ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > 大河ドラマ『西郷どん』NHK 2018 > トピック一覧 > 西郷どん ニュース 

大河ドラマ『西郷どん』NHK 2018コミュの西郷どん ニュース 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 
『西郷どん』や西郷隆盛にまつわるニュースや情報を求めます。:)
報道の記事はいずれ消えてしまうものもあるので、内容をざっと引用してもらえたら助かります。
 
https://www.google.co.jp/search?tbm=nws&q=西郷どん

コメント(23)

『NHK大河の西郷隆盛役はだれがいい? 主演未定で「希望」「予想」花盛り』

2018年のNHK大河ドラマが西郷隆盛を主人公にした「西郷(せご)どん」と発表され、ネット上で、早くも主演がだれになるのかと関心を集めている。

 大河については、西郷が主人公になり、俳優の堤真一さん(52)が主演に内定したと、2016年9月3日に一部スポーツ紙で報じられた。

『堤事務所「オファーはお断りしました」』

しかし、NHKは8日の発表で、大河放送時に明治維新から150年を迎えることから西郷が主人公の幕末ドラマにしたと認めたものの、主演については未定だとするに留めた。籾井勝人会長はこの日の定例会見で、報道が先行したことを受け、「あまりかぎまわらないでいただきたい」とクギを刺した。

堤さんについては、本人が大河への出演を断ったと別のスポーツ紙で報じられ、ネット上で、混乱も広がっている。

そこで、堤さん所属事務所のシス・カンパニーにJ-CASTニュースが取材すると、社長が対応して、堤さんがそもそも主演に内定してもいなかったと明言した。「NHKのプロデューサーからオファーは受けましたけれど、お受けしておらず、お断りしました」と話す。大河の主演を断った理由については、明かさなかった。

大河ドラマの発表日に、主演が未定だったことは過去にもある。

ここ5年間を見ると、2012年の「平清盛」については、10年8月4日に発表されたものの、主演が松山ケンイチさんと明かされたのは11月25日になってからだ。このときは、その2週間ほど前に一部スポーツ紙が松山さん主演の見通しを報じている。

また、現在放送中の「真田丸」は、14年5月12日に発表され、6月18日に主演が堺雅人さんとアナウンスされている。

『鈴木亮平、阿部寛...ネットで予想相次ぐ』

「真田丸」については、発表時から、堺雅人さん主演が「内定」「最有力」などとスポーツ紙各紙に報じられている。すでに最終調整段階だったらしく、その1か月後にはNHKから主演が明かされていた。

それ以外は、大河の発表当日に主演も明かされている。

今回については、堤真一さんがオファーを断ったため、主演は未定とせざるを得なかったのか。しかし、こうした点などについて、NHKの広報局では、「番組の制作過程については、原則としてお答えしていません」と取材に答えるのみだった。

「西郷どん」の原作は、作家の林真理子さん(62)の小説「西郷どん!」で、脚本は、脚本家の中園ミホさん(57)が担当する。男にも女にもモテたという西郷隆盛の魅力に女の視点で切り込むと、抱負のコメントを出している。

ツイッターや2ちゃんねるなどでは、主演についての予想が相次いで書き込まれている。

その中では、中園さんが脚本を手がけたNHK連続テレビ小説「花子とアン」にも出演した鈴木亮平さん(33)を予想する声も多い。このほか、演技力がある俳優として、阿部寛さん(52)らを挙げる人が多かった。さらに、西郷に似ているとして、元横綱の武蔵丸さんを推す向きもあったほか、過去にNHK大河で西郷役を演じた俳優に期待したいとの声も出ていた。

2016/9/ 9 19:43 J-CASTニュース http://www.j-cast.com/2016/09/09277665.html?p=all
 
西郷どんの遠行 今年も開催(鹿児島県)

22日は秋分の日で各地で様々な催しが行われた。
鹿児島市では西郷隆盛ゆかりの地を巡る「西郷どんの遠行」が行われ、子どもから大人まで多くの人たちが参加した。
スタート地点の西郷隆盛誕生の地を参加者は続々と出発していく。
約9キロの道のりを歩くのだ。
「西郷どんの遠行」は、西南戦争で敗れ亡くなった西郷隆盛を偲び、その教えを後世に残そうと毎年、秋分の日に行われている。
今年は約2300人が参加し、3時間ほどかけて西郷さんが眠る南洲神社を目指す。
最初のポイントは座禅石だ。
西郷さんは幼いころ毎朝4時に起きて、座禅石に座って座禅を組んでいたそうだ。
坂道、そしてトンネルを抜け、西南戦争の際に寝起きしていたとされる南洲翁洞窟などを経由し、いよいよラストスパート。
子供たちは階段を駆け上がりゴールした。
参加したこどもは、「きょうは楽しかったけど疲れた。」とすがすがしい顔で感想を話した。
今年米寿を迎えた男性も見事歩きぬいた。
「88歳を目標にやってきたから目標を達成できた。
次は東京オリンピックがある2020年、92歳だ」と新たな目標を話した。
再来年の大河ドラマが「せごどん」に決まったことを受け、参加した人たちは改めて西郷さんの偉業に思いを馳せていた。
西郷隆盛のひ孫である西郷隆夫さんは「大河ドラマが非常に楽しみだ。
西郷さんのことがまた全国に、西郷さんの面影や思いや精神が必要になるときじゃないかなと思っている」と話してくれた。
大河ドラマの決定を機に、西郷さんゆかりの地を盛り上げる機運が高まっている。

2016/09/22_20:56 KYT鹿児島読売テレビ http://www.news24.jp/nnn/news8728177.html
 
『18年大河ドラマ「西郷どん」に決定 堤真一は出演断る』

NHKは8日、2018年度の大河ドラマが西郷隆盛が主人公の幕末ドラマ「西郷(せご)どん」に決定したと発表した。
18年が明治維新から150年であることから企画された。
原作は作家・林真理子氏の小説「西郷どん!」で、脚本は中園ミホ氏が担当する。

出演者は現在調整中で、一部で主演と報じられた俳優・堤真一(52)は出演を断ったという。
NHKの籾井勝人会長は「女性2人のコンビが、また違った視点で描いてくれると期待している」と話した。

2016/09/09 デイリースポーツ http://www.daily.co.jp/gossip/2016/09/09/0009470264.shtml
 
大河ドラマ「西郷どん」の主演に鈴木亮平さん

11月2日 12時33分

再来年に放送されるNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の主人公で、幕末から明治時代のはじめにかけて活躍した西郷隆盛の役を、俳優の鈴木亮平さんが演じることになりました。

「西郷どん」は、鹿児島の下級武士の家に生まれた西郷隆盛が薩摩藩主・島津斉彬に見いだされ、3度の結婚や2度の島流しなどを経て、幕末の重要人物になり、明治維新を成し遂げる過程を描くドラマです。

2日は、東京・渋谷のNHK放送センターで主演が発表され、西郷隆盛役を、俳優の鈴木亮平さんが演じることになりました。鈴木さんは兵庫県出身の33歳で、NHKでは連続テレビ小説「花子とアン」でヒロインの夫役を演じましたが、大河ドラマに出演するのは初めてです。

会見で、鈴木さんは「大変な抜てきをしてもらい、正直言って、喜びよりも責任感のほうが大きく、身が引き締まる思いです。西郷は人を愛する愛きょうとちょ突猛進していくそのギャップが魅力だと思います。西郷という男に相撲を挑むような気持ちで向かっていき、情熱的でエネルギッシュな作品にしたい」と意気込みを語りました。

会見に出席した原作の林真理子さんは「脚本の中園ミホさんとメールでやり取りしていたが、2人の夢がかなってうれしい。西郷の青年時代の初々しさと革命家の悲劇を迎える場面を演じ分けて、びっくりするような西郷像を期待したい」と話していました。

大河ドラマ「西郷どん」は、来年夏から撮影が始まり、再来年、平成30年の1月から1年間、放送されます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161102/k10010753321000.html
“BL”要素にNHK放送総局長「ちょっと怖いところもある」

2016年11月16日

 NHKは16日、渋谷の同局で定例会見を行い、木田幸紀放送総局長は、2018年のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」を手掛ける脚本家の中園ミホさんから「ボーイズラブ」(BL)というワードが飛び出したことについて、「楽しみにしていますが、ちょっと怖いところもあります」と苦笑いを浮かべた。

 中園さんは今月2日に行われた「西郷どん」の主演発表会見で、「原作はいろいろな愛にあふれている。師弟愛、家族愛、男女の愛、ボーイズラブまで、そういうラブストーリーがちりばめられている」とコメント。制作統括の櫻井賢さんも「ドラマの中でそこ(BL)をどう表現していくか。ボーイズラブというものをどうとらえるか。楽しみにしていてください」と劇中での描き方に含みを持たせていた。

 木田放送総局長は、「西郷(せご)どん」同様、明治維新の立役者・西郷隆盛ら“鹿児島の男”にスポットを当てた1990年の大河ドラマ「翔ぶが如く」の制作に携わった経験がある。「中園さんがどういうイメージで言われたかは、よく分からない」としながらも、「鹿児島のあの(当時の)少年から青年にかけては、四六時中、寝食をともにしていた。そういう世界だったんですけども、ラブなのか友情なのか、それは微妙だったんですけれども。汗臭い世界が描かれるのではないか」と話していた。

 「西郷どん」は、57作目の大河ドラマで、維新の立役者の一人として知られる西郷隆盛が主人公。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(小吉、吉之助)は、両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。だが、そんな愚直な姿に、カリスマ薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら)が目を留める。西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へ奔走。そして、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく……。

 原作は人気作家・林真理子さんの「西郷どん!」で、主人公・西郷隆盛を俳優の鈴木亮平さんが演じ、18年1月から放送される。

毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20161116/dyo/00m/200/012000c
出演者決定

Google 検索「西郷どん 出演者」https://www.google.co.jp/search?q=西郷どん+出演者&prmd=imvn&source=lnms&tbm=nws https://goo.gl/0OG4Ki
先ほど正午前に鹿児島県薩摩地方に震度強の地震がありましたね。
大丈夫でしょうか?
小川のカルキを抜く…「やっぱり大河の美術すごい!」と鈴木亮平 - エキサイトニュース
http://a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170813/Ameba_9975.html
>>[7]
昨年は隣県の熊本で熊本地震が発生しており、余震が不安ですよね。
>>[10]
ええ、本当に。
地震はどこで起きるかわかりませんし、地震は不安です。
>>[8]
桜島の火山活動と地震が関係しているのかな?
おはようございます。
今日は大事な日ですね。

https://www.google.co.jp/search?tbm=nws&q=南洲忌
大河「西郷どん」 新キャストに二階堂ふみさんら | NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171003/k10011166011000.html

10月3日 12時30分
来年放送されるNHKの大河ドラマ「西郷どん」の出演者11人が、3日新たに発表され、主人公の西郷隆盛と結婚した島の女性の役を二階堂ふみさんが演じることになりました。
大河ドラマ「西郷どん」降板…斉藤由貴の“代役候補”にあがる女優の名前
https://dot.asahi.com/dot/2017101200051.html
>>[15]
斉藤由貴の代役は南野陽子です。
>>[16]
おお、そうですか。
懐かしい人ですね。:-)
>>[16]

初代スケバン刑事から二代目になったのですね。
あ、こちらがキャスト発表が貼られている所だったのですね!
以前、予想トピックに間違ってしまって、ごめんなさいでした^_^;

勝手なら事をせずに、じっと見守ります(>_<)ゞ

先ほどウィキを見たら、以前貼り付けちゃ時より10人ほど増えたみたいですね。

でも、ナンノちゃんはまだ上がって無かったみたいな。
>>[19]
こんばんは。
じっと見守らずに、気軽にコメントしてくださいね。 :-)
サッポロビール、明治維新150周年に向け黒ラベル「明治維新西郷どん缶」を11月7日発売 九州8県を中心に西日本でのみ販売 - トラベル Watch
https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1086726.html
西郷どん:地元・鹿児島で初回パブリックビューイング 林真理子、桜庭ななみら登場でトークも 
https://mantan-web.jp/article/20171031dog00m200011000c.html
【西郷どん】メインビジュアル完成 - エンタメ - 朝日新聞デジタル&w:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2100257.html

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

大河ドラマ『西郷どん』NHK 2018 更新情報

大河ドラマ『西郷どん』NHK 2018のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。