ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 経絡測定研究会 > トピック一覧 > 鍼灸情報交換・実験会

経絡測定研究会コミュの鍼灸情報交換・実験会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

いま、鍼・温灸講習会を受講してます。
http://tan-aka.server-shared.com/koushuukaiharikyuu.html
平成29年4月〜30年3月まで月1回というものです。

私の経絡測定装置を実際の鍼灸治療の現場で使ってみたいと、ほうぼうに打診してきましたが、なしのつぶてでした。
しようがないので、自分で鍼灸治療しようと思い立ちました。
私は30数年前鍼灸あマ師の資格は取得しましたが、いままでまったく治療経験がありません。
そこで、再勉強を始めた訳です。

測定実験目的なので、本業の治療家になるつもりはないし、そんな治療家向きの性格でもありません。
ですが、教材が揃ってしまいました。
なかでもDVDビデオは、世間の治療家にとっては興味深いと思います。

映像教材DVD7巻
▽花粉症の鍼・鍼温灸治療と関節運動法
▽視力改善の鍼温灸治療
▽アトピー性皮膚炎の鍼・温灸治療
▽痩せる耳のハリ
▽肩凝りの鍼・温灸治療
▽美容治療 経絡按摩・鍼・温灸・関節運動法
▽診断按摩と鍼・温灸の基本手技

そこで、鍼灸治療勉強中の方々が集い、手持ちの治療法の情報を交換し、施術実験を行う会をつくることにしました。
私の第一目的は、施術実験中に経絡測定を行って客観的なデータを得ることです。
他のみなさんは、上記講習会の教材や他の参加者の情報が参考になると思います。

ときどき公共施設の部屋を借りるなどして集いたいと思います。
活動場所はたぶん東京都内になります。

ご意見・ご希望など、お寄せください。

コメント(3)

上記鍼・温灸講習会では、よく実験をやります。

▽5月の会では、「折鍼実験」をやりました。
患者さんに刺入した鍼が折れる心配がありますが、どれくらい丈夫かを知っておこうという目的です。
左手で鍼体の中央付近をピンセットで挟み垂直に立てて、右手で鍼柄をつまんで垂直のまま左右往復する。
何回で折れるか、受講者1人ひとり実験しました。
下記画像は、昨年の集計表ですが、ずいぶん丈夫でした。
▽6月の会では、「脾経のツボで、血糖値を上昇・下降させる実験」をやりました。
・陰陵泉穴は、血糖値を下げる作用がある。
・脾兪穴は、血糖値を上げる作用がある。
 ―そうです。
 私自身(練習相手の人に施術を受けた)の実験では、
・実験前…血糖値 105mg/dl
  ↓
 脾兪に刺鍼置鍼〜その上から温灸 約10分
 再度測定…血糖値 108mg/dl
  ↓
 陰陵泉に刺鍼置鍼〜その上から温灸 約10分
 再度測定…血糖値 98mg/dl
 でした。
 周りの人も、上記法則で上下してました。
 すぐに変化するものですね。
 次回全員の集計表が貰えると思います。
http://tan-aka.server-shared.com/index.html
田中鍼灸指圧治療院

機関誌などの記事が検索できます...
http://nico2.info/tanaka_kensaku.html

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

経絡測定研究会 更新情報

経絡測定研究会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済