ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 反改憲!平和権力育成政治討論会 > トピック一覧 > オリーブの木は安倍晋三自公政権...

反改憲!平和権力育成政治討論会コミュのオリーブの木は安倍晋三自公政権よりましだが、一里塚

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

■小沢氏、次期衆院選向け「オリーブの木」打診 野田氏に
2016年11月21日 05:47 朝日新聞デジタル
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4303366&media_id=168

*−−−−−引用開始−−−−−−−*

 自由党の小沢一郎代表は20日、民進党の野田佳彦幹事長に対し、次の衆院選に向けて野党各党の比例候補を集めた「統一名簿」を作るなどして戦う「オリーブの木」構想を打診していたことを明らかにした。両党と社民の3党の参加を想定し、「オリーブの考え方で選挙戦に臨まないと候補者調整もできないし、政権は取れない」と伝えたという。千葉市内で開かれた会合で語った。

 両氏は先月と今月、2度にわたり会談していた。小沢氏は記者団に、会談で野田氏が「よく勉強して、宿題にさせて頂く」と応じたと説明した。その上で「勉強の結果、いい結果が出たらいい」と構想受け入れへの期待感を示した。

*−−−−−引用終了−−−−−−−*

小沢一郎氏は、共産党とも連携し、民進党とも連携する戦略をたてている。

オリーブの木だ。

現状の政党を一つの力に曲がりなりにもする政治的実践の策の一つだ。

この問題を考えてみたい。

実現すれば自公政権よりはるかにましであるが、あまりに自公政権が傀儡だから。

しかし、オリーブの木とて、アイスランドからは程遠い。

決定的な違いは、政治を専門職とする人間が、その、利権を手にしながら政治を主導するのか、
主権者国民連合のごときオンブズマンを作って政治を監視し政治を主導するのかの違いだ。

だが、日本においては、それはあまり本質的な視点ではない。
現状ではそのような主権者国民連合なるオンブズマンの誕生など百年河清を俟つだ。

種を蒔こうにも国民に種の育つ土壌がない。

【democracy = 多数決】の事だと認識しているレベルでは、主権者国民連合なるオンブズマンの誕生などほど遠い。だが、可能性はないわけではない。

天気予報(眺めるだけのやり方)の姿勢を続けていれば、百年河清待つだが、
政治が天気予報のように眺めるものではなく、人民自らの意志で変革するものだと発想の転換をしただけで、大地は動く。


(了)

【関連日記】
democracyを守るための多数決制度であって、多数決制度を守るためのdemocracyではない
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956887973&owner_id=38378433

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

反改憲!平和権力育成政治討論会 更新情報

反改憲!平和権力育成政治討論会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。