ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 護憲リベラリスト、かく語りき > トピック一覧 > 孫崎享のつぶやき:「大岡昇平の...

護憲リベラリスト、かく語りきコミュの孫崎享のつぶやき:「大岡昇平の『野火』を読んでみないか」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

孫崎享のつぶやき:「大岡昇平の『野火』を読んでみないか」

《今、大岡昇平の『野火』を読んでみないか。作品中の台詞”この田舎にも朝夕配られて来る新聞紙の報道は、私の欲しないこと、つまり戦争をさせようとしているらしい。》”
2017-08-21 09:2913



A:『野火』の紹介(ウィキペヂア)

・『野火』(のび)は、大岡昇平の小説。1951年に『展望』に発表、翌年に創元社から刊行。作者のフィリピンでの戦争体験を基にする。死の直前における人間の極地を描いた、戦争文学の代表作。。

題名の「野火」とは、春の初めに野原の枯れ草を焼く火のことである。この作品にはカニバリズムが出てくる。

丸谷才一は『文章読本』(中央公論社、1977年)において、修辞技法の個々の技法を説明する際、例文をすべて本作品とシェイクスピアの諸作品に拠った。

・あらすじ

太平洋戦争末期、日本の劣勢が固まりつつある中でのフィリピン戦線が舞台である。 主人公の田村は肺病のために部隊を追われ、野戦病院からは食糧不足のために入院を拒否される。現地のフィリピン人は既に日本軍を抗戦相手と見なしていた。この状況下、米軍の砲撃によって陣地は崩壊し、全ての他者から排せられた田村は熱帯の山野へと飢えの迷走を始める。 律しがたい生への執着と絶対的な孤独の中で、田村にはかつて棄てた神への関心が再び芽生える。しかし彼の目の当たりにする、自己の孤独、殺人、人肉食への欲求、そして同胞を狩って生き延びようとするかつての戦友達という現実は、ことごとく彼の望みを絶ち切る。 ついに「この世は神の怒りの跡にすぎない」と断じることに追い込まれた田村は「狂人」と化していく。

B:評、武田勝彦編『古典と現代 : 西洋人の見た日本文学』中のモリス「著『野火』について」からの引用。」

アイヴァン・モリスは一九二五年生まれ、英国外交官、コロンビア大学教授。『野火』を翻訳。

・この作品を戦争小説として読んだ時、『野火』は戦争の暗黒部を取り扱った作品の中でも、もっとも迫力に満ちたものであると、私は感じた。第二次大戦から生れた作品で、『野火』に比肩し得るのは、私の考えではブリーヴィエの『スターリングラード』とバクスターの『憐れみをもってみくだせ』の二作があるのみである。

・この小説における戦争の扱い方は普遍的なものである。<敵>はアメリカ軍でもフィリピン人ゲリラでもなく、また、日本軍内の狂乱した軍国主義者達でもなく、人間生活の不安定な構造を徹底的に破壊するもの、文明の黄金時代をたちまちにして一掃し、潜在的な人類の獣性を表面に浮かび上がらせる崩壊的な力、戦争それ自体が敵軍なのである。

 『野火』に登場する日本兵には、何ら異国風な所も、また不可解な所もない。平平凡凡な、むしろ平凡すぎるほどの人間である。ところが偶然にも、一連の耐え難い事件との対決を迫られ、その為人間から単なる動物へと次第に転落せざるを得ないのである。

・全ての優れた戦争文学と同じ様に『野火』は誇大な描写や感傷という落とし穴を避けてる。

・いかに単純な意味においても、『野火』は<反戦>作品とはいえないが、その仮借ない描写で何か教訓的な意図を伝えている様に思える。大岡氏は『野火』の中で次の様に述べている。

 この田舎にも朝夕配られて来る新聞紙の報道は、私の欲しないこと、つまり戦争をさせようとしているらしい。現代の戦争を操る少数の紳士諸君は、それが利益なのだから別として、再び彼等に欺かれたらしい人達を私は理解できない。恐らく彼等は私が比島の山中で遭ったような目に遇うほかはあるまい。その時彼等は思い知るであろう。戦争を知らない人間は、半分は子供である。

 あれから約二十年後の今日、大半の政治家と技術者の支持を得、さらに一般市民の黙認を得て、防衛という名目で、世界各国の軍人によって新しい恐怖が準備されることに気付くと、この人達一人一人に、『野火』を一冊ずつ与え、読ませたい気持ちにかられる。もちろんその様なことをしてみたところで、いささかの変化も起こりはしないだろう。残虐な行為はどれほどまざまざと描かれていようと、誰か他の人間に、どこか他の場所で、他の時代に起こる事件として読まれるのが常だからである。キリストは各世代ごとに、新たに十字架にかけられなければならないのである。』


----------------------------------------------------
私見
 『野火』は映画で見た。「人肉喰い」という点では学生時代に一般教養で武田泰淳の小説『ひかりごけ』がある。 ここでは主人公の兵士は、人肉喰いを行ってしまう。孫崎亨氏が『野火』を読み込み、そこから教示する世界は広く深い。
 戦争がどれだけ異常でとんでもないものか、個人の内面で熟考した営みを続けないと、戦争風がふくとたやすくなびいていってしまう。

コメント(9)

こういう根拠の無い作り話が日本に悪いイメージを定着させるんだよね。

喜んでいるのは左翼と韓国と中国と。
私は、戦争を美化したアメリカ映画が嫌いで見ません。戦争と言う非人間的な中で、愛だの友情だのと描かれるのに嫌悪感を感じるのです。
私も、戦争を美化したアメリカ映画が嫌いで見ません。戦争と言う非人間的な中で、愛だの友情だのと描かれるのに嫌悪感を感じるのです。

人間が千切れてバラバラになったり焼かれたり、女、子供、老人、妊婦と実際に殺されるのを映画で見るのも「実際に遭遇する、当事者になる」のもいやです。

ですから憲法9条を改正して「先制攻撃が可能」にしたり、防衛費を増やして国家、国民、私自身の身の安全を確保して欲しい。

日本が武装を放棄したときに「朝鮮進駐軍」という連中に土地は奪われる(パチンコ屋が駅前にあるのはそのため)は女は犯されるは、金品は略奪されるは・・・・。

こういうことを繰り返してほしくないですよね!!
そういえば「人肉喰い」って中国では普通に肉屋さんが人間の肉を売ってましたね。

最近でも「赤ちゃんの肉」や「胎盤」など高値で取引されていました。

日本の場合は「左翼のイメージ操作」による捏造として日本兵もやったとか言われていますが。

こういう「根拠の無い」小説で刷り込みが行われますので「非常に迷惑」ですね!

すーちゃんさん、アグー(♂)さん

「イイネ」に厚く感謝申し上げます。
パラさん、コメントを有り難うございます。
しかし、内容はもっと吟味しないとこのサイトが疑われます。

バラさん好みの右翼・民族主義者、日本会議、在特会
いくつでもあなたが書きたいところはあるでしょう。

戦時中の事実を告発した大岡昇平が、戦時下の戦争責任を自らに問うてずっと苦悶していたことを知っている私には、やはり侵略戦争の犠牲となったアジア各国を誹謗する表現は、認められません。

あなたは書いては消す作業をくりかえしていますが、書くことに自信と調査とをうらづけとしてコメントください。
時代はあなたごのみの「右翼の時代」、あなたは多数派となり、左翼や左派をひねりつぶす時代に入っていることを自らご自覚ください。
櫻井さんが私にコメとは珍しいですね。

右翼・民族主義者、日本会議、在特会→左翼以上に大嫌いです。私は中道です。

書いては消す作業をくりかえしていますが→消されたことはありますが、書いては消してをしたことがありません。

大岡昇平が真実を書いたということは無いでしょう。何故ならば終戦当時の出版業界は左翼が仕切っていて右翼じみた小説は一切受け付けられなかったから。
また、他人の書いた「小説」という「創作」を「実話」と解釈できることこそ実際に生きた人たちに対する冒頭でもあると考えます。
なぜなら私は「実際に戦争に参加した人たちからの聞き取りのみが真実である」と考えているからで「兵士であれ一般の市民であれ海外での聞き取りであれ」自分が実際に聞いたことこそ真実であると確信します。


また、角川って出版社も結構エエ加減ですよね。

そういう「文章」を信じているってことこそ「幼稚」だと思います。

私は実際に反日になる前の中国に行きましたが「今と大違い」でしたわwww
実際の中国人や中国に出征した日本兵の話などから櫻井さんの信じていることを少しづつでも「嘘」であることを気付いてもらえればと思います。


ここで「小説」がいかに創作であり「嘘」があるか付記します。

ある海軍のパイロットが休暇で「町に」出ました。
そこで「憲兵隊」が母親と小さな子供を拘束して「見せしめに斬首する」として処刑の準備をしています。
母子がしたことは「食べるものが無いので航空隊の基地に近づいた」ので「スパイ容疑」です。
それでパイロットは仲間に言います。
「見るな! お前たちにも母はいるだろう!!」と。

この文章に私も「ひどい事をするなあ」と思ってました。

で、他の本で同じ島での出来事には書いていないのですよ。
私は調べました。
すると「なんとその島には陸軍自体が居なかった」のですよ。
海軍だけしかいない島で「憲兵」がいるはずがありませんよね。
で、後者の本にはパイロットは「何も無い平和な時間で戦争があるなんて思えない毎日を送っていた」
「そして出陣の日まで〜〜〜〜」と「母と子供の斬首」のざの字もないのです。

どちらの本を信用します?

斬首のほうが「朝日ソノラマ」で
後者が「光人社」です。

資料を調べたのは両者ではありません。
客観的な資料からです。陸軍と海軍の担任が分かれていることも知りました。

また、実際にフィリピンに行った方からお話を聞きましたが「人肉食」なんてありえないって事も言えます。
ソレを「信じられるという知識の無さ」を少しでもお伝えして理解して頂ければと思います。

しかし残念な事に左翼は「他人の話よりも小説が全て」という考え方です。
それが非常に残念です。



「人肉喰い」について「中国」のことを書きました。

それで「戦場での人肉食」がいかにありえないか一度ご自分で調べたり考えたりしてみてください。

しかし、本当に残念なことですが「左翼は本にかいてある事が真実」なんですよね。

せめて櫻井さんが自身で考えて頂ければ「矛盾」に気が付くのですが。
>>[7]
>>[8] パラさん

書いていることが、かなり支離滅裂で読むのがばからしいですね。

今後は、読んで支離滅裂なことには、
以後対応せずスルーします。

ひどい場合には、サイトに立ち入り禁止を対応します。お忘れ無く。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

護憲リベラリスト、かく語りき 更新情報

護憲リベラリスト、かく語りきのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済