ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 護憲リベラリスト、かく語りき > トピック一覧 > 「森田実氏の孫崎著『日米開戦へ...

護憲リベラリスト、かく語りきコミュの「森田実氏の孫崎著『日米開戦へのスパイ』書評に思う」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

「森田実氏の孫崎著『日米開戦へのスパイ』書評に思う」

(森田実氏を管理人は、「東大共産党員だったが過激派となり、反共的」という風聞で知った。けれど孫崎氏の随筆を読んでも見識あるまっとうな知識人と観ずる。人を過去やレッテルで断定する愚かさ。唯物論とは対象そのものに働き掛けて実体を把握することで本質への認識にいたる認識の方法でもある。歴史も人間もたえず変化し動いている。そのような人物把握の大切さを改めて知る。管理人拝)

【孫崎享のつぶやき】

【『日米開戦へのスパイ』、森田実氏のコメント、「大力作!「真正の歴史の目的は、“人間の精神を研究する”にあるべし」(北村透谷)、一読の価値ある良書です。ゾルゲ事件の研究を通じて、第二次大戦期の真実を見事に解明】
2017-08-16 14:1312




森田実氏のフェイスブック、Book Review(その40 ) https://www.facebook.com/moritasouken/

*****************************

『日米開戦へのスパイ[東條英機とゾルゲ事件]』 孫崎 享・著

【発行;祥伝社、2017年7月10日刊。1,700円+税】

現代史研究の第一人者による大力作!

「真正の歴史の目的は、“人間の精神を研究する”にあるべし」(北村透谷)

 大変な力作です。一読の価値ある良書です。孫崎享氏は本書によって、現代史の第一人者であることが明らかになりました。ゾルゲ事件の研究を通じて、第二次大戦期の真実を見事に解明しました。

 ゾルゲ事件は謎の多い事件であり、ゾルゲ事件に関する多くの書物が刊行されています。65年も前のことですが、私の学生時代にはゾルゲ事件で処刑された尾崎秀実の『愛情はふる星のごとく』がベストセラーになりました。

私も数多くのゾルゲ事件関連の本を読みました。

著者の孫崎氏は、ゾルゲ事件を次のように位置付けています。

「ゾルゲ事件はスパイ事件としては極めて特異です。単にスパイが摘発されただけではなく、摘発当初は近衛首相の辞任、戦後は冷戦激化という時局の中で扱われた事件です。逆に言えば、政治的に利用することが眼目の事件です」

孫崎氏は、ゾルゲ事件に関する諸説を検討した上で、次のように結論づけています。

「.哨襯欧魯熟△糧詭諜報員である。近衛側近と位置づけられる尾崎秀実がゾルゲの協力者である。  ↓△証明されれば近衛内閣は崩壊する。て米開戦の是非をめぐり近衛首相と激しく対立する東條陸相がこれを利用する。」

しかし、ゾルゲ・グループが日本国家に被害を与えたことは、ほとんどなかったのです。ゾルゲと尾崎秀実を死刑にし、他の6名に無期懲役などの懲役刑を科すことの正当性はなにもなかったのです。懲役刑を受けない者も未決勾留中の6氏すべてが獄死しました。これら8氏は東条英機の政治的野心の犠牲になったのです。

本書のエピローグで孫崎氏は「では、これらの人たち、ゾルゲ、尾崎、ヴィケリッチ(無期懲役、獄死)が死亡しなかったら、彼らはどんな人生を望んでいたでしょうか。歩んでいたでしょうか」と記し、「ゾルゲのケース」、「尾崎秀実のケース」、「ヴィケリッチのケース」を述べています。ゾルゲ事件の残酷さと悲劇性が改めて胸にせまってきます。

本書は、これまで語られなかった角度から史実を明らかにしたものです。昭和史をあまり知らない現代の若いみなさんにも、ぜひ読んでいただきたい名著だと思います。私たちの国で、そう古くない昭和時代に起きた重要な事件なのです。

孫崎享氏の旺盛なる研究心に深く敬意を表し、ますますのご健筆を祈ります。

********************************

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

護憲リベラリスト、かく語りき 更新情報

護憲リベラリスト、かく語りきのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済