ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 反改憲!平和権力育成政治討論会 > 「自由貿易は国を滅ぼす」という...

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

「自由貿易は国を滅ぼす」という原理原則を安倍晋三は「表す」の...

「自由貿易は国を滅ぼす」という原理原則を安倍晋三は「表す」の漢字が読めないレベルだから理解していない。 2016年11月16日 10:47
mixiユーザーmixiユーザー
■TPPの重要性「米も再認識すると確信」 安倍首相
(朝日新聞デジタル - 11月16日 00:52)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4295103

●【「自由貿易は国を滅ぼす」という原理原則を安倍晋三は理解していない。】

【概要】

1.日本の企業などというものはもう存在しない。幻影だ。

大企業は皆、外資(ロックフェラー傘下)が51%以上の株式を持ち支配権を手にしている。

日本の銀行は皆、外資(ロックフェラー傘下)が支配している。

ということは、日本国民のために富を還元しない。外資が日本から富を収奪して持ち去る構図である。労働条件も、だからどんどんひどくなって来た。国民の自然権たる基本的人権を破壊してまで富の収奪をはかっているからだ。


2.紙幣の通貨発行権は日銀という民間が握っている。政府に紙幣の通貨発行権はない。

政府は硬貨だけ発行権を持っている。

いかがなものかという話もあるのですべて正しいとは思いませんが、このビデオはいいとこついてると思います。通貨発行権の話です。

https://www.youtube.com/watch?v=-JRS0Cdx5Bk

この結果、通貨発行権を持っている日銀を使って、日銀に資本を入れている支配者が好きなようにカネを発行し、好きなようにカネを使い、日本という国を支配している。


3.予算書など表向きだ。

500兆円とか100兆円とかいうレベルで、どんどん国外米国に強奪されてきた。

その他、儲けても、思いやり予算だの、ワクチン代だの、米国債購入だの、日本の富をどんどん米国に吸い取られている。


4.通貨発行権を持つ日銀を掌握しているのは、日本政府ではない。

BIS(国際決済銀行)であり、BISの持ち主である少数の国際金融資本家である。

カネ(通貨)を発行する権利は、政治経済あらゆる政策を自在に動かす力なのだ。

だから、主権者人民の為にカネを使うようにはならない。

予算の投下は、より、支配者の側が利潤を再生産されるように、戦争でも、遺伝子破壊でも、原発でも、より利潤の再生産ができるところに投入される。

天体運動の様な動きだ。人間の倫理など介在する余地はない。あらゆる組織と人間がそこに向かって求心力で吸いつけられ動かされている。


5. 【借金をする】 = 【通貨が発行される】 

借金 = 通貨発行 である、

民間銀行に借金することで、民間銀行が数字の上で貸出を発生させる。

これが民間銀行による通貨の発行である。

すなわち、預金システムによる通貨発行の方法だ。


借りた金は利息が発生する。少なくともこの利子支払は、借りた国民を、支配される側におく。



6.日銀から国家が国債を発行して金を借りることで、やはり、通貨がこの世に発行される。

無論利子が発生する。

国家はこの利子の支払いのために、動きが縛られる。



7.日銀を支配するのは、日銀に資本投下しているBISの所有者である国際金融資本家である。

結局BISの国際金融資本家は、BISを経由し、各国中央銀行に資本投入し、金を貸し、

それで利子を受け取ると同時に、

各中央銀行の通貨発行権を自在にあやつり、

カネを手にしているわけだ。

使いたいことに金を使わせ、より大きく儲けの出るところに投資する。戦争でもなんでも金を投資しより大きく利潤のでるとことに投資し、利潤の再生産をしているのだ。

政治を動かしている。


8.今回のTPPにしても、このBISを所有している国際金融資本家の利潤の再生産にそって出現してきたものだ。


9.ロシア、アイスランドらは、中央銀行を持たない。

すなわち、BISが中央銀行に資本を投下して(金を貸して)その中央銀行を通してその国を支配するという構図はない。


通貨発行権は政府が握っている。


10.AIIBは、BISの大向こうを張ったものとして発足したが、現状、BISとの折り合いはついていない。現状は、共存状態だ。TPPは、BIS側のものだ、

ベンジャミン・フルフォードさんの話を総括すると、BIS側の勢力は、米ドル破綻の現状があっても、

核兵器等戦争をちらつかせて抵抗しているようだ。

それを回避する為に、資金を  【米ドル支配体制側】 = 【BIS側】 に 中国が注入し、現状、AIIBとBISは共存で、バトル中の様だ。

11. 9.11、3.11と、BIS勢力側は、戦争を仕掛けて、なりふり構わぬ延命を展開してきた。

3.11では、500兆円を日本からブッシュ側は脅し取ったとベンジャミンさんは言っている。

その時の日本の総理大臣は菅直人。

さらなる地震兵器による被害、原発爆破被害、その恐怖を避ける代償として500兆円米国に献上。無論、日銀の通貨発行権が機能している。


12.ヒラリー、ブッシュ、ロックフェラーらは、BIS側の勢力だ。

トランプは、一見TPPに反対だが、トランプが本当はどちらの側か、不明だ。


13.通貨発行権を支配している世界勢力が、崩壊する過程で、世界が翻弄されているわけだ。



【総括1:世界の現状】

1.【自由貿易が正しいとかいう低能な屁理屈など、TPPに関する核心ではない。】

自由貿易は、比較優位説が成り立たないことで、明確に、貿易国双方がWIN−WINの関係ではないことがはっきりしている。
売れ筋のものを、より大量に、より多くの財を集約投入して輸出する側が、収穫逓増型貿易というものにあたり、この国が勝つ。負けた国はボロボロだ。
歴史が証明している。


2.【地球は有限だ。】

環境的にも資源的にも。

無間に経済成長することを前提にした経済発展も自由貿易もあり得ない。

借金で通貨を発行させ、返済のほかに、利子を支払い続けるということは、経済が拡大し続けることが前提だ。


3. 【さもなければ、どこかで、いったん、すべて借金チャラにし、初めからやり直すというジュビリーというものが必要になる。】

経済というのは、そのシステムをつづけていると、富が偏り過ぎ、貧富の差が出てきて、行き詰る。現代はそれだ。米国も米ドルも破綻している。


4.【その意味で、原理的には、

行き詰った世界の経済システムは、戦争で破壊して、ご破算で一からやり直すのか、

戦争によらずに、借金チャラのジュビリーを実行し、一からやりなおすのか

二択だ。】

これまで、世界は戦争をくりかえしてきたが、異常なまでの核兵器を前に、戦争でご破算は無理だ。

BIS側(ハザールマフィアといったりもしている。ヒラリー、ブッシュ、ロックフェラー系だ)は、

断末魔の9.11だの、3.11だのイラク戦争だの、アフガン戦争だの、してきているが、

この犯罪をやめさせ、あばこうとする勢力、もうごめんだという勢力が、世界的に出てきている。米国内にも。


本来トランプを推す勢力はこの勢力のはずだが、政治の世界は裏が有って、本当のところは不明だ。

ただ、このままでは、破綻した米ドル経済システムは、なりたたない。

既に米国は破産しているのだ。

我が国の∞金融緩和や、我が国の年金原資の強奪(安倍晋三や黒田東彦の犯行)らを、

米国は傀儡を使ってしている。我が国からの富の強奪でかろうじて帳尻をあわせているが、

いつまでも続かない。

中国も金塊を米国に提供したりしているようだが、時間の問題だ。

ベンジャミンさんの話を総括するとそんな現状だ。



【総括2:我が国はどうすべきか。】

1.戦争にもっていってご破算しようという流れに、BIS側がいて、

安倍晋三もその傀儡であり、

それに連動して米中戦争も考えられているのだろうが、これは回避しなければならない。

日中戦争を部分的に起こして、戦争という商品販売で、BIS側を延命させることも回避しなければならない。

2.通貨発行権を握ったものが、政治経済を支配する(立法、行政、司法)の三権を支配するという原理は、

通貨発行権を、主権者人民の側が、掌握しなければ主権者人民はひどい目にあうということだ。

アイスランドが中央銀行を国有化し、国政を監視する国民的オンブズマンを樹立して改革中であることは、我が国の指針だ。

平和革命そのものだ。


主権者人民の覚醒と、団結で、これを実現する以外ないのだ。

平和革命だ。

「アイスランド無血の市民革命 通称:鍋とフライパン革命 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956280885&owner_id=38378433 … 」


「アイスランド無血の市民革命 通称:鍋とフライパン革命(追記) http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956293444&owner_id=38378433 … 」


日本も同じだ。国民は一つでなければならない、ナチスに対して。


そして、平和革命をすることだ。分断されずに。


国民が、国民自身が、プロの政治屋、政党、国家権力を監視する、主権者国民連合のようなオンブズマンが要るだろう。

アイスランドのように。今それが無くても、その組織無き組織の一員である自覚を持て!

その自覚が主権者国民連合の骨格だ。


個人を変え、団結し、国家を変える。
変わらないのではなく、体ごとねじ込んで行くのだ。

本当の自分というのは今ある自分ではない。

こうありたいと願う自分がほんとうの自分そのものだ。

その本当の自分にむかって、体ごとねじ込んで行く。

国家もそうだ。

今の日本がほんとうの国家ではない。

われわれがこんな国家でなければならないと思うその国家こそが本当の国家だ。

その国家に向かって団結した個人が体ごとねじ込んで行く。

それが平和革命というものだ。

(了)

【関連日記】
とある呟きヘノコメント
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956807421&owner_id=38378433
(関連トピック:http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6172614&id=81047872&comment_count=0

コメント(0件)

コメントを書く (*の項目は入力必須)

反改憲!平和権力育成政治討論会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

反改憲!平和権力育成政治討論会