ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 奥の談話室 > トピック一覧 > 名作劇場シリーズ

奥の談話室コミュの名作劇場シリーズ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

僕の好きなアニメ作品の中で大きな位置を占める通称「名作劇場シリーズ」。
仲間内では案外そうでもないみたいなので(笑)改めてどこかどういいと思うのか好きなのかを書いてみたいと思います。

コメント(8)

何を持って名作劇場か…とか、一般的に名作劇場シリーズと言われているアニメはみんないいのか…とかいろいろむつかしいところはありますが、とりあえず僕が好きになったのは「ペリーヌ物語」「母をたずねて三千里」とその近辺の年のアニメでした。
「ハイジ」はかなり後になってからやっと全部みたけれど、これもやっぱりこのシリーズの元祖であり「いい」と感じる要素が入ってました。
逆に後期の作品は「名作劇行シリーズ」というフォーマットが出来てしまって、本来の良さが失われパターン化しているように感じます。
放送当時うちのほうではTVチャンネルが民放2局しか無かったため、このシリーズは日曜7時ではありませんでした(月曜の夕方だった)。
そのためもあってかハイジ、フランダースの犬を観てはいませんでした。

またこのシリーズに対する僕の印象は「女の子向けのアニメ」…要するに「キャンディ・キャンディ」や「若草のシャルロット」のようなものだと思っていたため、見ようという気はありませんでした。
もちろん話題になっていることや、人気のあるアニメらしいことは知っていましたが。
観るようになったのは江田島に行ってから(広島系のチャンネルになってから)。
どちらかというと、TVをつけるとやっていたからなんとなく観た…という程度の出会いでした。
観始めてすぐハマったかというとそうでもなく、なんとなくその時間にやっているから観てる…という感じ。
でも続けて観ているとじわじわその中に入っていくという感じでした。

そういう点では遅効性で、すぐすごく面白い!!とは言いづらく、人に奨めづらい。
実際友人に奨めてみたこともあるけれどイマイチで、続けて観てくれたら面白くなるんだけれど…と思うのだがとにかく長い(レンタルで観るには)ため一回観てピンとこなかったならそれ以上は奨めにくい(汗)。
まあそっち向きの人ではないんだなと思うことにしています。無理やり進めるのは好きではないので。
なにかすごく面白いハナシ…というより、地味だけれど納得のいく言動や展開、ああこういうことってあるよねといったじんわり染みて来るエピソードがこのシリーズの味だと思うのです。

それまで観ていたアニメって基本的に「マンガ」で、展開のためにけっこう強引だったり無理やりな(でもそのぶん「面白い」話の進めかたをしていたのですが、このシリーズは物語や少年小説を読むような感覚で観れました。そこが当時新しいと思った。
派手な展開をしなくてもきちんと描けば面白いんだ!と感じたのでした。
そういった「じっくり見せていく」「主人公まわりだけでなくちゃんと世界がそこにある」という作品世界はその当時の中学生から高校生(くらい)になる僕の感覚にも合ったのでしょう。
そしてそこで絵コンテを担当しその手法を学んだトミノヨシユキ氏の作品にも同じような雰囲気を感じました。それは僕の中で大きなものとして残っていくのです。
「ペリーヌ物語」「母をたずねて三千里」「機動戦士ガンダム」などでどこが好きだったかというと、ひとつにはエピソードかもしれません。
メインストーリーとは関係のないエピソード。
その中に作品やキャラクターたちを強く印象付けるものがたくさんあったような気がします。
そしてそれは総集編や再編集の映画版などではたいがい切られてしまうのでした。
でもそういったエピソードが作品世界を豊かにしていったのではないかと思うのです。
絵柄も好きだった要素のひとつ。
当時としては東映動画の流れを汲んだ懐かしく馴染みのあるものという印象。
いまはジブリ的と見られることが多いけれどようするに髪の毛がはねたりとがったりしているヒーローものとは一線を画するものです。女の子の描き方も無駄に派手な可愛さではなく、より自然な感じ。
そこがよかった。
僕の絵の基礎になっているように思います。

での後期シリーズではそれも形骸化したり、パターン化してしまったような気がしました。
絵柄…というかキャラクターデザイン…というか人物絵、このシリーズの「普通の人っっぽさ」が好きで、それはたぶん僕にとってのベイシックなものなのだろうと思っています。

世の中のキャラクター傾向はだんだん少女マンガ的になり、ヒーローもの的なものが先鋭化していったりして派手できらびやかになってきたように見えます。それは好きではない★。
逆に「現実っぽいキャラクター」という描かれかたのジャンルもあるのだけれどそれはそれで写実にこだわりすぎて表情が乏しい(絵にすると実際の人間にある「ノイズ」が抜けてしまうため、意識して味をつけないと味わいのある顔にはならない)。
また最近見かける「普通の人たち」というキャラクターも、いいと言うにはなんかふやけて気が抜けているように見えて仕方がない。
個人的な感じ方です。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

奥の談話室 更新情報

奥の談話室のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済