ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 孫崎享氏、かく語りき > トピック一覧 > 日本社会は隷属隷属。日米条約で...

孫崎享氏、かく語りきコミュの日本社会は隷属隷属。日米条約では米軍基地負担零でいい。それを年間日本7612億円負担。なのに中谷元防衛相「米軍存在に感謝の念は非常に希薄」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

【孫崎享のつぶやき】

日本社会は隷属隷属。国内では安倍首相に隷属。国外では米国ジャパンハンドラーに隷属。日本条約では米軍基地負担零でいい。それを年間日本7612億円負担。それなのに中谷氏「米軍存在に感謝の念は非常に希薄」

2016-11-23 09:123


中谷元前防衛相は21日、言論NPOの会合で、トランプ次期米大統領が大統領選中に在日米軍駐留経費の負担増を主張した背景について「日本国民は米国の存在にどれだけ関心を持っているのか。感謝の念は非常に希薄だ。」の発言。これだけ凄い隷属発言もそうない。防衛大臣を行っていた人の気持ちが、米国にいかに貢ぐか。国を守るかでなく、国を売る心情だろう。



A:事実関係「自民・中谷氏:米国の存在に「日本国民、感謝の念は希薄」 - 毎日新聞(毎日新聞)( 11月21日ネット) 20:48

自民党の中谷前防衛相は21日、言論NPOの会合で、トランプ次期米大統領が大統領選中に在日米軍駐留経費の負担増を主張した背景について「日本国民は米国の存在にどれだけ関心を持っているのか。感謝の念は非常に希薄だ。そういうことがトランプ氏に伝わり、米国が日本を守るならもっと感謝しろ、カネを出せという発言につながる」との見方を示した。

B:評価:

1:ここまでくると、どうしようもない。付ける薬はない。

2:まず:日米地位協定では基本的に、米軍経費は米軍が払うと決めてある。
 
  日米地位協定第二十四条
日本国に合衆国軍隊を維持することに伴うすべての経費は、2に規定するところにより日本国が負担すべきものを除くほか、この協定の存続期間中日本国に負担をかけないで合衆国が負担することが合意される。

2:それにも関わらず日本は巨額のお金を米国に払い、国際水準をはるかに超えている。

 トランプ次期大統領が日本の基地負担増を求めていることに関連し、16日付読売新聞は、日本の基地負担が年間7600億円にのぼっていることを報じた。

11月16日付読売新聞報道

「日本は、在日米軍駐留経費に加え、米軍再編関係経費なども分担。防衛省の内部試算によると、日本の負担総額は年間約7600億円規模に上り、同盟国でトップの額という。
 在日米軍にかかわる経費は、日米両政府が1960年に締結した日米地位協定24条で、土地代をはじめ施設・区域の提供費用は日本が負担し、それ以外は米国負担と明記された。具体的には、米軍が使う民有地の借料や漁業補償などが日本側の負担だ。この基本部分について、防衛省は2016年度予算で1852億円を計上している。
米軍駐留の受け入れ国による関係経費負担額(試算)防衛省資料などによる
日本7612億円 韓国1012 ドイツ1876 伊440 英286 スペイン153、 サウジ64」


3:こうした事実の上で、「日本国民は米国の存在にどれだけ関心を持っているのか。感謝の念は非常に希薄だ」の発言である。


 日本は
 如何に優れた奴隷であるかを
 競争する社会に入ってきた。

========================

私見
 アメリカを、植民地主義宗主国と仰ぐ日本支配層と代弁政治家たち。そんなヤマトンチューの政治家が、沖縄県民に対して非道無礼きわまりない「宗主国意識」で沖縄を「植民地ドレイ」と見下す凄まじい実態。日本国内に差別と抑圧の構造が常態とされているなかで、神奈川県相模原市施設での十人以上の施設に居住した人々を次々に殺戮していった空前の犯罪。病院で点滴液に致死量の薬剤を混入させるあちこちの病院。学校が外部の圧力と内部の混乱で、反教育的事件の各地で頻発する「反教育機関」化。
 日本は、芥川龍之介文学『蜘蛛の糸』に描かれた地獄の血の海となっている。孫崎氏の言葉を借りれば、如何にすぐれたドレイであるかを競争する社会に入ってきた。それは、戦争国家の社会心理そのものだ。



コメント(11)

まさしく奴隷社会の日本、戦前までの長い封建的民族性が(多くの小作百姓はそうだった)いまだに残っている。天皇など支配者がアメリカに代わっただけ。
>>[1]

日本人はアジアの「優等生」になるために、アジアを侵略して脱出しようとしました。
いま日本はアメリカの奴隷であるとともに、沖縄県民を植民地宗主国として蔑視していますね。
>>[2]

ようこそ、はじめまして。

力作のコメントの展開にお礼と感謝をもうしあげます。

.▲瓮螢と日本と沖縄県民のあいだの関係性の解釈には、多元的な論点があり、私は自分と異なる見解も参考にしたいと想います。
孫崎享氏を私は色平哲郎氏を通して知りました。著作も五冊購読して読みかけのものもあります。『戦後史の正体』を読み、岸信介の評価に私も疑問をもちました
。『アメリカに潰された政治家たち』を読み、田中角栄氏や小沢一郎氏の論述に共感をもちました。岸信介論もその前の章にあります。
端的にいえば、岸信介論には疑問が残りますが、孫崎氏を右翼保守のスバイや謀略家とは想いません。
そのためにミクシィに「孫崎享のつぶやきとレジスタンス」をつくりました。
過去のつぶやきもほぼ毎日か数日に一回、掲載されていますから、自分で目を通してご判断ください。

なお、私は体制内の孫差氏のリベラルに共感をもっていますが、全面的に依存はしていません。
参考迄にあげておきます。
思想・・吉野源三郎・芝田進午・古在由重・安江良介・鈴木正・渡辺治・広原盛明・竹内好・大江健三郎・高橋哲哉・佐高信・小森陽一
ジャーナリスト・・・金平茂紀・岸井政格・本多勝一・村上義雄・鎌田慧

自分と同化せず、異なる立場や見解のなかに肯定的理解をくみとり、否定的側面を止揚する。
そのような方法論をこころがけています。
最初の「イイネ」、
みのむしさん、すーちゃんさん、金吾中納言さん、

そして、
ハローさん、風船丸さん、

皆様の「イイネ」に厚く感謝申し上げます。

ここは「孫崎享さんのつぶやき」が柱なので、あえて言います。
毎日のようにここに転載ながら読んでいますと、風船丸さんの言論は充実したものと敬意を表しますが、
孫崎さんの全体像の具体性については、すこし(私のとは違うな)と感じました。
私が正しくて風船丸さんが正しくないという意味ではありません。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

孫崎享氏、かく語りき 更新情報

孫崎享氏、かく語りきのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。