ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > 朝ドラで話そ♪ 半分、青い。 > トピック一覧 > ※閲覧注意!《わろてんか・雑談...

朝ドラで話そ♪ 半分、青い。コミュの※閲覧注意!《わろてんか・雑談含むネタバレ、あらすじトピ》

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

※閲覧注意exclamation ×2
ネタバレ苦手な方は絶対に見ないで下さいね。


こちらは、わろてんかのネタバレ、あらすじについてみんなでワイワイ雑談するトピですよ〜(*^o^*)

コメント(286)

>>[246]

それにしても、最終週って昭和(平成?)何年頃になるんでしょうね。

亀さんとか、何歳になるんだろう?(*^^*)
>>[247]

亀さんは…途中でサヨナラかなあ…とも思ったり。

クランクアップのニュースで、白髪のあるおてんちゃんの写真が出てましたね。

あ、最終回は隼也たちの様子をおてんちゃん夫妻が空の上から見守るパターンかなあ。
第24週「見果てぬ夢」 あらすじ


ネタバレ苦手なかたはご遠慮くださいm(__)m

情報源 NHKステラ
http://www.nhk-sc.or.jp/stera/

掲載の表紙は、
「西郷どん」
西郷吉之助役、鈴木亮平さんです。
オトコマエです(^^)

(NHKステラ、定期購読だと書店に足を運ばなくてもよく、
書店の発売日より早く届きなおかつ安くなりますのでお奨めします)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
伊能は、キース主演の映画を製作するが
検閲で上映を禁じられてしまう
一方、てんは
「わろてんか隊」の功績などが認められ
国から勲章を受賞する


伊能の会社では、
映画事業からの撤退を求める声が噴出
それでも映画製作を諦めきれない伊能は会社を追われる
「北村笑店」の役員も辞任したいと申し出た伊能に
てんは一緒に映画を作りたいと言う


北村笑店の映画部が発足し
てんは恋愛映画を作ろうと意気込むが
検閲はさらに厳しさを増す
そんな中、てんは検閲官を出し抜く大胆な一手を思いつく


「忠臣蔵」をテーマにした喜劇映画
「お笑い忠臣蔵」を製作することにした北村笑店
一同はなんとか台本に恋愛の要素を取り込もうと試行錯誤を重ねる
そんな中、伊能のもと部下たちが北村笑店を訪ねてくる


てんたちの台本は無事に検閲を通過
てんと伊能は胸をなで下ろすが、一転検閲保留になってしまう
その裏に伊能を陥れるための陰謀があると知ったてんは
東京へ向かう


映画の製作が危ぶまれるなか
てんへの中傷記事が出たことで北村笑店への世間の風当たりが強まる
そんな事態を招いたのは
自分がてんたちに関わっているせいだと感じた伊能は
ある決意を固める


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

恋愛映画への思い入れが強い伊能
喜劇に見せかけた恋愛映画を作れないかと試行錯誤する・・・・

あと三週間でドラマは終わります
まだ戦争は終わりません
相変わらずのわろてんかですね(^^;)

>>[246]

24週でもまだまだ戦争が終わってなかったです〜
(^^;)

ですねえ、隼也がいつ戻るのでしょう?
もしかして徴兵されてそのまま・・・
っていう可能性もあるのかも?
>>[250]

残念ながら、そう簡単に戦争は終わらせてくれなかったですねえ。とことん視聴者の願いをスルーしてくれるなあw

そして終盤に映画づくりに没頭するという、どこの「べっぴんさん」?w

>>[249]

お疲れさまです!!

キース主演の映画!
ついに無駄にイケメンと言われたキースの
本領発揮の機会が!!!

栞さま・・・ワンマンに見えてたけど
やっぱり社内に見方がいないのですねあせあせ(飛び散る汗)
で、ここにきて、やっとてんの才能が開花?

てんへの中傷
って栞さまとのゴシップですかね?
普通に二人で会ってるんだもん
そりゃ噂もたちますでしょうよ
もうくっついちゃえばいいのにー

後3週間かーーー
なんか最近つっこむ力も失せてきてーー
多分。私の中で一番つまんない朝ドラになりそうですウッシッシ
>>[250]

史実では隼也のモデルの方は子どもの誕生を見ずに病気で亡くなっているので、隼也が戦時中に何らかの形で亡くなる可能性はありそうですね。でも、「わろてんか」クオリティのこと、メインキャストは死なない、という可能性もなくもなくも。
>>[249]

終戦直後で「わろてんか」が終わるような悪寒……(´;ω;`)
>>[251]

コメントありがとうございます。

ですねえ〜(^^;)
なんだか
「これじゃない」って感じをひきずりながら半年過ぎてしまった感が・・・

終盤に映画って
多分高橋一生さんの出番増やすためなんだろうけれど
脚本のせいか魅力がいまいち・・・
もっと繊細な演技も出来るかただと思うのにもったいないです・・・
>>[252]

コメントありがとうございます。

無駄なイケメン!
(^^;)
確かに〜!
とと姉ちゃんでもわろてんかでも
イケメンなのにイケメンらしく扱われないかたでしたねえ。

栞さま、独断バリバリワンマンって感じにも見えなかったんだけれど
部下と意見が合わない感じは前からありましたよね
おてんちゃんの才能今ごろ開くのか?
もう少し前に開いてくれても良かったような・・・
(^^;)

そうそう私もです〜。
ツッコミどころも褒めるところもなんだか見当たらなくて
(楽しんでおられるかたすみませぬ)
毎回、観たよ〜あ〜そう・・・って感じです
繰り返して観たい気持ちにもならないの・・・
心にひっかかるところもなくさらっと観られるから視聴率は良いのだろうけれど
なんだかつまんないんですよねえ・・・

>>[253]

え〜そうなんですか・・・
時代的には隼也が戦争で亡くなる可能性が高いのかなあ
あの赤ちゃんのことを思うと気の毒・・・・
出来れば戻ってきてほしいです・・・
>>[254]

どのへんで終わるのでしょうねえ・・・
おてんちゃん、クランクアップではけっこうな白髪でしたし。
でも白髪でもお肌つるつるなのが
朝ドラクオリティ(^^;)
あんまり老けさせても気の毒だし難しいですね。
フィクションとは言え、必然性のない死はいやですね。

藤吉って、死ぬ必要あったのかな。
>>[258]
昭和20年で52歳。白髪かぁ〜。
「花子とアン」蓮子さんが真っ白でしたが、あんな精神的ショックで真っ白はないでしょうね。

隼也、どうなんでしょうね。

お嬢さま嫁のつばきは、きっと健在でしょうけどねぇ。
第25週「さらば北村笑店」 あらすじ


ネタバレ苦手なかたはご遠慮くださいm(__)m

情報源 NHKステラ
http://www.nhk-sc.or.jp/stera/

掲載の表紙は、
「スニッファースペシャル」
阿部寛さんです
素敵です(^^)

(NHKステラ、定期購読だと書店に足を運ばなくてもよく、
書店の発売日より早く届きなおかつ安くなりますのでお奨めします)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
伊能が「北村笑店」を辞め渡米すると言い出した
風太が慰留するも、伊能の決意は固い
最先端の映画を学びたいという伊能の思いを知ったてんは・・・・


太平洋戦争が始まり、北村笑店の芸人や社員たちは続々と戦地へ
そんな中、芸人たちのため一心に漫才の台本を書いていた万丈目が
ついに過労で倒れてしまう


昭和19年に入ると、戦況はさらに悪化
空襲時の防火対策で
「南地風鳥亭」が取り壊されることになり
北村笑店の面々は大きなショックを受ける


とうとう隼也にも召集令状が届く
隼也は風太から、入隊前にてんと話すよう促され
数年ぶりに帰阪
つばきと息子の藤一郎をてんに託す


隼也とつばきに対して複雑な思いを抱えながらも
藤一郎との初めての対面に喜びを隠せないてん
そんな母に、隼也はこれまでの親不孝をわび、
胸に秘めていた思いを伝える


空襲が激化し、てんは
つばきやトキたちを連れ、疎開することに
さらに社員たちの身の安全を考え、苦渋の決断を下す

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・万丈目は台本を楓に託し、歌子と故郷の奈良へ旅立つ

・脚本家さんと統括プロデューサーさんのインタビューがあります
脚本と演出の狙いが解ってなるほどね〜っていう感じですが
それが好みかどうかはそれぞれですね
(^^;)
>>[260]

隼也、出征ですよ〜!
時代的に仕方ないのでしょうけれど
無事に還ってくるのかなあ・・・・

おてんちゃんの白髪はそんなに真っ白ではないと思います
真っ白っていうと
とと姉ちゃんの大地真央さん思い出す〜(^^;)
>>[261]

お疲れさまですーーー

いよいよ佳境にはいってきましたね
太平洋戦争前に栞さまの渡米?
本当に渡米しちゃったら、栞さまはここで降板?
国民服を着た栞さまは見たくなかったから、いいのかな。。

万丈目さんも退場しちゃうんですかねー
それはそれで寂しいな
徴兵されそうな芸人も社員さんも印象に残ってないので
戦地に行ってもあまりぐっとこなさそうあせあせ
隼也も私の中で居なくなった人なのであせあせ(飛び散る汗)

来週が一番つらい週になりそうな?
とりあえず会社たたんで、最終週で戦後の復興とともに立て直すのかな?
今日、たいした活躍もしないのに女太閤と言われてしまったてんは
名実ともに「お笑いのお母ちゃん」になれるのかしら〜?

脚本家とプロデューサーのインタビュー。
どうしてこうなったか知りたいので読んでみたいので買ってみようかしら。
団真団吾の話が異色と言ったぐらいだから
私の好みとは違うと言うことはわかっていますけどーウッシッシ
>>[263]

「どうしてこうなったのか知りたい」。

まさにw その一言に尽きますw
>>[264]

もしあさいちのゲストに出てくれたら
いっぱい質問FAX送ってみたいですよウッシッシ
>>[261]
あらすじ、ありがとうございます。

南地風鳥亭も取り壊し……あの、団吾師匠、文鳥師匠の挨拶が懐かしいハコでしたねぇ。

隼也は戦地で亡くなるのかなぁ…リアルでは病死だからなぁ…。
確かに、あの可愛い藤一郎ちゃんを置いて、というのは可哀想ですね。

明るく終わってほしいけど、戦争とドラマが同時に終わりそうな気がしています(´`:)
そうそう、今週はやたら「伊能栞ウィーク」という感じで盛り上げていますが、来週前半に渡米して退場してしまう訳ですよね。
戦時中での退場だし、なんだか寂しい…。
>>[263]

コメントありがとうございます。
遅くなってすみません(^^;)
あまりのつまらなさにすっかり興味が失せている・・・

渡米って大丈夫なのですかね?
戦争になったらガチで敵国じゃあないですか・・・
日米の混血の人なんか冷遇されてわざと最前線にやられたっていうくらいだから捕まって捕虜になるんじゃないかと心配です・・・・
降板の可能性高いですかねえ
栞さまナレ死とかお手紙死になりそうな予感が・・・

万丈目さんいなくなるのは寂しいですよねえ
そういえばあれだけ大きな会社なのに
芸人って
文鳥団真団吾
キースアサリリリコシロー岩さん
万丈目夫婦しか記憶がない(^^;)
本場よしもとの芸人さんが沢山出てくると思って期待していたのに・・・


多分寄席も殆ど空襲で焼けちゃうのでしょうし
いったん会社閉めて仕切り直しですかねえ
女太閤とかあったけれど今まで大して活躍してる印象がないので
なんかなんかなあ・・・・

インタビュー読んでみると
統括さんの狙いは私の観たかったものとはかなり違ったんだなあと思いました
でも楽しんでいる方々はそれなりにいるし
あくまで「私の」観たかったものじゃなかった、
ってだけなんですがね・・・
好みばかりはどうしようもないですね(^^;)


>>[266]

コメントありがとうございます。
遅くなってすみません(^^;)

取り壊し、昔はほぼ強制でしたよね
懐かしい場所がなくなるのは悲しいはずなんですが
今までの積み重ねが薄いから感慨もないなあ(^^;)

え?隼也モデルのかたは病死なんですか・・・
お気の毒な・・・・
あの時代だから良いお薬もなかったのかなあ・・・

クランクアップの映像はまだもんぺでしたから
もしかしてそうなるかもですね
(^^;)
明るい光が見える終わりかたになればいいなあ。
>>[268]

インタビュー読みました
いろんな人に楽しんでもらえるように
てんこもりにした的な???
視聴率がいいから、結果的には成功してるってことなんでしょうね!

でも。風太やてんの中の人があさイチのゲストに来てしゃべってたように
アドリブ多すぎですよねー。
よく言えば現場の団結力がよかったってことなんでしょうが
結局、脚本も演出も出演者任せのような気がして。。。あせあせ(飛び散る汗)

結果オーライ的な対談記事にもんもんとしてしまいましたーー
>>[270]

コメントありがとうございます。
わ〜か〜り〜ま〜す!!
なんか、もやもやってしますよね(^^;)

葵わかなさんがあさイチで
「何か困ったら濱田岳さんに振る」とかいってたけれど
風太がドラマを回していたと自分的には思えちゃいます
(^^;)
東京出身なのに関西弁での見事なアドリブのやりとりは
相手が力量のある徳永えりさんだからこそ成立したんだろうと思います
そこはなかなか見応えありましたが
なんかなんかなあ・・・
それ故におてんちゃんの若さと未熟さが目だってしまったような・・

いやいいんですよ、朝ドラヒロインは若くてまだ未熟なヒロインが
ドラマとともに成長する物語なんだから
目を見張るほどうまくなくてでいいんだけれど
もっと素敵に見えるようにどうにかならなかったのかなあ
視聴率良ければオーライって、なんだかなあ・・・

最終週「みんなでわろてんか」 あらすじ


ネタバレ苦手なかたはご遠慮くださいm(__)m

情報源 NHKステラ
http://www.nhk-sc.or.jp/stera/

掲載の表紙は、
「わろてんか」 ヒロイン葵わかなさんです。
ご本人のインタビューとクランクアップリポートつきです。

(NHKステラ、定期購読だと書店に足を運ばなくてもよく、
書店の発売日より早く届きなおかつ安くなりますのでお奨めします)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
昭和20年
てんは、つばきやトキらを伴い
りんのつてで、ある山村へ疎開
治平(西川きよし)の家で暮らし始める
一方、大阪に残った風太や芸人たちは、大規模な空襲に遭い、逃げ惑う


空襲から一週間経っても風太は音信不通のまま
気が気でないトキを、てんは、こんなときこそ笑おうと勇気づける
しかし、治平は笑うなど不謹慎だと激怒
家を追い出されたくなければ、今後一切笑うなと言い渡す


終戦を迎え、てんは大阪へ
空襲で焼けた「天満風鳥亭」を再建しようとするが
資材がないうえ、芸人たちの行方もわからず、なすすべがない
そんな折、てんの元へ楓が帰ってくる


てんは、伊能と六年ぶりに再会
伊能が手配した資材を使い、自分たちで寄席を建て直すことにするが
てんは戦地から戻らない隼也が気掛かりで心から笑えない
そんな彼女を、伊能は、「夢は終わっていない」と励ます


芸人たちが一人また一人とてんの元へやってくる
てんは新しい笑いに挑戦し、
「北村笑店」を復活させようと、社史を基にした喜劇を上演することを提案する


新生北村笑店の青空喜劇
「北村笑店物語」が完成し
芸人だけでなく社員みんなで高座にあがることに
若かりしころの自分自身を演じる彼女の前に、籐吉が現れて・・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


わろてんか
本編のあらすじはこれでお終いです

これでいいのか?
とツッコミたいところは山々ですが
(^^;)

とりあえずお終い!
楽しみに読んでくださった皆様
ありがとうございました!

四月にスピンオフもあるようですので
それはまた後日(^^)

>>[272]


半年間あらすじをありがとうございました。
このトピのコメントを見るに、ちえのすけさん自身も、つまらない話(突っ込みドコロ多し)で、あらすじ書くのも、テンション保つの苦労したんじゃないですか?
コミュのために辛抱強く、コツコツとアップしてくださり、本当に頭が下がります。

スピンオフも楽しみですね。

スピンオフ、いきなり地上波でやってくれないかな(^_^;)
>>[272]

ついに最終回!
栞さま、今日で出番終わっちゃうかと思ったら
生きてたんですねー。びっくりですよ。

そして土曜日の男藤吉も
最終回の土曜日にも普通に登場するんですねw
つか、若かりし頃の自分自身を演じるって??
てんは自分で演じるんですかー。いきなり主演?
社長自ら主演やっちゃうんだーー
そりゃ簡単に演じれることはわかっとりますけどあせあせ
藤吉は実は生きていた設定だったらぶっとびますよ

なにはともあれ
半年間お疲れさまでしたーー。
私のぼやきにもつきあってくださってありがとうございました
次のドラマでは楽しい話をしたいものですねー

>>[272]

「藤吉が現れて…」

舞台にあがっちゃったりしてー(^□^;)!


ちえのすけさん、今回も半年間毎週あらすじをあげてくださって、本当にありがとうございます。

モチコさんもおっしゃってましたが、イマイチ気持ちがのれないドラマのあらすじを毎週載せるって大変なことですよね(>_<)

私は、なんだこりゃ?とポカンとするたびにこの先のあらすじを読まずにおれませんでした。そういう意味でも、ちえのすけさんには心から感謝してます。ありがとうございました。
>>[272]

ホントに、あらすじ、ありがとうございました。
今までの朝ドラのあらすじもですから、何年も……結構な量ですね。コミュのあらすじ好きの私達のために、ホントにありがとうございます。

最初の頃を彷彿とさせて終わりとする流れも、朝ドラあるあるだけど……今作の場合は、何の感慨も沸いてこないなぁ……。
何週間かに一度、よかった回があっても、それはベテラン俳優の力に頼るものだったり。

一代記ものは、ヒロインの親世代に頼れなくなる後半は、ホントに脇役がしっかりしてないと大変なことになるのにね。アドリブ頼りって怖すぎるわ(;^_^A それって寸劇やん。

まぁ、昔から朝ドラって玉石混交ですけど、見落とすのが悔しいほど、天災人災(どこかのミサイル発射とか)でドラマ放映の中止・延期がイヤなほど、魅力的な朝ドラもあるので、そういうドラマにまた会えると良いですね。



>>[273]

コメントありがとうございます。

そうなんです〜(^^;)
楽しんでいるかたもいるのにネガティブな感想ばかりになり
申し訳ないのですが、
つまらないのに「うわぁ楽しい」とも書けないし・・

でも、風太トキの掛け合いとか栞母子の話とか団真団吾お夕とか
面白いと思えるところは勿論あったんですが
全体的に乗り切れないままで終わってしまいそうです・・・
関西のお笑いに馴染みがないのも大きかったのかなあ・・・・
あと、序盤のすっ飛ばし感にもついてけなかった。

でもキャストの皆さんはそれぞれの役目を精一杯果たしてとても頑張られていたと思います。
葵わかなさんもお若いのによく勤められました。

スピンオフ沢山あるんですよね、
私はBSないので、ほんといきなりやってくれたら嬉しいです
(^^)


>>[274]

コメントありがとうございます。

ねえ〜ついに最終回ですね!
栞さま、海外でナレ死じゃなくて良かった(^^;)
あの時代に無事に戻ってこれるなんて奇跡的!

「土曜日の男」
確かに!(^^)
演じるのがおてんちゃん、ってなんとも斬新な(^^;)
中の人は若いので演じられるのは解って居るけれど
実際は相当な中年女性ですよね?
リアルにその設定だったら違和感あるだろうなあ〜。
いや籐吉は死んでます大丈夫(^^;)

半年間ありがとうございました、
いやこちらこそ共感してくださりありがとうございました、
次のドラマは楽しめたら良いですね〜。

>>[276]

コメントありがとうございます。

籐吉がいきなり舞台で実体化してみんなに見えるとか?
(^^;)
リアルにあったらまじホラー!

はい、なんだか乗り切れないドラマでした・・・
でも俳優の皆さんの演技はどなたも良かったと思います
なんというか、パーツパーツで観ると楽しいんだけれど
総集編なみのすっ飛ばし感についてけませんでした・・・

あらすじを楽しみにしてくださり嬉しいです
読んでくれるかたがいるのが手打ちアップする励みになります
(^^)(^^)(^^)
ありがとうございます〜。
>>[277]

コメントありがとうございます。

考えてみれば、
カーネーションの頃からだから
結構な分量になるんですね(^^;)
あの頃はmixi全盛期でネタバレも複数アップするかたがいて賑やかだったなあ・・・・

そうそう、なんか、感慨が湧いてこないです(^^;)
仰るとおり、ワクワクした回って、
俳優さんの力頼みのところが大きかったですねえ。
そして二度と出てこないという・・・

そうそう脇役!
今回は脇役が若いし少ないのも気になりました
親世代の出番が多いときは良かったけれど
クレジットで最後に出てくる名前が藤井隆さんとか高橋一生さんとかなのですよね
せっかく吉本から内場さんが来てるんだからもっと面白い使い方してくれても良かったのになあ〜
あと吉本のベテラン芸人さんをもっと出して欲しかった!
最終週には西川きよし師匠がでてくるけれどもっと早くても良かったですよお・・・
(>_<)

ドラマに限らずなんでもですが
好き嫌いもあるし
世間的な評価の善し悪しもあるし
ネットでの評判の善し悪しも
視聴率の良い悪いもあるし
「全ての人が楽しめる朝ドラ」ってのは存在しないのでしょうね
(^^;)
でも朝ドラって、東日本大震災のあとで
Eテレの子ども番組と同じく一番最初に通常放送した
NHKの顔ともいうべき番組だと思うので
なるべく誰でも楽しめるものであって欲しいです〜。



遅くなってしまいましたが、ちえのすけさん、半年間もの長い間ネタバレをどうもありがとうございました。
今回はいまいちドラマに入り込めずこちらへのコメントも少なくなりましたが、毎週拝見していました。ちえのすけさんもテンションが上がらない中で毎回ネタバレを上げて下さるのはさぞかし大変だった事と思います。毎回のお仕事、本当に頭が下がります。量も多くて本当に大変だと思います。本当に、本当にお疲れ様でした。
また次回の朝ドラでもお世話になる事と思います。あらためてよろしくお願いいたしますわーい(嬉しい顔)
大変遅くなってしまいましたが、
ちえのすけさんの手打ち「わろてんか」ネタバレ雑談含むトピのおかけで、おいてけぼりにならずに済みました!本当にありがとうございましたっ!
割と感覚が近い方が多いと(勝手に)思っているので、皆さんがどんなポイントを面白がって、どんなポイントをつまらなく感じるのか、興味深く拝読してました。別にワースト3とか決めなくて良いのですが、自分の中に明確な「朝ドラ・ランキング」があることに気づけました!
「カーネーション」で盛り上がったあの熱を、どこかで探してしまい、次の朝ドラもその次の朝ドラも、見続けて来たのだと思います。たまに休憩(ながら見OK)な半年もあってよいと思う、今日この頃です。

「わろてんか」は高橋・濱田コンビの藤井隆がけ、歌子(めっけもん)さん添え、エンケントッピングからの徳永えりちゃんで〆の雑炊状態でしたのに、脱落してしまうなんて、もったいないオバケ(死語)が出そうでした!脚本か演出か責任者出てこいっ!と思いながら駆け抜けた半年間でした!

トピずれついでに、過去、私がテレビで見聞きした、「感動俳優格言」を。
,匹鵑覆砲弔泙蕕覆さ嗚椶世辰董¬滅鬚するために俳優が現場で出来る事が必ずあると信じてやってる。(うろ覚え)=【半沢直樹の後、プレッシャーがかかる?と聞かれた、ルーズベルトゲームの番宣時の唐沢寿明】
脚本家が考えた文章を、スタッフが実写にする準備をし、俳優がいきいきと動いて物語ができる。作ったスタッフも喜ぶような実写にしたい!(意訳?)【わろてんか時のアサいちプレミアムトークでの濱田岳】
私がこの作品の一番のファンであると思って挑んでいた【べっぴんさんクランクアップ後の家族に乾杯出演時の芳根京子】

何が言いたかったかとゆうと、、、
芳根京子ちゃんファンの私でも「べっぴんさん」は脱落し、ちえのすけさんのネタバレトピのおかげで見た気になれたという事だす!

これからも無理なさらない程度に、私達に救いの手を!
(長文失礼しました!)
BSプレミアム4月21日放送
わろてんかスピンオフ
「ラブ&マンザイ」 あらすじ


ネタバレ苦手なかたはご遠慮くださいm(__)m

情報源 NHKステラ
http://www.nhk-sc.or.jp/stera/

掲載の表紙は、
「半分、青い。」
永野芽都・佐藤健・矢本悠馬・奈緒さんです

(NHKステラ、定期購読だと書店に足を運ばなくてもよく、
書店の発売日より早く届きなおかつ安くなりますのでお奨めします)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第一話 風太のジェラシー

トキに思いを寄せる風太は
口紅をプレゼントするが、
彼女はなかなか使おうとしない
しかも、マンマンでキースと親しげに話しているところを目撃!
2人の関係が気になって仕方ない風太は
女装してこっそり彼らの会話を聞こうとするのだが・・・・


第二話 リリコのボディガード

差出人不明の気味の悪い手紙を受け取ったリリコは
四郎に護衛を依頼する
四郎は身体を張ってリリコを守る決意を手紙にしたためるが
うっかり名前を書くのを失念
リリコを怖がらせてしまい落ち込む
そこへ男が訪れ、彼女を力ずくで連れ去ろうとする


第三話 楓の恋のラビリンス

漫才作家としてスランプに陥った楓は
仕事ずくめの生活に不安を感じていた
ある日、歌子が持っていた古い占い本に
「8時に出会う美男子が運命の人」と書いてあるのを見つけ、色めき立つ
「運命の人」を待ちわびる楓の前に現れたのは、思いがけない人物だった


第四話 勘当のフィナーレ


ある日、妊娠中のつばきと隼也がマンマンを訪ねてきた
つばきは隼也に、てんとの和解を促すが出る
隼也は駆け落ちした負い目がぬぐえない
そこにてんが偶然やってきた!
面と向かって話をしようとしない二人に業を煮やしたつばきは
ある行動に出る

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これもあったのにあげるの遅くなりました(^^;)

スピンオフの脚本家さんは
鹿目けい子さん、
音楽は本編と変わらず横山克さんです。

各話の冒頭に出演者のミニ漫才が入るそうです
何故かこの頃スピンオフに力いれまくりの大阪放送局(^^;)
どうなるんだ・・・
BS見られないので見られるかたは楽しんでくださいませ!

>>[282]

コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみませんm(__)m


テンションが上がらない朝ドラのときには
打ち込みもなんとなく気分が乗らないものですが
見ていてくださる皆様のおかげで頑張れます
ありがとうございます(^^)
半分青いもなにとぞ宜しくお願いします〜
>>[283]

熱の入ったコメントありがとうございます、
お返事遅くなってすみませんm(__)m

カーネーション!
私が懐かしの
とらさんコミュニティに入ったのはあの朝ドラからでした
いま夕方に再放送してますが
やっぱり名作だなあと感じます・・・・
脚本も素晴らしいし、オノマチさんの演技も良かった・・・
私も自分のなかに朝ドラランキングがあって、
大阪制作だとつい「ちりとてちんやカーネーションを超える名作はないものか!」
とつい期待してしまいますねえ・・・

そうそう脇役がね!良かったですよね、わろてんか。
ナイスなチョイスとトッピングの描写が楽しい(^^)
現場の俳優さんもスタッフも最善は尽くしてるんですよねえ
そして楽しめるかどうかは
「好み」という大きな問題もありますし。
トンデモ設定でも妙にツボにはまってしまうこともありますし

半分青い、
自分にとってはちょっと微妙・・なんですが(^^;)
まだ始まったばかりなので
皆様のいいねとコメントを励みに頑張りますので
半年宜しくお願い致します!
(^^)

ログインすると、残り247件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

朝ドラで話そ♪ 半分、青い。 更新情報

朝ドラで話そ♪ 半分、青い。のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済