ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 反改憲!平和権力育成政治討論会 > トピック一覧 > 日本のインテリゲンチャの危機は...

反改憲!平和権力育成政治討論会コミュの日本のインテリゲンチャの危機は戦後一貫している

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

鳩山元首相、岩上安身氏、天木直人氏、孫崎享氏、皆、改憲論者であり軍事力を持て主義のかたがた。天木氏など憲法9条死守といいつつ解釈改憲論者。非軍事化までのソフトランディングで自衛隊即廃絶ではないというならわかるが、理想としての専守防衛軍事力を、今、それを主張するというのは欠落しているものがあるからだ。

democracyへの認識が希薄。この一点に尽きる。


結局これに向かわない。逆風になっている。
「アイスランド無血の市民革命 通称:鍋とフライパン革命 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956280885&owner_id=38378433

「アイスランド無血の市民革命 通称:鍋とフライパン革命(追記) http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956293444&owner_id=38378433 」


しかし、どんなにアメリカがかわっても、ロシアが変わっても、日本は根本的に変わらない。democracyの理念のない日本は、いつまでたっても、ファシズム、上からの指令、これに従う古代天皇制奴隷制の民の遺伝子を脱出できない。

日本のインテリゲンチャはいびつな状態にある。一人、そのなかで光をはなっているのは、冤罪で人格破壊攻撃をされ逮捕された植草一秀さんだと私は思う。やはり、牢獄の中で勉強した人は、違う。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

反改憲!平和権力育成政治討論会 更新情報

反改憲!平和権力育成政治討論会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。