ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 最新がん治療法  > トピック一覧 > 2017年最新がん治療法まとめ

最新がん治療法 コミュの2017年最新がん治療法まとめ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

がんを見つけて破壊するナノ粒子を合成する新たな方法を開発

名古屋大学は、2種類の試薬をアンモニア水に溶解するだけで、がん細胞を物理的・科学的に殺傷する多機能ナノ粒子を作製する方法を開発した。ナノ粒子はがん細胞を光らせ、内包する抗がん剤を放出する。

 名古屋大学は2016年12月17日、2種類の試薬をアンモニア水に溶解するだけで、がん細胞を物理的・科学的に殺傷する多機能ナノ粒子を作製する方法を開発したと発表した。同大学未来材料・システム研究所の林幸壱朗助教授らの研究グループによるもので、成果は同年10月27日、独科学誌「Advanced Functional Materials」のオンライン版に掲載された。

 ナノ粒子は中空構造で、ジスルフィドとシロキサンから形成されるハイブリッド構造となっている。内部に抗がん剤や光増感剤を含有できるため、がんを探し出して発光らせ、がんの場所を教える機能を持つ。

 がん細胞内に侵入すると、細胞内のグルタチオンと反応して自発的に崩壊し、内包する抗がん剤を放出する。ナノ粒子をマウスに静脈内投与した後、患部にレーザーを照射したことろ、ナノ粒子の崩壊が促進されて抗がん剤の放出速度が加速し、ナノ粒子が一重項酸素と熱を発生してがん細胞を物理的に破壊した。

 短期的な副作用は見られず、このナノ粒子を用いることで、がんの種類に関係なく体への負担が小さい治療が可能になるという。今後は、よりヒトに近い動物を用いて治療効果を評価していく。ナノ粒子の機能はがん以外の難病治療にも応用できると考えられ、ナノ粒子を用いた各種疾患の治療にも取り組んでいる。

 近年、ナノ粒子を用いてより多くの抗がん剤を腫瘍に輸送し、治療効果向上と副作用の軽減を狙う試みがなされている。しかし、腫瘍に抗がん剤を輸送するだけでは薬剤耐性を獲得したがん細胞を殺傷できないため、耐性を獲得したがんでも殺傷できる治療法として、物理的にがん細胞にダメージを与えながら抗がん剤を作用させる多機能なナノ粒子を開発した。
引用元
http://neovisionconsulting.blogspot.jp/2017/01/blog-post.html

副作用の無い抗ガン剤P-THPは末期ガン
にも効果があります。
引用元:
http://neovisionconsulting.blogspot.jp/2017/01/p-thp.html

引用元:
http://gan-mag.com/newsreport/3606.html
1986年
当時千葉大学教授、その後、理研免疫・アレルギー科学総合研究センターセンター長の谷口克教授による、臨床試験で進行肺がんのiPS細胞由来リンパ球「NKT細胞」療法を行なったそうです。古関氏の研究グループでは、ヒトのNKT細胞からiPS細胞を作製し、大量のヒトNKT細胞を分化させることにも成功している。
ただ、課題も残る。上記のプロセスでは約1年もかかってしまい、治療が間に合わない可能性が生じる。
___________

2016年2月現在、
東京大学医科学付属病院では、
臨床試験で脳腫瘍のウイルス療法を行なっています。

岡山大学病院では、
臨床試験で食道がんのウイルス(テロメライシン)療法を行なっています。
台湾とアメリカの臨床試験で肝臓がんのウイルス療法を行なっているそうです。
(詳しくは、オリンコスバイオファーマまでどうぞ。)
http://www.oncolys.com/jp/pipeline/obp-301.html

鹿児島大学病院では、
小宮節郎教授(整形外科学)による、
臨床試験で、骨と筋肉の悪性のがんの
ウイルス療法を行っています。
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDG25H6D

温熱治療法
http://neovisionconsulting.blogspot.jp/2016/11/blog-post_13.html?m=1

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

最新がん治療法  更新情報

最新がん治療法 のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。