ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 護憲リベラリスト、かく語りき > トピック一覧 > 外交の専門家孫崎亨氏が 北朝鮮...

護憲リベラリスト、かく語りきコミュの外交の専門家孫崎亨氏が 北朝鮮ミサイル問題を考える

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

孫崎享のつぶやき

北朝鮮ミサイル問題を考える:\治・経済・社会を攻撃目標とする時、ミサイル防衛は出来ない、現在のミサイル実験は対アメリカ向け。日本向けは200−300発実戦配備,K鳴鮮の体制、指導者を軍事手段で転覆させない約束が解決の糸口、

2017-08-31 08:138




今、日本中がひっくり返ったような状況になっているが、考察にあたって、考慮すべき点を列挙してみたい。

1:現在北朝鮮が発射しているミサイルは、米国を射程に入れようとするもので、日本向けではない。
 日本を射程に収めているノドンは何年も前から、200―300基が配備されている。従って、日本にとっての新たな脅威ではない。

2:日本向けノドンは先制攻撃で排除できない。

 200−300発のノドンは、山の中に配備されたり、移動式であったりで、同時に排除することはできない。これを排除する軍事行動は、膨大な先制攻撃をうける。

3:ミサイル防衛はありえない。

 ミサイルを迎撃するには、発射の捕獲、その後の飛行の捕獲を行い、軌道計算をするのが必須である。先ず、200−300発あるノドンの監視体制は出来ない。発射後、途中でミサイルを察知することもできない。かつ、相手国が政治・経済・社会の重要拠点を攻撃する時にはどこに落下させる予定であるかが解らないから、ミサイルの軌道計算が出来ない。孤堂計算が出来なければこれは落とせない。

 PAC3迎撃ミサイルの速度はマッハ5(秒速1800メートル)、ミサイル落下時は■娃娃亜檻械娃娃哀瓠璽肇襦C戮ぅ潺汽ぅ襪任匹Δ靴涜任鼠遒箸擦襪。

 PACの射程は15キロ。上に向かって撃つのであるから守っている地域はせいぜい半径2−3キロ

4:アラート・システムは機能しない。

 ノドンの発射を把握できないのであるから、日本向けの警報システムは実質ない。

5:北朝鮮のミサイル開発、核兵器開発を阻止することは、国連決議、経済制裁などでは機能しない。

6:朝鮮のミサイル開発、核兵器開発を阻止することを考えるには、何故北朝鮮が開発をするかを考えて見る必要がある。北朝鮮は、米国等が北の体制、指導者を軍事行動で破壊しようとするのを、抑止するためにミサイル、核開発をしているとみるのが自然である。

 だとすれば、開発を阻止できる道は、西側諸国が、北の体制、指導者を軍事行動で破壊しない」ことを確約することにある。しかし、米国はその約束をしないだけではなく、逆に、体制を崩壊させる、指導者を抹殺することを目的の一つとして、米韓軍事演習をしている。これが続く限り、ミサイル開発、核兵器開発を行う。

7:体制崩壊の軍事行動をしないという事は何も新しいことを要求することではない。

国連憲章「第二条.すべての加盟国は、その国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならない。」

8:米国は米国・北朝鮮の二国間交渉は拒否してきている。

9:緊張を高めることが、国内の支持が不安定な、トランプ政権、安倍政権にプラスである。

10:米国軍部は緊張を高めることに、日米関係、日韓関係上プラスとみている。

11:金正恩としては、自国に軍事行動されないのであれば、ミサイル実験は、圧力の下に断行と国威高揚上プラスとみている。

コメント(2)

はい、まったく孫崎さんのおっしゃる通りだと思います。
>>[1]

「イイネ」に厚く感謝申し上げます。

孫崎さんの主張に、私もたまあにそうかなあと思うくらいで、他は参考になることが多いですね。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

護憲リベラリスト、かく語りき 更新情報

護憲リベラリスト、かく語りきのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済