ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 反改憲!平和権力育成政治討論会 > トピック一覧 > 改憲→徴兵制を狙ったニュース。...

反改憲!平和権力育成政治討論会コミュの改憲→徴兵制を狙ったニュース。そもそも自衛隊員を募集する今の国家そのものが正しい意味での国家ではない。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1968415840&owner_id=38378433

以下に展開

焦点:自衛隊に迫る「静かな有事」、少子化で採用難
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=52&from=diary&id=5296156

●【改憲→徴兵制を狙ったニュース。そもそも自衛隊員を募集する今の国家そのものが正しい意味での国家ではない。】

1.<photo>
2.<photo>
3.<photo>
4.<photo>
5.<photo>
6.<photo>
7.<photo>
8.
8−1.<photo>
8−2.<photo>
9.<photo>
10.<photo>
*−−−−−−引用開始−−−−−−−*

1.羽仁五郎bot
‏ @gorohani

夏の夜に少女が怪しげな男に自由や権利を侵害されそうになり、力をふるってわが身を守ろうとしたとする。朝日毎日読売や評論家が「お嬢さん、身を守ろうとするのはわかるが直接行動はいけない。暴力はいけない。話し合ってみないか」などと言って、抵抗をやめさせることがはたしてできるだろうか。
8:23 - 2018年9月20日


2.アステローペ・リーフ
‏ @reef100
返信先: @gorohaniさん

正当防衛。自然の摂理。「一人一人の自然権を守る為に人民が国家を作った。一人一人の力では個人の自然権を守れないから。」これが近代社会契約以後の国家の約束定義。国家が人民の自然権を守らないとき、最後の非常手段は国家リセット。それが近代社会契約以後の国家の約束定義から演繹される論理。
9:31 - 2018年9月20日


3.アステローペ・リーフ
‏ @reef100
返信先: @reef100さん、@gorohaniさん

なぜ日本人はこの論理はわからないかというと自分で自分を抑圧する洗脳がしみ込んでいるから。その一つが道徳的価値観「暴力は絶対にいけない」。暴力にはいい暴力と悪い暴力がある。起点は個人の自然権を守るという事。国家レベルの思考では、国家が何のために誰が作ったかということ。そこが起点。
9:36 - 2018年9月20日


4.アステローペ・リーフ
‏ @reef100
返信先: @reef100さん、@gorohaniさん

内乱罪というのは国家が人民の自然権を守っているのにそのような国家を破壊する暴力が行われる事。国家が人民の自然権を破壊するような国家は近代社会契約の約束定義の国家ではない。日本国憲法は近代憲法であり、個人の自然権を破壊する国家を国家と認めていない。リセットするのが日本国憲法の教え。
9:40 - 2018年9月20日


5.アステローペ・リーフ
‏ @reef100
返信先: @reef100さん、@gorohaniさん

憲法98条、憲法99条は、そのような個人の自然権を破壊する国家のいう事を聞くな、リセットしろと言っている。革命という言葉を使うとみんなびっくりするから使ってないだけで言ってることは、国家をリセットしろと言っているのだ。近代社会契約の国家の約束定義に還元される当然の論理だ。
9:42 - 2018年9月20日


6.アステローペ・リーフ
‏ @reef100
返信先: @reef100さん、@gorohaniさん

多数決は、democracyではない。多数決はdemocracy(デーモス(民衆)によるックラトス(支配:権力))を実現する可能性のある一つの道具に過ぎない。多数決はファシズムでも使う。今の日本も戦前の日本もそうだ。democracyは人民主権と同じ視点であり近代社会契約の国家の約束定義と同じ視点である。
9:46 - 2018年9月20日


7.アステローペ・リーフ
‏ @reef100
返信先: @reef100さん、@gorohaniさん

議会制民主主義というのは正しくは間接民主制という多数決の方法のひとつであり、それはdemocracyのことではない。
9:47 - 2018年9月20日



8.
8−1.アステローペ・リーフ
‏ @reef100
返信先: @reef100さん、@gorohaniさん

そもそも民主主義という訳語が間違っているのだ。民治主義が正しい。ぼかすために、あえて誤訳を仕込んだというわけだ。
9:48 - 2018年9月20日

8−2.アステローペ・リーフ
‏ @reef100
返信先: @reef100さん、@gorohaniさん

主権(政治を最終的に決定する権利、権力)は民が「主」で国家が「副「ではない。主権は民only。国家は民の下僕。近代社会契約の国家の約束定義から出発して考えるべし。国家は人民が作った。人民の自然権を守る為に人民が国家を作った。国家が人民の自然権を破壊するならそのような国家はリセットのみ
9:51 - 2018年9月20日


9.アステローペ・リーフ
‏ @reef100
返信先: @reef100さん、@gorohaniさん

民主の主を主権というのなら主権の意味が分かってない事には「民主主義」という訳語を国民は血肉化できない。主権は国家ではなく人民にある。政治を最終的に決定する権利。最高裁判所にも国会や行政にも主権はない。この判決が人民の自然権を守る国家の目的に反していると個人が判断したらボイコット。
10:06 - 2018年9月20日


10.アステローペ・リーフ
‏ @reef100
返信先: @reef100さん、@gorohaniさん

多数決=democracyではないことを理解すれば国民のdemocracy度は格段に上がる。
10:07 - 2018年9月20日
*−−−−−−引用終了−−−−−−−*


人民の自然権を破壊する、国家でない国家を、近代社会契約以後の国家の約束定義に即したまっとうな国家にリセットすることこそ、喫緊のやるべきことだ。

人民の自然権を破壊する国家の側に立って、親兄弟にさえ命令で銃口を向ける治安活動、それを大きな目的の一つとして持っている今の自衛隊を増やしてどうするのだ。

米国の命令で他国の人民を殺しに行く自衛隊になり、マッチポンプの戦争で殺される自衛隊でどうするのだ。

それをさらに今度は改憲、徴兵制にしてどうするのだ。


国家リセットし、まっとうな国家にせよと、メディアも政治家も文化人も言論人も国民にいうべきだ。

(了)

コメント(4)

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

反改憲!平和権力育成政治討論会 更新情報

反改憲!平和権力育成政治討論会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。