ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 聖書より希望と慰めの言葉 > トピック一覧 > 《創造者に導かれる旅》その79...

聖書より希望と慰めの言葉コミュの《創造者に導かれる旅》その79 「安息とは、神さまにいのちを与えられ、養われ、支えられて生きることです」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

《創造者に導かれる旅》その79 「安息とは、神さまにいのちを与えられ、養われ、支えられて生きることです」

出エジプト記 20:8 安息日を心に留め、これを聖別せよ。

※創世記によりますと、神はわたしたちの生きる世界を創造してくださったあと、第七の日は、安息なさいました。「第七の日を神は祝福し、聖別された」(創世記2:3)。これは、わたしたち人間からすれば、神さまがわたしたちとこの世界を創造してくださったことを思い起こし、神さまを賛美し、祈ることにささげる日でありましょう。そして、そのように過ごすことが、わたしたちの安息になることでしょう。他方、申命記によりますと、この日は、かつてエジプトで奴隷であったイスラエルの人々が神さまによって救い出されたことを思い起こす日です。わたしたちは、神さまによって創造され、生きるための世界を創造していただき、また、今日まで助けられ、支えられ、救われ、生きてきました。安息日は神さまのその恵みを深く感じるための日です。聖書の時代にしたがえば、安息日は、金曜日の日没から土曜日の日没にあたりますが、神さまがわたしたちにいのちを与えてくださり、そのいのちを今も養い支えてくださることを思い起こし、その恵みに浴するならば、わたしたちはいつでも安息日を生きているのです。

今週の祈り「神さま、苦しむわたしたちを、あなたに祈る安息へとお招きくださり、まことに、ありがとうございます。あなたは、十字架で苦しみ葬り去られたイエス・キリストを、闇から光へと、地底から地上へと、死から復活へと引き上げてくださいました。わたしたちもまた、苦しみから救いへと、苦しみのただ中での救いへと、引き上げていただく希望をいただき、心から感謝を申し上げます。神さま、わたしたちを復活の喜び、復活の平安、復活の安息で満たしてください。主イエス・キリストのお名前によって、この祈りをおささげいたします。アーメン」

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

聖書より希望と慰めの言葉 更新情報

聖書より希望と慰めの言葉のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済