塁打を放ちます【写真】
2点タイムリーとなり2−1、一気に逆転です。【写真】
6回裏1死二塁、モヤ選手も右前タイムリーを放ちます
ビシエド選手、モヤ選手の連続タイムリーで3−1
ガルシア投手は2回以降は三塁を踏ませず2安打1失点、7回でマウンドを降ります。
8回から鈴木博投手が登板、ピンチとなるも無失点に抑えました。
9回は田島投手が締めてゲームセット、ガルシア投手と抱き合います。
カリビアントリオの活躍で逆転勝利!!【写真】
逆転タイムリーのビシエド選手、5勝目を挙げたガルシア投手、貴重な追加点を挙げたモヤ選手
明日も勝ってカード勝ち越しを決めましょう!!
わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔)
ビシエド、口火6号 調子上昇!5月3割3分3厘
2018年5月23日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018052302000109.html

 今季最多どころか実に5年ぶり。チーム1試合4本塁打という一発攻勢の口火を切ったのは、頼れる主砲だった。2回先頭で迎えた第1打席、カウント1−1からの3球目、ど真ん中に甘く入ったスライダーを、ビシエドは見逃さなかった。

 「スライダーが来ると思って待っていたので、しっかり捉えることができた」

写真:DeNA−中日 2回表無死、ビシエドが右越えに先制ソロを放つ=横浜スタジアムで(平野皓士朗)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 
ビシエド、6打点で竜大逆転を呼んだ マツダ4年ぶりの勝ち越し
2018年5月28日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018052802000096.html

 とてつもなく高価な勝利をつかんだ。中日は27日の広島戦、4番のダヤン・ビシエド内野手(29)が3安打6打点。チーム19安打で8点を奪い、4点差を逆転勝ち。マツダスタジアムでは4年ぶりに3連戦を勝ち越した。29日からは交流戦。セの難敵を打ち負かした勢いそのままに、まずはオリックスをナゴヤドームでひとひねりだ!

 鋭い打球がポッカリ空いた右中間へ飛んでいく。真っ赤なスタンドからは悲鳴がこだました。5−7の8回1死、満塁の走者を一掃する起死回生の逆転打。打ったビシエドは悠々と二塁へ到達。中日ベンチはお祭り騒ぎとなった。

 7回、自らがゴロをはじく失策もあって2点を勝ち越された。その直後に巡ってきたビッグチャンスで、4番が役割を果たした。フルカウントからの外角低めのカットボール。「体が反応した。難しい球だったけど、捉えることができた」。自分が打って勝つ−。その気持ちが相手を勝った。

 5回には反撃の口火となる右越えの適時二塁打。7回には中前へ2点適時打を放ち、同点へとつなげた。3打席連続のタイムリーで、自身初の6打点と大爆発。「チーム一丸での勝利。自分でも大満足の日だよ」と満面に笑みを浮かべた。

 チームは前日26日、今季初めて鬼門のマツダスタジアムで勝利した。しかし主砲は4打数無安打と蚊帳の外。9回に三振すると、ベンチでバットをたたきつけた。「昨日は自分自身に怒っていた」。宿舎に戻ると、気分一新と巻き返しの決意を込め、バリカンを手に取った。

 実は両サイドを刈り上げているガルシアの愛用品で、切る長さが1ミリに調整されていた。自らの頭を刈り始めて気付いたが、時すでに遅し。後戻りできず、まるで頭をそり上げたようになった。「でもスッキリした」。オチは付いたが、気持ちの切り替えは間違いなくできた。

 4番がけん引し、4点ビハインドから始まったゲームをもぎとった。終わってみれば、広島の11安打を大きく上回る19安打。4月20日の広島戦(ナゴヤドーム)の20安打に次ぐ強竜打線爆発に、森監督も「いつも一方的にやられる。今日は頑張って打ち合いになって、勝った」と目を細めた。

写真:広島−中日 5回表2死二塁、ビシエドが右越えに適時二塁打を放つ(中森麻未撮影)=マツダスタジアムで
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
交流戦が開幕です
<< 作成日時 : 2018/05/29 22:04 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_9.html

中日ーオリックス1回戦、交流戦が開幕です。オリックスと対戦、先発はR・マルティネス投手です。
1回裏1死二、三塁、ビシエド選手が中前にタイムリーを放ち2点を先制。【写真】
京田選手、大島選手の1、2番でチャンスメイク、ビシエド選手のタイムリーでともに生還し2点を先制です。
4回までノーヒットピッチングを見せていたR・マルティネス投手でしたが、5回表に初ヒットを許すと、その後二者連続本塁打を浴びてしまい勝ち越しを許してしまいます。
しかし、その裏大島選手が3本目のヒットを放ち出塁をすると
5回裏1死一塁、アルモンテ選手の9号2ランホームランですぐに勝ち越し4−3。
その後もチャンスを広げ1点を追加、5−3としますが。。。
6回表、マルティネス投手が再び本塁打を打たれてしまうと、波に乗ったオリックス打線を止めることができず、再び逆転を許してしまいます。
7回から登板の藤嶋投手、2イニングを無失点に抑え、流れを引き寄せようとしましたが・・・
残念ながら5−8で敗戦、交流戦初戦、勝利を挙げることができず。
松坂投手が1安打ピッチングも・・・
<< 作成日時 : 2018/05/30 22:02 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_10.html

中日ーオリックス2回戦 1回裏1死、大島選手が右中間を破る三塁打でチャンスを作ると
次打者のアルモンテ選手が右犠飛、初回から1点を先制します。
先発は松坂投手、初回は2四球などでピンチとなりましたが無失点で切り抜けます
4回裏2死、ビシエド選手の一発で待望の追加点!・・・と思ったのですが、リクエスト検証の結果二塁打となり追加点とはならず・・・【写真】
松坂投手は6イニングを投げ1安打無失点で降板、1点のリードを守り抜きます。
7回からは継投、まずは祖父江投手が無失点に抑え、このまま逃げ切りかと思えたのですが・・・
8回に登板の鈴木博投手が逆転を許してしまいます。
1−5、連敗となり交流戦勝利とならず
交流戦初勝利です
<< 作成日時 : 2018/05/31 22:35 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_11.html

中日ーオリックス3回戦 先発は吉見投手、ヒットを打たれますが後続をゲッツーなどに打ち取り、無失点に抑えていきます。
3回裏無死、松井雅選手のソロホームランで1点を先制
4回裏1死二塁、平田選手が中前にタイムリー
二塁走者のビシエド選手が生還し2−0【写真】
5回裏1死二塁、アルモンテ選手が放った打球はファースト強襲
二塁走者の大島選手は、ファースト強襲打でボールが転がるスキを見逃さず一気にホームへ、3−0
6回裏1死二塁、高橋選手のタイムリー二塁打で4−0
7回裏1死三塁、藤井選手の左犠飛で5−0、3回から1点ずつ得点を挙げリードを広げていきます。
8回表に本塁打で2点を返されてしまい、このイニングで降板した吉見投手、おしくも完投を逃します。
しかし、8回裏無死一、三塁、高橋選手の左越えタイムリー二塁打で2点を返します。高橋選手は2塁打3本の猛打賞、3打点の活躍です
8回裏2死満塁、藤井選手のタイムリーで2点を追加しダメ押し!!
9回は又吉投手が登板です。
無失点に抑えウイニングボールを吉見投手へ手渡します。
先発の野手全員安打、連敗を止め9−2で交流戦初勝利です、吉見投手は2勝目を挙げました!!
完封勝利で3連勝!
<< 作成日時 : 2018/06/09 17:48 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201806/article_5.html

交流戦、中日ーソフトバンク2回戦、先発はガルシア投手です。
1回裏2死二塁、ビシエド選手の中前タイムリーで1点を先制【写真】
二塁から大島選手が生還し、先制のホームを踏みます
6回表に1死三塁のピンチとなりますが・・・中村晃選手が投ゴロ、ホームへボールをトスするガルシア投手
リプレイ検証となりましたが、妨害もなく判定通りタッチアウト!!ピンチを切り抜けます。
1点のリードを守り、無失点ピッチングを続けるガルシア投手
すると・・・6回裏に待望の追加点!!
福田選手の5号ソロホームランで2−0とします
8回裏1三塁、福田選手の左犠飛で三塁走者の荒木選手が激走を見せて生還、3−0とします
9回表もマウンドへ登ったガルシア投手、最後も3人できっちり抑えてゲームセット!
5月12日の巨人戦(東京ドーム)以来となる2試合目の完封勝利で7勝目を挙げました。
昨日の高橋選手に続き、今日は福田選手が「やりました〜!!」を連発です
「やりました〜」チームも3連勝です!!【写真】
わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔)
ビシエドの季節だ 初回先制打、8回にダメ押し演出の二塁打
2018年6月10日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201806/CK2018061002000108.html

 豪快なアーチでなくとも、4番として申し分ない仕事だった。目の覚めるようなスイングから、鋭い打球が中堅へと駆け抜けていく。ビシエドが1回に先制適時打でチームを勢いづけた。

 「味方がチャンスをつくってくれたので、モノにしようと思っていた。速い球はなかなか難しい。打ちごろのボールが来たので、何とか捉えられることができたよ」

 球界屈指の速球派外国人右腕に「先制パンチ」を食らわせた。外角高めに来たバンデンハークの148キロを強振してタイムリーを生んだ。先頭の8回には二保の外角カーブを振り抜き、中堅フェンス直撃の二塁打。今季20度目のマルチ安打で、ダメ押しとなる3点目のきっかけを演出した。

 愛息がパワーの源なのかもしれない。名古屋市内の少年野球チームに入団した息子のビシエド・ジュニア君が、5月下旬に試合でデビューを飾った。「アメリカでも野球をやっていたし、いい選手になると思うよ。彼がプレーしているところをスタンドで見てみたいね」。メジャーで最も有名な「親子鷹」として知られるケン・グリフィー親子のようになれれば。そんな夢を思い描いている。

写真:中日−ソフトバンク 8回裏無死、ビシエドが中越え二塁打を放ち二塁に向かう=ナゴヤドームで(小沢徹撮影)
わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔)
ビシエド、2発6打点
2018年6月18日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201806/CK2018061802000105.html

 主砲が鮮やかに架けた2本のアーチが、藤嶋の初勝利を強烈に後押しした。「いい投球をしていたし、いつもロングリリーフで頑張っていた。1勝目だろ。おめでとうと言いたいよ」。打のヒーローのビシエドは、わが事のように喜んだ。

 1回に中前へ適時打を放ったのが猛打の皮切りだった。7試合ぶりの打点で勢いに乗ると、4回に待望の一発が飛び出した。南川のスライダーを完璧にとらえた。「打った瞬間、分かった」という9号3ラン。8回には左中間へ、3年連続2桁本塁打となる10号2ランをぶちかました。

 「第1打席の打点も良かったし、ホームランも効いただろ」。今季2度目のマルチ弾を含む猛打賞で、5月27日の広島戦(マツダ)でマークした自己最多タイの6打点を記録。主砲のバットが打線爆発へと導き、チームも4月20日の広島戦(ナゴヤドーム)に並ぶ今季最多の11得点だ。

写真:4回表2死一、三塁、ビシエドが左越えに3ランを放つ(平野皓士朗撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
中日・ビシエド 4安打2打点でけん引「とてもいい仕事ができた」
7/3(火) 22:00配信  スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000168-spnannex-base

<神・中>5回、右中間二塁打を放つビシエド(撮影・成瀬 徹) 

 ◇セ・リーグ 中日10―5阪神(2018年7月3日 甲子園)

 中日の4番・ビシエドが4安打2打点と活躍し、チームの10得点大勝に貢献した。

 初回、2死二塁から投手強襲安打でつないで大量4得点先取に導くと、3回に右前打、5回には二塁打を放って3打席で猛打賞を達成。6回には左中間二塁打で走者2人を迎え入れ、今季自身2度目の1試合4安打となった。

 「きょうはとてもいい日になった。初回から皆で力を合わせて相手のいい投手を打ち崩すことができた」と相手エースのメッセンジャー攻略にご機嫌。6回の2点適時二塁打については「走者をかえす、得点をとるというのはとても大事なこと。とてもいい仕事ができた」と振り返った。
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
鈴木博投手がプロ初セーブ
<< 作成日時 : 2018/07/07 18:52 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201807/article_2.html

中日ーヤクルト12回戦、先発はガルシア投手、初回の一、三塁のピンチを無失点で切り抜けます。
2回以降ノーヒットピッチングを見せヤクルト打線を抑えるガルシア投手、7回を投げ3安打無失点で降板
7回裏無死、先頭のアルモンテ選手がヒットで出塁、高橋選手が送りバントを決めチャンスを作ると・・・
7回裏1死二塁、平田選手が左越えにタイムリー三塁打を放ち2−0
7回裏1死三塁、ビシエド選手も続き、左翼線へタイムリー二塁打、3−0とし大きな追加点が入ります。【写真】
8回表には又吉投手、そして9回には鈴木博投手が登板します。
9回最後も無失点、完封リレーの3−0で勝利です!!そして鈴木博投手はプロ初セーブを挙げました!!
ガルシア投手は9勝目、そしてプロ初セーブの鈴木博投手、おめでとうございます!!
吉見投手が3勝目、チームは2連勝
<< 作成日時 : 2018/07/08 18:37  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201807/article_3.html

中日ーヤクルト13回戦、先発は吉見投手です。
2回裏無死、ビシエド選手がレフトスタンドへ11号ソロホームランを放ち1点を先制【写真】
4回表に同点とされ、6回表に2点を勝ち越されてしまいますが、その裏無死、先頭の大島選手のヒットから
京田選手も右前打で続きます。
6回裏無死一、二塁、平田選手の左前タイムリーで1点を返し2−3
6回裏2死二、三塁、アルモンテ選手が左中間を破るタイムリー二塁打を放ち4−3、逆転に成功します。
7回裏2死一塁、打ち取られた??と思った打球でしたが、野手の間に落ちるヒットとなり猛打賞の大島選手。
一塁走者の大野奨選手が生還し5点目が入ります。
9回は今日も鈴木博投手がマウンドへ、無失点に抑えて2セーブ目を挙げました。
吉見投手へウイニングボールを手渡し、笑顔でタッチを交わします。
逆転タイムリーのアルモンテ選手、3勝目を挙げた吉見投手、先制ホームランのビシエド選手【写真】
逆転勝利でチームも2連勝です!!
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
ビシ「完璧」 11号ソロ先制の4階席弾
2018年7月9日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201807/CK2018070902000008.html

 先制点は主砲のバットから生まれた。2回、先頭で迎えたビシエドの第1打席。石川の初球、高めに浮いたスライダーを捉えた。「パーフェクトなスイングだった」と自画自賛した一発は、ナゴヤドームの左翼4階席へと消えた。

写真:2回裏無死、ビシエドが左越えに先制ソロを放つ(谷沢昇司撮影)
富士山 チャペル 富士山 チャペル 富士山 チャペル 富士山 チャペル 富士山 チャペル 富士山
ビシエド、先制2ラン満塁打の6打点 2年ぶり先発全員安打
2018年7月11日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201807/CK2018071102000135.html

 高らかと白球が舞い上がると、すぐにスタンドインを確信した。「打った瞬間いくと思ったよ」。一塁ベースを回ると、ビシエドは両手を広げガッツポーズ。満塁弾を放ったヒーローに敵地に詰めかけた竜党から大きな歓声が浴びせられた。

 6回だった。リードを3点に広げ、なおも2死満塁。国吉の外寄りカットボールを持ち味のフルスイングでとらえた。「チームにとってすごく意味のある一発だった」。2016年4月24日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)以来、来日2度目のグランドスラム。救援陣に不安を残すだけに、本当にチームを勇気づけた。

 号砲を打ち上げたのもビシエドだ。初回に2死一塁から左翼席へ、先制の12号ソロをぶちかました。乱打戦の様相を呈する中、5回にはアルモンテが「良いスイングができた。完璧です」という右翼場外に新設中のスタンドに直撃する特大の11号2ランを放った。2度目の助っ人共演。ただ、ビシ砲は主役を譲ることはなかった。

 8日の夜に頭を五厘刈りのように刈り上げた。息子で野球に夢中になっているビシエド・ジュニア君から「髪を短くした方が打てるよ」と助言されてバリカンを手に取ったそうで、今季2度目の五厘刈りだった。実は5月26日の夜、思うような打撃ができず、気分一新と反攻の決意を込めて刈り上げていた。そのときは翌27日の広島戦で3安打、来日最多の6打点と大暴れ。今回も9日に2安打、この日は2発に今季3度目の6打点とまたまた結果を残した。

写真:DeNA−中日 1回表2死1塁、ビシエドが先制2ランを放つ(中嶋大撮影)=横浜スタジアムで
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
【中日】ビシエド、来日2本目満塁弾!息子のオススメ「1ミリ刈り」が効いた!?
2018年7月11日6時0分 スポーツ報知
https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180711-OHT1T50036.html

 ◆DeNA8―13中日(10日・横浜)

 脅威の「1ミリ刈り効果」だ。6回2死。ビシエドが、右中間席に13号グランドスラムを突き刺した。満塁弾は16年4月24日のヤクルト戦以来、来日2本目。初回2死一塁では先制12号2ランを放ち、6月17日の西武戦に続いて今季3度目の1試合2発だ。

 8日に自らバリカンを入れ、9日のDeNA戦(横浜)で2安打。この日は自己最多タイの6打点。5月26日に、ガルシアのバリカンを借りて、うっかり、ほぼスキンヘッドにしてしまった。ところが、翌27日の広島戦(マツダ)で猛打賞6打点と思わぬ効果があった。今回は長男のダヤン・ジュニア(8)から「『短くしたらホームランが打てるよ』って言われたんだ」。再び同じ長さにしたところ、前回以上のご利益があった。

 その愛息は、5月に名古屋市内の少年野球チームに入団。小学3年生ながら、すでに5年生チームのレギュラーという。デビュー戦では初打席初安打から二盗、三盗に成功し、果敢に本盗にも挑戦。敵失を誘って生還した。「俺と違って俊足? 俺だって速いんだぜ。フォッフォッフォ」と成長に目を細めている。

 俊足はともかく、パワーは息子に負けない。ビシ弾が出れば7連勝。先発全員安打で今季最多の13得点を奪い、5位に浮上した。

(嶋田 直人)

ログインすると、残り1件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ビシエド 中日ドラゴンズ 更新情報

ビシエド 中日ドラゴンズのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済