ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 古寺巡礼 > トピック一覧 > 式内社の社格

古寺巡礼コミュの式内社の社格

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

式内社の社格
式内社は各種の種別がある。まず官幣社と国幣社の別である。官社とは、毎年2月の祈年祭に神祇官から幣帛を受ける神社のことであり、各神社の祝部が神祇官に集まって幣帛を受け取っていた。これが、延暦17年(798)、それまで通り神祇官から幣帛を受ける官幣社と、その国の国司から幣帛を受ける国幣社とに分けられた。式内社では、官幣社が537社737座、国幣社が2288社2395座である。国幣社が設けられたのは、遠隔地の神社では祝部の上京が困難であるためとされているが、遠隔地でも重要な神社は官幣社とされている。
次が大社と小社の別である。この別はその神社の重要度や社勢によって定められたと考えられている。官幣社・国幣社および大社・小社は全ての式内社について定められているので、式内社は以下の4つのいずれかに分類されることになる。
• 官幣大社 -- 198社304座
• 国幣大社 -- 155社188座
• 官幣小社 -- 375社433座
• 国幣小社 -- 2133社2207座
官幣大社は畿内に集中しているが、その他の地方にも分布している。官幣小社は全て畿内に、国幣大社・国幣小社は全て畿外にある。なお、近代社格制度にも同じ名称の社格があるが、式内社の社格とはその示す意味が異なる。また、近代社格制度の社格は延喜式における社格とは関係なく、制定時の重要度や社勢に応じて定められている。
•  社格とは神社の資格の等級を表したものであるが、戦後社格の制度は廃止された。
• まず、公的に幣帛を受ける神社を官社、そうでないものを非官社と呼ばれていたが、明治以後は非官社を諸社(民社)と呼んだ。
• 官社には、官幣社と国幣社とがある。以下に示す性質上の違いはあるが待遇は同等である。
• 明治維新までは延喜の制を継承し、神祇官から幣帛を受ける神社を官幣社、国司(地方官)から受ける神社を国幣社と呼んだ。
• 明治以後は、宮内省から幣帛を受ける神社を官幣社、国庫から受ける神社を国幣社と呼ぶようになったが、基本的には延喜の制に変わらない。
• 官幣社には、皇室の崇敬を受けた神社、あるいは天皇・皇室を御祭神とする神社が選ばれている。
• 国幣社には、地方との関係に重きを置いている神社が選ばれた。
• 官幣社、国幣社にあっては、大社、中社、小社の序列が存在した。
• 明治5年4月、別に別格官幣社が新設された。これは官社として祭祀されるべき神社ではあるが比較的新しいもの。
• 諸社とは、府県社・郷社・村社・無格社と区別されていた。府県社・郷社の幣帛料は都道府県が、村社の幣帛料は市町村から供進された。
 近代社格制度。明治政府によって定められた神社の格に関する制度。維新政府は成立以来神社の全国的掌握や神社調査を進めてきたが、その調査が一段落したので明治4年(1871)5月14日には、近代社格制度の基礎となった太政官布告「官社以下定額・神官職制等規則」を公布、神社の格を大きく官社と諸社に分類し、官社として97社を列格した。官社には官幣の大中小社、国幣の大中小社があり、官幣社は神祇官が、国幣社は地方官が祭るものとされ、それぞれ神祇官の所管とされた。「官幣」「国幣」の名称は『延喜式』の社格を踏襲したものである。また諸社には府社、藩社、県社および郷社が置かれたが、藩社は同年7月14日の廃藩置県によって藩が消滅したために、実際に藩社に列格された神社はなかった。
 当初官社として列格されたのは97社で、(中略)この後、官幣・国幣の大中小社のいずれにも分類できない神社として別格官幣社の制度が導入された。
 (中略)また郷社の下に村社設けられたが、これは4年7月4日の「郷社定則」で郷社の附属として設けられたもので、同年5月の太政官布告ではいまだ存在していない社格であった。このように近代の社格制度は4年5月の太政官布告でその基礎が成立したのであるが、この時点ではなお流動的であり、その後神社調査の進展によって続々と官社や府県社、郷社に列格、あるいは昇格される神社が増加し、敗戦時には約220余りの神社が官社に列格された。
 勅祭社・准勅祭社
勅使が参向して祭祀が執行される神社のことで、正式には勅使参向の神社という。勅祭に預かる神社は古くからあり、22社などがその代表であるが、近代になってからの正式な勅祭社は、明治元年(1868)10月に勅祭の神社と決定された氷川神社である。このほかにも、明治初期には旧22社を中心とした官幣社や、準勅祭社と呼ばれた日枝神社などいわゆる東京12社も勅祭社とみなせるが、現在のいわゆる勅祭社とは関係がない。現在に至る勅祭社が正式に治定されたのは、明治16年に賀茂祭および石清水祭が勅祭と定められた賀茂御祖神社、賀茂別雷神社および石清水(男山)八幡宮が最初で、そのうち春日神社、氷川神社、熱田神宮、橿原神宮、出雲大社、明治神宮、朝鮮神宮、靖国神社、宇佐神宮、香椎宮、鹿島神宮、香取神宮、平安神宮、近江神宮が勅祭社となっている。現在の勅祭社は消滅した朝鮮神宮を除く前記の16社であるが、このうち宇佐神宮と香椎宮は10年ごと、鹿島神宮、香取神宮は6年ごとに勅使が差遣され、
また靖国神社には春秋2度の大祭に勅使が差遣されている。(神道辞典より)
天皇の思召により、特に勅使を差遣して、祭祀・奉幣をせしめられることを勅祭、これを受ける神社を勅祭社という。平安末期以来の22社のごときがこれである。明治以後について見ると、明治元年に氷川神社を親祭して、自後これを勅祭社とせられ、同3年29社奉幣ということ、準勅祭社(東京とその附近の12社、日枝・根津・芝神明・神田・白山・亀戸・品川貴船・富岡八幡・王子・赤坂氷川・六所・鷲宮)を制せられたが、これらは新時代の勅祭社である(但し、後の2者は制度的に一時のことに終わった)。そのうち明治16年賀茂上下社が勅祭社とされ、自来漸くその数を増し、何れもその例祭に当って、勅使を派遣して奉幣せしめられるに至った。その諸社とは、賀茂別雷神社・賀茂御祖神社・石清水八幡宮・春日神社・氷川神社・熱田神宮・出雲大社・橿原神宮・明治神宮・朝鮮神宮・鹿島神宮・香取神宮・近江神宮・平安神宮(何れも官幣大社)および靖国神社(別格官幣社)の15社であり、又宇佐神宮・香椎宮(何れも官幣大社)へは、毎10年、吉日を選定し、勅使を派遣して臨時奉幣せしめられる。終戦後、朝鮮神宮のなくなったことはいうまでもないが、その他の16社に対する勅祭のことは、制度的意義の変更は別として、今日も依然つづけられている。(神社辞典による)
勅祭社
賀茂別雷神社   京都市北区上賀茂本山339 (神仏霊場102番)
賀茂御祖神社   京都市左京区下鴨泉川町59 (神仏霊場101番)
石清水八幡宮   京都府八幡市八幡高坊30 (神仏霊場81番)
春日大社     奈良市春日野町160    (神仏霊場15番)
橿原神宮     奈良県橿原市久米町    (神仏霊場33番)
平安神宮     京都市左京区岡崎西天王町97(神仏霊場113番)
近江神宮     滋賀県大津市神宮町1-1
(畿内関係神社のみ記載)
準勅祭社・准勅祭社 東京12社、現在は東京10社(畿内ではないので省略)
 官社
官社とは、祈年祭・新嘗祭に国から奉幣を受ける神社である。官社はさらに官幣社と国幣社に分けられ、それぞれに大・中・小の格が定められている。官幣社・国幣社をまとめて官国幣社ともいう。
官幣社は神祇官が祀る神社、国幣社は地方官が祀る神社とされた。官幣社・国幣社という名称や、上記の分類は、律令制の社格にならったものである。主として官幣社は22社や天皇・皇族を祀る神社など朝廷にゆかりのある神社、国幣社は各国の一宮を中心に列格された。官幣社・国幣社は、実質的には差異はない。しかし、例祭については、官幣社へは皇室(宮内省)から、
国幣社へは国庫から幣帛が供進されたという違いがある(祈年祭・新嘗祭はどちらも皇室から奉幣を受ける)。官社の経費は神社が国家の宗祀であるというたてまえから明治初年、官費が支給されたが、明治20年度から国庫から毎年、各社に保存金が下付され、明治39年4月、供進金制度となった。その金額は年ごとに増加し、1937年度には73万円になった。朝鮮神宮、台湾神社、樺太神社はそれぞれの植民地の官庁から、靖国神社は陸軍省から、これに準じた供進金があった。また、社殿の装飾に菊の紋章を使用することは、当初は官幣社のみに許されていたが、明治7年に国幣社にも許可されるようになった。後に、官幣社にも国幣社にも分類できない官社(当時の国体に功績を挙げた人物を祀る神社など)として別格官幣社の制度が導入され、明治5年に湊川神社が初の別格官幣社に列格した。別格官幣社は官幣小社と待遇の上では同じである。
国幣大社は当初は存在せず、大正4年(1915年)に国幣中社の気多神社などが昇格したのが最初である。
 社格の順
官国幣社(官社)については、官幣社は国幣社よりも格が上とされ、それぞれが大・中・小の順であり官幣中社と国幣大社はどちらが上なのかなどについては明確な規定はないが、『神道辞典』などの資料によると以下の通りである。また別格官幣社は国家皇室の忠臣を祭神とする性質上、官幣小社と同等の待遇をうけたが、国幣小社よりも上位であったということではない。
• 官幣大社>国幣大社>官幣中社>国幣中社>官幣小社>国幣小社>別格官幣社
諸社(民社)については、府社=県社=藩社>郷社>村社の順である。
これらの細かい社格の区別は大して実質的な待遇の差異を伴わず、特に官国幣社においては官幣社と国幣社の区別の意義などははっきりしなかった。これらに代わる整備された社格制度を作ることを考えられたが、成立するに至らなかった。制度上はともかく最終的に、実質的な待遇を見た場合には、官国幣社、神饌幣帛料供進指定神社(府県社と郷村社の一部)、それ以外の神社の3段階の社格となったということができる。ただし、社格とはあくまで国家による待遇の差を表したものであり、その神社の崇敬の厚さを表したものではない。
 神宮
 日本書紀では、伊勢神宮と石上神宮のみが「神宮」と記載されていた。
その後、平安時代に成立した延喜式神名帳では、石上神宮に代わり鹿島神宮と香取神宮が「神宮」と記載された。江戸時代まで「神宮」を社号とする神社は、この3社のみだった。これに筥崎宮、宇佐八幡宮も加わった。
明治以降、天皇、皇室の祖先神や大和平定に功績のある特定の神を祭神とする神社の一部が、社号を「神社」から「神宮」に改めた。第二次世界大戦終戦
までは、「神宮」の社号を名乗るためには勅許が必要だった。
戦後、神社の国家管理は廃止された。しかし今なお「神宮」を名乗る神社は特別の由緒を持つものに限られている。戦後、「神宮」に改称したのは3社のみで、いずれも神社本庁の特別な承認を受けて改称したものである(北海道神宮(旧札幌神社・北海道)、伊弉諾神宮(兵庫県)、英彦山神宮(福岡県)の3社)。
なお「○○神宮」を「神宮」と略すのは誤用である。
また、伊勢神宮(皇大神宮)の祭神天照大神を分霊し「大神宮」「皇大神宮」と名乗る神社は全国各地にあるが、これらは「神宮」の社号とは異なるものと解されている。
三大神宮または三神宮と呼ぶことがある。ただし、神社神道の本宗である伊勢神宮は確定しているが、残りの2つについては以下の3つの説がある。
1つ目は、江戸時代以前から「神宮」を名乗っていた伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮とするものである。
2つ目・3つ目は、天皇家に縁の深い神宮を選んだもので、三種の神器を神体とする伊勢神宮と熱田神宮 と、後は歴史はないが平安神宮か明治神宮。
ただ、神宮はそもそも伊勢神宮のことであり、伊勢神宮と他の神宮を並列にすることはできない。
 主な神宮名称と所在地
皇室祖先神
 神宮    三重県伊勢市  祭神:内宮・天照大神、外宮・豊受大神
(神宮とは伊勢神宮を指す言葉であるからして伊勢神宮とは云わない)
 伊弉諾神宮 兵庫県淡路市  祭神:伊弉諾尊、伊弉冉尊
天皇神
 橿原神宮  奈良県橿原市  祭神:神武天皇 紀元節 (神仏霊場33番)
 近江神宮  滋賀県大津市  祭神:天智天皇 水時計
 白峯神宮  京都市上京区  祭神:崇徳天皇、淳仁天皇
 平安神宮  京都市左京区  祭神:桓武天皇、孝明天皇(神仏霊場113番)
 水無瀬神宮 大阪府島本町  祭神:後鳥羽天皇、土御門天皇、順徳天皇
 吉野神宮  奈良県吉野   祭神:後醍醐天皇
 明治神宮  東京都渋谷区  祭神:明治天皇
その他神宮
 熱田神宮  名古屋市熱田区 御神体:三種の神器の一つの草薙剣
 石上神宮  奈良県天理市  御神体:布都御魂
 國懸神宮  和歌山市    御神体:日矛鏡
 日前神宮  和歌山市    御神体:日像鏡
 鹿島神宮  茨城県鹿嶋市  御祭神:武甕槌神
 香取神宮  千葉県香取市  御祭神:経津主神
主な官幣大社
 賀茂別雷神社  京都市北区上賀茂本山339 (神仏霊場102番)
 賀茂御祖神社  京都市左京区下鴨泉川町59  (神仏霊場101番)
 石清水八幡宮  京都府八幡市八幡高坊30   (神仏霊場81番)
 松尾大社    京都市西京区嵐山宮町3 (神仏霊場87番)
 平野大社    京都市北区平野宮本町1   (神仏霊場94番)
 伏見稲荷大社  京都市伏見区深草藪ノ町68  (神仏霊場123番)
 大神神社    奈良県桜井市三輪1422    (神仏霊場21番)
 大和神社    奈良県天理市新泉町306   (神仏霊場20番)
 石上神宮    奈良県天理市布留町布留山384(神仏霊場19番)
 春日大社    奈良県奈良市春日野町160  (神仏霊場15番)
 廣瀬大社    奈良県北葛城郡河合町川合  (神仏霊場31番)
 龍田大社    奈良県生駒郡三郷町大字立野字竜田1701-1
 丹生川上神社上社 奈良県吉野郡川上村迫宮字平167(神仏霊場40番)
 丹生川上神社中社 奈良県吉野郡東吉野村小968 (神仏霊場41番)
 丹生川上神社下社 奈良県吉野郡下市町長谷1-1
 枚岡神社    大阪府東大阪市出雲井町7-16 (神仏霊場60番)
 大鳥大社    大阪府堺市西区鳳北町1-1-2
 住吉大社    大阪市住吉区住吉町2-9-89  (神仏霊場42番)
 生國魂神社   大阪市天王寺区生玉町13-9  (神仏霊場48番)
 廣田神社    兵庫県西宮市大社町7-7    (神仏霊場68番)
 伊弉諾神宮   兵庫県淡路市多賀740
 橿原神宮    奈良県橿原市久米町      (神仏霊場33番)
 平安神宮    京都市左京区岡崎西天王町97 (神仏霊場113番)
 建部大社    滋賀県大津市神領1-16-1    (神仏霊場145番)
 吉野神宮    奈良県吉野郡吉野町吉野山3226
 多賀大社    滋賀県犬上郡多賀町多賀604  (神仏霊場133番)
 八坂神社    京都市東山区祇園町北側    (神仏霊場116番)
 竈山神社    和歌山市和田438       (神仏霊場8番)
 熊野本宮大社  和歌山県田辺市本宮町本宮   (神仏霊場4番)
 熊野速玉大社  和歌山県新宮市新宮1     (神仏霊場1番)
 丹生都比賣神社 和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野230(神仏霊場12番)
 水無瀬神宮   大阪府三島郡島本町広瀬3-10-24(神仏霊場62番)
 白峯神宮    京都市上京区今出川通堀川東入ル飛鳥井町261
(近畿地方のみ掲載)
主な官幣中社
梅宮大社    京都市右京区梅津フケノ川町30
 貴船神社    京都市左京区鞍馬貴船町180 (神仏霊場104番)
 大原野神社   京都市西京区大原野南春日町1152 (神仏霊場86番)
 吉田神社    京都市左京区吉田神楽岡町     (神仏霊場110番)
 北野天満宮   京都市上京区馬喰町        (神仏霊場95番)
生田神社    神戸市中央区下山手通1-2-1    (神仏霊場66番)
 長田神社    神戸市長田区長田3-1-1      (神仏霊場71番)
 海神社     神戸市垂水区宮本町5-1      (神仏霊場73番)
伊太祁曾神社  和歌山市伊太祈曽558
 熊野那智大社  和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山 (神仏霊場3番)
 御上神社    滋賀県野洲市三上838       (神仏霊場144番)
坐摩神社    大阪市中央区久太郎4-3      (神仏霊場49番)
主な國幣中社
 出雲大神宮   京都府亀岡市千歳町出雲
 籠神社     京都府宮津市字大垣430      (神仏霊場131番)
 出石神社    兵庫県豊岡市出石町宮内
別格官幣社
 談山神社    奈良県桜井市大字多武峰 (神仏霊場37番)
 護王神社    京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町
 湊川神社    神戸市中央区多聞通        (神仏霊場70番)
 阿部野神社   大阪市阿倍野区北畠3-7-20     (神仏霊場44番)
建勲神社    京都市北区紫野北舟岡町49
豊國神社    京都市東山区大和大路正面茶屋町530
四條畷神社   大阪府四條畷市南野2-18-1     (神仏霊場61番)
諸国一宮
 平安時代から中世にかけて行われた社格の一種。今昔物語(10世紀)に、周防国の一宮玉祖大明神のことが見えるのが文献上の初見であるが、
伯耆国の倭文神社旧境内から発見された康和5年(1103)在銘の経筒に一宮大明神と見えている。一宮は、恐らく平安初期にその実が備わり、同中期から鎌倉初期までに逐次整った制と考えられる。それは朝廷または国司が特に指定したというものではなく、諸国において由緒の深い神社、または信仰の篤い神社が勢力を有するに至って、おのずから神社の階級的序列が生じ、その首位にあるものが一宮とせられ、そのことが公認せられるに至ったもののようである。 
延喜式(10世紀頃 )には、一宮の名こそないが、祭祀・神階などの点で、他社にまさって有力な神社とせられるものが明らかに見られるので、それらの
最上位のものが一宮とせられ、以下、二宮・三宮・四宮等などの順位を附けて行ったもののようである。そして時代の変遷とともに、中には、一宮が甲社から乙社に移ったものもある。例えば、筑前で住吉神社が衰えて筥崎宮がこれに代わり、越中国の気多と高瀬とが一宮たることを争ったようなのがこれである。なお、一宮の称は、国についてだけでなく、一郷での、あるいは一社内各神殿での一宮ないし二宮などという称も行われた。(神社辞典より)
畿内 
山城國 一宮  加茂別雷神社  京都市北区上賀茂本山339
        加茂御祖神社  京都市左京区下鴨泉川町59
大和國 一宮  大神神社    奈良県桜井市三輪1422
河内國 一宮  枚岡神社    東大阪市出雲井町7-16
    二宮  恩智神社(参考)大阪府八尾市恩智中町5-10
  牧郷一宮  片埜神社    大阪府枚方市野阪2-21-15
  牧郷二宮  二ノ宮神社   大阪府枚方市船橋本町1-707
  牧郷三宮  三ノ宮神社   大阪府枚方市穂谷2-7-1
和泉國 一宮  大鳥大社    大阪府堺市西区鳳北町1-1-2
    二宮  泉穴師神社   大阪府泉大津市豊中町700
    三宮  聖神社     大阪府和泉市王子町919
    四宮  積川神社    大阪府岸和田市積川町349
    五宮  日根神社    大阪府泉佐野市日根野631
摂津國 一宮  住吉大社    大阪市住吉区住吉町2-9-89
        坐摩神社    大阪市中央区久太郎4-3
総社、惣社
 各所の神社に奉斎する祭神を、一箇所に勧請し合祭した神社の称。惣社とも書く。一般には一国の総社を指していうが、一郡・一郷の総社、寺院の総社、私人宅の総社などの例もある。各国総社の起源については諸説があるが、平安中期から末期にあると推定され、国司が関与した管内諸社の神霊を、国府に近い便宜の場所に勧請し、奉幣・参詣の簡便をはかったものといわれている。
『白山之記』によれば、加賀国司の使が毎月朔日に一ノ宮白山社・二ノ宮菅生石部社など国内8社を巡拝していたが、その煩らいを廃するため、国衙に接する一所に合祀し、府南総社と名づけたとある。なお武蔵国総社大国魂神社祠官・猿渡容盛(明治17年74歳歿)の『諸国総社誌料』は、未定稿ではあるが国別に資料を揚げ考証を加えている。
畿内 
山城國 なし
大和國 国府神社  奈良県高市郡高取町下土佐
河内國 志紀県主神社(総社明神)  大阪府藤井寺市総社
和泉國 泉井上神社境内和泉五社総社 大阪府和泉市府中町
摂津國 なし

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

古寺巡礼 更新情報

古寺巡礼のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済