ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 護憲リベラリスト、かく語りき > トピック一覧 > 「今年のノーベル文学賞は長崎県...

護憲リベラリスト、かく語りきコミュの「今年のノーベル文学賞は長崎県出身の日系イギリス人で作家のカズオ・イシグロさん(62)」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体



【孫崎享のつぶやき】

カズオ・イシグロがノーベル賞受賞。作品は「わたしを離さないで」等。イシグロは、一応英国社会でエスタブリッシュメントに入っていると思うが、一般大衆からはアジア人という差別を受ける。この弱者の心情を、題材を変え描き切っている。

2017-10-05 21:28


1:事実関係:

スウェーデン・アカデミーは5日、2017年のノーベル文学賞を、長崎県出身の日系イギリス人で作家のカズオ・イシグロさん(62)に授与すると発表した。代表作は映画やドラマ化された「わたしを離さないで」。授賞理由は「彼の小説は、偉大な感情の力をもって、我々の世界とのつながりの感覚が、不確かなものでしかないという、底知れなさを明らかにした」とした。

イシグロさんは海洋学者の父の仕事のために5歳で家族とともに渡英、英国籍を取った。一貫して英語で執筆する。「日の名残り」(1989年)で英国文学界最高の権威であるブッカー賞を受賞(毎日新聞)。

2:評価

(!)イシグロ本人は一応英国社会でエスタブリッシュメントに入っていると思うが、彼はエスタブリッシュメントにいながら、弱者の視点でものを見ることができることである。イシグロは英国社会で如何に恵まれた環境にいても、階級、人種意識の先鋭な英国社会では、彼はアジア人という弱者の立場に立たされる。

この弱者の心情をうまく主題を変え描けることで、様々な理由から弱者の立場に置かれた経験を持つ人々より、強い共感を勝ち得たのだと思う。

(2):私は彼の「わたしを離さないで」は素晴らしい作品と思ってきた。

「あらすじ」らしきものがウィキペディアに書いてあるが、そんなものに目を触れないで
作品を直接読んだらいい。事前に本の内容らしきものを見ることは読書の楽しみを大きく奪う。

(3):寄宿舎生活の描写から始まる。

 何となく、何かが異常なのだ。
 そして何が異常か、その正体が次第に明らかになっていく。
 それは推理小説を読むようなものである。

(4):社会の極限の弱者から「生きること」の重要性をあぶりだした。

(5):映画にもなったが映画はダメ。深みが全く伝わらない。

コメント(4)

すーちゃんさん

「イイネ」に厚く感謝申し上げます。
>>[1]

新聞かネットか忘れましたが、今回の受賞者と恒例の村上春樹氏とを比較分析していました。大江健三郎氏と併せ、ノーベル文学賞の条件に、深い社会の課題との格闘の有無の濃さが作品にあるかないか、ということでした。
>>[3]   なるほど・・・たしかに、そのような視点、観点は必要ですね。ありがとうございます。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

護憲リベラリスト、かく語りき 更新情報

護憲リベラリスト、かく語りきのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済