ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 社会問題まとめサイト > 防災関連94

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

防災関連94

防災関連94 2016年11月20日 13:29
mixiユーザーmixiユーザー
___

コメント(35件)

[1]2016年11月20日 13:29

根室半島南東沖でM4.3の地震 根室市で震度3

2

2016年11月19日 15:07 アースサイエンティフィック

限定公開( 2 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

アースサイエンティフィック

 【2016年11月19日 15時05分 気象庁発表】


 気象庁によると19日 午後3時01分ごろ、根室半島南東沖でM4.3の地震が発生し、北海道根室市で震度3の揺れを観測した。

 この地震の震源地は根室半島南東沖で、震源の深さは約50キロ。この地震による津波の心配はない。

 各地の主な震度は以下のとおり。

【震度3】

 北海道
  根室市


【震度2】

 北海道
  浜中町、中標津町




■最新の地震情報の詳細は地震情報マップでご覧ください。(http://www.hazardlab.jp/?map=quake)



最新の災害情報は、気象庁発表の情報をご確認ください。
[2]2016年11月20日 13:31

和歌山県南部でM5.4の地震 尾鷲市などで震度4

68

2016年11月19日 11:54 アースサイエンティフィック

つぶやきを見る( 27 )

日記を読む( 4 )

限定公開( 37 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

アースサイエンティフィック

 【2016年11月19日 11時52分 気象庁発表】


 気象庁によると19日 午前11時48分ごろ、和歌山県南部でM5.4の地震が発生し、三重県尾鷲市などで震度4の揺れを観測した。

 この地震の震源地は和歌山県南部で、震源の深さは約60キロ。この地震による津波の心配はない。

 各地の主な震度は以下のとおり。

【震度4】

 三重県
  尾鷲市

 大阪府
  千早赤阪村

 奈良県
  大和郡山市、五條市、高取町、広陵町、下北山村

 和歌山県
  海南市、有田市、かつらぎ町、湯浅町、和歌山広川町、有田川町、由良町、和歌山印南町、みなべ町、日高川町、田辺市、新宮市、白浜町、上富田町


【震度3】

 三重県
  熊野市、三重紀北町、紀宝町

 大阪府
  大阪堺市堺区、大阪堺市中区、大阪堺市東区、大阪堺市西区、大阪堺市南区、大阪堺市美原区、岸和田市、泉大津市、泉佐野市、富田林市、河内長野市、松原市、大阪和泉市、羽曳野市、泉南市、大阪狭山市、忠岡町、熊取町、大阪岬町、大阪太子町、河南町、大阪都島区、大阪東淀川区、大阪東成区、大阪城東区、大阪東住吉区、大阪平野区、枚方市、八尾市、寝屋川市、大東市、柏原市、東大阪市、四條畷市、交野市、島本町

 奈良県
  奈良市、大和高田市、天理市、橿原市、桜井市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、奈良川西町、三宅町、田原本町、上牧町、王寺町、河合町、吉野町、大淀町、下市町、黒滝村、天川村、野迫川村、十津川村、奈良川上村、東吉野村

 和歌山県
  和歌山市、橋本市、御坊市、紀の川市、岩出市、紀美野町、高野町、和歌山美浜町、和歌山日高町、すさみ町、那智勝浦町、太地町、古座川町、北山村、串本町

 愛知県
  田原市、名古屋南区、半田市、西尾市、愛知美浜町

 滋賀県
  甲賀市

 京都府
  城陽市、八幡市、京田辺市、井手町、精華町、南山城村

 兵庫県
  洲本市、南あわじ市、淡路市

 徳島県
  徳島市、鳴門市、石井町、北島町、阿南市、那賀町、美波町

 高知県
  高知香南市

[3]2016年11月20日 13:32

【震度2】

 三重県
  伊勢市、志摩市、三重御浜町、四日市市、鈴鹿市、亀山市、津市、松阪市、名張市、伊賀市

 大阪府
  大阪堺市北区、貝塚市、高石市、藤井寺市、阪南市、田尻町、大阪福島区、大阪此花区、大阪西区、大阪港区、大阪大正区、大阪天王寺区、大阪西淀川区、大阪生野区、大阪旭区、大阪阿倍野区、大阪住吉区、大阪西成区、大阪淀川区、大阪鶴見区、大阪住之江区、大阪北区、大阪中央区、豊中市、吹田市、高槻市、守口市、茨木市、箕面市、門真市、摂津市、豊能町、能勢町

 奈良県
  宇陀市、曽爾村、御杖村、明日香村、上北山村

 和歌山県
  九度山町

 愛知県
  豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、名古屋千種区、名古屋東区、名古屋北区、名古屋西区、名古屋中村区、名古屋中区、名古屋瑞穂区、名古屋熱田区、名古屋中川区、名古屋港区、名古屋守山区、名古屋緑区、名古屋名東区、名古屋天白区、岡崎市、一宮市、愛知津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、犬山市、常滑市、愛知江南市、小牧市、稲沢市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、愛知みよし市、あま市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、大治町、蟹江町、飛島村、阿久比町、東浦町、南知多町、武豊町、幸田町

 滋賀県
  大津市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、湖南市、東近江市、滋賀日野町、竜王町、彦根市、長浜市、高島市、米原市

 京都府
  京都北区、京都上京区、京都左京区、京都中京区、京都東山区、京都下京区、京都右京区、京都伏見区、京都山科区、京都西京区、宇治市、亀岡市、向日市、長岡京市、南丹市、木津川市、大山崎町、久御山町、宇治田原町、笠置町、和束町、京丹後市

 兵庫県
  神戸兵庫区、神戸長田区、神戸須磨区、神戸垂水区、神戸北区、尼崎市、明石市、西宮市、芦屋市、加古川市、多可町、姫路市、赤穂市、たつの市、兵庫太子町

 徳島県
  小松島市、吉野川市、阿波市、美馬市、徳島三好市、佐那河内村、神山町、松茂町、藍住町、板野町、上板町、つるぎ町、東みよし町、勝浦町、上勝町、牟岐町、海陽町

 高知県
  高知市、南国市、土佐町、東洋町、安田町、芸西村

 福井県
  越前町、敦賀市、小浜市、福井若狭町

 長野県
  飯田市

 岐阜県
  多治見市、岐阜市、大垣市、羽島市、各務原市、岐阜山県市、瑞穂市、海津市、岐南町、笠松町、養老町、垂井町、関ケ原町、輪之内町、安八町、揖斐川町、大野町、岐阜池田町

 静岡県
  富士市、静岡清水区、浜松北区、袋井市、湖西市、菊川市

 岡山県
  岡山南区、倉敷市、玉野市、笠岡市、里庄町

 香川県
  高松市、さぬき市、東かがわ市、小豆島町、三木町、直島町、坂出市、観音寺市、三豊市、綾川町、多度津町

 愛媛県
  今治市




■最新の地震情報の詳細は地震情報マップでご覧ください。(http://www.hazardlab.jp/?map=quake)



最新の災害情報は、気象庁発表の情報をご確認ください。
[4]2016年11月20日 15:04
熊本地震からの復興を後押し 南阿蘇村でイベント

11月20日 13時30分

熊本地震で大きな被害を受けた熊本県南阿蘇村で、復興を後押ししようと、大学生が中心となって企画したイベントが開かれました。

この「南阿蘇大復興祭」は、一連の熊本地震で校舎などが被害を受け、現在は閉鎖されている東海大学阿蘇キャンパスの学生が中心となって開きました。

会場には地元の食材を使ったそばや牛の串焼きなどを販売する出店が並び、特設のステージでは書道などのパフォーマンスが披露されました。
地元の人だけでなく観光客なども訪れ、村の復興を後押しするイベントを楽しんでいました。

隣の町から来た60代の男性は「地震の後に初めて南阿蘇に来ました。また遊びに来たいです」と話していました。

実行委員の1人で、東海大学2年生の国貞尚伸さんは「朝から多くの方に来てもらってうれしいです。南阿蘇村のことを忘れてほしくないので、もっと村に足を運んでもらえる機会を作っていきたいです」と話していました。
[5]2016年11月20日 15:04
最大規模の高台集団移転 造成工事終え式典 宮城 東松島

11月20日 13時12分

東日本大震災の被災地での高台への集団移転としては最大規模の事業が進む、宮城県東松島市の野蒜ケ丘地区で宅地などの造成工事が終わり、20日に記念の式典が行われました。

東松島市の野蒜ケ丘地区では、周辺の地区が震災の津波で大きな被害を受け、山を切り崩した91ヘクタールの高台に、住宅地のほかJRの駅や公共施設などを移す大規模な事業が進められています。

このうち宅地などの造成工事が終わったため、20日に記念の式典が行われ、東松島市の阿部秀保市長や地域の子どもたちが参加して、JR野蒜駅など地区の2つの駅を結ぶ道路の開通式が行われました。

このあと宅地の引き渡しが行われ、移り住む住民3人が契約書に調印しました。式典に参加した住民たちは駅前に完成した市民センターなどを見学し、地区の再出発を喜んでいました。

来年夏に自宅を再建する57歳の女性は「家族との思い出がつまった野蒜にどうしても戻りたくて待ち続けました。たくさんの人が訪れる場所になってほしい」と話していました。

この地区では、造成が終わった場所に災害公営住宅などを建設する工事が来年夏ごろまで進められ、およそ450世帯1400人が入居する計画です。

東松島市などによりますと、東日本大震災の被災地での高台への集団移転としては最も多い世帯が移り住み、最大規模の事業になるということです。

一方、復興に時間がかかり仙台市などに移り住んだ人も多く、まちのコミュニティーをどのように作っていくかが課題となっています。
[6]2016年11月20日 15:05
ドローン使い災害時の救援物資輸送訓練

11月20日 12時04分

東京・あきる野市で、災害時に役立てようと無人の小型機ドローンを使って、救援物資を輸送する訓練が行われました。

災害時にドローンを本格的に活用することを検討している、あきる野市が初めて行ったもので、土砂崩れで道路が塞がれ孤立した地域が出ているという想定で行われました。

訓練では市の施設の屋上でドローンに取り付けられた箱に、参加者が水や食料を詰め込みました。ドローンは事前に飛行ルートが登録され自動的に飛行するよう設定されています。
離陸したドローンは、2分ほど飛行すると孤立した地域に想定した150メートル先の小学校の校庭に無事着陸しました。
ドローンは、箱の中から物資が取り出されると、出発地点に向けて戻っていきました。

あきる野市内では、土砂崩れで道路が塞がれた場合孤立するおそれのある地区が3つあり、最大400人余りが影響を受けると見込まれて、市では、こうした事態に備えドローンを使った救援物資の搬送に力をいれることにしています。

あきる野市企画政策課の鈴木将裕課長は「災害対策以外にも観光資源の撮影をしPR動画を作るなど、さまざまな事業に活用していきたい」と話していました。
[7]2016年11月20日 15:05
台風被害の世界文化遺産 橋野鉄鉱山で見学再開 岩手

11月20日 13時18分

台風10号で被害を受けた、岩手県釜石市にある世界文化遺産の橋野鉄鉱山では、一部を除いて復旧作業が終わり、見学者の受け入れが再開されていて、20日も観光客の姿が見られました。

去年、世界文化遺産に登録された釜石市橋野町にある橋野鉄鉱山は、ことし8月の台風10号の豪雨で、遺跡に土砂が流れ込んだり石垣が壊れたりしたことなどから、見学者の受け入れを見合わせてきました。

その後、土砂が流出した部分をシートで覆うなど、一部を除いて復旧作業が終わったことから、19日から見学者の受け入れが再開されています。

遺跡のインフォメーションセンターには20日も観光客が訪れ、江戸時代の鉄の採掘の様子を描いたパネルなどを見学して、橋野鉄鉱山の歴史を学んでいました。

釜石市によりますと、川沿いにある見学コースの一部などは復旧工事が終わっておらず、現在も立ち入り禁止になっているということです。

千葉県から訪れた観光客は「見学が再開された話を聞いて早速訪れました。このような山の中で製鉄が行われていたことを知って驚きました」と話していました。
[8]2016年11月21日 17:08

気象台が伊豆諸島南部に洪水警報を発表

0

2016年11月21日 16:01 ハザードラボ

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

ハザードラボ
写真太平洋岸ではまとまった雨が降り続いている(気象庁レーダー・ナウキャストより)
太平洋岸ではまとまった雨が降り続いている(気象庁レーダー・ナウキャストより)

 東京管区気象台は21日午後3時ごろ、伊豆諸島南部で降り続く大雨の影響で、御蔵島では土砂災害や低い土地への浸水、河川が増水するおそれがあるとして、洪水警報を発表した。

ハザードラボ

気象衛星ひまわり9号 上空3万6000キロに到着 来春運用開始(11月11日)
「西日本の日照不足」ラニーニャ現象のせい?(11月10日)
[9]2016年11月21日 18:46
7割「震災前より利益減」、福島 避難区域外の商工業

 東京電力福島第1原発事故による避難指示区域外の福島県の商工業者のうち約7割で、営業利益が東日本大震災と原発事故前の水準を下回っていることが21日、福島県商工会連合会の調査で分かった。同連合会が福島市で記者会見を開き明らかにした。

 原発事故から5年以上が経過しても、風評被害などによる影響が広範囲に及ぶことを裏付ける内容で、避難指示区域だけでなく、区域外の事業者に対する支援継続の必要性を示す結果となった。

 調査は今年5〜6月、福島県の避難指示区域外の約1万9千事業者を対象にアンケート形式で行い、約4500の事業者から回答を得た。
[10]2016年11月21日 20:19
震災後に妊娠の赤ちゃん 「極低体重」の割合2〜3倍に

11月21日 18時00分

東日本大震災から3か月以内に妊娠した福島県の女性は、赤ちゃんが「極低出生体重児」と呼ばれる体重1500グラム未満で生まれる割合が、震災前の2倍から3倍にのぼっていたとする分析結果を日本医科大学などのグループがまとめました。グループでは、「震災後の精神的なストレスが原因と考えられ、災害時の妊婦のケアを充実させる必要がある」と話しています。

これは日本医科大学などのグループが福島県と合同で東日本大震災の前後に妊娠した県内の女性1万2300人を詳しく分析した結果、わかったものです。

それによりますと、震災後3か月以内に妊娠した女性は1728人いましたが、生まれた赤ちゃんが体重2500グラム未満の「低出生体重児」だった女性は、全体の11%にあたる185人で、震災前に比べて2ポイントから3ポイント増えていました。

さらにこのうち、赤ちゃんが体重1500グラム未満の「極低出生体重児」だった女性は20人で、震災前の2倍から3倍の高い割合にのぼっていました。「極低出生体重児」は、脳性マヒや知的障害などの合併症のリスクがあり、出産後、多くの場合、NICU=新生児集中治療室での治療が必要になります。こうした割合は、震災から4か月後以降は震災前の状態に戻っていました。

分析を行った日本医科大学の中井章人教授は「災害時に精神的なストレスを強く感じることが、早産や低出生体重児の原因になることが指摘されていて、東日本大震災でも同じ原因と考えられる。災害時に妊婦が不安や悩みなどを相談できる支援態勢の強化が必要だ」と話しています。
[11]2016年11月21日 20:19
熊本地震から7か月 益城町が災害対策本部を解散

11月21日 12時19分

一連の熊本地震で震度7の揺れに2度見舞われた熊本県益城町は被災者の当面の住宅確保などにめどが立ったとして、21日で災害対策本部を解散し、今後は町の震災復興本部を中心に対応に当たることにしています。

これは、21日、益城町役場で開かれた災害対策本部の会議で西村博則町長が明らかにしました。解散の理由について、西村町長は「地震から7か月余りたち、仮設住宅の整備も完了した。今後は、被災者の生活再建を第一に復興計画の策定により力を入れていきたい」と説明しました。

益城町の災害対策本部は最初に震度7を観測した4月14日に設置され、被災者の救助や捜索、救援物資の提供に当たったほか、「り災証明」の発行や避難所の運営など応急的な対応を担ってきました。
今後、町は、6月に設置した震災復興本部を中心に、被災者の生活再建に向けた支援など本格的な復旧復興の取り組みを進めていくことにしています。

熊本県内で災害対策本部が設置されているのは、21日の時点で南阿蘇村と阿蘇市の2つだけとなりました。
[12]2016年11月21日 20:20
鳥取中部地震1か月 復興本部会議で生活再建など確認

11月21日 12時17分

鳥取県中部で最大震度6弱を観測した地震から21日で1か月です。鳥取県は、21日、新たに設置した復興本部の初めての会議を開き、生活再建など被災地の復興に向けた動きを加速させていくことを確認しました。

先月21日、鳥取県中部で発生した地震では、倉吉市と湯梨浜町、それに北栄町で震度6弱の激しい揺れを観測しました。

鳥取県によりますと、地震によるけが人は23人で、住宅の被害は1万2000棟余りに上り、このうち全壊が12棟、半壊が95棟となっています。

地震から1か月がたち、鳥取県は、21日に新たに復興本部を設置し、倉吉市など4つの市や町とテレビ電話でつないで初めての会議を開きました。鳥取県では、支援制度の適用に必要な「り災証明書」の申請がおよそ1万4000件に上る見込みで、一部の自治体では証明書の発行が始まるなど生活再建への動きが進みつつあります。

また、秋の行楽シーズンを迎える中、宿泊施設のキャンセルは今月18日までにおよそ2万9000人分に上っていますが、徐々に客足が戻りつつあるということです。鳥取県は各自治体と連携して、生活再建に向けた支援を続けるとともに、観光客を呼び戻す対策に力を入れていくことにしています。

復興本部の会議のあと、平井知事は、「県民一丸となって災害復興にむけて力をいれていきたい」と述べました。
会議の内容

復興本部の会議では、倉吉市から、り災証明書の発行を22日から始めることや、湯梨浜町から、地震で落ち込んだ消費を喚起するために、プレミアムつき商品券の発行を決めたことなどが報告されました。

また、被災した人たちがさまざまな補助を申請する際に窓口の職員が足りない事態が起きないよう、県から市や町などに応援の職員を派遣するなど連携を強化していくことも確認されました。
観光客 徐々に戻る

先月21日に、震度6弱の揺れを観測した鳥取県倉吉市にある観光名所、白壁土蔵群では、観光客が徐々に戻りつつあります。

近くで土産物店を営む60代の男性は「地震が起きてから最初の1週間はお客さんが全くいなくなりましたが、最近は例年の7割程度に戻っています。被災地を応援しようと来てくれるお客さんもいてありがたいです」と話していました。

徳島県から観光で訪れた40代の女性は「屋根にはブルーシートがかかっていて、生々しい被害の様子も見ました。ただ、街は落ち着いていてよいところだと思います」と話していました。一方、住宅が被災した倉吉市の70代の女性は「地震から1か月たちましたが、まだ家の壁や塀の修理ができていません。友達と、一緒に頑張ろうと励まし合っているところです」と話していました。
[13]2016年11月21日 20:20
熊本地震からの復興を後押し 南阿蘇村でイベント

11月20日 13時30分

熊本地震で大きな被害を受けた熊本県南阿蘇村で、復興を後押ししようと、大学生が中心となって企画したイベントが開かれました。

この「南阿蘇大復興祭」は、一連の熊本地震で校舎などが被害を受け、現在は閉鎖されている東海大学阿蘇キャンパスの学生が中心となって開きました。

会場には地元の食材を使ったそばや牛の串焼きなどを販売する出店が並び、特設のステージでは書道などのパフォーマンスが披露されました。
地元の人だけでなく観光客なども訪れ、村の復興を後押しするイベントを楽しんでいました。

隣の町から来た60代の男性は「地震の後に初めて南阿蘇に来ました。また遊びに来たいです」と話していました。

実行委員の1人で、東海大学2年生の国貞尚伸さんは「朝から多くの方に来てもらってうれしいです。南阿蘇村のことを忘れてほしくないので、もっと村に足を運んでもらえる機会を作っていきたいです」と話していました。
[14]2016年11月22日 18:13

東日本大震災の余震か 1週間程度はM7級の可能性

396

2016年11月22日 11:13 朝日新聞デジタル

つぶやきを見る( 184 )

日記を読む( 8 )

限定公開( 204 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

朝日新聞デジタル
写真崩れた養殖いかだと転覆したとみられる小舟=22日午前9時56分、宮城県東松島市、朝日新聞社機から、川村直子撮影
崩れた養殖いかだと転覆したとみられる小舟=22日午前9時56分、宮城県東松島市、朝日新聞社機から、川村直子撮影

 気象庁によると、震源は福島県沖の深さ25キロで、地震の規模を示すマグニチュード(M)は7・4。2011年3月11日の東日本大震災の余震とみられる。

 気象庁は午前6時2分に福島県に津波警報を発令。12年12月に宮城県三陸沖で起きた地震以来の津波警報となった。東北から関東までの太平洋岸に津波注意報を発令した。東北から伊豆諸島にかけての広い範囲で津波を観測し、宮城県の仙台港には午前8時3分、高さ1・4メートルの津波が到達した。予想(1メートル)を上回って津波警報の基準(1メートル超)を超えたため、午前8時9分に宮城県にも津波警報を発令した。

 気象庁は午後0時50分までに全ての津波警報、津波注意報を解除した。

 東北ではこれまでも年1回程度はM7クラスの余震が起きている。今回は地震の規模が比較的大きく、震源が浅いことや、断層が上下にずれたことから津波が発生したとみられる。中村浩二・地震情報企画官は「今後1週間程度、M7クラスの地震が起きる可能性がある」と説明している。

朝日新聞デジタルで読む

朝日新聞デジタル

間近の津波―全国の津波リスクは
「安保法は憲法違反」市民865人が2次提訴 東京地裁
介抱を装い性的暴行か 集団強姦致傷容疑の千葉大生
[15]2016年11月22日 18:13

<福島震度5弱>仙台津波1.4m 「東日本」以降最大

38

2016年11月22日 12:10 毎日新聞

つぶやきを見る( 16 )

日記を読む( 1 )

限定公開( 21 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

毎日新聞
写真砂押川を逆流する津波=宮城県多賀城市で2016年11月22日、宮城県警提供動画より
砂押川を逆流する津波=宮城県多賀城市で2016年11月22日、宮城県警提供動画より

 22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、福島、茨城、栃木3県で震度5弱、北海道から中国地方までの広い範囲で震度4〜1を観測した。津波警報や注意報が青森県から千葉県にかけての太平洋岸と伊豆諸島に出され、沿岸部の住民らが避難。同8時3分に仙台市の仙台港で最大1.4メートルの津波を観測した。気象庁によると、震源地は福島県いわき市の東北東沖約70キロで、深さは約25キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.4と推定される。

 気象庁は2011年3月11日に起きた東日本大震災の余震とみている。大震災当日を除く余震としては、マグニチュード、津波高ともに最大となった。

 M7以上の余震は14年7月以来で、津波警報は12年12月以来。M7以上の余震は15年を除き、毎年発生している。

 毎日新聞のまとめでは、避難指示は26市町村、避難勧告は22市町村に出された。総務省消防庁の調べでは、岩手、福島、宮城3県で指示は少なくとも約39万人、勧告は約4万人に出された。実際に避難した人は、判明分だけでも約4000人にのぼり、自治体が把握していない避難者も多数いるとみられる。

 また、避難の際に転倒したり、割れたガラスで足を切ったりするなどし、少なくとも12人がけがをした。福島県郡山市では女性(82)が地震直後に転倒して左手首を骨折した。千葉県柏市でも女性(82)が自宅階段から落ち、右足の骨を折った。

 午前9時13分に発表された各地の最大津波は、福島県相馬市90センチ▽宮城県石巻市、岩手県久慈市80センチ▽茨城県大洗町50センチ▽千葉県勝浦市、東京都八丈町(八丈島)30センチ−−など。

 気象庁の中村浩二・地震情報企画官は「震災から5年以上経過して地震活動は収まりつつあるが、まだ活発な状況。今後も今回と同規模の地震が起きる可能性がある」と注意を呼びかけた。

 気象庁は地震発生から約2分後の午前6時2分に福島県に津波警報を出し、同7時過ぎに同県相馬市で最大90センチの津波を観測した。しかし、同8時3分に仙台港で1.4メートルを観測したため、同8時9分に宮城県にも津波警報を出した。警報は同9時46分、両県で津波注意報に引き下げられた。注意報も午後0時50分にすべて解除された。【山崎征克】

毎日新聞

【動画】漁港に押し寄せる津波
【写真特集】新幹線も運転見合わせ 混雑する東京駅
【写真特集】太平洋沿岸に一時津波警報
[16]2016年11月22日 18:15

「来るぞー」濁った川の水、泡立ち逆流 東北沿岸に津波

2

2016年11月22日 12:08 朝日新聞デジタル

つぶやきを見る( 2 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

朝日新聞デジタル
写真砂押川を遡上(そじょう)する津波=22日午前8時50分過ぎ、宮城県多賀城市、県警提供
砂押川を遡上(そじょう)する津波=22日午前8時50分過ぎ、宮城県多賀城市、県警提供

 宮城県石巻市は午前8時5分に沿岸部に避難指示を出し、31カ所に避難所を設けた。石巻湾を見下ろす高さ56メートルの日和山公園には、地震発生直後から市民が車で次々と避難してきた。「高台に避難せよ」と防災無線が流れるなか、海岸や旧北上川を不安そうに見守っていた。

 市内の水産加工会社の契約社員女性(32)は、日和山のふもとに10月に完成した災害公営住宅(復興住宅)から歩いて避難した。「高台の仮設住宅を出て、復興住宅の2階に入居したばかり。もう津波で何も失いたくない」と声を震わせた。

 日和山から約800メートル海側の低地にあった実家は、5年半前の津波で跡形もなく流され、一緒に暮らす父親(当時67)を失った。以来、地震に敏感になり、津波の恐れがあるたびに日和山に避難している。「慌ててしまって財布を持ってくるのを忘れた。でも山を下りて取りには行けない。早く安心したい」と困った顔で、津波情報を伝える携帯電話のテレビ画面に見入っていた。

 仙台市宮城野区の仙台港近くの「但野鈑金(ばんきん)塗装工業」では、自社敷地に建てた高さ15メートルの「避難タワー」に、近くの工場の従業員も含め約30人が避難。港から約600メートルの工業地帯にあり、5年半前の震災では4メートル近い津波に襲われ、整備工場が水没した。その教訓から昨年10月、自社でタワーをつくっていた。

 仙台・塩釜港を管轄する宮城海上保安部は午前6時、停泊中の船にファクスや電話で避難準備を呼びかけ、津波警報に切り替わった午前8時12分には港外に避難するよう勧告した。5千トン以上の貨物船やフェリー約20隻が停泊しており、多くは港外に退避した。塩釜市魚市場近くの漁港では、地震発生を受けて沖へ避難する漁船もあったが、午前9時すぎには岸壁へ戻る船も。船員の一人は「沖で20センチぐらいの津波を感じたが、大したことはなかった」と話した。

 沿岸部を走る在来線の運転見合わせで、仙台市のJR仙台駅では、多くの通勤、通学客が改札口前で運行再開を待った。午前8時10分ごろ、駅員が「津波警報が発令されたため、しばらく運転を再開することができないと見込まれます」とアナウンスすると、多くの人が駅員に状況を問い合わせたり、遅延証明書を受け取ったりしていた。

 多賀城市に住む県立高校1年の男子生徒は、臨時休校になり自宅にいた午前8時半ごろ、外が騒がしくなったため3階の窓からすぐ近くを流れる砂押川を見た。「来るぞー」という叫び声とともに、濁った水が泡を立てながら逆流してきた。「すごくびっくりして、動画を友だちに送った」

朝日新聞デジタルで読む

朝日新聞デジタル

渦巻く濁流、船が転覆 上空から見た東北沿岸部
堺の男児不明、山中の遺体は不明男児と判明 昨年死亡か
渦巻く濁流、船が転覆 上空から見た東北沿岸部
[17]2016年11月22日 18:15

通信3社、災害伝言版サービス提供を開始 福島の地震受けて

9

2016年11月22日 09:10 ねとらぼ

つぶやきを見る( 6 )

日記を読む( 1 )

限定公開( 2 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

ねとらぼ
写真NTTドコモの災害伝言版サービス 写真:ITmedia
NTTドコモの災害伝言版サービス 写真:ITmedia
 11月22日5時59分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震が発生したことを受けて、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの通信3社は、インターネット上で安否情報を確認できる災害伝言板サービスの提供を開始しました。

【画像】テキストと音声で登録・確認可能

 いずれも各社のサイトや専用のアプリから、安否情報を登録したり、閲覧したりすることが可能。文字で登録できる「災害用伝言板」のほか、音声で伝言を録音できる「災害用音声お届けサービス」も。登録しておけば、電話が直接つながりにくい場合でも、電話番号から相手の安否情報が確認できるようになります。

 各社のURLは以下のとおり。

・NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/

・KDDI
http://www.au.kddi.com/

・ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/





福島県の地震で「ポケモンGO」の復興支援イベント中止 岩手、宮城、福島県の沿岸部限定で「ラプラス」が出現していた
福島県で震度5弱 震源地沿岸では津波警報発表
Twitterの風物詩、竹達彩奈「やお揺」が10万RT突破! 「ふふ10万RTか…すごいなー!」
[18]2016年11月22日 18:16

福島県沖でM7.4の地震 『ドン・キホーテ』公式『Twitter』が各国語で津波避難呼びかけ

9

2016年11月22日 08:02 ガジェット通信

つぶやきを見る( 7 )

限定公開( 2 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

ガジェット通信
写真写真
2016年11月22日5時59分ごろ、福島県沖を震源とするM7.4の地震があり、福島、茨城、栃木各県で震度5弱を観測。福島県に津波警報が出されています。津波は福島県相馬では90cm、いわき市小名浜港で60cmなど、広い範囲で観測されています。
このような中、NHKでは日本語だけでなく英語で「いますぐにげて」と強い調子で避難を呼びかけていますが、総合ディスカウントストア『ドン・キホーテ』も公式『Twitter』アカウント( @donki_donki )が英語・中国語・韓国語・アラビア語でツイートしています。

津波は今後も第二波・第三波と襲ってくる可能性があるので、沿岸部の人は引き続き注意が必要です。今後もニュースなどを注視しつつ、安全第一の行動を心がけてください。
※画像は『ドン・キホーテ』公式アカウントより
https://twitter.com/donki_donki/status/800814887555383301 [リンク]

ガジェット通信

ガジェット通信で読む
「紅白落選通告」で和田アキ子さんが"変態仮面"にすがる!? 『週刊文春』が報じる
井上喜久子さん(17)が娘の井上ほの花さん(18)と制服姿でグラビア撮影 娘にかめはめ波を放つ
[19]2016年11月22日 18:26

「すぐにげて!」「つなみ!にげて!」...NHKの津波警告、背景には過去の震災からの教訓が

1

2016年11月22日 17:10 Jタウンネット

つぶやきを見る( 1 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

Jタウンネット
写真テロップの再現(Jタウンネット編集部作成)
テロップの再現(Jタウンネット編集部作成)

2016年11月22日5時59分頃、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震があり、最大震度5弱を観測した。直後に津波警報も発せられ、東日本大震災の記憶がよみがえるが、随所で当時の経験が活かされている。

そのうちのひとつが「やさしい日本語」だ。平易な表現や文構造、振り仮名などを用いて子どもや外国人にもわかりやすくした日本語のことで、災害時に大きな役割を果たす。

今回の津波警報で、NHKはやさしい日本語に対応したテロップを流し続けた。NHKは普段から「NHK NEWS WEB EASY」で小学生・中学生や日本に住んでいる外国人に向けてわかりやすい言葉でニュースを伝える取り組みをしている。
鬼気迫る文字「すぐ にげて!」

6時の「NHKニュース おはよう日本」が始まった途端、緊急地震速報が流れた。その2分後に津波警報が鳴ると、

「津波警報が出ました。今すぐ逃げてください。皆さん、東日本大震災を思い出してください。命を守るため今すぐ逃げてください」

と、アナウンサーが切迫した声で訴え、テロップは赤地に白い文字で

「すぐ にげて!」

と注意を喚起した。

その後も、

「すぐ避難を!」

「にげて!」

「つなみ! にげて!」

「津波! 避難!」

「津波(つなみ)! 避難(ひなん)!」

「にげて! このあとも津波情報」

画面表示に合わせて言葉を変えたり、より適切な表現を求め改良を加えたりした。6時から10時までの間に7種類もの言い換えで、津波から逃げるよう必死に促した。

さらに画面端では「TSUNAMI Subchannel or Radio2」と表示し、サブチャンネル(マルチ編成番組)とラジオ第2で英語の放送があることを呼びかけた。

7時過ぎからは、画面端の「福島など津波観測 M7.3 震度5弱」といったテロップにもルビを振るほどの徹底ぶりだった。
「阪神淡路大震災から20年の時を経て普及」

このNHKの緊迫した報道を受け、その痛烈なメッセージに「ただ事じゃない」と感じた人も多いようだ。

NHKの津波警報が尋常じゃない。すごく分かりやすい。「すぐにげて!」 pic.twitter.com/usHRd6t9Il
- コクブカメラ (@kokubucamera) 2016年11月21日

幸いにも津波による大きな被害はなく、気象庁は岩手県から茨城県の沿岸に出していた津波注意報を12時50分にすべて解除した。

NHKのやさしい日本語の取り組みに対し、ツイッターでは感嘆の声が上がっている。

もし津波がしょぼかったり こなくても 報道を絶対批判しちゃだめだぞ! 3.11の時の事で学んで
すぐにげて! とわかりやすく表示したり凄くしっかりやってると思う!
とにかく避難するに越したことはないのです!命大事にガンガン避難してください
- シャケーザ@12月4日駒込ワイワイホール (@youkaininngenn) 2016年11月21日

「津波到達まであと1分前後」、みたいな表記しか考え付かないオタクにとってやはり「すぐにげて!」の現実の圧倒的演出力すごい、NHKすごいとしか言いようがないんだよな
- 豊井 (@1041uuu) 2016年11月21日

阪神淡路大震災のときから20年以上の時を経て、「やさしい日本語」が普及してきたみたい。日本語母語話者じゃない人にも子どもにも分かりやすいよね。 pic.twitter.com/3tHiqDzQwc
- あもすん。 (@adastra_kobe) 2016年11月22日

1995年1月に発生した阪神・淡路大震災では、多くの外国人も被害を受けた。なかには日本語も英語もままならぬ人もおり、災害や避難情報を伝えるために生まれたのが「やさしい日本語」なのだ。

Jタウンネット

大宮の老舗ゲーセン「オリンピア」が12月18日で閉店へ...地元ファンからショックの悲鳴
実は読んだことない、あの「文豪」の名作小説は?【都道府県別投票】
SMAPファンの間で「クリップ運動」広がる 持ち物に5色のクリップはさみ...
[20]2016年11月22日 18:26

予想が困難? 大津波警報、津波警報、津波注意報どう違うか

3

2016年11月22日 15:51 THE PAGE

つぶやきを見る( 1 )

限定公開( 2 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

THE PAGE
写真福島県などで震度5弱、太平洋沿岸に津波警報で会見する気象庁(写真:ロイター/アフロ)
福島県などで震度5弱、太平洋沿岸に津波警報で会見する気象庁(写真:ロイター/アフロ)

 22日朝、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震が発生しました。気象庁は福島と宮城県沿岸に津波警報、青森県から千葉県にかけての太平洋沿岸と千葉県内房、伊豆諸島に津波注意報を出しましたが、津波警報と津波注意報はどのように違うのでしょうか。

予想される最も高い波の高さで区分

 気象庁は2011年の東日本大震災で甚大な被害が起きたことから、津波警報の発表方法や表現を変更。2013年から新しい運用を始めました。

 現行は地震発生から約3分を目標に、「大津波警報」、「津波警報」、「津波注意報」を同庁が設けている「津波予報区」単位で発表しています。津波の高さが高いところで3メートルを超えると予想される場合は「大津波警報」、津波の高さの高いところが1メートルを超え、3メートル以下の予想の場合は「津波警報」、予想される津波の高さが高いところが0.2メートル以上1メートル以下で、津波による災害の恐れがある場合は「津波注意報」というように分けています。

困難な津波予想 今回の地震でも注意報から警報に切り替え

 大津波警報は、警報の発表基準をはるかに超える現象に対して発表する「特別警報」と位置づけていて、木造家屋の全壊・流出、人が津波による流れに巻き込まれると被害を想定しています。津波警報では、標高の低いところで津波が襲い、浸水被害が発生。人が津波に巻き込まれると被害を想定し、どちらの警報も、発令時の取るべき行動として「沿岸部や川沿いにいる人は、ただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください」と呼びかけています。

 一方、津波注意報は、海の中で人が速い流れに巻き込まれ、養殖いかだが流出、小型船舶が転覆するような被害を想定し、取るべき行動は「海の中にいる人はただちに海から上がって、海岸から離れてください」となっています。

 ただ、津波の予想は難しく、マグニチュード8を超えるような巨大地震に対しては、ただちに精度のよい地震規模を求めることができないため、最初に発表する大津波警報や津波警報では予想される津波の高さを「巨大」や「高い」という言葉で表す場合もあるとしています。また今回のように、初めは宮城県沿岸に発表していた津波注意報が、途中で津波警報に切り替わることもあり、津波警報・津波注意報が解除になるまで、油断しないで避難を続けるよう求めています。
[21]2016年11月22日 18:26

【防災】海辺でオレンジフラッグを見たら「地震発生&津波が来る」という合図 / フラッグへ向かって逃げてください

1

2016年11月22日 15:02 Pouch[ポーチ]

限定公開( 1 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

Pouch[ポーチ]
写真写真

2016年11月22日の早朝5時59分ごろ、福島県沖でマグニチュード7.4の地震が発生。福島県中通りおよび浜通りで最大震度5弱を記録したほか、東北から関東までの広い範囲で大きな揺れが起こりました。

気象庁はこの地震を受け、岩手県、宮城県、福島県、茨城県の沿岸に津波警報・注意報を発令。福島県沿岸に最大3mの津波がくると報道されました。

現在(午後12時50分)津波についての注意報はすべて解除されましたが、引き続き警戒は必要です。地震と津波は切っても切り離せない関係だということを、私は再確認しました。
【津波災害に備えて知っておきたいこと】

そこで知っておきたいのが、津波防災の普及啓発プロジェクト「ハッシュビーオレンジ(#beORANGE)」です。

「ハッシュビーオレンジ」の公式ツイッターには「海辺の街でオレンジフラッグを見たら『地震発生、津波がくるぞ』という合図!」というメッセージとともに、オレンジ色のフラッグを振る人たちの画像が投稿されています。
【オレンジフラッグに向かって逃げろ】

オレンジは海によく映える色。そして「津波が来る」合図の色。海辺でオレンジ色のフラッグを見かけたら、それは「海に入っている人や、近くにいる人はすぐにフラッグへ向かって逃げましょう」という意味です。

このオレンジ色のフラッグを、地震発生後避難先のビルやタワーなど、高い建物に掲げることで、海にいても緊急時の避難先がわかりやすくなるという利点があります。
【設置されていない行政区もあります】

このオレンジフラッグは、まだ設置されていない行政区もあるそうなので、自分の判断による避難が最優先となりますが、見かけたらぜひ活用を。海辺に住んでいる知り合いがいたら、すぐに教えてあげるといいかもしれません。

怪我をした方、避難をされている方、余震による不安でいっぱいの方は、今なおたくさんいらっしゃると思います。引き続き、くれぐれもご注意ください。

参照元:#beORANGE [公式サイト、Twitter]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

関連ツイートはこちら

Pouch[ポーチ]

【東日本大震災から3年】3年前の3月11日、みんなどこで何してた?
【観ておこう】あまりにもリアル!! 鎌倉市が作った「津波シミュレーション動画」がとんでもなく怖い…と同時に身が引き締まります
茨城県で震度5弱の地震が発生! Twitterハッシュタグ「#もし今日のが前震だったら」が地震の備えに役立ちます
[22]2016年11月22日 18:27

福島県沖の地震発生状況(〜14時)

0

2016年11月22日 15:11 日本気象協会

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

日本気象協会
写真写真

22日午前5時59分に福島県沖を震源とする最大震度5弱の地震が発生。 気象庁によると、揺れの強かった地域では、地震発生から2〜3日程度は、規模の大きい地震が発生することが多くあり、地震発生から一週間程度は、最大震度5弱程度の津波を伴う地震に注意が必要としています。

11月22日午前5時59分に福島県沖を震源とする最大震度5弱の地震が発生。
揺れの強かった地域では、落石や崖崩れなどが起こりやすくなっている可能性がありますので、今後の地震活動に注意し、復旧作業に携わる方々等、危険な場所に立ち入る場合は地震に注意しながらの作業を心がけてください。
揺れの強かった地域では、地震発生から一週間程度は、最大震度5弱程度の津波を伴う地震に注意してください。特に地震発生から2〜3日程度は、規模の大きい地震が発生することが多くあります。

日本気象協会

地震情報
注意報・警報
10日間予報
[23]2016年11月22日 18:32

うねる白波、川を逆流=住民「おっかなかった」―警察ヘリも撮影・宮城など

1

2016年11月22日 18:01 時事通信社

つぶやきを見る( 1 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

時事通信社

 福島県沖の地震で津波が観測された宮城、福島両県では22日、上流に向かって川を逆流する白いうねりが相次いで目撃された。警察のヘリコプターも撮影。2011年の東日本大震災でも川を遡上(そじょう)した津波が流域に甚大な被害をもたらしており、川沿いの住民らは「おっかなかった」と振り返った。

 宮城県警本部のヘリが午前9時前、同県多賀城市の砂押川を撮影した映像には、長さ数百メートルにわたる波が逆流する様子が映っていた。川沿いの歩道を歩く人を追い抜くほどのスピードは、河口から3キロ以上に達しても衰えず、カーブで岸に当たるとしぶきが上がった。橋の上で様子を見守る人の姿もあった。 

時事通信社

【特集】東日本大震災〜3年の軌跡〜
〔写真特集〕東日本大震災 100枚の記録
【特集】身元不明の似顔絵〜東日本大震災 〜
[24]2016年11月22日 18:33

テレビ局各社、Webでも地震情報配信 自社サイトやYouTubeで

10

2016年11月22日 09:50 ねとらぼ

つぶやきを見る( 8 )

限定公開( 2 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

ねとらぼ
写真TBSのライブ配信(YouTubeより) 写真:ITmedia
TBSのライブ配信(YouTubeより) 写真:ITmedia
 11月22日5時59分ごろ、福島県沖を震源地とする地震が発生。津波の警報などが発令されたことを受け、TBSテレビ、日本テレビがYouTubeで地震情報を同時配信しているほか、NHKもWeb上で、津波関連のニュース特番を同時配信しています。

【拡大画像や他の画像】

 TBSはTBS News-iのアカウントを使いYouTubeの「tbsnewsi のライブ ストリーム」で福島第一原発の様子や各所の記者会見などを中継中。日テレは日テレ公式チャンネルのアカウントでYouTubeの「福島などで震度5弱 津波に警戒を」で、宮城県・石巻市の様子をライブ中継。

 NHKは、NHK NEWS WEB上で、津波から非難する人々の様子など地上波と同じ情報を配信しているほか、フジテレビではWebニュース専門チャンネル・ホウドウキョクで地震情報を配信しています。

 津波は繰り返し襲ってきます。余震に注意しながら、警報が解除されるまで安全な場所から離れないようにしてください。また避難時には防寒対策にも気を付けてください。




福島県の地震で「ポケモンGO」の復興支援イベント中止 岩手、宮城、福島県の沿岸部限定で「ラプラス」が出現していた
福島県で震度5弱 震源地沿岸では津波警報発表
対応早すぎぃ! 高須院長、鳥取地震の被災地に1億円の寄付金を用意「すぐに出せます」
[25]2016年11月22日 18:34

災害時に多言語対応を担う自治体向けコールセンターサービス

0

2016年11月22日 13:20 RBB TODAY

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

RBB TODAY
写真同サービスの利用シーンと各種サービス。対応言語は英語、中国語(北京語)、韓国語、スペイン語、フランス語など全14言語(画像はプレスリリースより)
同サービスの利用シーンと各種サービス。対応言語は英語、中国語(北京語)、韓国語、スペイン語、フランス語など全14言語(画像はプレスリリースより)
 ビーボーンは21日、全国の自治体向けに災害時の訪日外国人・在住外国人向けのランゲージサポートサービスを行う「災害対応多言語コールセンター」サービスの提供を開始した。

 「災害対応多言語コールセンター」は、フリーダイヤルで24時間365日体制で受け付けるもので、全14言語に対応している。サービスを利用すると自治体専用のフリーダイヤルが発行され、エンドユーザーの利用は通話料なども含めて全て無料となる。

 災害現場や避難所からの「2拠点三者間通訳サービス」、日本人側から通訳を通して訪日外国人に発信するアウトバウンドコール「3拠点三者間通話サービス」、訪日外国人が災害対策室や避難所、病院などに連絡する際のインバウンドコール「3拠点三者間通話サービス」などでの利用が想定されている。

 自治体側とは1年契約となり、費用は東京23区及び政令指定都市が360,000円(月額30,000円)、その他の市町村では180,000円(月額15,000円)となっている。

 対応言語は英語、中国語(北京語)、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語の全14言語。


顔認証で万引き防止!無料モニター協力法人を募集
実写版アラレちゃん・中条あやみ、19歳にしてすでに「おばモ」?
パナソニック、多言語対応のメガホン型翻訳機&サービス
[26]2016年11月22日 18:36

福島や茨城、栃木で震度5弱…12人負傷
読売新聞
読売新聞
7 時間前
シェア
太平洋側の津波注意報すべて解除
頭をよぎった津波の恐怖、震度5弱

22日午前5時59分頃、福島県沖を震源とする地震があり、福島県いわき市、茨城県高萩市、栃木県大田原市などで震度5弱を観測した。

気象庁によると、震源の深さは25キロ、マグニチュード(M)は7・4と推定され、2011年3月の東日本大震災の余震とみられる。同庁は午前6時2分に福島県、同8時9分に宮城県に津波警報を出した。東北から関東の広い範囲に津波が到達し、仙台市の仙台港では東日本大震災以降、最大の1・4メートルを観測した。

気象庁は青森から千葉にかけての太平洋岸と伊豆諸島でも津波注意報を発令。福島県相馬市で90センチ、岩手県久慈市と宮城県石巻市で80センチ、茨城県大洗町で50センチの津波が観測された。同庁は午前9時46分、福島、宮城両県の津波警報を注意報に切り替え、午後0時50分には全ての注意報が解除された。

津波警報は12年12月7日、三陸沖を震源とする地震で宮城県に発令されて以来。気象庁の中村浩二・地震情報企画官は22日午前の記者会見で、「揺れの強かった地域では、今後1週間程度は同規模の地震に注意してほしい」と呼びかけた。

読売新聞の集計では、岩手県陸前高田市、福島県南相馬市など50市町村で避難指示・勧告などが出され、1万人超が避難。宮城、福島、千葉、東京の4都県で計12人がけがをした。

気象庁によると、今回の地震は岩盤が引っ張り合ってずれる「正断層型地震」で、海底が大きく変化して津波が発生したとみられる。
[27]2016年11月22日 18:36
読売新聞の関連リンク
読売新聞

アットホームヒーロー・オブ・ザ・イヤーに坂本
読売新聞 ロゴ 読売新聞
巨人・与那原、年俸610万円で更改
読売新聞 ロゴ 読売新聞
J1に復帰の清水、小林伸二監督が続投
読売新聞 ロゴ 読売新聞
鶴竜10連勝、白鵬は稀勢の里に敗れ2敗に
読売新聞 ロゴ 読売新聞

[28]2016年11月22日 18:37

福島震度5弱:大震災教訓に 高台へ、車飛び乗る
毎日新聞
毎日新聞
6 時間前
シェア
ヒラリー氏重視外交 民進指摘に反論
おにぎり喉に、イベントで男性死亡

 22日早朝、東北地方を強い地震と津波が襲った。2011年3月の東日本大震災で大きな被害を受けた福島県や宮城県など沿岸部では、高台や避難所に逃れる住民が相次いだ。不安そうな表情で津波の到達を知らせるニュースを見守る人や、津波が来たらすぐに逃げられるようにと車中で待機する人たちもいた。また、学校の臨時休校や交通機関の乱れも相次いだ。

福島

 福島県沿岸部では公共施設や高台に多数の住民らが避難した。

 南相馬市原町区の「ひがし生涯学習センター」には住民ら約80人が避難。同区上渋佐の会社員、中川幸子さん(60)は「自宅は東日本大震災の津波で多くの犠牲者を出した老人ホームの真向かい。津波警報が出たのを知り『逃げないといけない』と、慌てて車に乗った」と話した。同市原町区萱浜(かいばま)の主婦、田部篤子さん(62)の自宅も大震災で多くの犠牲者が出た地区。「揺れで跳び起き、財布と携帯電話と充電器だけを持ってすぐに避難した」

 「安全を最優先してください」。原発事故で一時全町民が避難した福島県広野町の町立広野中は早朝、全生徒にメールで指示。同県では、沿岸部のいわき市を中心に小中学校61、高校24が臨時休校を決めた。

 福島県などによると、県内では午前9時半現在、3119人が公民館など59カ所に避難したほか、付近の道路には一時約350台の車が待機。うち南相馬市は市内5カ所の避難所に約250人が避難し、高台の公園などにも約70人が逃れた。

 地震によるけが人も出た。いわき市では60代女性がベッドから落ちて軽傷、20代の女性が過呼吸でそれぞれ病院に搬送されたが命に別条はない。

宮城

 宮城県石巻市中心部の日和山公園では、避難した人々が不安げに海を見つめた。家族3人で石巻市を旅行中の岩手県滝沢市の工藤雅子さん(40)は、「知らない土地なので早く逃げないと怖いと思って来た」と5歳の長女の手を握りしめた。

 午前7時40分ごろ、石巻市で津波観測との情報がラジオから流れ、近くに住む男性(68)は「津波は高くなるかもしれない」と心配そうな表情。東日本大震災時、避難所などで7カ月余り生活したといい、「あの時を思い出す」と話した。

 同8時すぎ、石巻市に津波警報が発令されると、避難者は数十人に。震災で多くの犠牲者が出た門脇地区の民生委員、平塚やい子さん(72)は、携帯電話で知り合いに「警報が出たからすぐ逃げて」と呼びかけた。平塚さんは「避難を呼びかけながら来たが、足の悪いお年寄りもいるから心配」と話した。
[29]2016年11月22日 19:47
岩手

 岩手県宮古市日立浜町の高台にある浄土ケ浜第1駐車場は、避難してきた住民の約100台の車で埋まった。妻と一緒に逃げてきた男性(69)は「震災で流された自宅を元の場所の近くに再建し、3日前に仮設住宅から引っ越して来たばかり」と声を震わせた。【大塚卓也、百武信幸、鬼山親芳】

水位急上昇 「退避」叫び
津波警報が発令され学校に避難してきた人たち=福島県いわき市で2016年11月22日午前8時45分、本社ヘリから宮間俊樹撮影 コピーライト 毎日新聞 津波警報が発令され学校に避難してきた人たち=福島県いわき市で2016年11月22…

千葉

 東日本大震災の津波で死者・行方不明者計16人の被害が出た千葉県旭市。太平洋に面した刑部(ぎょうぶ)岬近くの高さ約60メートルの高台に約20人が避難し、海の様子を見守った。

 同市飯岡の漁業、松浦保彦さん(60)は「震災で家が流され、船も破損した。注意報が解除されるまではここにいる」と心配そう。親戚7人で避難した同市飯岡の無職、関野輝子さん(70)は「テレビで注意報を知り、連絡を取り合って車2台で来た。早く収まってほしい」と願った。海岸から約4キロに住む男性会社員(40)は「震災時もここに避難した。津波が港に押し寄せたことを思い出す」と話した。

茨城

 茨城県日立市の河原子漁港では午前6時50分ごろ、海水が徐々に引き始めた。4分後、急に港内の水位が数十センチ上昇。警戒中の消防署員が「退避」と叫び、避難した。津波は岸壁をわずかに越えたが被害はなかった。同市河原子町の漁師、石川彰さん(78)は、震災の津波で漁船が岸壁に打ち上げられたという。近くの2階建ての漁協事務室に避難し「漁船は息子が沖合に避難させた」と心配そうに海を見つめた。

 北茨城市は1万3436人に避難指示を発令。避難所の市民体育館に一時、約50人が避難した。市職員が乾パンや水、毛布などを配布した。70代女性は「大きく揺れたのはしばらくなかったので驚いた。地震も津波も怖い」と心配そう。震災の教訓から車に着替えなどを常備しており「冷静に対応できた」とも話した。【近藤卓資、佐藤則夫、川崎健】
[30]2016年11月22日 21:17
宮城 津波でのりやかきの養殖いかだに被害

11月22日 18時06分

今回の津波の影響で、宮城県内では、沖合に設置されていた、のりの養殖いかだが互いにぶつかって絡まるなどの被害が出ています。

このうち、宮城県東松島市の宮戸地区では、津波の影響で、沖合に設置されていた、のりの養殖いかだが互いにぶつかり合って絡まっているのを、地元の漁業者が確認したということです。

NHKのヘリコプターの映像でも、この地区の沖合で、養殖のいかだがぶつかり合っている様子が確認できました。

また、塩釜市の浦戸桂島の沖合でも、かきやのりの養殖いかだがぶつかり合っている様子を、地元の漁協が確認したということです。

宮城県では、かきは収穫の最盛期を迎えているほか、のりも収穫が始まったばかりで、いかだが絡み合うと、最悪の場合、かきやのりがいかだから離れてしまい、収穫できなくなるおそれもあるということです。

東松島市の宮戸地区で、のりの養殖を行っているという30代の男性は、友人にドローンを飛ばしてもらい、被害の状況を確認したということで、「養殖のいかだは、ふだん直線に並んでいますが、それが重なり合っているような状況でした。被害は1割ほどに上ると思いますが、あすからすぐに復旧作業にかかりたい」と話していました。

また、地元の漁協の支所長を務める佐々木孝さんは、「一部の組合員の漁船が転覆したほか、養殖ののりやかきの少なくとも1割以上に被害が出ていると思います。これ以上被害が膨らまないことを祈りつつ、あす、具体的な状況を確認したい」と話していました。
[31]2016年11月22日 21:17
津波警報で震災経験の高齢者らに動揺 自宅訪れケア

11月22日 18時01分

宮城県南三陸町では、津波警報が出たあと、5年前の震災を体験した高齢者を中心に動揺が広がったため、地元の社会福祉協議会のスタッフが高齢者の自宅を訪れてケアに当たりました。

南三陸町歌津地区にある町の社会福祉協議会には、宮城県の沿岸に津波警報が出た直後から、地域の高齢者などを中心に不安を訴える電話が十数件相次ぎました。

このため、強い不安を訴える人や1人暮らしの高齢者を中心にスタッフが自宅を訪問してケアに当たったり、避難所まで付き添ったりしたということです。

このうち、東日本大震災で被災し、高台に自宅を再建した70代の女性のもとを訪れたスタッフは「揺れたときは起きていましか」などとやさしく話しかけていました。
そして、地震のときの状況や不安感が続いていないかを確認しながら、警報や注意報が解除されたことなどを丁寧に説明していました。

南三陸町社会福祉協議会の齋藤ゆかり課長は「みんな震災を経験している分、揺れた直後は『津波が来るのではないか』とか『食料が無くなるのではないか』などと、震災を思い出して不安を訴える人が多かった。一部の人はまだ不安が続いているようなので、あす以降も訪問を続けたい」と話していました。
[32]2016年11月22日 21:17
日光白根山 来月から「噴火警戒レベル」運用開始

11月22日 17時16分

栃木県と群馬県にまたがる日光白根山について、気象庁は来月6日から、火山活動の高まりに応じて住民などがどう行動すべきかを5段階で示す、「噴火警戒レベル」の運用を始めることになりました。

日光白根山は栃木県と群馬県にまたがる標高2578メートルの活火山で、明治時代を最後に噴火は確認されていませんが、周辺ではたびたび地震活動が活発化し、5年前の巨大地震のあとにも一時的に地震活動が活発化しています。

この日光白根山について、気象庁は地元の自治体などと協議したうえで、来月6日の午後2時から「噴火警戒レベル」の運用を始めることになりました。

気象庁の「噴火警戒レベル」は、火山活動の高まりに応じて、住民や登山者などがどう行動すべきかを5段階で示す情報で、全国37の火山ですでに導入されています。
噴火警報とともに発表される「レベル5」は、危険とされる地域から避難する必要があることを、「レベル4」は避難の準備が必要なことをそれぞれ示します。また、火口周辺警報とともに発表される「レベル3」と「レベル2」は、それぞれ入山の規制と火口周辺への立ち入り規制が必要なことを示すほか、「レベル1」は活火山であることに注意が必要な状態を示します。

気象庁によりますと、日光白根山では現在火山活動に特段の変化はなく、今後も変化がなければ「レベル1」を発表する予定だということです。
[33]2016年11月22日 21:18
震度5弱の茨城 高萩市 「Jアラート」作動せず

11月22日 16時53分

22日朝の地震で震度5弱の揺れを観測した茨城県高萩市では、国から津波注意報などの情報を受け、自動的に防災行政無線で住民に伝える「Jアラート」=全国瞬時警報システムが作動せず、高萩市で原因を調べています。

Jアラートは、災害などのときに国が衛星回線などを通じて情報を発信し、受信した全国の自治体が防災行政無線などで住民に情報を伝えるシステムです。

高萩市危機対策課によりますと、22日朝の地震のときにJアラートが作動せず、市内34か所に設けた防災行政無線の屋外スピーカーからは、高萩市で震度5弱が観測されたことや、茨城県に津波注意報が発表されたことなどが放送されなかったということです。

高萩市で現在、Jアラートが作動しなかった原因について、システムを導入した業者とともに調べています。

茨城県沿岸の市町村によりますと、高萩市以外ではJアラートが正常に作動し、津波注意報の発表などの情報が住民に伝えられたということです。

高萩市危機対策課の伊藤昭吉課長は「津波注意報などの情報を防災行政無線で住民に伝えられなかったことは申し訳なく思っています。このようなことを繰り返さないように、原因の解明を進めていきます」と話しています。
[34]2016年11月22日 21:20
道路が車で渋滞 スムーズな避難に課題

11月22日 19時02分

福島県いわき市によりますと、地震と津波警報の発表の直後、沿岸の小名浜地区から内陸部へ向かう幹線道路の鹿島街道は、避難する途中と見られる車で激しく渋滞したということです。

出勤するため反対の車線を走っていた、いわき市小名浜支所の山本正浩総務係長は、「家族連れの車も多く見かけ、この時間帯としては、ふだんは考えられない渋滞だった。市民には5年前の津波の記憶があると思われ、緊迫感を感じた」と話していました。
そのうえで、渋滞を起こした道路の一部は津波の浸水想定区域に含まれることから、「渋滞中に津波が襲ってきたら、逃げられずにかえって命を落としてしまうことにもなりかねない。ここまでの渋滞は想定外で、歩いて避難できる人は車を使わないでほしい」と話していました。

いわき市危機管理課の大嶺常貴課長は「主要な幹線道路周辺に避難所も点在しているので、多くの人が避難するために鹿島街道を使い、渋滞が発生したのかなと思う。市民の中には車での避難が有効だという考えがあるようだが、避難の際は声をかけ合って車に乗り合わせるなど、1台でも車が減って渋滞が緩和されるよう、有効な避難の方法を検討していきたい」と話していました。
宮城 石巻でも

宮城県沿岸に津波警報が発令されたあと、石巻市の高台にある公園には一時100人以上の住民が避難しましたが、公園につながる道路は多くの車で渋滞し、スムーズな避難に課題を残しました。

石巻市の高台にある日和山公園は、東日本大震災でも多くの住民が避難して津波を逃れた場所として知られ、22日も100人以上の住民が自分の車などでこの高台を目指しました。

しかし、公園につながる狭い道路に多くの車が殺到したため、道路はすぐに渋滞しました。

また、道路の両側には先に到着した車が路上駐車して行く手を阻み、避難の車が長い列を作っていました。

石巻市は、津波の避難の際には徒歩を原則にしていて、スムーズな避難に課題を残しました。

石巻市は「その人の置かれた状況にもよるが、できるだけ徒歩で避難してほしい」と話しています。
[35]2016年11月22日 21:21
避難訓練で使ったアプリで避難 千葉 いすみ

11月22日 18時14分

福島県沖を震源とする22日朝の地震で沿岸に津波注意報が出された千葉県いすみ市では、今月の避難訓練で使われた、津波の到達時間などを知らせるスマートフォンのアプリを利用して避難する住民もいました。

このアプリは京都大学防災研究所などが開発を進めていて、最大規模の津波を想定して、自分のいる地点に津波が到達する時間や、避難所の場所などが画面に表示されるもので、津波の到達時刻が迫ると警報音が鳴り注意を促します。

いすみ市では今月5日、開発中のアプリをインストールした住民2000人が参加し、アプリを使った初めての避難訓練を行いました。

市によりますと、実際にアプリを使って避難する住民がいたほか、高台にある市役所に向かった市の職員もいたということです。

津波の浸水域に自宅がある、市の危機管理課の男性職員は「現在地の安全を確かめながら、余裕を持って市役所まで行くことができました」と話していました。

いすみ市の内田豪危機管理監は「住民からアプリを使ったという声が寄せられ、訓練をやってよかったと思いました。津波対策として、こうしたアプリの活用を広めたいです」と話していました。

研究機関といすみ市などの自治体では、さらに協力しながらこのアプリの改良を重ね、広く実用化を目指すということです。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

コメントを書く (*の項目は入力必須)

社会問題まとめサイトのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

社会問題まとめサイト