ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 社会問題まとめサイト > 原発関連96

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

原発関連96

原発関連96 2016年11月02日 16:50
mixiユーザーmixiユーザー
___

コメント(30件)

[1]2016年11月02日 16:50

<小池都知事>福島のJヴィレッジ視察 五輪合宿予定地

0

2016年11月02日 13:15 毎日新聞

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

毎日新聞
写真復旧工事が進む広野町の海岸を視察する小池百合子東京都知事。右が遠藤智町長=福島県広野町下浅見川で2016年11月2日午前10時28分、乾達撮影
復旧工事が進む広野町の海岸を視察する小池百合子東京都知事。右が遠藤智町長=福島県広野町下浅見川で2016年11月2日午前10時28分、乾達撮影

 東京都の小池百合子知事は2日、知事就任後初めて福島県を訪れ、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興状況を視察した。午前中は、2020年東京五輪でサッカー男女日本代表の事前合宿地となる予定のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)などを回った。

 小池知事は午前10時半ごろ、広野町の海沿いに整備された「ひろの防災緑地」を訪問。遠藤智町長の案内で堤防から街を見渡し「人口の状況はいかがですか」などと尋ねた。

 その後、Jヴィレッジに移動。センターハウス4階ベランダから敷地の様子を確認し、再整備計画について説明を受けた。県の外郭団体が所有するJヴィレッジはサッカー施設としての機能を休止しており、原発事故の対応拠点として東電に貸与されている。東電は今年度中に返還する予定で、芝生を張り替えるなどし、19年4月の全面再開を目指す。【曽根田和久、乾達】

毎日新聞

元市場長ら8人責任 10〜12年幹部、都処分検討 2次報告
会場、月末にも結論 都政改革本部、知事に5施設提示
幹部処分へ 「知らないでは済まぬ」小池知事、副知事ら強く批判
[2]2016年11月02日 16:51

浪江町で準備宿泊開始=登録は住民の1%―福島

12

2016年11月01日 20:01 時事通信社

つぶやきを見る( 7 )

限定公開( 5 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

時事通信社

 東京電力福島第1原発事故で全域に避難指示が出ている福島県浪江町で1日、帰還に向けた住民の準備宿泊が始まった。国が避難指示を出した11市町村のうち、長期の宿泊を実施していないのは第1原発がある大熊町と双葉町のみとなった。

 準備宿泊の対象は、放射線量が高い帰還困難区域を除く、居住制限区域と避難指示解除準備区域。これまでは日中、自宅などに通うだけだったが、1日から泊まれるようになった。帰還困難区域に住んでいた住民も、町が借り上げた町内のホテルや知人宅などに宿泊できる。

 町の住宅地は平均空間放射線量が毎時0.49マイクロシーベルトまで下がり、10月27日には、町内に飲食店やクリーニング店などが入る仮設商業施設ができた。

 しかし、準備宿泊の登録者は同月31日時点で全住民約2万1000人の約1%に当たる約280人にとどまる。準備宿泊のため、初日に町役場の受付を訪れた住民は午後6時時点で32世帯66人だった。

 町や国は除染を進めるほか、医療・介護施設のオープンなど生活環境の整備に力を入れ、避難した住民の帰還を促す。 

時事通信社

【特集】放射性物質、浴びたらどうする?
【特集】東日本大震災〜3年の軌跡〜
〔写真特集〕東日本大震災 100枚の記録
[3]2016年11月02日 18:35

東北電力の東通原発1号機、ケーブルに油のにじみ
時事通信
時事通信
2 時間前
シェア
シェア
国が違えば教育の内容やカリキュラムも異なるものであり、同様に日本と中国の教育も内容は大きく異る。中国メディアの今日頭条は1日、日本の幼児教育について紹介したうえで、その質の高さに対して「言葉を失ってしまった」と伝えている。(イメージ写真提供:123RF)
「言葉失う」日中の幼児教育格差とは
聴取のためソウル中央地検に入る崔順実容疑者=2016年11月1日、AP
韓国大統領疑惑、中国で異例の注目度

 東北電力〈9506〉は2日、東京都内で大規模停電を起こした東京電力の施設火災を受け、この施設と同種の絶縁油を使用したケーブルを点検した結果、東通原発1号機(青森県東通村)で油のにじみを1カ所確認したと発表した。原発は停止中で、ケーブルが通電していないことから、発火の恐れはないとしている。 
[4]2016年11月02日 20:05
福島第一原発の送電設備に亀裂 38年間点検せず

11月2日 18時18分

東京電力福島第一原子力発電所の送電線を支える設備で38年にわたって点検が行われていなかったことがわかり、原子力規制委員会は、施設を管理する実施計画に違反していると判断しました。設備は事故後、外部からの受電に使われていますが、震災によると見られる51か所の亀裂が見つかり、東京電力は補修を行いました。

福島第一原発では、ことし8月建物の屋上に設置された送電線を支える鉄製の設備で、震災の影響と見られる51か所の亀裂が東京電力の点検で見つかりました。この設備は、直径およそ30センチの鉄製の柱などでできていますが、亀裂のうち2か所は柱を寸断していて、秒速30メートルの風で設備が倒れるおそれがあったということです。

これについて、2日の規制委員会では、設置以来、保守点検の計画が作られず、38年にわたって点検が行われていなかったとして施設を管理する実施計画に違反していると判断しました。同じような構造の設備の中には、45年にわたって点検が行われていなかったものもありました。

会見で田中俊一委員長は「東京電力の問題はけっこう深刻で、各部のコミュニケーションが悪いといったことが、審査でもいまだに見受けられる」と述べ、管理体制を批判しました。東京電力によりますと、設備は事故後、廃炉作業などに使う電気を外部から受けるために使われており、先月までに補修が行われたということです。
[5]2016年11月02日 20:05
福島第一原発の「凍土壁」 地面を掘って確認へ

11月2日 16時40分

東京電力福島第一原子力発電所の汚染水対策として計画が進められている「凍土壁」について、国と東京電力は今月、凍結の状況を正確に把握するため、地面を掘り下げて、実際に目視での確認を行うことになりました。

東京電力福島第一原発では、建屋に地下水が流入し、汚染水が増加するのを防ぐため、ことし3月から、地中の配管に冷やした液体を流しておよそ1.5キロの氷の壁「凍土壁」を作る計画が進められていて、現在、建屋の山側の一部を除き、凍結はほぼ完了していると見られています。

この凍土壁について、国と東京電力はこれまで、地中に埋められた温度計のデータで凍結しているかどうかを確認していましたが、状況を正確に把握するため、今月、一部の地面を数メートル掘り下げて、実際に目視で確認することを決めました。地面を掘る場所は、放射線量が比較的低い4号機の南側辺りを予定していて、今月下旬には、政府の原子力災害現地対策本部も視察するということです。

東京電力は再来年の平成30年に、建屋内の大半の汚染水を抜き取る計画を示していますが、そのためには凍土壁が完成し、地下水の流入を防ぐ効果が出ていることが必要で、国の原子力規制委員会は、その効果を確認するよう求めていました。
[6]2016年11月03日 14:53

福島第一原発、送電線の鉄塔38年未点検 保安規定違反

11

2016年11月03日 08:38 朝日新聞デジタル

つぶやきを見る( 8 )

限定公開( 3 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

朝日新聞デジタル

 東京電力福島第一原発で、外部電源を引き入れている送電線の末端にある鉄塔「引留鉄構(ひきとめてっこう)」が1978年から未点検だったことが発覚し、原子力規制委員会は2日、保安規定違反にあたると判断した。鉄構の一部の支柱が破断するなどしていた。東電は東日本大震災の揺れが破断の原因の可能性があるとしており、付け替えなどの対策を取る。

 規制委によると、今年8月、福島第一原発の5、6号機に引き込まれている送電線の鉄構で、支柱が破断するなど44カ所の亀裂が見つかった。この鉄構は、78年8月の5号機の運転開始当初から、点検対象から漏れていた。送電線の末端部は、送電側と発電所側で管理の所管が変わる部分で、発電所側が鉄構の点検の必要性を認識していなかったという。

 送電線の鉄構の未点検は、福島第一の別の2系統と、福島第二の2系統でも見つかった。規制委は、別の送電線があるなど原発の安全に影響はなかったとして違反の中で最も軽い「監視」としたが、田中俊一委員長は「東電全体の管理体制が不十分だ」と批判した。

朝日新聞デジタルで読む

朝日新聞デジタル

少年を2週間監禁し暴行した疑い 男女5人を逮捕 大阪
イレブンスリー暴走阻止、異例の国道封鎖 大阪・岸和田
大卒者にも劣らぬ出世…暗転 三井住友銀の巨額詐欺事件
[7]2016年11月03日 14:56

曲がり角に立たされた日本の原発 二つの「逆風」とは?

4

2016年11月03日 07:01 dot.

つぶやきを見る( 4 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

dot.
 日本の原子力発電所(原発)が曲がり角に立たされている。地元の県知事から運転停止を求められたり、裁判所の決定で運転停止に追い込まれたり。東京電力福島第一原発事故をきっかけに高まった原発への不安が、社会に変化をもたらした。毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された、朝日新聞編集委員・上田俊英さんの解説を紹介しよう。

*  *  *
 9月14日の鹿児島県議会。三反園訓(みたぞのさとし)知事は施政方針演説で、こう述べた。

「私は原発に頼らない社会をつくってまいりたい」

 同県の薩摩川内市には九州電力(九電)川内原発1、2号機がある。福島第一原発事故を受けて、国内の全原発が運転停止に追い込まれたなか、昨年、最初に再稼働にこぎつけた。原発がある地元の知事が「脱原発依存」の方針をこれほど明確に打ち出すのは、大事故に遭った福島県以外では初めてだ。

 三反園氏は7月の同県知事選挙に立候補。4月の熊本地震で「県民の原発への不安が高まっている」などとして、川内原発を一時停止して安全性を再点検することや、避難計画を見直すことを公約に盛り込み、初当選した。

 知事就任後は九電に対して2度にわたり、川内原発をただちに止めて安全性を再検証するよう要請した。知事は法律で、県民の「生命、身体及び財産を災害から保護する」計画を立てて実施する重責を負っているから、当然だろう。

 それでも運転を続ける九電に対して、三反園知事は今後、専門家らの委員会を設置するなど、県が独自に原発の安全性を確かめるしくみをつくる方針だ。

 原発にとってもうひとつの「逆風」は、裁判だ。

 8月12日、愛媛県伊方町にある四国電力伊方原発3号機が再稼働した。これに対して、再稼働に反対する住民は、松山(愛媛県)、広島(広島県)、大分(大分県)の各地方裁判所(地裁)に運転停止の仮処分を申請している。いずれかの地裁で住民が勝訴すれば、3号機は運転停止に追い込まれる。

 大津地裁(滋賀県)が3月9日、再稼働して間もない関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)をめぐる裁判で、住民の訴えを認め、運転差し止めの仮処分決定を出したことが、こうした住民の動きを後押しした。同地裁は、福島の事故の原因究明は「まだ道半ば」の状況で、事故後に策定された原発の地震・津波対策や避難計画には「危惧」や「疑問」があると判断した。

 原発の再稼働をめぐる裁判は、いま全国各地で起こされている。原発の運転の可否が、司法の場であたりまえに争われる時代になった。

 こうした社会の変化の源は、もちろん福島第一原発事故だ。福島では、いまも広大な避難指示区域が設けられ、9万人近くが避難生活を強いられている。

 そのうえ、原発は極めて特殊な施設だ。電気をつくるだけなのに、使用済み核燃料から生まれる「高レベル放射性廃棄物」は放射能が強すぎて人が近づけず、放射能が弱まるまで、10万年程度は人間社会から遠ざけておく必要がある。

 そうはいっても、10万年は途方もなく長い期間だ。約10万年前、私たちの祖先は別の人類「ネアンデルタール人」などと共存していた。ネアンデルタール人の滅亡は2万数千年前とされる。10万年のスケールで歴史を見れば、つい最近だ。

 地球で最後の氷期(氷河期)が終わったのが1万年ほど前。私たちの祖先はそれから、いまの文明につながる道を歩み始める。

 10万年後には、私たち人類が滅亡してしまっている可能性さえある。そんな原発の「奇異さ」が不安の根底にあることは、間違いない。(解説/朝日新聞編集委員・上田俊英)


【キーワード:高レベル放射性廃棄物】
原発の使用済み核燃料や、それを化学処理した後に残る廃液。放射能が強烈で、天然のウラン鉱石なみに弱まるのに10万年程度かかる。原発をもつ国々はガラスで固めたり金属容器に入れたりして地下深くに埋める方針だが、処分場所を決めて計画を具体的に進めている国は、フィンランドとスウェーデンだけ。

※月刊ジュニアエラ 2016年11月号より

dot.

田原総一朗「『原発』をテーマにした知事選に勝てない自民党」〈週刊朝日〉
日本初、エネルギー自給自足めざす島〈週刊朝日〉
室井佑月 原発事故進まぬ復興に「国の努力は誤魔化し」〈週刊朝日〉
[8]2016年11月03日 15:06

被爆の惨禍を描いていないのに伝わる平和 広島女学院生らの絵が60年経て英国から里帰り

1

2016年11月03日 13:18 産経新聞

限定公開( 1 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

産経新聞
写真60年ぶりに里帰りした絵。その中の自作の絵を掲げる倉永恭子さんと星野晴夫校長=広島市中区の広島女学院
60年ぶりに里帰りした絵。その中の自作の絵を掲げる倉永恭子さんと星野晴夫校長=広島市中区の広島女学院

 被爆からの復興期に広島女学院(広島市中区)の中・高生らが描いた風景画など絵20枚が、英国・マンチェスター市から約60年の歳月を経て里帰りした。「平和な日常」を題材にしたものが大半で、うち1枚は卒業生の臨床心理士、倉永恭子さん(77)=広島市東区=の作品と分かり、引き取られた。残りの作品は3日の同校の中・高校合同文化祭で一部を展示した後、広島女学院歴史資料館(広島市東区)などで保存する。

 広島女学院は、爆心地近くにあり、原爆投下で生徒と教職員ら約350人が被爆死した。里帰りした絵は、復興期の昭和20年代後半ごろに描かれたとみられる。

 原爆ドームを描いた1点以外、被爆の惨禍をうかがわせるものはなく、花瓶に生けられたユリやダリアといった花、島や海岸を描写したものなど平和な日常の一コマを描いた静物画、風景が中心だった。

 これらの絵は、全国の児童らが描いた絵と合わせ計約60枚が、戦後に海外との平和・文化交流を進めた当時の広島女学院院長、故・松本卓夫さんからマンチェスター市の教育家に渡されたとみられる。

 絵は長年、大切に保存され、教育家が亡くなる前、詳しい経緯は語られることなく、マンチェスター市の元美術教師、マイク・スティーブンソンさん(72)に一式が託された。

 そして、英国・ロンドンで絵画展を開催した後、スティーブンソンさんから「被爆地の子供たちが復興期に『日常生活』を切り取って描いたことに、平和を訴える力強さを感じる。私は管理しているだけなので、ぜひ広島に返したい」と申し出があり、今年7月下旬に広島、マンチェスター両市を介して里帰りが実現した。

 広島女学院が、作品を描いたとみられる20人のうち、存命と分かった11人に確認したところ、うち1枚は倉永さんが世界平和記念聖堂(中区)を描いたものと判明。広島女学院中学校で絵の返却セレモニーが行われ、星野晴夫校長から倉永さんに絵が手渡された。

 倉永さんは「どういうテーマで描いたかは覚えていないが、60年間も大切にしていただき、心から感謝します。絵は家に飾ります」と話していた。

産経新聞

被爆時の広島、CGで再現 福山工業高、証言基に
60年の時をへて…「被爆瓦」が大阪でみつかる 岸和田
【原爆の日】被爆、3代で語り継ぐ 体験、絵本にまとめ
[9]2016年11月04日 16:45

<福島原発>折れ曲がる鉄骨も…1号機カバー撤去作業大詰め

13

2016年11月04日 15:05 毎日新聞

つぶやきを見る( 9 )

限定公開( 4 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

毎日新聞
写真建屋カバーの撤去作業で壁パネルが取り外された福島第1原発1号機=2016年11月4日午前6時14分、本社機「希望」から
建屋カバーの撤去作業で壁パネルが取り外された福島第1原発1号機=2016年11月4日午前6時14分、本社機「希望」から

 ◇プールに残る燃料取り出しに向けて

 廃炉作業が進む東京電力福島第1原発1号機で、原子炉建屋を覆っていたカバーの撤去作業が最終段階を迎えている。4日にはカバーの壁パネル18枚のうち、16枚目の取り外し作業を終えた。むきだしの建屋上部には、折れ曲がった鉄骨やがれきなどが散乱し、水素爆発による被害の大きさをうかがわせた。東電は来週中にも残る2枚の取り外しを終える計画だ。

 東電は放射性物質を含むほこりなどの拡散を防ぐため、2011年10月に建屋カバーを設置。使用済み核燃料プール内に残っている燃料392体の取り出しに向けて、昨年10月までに屋根部分のパネルを外し、今年9月からは側面の壁パネル(最大で縦約17メートル、横約23メートル)の撤去を始めていた。

 壁パネル撤去後は、建屋上部の大型がれき撤去に向けた調査を本格的に進める。東電と政府の廃炉工程表によると、1号機については19年度から2年程度かけて、燃料取り出し用の装置を備えた新しい建屋カバーを建設し、20年度中に使用済み核燃料プール内にある核燃料の取り出し作業を始める計画だ。【中西拓司】

毎日新聞

福島第1原発・正門周辺 3日正午現在
東京電力福島第1原発事故による避難を縁に…
福島第1原発事故 賠償費増、経産省提示 新電力負担で反発も
[10]2016年11月04日 16:47

<友好都市>双葉町と加須市…だるま・こいのぼり交換し祝う

2

2016年11月03日 23:25 毎日新聞

限定公開( 2 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

毎日新聞
写真友好都市となった記念に埼玉県加須市のこいのぼり、福島県双葉町のだるまを交換する両市町の関係者=福島県いわき市で2016年11月3日午後0時5分、乾達撮影
友好都市となった記念に埼玉県加須市のこいのぼり、福島県双葉町のだるまを交換する両市町の関係者=福島県いわき市で2016年11月3日午後0時5分、乾達撮影

 東京電力福島第1原発事故による避難を縁に、福島県双葉町と埼玉県加須(かぞ)市が3日、友好都市盟約を結んだ。福島県いわき市で式典を開き、名産のだるまとこいのぼりなどを交換して祝った。

 加須市は事故後、双葉町役場と最大約1400人の町民を受け入れた。伊沢史朗町長もその中の一人で、式典では「横断幕と笑顔で迎えられ、一筋の希望と安堵(あんど)を感じた」と振り返り、声を詰まらせた。

 全町避難が続く双葉。役場は3年前、いわきに移ったが、町民約500人が今も加須で暮らす。大橋良一市長は「避難者が笑顔で町に戻る日まで精いっぱい支援する」と変わらぬ友情を誓った。【乾達】

毎日新聞

福島第1原発・正門周辺 2日正午現在
福島県自主避難者の今 森松明希子氏
子ども・被災者生活支援法
[11]2016年11月05日 13:13

浜吉田―相馬で試運転=震災で運休、来月再開―JR常磐線

1

2016年11月05日 11:01 時事通信社

つぶやきを見る( 1 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

時事通信社

 JR東日本は5日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で運休が続く常磐線の浜吉田(宮城県亘理町)―相馬(福島県相馬市)間の復旧に向け、試運転を始めた。12月10日に運転を再開する予定。同区間は津波の被害が大きく、約23キロのうち約14キロは将来の災害に備えて線路と駅を内陸側に最大1.2キロ移転させ、一部を高架化した。

 最初の試運転列車は5日午前に発車。線路の状況を確かめながら、ゆっくり北上した。約1カ月かけて電力供給設備や踏切などが正常に機能するかを確認する。

 常磐線のうち、再開した相馬―小高(福島県南相馬市)間は孤立していたが、浜吉田―相馬間の復旧で仙台とつながる。放射線量が高い帰還困難区域を含む小高―竜田(福島県楢葉町)間は、2020年春までに順次再開する計画だ。 

時事通信社

【特集】放射性物質、浴びたらどうする?
【特集】東日本大震災〜3年の軌跡〜
〔写真特集〕東日本大震災 100枚の記録
[12]2016年11月05日 15:33
小泉元首相 新潟県知事に原発ゼロを期待

11月4日 20時11分

小泉元総理大臣は新潟市で講演し、先の新潟県知事選挙で原発の再稼働に慎重な姿勢を示して米山隆一知事が当選したことについて、「野党が候補者を一本化し原発ゼロを争点にすれば与党が負ける」と指摘するとともに、米山知事の今後の取り組みに期待を示しました。

小泉元総理大臣は、自然エネルギーを推進する新潟市の市民団体が開いた会合で講演しました。

この中で小泉氏は、政府のエネルギー政策に関連して「原発は何千年にもわたって、核のゴミを管理し続けなければならないのに、核の処分場を見つけられない今、政府はなぜ原発を認めるのか。当たり前のことを、政府がわからないのが不思議だ」と述べました。そのうえで小泉氏は、先の新潟県知事選挙で、原発の再稼働に慎重な姿勢を示して米山隆一知事が当選したことについて、「野党が候補者を一本化し、原発ゼロを争点にすれば、与党が負けることがわかった。米山氏当選の影響は大きく、新潟から原発をゼロにする動きを強めてもらいたい」と述べ、期待を示しました。

講演のあと、小泉氏は記者団に対し、「原発ゼロは、政治の世界で決めたほうが早い。やればできることは、現在、原発が動いていない現実が証明しており、議員も気付くべきだ」と述べました。また、米山知事も同じ会合で、「再稼働をめぐる検証や、電力業界、国との話し合いを始めていて、非常にタフな交渉になると思うが乗り切らなければならない」と述べました。
[13]2016年11月06日 13:18

<福島の子>食生活で被ばく低減 原発事故前からヨウ素摂取

49

2016年11月06日 07:01 毎日新聞

つぶやきを見る( 27 )

日記を読む( 4 )

限定公開( 18 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

毎日新聞

 東京電力福島第1原発事故の影響について、福島県などに住む18歳未満の子ども4410人を調査した結果、大部分の子どもが甲状腺がんの危険性を減らすのに十分な量のヨウ素を食品から摂取していたとする研究成果を、ひらた中央病院(同県)などのチームが米専門誌「サイロイド」に発表した。昆布などを多く取る日ごろの食生活により、事故時にも甲状腺被ばくを低く抑えられたのではないかとみている。

 ヨウ素は昆布やワカメ、ノリなどの海藻に多く含まれ、甲状腺が出すホルモンの材料になる。必要量を取っていると、甲状腺は満たされた状態となるため、事故で生じた放射性ヨウ素が体内に入っても、あふれて尿などに排出される。

 チームは事故翌年の2012年から15年までの間、事故後の健康影響を調べるため同病院を訪れた同県内や茨城、栃木県などの子どもたちについて、尿中のヨウ素量を調べた。

 その結果、尿1リットル当たり平均204マイクログラムと、世界保健機関(WHO)が摂取不十分とする尿中の基準値(同99マイクログラム以下)の約2倍となった。うち、84%の子どもは事故後に意識してヨウ素を多く取るようになったわけではないと回答。チームは「多くの子どもたちは事故前からヨウ素を十分摂取できていた」と結論付けた。一方、3%の子どもは50マイクログラム以下だった。

 事故後の住民の甲状腺被ばく量は、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故より著しく低いことが国連機関の報告で明らかになっている。

 同病院の坪倉正治医師は「一部食品の出荷制限など、事故後の対策の効果に加え、日ごろのヨウ素摂取が十分だったためではないか」と話している。【河内敏康】

毎日新聞

【廃炉の前に…】「原子力明るい未来のエネルギー」外された原発看板
<自主廃炉のツケは新電力利用者に回る>
<「新電力に転嫁」は筋違いだ>
[14]2016年11月06日 13:28

<JR常磐線>5年8カ月ぶりの警笛 相馬−浜吉田で試運転

0

2016年11月06日 12:24 毎日新聞

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

毎日新聞
写真新しく建設された線路をゆっくりと走る常磐線の試運転車=新地町で2016年11月5日午前、大塚卓也撮影
新しく建設された線路をゆっくりと走る常磐線の試運転車=新地町で2016年11月5日午前、大塚卓也撮影

 ◇東日本大震災で津波被害 12月10日運転再開へ

 東日本大震災による津波被害で運休が続いていたJR常磐線相馬(福島県相馬市)−浜吉田(宮城県亘理町)間で5日、12月10日の運転再開に向けて試運転が始まった。5年8カ月ぶりに響く電車の警笛に、沿線の住民が手を振って喜ぶ姿が見られた。

 JR東日本によると、この区間は全長約23キロ。うち津波被害の大きい新地町から亘理町にかけての約14キロで、線路と駅を最大1.2キロ内陸側に移し一部を高架化した。このため、区間距離は震災前より約600メートル長くなった。

 最初の試運転車両は2両編成で、5日午前10時ごろに相馬駅を出発。線路の状況を確かめながら、低速で仙台方面に向かった。運転再開までの1カ月間、信号設備や踏切などが正常に機能するかを確かめる。

 常磐線の小高(南相馬市)−相馬間は、南側に放射線量が高い東京電力福島第1原発周辺の区間を抱え孤立状態だったが、来月からの北側区間の再開により仙台方面と直接結ばれる。運休が続く南側の竜田(楢葉町)−小高間は、2020年春までに順次再開する計画だ。【大塚卓也】

毎日新聞

【写真特集】工事開始は3年前 JR常磐線震災不通区間、復旧工事始まる
常磐線の再開時期は… 復旧「20年春」 放射線量の数値低下、着工めど
東日本大震災から5年半 14万人、避難生活続く
[15]2016年11月06日 13:29

<上野彦馬賞>高木さん「頑張る指針に」 九産大で表彰式

0

2016年11月05日 19:24 毎日新聞

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

毎日新聞

 若手写真家の発掘と育成を目的とした「第17回上野彦馬賞九州産業大学フォトコンテスト」(毎日新聞社、九州産業大主催)の表彰式が5日、福岡市東区の九産大であった。グランプリの上野彦馬賞に輝いた東京都中野区の写真家、高木忠智さん(38)は「栄えある賞で今後も頑張る指針になる」と語った。

 受賞作「Fukushima, unfulfilled the duty」(5枚組み)は、東京電力福島第1原発事故で放射能に汚染された福島県の避難区域などで撮影。植物が絡まったいすや倒れかかった民家の塀などの風景を切り取り、日本の将来を左右する重要なテーマの原発問題を的確に表現したことが評価された。

 高木さんは「朽ちていく物の姿から、写真には出てこない避難者の存在を再認識してほしい」と語った。受賞作など117点は13日まで九産大美術館で展示される。入場無料。【蓬田正志】

毎日新聞

小?市長、月内にも廃炉要請へ 「事故は起こりうる」
「大地を受け継ぐ」 原発事故後の農家と東京の若者11人対話 大館で12日上映 /秋田
福島第1原発・正門周辺 4日正午現在
[16]2016年11月07日 21:22

放射性ナトリウム760トン=もんじゅ廃炉で難題―使用済みMOXも・原子力機構

78

2016年11月07日 08:01 時事通信社

つぶやきを見る( 56 )

日記を読む( 5 )

限定公開( 17 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

時事通信社

 政府が廃炉を含めた抜本的な見直しを進めている日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で、配管などに残っている放射性物質を含むナトリウムが約760トンに上ることが6日、原子力機構への取材で分かった。処分方法は決まっておらず、廃炉が決定した場合は大きな課題になりそうだ。

 通常の原発は水で原子炉を冷却するが、もんじゅはナトリウムで冷やす。ナトリウムは空気や水に触れると激しく燃えるため、扱いが難しい。

 原子力機構によると、もんじゅにあるナトリウムは約1670トン。うち760トンは核分裂反応が起きる原子炉内部などを循環していたため、放射性物質を含んでいる。廃炉になった場合、ナトリウムを抜き取らないと解体が進まない。

 放射性物質を含み、燃える性質があるナトリウムは密閉保管が必要になる。国内で処分した例はなく、原子力機構は「廃炉が決まれば、その段階で処分方法は検討する」と説明している。

 もんじゅで使われたウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料の処分も課題になる。約21トン発生すると見込まれるが、国内では処理できない。海外に委託して燃え残ったウランやプルトニウムを取り出し、残った高レベル放射性廃棄物も含めて返還を受ける方法が考えられる。

 ただ、原子力機構がもんじゅの廃炉費用として試算した約3000億円の中に、海外への処理委託費は含まれていない。既に廃炉が決まった新型転換炉「ふげん」(敦賀市)も使用済みMOXが約64トン発生し、原子力機構はフランスへの処理委託を目指しているが、契約はできていない。

 使用済みMOXは通常の原発から出る使用済みウランに比べ、毒性の高い放射性物質が多く含まれている。高レベル廃棄物の最終処分地も決まっておらず、もんじゅが廃炉になっても新たな難題が待ち受けている。 

時事通信社

浜吉田-相馬で試運転=震災で運休、来月再開-JR常磐線
原発事故賠償金を恐喝容疑=知人から2000万円、男逮捕-福島県警
「薄桜鬼」タペストリーを返礼品に=東京都日野市のふるさと納税
[17]2016年11月07日 21:29

台湾、日本食品の輸入規制を緩和へ 原発事故で全面禁輸

1

2016年11月07日 21:17 朝日新聞デジタル

つぶやきを見る( 1 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

朝日新聞デジタル

 台湾の衛生福利部(厚生省に相当)は7日、東京電力福島第一原発の事故を受けた日本産食品の輸入禁止措置を緩和する案を立法院(国会)に示した。全面禁輸としていた福島、茨城、栃木、群馬、千葉の5県産食品について、福島産以外は一部を除いて輸入できるようにする。ただ、反発も出ており、実施時期は決まっていない。

 緩和案では茨城など4県の食品のうち、飲用水や乳幼児用粉ミルク、茶などを警戒が必要な食品と位置づけて輸入を禁止する一方、その他の食品は放射線検査報告書と産地証明があれば輸入を認める。また、日本との間で食品の安全や輸出入に関する協力の覚書を結び、連絡態勢を強化するとしている。

 台湾では日本産食品が人気で、昨年の輸入量は約25万トン。東日本大震災前の2010年と比べて50%増えている。この日の立法院の委員会審議では、野党・国民党の委員を中心に「検査に当たる(台湾側)人員が足りない」「少しでも汚染の恐れがあるのであれば開放すべきではない」などといった意見も出た。(台北=鵜飼啓)

朝日新聞デジタルで読む

朝日新聞デジタル

「空気読めぬ」韓国大統領 政治手法への反省ないまま
香港独立派2議員の資格は「無効」 中国全人代が法解釈
香港警察がデモ隊を強制排除、4人逮捕 議員資格問題で
[18]2016年11月07日 21:29

鹿児島知事、11日に視察=川内原発の特別点検

0

2016年11月07日 20:01 時事通信社

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

時事通信社

 鹿児島県は7日、三反園訓知事が11日に九州電力川内原発1号機(同県薩摩川内市)の特別点検を視察すると発表した。1号機は定期検査のため停止中で、九電は知事の要請に基づき特別点検を進めている。三反園知事が就任後、川内原発の構内を視察するのは初めて。

 県によると、原子力工学の専門家2人が視察に同行する。特別点検では水中カメラを使い、原子炉容器や使用済み燃料プールの内部などを調べており、知事らは九電の説明を受けて点検状況を確認する。 

時事通信社

放射性ナトリウム760トン=もんじゅ廃炉で難題-使用済みMOXも・原子力機構
大手電力、7社が経常減益=販売量減少などで-9月中間
九電、電気料金を誤請求75件=4〜10月、システム不具合で
[19]2016年11月07日 21:29

高浜3号機の定期検査申請=12月9日に開始―関電

1

2016年11月07日 20:01 時事通信社

つぶやきを見る( 1 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

時事通信社

 関西電力は7日、運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分決定で停止中の高浜原発3、4号機(福井県高浜町)のうち3号機について、12月9日からの定期検査開始を原子力規制委員会に申請したと発表した。

 関電が仮処分決定の取り消しを求める保全抗告審が大阪高裁で10月から始まっており、住民側の弁護団は来年2月にも判断が出る可能性を示している。定期検査は通常3〜4カ月かかり、関電は決定が取り消されれば早期に再稼働に取り掛かるとみられる。

 関電は10月から自主的に実施していた高浜4号機の停止時点検が12月におおむね終わるため、引き続き3号機の定期検査を行うことにしたと説明。「今回の定期検査の開始と保全抗告審は関係ない」と話している。 

時事通信社

放射性ナトリウム760トン=もんじゅ廃炉で難題-使用済みMOXも・原子力機構
拳銃の照準部品紛失=放射性物質使用、規制委に報告-警視庁
新潟知事に米山氏=原発慎重派、自公は大敗-柏崎刈羽再稼働に影響必至
[20]2016年11月07日 21:30

玄海3・4号機は新基準適合 規制委、認可案を9日公表

2

2016年11月07日 19:48 朝日新聞デジタル

つぶやきを見る( 2 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

朝日新聞デジタル
写真玄海3、4号機の今後の流れ
玄海3、4号機の今後の流れ

 原子力規制委員会は7日、九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県)について、安全対策の基本方針が新規制基準に適合すると認める審査書案を9日の定例会で公表することを決めた。30日間の意見募集を経て正式決定されれば、先月決定した関西電力美浜原発3号機(福井県)に続き5カ所目となる。再稼働までにはさらに二つの認可が必要だが、地元自治体の同意が得られれば、来年度にも再稼働する可能性がある。

 九電は2013年7月、玄海3、4号機の再稼働に向けた審査を申請。審査では、規制委の指摘を受け、想定される地震の揺れを540ガル(ガルは揺れの勢いを示す加速度の単位)から620ガルへ引き上げた。規制委は、こうした自然災害への備えや、重大事故への対応といった安全対策の基本方針が、新基準を満たすと認める見通しだ。

 玄海原発は、東日本大震災後、運転再開の手続きが進んだ。しかし、県民への原発の安全性や必要性などの説明をめぐって、九電が関連会社員らに運転再開への賛成意見の投稿を呼びかけた「やらせメール」問題が発覚した経緯がある。(石塚広志)

朝日新聞デジタルで読む

朝日新聞デジタル

泊原発の防波堤、改修を検討 津波に耐えられない可能性
原発の火山灰対策、10倍の想定求める 規制委
規制委、美浜原発の工事計画を認可 運転延長に向け前進
[21]2016年11月07日 21:48

原発建設で協力継続=日カザフ首脳会談

1

2016年11月07日 19:01 時事通信社

つぶやきを見る( 1 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

時事通信社

 安倍晋三首相は7日、カザフスタンのナザルバエフ大統領と首相官邸で会談した。両首脳は、同国内での原子力発電所建設について協力継続を確認。日本からの投資拡大に向け、税制改正や技術者への労働許可証の発給基準緩和など環境整備に取り組むことで合意した。

 北朝鮮による核・ミサイル問題も取り上げ、挑発行為の自制を強く要求していくことで一致。包括的核実験禁止条約(CTBT)の早期発効のため協力していくことも確認した。

 両首脳はこの後、直行便の就航や来年カザフで開催される国際博覧会での協力を盛り込んだ共同声明を発表した。 

時事通信社

〔写真特集〕北朝鮮の女性たち 2013年秋
〔写真特集〕驚き 「北」の乗り物事情〜牛車からベンツまで〜
〔写真特集〕北朝鮮の軍事力〜火を噴く多連装ロケット砲〜
[22]2016年11月07日 23:19
廃炉に外国人
「我々がやるしかない」 被ばくに不安の声

毎日新聞2016年11月7日 08時00分(最終更新 11月7日 09時14分)

社会
話題
速報

福島第1原発で汚染水貯蔵タンク建設を請け負った外国人作業員ら。作業服の下に防護服を着込む=2014年5月ごろ撮影(関係者提供、画像の一部を処理しています)

[PR]

 東京電力が廃炉を進める福島第1原発の過酷な最前線で、外国人が働いていた。「日本人がやらないなら、外国人がやるしかないと思った」。汚染水貯蔵タンクの建設に従事した日系ブラジル人の男性は言った。彼らは、必要な人数がそろわない日本人の穴を埋めていた。【関谷俊介】

<外国人はどんな雇用に? 汚染水貯蔵タンク建設の契約形態>

<東電、福島原発賠償・除染の負担8兆円増を国費要請>

<自主廃炉のツケは新電力利用者に回る>

<「新電力に転嫁」は筋違いだ>

「廃炉」の深層 「もんじゅ」は<カネ食い虫の役立たず>

<まんがで解説>汚染水とは?

 「福島第1原発について私は皆さんに約束する。状況はコントロールされている」。安倍晋三首相は五輪招致に向けて2013年9月、国際オリンピック委員会の総会で力説した。第1原発ではその前月、鋼材をボルトでつなぐフランジ型のタンクから汚染水約300トンが漏れ出た。

 現場は増え続ける汚染水と格闘していた。政府は溶接型タンクの増設を指示し、東電は大手ゼネコンに発注。2次下請けに入った東京の溶接会社は13年11月ごろ、半年で約50基建設という日程的に厳しい作業に着手した。

 溶接会社の社長は取材に「当初は原発で働く予定だった日本人従業員も、直前に家族の反対で断念した。(ぎりぎりの要員で)毎日が戦争状態だった」と証言。「日本人溶接工三十数人を集めたが、技量不足で半数を入れ替えた」と話す。

 「外国人がやるしかない」と語った津市在住の溶接工、石川剛ホーニーさん(43)はブラジル生まれの日系2世で日本に移って日本国籍を取得。外国人作業員たちのまとめ役を務めた。彼らも日系2、3世やその配偶者で就労制限はなかった。

 石川さんは14年1月に初めて第1原発に入り、目を疑った。汚染水の円柱タンク(高さ、直径とも約10メートル)は、分割された約20個の部材を溶接でつなぎ合わせて作る。だが、現場に集められた日本人作業員の多くは高齢で溶接の技量が低く、作業は進まなかった。

 最初のころはタンクの残り容量に余裕がなく、突貫工事を強いられた。トイレに行く時間も惜しく、現場で用を足した。外国人作業員をタンク上部の足場に残したまま、下部で溶接の火花から引火したとみられるボヤ騒ぎも起きたという。

 日当は通常の約1.5倍。「一緒に働く外国人から、被ばくしたら補償はあるのかと不安の声も上がった。こちらは『この日当は他では出ない』と報酬の話をするしかなかった」と振り返った。

 外国人作業員のうち40代の日系ブラジル人男性が取材に応じた。石川さんから作業を請け負った後も有期で別の会社に雇われ、日本人が次々去る現場で約1年間タンク建設に携わった。「(廃炉作業に)日系人が入ったのは私たちが初めてだと思う。その後は他のグループが溶接以外の現場にも入るようになった」と話す。

 事前に放射線防護教育も受けた。内容は核燃料物質の知識や放射線の身体への影響、関係法令など。労働安全衛生法の規則に基づき原子力施設で働く作業員に雇用主が行うが、第1原発では東電が元請け企業などを支援する立場でテキストを作り、実施する。男性は「日本人と同じ講義で通訳もなく、漢字の形を暗記した」と話す。

 外国人作業員のうち何人かは、別の元請けの下でも外国人グループを組んで働いた。そこに加わった別の40代日系ブラジル人男性はこう説明した。「グループは10人くらいで、約25基を作った。作業中の会話はポルトガル語で、構内放送があると日本語ができる作業員が苦手な作業員に意味を教えていた」
福島第1原発の汚染水

 山側から大量の地下水が原子炉建屋に流れ込み、溶けた核燃料に触れるなどして放射性汚染水が発生している。東京電力は昨年9月から建屋への流入前に地下水をくみ上げて海に放出し、流入量は1日約400トンから一時は約150トンに減った。だが、降雨の影響で再び増え、現在1日300〜400トンで推移する。貯蔵タンクはフランジ型から溶接型に順次建て替え、計約1000基(容量約100万トン)に上る。
[23]2016年11月08日 16:59

<平和首長会議>核兵器禁止交渉開始決議 賛成の首長が7割

3

2016年11月08日 13:13 毎日新聞

つぶやきを見る( 3 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

毎日新聞
写真各自治体の賛否と主な意見
各自治体の賛否と主な意見

 ◇日本政府が反対の決議

 国連が10月に採択した「核兵器禁止条約の制定に向けた交渉を2017年に開始するよう求める決議」について、核兵器廃絶を目指す国際NGO「平和首長会議」の国内加盟都市の総会に参加する自治体首長に賛否を聞いたところ、回答した46人のうち7割の32人が賛成を表明した。日本政府はこの決議に反対し、平和団体などから批判を浴びた経緯がある。【北川仁士】

 国連の決議はオーストリアやメキシコなどが共同提案し、総会第1委員会(軍縮)で先月27日、賛成123カ国、反対38カ国で採択された。日本政府は「核兵器国と非核兵器国の亀裂を深め、核兵器のない世界の実現が遠のく」(菅義偉官房長官)として米国とともに反対。「被爆国の役割から降りて一同盟国となることだ」(NGO核兵器廃絶国際キャンペーンの川崎哲・国際運営委員)などの批判が上がった。

 一方、平和首長会議は7、8両日、千葉県佐倉市で第6回総会が開かれ、出席を事前に表明していた首長52人に毎日新聞が国連決議への賛否と理由を書面で尋ねた。

 賛成した32人のほぼ半数が「唯一の被爆国の役割」を挙げた。平和首長会議の会長を務める広島市の松井一実市長は「核兵器廃絶に向けた動きを着実に進めるためには、核拡散防止条約(NPT)の完全履行と、全ての国による核兵器禁止条約の締結が不可欠」とした。福島県桑折町の高橋宣博町長は「福島県は原発事故による放射能汚染で今なお苦しめられている。人間が制御できない核の利用は即刻中止すべきだ」と主張した。

 一方、決議に反対した日本政府を支持するとして2人が反対を表明。12人が賛否を示さなかった。

 「反対」した静岡県磐田市(渡部修市長)の総務課は「北朝鮮の状況などを考えると核兵器の即時禁止はかえって混乱を招き、段階的に廃絶していくとする政府の判断はやむを得ない。非常に難しい問題だ」と説明した。

 総会が開かれた佐倉市の蕨(わらび)和雄市長は賛否を保留。「政府は国際情勢や国の安全保障の観点などから判断したと捉えている」とした上で「決議に反対した理由や今後の核兵器廃絶に向けた取り組みについて、国民に説明を尽くしてほしい」と注文した。

 ◇平和首長会議

 1982年の国連軍縮特別総会で荒木武・広島市長(当時)が、世界の都市が国境を超えて連帯し、核兵器廃絶への道を切り開くことを提唱したのが始まり。賛同する都市(自治体)で構成され、11月1日時点で世界162カ国・地域の7164都市、国内では全自治体の94%にあたる1643自治体が加盟。国内の総会にその一部が参加する。

毎日新聞

【各自治体の回答詳報】
<国連、核兵器禁止交渉決議を採択 日本は反対>
<被爆者ら落胆「政府、何をしているか」>
[24]2016年11月08日 17:00

住宅無償支援を打ち切り…国や自治体が「原発避難者」を消滅させようとしている

4

2016年11月08日 06:22 週プレNEWS

つぶやきを見る( 2 )

限定公開( 2 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

週プレNEWS
写真「『復興』という言葉に拒否反応を持っている人がたくさんいました。この2文字に“いかがわしさ”が詰め込まれていることを避難者の皆さんが感じている」と語る日野行介氏
「『復興』という言葉に拒否反応を持っている人がたくさんいました。この2文字に“いかがわしさ”が詰め込まれていることを避難者の皆さんが感じている」と語る日野行介氏

東日本大震災および福島第一原子力発電所の事故からおよそ5年8ヵ月。復興庁によると、全国にはまだ約14万1千人の避難者がいる(9月30日現在)。


そうした中、国や地元自治体は原発事故による避難者への賠償や支援の打ち切りを着々と進めている。


帰還困難区域(2011年度末で放射線量が年間50ミリシーベルトを超える地域で、事故後6年たっても20ミリシーベルトを下回らない恐れのある地域)を除き、2017年3月いっぱいで原発被災地の避難指示を解除し、自主避難者への住宅支援を打ち切ることが決まっているのだ。


「この国の政府は原発避難者を消滅させようとしている」ーー。『原発棄民 フクシマ5年後の真実』の著者、毎日新聞記者の日野行介氏はそう強く訴えかける。


* * *


―3・11の地震と原発事故によって故郷に戻れない人が14万人以上もいます。本当はもっと多いといわれていますね。


日野 復興庁は毎月数字を公表していますが、避難者の明確な定義がなく、実際の数はよくわかっていません。原発事故の避難者の中には、国が定めた避難指示区域から避難した「強制避難者」のほかに、その区域外から避難した「自主避難者」も大勢います。正確な数は把握できていません。


―来年3月、その自主避難者への住宅無償支援が打ち切られようとしています。


日野 自然災害であれば、6年という期間は被災者の自立に向けてのひとつの「区切り」になるでしょう。しかし、終わりの見えない原発事故にも、それが当てはまるでしょうか。それでも行政は支援打ち切りを一方的に決めてしまったのです。


―支援打ち切りを急ぐ理由はなんでしょうか?


日野 お金の問題ではないと思います。自主避難者の住宅支援に必要な額は2015年度で80億円ほどです。これは国費というレベルで見れば非常に微々たるもの。一方で、例えば除染には総額4兆、5兆円ものお金がかかります。打ち切りの理由が、費用の削減とは思えません。


私は国や地元自治体の側に、原発事故を「早く終わらせたい、幕引きしたい」という考えがあるからだと思っています。実際、ある省庁の官僚からも「早く終わらせなきゃいけない」といった言葉を聞いたこともあります。しかし原発事故は、いつが終わりという区切りがないですし、これからも向き合い続けるしかありません。でも為政者は向き合いたくないから、なんとかして区切りをつけたい。支援を打ち切ることで、目に見える「避難者」という属性を消そうとしているのです。




―それでは自主避難者が反発するのも当然だと思います。


日野 住宅支援打ち切りが報道された後、ある集会で自主避難者の女性が「私たちは復興の妨げでしょうか」と言っていたのがとても印象に残っています。「復興」という言葉に拒否反応を持っている人がたくさんいました。この2文字に“いかがわしさ”が詰め込まれていることを避難者の皆さんが感じているのです。それを我々が理解することが、避難者の問題に共感できるかどうかの大きなポイントだと思っています。


―いかがわしさとは?


日野 行政は原発被災者に寄り添うなどと美辞麗句(びじれいく)を並べておきながら、実際にはそれと逆のことをしています。被災者からすれば、為政者から伝わってくる言葉と現実に行なわれていることがまるで違うのです。


住宅支援の打ち切りはそのひとつでしょう。これはそもそも自然災害に適用される「災害救助法」を緊急的に当てはめた支援です。しかし、本来であれば原発災害というのは自然災害とは異なる面が多いため、その特殊性を踏まえた上での制度づくりをするべきです。ところが実際は、現実の評価をねじ曲げて矮小化し、災害救助法の枠に押し込めているのです。


原発事故後、こうした「ボタンのかけ違い」はいくつも生まれてしまった。それは今まで続いています。原発避難者の多くが、「国は何も考えてくれていないし、何を言っても通じない」と思うのも無理はありません。

[25]2016年11月08日 17:00

―住宅支援が打ち切られると自主避難者は困るのでは?


日野 特に、経済的に苦しい立場の母子避難者は打ち切りに納得していなくても、子供を連れて福島に戻らざるをえなくなるかもしれません。また夫と離婚した人も多く、そうなると既存の生活支援策に頼るしかありません。本書でも書きましたが、国交省の官僚が自主避難者から責められて、「皆さんの生活が困ったら生活保護しかありません」とつい口走ってしまう場面がありました。住宅支援は、原発避難者として認めてもらえる唯一の「証」だったのです。それを奪うということは、避難者の消滅を意味するのです。


―また、放射線量が年間20ミリシーベルトという国の基準(事故前は1ミリシーベルト)を下回ったことで、2015年9月に福島県楢葉町、今年7月には南相馬市小高区の避難指示が解除されましたが、住民の1割も戻ってきてはいません。


日野 基準を下回ったからといって、住民には被曝リスクを引き受ける理由はありません。これらの解除は、帰還を強制しているわけではありません。しかし、帰還するかの「選択を強制している」と思うのです。原発被災者からすれば、「なぜこのタイミングで選択を強制されなければいけないんだ」という気持ちではないでしょうか。




―国は東京オリンピックまでに原発事故を収束させたいのでは?という声もあります。


日野 原発事故というのは区切りをつけるのがとても難しい。だからこそオリンピックをそのタイミングとして利用している側面はあるかもしれません。


―被災者の意思を無視して、行政の都合で一方的に事故処理が決められていく。それがまかり通っていいのでしょうか?


日野 事故後6年たっても線量が20ミリシーベルトを下回らない帰還困難区域では住民の移住を促進し、それ以外のところでは賠償や支援を打ち切る…。これが意味するのは、避難という枠組みの全消滅です。


本来、国や地元自治体が行なうべきは原発避難者の個々の意思や将来の生活設計を尊重した、長期的な手当てではないでしょうか。ところが今やっているのは、復興の名のもとに事故の早期幕引きの道筋をつけて、逃げ切りを図ろうということにしか見えないのです。


●日野行介(ひの・こうすけ)
1975年生まれ、九州大学法学部卒業。毎日新聞記者。福井支局敦賀駐在、大阪社会部、東京社会部などを経て特別報道グループ。福島第一原発事故を巡り、県民健康管理調査(現・県民健康調査)の「秘密会」や、復興庁参事官による「暴言ツイッター」などを特報。著書に『福島原発事故 県民健康管理調査の闇』『福島原発事故 被災者支援政策の欺瞞』(いずれも岩波新書)などがある


■『原発棄民 フクシマ5年後の真実』
(毎日新聞出版 1400円+税)
原発事故後、最も放射線量の高い「帰還困難区域」を除いて、来年3月までに避難指示が解除されることが決まった。また、避難指示区域外から避難した「自主避難者」への住宅支援打ち切りも進められる。原発事故を巡るスクープを連発してきた新聞記者が、原発避難者を消滅させ、事故の早期幕引きを行なおうとする国や地元自治体の思惑を徹底追及


(インタビュー・文/桐島 瞬 撮影/有高唯之)

週プレNEWS

批判殺到を教訓に?今年はひっそり開催…放射能汚染が危惧される福島“6国”清掃活動の意義とは
震度6弱でも危ない…豊洲新市場の構造計算に続々、ミスが発覚!
8兆2千億円は国民負担?「もんじゅ廃炉」後に生まれる霞が関の新利権とは…
[26]2016年11月09日 16:43

玄海原発3・4号機「新基準に適合」 規制委が了承

27

2016年11月09日 12:10 朝日新聞デジタル

つぶやきを見る( 23 )

限定公開( 4 )

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

朝日新聞デジタル
写真玄海原発の地図
玄海原発の地図

 原子力規制委員会は9日、九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県)について、安全対策の基本方針が新規制基準に適合すると認める審査書案を了承した。今後は設備の詳しい設計と、重大事故時の対応などを記す保安規定の認可手続きに審査の焦点が移る。地元自治体の同意が得られれば、来年度以降に再稼働する可能性がある。

 九電の原発で適合が認められるのは、昨年再稼働した川内原発(鹿児島県)に続き2カ所目。全体では四国電力伊方原発(愛媛県)と関西電力高浜、美浜の両原発(いずれも福井県)に続き5カ所目となる。

 公表された審査書案は約410ページ。10日から30日間、一般から意見を募集する。大きな修正がなければ正式決定され、安全対策の基本方針が許可される。

続きはこちら

朝日新聞デジタル

泊原発の防波堤、改修を検討 津波に耐えられない可能性
原発の火山灰対策、10倍の想定求める 規制委
父親「言うこと聞かないので殴った」 堺の4歳児不明
[27]2016年11月09日 16:51

離島17、避難に課題=退避施設未整備も―玄海原発30キロ圏、長崎・壱岐

0

2016年11月09日 15:01 時事通信社

チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするツイート

時事通信社

 原子力規制委員会は9日、九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)が新規制基準を満たすと判断し、事実上の合格証に当たる審査書案をまとめた。玄界灘に面した同原発は、重大事故に備え住民の避難計画が必要な半径30キロ圏が佐賀、福岡、長崎3県にまたがる。圏内の人口は7市1町で約26万2800人。このうち17の離島に約1万9200人が暮らすが、秋から冬にかけて吹く北風で波が高くなることがあり、船舶などを使った避難に課題が残る。

 17の離島で最も人口が多い長崎県壱岐市は、本島の南部が30キロ圏に含まれる。市の防災計画では、原発事故で高い放射線量が計測された場合、全住民約2万8000人のうち、南部の約1万5200人はマイカーなどで圏外の北部に避難する。市危機管理課の担当者は「風向きによっては、北部を含めた全島民の避難が必要になることもある」と予測する。

 2013年から毎年、3県合同で原子力防災訓練を実施しているが、昨年と今年は荒天のため、福岡県に向かう広域避難訓練の一部が中止になった。担当者は「冬は民間の高速船が欠航することも多い。事故が発生すれば、島外に避難できないこともあるかもしれない」と懸念する。

 天候不良などで脱出できない場合、住民は放射線防護対策施設に避難する。放射性物質の流入を防ぐフィルター付きの空調設備などを備えた施設で、佐賀県と福岡県は公民館や学校を改装するなどして整備を終えた。

 壱岐市は本島以外に有人の離島3島を抱えるが、防護施設は1島で建設が進むだけで、本島を含む3島は未整備。長崎県危機管理課は国に早急な整備を求めているが、「来年度以降の整備になると聞いている」という。 

時事通信社

陥没道路の穴埋め作業開始=停電、9日にも解消-国交省立ち入り・福岡
博多駅前で道路陥没=地下鉄延伸工事が原因-空港などで停電も・福岡
放射性ナトリウム760トン=もんじゅ廃炉で難題-使用済みMOXも・原子力機構
[28]2016年11月09日 18:19

日本の核保有「悪くない」 トランプ氏これまでの主張は
朝日新聞デジタル
朝日新聞デジタル
41 分前
シェア
シェア
英王子の恋人報道は虐待、異例の声明
U.S. President-elect Donald Trump greets supporters at his election night rally in Manhattan, New York, U.S., November 9, 2016. REUTERS/Jonathan Ernst
「米国第一」外交、同盟国と摩擦懸念

 米大統領選の共和党候補トランプ氏は、選挙期間中から、過激と思える政策を訴えてきた。

 各国との同盟関係について「米国は世界の警察官ではいられない」と見直しに言及し、「日本の核保有は悪いことだとは思わない」とも主張した。

 環太平洋経済連携協定(TPP)には反対の姿勢を明確にしてきた。北米自由貿易協定(NAFTA)からの離脱も言明。「中国やメキシコには高い関税をかける」と訴えてきた。

 移民政策についても、過激な主張を繰り返した。当面のイスラム教徒の入国禁止や、数百万人の不法移民の強制退去などを掲げてきた。また「メキシコからの移民は強姦(ごうかん)犯。米国民から仕事を奪っている」と発言し、不法移民の入国を防ぐための壁をメキシコ国境に建設する計画も披露した。

 人工妊娠中絶や銃規制にも反対している。
[29]2016年11月09日 18:19
朝日新聞デジタルの関連記事
朝日新聞デジタル

タイムライン:トランプ氏、大統領選勝利への歩み
朝日新聞デジタル
タイムライン:米大統領選 開票速報
朝日新聞デジタル
安倍首相、河井補佐官に訪米指示 米大統領選結果受け
朝日新聞デジタル
トランプ氏、民主党の地盤を次々破壊 産業廃れた各州
朝日新聞デジタル

[30]2016年11月09日 18:27
玄海原発 使用済み核燃料の行方決まらず

11月9日 16時26分

佐賀県の玄海原子力発電所3号機と4号機の再稼働に向けた手続きが進む一方で、発電に伴って出る使用済み核燃料をどうするかという課題は残されたままです。

原発から出る使用済み核燃料は、青森県六ヶ所村に建設中の再処理工場がトラブル続きで本格稼働できておらず、玄海原発でも再稼働すれば建屋内の「使用済み燃料プール」で一時的に貯蔵されていくことになります。

玄海原発の燃料プールには、3号機で578体、4号機で1080体の使用済み核燃料が貯蔵されていますが、事実上の保管の上限となる「管理容量」は、3号機が789体、4号機が1243体となっていて、九州電力によりますと、玄海原発3号機と4号機が再稼働した場合、およそ5年でいずれの燃料プールも満杯になる可能性があるとしています。

九州電力では、貯蔵量を増やすため、使用済み核燃料どうしを貯蔵する間隔を狭めることで貯蔵量を増やす「リラッキング」という増強工事を6年前の平成22年に国に申請していますが、今も許可は出ておらず、国の判断には時間がかかる見通しです。
このため、使用済み核燃料をプールで冷やすのではなく、金属製の容器に移して建屋で保管し空気で冷やす「乾式貯蔵」と呼ばれる方法の導入を検討しています。
ただ、こうした方法は、六ヶ所村の再処理工場が本格稼働していない中で、使用済み核燃料が長期間留め置かれることになるのではないかといった懸念が地元にはあります。

こうした中、玄海原発に近い唐津市鎮西町の串地区の一部の住民が、ことし8月に乾式貯蔵するための施設を地区の山林や耕作放棄地で受け入れることに協力する準備があるとして唐津市に要望書を提出しました。
しかし、その後、地区のほかの住民の反対を受けて要望書を取り下げていて、玄海原発から出る使用済み核燃料の保管の場所や方法は今なお決まっていません。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

コメントを書く (*の項目は入力必須)

社会問題まとめサイトのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

社会問題まとめサイト