ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > アンチ巨人等の「風潮」に異議! > トピック一覧 > プロ野球実況系トピ6

アンチ巨人等の「風潮」に異議!コミュのプロ野球実況系トピ6

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

巨人、その他のプロ野球チーム、日本代表など試合の、
戦況や試合後の分析などを語り合うトピックです。

基本、オフも含め、2016〜2017年シーズン関連の話題を。

コメント(374)

内海の抹消は仕方ないかな、と思います。
昨日の敗戦は打線の沈黙が大きかったですが、内海の内容も失点以上によくなかったですし。

ちょっと制球を乱していますね。
全盛期でも稀にありましたが(日本代表の時とか特に)、球威の落ちた今だと致命的ですからね。緊張するとそうなるのかも知れません。

元エースが2軍での登板は辛いでしょうけど、せっかくの機会なので、フォームや投球パターンを色々試して、ニュー内海を発見して欲しいですね。まだ引退する年齢ではないと思いますし。

リリーフ起用もいいと思うのですが、多分盟友の山口鉄と同じ左のリリーフで被るので本人が嫌がるのかも知れません。そうは言ってもチームにとって必要ならリリーフ登板すべきですね。かつての3本柱でさえやっていますし。

先発の誤算が多いなら、澤村の先発復帰もあっていいと思います。
澤村はルーズショルダーですが、リリーフと先発、どっちが負担がかからないかは分かりませんが。
日曜の阪神との3戦目、藤浪が先発するそうです。
巨人は右打者が多いので心配ですね。
巨人の先発の畠は右投手ですが打席は左なので、そこは大丈夫でしょうけど。
かつて次世代エース同士として緊迫の投手戦を展開した同期の菅野と対戦させてあの頃を思い出させる、とかならなくてよかったです。

この試合こそ、宇佐見の先発起用のチャンスだと思います。左打者ですし、先発が2軍で慣れている畠ですし。
そこ以外は、左打者が少ないのが今の巨人ですからね。レフトは石川じゃなくて亀井で行くでしょうけど、他はあまり代えるところがなさそうな・・・

目いっぱい左にしても、こんな感じですかね。

1陽R
2マギーR
3坂本R
4阿部L
5村田R
6亀井L
7長野R
8宇佐見L
9畠L

1,2,3番は代えにくいですよね。
マギーか坂本に疲労がたまっているなら・・。
でも代わりに出す左打者は?
>>[336]
今の一軍メンバーでいったら橋本くらいですね。左打者は
谷岡は前のリリーフ登板も菅野の急な降板で登場でしたが、菅野の代役というのは難しいですね。
今日はストレートがほとんど高めに浮いていたので、そこが修正点ですね。

明日は予定通り、畠が先発のようです。左打者なので、藤浪の死球は避けられそうです。

他に昨日のように亀井と橋本は起用すべきでしょう。他のポジションはさすがに代えにくいかも知れませんが。
右打者の長野と小林がスタメンで、藤浪相手で危ないなぁと思っていましたが、怪我人が出ないでよかったです。

確かに右打者相手だと外角にしかサインが出ないので的は絞りやすいです。
今日は右打者相手は変化球だけが抜けて内角に何球かきて、一番抜けた球が村田に死球になりましたが、変化球なのでそれほど怖くないでしょう。あれが藤浪の155キロ前後のストレートが飛んできたら、いくらプロの打者でも避けられませんからね。
村田の死球直後に、長野を歩かせようと外に構えたのに、ストレートがインコースにすっぽ抜けたのを見て、これが今の藤浪の悪い癖かと思いましたが、長野を歩かせてすぐに金本監督が交代させてホッとしました。

それ以外は、いい時の藤浪のような投球でした。外を広く取られてあの球速じゃ打てないだろうなと。珍パイアかと思いましたが、畠の時に何球か帳尻合わせしていたので、まあ仕方ないですね。

畠はストレートが抜けるなどばらつきもありましたが、データが少ないだけに阪神打線も的が絞れず、素晴らしい結果となりました。
初回に150キロのストレートとキレのいいスライダーで三振を取ったのは菅野を彷彿とさせるような投球内容でした。

畠と藤浪は同い年なんですね。片や高卒で早くからプロで活躍し、差をつけられていたのが、今こうして同じ舞台に立てたのは感無量でしょう。

巨人畠「負けると悔しい」エリート藤浪に投げ勝つ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/1878749.html
東京ドームの広島戦、なんとか2勝できましたね。

菅野の状態はよく分かりませんが(体調不良となっていますが、下半身の違和感などもあったかも)、田口を中5日で広島にぶつける必要はあったのかと思いましたが(今の巨人にとっては広島よりDeNAを叩く方が優先なので)、終わってみると「相性」は重要だなと。

田口は最近DeNAには結構打たれていましたが、広島相手だと結構相性がいいようで、今日のような結果になりました。「7回100球1失点」というのは、まさに首脳陣が思い描いていた結果通りだと思います。
この点は首脳陣のローテの組み方は正解だったと思います。畠が好調で一応4人目の先発になっているので、2人と2人で分散することができた、というのもあります。

DeNA打線はかなり強力で、菅野は今年かろうじて抑えていますが、これもいつ打たれるか分かりません。しかしDeNAを叩く必要がある訳ですから、何度も菅野を当てるしかないですね。
昨日は宇佐美と寺内のミラクルなHRで劇的な勝利を収めましたが・・・

大野と濱口の両左腕からはリベンジされた形ですね
ずっとエースを務めてきた投手とルーキーとで立場は違いますが、左のパワーピッチャーという点では似ています。

そもそもこれまで巨人がこの2人を炎上させてきたのが出来過ぎで、最近の投球と平均すれば丁度いいと言えるでしょう。
今日なんかいい当たりが多いのに全部正面ですしね。逆に大野を打ち崩していた時はラッキーな安打も多かったでしょうけど。

そのように、投手の成績は「平均」で測るべきな訳で、その日その日に何失点したかで判断すべきではありません。

この勝負所で相手に運のいい流れが来てしまったのは痛いですが。
上の宇佐美は宇佐見の間違いですね。

あと坂本が不調でついに3割を切ってしまいました。
きっと言わないだけでどこか痛いんでしょう。もちろんWBCから出ずっぱりの疲労もあるでしょうが。

1週間くらい前でしょうか、守備でも一回暴投して、初期の坂本を思い出しましたが、その直後にスーパープレーも飛び出して、やはりいくら打撃が不調でもこの選手は絶対に外せない存在だと感じさせますね。
絶対的エースに援護が少な目になる理由は、相手投手が挑み掛かる気持ちで腕を振って好投するからなんですよね。
今日のヤクルトの初先発の岩橋も腕をしっかり振って、しかもことごとく低めに決まっていて、打線が苦戦しました。
菅野と田口がもし投げ合ったらこんな感じかな?とすら思える雰囲気でした。

昨日、沢村賞レースのライバルの西武菊池が4つ目の完封をしたらしく、菅野も今日完封したかったようですが、惜しくも1失点。
しかし完投数も沢村賞選考にプラスになりますし、防御率ではだいぶリードしているので、菅野が現時点で沢村賞候補の筆頭であることは間違いないでしょう。

明日は畠ですが、相手は実績がだいぶ上のエース小川ですので、挑みかかる気持ちでガンガン投げて欲しいですね。
この前も藤浪に勝ちましたし、チャンスだと思います。
山田って巨人戦はあまり打っていませんでしたが、打てばこのくらい打てるでしょうね。
最初の3ランも外角低めの結構難しい球ですし、畠は全く失投ではなく、山田が凄かったということですね。
伏線は昨日もあって、菅野の内角の厳しいシュート系を詰まりながらレフトへ大飛球。あと数メートルでHRという当たりだったので、やっぱり怖いなと思っていたところでした。

今日2本もHRを打ちましたが、その勢いが明日にも続かないことを祈るばかりです。
おとといも今日も、打線が湿っていますね。CS争いの佳境のこの時期に痛いです。
大きい当たりは結構あるのですが、フェンス手前で失速というのが多いです。
HRバッターが高齢化して力が落ちているということかも知れません。

何でもコンパクトに当てにいくのは良くないですが、徹底的な逆打ちなど、チーム一丸となった打撃も必要でしょう。
阪神なんかは何度もやられている田口と菅野に対して徹底的な対策を取ってきた印象がありますし、巨人もそういうことも考えるべきでしょうね。
今日は打線が頑張りましたね。
初回に濱口が制球で苦しんでいるチャンスを逃さなかった村田。
最近不振だっただけに、あのヒットは大きいです。

明日は田口をまた中5日なんですね。
吉川を翌日に起用するということでそうなったんでしょうけど、菅野やマイコラスと比べると田口はまだこういうエースっぽい使われ方に慣れていないかも知れません。
前回も5失点しても続投でしたし、田口への首脳陣の信頼度は昨年よりはだいぶ上がっている感じはありますね。
それから、ロペスに対して4球チェンジアップを続け、少し球速が落ちてきた畠のストレートで空振りを取った小林のリード、上手いなと思いました。解説の江川氏も驚いていました。

もっとも阪神戦での田口と菅野への相手の対応を見ると、その小林のリードのパターンが読まれた可能性もあります。
阿部の上手いリードも時々読まれていると感じることがありましたが、リードも相手の対応を見て常に変えなければならず、大変ですね。

リードの良し悪しで分かり易いのは、見逃しの多さです。
阿部が日ハムとの日本シリーズで日ハム打線に見逃しを連発させていたのを見て、阿部に辛口だった野村氏が「上手い」と言っていましたね。
今日の1塁塁審は燕パイアですね。
2回もおかしな判定がありました。
巨人の球団通算10000号が中井でしたが、5000号も投手の槙原だったそうですし、
こういう伏兵になるのは当然のような気がします。

あと菅野が6回98球で交代しましたが、状態は大丈夫でしょうか。
今日は審判が低めを嫌がらせのように一切取らず、2四球と苦しみましたが、
それでも2安打無失点という結果はさすがでした。

状態が良ければ中4日の可能性もありますね。
CS進出が厳しく、最終戦を前に4位確定の可能性もあるので、
日曜の阪神戦を菅野先発、田口リリーフ待機、という布陣も考えられます。
ちょっと最近田口が序盤に失点するケースが多いので、
中4日の菅野に5,6回投げてもらうのは作戦的にはアリかも知れません。
>>[348]
木内でしたね
ただでさえ巨人不利な判定をする1人と聞きますし
>>[350]

巨人に不利な判定をする審判は公平な審判

みたいな感覚のアンチは本当に糞ですね。
30日は中5日で田口ですかね。

今年の終盤、中5日の連続できていますが、こういう使われ方ははじめてでしょうし、試練ではありますね。
今の時代、他球団の若手の有望先発投手は大抵中6日なので、中5日は少しステップアップされた使われ方です。

菅野はこういう使われ方も慣れていますが、以前はマエケンなどが同じようなローテでくるのでいつの間にかまた同じ相手、ということも多かったですが、今だと中5日をやると少しずつずれてくるので、菅野も今年は比較的実績のない投手が相手で来ることも多かったです。

その後の日曜が中4日で菅野、火曜が中5日でマイコラスでしょうか。
菅野もさすがに中4日は慣れていないので(今年1回あってそれは成功しましたが)、次はどうなるか分かりませんね。
今日も結構三振が多いですし、奪三振のタイトルはほぼマイコラスで確定でしょうが、残りの登板が菅野だけだと追いつく可能性もわずかにあるので、マイコラス的には無理しても最終戦投げたいでしょうか。

防御率、最多勝、その他もろもろは菅野が独占しそうですね。最終戦打たれても沢村賞もほぼ大丈夫だと思いますね。
打点は挙げていませんが、中井の3安打はよかったですね。
打線がなかなか小笠原を打てない中での安打は価値があります。

マイコラスは中4日であんなに球数投げて、最終戦は投げないんでしょうか。
本人は今年完投0だったのでこのチャンスにやりたかったそうですが。
万が一最終戦前に4位確定してしまったらマイコラスを出す必要もないですが。

西村は思ったより重症だったんでしょうか。
復帰後は怪我明けの割にちょっと投げ過ぎだったので、ここで休養して欲しいです。
残ったリリーフでしのぐしかありませんね。
畠の危険球退場、変化球ですし、阪神の投手だったら退場にならなかった可能性もあります。
あと上本はいつも「危険球の罠」を貼ってる打者ですね。
元々背が低い上に低く構え、さらに頭を前に出していますから。
これまでも何度か頭部死球があったと思います。

畠は最終登板がこういう感じだと精神的に来年に響くので、
CS云々関係なく、火曜日の最終戦にリリーフ登板させた方がいいような気がします。
代わりに登場した中川は準備不足ではあったと思いますが、これをチャンスだと思って投げて欲しいですね。
ダメでも絶対責められませんから、とにかく腕を振って思い切り。
CS進出を考えると痛い負けですね。
DeNAもリードされているようなので、首の皮1枚繋がっているのかも知れませんが、苦しくなりました。

ずっとタフに多大な貢献をしているマシソンが失点したのは仕方ありません。
不運な当たりもありましたが、これまで抑えてきた分も運が悪い方に向く試合も当然あります。
連投も多いので疲労もあるでしょうし。

6回まで2失点ですから、畠がそのまま投げても同じような結果だったかも知れません。
やはりこの勝負どころで打線が打たないといけませんね。
こちらの勝ちパターンのリリーフが打たれたなら、やり返さないといけません。

とは言え、あと2戦残っているので、2勝するために最善を尽くすしかないですね。
畠をリリーフに回してもいいでしょうし。
東京ドームのジャイアンツファン!!
阪神ファンの畠に対するブーイング
消すくらいの声だして
畠を応援しろよ
>>[358]
全く同感です。

巨人ファンは藤浪の死球に対し何らブーイングもせずお人よし。
それで自軍の畠がブーイングされてなぜ怒らないのか。

ファンが戦う気がないチームはBクラスになっても仕方ありませんよ。
ファンの責任も大きいです。
>>[359]
ファンで負けてましたからね
これでは仕方ないですよね
私はあまり監督批判というのはしたくないのですが、最低限、選手が抗議している時は監督も抗議すべきです。
選手を守れるのは監督だけですから。
抗議が少ないのは確かに巨人の監督の伝統で、原監督も長嶋監督も少ないのは不満でしたが、高橋監督はさらに少なすぎる。

そして監督だけでなく、ファンも戦っていない。
他ファンからどう見られるかばかり気にして、全く戦っていないファンが多すぎる。
こういうファンの体質が、選手に「サポートのなさ」を感じさせ、1年間通じて勝てる試合を負けてしまうこともありますよ。

首脳陣も反省が必要ですが、ファンも変わらない限り、巨人は変わりません。
有名な巨人ファンライターの死亡遊戯の人でしたっけ?あの人も昔からの巨人ファンらしい「お人よし」「他ファンの顔色ばかり窺う」体質に見えますが、そういう人に人気があるというのも、そもそも巨人ファンが負けている証拠ですよ。

戦うファンがほとんどいないし、いたとしても「他のイメージが悪くなるからやめてくれ」みたいな反応をする。

本当に巨人ファンはダメです。

私が他の巨人ファンサイトから去ったのは、巨人ファンの体質が嫌いだからなんですよ。
ローテについては、前回のマイコラスが完投したいと言い出したために最終戦の先発が微妙になり、菅野を最終戦にすることになったようにも見えなくもありません。

私は前から、最終戦ではなく、その前の今日に勝負をかけないといけないんじゃないかと思っていましたが、まあ畠と田口もこれまで活躍してきた投手ですし、この2人に賭けるのはまあ仕方ないかも知れません。
でも仮に今日打たれて負けても、エースと心中した方がよかったんじゃないかな、とは思います。もちろん菅野の体調もありますし、中4日がどうなのかというのもありますが。

DeNAはまだ試合は終わっていませんが、広島岡田から7点も取っています。こういう佳境での打線の力の差を感じずいはいられませんね。

実質上、CSはもうないと思いますので、あとは最終戦、菅野が沢村賞を確定させてくれればいいな、と思うしかないですね。
マシソン、田口など、これまで頼りにしてきた投手が打たれましたが、当然そういうことはある訳で、だからこそこういう苦しい時は打線が援護していかなければいけません。

あと阪神に関しては、小林のリードが読まれていると思います。
ここはスコアラーがきちんとすべきところです。
小林は他球団からは見逃しを多数奪うなど、リードはかなり良くなっていますので、あとは阪神戦。
>>[362]
聞いた話ですが、ヤジ飛ばそうものならライトスタンドから出てけむかっ(怒り)みないな感じらしいです

度にもよりますが、内部でそうやってキレてては、そりゃ巨人ファンはおとなしいと思われるのも仕方ないと思います
>>[365]

そいつら糞巨人ファンこそ全員出て行け、と思いますね。

てめえらがどれだけ選手の足を引っ張ってるか。
全員土下座して二度と球場に来るな。
本当に糞巨人ファンは全員消えて欲しいです。
選手も内心そう思ってるのではないでしょうか。

引退後の球団の面倒見がよく、引退後の仕事がしやすいから巨人にいるだけで、
ファンは12球団最低ですからね。
明日の先発、菅野から中川に変わりました。
投げなくても沢村賞は大丈夫、という計算でしょうか。
まあ2点取られただけで防御率が悪化する状況ですが。

確かにCSがなくなったので、菅野もマイコラスも投げる必要はなく、若手の成長を期待するのは理解できます。
野手も若手中心で出して欲しいですね。
今日は割とプレッシャーの少ない環境の中、若手が躍動しました。
おそらく2軍戦の時と同じような心境で伸び伸びプレーできた若手が多かったと思われます。

やっぱり特に巨人ではプレッシャーのコントロールが重要なんだろうと思います。
若手も少ない機会で結果を残さなければ、というプレッシャーが、プレーを小さくさせるところもあると思うので、その辺、首脳陣が心のケアをもっとやる必要があると思いますね。
相川が引退しましたが、彼はなかなか優勝の機会に恵まれない野球人生だったようですね。
せっかく巨人に来たのに、丁度優勝できない時期に重なってしまいました。
この辺は運ですね。もっと凄い選手でも優勝と縁のない人もいますし。

巨人では人柄のいいFA選手は、引退後も手厚く仕事を与える気前の良さがありますが、相川もそういう人柄に定評のある選手のようです。
今日も唯一悪い結果に終わった桜井に、試合終了時にポンと肩を叩いていましたし、畠の危険球の時もすぐに声をかけていたそうです。

既に巨人から指導者の打診があったそうですが、本人は「もう少し勉強したい」とのこと。
巨人では過去にもアメリカにコーチ留学させるなど、引退選手への扱いは非常にいいです。
最後に巨人で現役を終えた相川は、そのような明るい引退後の生活が期待できますね。
藤村は残念でした。

村田修の話は情報が錯そうしていますが、2000本安打を達成しやすい球団に移籍できればいいと思います。
これからの数年が大事で、ここで出番が少ないと引退時に後悔しますからね。

岡本は村田から色々教わったそうなので、来年こそはブレイクして欲しいですね。
広島がDeNAに下剋上を許しましたが、ペナント時の相性もありますが、これまで優しいファンに囲まれて「勝ちたい」と前向きにプレーできた広島ナインが、どんどん「負けたらどうしよう」という後ろ向きのプレッシャーに押しつぶされている感じがしました。


巨人ナインはいつもこういう「負けてはならない」というプレッシャーの中戦っているのですから、その精神力は本当に凄いと思いますね。
菅野の沢村賞、当然取ると思っていましたが、実際そうなってよかったです。
投手が一番欲しがる賞ですからね。沢村賞投手、という響きはいいですからね。

ドラフトは捕手と内野手が多いですが、捕手はコンバートもありそうですし、投手は昨年沢山取りましたしね。
大成する選手が出てくるといいですが。

ログインすると、残り335件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

アンチ巨人等の「風潮」に異議! 更新情報

アンチ巨人等の「風潮」に異議!のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済