ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 千葉ロッテ 関谷亮太投手 > トピック一覧 > 関谷“日大三デー"初登板初勝利...

千葉ロッテ 関谷亮太投手コミュの関谷“日大三デー"初登板初勝利 先輩に投げ勝った

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

「旧友」とのコンビでつかんだ1勝!マリーンズの関谷亮太投手が21日、バファローズ戦でデビューし、日大三の同期である吉田裕太捕手とバッテリーを組んで7回を6安打無四球で3失点と好投。球団では12年・藤岡以来となる新人の初先発初勝利を挙げ、チームの連敗を3で止めた。
ポーカーフェイスを貫いていたヒーローが、ようやく破顔した。プロ初勝利を挙げ、女房役の吉田との記念撮影。関谷が「しっかりリードしてくれて投げやすかった」と言えば、プロでは2年先輩の吉田も「(関谷が)入ると決まってから一緒に勝ちたいと思っていた」と感慨深げだ。09年夏の甲子園で完封勝利を演じた2人が、7年後にプロの舞台でがっちり握手を交わした。
初回2死、糸井に浴びた中越え二塁打をきっかけに失点。しかし、関谷は「ある程度(自分の球を)投げ切れていたので」とすぐに切り替え、直球と得意球のチェンジアップを軸に丁寧に投げた。相手先発も日大三OBの近藤一で、01年夏の甲子園の優勝投手。小4時にその姿を見て日大三中への進学を決めたという「憧れの大先輩」だったが、打者との勝負に集中した。
中学時代は元ジャイアンツの桑田真澄氏と父・俊郎さんが一緒に立ち上げたボーイズリーグの「麻生ジャイアンツ」の1期生としてプレー。父は息子の練習を初めて見た桑田氏に「この子は間違いなくプロに行けます」と言われたという。
2回り目からは「師匠」から学んだ縦の大きなカーブをアクセントに加えた。中学では投手兼遊撃手。「桑田さんを見て、投手は投げるだけじゃなく守備も全てできるのが超一流の選手だと感じた」。3回1死一塁では駿太の一、二塁間へのゴロを素早いベースカバーで一塁アウトにし、この回を最少失点でしのいだ。
開幕45試合目で訪れた出番。大学、社会人を経て入団した25歳には開幕ロースターを逃した悔しさと並々ならぬ決意があった。合流した前日。「やっと来た、というよりは…。最後というくらい(の気持ちで)」と初登板から結果にこだわっていた。
チームの連敗を3で止めた好投。当初は左腕のチェン・グァンユウを昇格させる予定だったが、2軍からの推薦を受けて変更した伊東監督は「予想以上によかった。次回も投げさせようと思う」と即決した。「もっと(緊張で)フワフワすると思っていたけど、意外とそんなになかった」と関谷。首位獲りへ、頼もしい右腕が加わった。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

千葉ロッテ 関谷亮太投手 更新情報

千葉ロッテ 関谷亮太投手のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済