ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 横浜DeNA 倉本寿彦選手 > トピック一覧 > なぜ倉本は全力疾走しなかったの...

横浜DeNA 倉本寿彦選手コミュのなぜ倉本は全力疾走しなかったのか

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

勝てばCS出場が確定的になったDeNAだが、3位争いをするヤクルトとの直接対決に惜敗した。「勝敗は時の運」で、負けたという事実に対しては「仕方ない」としか言えない。しかし、仕方ないと言えるのは、必死に戦ったという事実があってこそ成り立つ表現。緊迫感が出ていい試合を、台無しにするプレーがあった。
1点ビハインドの5回表だった。先頭打者の倉本が遊ゴロ。西浦のほぼ正面の当たりではあったが、倉本は全力疾走をせず、一塁ベースを踏んだ後、マウンドとホームベースの間を通って三塁側ベンチに帰った。左打者が左方向に打ったなら、最後まで全力疾走しなくても、自然な動きをすれば一塁側のファウルゾーンを通ってベンチに帰る。フェアゾーンを横切ってベンチに帰るのは、走り出してからすぐにスピードを緩め、近道して少しでも楽をしたいという意識があったからだろう。
彼が遊撃手なら、なおさら許されないプレーになる。私も現役時代に遊撃手だったが、常に全力疾走をしてくる打者というのは守っていて嫌だった。遊撃の守備位置は一塁までの距離があり、少しファンブルしただけでもセーフになってしまう。試合展開を見ても、1点差で先頭打者。何としても勝たなければいけない試合だという意識があれば走塁に手を抜くようなことにはならなかったと思う。
常に全力疾走しろとは言わない。大事な試合はもちろん、普段の試合でも正確な送球が確認できるまでは走るべき。特にまだプロ入り2年目の選手。今から手を抜いていては、今後はチームに悪影響を与える選手になってしまう危険がある。チームも5回裏には2点を追加され、敗色濃厚となった。倉本のプレーがきっかけとまでは言わないが、勝ちたいというチームの意気込みに水を差すプレーになった。
(日刊スポーツ評論家〜宮本慎也)

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

横浜DeNA 倉本寿彦選手 更新情報

横浜DeNA 倉本寿彦選手のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。