ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 孫崎亨・広原盛明・色平哲郎達見 > トピック一覧 > 【色平哲郎氏のご紹介】essa...

孫崎亨・広原盛明・色平哲郎達見コミュの【色平哲郎氏のご紹介】essage bodyファシズム体験、まひしていく学生たち 服従する快感

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

【色平哲郎氏のご紹介】
essage bodyファシズム体験、まひしていく学生たち 服従する快感
朝日新聞 2018年8月16日 

なぜ人は、大勢の仲間がいると、過激な言動ができてしまうのだろう。いじめ、ヘイト
スピーチ、ネット上の私刑……。戦時中は、隣人同士でお互いの言動を監視し合ってい
た。不寛容な空気が、今の日本にも漂っていないか。その正体に少しでも近づきたいと
思い、ある大学の体験学習に参加してみた。

「ハイル、タノ(田野万歳)!」、タッタッ。「ハイル、タノ!」、タッ、タッ……
。学生たちと一緒に、かつてのナチスドイツ式の敬礼をしながら、笛の音に合わせて教
室の床を踏みならす。「共同体の力」を体感するための行進だという。

6月、甲南大学(神戸市)で2週にわたって行われた「ファシズムの体験学習」。田
野大輔教授(歴史社会学)の特別授業だ。文学部の1、2年生を中心に約250人が受
けた。受講の拒否や、授業途中での離脱も認められている。

初日は、ファシズムの成り立ちを学ぶ。ただ、学生は発言する際はいつも敬礼をしな
ければならない。最初はだるそうに「ハイル、タノ〜」とちゃかしていた学生たちも、
教授が低い声で鋭く注意すると、静まった。

知り合いと一緒に座っていた学生たちが、誕生月順に座るように指示される。それで
、また「ハイル、タノ!」と行進。周囲に知り合いがいないためか、記者の左斜め前に
いた女子学生は、行進を重ねるごとに声が大きくなっているようだった。記者も、親子
ほど年の離れた学生たちと声をそろえて行進するうちに体がポカポカしてくるのを感じ
た。

2日目は、「制服」が指定された。「共同体の力」の継続を示すためだという。記者
も、学生たちと同じ白シャツとジーンズで参加。冒頭、教室での行進は、明らかに前回
より音量を増していた。「制服」の効果だろうか。アロハシャツの男子学生が、黒板の
前に引きずり出されて排除される「演出」もあった。

「田野帝国」と集団の名前を決めた後、拍手で承認されたシンボルを胸に着けて、グ
ラウンドへ出発。この日は、全員が一緒に行動するための「共通の目的」があった。キ
ャンパス内のカップルを糾弾するのだ。疑似カップル3組の前で、250人が「リア充
、爆発しろ!」と一斉に叫ぶ。

最初はカフェの前の2組へ。授業を見物している学生たちを気にして、声は少し小さ
くなった。だが、女性がひざ枕をしている3組目の前では、「リア充、爆発しろ!」の
声が次第に大きくなり、カップルは退散。追いかけるように方向転換して、大声で叫ん
でいる学生たちもいた。

「圧」体感

ドイツ現代史を研究する田野教授は年1回、こうした授業を行ってきて今年で9回目
。倫理的な問題への指摘や、「反ファシズムの授業をしないのか」という声も寄せられ
るが、集団心理が暴走することの怖さを「ワクチン」として体験し、「学生に免疫をつ
けてもらう」狙いだという。

「最初は命令でやらされていても、集団に同調すると、責任感がまひしてしまう。フ
ァシズムは抑圧的なイメージでとらえられるが、従っている人は、むしろ自由を感じて
いる」と教授。「その感覚を体験すれば、本当の怖さが分かる」

楽しんでいる学生たちの姿は、授業のリポートに表れている。

「グラウンドに出る前は、面白半分な雰囲気だったけれど、教室に戻る際には『やっ
てやった』感が出ていた」

「最初は乗り気ではなかったが、ひざ枕のカップルの前では最前列に自分がいた。教
室内で行動するより、外に出て他人から見られるほうがやる気が出た」

自分と異なる人たちへの反発の声もあった。

「自分が従うモードに入った時に怠っている人がいたら、『真面目にやれよ』という
気持ちになった」

「制服もシンボルも身につけていないくせに集団にまぎれこんでいる人を見ると、憎
しみすら感じた。規律や団結を乱す人を排斥したくなる気持ちを実感」

「ヘイトスピーチに似ているかも」「デモに参加する人の気持ちが少し理解できた」
と書いた学生も。中高生で経験しているはずの「制服」の効果に触れている学生も多か
った。

カップル役だった男性(20)は、「一斉に手を上げる時の『圧』がすごかった」と
話す。女性(19)は「本当に怖かった。同じ格好で同じセリフ。集団の圧力を感じた
」。「怖いよね」と共感しながら、記者はすっかり忘れていた。自分も、その集団の中
にいたことを。(杉原里美)

     ◇

〈ファシズム〉 狭義には第1次世界大戦や大恐慌後の混乱を背景に、イタリアやド
イツなどに台頭した全体主義を指す。自由な討論による政党政治を否定し、暴力や強制
によって人権を抑圧するといった特徴を持つ。指導者の権威にしたがい、共通の敵を攻
撃することで一体感を得られる一方、他人の目を気にして逸脱を恐れる息苦しい社会に
なりがちだとされる。

https://www.asahi.com/articles/ASL884J6RL88UTIL01B.html

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

孫崎亨・広原盛明・色平哲郎達見 更新情報

孫崎亨・広原盛明・色平哲郎達見のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。