ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 哲学 Φιλοσοφια > トピック一覧 > 『何故』をいかに使うか

哲学 Φιλοσοφιαコミュの『何故』をいかに使うか

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

疑問やわからない事があると「辞書」や「百科事典」、「書籍」を参考にしたり、
人に尋ねたりします。

しかし、上記で解決できない時や自分の問題が発生した場合、上記のようには行きません。
はた、と何故と考えてしまいす。

しかし、何故をいかに使えば、自分が納得できる回答が得られるのでしょうか。

何故をいかに使うかを考えてみませんか?

コメント(249)

「世界は 何 故 このようにあるのか」
「地球上のすべての国家・すべての地域(全人類社会)は、何 故 このようにあるのか」

テリトリー獲得の為の争いごとを起こす、何故なら本能だから、武器を持ち自分の庭を歩き回れたのでは平常心ではいられない。

テリトリーが安定すると始めて他の動物にはない、未来に向けての想像など人間らしい脳が働くようである(紙とペンを使い想像を書き留める、お金を稼ぐ、使う等)。

その何千年もの積み重ねが、今の国境線等を決め、この文化、商工業、農林水産業、サービス業があるのではないかと考えています。

-----------------------------------------------------------------------------------------
テリトリー [1] 【territory】
\力圏。なわばり。
⇔療據N涼蓮
「世界は 何 故 このようにあるのか」は上記のように簡単に言いあわせるものではありません。

では、何を書いたか、それはプラットホームになる基盤を書いたつもりですが完成度はイマイチイです。
これを、テリトリー層として各層が出来ればといいなと考えています。
                               つい
テリトリーが安定すると始めて他の動物にはない、未来に向けての想像など人間らしい脳が働くようである(紙とペンを使い想像を書き留める、お金を稼ぐ、使う等)のは 何故?。

いや、間違いである。
争い中も紙とペンを使い想像を書き留める、お金を稼ぐ、使う。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
「世界は 何 故 このようにあるのか」
「地球上のすべての国家・すべての地域(全人類社会)は、何 故 このようにあるのか」

1、テリトリー層
テリトリー獲得の為の争いごとを起こす、何故なら本能だから、武器を持ち自分の庭を歩き回れたのでは平常心ではいられない。
                :
             2、争い層(現在、不明確)
                :
その何千年もの積み重ねが、今の国境線等を決め、この文化、商工業、農林水産業、サービス業があるのではないかと考えています。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
2、争い層
「何故、世界で 争いごとが起きる」
「世界で 何故 争いごとが起きる」
「世界で 争いごとが起きるのは 何故」
2、争い層
  以下の通り、争い層は無くならない、未来を見据える平和な国から今後も平和維持に
 努力し、戦火の火を国際協調で消して行く努力を続ける。

1.何故、世界で 戦争は起きるのか?
 ▲ぅ妊ロギーの違いの問題。
◆∋餮擦粒容世量簑蝓
、民族の争いの問題。
ぁ△修梁升

2、世界で 何故 戦争は 起きるのか?
 ⊂鯡鵑稜亡。
◆⇔呂龍儿佞敗れた場合
 ・核保有国同士(核の抑止力)
 ・非核国同士(力の均衡が破れた場合)
、交渉が不調に終わった時、危機が訪れる。
ぁ∪府と国民の考えの大幅な考えやり方の違い(国民への弾圧)。
ァ▲轡咼螢▲鵐灰鵐肇蹇璽襪崩れ軍部が反乱した場合。
Α△修梁升

3、世界で 戦争が起きるのは 何故か?
 ⊆分に勝者の力があると思うから。
◆国際協調から孤立するから。
、テロのように戦争を仕掛ける者がいるいから、
ぁ△修梁升

「世界は 何 故 このようにあるのか」
「地球上のすべての国家・すべての地域(全人類社会)は、何 故 このようにあるのか」

 テリトリー獲得の為の争いごとを起こす、何故なら本能だから、武器を持ち自分の庭を歩き回れたのでは平常心ではいられない。
 しかし、争い層は無くならない、未来を見据える平和な国から今後も平和維持に 努力し、戦火の火を国際協調で消して行く努力を続ける。                :
             3、環境層(現在、不明確)
             4、信仰層(現在、不明確)
             5、商い層(現在、不明確)
             6、農林水産業層(現在、不明確)
                :
その何千年もの積み重ねが、今の国境線等を決め、この文化、商工業、農林水産業、サービス業があるのではないかと考えています。
3、環境層
 ◆崟こΔ蓮_拭仝痢,海里茲Δ鳳染されるのか」
  ・産業活動の廃棄物の後処理をしないから。
  ・安価な製品を作るには浄化装置はまだまだ高額だ。
  ・地球のリ環境化より産業の方が優先されている。

◆◆峅拭仝痢∪こΔ蓮,海里茲Δ鳳染されるのか」
  ・地球の浄化作用に頼っているから。
  ・人による浄化行動にお金が回らないから。

、「世界は このように汚染されるのは 何 故か」
  ・産業革命以降の先進国の歴史を学ばず産業化を進めるから公害等を繰り返す。
  ・環境指標が個別化していて2酸化炭素等?以外、産業との連携がとぼしい。

 世界的指標がGDPで経済活動が中心となり二酸化炭素等の目標はあるものの
地球の温暖化の抑止にはいたらない。
 いつ、この地球の浄化能力を超える前に国際的処置をのぞんでいる。
「世界は 何 故 このようにあるのか」
「地球上のすべての国家・すべての地域(全人類社会)は、何 故 このようにあるのか」

 テリトリー獲得の為の争いごとを起こす、何故なら本能だから、武器を持ち自分の庭を歩き回れたのでは平常心ではいられない。
 それだから、争事は多かれ少なかれ無くならない、未来を見据える平和な国から今後も平和維持に 努力し、戦火の火を国際協調で消して行く努力を続ける。
 また、世界的指標がGDPで経済活動が中心となり二酸化炭素等の目標はあるものの地球の温暖化の抑止にはいたらない。
いつ、この地球の浄化能力を超えるか、わからないが、危機がまじかであることは、疑う余地がないよである。
             4、信仰層(現在、不明確)
             5、商い層(現在、不明確)
             6、農林水産業層(現在、不明確)
                :
その何千年もの人々の努力の積み重ね、及び、特に大航海時代、産業革命以降、今の国境線等を決め、この文化、商工業、農林水産業、サービス業があるのではないかと考えています。
>世界は何故このようにあるのか。地球上のすべての国家・すべての地域(全人類社会)は何故このようにあるのか。


歴史をたどり、いかにして国家や社会が形成されてきたのか考察することがとても大切ですね。
>>[219]  コメントありがとうございます。

最終層の前に国家社会形成層を、とは考えていますが、タイプ別になるとおもいます。植民地、その後の独立とかのようにグループ化で対応かと。
国の歴史にはウトイものですが、出来るだけ参考書、見ずにいきたいです。
歴史学の言葉を使わず書けないものかと思っています。
国家とは、
一定の地域内に住む人間集団が、生命の安全と生活の保障を求めて、また外敵の侵入を防ぐために形成した政治的共同社会である。
国家成立の要件としては、普通には、それが、領土、人民(国民)、主権の3要素を具備していなければならないことがあげられる。
今日では、途上国を除く国々の多くは、民主主義国家としての道を歩んでいる。しかし、戦後独立した新興諸国家のうちには、いまだに経済自立化がうまくいかず、政治的不安定のために独裁政治や軍事政権が続いている国家もある。

抜粋
https://kotobank.jp/word/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%28%E6%94%BF%E6%B2%BB%E7%9A%84%E5%85%B1%E5%90%8C%E7%A4%BE%E4%BC%9A%29-1535071
「4、信仰層(現在、不明確)」この問いに関して私は未熟すぎます。
よって何故が成立いたしません。
1度上げた、層ではありますが取り下げさせていただきます。
>>[222]

この世に見られる信仰というものについては何の疑問も、「なぜなのか」という問いも湧いてこないという意味でしょうか。

「なぜそんなふうに熱心に、見えないものを信じられるのだろうか」とか、

「別に取り立てて何らかの信仰を持っていたわけじゃなかった赤ん坊として生まれた者の心が、どうして特定の信仰を持つに至るのだろうか。その心の軌跡はいかなるものか」とか、

「信仰を持っている者は、自分の信仰と自分とは違う信仰を見比べた時、ただ他の信仰は間違っている、劣っていると考えるだけなのだろうか」とか、

「自分の持っている信仰について本当に厳しい哲学的検討を加え、その信仰のおかしい所をふるいにかけたりしたことがあるのだろうか」とか、

「信仰のせいで意固地な性格になったり、信仰のせいで人々を敵・味方にわけて争いと憎しみの心を自分に生じさせるなら、そんな信仰はむしろ当人にとって極めて害悪ではなかろうか」とか。
>>[223]
おはようございます。
>「自分の持っている信仰について本当に厳しい哲学的検討を加え、その信仰のおかしい所をふるいにかけたりしたことがあるのだろうか」とか、

個人的にはあるかもしれませんが、集団の中、少なくても集団の指導者は難しい宗教が多いと思います。

哲学者が聖書を研究するのと、神学者、牧師が聖書を研究する違いでもある訳です。
キリスト教の場合、可能なのは三割くらいの教派ではないでしょうか。
>>[223]
自分がいかに正しいか見せるために意固地にもなるわけです。少数者に味方していると「あやつ、本音は?」となる訳です。旧政府の隣組監視機構です。
>>[223]
司法界というか司法を志す世界でも、予備軍の時代から検察様、裁判官様、代官様?と言って評判を造らないと学校で官憲に選ばれないとか?評判というやつです。

しかし、匿名の世界なら、反権力者にも、私はジャステンだ。アリア君、君も共和国の守護者だな。
JEDIの武器、いやデススターの設計図はこれだ、という方もいる(今は弁護士だな)
78910さん アリアさん 信仰の件で、お騒がせしております。

信仰の深い思いまで入ってしまい、にっちもさっちも行かなくなっていました。
この、行為に過不足があればご指摘、下さい。

「信仰の 行為とは 何か?」
 ⊃諭垢侶亳海簔亮韻鯆兇┐紳減漾平澄砲鮨頼しあがめる。
◆⊆分の信じる神に恵みのお礼を祈る。
、自分の信じる神に願いを祈る。
ぁ⊆分の信じる神にあやまちを詫びる。
ァ⊆分の信じる神に儀式を行う。
Α⊆分の信じる神、以外、信じがたい。
А⊃整奮阿砲△める対象に創造主がいる。
自分の信じて良いものは人にも進めたくなる。
相手にも信じる神がいた場合においても、さらに勧めるところから諍いが起きると思います。
良いものは勧め広めたい、この精神は必要とおもいます。
しかし、やり方が悪くては、せっかくの良いものも傷ついてしまいます。
「世界は 何 故 このようにあるのか」
「地球上のすべての国家・すべての地域(全人類社会)は、何 故 このようにあるのか」

 テリトリー獲得の為の争いごとを起こす、何故なら本能だから、武器を持ち自分の庭を歩き回れたのでは平常心ではいられない。
 それだから、争事は多かれ少なかれ無くならない、未来を見据える平和な国から今後も平和維持に 努力し、戦火の火を国際協調で消して行く努力を続ける。

 また、世界的指標がGDPで経済活動が中心となり二酸化炭素等の目標はあるものの地球の温暖化の抑止にはいたらない。
いつ、この地球の浄化能力を超えるか、わからないが、危機がまじかであることは、疑う余地がないよである。

 信仰について自分の信じて良いものは人にも進めたくなる。
相手にも信じる神がいた場合においても、さらに勧めるところから諍いが起きると思います。
良いものは勧め広めたい、この精神は必要とおもいます。
しかし、やり方が悪くては、せっかくの良いものも傷ついてしまいます。

             5、商い層(現在、不明確)
             6、農林水産業層(現在、不明確)
                :
その何千年もの人々の努力の積み重ねと家庭を中心とした営み、及び、特に大航海時代、産業革命以降、今の国境線等を決め、この文化、商工業、農林水産業、サービス業があるのではないかと考えています。
>>[223]

パターン認識と選択記憶、内集団バイアスは人間が発達の過程で獲得した心理だから仕方ない。

端的に言えば、その方が生存に適したんでしょう。
>>[230]

信仰とはそもそも何なのでしょう。
私たちが自分の周りを見渡す現実世界だけじゃあ、とてもじゃないが心が満足しない、納得しない時、すべてを納得させてくれる見えない原理(神とか仏法とか)を世界の彼方に想定し、同時にこの原理が実はこの苦々しい現実世界をも貫いているのだと考えることによって、大いなる安心と喜びを得る・・・

科学や哲学に収まりきらない人間のこのような心の志向こそが信仰とか宗教の実質ではないでしょうか。
>>[232]

六面サイコロを一つ振るじゃん。
10回ぐらい振って、全部偶数だとするじゃん。
すると、11回目を振ろうした時、そろそろ奇数が出そうな気がするじゃん。

それが信仰ですよ。
>>[233]

「あやふやな期待、でもついすがりたくなる期待」という意味でしょうか。
>>[234]

偏りに法則性を見出してしまうんですよ。
それが、全くのランダムでも数学的に可能性があろうと。
>>[235]

それは人間の理性が知らず知らず自惚れて深遠なる真理をつかんだつもりで、実は自ら作り上げたのが神とか神中心の世界観だ、という意味でしょうか。
もしそういう意味なら、そこまで言ってしまうクリスチャンのイリアさんて、ユニークですね。
>>[230]
>何故信仰があるのか

心の平安を得るためというのがステレオタイプのキリスト教徒に多いが、教祖の信は社会的な変革がほとんど。
教祖のことは知りたがらない。
ブッダはカースト制度下、キリストは律法体制とローマの支配下。
ユダヤ教も実際はバビロン支配下(だが、さすがにバビロンは変えられないと考えたのか自らの負けないアイデンティティを父祖に?)
>>[238]

人間の理性が哲学や科学として秩序立てられる以前から、この現実世界を超えた所に世界を安心して受け入れることを可能にしてくれる原理を求めるという人間の心の飛翔(志向)は、哲学的反省や科学的検討がまだ育ってない分、足かせを持たず、より自由に宗教的世界観を構成することができたのではないでしょうか。
>>[239]
原始宗教は最も初期の神概念がありますね。
まだ、人類の頭では神なる存在を捉えきれなかった時代ですね。自然や迷信的なものへの怖れから根底にあったと思います。
>>[242]
>何故自然や迷信的への畏れが神の創造に繋が
学問的にはそうなりますね。

急に信仰的な意見を書きますが、人間の知能、知恵の発達進展と関係すると思います。
神は常に変わらないが、捉える人間には進化があるということかと?
進化を発展の意味で捉えてるからそうなる。

単なるコピーミス、よーは変化に過ぎない。

創造された後、全く変化がないなんて、神は言ってませんw
>>[246]

まあ、用語が悪いのと、
スペンサーらの社会進化論のイメージからでしょうなあ。
>>[247]

社会進化論はナチスに悪用されたせいもあり、誤解されている部分もあります。
https://kotobank.jp/word/社会進化論-286519#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88

「この(社会の)変化が漸進的で量的なものなのか,それとも革命的で質的なものなのか,また,この変化が望ましい状態に向けての変化であるのかどうか,あるいはまた変化の原因が社会の内部にあるのかそれとも外部にあるのか,などについて論者の意見は異なる。 この変化の過程を一定の方向に向かっての直線的で累積的なものとしてとらえるのが社会進化論の立場である。その初期の提唱者スペンサーは生物進化論の影響のもとに,社会の進化を強制的協力の支配する軍事型社会から自発的協力が支配する産業型社会への移行とみた」。
スペンサーの理論は最もだと私は考えますが。

ただ、私は社会進歩と社会進化は同一でなく、一進一退を繰り返しながら進むと思います。
>>[248]

いや、社会は進歩しないでしょう。
高度化しても、当の人間がついていけない。

今の日本など、世界の発展についていけなかった典型。

ログインすると、残り217件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

哲学 Φιλοσοφια 更新情報

哲学 Φιλοσοφιαのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済