ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 反改憲!平和権力育成政治討論会 > 意図など分析しなくてもだれでも...

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

意図など分析しなくてもだれでもわかる。日本軍国主義&軍国憲法...

意図など分析しなくてもだれでもわかる。日本軍国主義&軍国憲法への改憲&トランプの軍産複合体政治へのけん制だ。いつでも参戦する用意はあるぞと。 2016年11月23日 17:17
mixiユーザーmixiユーザー
尖閣 領空近くを露軍ヘリ飛行
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=4307079

●【意図など分析しなくてもだれでもわかる。日本軍国主義&軍国憲法への改憲&トランプの軍産複合体政治へのけん制だ。いつでも参戦する用意はあるぞと。】

我が国の憲法は、全方位平和外交の憲法だ。

非軍事だ。軍事に対する政治(外交)の絶対的優越を保障する憲法だ。

いかなる軍事条約も許さない。

トランプが尖閣戦争に参戦しないというのは、別に、オバマのときと同じだ。オバマは、日米軍事条約に従って米国国会で、戦争する事への承認を必要とするが、却下されるのは200%確実だ。
中国の核ミサイルを受けても尖閣人参戦するなどという事はあり得ない。
初めから米国の尖閣参戦などない。
実効支配が中国に移動するだけ。米中はいつでも握手継続。

軍産複合体が、日中戦争をさせて儲けたいだけだ。トランプもそれは願ったりかなったりだ。軍産複合体がもうかればいいだけだ。日中双方に何でも売るだろう。それが独占資本だ。
中国の人工衛星の技術は、米国が供与したものだから言うまでもない。

北朝鮮の核もミサイルも米国が、横田基地から運んでいるものだから言うまでもない。

儲かれば何でもするのだ。

●北朝鮮のミサイルも核も米国が横田基地から施設機材を運んで作らせている。北朝鮮のミサイル発射も米国の自作自演だ。

陸上自衛隊陸将補だった情報の最高幹部が、書いている。

池田整治氏は、北朝鮮に横田基地から施設機材を運んでいることを書いている。

「この国を操り奪う者たち」
著者 元自衛隊陸将補 池田整治 
発行所 株式会社ヒカルランド

P.131〜P.132
*−−引用開始−−*
 さて、横田基地から米軍の貨物機が平壌に飛んでいることもわかっています。中には施設機材も確認されています。
 日本と北朝鮮は外交関係がありません。ノドン以降、経済制裁さえ日本は行っています。にもかかわらず、日本に許可もなく米軍機が平壌に飛ぶことは、明白に、日本の主権を侵す行為です。
 さすがに外務省の担当が米軍に「問い合わせる」と、「それ以上の詮索は日米関係を損なう」との一言でした。以降、問い合わせもできません。
 日米安全保障条約の地位協定による、「米国は、部隊を自己の欲する時期と場所に自由に展開できる」ことが認められている、という規定の範疇と解釈されているのでしょうか。
 要は、米国の提供した機材で基地を作り、ミサイルを開発し、日本に向けて飛ばす。何もできない日本は、米国に依頼して、高い「ミカジメ料」を払う。その米軍基地支援金は、今や年7000億円となっています。
 世界約7000カ所に展開する米軍基地の全維持費の8割に相当する、と言われています。要するに、日本人を「人口淘汰」しながら、その日本から「お金を吸い取る」体制の一環ではないでしょうか。
 それは、米国と中国、北朝鮮、日本など、国をベースにした国際関係論では、説明不可能です。国を超え、国をも駒として利用する「国際金融支配体制」をしっかり念頭に置かなければなりません。兵法的鳥瞰図思考力で読み取るのです。
*−−引用終了−−*

コメント(0件)

コメントを書く (*の項目は入力必須)

反改憲!平和権力育成政治討論会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

反改憲!平和権力育成政治討論会