ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > new†イエス・キリスト† > トピック一覧 > 創造論(クリエーション・サイエ...

new†イエス・キリスト†コミュの創造論(クリエーション・サイエンス)の世界―聖書から生まれた先端科学 (Natura-eye Mysteria) 久保有政 著

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

突っ込みどころ満載で、読んでいて恥ずかしくなる内容でした(^^;

地層の話、
地層が洪水によって一気にできたモノなら、
必ず水平に堆積したはず。
が、それではフォルンヘルス断層などの傾斜した断層が有るのは
どういう事だろうか?
垂直に立っている断層も存在する。
全然説明できていない。
一機に堆積が起こったのなら、
ヒマラヤやアルプスなどの高山はどうやって形成されたというのだろう?
グランドキャニオンの地形が数千年でできるとでも?

化石の話、
化石は、何処にでもいたるところで見つかる訳ではない。
条件が揃った場所でしか発見されない。
仮に地層が一機にできたことで化石が出来たのなら、
年代別の発見はむしろ起きにくいように思う。
走るのが早い人間ばかりではないし、死んだ人間は歩くことすらできない。
ということは逆に、恐竜や古生物より深い場所で
人間の化石が見つかっても不思議は無いはず。
また海洋生物のほとんどは、
滅びることなく現在も生き残っていても不思議は無いはず。
少なくとも僕はアノマロカリスの生きた写真を見たことは無い。

彗星の話。
オールトの雲で説明できてしまう。

この本の説明では、地球がなぜ太陽系の三番目の惑星なのか?
金星その他の惑星の大気の説明もしてくれない。
そして太陽系が銀河の片隅に位置しているのか、
天の川銀河以外の銀河が何故存在するのか?
太陽と同じ恒星、太陽の数百倍の大きさの恒星が何故存在するのか、
それらにも惑星が随伴している利用。
それら惑星や惑星の衛星のいくつかには存在する液体(海)について
なにも説明できない。

ノアの箱舟の件。
あのサイズで、世界のすべての動物をつがいで収容は無理。
そもそも40日40夜分の餌はどうやって確保するのか?
肉食の動物もいるのに?
動物は極限状態になると冬眠状態になる。
という説もあるが、もしそれが起こったとしても、
やはり世界の動物を乗せきるスペースは確保できるわけがない。
という問題は残る。
また、仮にもし仮に乗せることが出来たとしても、
アララト山の標高は5000mを越える上に決してなだらかな山じゃない。
動物の中には、山を下りれないモノもいるはず。
仮に、仮に降りれたとして、解放後、
子供を産む前に肉食系動物が他の草食系動物のつがいの片方を食ってしまったら、
その動物はその時点で絶滅。ということになる。
そして、肉食系動物も食べるものが無くなって、絶滅。
人間が利用する家畜なんて存在しないことになる。

そもそも、40日40夜豪雨になるだけの水蒸気の層が
空にあったという話に無理があるし、
仮にあったとしたらかなりの濃度になるはずなので、
太陽光がまとものに大地まで届かないことになる。
そんな中で植物が育つとは思えず、
植物が育たなければ草食系動物は生存できず、
当然、草食系動物を餌とする肉食系動物も存在しない。

さらに問題なのは、この本で地球の創生で、
海はほぼ最初から今の状態にあったという説だ。
ということは、大洪水の雨はそれに
かてて加えて地上にあふれたということになるのだが、
その水たちは、何処に引いて行ったのか?
引く場所は、海か空に戻るしかないが、
海はすでに海の水でいっぱいだし、
今現在、それに大量の水蒸気が層をなしているという事実はない。

水蒸気の層が空に有ったので、温室効果が有った風な書きようだが、
世界の全陸地を水没させるほどの量の水が水蒸気状態で
本当にそんなものが空に有ったら、太陽光が遮られるので、
地表に太陽熱が届かず、むしろ氷河期と同じ状態になる。
その空の水蒸気層が無くなれば太陽光が地上に届くので、
むしろ、地表は熱せられて、温かくなる。

またまた仮に、氷河期が一機に発生して、
一瞬でマンモスが氷に閉じ込められたのなら、
マンモスは象と同じで群れで生きる習性があったので、
一匹発見されたら、その近辺で無数に発見されるはずだが、
そうなっているのか?
マンモスだけじゃなく、様々な動物が氷漬けになっているはずだが、
そうなっているのか?

いやいやちょっと待て?
そもそも、洪水が起こっているのだよね?
悠長に草を食っているか?

月の位置
「計算上15億年さかのぼるだけで、月は地球にくっついてしまうのです。」
というのはどこから出てきた数字だ?(^^;
今の月と地球の距離は約三四万km。
月は地球から毎年三cm離れて行ってるから、
一億年では三千km離れていることになる。
この三千キロを40倍したところで、一二万km。
どう計算したら、一五憶年遡ると地球にくっつくのか?
滅茶苦茶な数字を引っ張り出して、
適当な事を書くのは止めていただきたいものだ。

なぜ神様が人間の時間にして
46億年かけて地球やあらゆる生き物や我々人類を
創ったらいけないのか?
神様にとって時間って何だろう?
我々人間にとっての24時間は、
神様にとっても24時間なんだろうか?

「いや、神に時間は関係ない。
人間の時間で24時間で、地球を想像することはできる」
と主張するのはいい。
そういうことなら、先に挙げた月の話や、
年代測定の話で、適当な何処から引っ張って来たか
わけの分からないような数字を示す必要はない。
空に水蒸気の層が有ったから、
地表が太陽の放射線に守られたとか、
天の水蒸気が失われたから、氷河期になったとか、
本末転倒な論理を展開する必要はない。
駄々っ子のように、
できるものはできるんだとだけ言い張ればいい。

コメント(3)

飛鳥昭雄の本を読めぱ、そういうところもケアされてるんだがなw
>>[1]

飛鳥なんて単なるモルモン信徒でオカルト
オカルトを最新科学で解き明かすから面白いのにw

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

new†イエス・キリスト† 更新情報

new†イエス・キリスト†のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。