ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 2019統一地方選挙神奈川連帯 > トピック一覧 > 多額の積み立て指摘し、市民施策...

2019統一地方選挙神奈川連帯コミュの多額の積み立て指摘し、市民施策充実求める

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

川崎市議会第3回定例会で13日、日本共産党川崎市議議団の勝又光江議員が代表質問をおこない、2017年度決算では多額の積み立てがあると指摘し、市民のための施策を充実させるよう求めました。
17年度決算について勝又議員は、市が、減債基金(将来の借金返済のための基金)から130億円を新規に借り入れたことなどを理由に財政状況の厳しさを強調していることは、「根拠として成り立たない」と指摘。同基金の積立額を減らして対応すれば収支不足も出ず、借り入れる必要もないのに、「収支不足が出たように見せたのは、福祉や暮らしの支出を抑制、削減するためではないか」と批判しました。
同基金の2205億円という額についても、横浜市は、同基金が913億円(16年度決算)しかないのに返済資力は十分に確保していると評価していると指摘し、「明らかにため込みすぎだ」と強調しました。
また、勝又議員は、子どもの医療費助成制度の通院助成について所得制限の廃止を求めるとともに、就学援助費の支給基準引き上げを主張しました。

勝又議員の質問全体は長文でここに全文を一気に掲載できません。以下のリンクで読めます。
http://www.jcp-kawasaki.gr.jp/archives/11578

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

2019統一地方選挙神奈川連帯 更新情報

2019統一地方選挙神奈川連帯のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済