ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > 映画好きの会 ザ・ムービーズ > トピック一覧 > 【旧作】映画雑談4

映画好きの会 ザ・ムービーズコミュの【旧作】映画雑談4

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

レンタルやTV放映等 旧作の話題はここでどうぞ

今日これ観たよーなんかもお気軽に

注:ネタバレの時は「ネタバレ」と一言注意をお願いします。

コメント(121)

ザ・フォッグ

10代の頃に一度観たきりで久しぶりの鑑賞です
昔と同じで、やっぱあんまり入り込めない作品です
やっぱ自分にとっては、スプラッターこそがホラーなんだなと再認識
雰囲気はなんか引き込まれるものがあるだけに、少し残念な気分
最後に亡霊が「やっぱり来ましたー」みたいな感じでで戻って来るのはなんなんだ??
コーマ

だいぶ前から観たいと思っていた作品です!
想像以上に面白かった!!
講堂〜解剖室で繰り広げられる殺し屋との対決は、まさに息がつまる程!
退屈知らず!画面釘付けであっという間に終わっちゃいました!
悪魔の起源 ジン

トビー・フーパー監督作品として観るとダメなのか?
いや、そうでなくてもダメな気がする
そんな感じでした
エスター

周りから結構勧められていた作品です
いやいや凄い作品ですね
最初は幸せな家庭をたっぷり見せてウットリさせてくれるんだけど、その後に地獄絵図が待っているとは
ラストまで釘付けでホント凄かったけど、二度と観たくないですね

前半の演出はうまいですね
台詞で物語を進行させるのではなく、普段の何気ない台詞からその人物の、過去現在未来を窺わせるようなね
監督誰だよってググったら「ロスト・バケーション」の監督か
オデッセイ

面白かったです
オープニングの嵐と、セルフオペシーンがすごい
恐怖と興奮が入り混じってます
ラストがわりとあっさりな感じ
ミニミニ大作戦

1969年オリジナルです
面白かった!アクロバティックなカーチェイスをかわいいミニクーパーでやる事と、カメラワークを緩く緩くする事でなんともラブリーなカーチェイスになりましたね!
競技場だかの屋根上に登っていく3台のミニに萌え
虫みたいでめっちゃかわいい
年代が年代なので、教訓的な終わりになるかと思いきや、どの予想をも覆す終わり方で素敵です!
ジャッジ・ドレッド

スタローン主演版の方を観ました
特に感想はないかなー
フラッシュ・ゴードン

tedがあんまり勧めるので…
SF苦手なオレには内容がさっぱり入って来なかったけど、ティモシー・ダルトンがかっこよすぎて、それだけで最後まで観られました!
しかも、ティモシーの他にも、マックス・フォン・シドー、トポルと007シリーズの俳優が一堂に会するというなんとも贅沢なキャスティング!
ラストがとてもハッピーで、なんか結果楽しい作品と脳が誤認識してしまう
そんなゴリ押し感もよしですな
アウトレイジ

観るほどにコメディだなあと思う
うん
仁義なき戦い

今回で3度目の鑑賞なんですが、やっぱりダメですね
登場人物が多すぎて相関図が頭の中に出来ない
展開が早すぎてついていけない
セリフが多すぎて疲れる
しかも広島弁がほとんど分からない
カメラワークにもガチャガチャし過ぎて疲れる
絶対好きな題材なのに、何度チャレンジしても報われない…
ただ、ラストシーンだけは毎回かっこいいなって思います
リベンジ・マッチ

まったく期待してなかったけどおもしろかった!
良作です!
なんか最近デ・ニーロ離れしていて、久しぶりに見た感満載!やんちゃな感じがすごい良かった!
なんか2人とも元気でしみじみと感動しました!
毒婦お伝と首斬り浅

天才牧口雄二監督作品だけど、エログロ路線ではない青春破滅型ラブストーリー
東映版「俺たちに明日はない」
実在したお伝の生涯を大分捻じ曲げてエンタメ化しています
つまらなくはないけど、ちょっと物足りないかな
女獄門帖 引き裂かれた尼僧

昨日投稿したのですが、添付した作品ポスター写真に、女性のおぱいが写っていることを理由に運営事務局より投稿を削除されてしまったので再投稿です

とにかく大傑作でした!!
日本カルト映画は、「異常性愛記録ハレンチ」と「徳川女刑罰史 牛裂きの刑」が頂点と確信し、それ以降カルト分野には手を出していなかったのですが、「徳川女刑罰史 牛裂きの刑」の牧口雄二監督作品に凄いのがあると聞きつけての鑑賞です
「悪魔のいけにえ」にリスペクトされて、本作を作ったらしいですが、異常性、猟奇性だけではなく、エンタメ性も高く、これだけのエッセンスが69分という短い尺に実にうまく詰め込まれています
志賀勝演じる白塗り長髪の人食いも最高!
クライマックスの地獄絵図なんかもう、わけわかんないほどの興奮!
ラストを締める少女のフラッシュバックと、旅立ちの画が素敵すぎて、このシーンが本作を名画に昇華させてます!
死ぬまでに一度観ることをオススメします!
悪魔のいけにえ

10代の頃に初めて観て、その猟奇性、鬼畜っぷりに、本物のスナッフフィルムを見せられたようで、ほんとに不快極まりなく二度とごめんクラスに位置付けられた作品
しかし時が経ち、石井輝男に鍛えられ、近頃ちょいちょい気になっていて、今日なんかたまらなく観たくなって借りちゃいました
やっぱり1番最初の屠殺シーンが異常な迫力
フィルムのザラついた感じも相変わらずいいですね
初見から数えて多分今回の鑑賞は4、5回めかな
そのうち好きになってしまうのだろうか
ワイルドシングス

ちょっとやりすぎだろ
女獄門帖 引き裂かれた尼僧

※ネタバレに入るかも

また観ちゃった
最後に少女が大人になり、雪道を歩いて行くのは、この作品のオープニングに繋がるわけか
物語は繰り返される事を暗示しているのかな
しかし、ホントおもしろいなコレ
徳川いれずみ師 責め地獄

石井輝男監督作品のマイランキング上位に位置する大好きな作品
久しぶりに見直して思ったけど、石井輝男監督作品には優しさと愛情が詰まってるなと感じました
主演女優の橘ますみが可憐過ぎます
アンタッチャブル

ウォレスやマローンの殉職後も、彼らの意志、魂を背負い共に戦い続けるアンタッチャブルに毎回感動させられます
「ロッキー」同様に、何かを始めようとする時によく観ます
熱い!
エンニオ・モリコーネの音楽も本当にいいです
特に、ネスがカポネの側近殺し屋フランクを屋上から突き落とす直前!マローンの事をボロクソ言われ、殺気づいた時のスコアはまさにデ・パルマチック!
ゾクッときます
デ・パルマらしからぬ題材、且つ超大作でしたが、それに飲み込まれることなく、うまく仕上げましたね
紛う事なきデ・パルマ作品です!
オーディション

三池崇史監督作品
久しぶりに観ました
世界が戦慄した石橋凌イジメのシーンには無反応な私ですが、部屋で電話を待つ麻美のシーンは相変わらずインパクト大で大好きです
美術も素晴らしいですよね!
この映画の1番の見せ場でしょう!
しっぽフリフリのギャングに萌えます
盲獣

江戸川乱歩原作は、少年探偵団以外はすべて読んでいる乱歩ファンなのですが、こんな内容だったっけ?
かなり凄い内容ですね
盲目の誘拐犯と過ごしているうちに、誘拐された美女モデルもなんとなく盲目になっていくというファンキーな展開
破滅に向かって突き進む変態SM大会に潔さを感じました
愛のメモリー

これまてま何度となく観た作品ですが、今日劇場で観て感想がだいぶ変わりました!つまり、すごい面白かったです!
デ・パルマ作品史上最も無口な男が主人公なんですが、全体的にもセリフが少なく、とにかくおとなしめなトーンなんですよね
でもこれを音楽がすんごい存在感で語りかけてくるわけでよ!見事!
映画はやっぱり映画館で爆音で楽しむべきだなと

映像面でも、ケレン味たっぷりのカットが無く、一見地味に思える作品ですが、結構大胆な試み多いですよ
主演女優のジュヌヴィエーブ・ビジョルドの驚愕一人三役も時を超えて輝き続けてますね!
これまで、ラストシーンだけが腑に落ちなかったんですが、ジワジワと落ち始めてきた感
劇場で観てよかった!

悪魔の赤ちゃん

先日、リメイク版を観たんですけど、やっぱ観たくなっちゃいますよねオリジナル
やっぱり名作ですね
親子愛が切ないです
悪魔の赤ちゃん2

赤ちゃんサーガ第2章ですよ!
監督、特殊メイク(リック・ベイカー)、音楽(バーナード・ハーマン)続投です!
うれしいですね!
今回も親に抱かれると(ホントの)赤ちゃん泣きをするとタチが悪い
つまりかわいいんですよ
親の気持ちがわかるー

さあ、次はトンデモ展開と評判の「3」に突入だ!
「ドラゴン×マッハ!」観ました。
これSPL2なんですね原題。
ただ中身はSPLとは全然関係ありませんでした。流石中国(笑)
役者もウー・ジン、トニー・ジャー、マックス・チャンが出てるだけでヨダレ垂れ流し!
マックス・チャンが個人的にはスゲー好きなので彼主演でもっともっと作品作って欲しいです。
話もドラゴンとかマッハがつくクセに意外にしっかりしてたりと侮れない作品でしたよ。


「ヘッド・ショット」観ました。
インドネシアのイコちゃん主演。
得意のシラットで悪漢どもを本格的にバッタバッタとなぎ倒す・・のは中盤くらいから。
なのでその間が退屈。
けれどイコちゃんのシラット&リーさんのバトルは熱すぎるので全く問題なし!
親日の後藤が出てるのでも(一部で)話題にぬってましたねぇ(シミジミ


「エイプリルフールズ」観ました。
ミックスがスゲェ人気みたいなので観てみましたが、まぁ典型的な日本型群像劇(コメディ)
誰でも軽く観られるのが良いっちゃ良いのですが、2時間ドラマで充分なんじゃない?とか思ったり。


「信長協奏曲」観ました。
膵臓で良い演技をするようになった小栗さんを観たくて観ちゃいましたが、この頃はまだヤンチャ演技が抜けきってないですね〜

「花の詩女 ゴティックメード」観ました。
FSSのファンは喜ぶのか怒るのか・・単純に作品だけを観れば喜ぶべき内容。
ただこの後のFSSの流れを観ると素直に喜べない作品。
カイゼリンの動きは永野護が考えてるメカの最新の可動なのでそれだけで見る価値はあるんだが、やはり素直に喜べない(笑)

悪魔の赤ちゃん3 禁断の島

飛躍しすぎて面白かったです!
5歳で子作り出産をしてしまうんですから悪魔ですよね
前半の人権裁判、父親の苦悩、中盤の海洋アドベンチャー、終盤に親子愛と目まぐるしく変わる構成も素敵
L.A.大捜査線 / 狼たちの街

20年以上前に一度観ていて、さっぱり覚えていなかったんだけど、観直してびっくり!
ファッキン面白いじゃないですか!!
主人公の暴走キャラが最高!
今回観なおした理由は北野武監督のお気に入り作品として本作が上がっていたからなんです
なるほど「その男、凶暴につき」の暴走刑事吾妻のキャラの原型になったのかな

しかし面白かった
明日もう一回観よう
女獄門帖 引き裂かれた尼僧

また観ました!今月3回めです
クライマックスは映画のお手本と言っていいくらい見事な盛り上がりで何度観ても素晴らしい!
ラストシーンは必殺!シリーズみたいな哀愁漂う音楽と美しい映像でホント名画ですよ
徳川女系図

石井輝男監督の異常性愛路線第一作
久しぶりに観ましたが、コレ以降変態路線を驀進する輝男作品と比べると非常にまともです
人間不信に陥る上様の、バッタバタな心情がたっぷり描かれていて非常に面白いですね!
アキレスと亀

「HANA-BI」以降の北野武監督作品が嫌いでした
ヴェネツィア国際映画祭を制してから、"オレはいい映画撮るだろう?" "どうだ泣けるだろう?"と言わんばかりの作風にうんざりでした
「菊次郎の夏」「BROTHER」「Dolls」もう吐きそうでした
「TAKESHIS'」「監督・ばんざい!」どちらも本人役
どこまで自分に酔ってんの??
しかも描きたいテーマなんか、もう何もないんだなあこの人は…
続く「アキレスと亀」
画家としての本人役
この作品で初めて北野武監督作品を観る事を拒絶しました
ひたすら自分大好きな武に激しい嫌悪感を抱いたのです
まあ、この感情は初期作品を愛するがあまりのことなんですが
という事で、本日「アキレスと亀」初鑑賞です!
で、結果
衝撃でした!!
大傑作です!!
とてもロックな作品ですね!!
ストーリー展開なんていらないんですよ!
欲しいのはその場の空気なんですよ!
展開が読めなく最後までドキドキしました!
樋口可南子とのコンビネーションも抜群!!
素敵な夫婦で嘘っぽくない、説得力があります
で、娘役が絡む事によって最高の化学反応が起きます!
素晴らしすぎる家庭!!
状況説明のセリフ、描写を排除してわからせる、初期の演出にも似た空気が最高においしいです!
そしてラストに号泣!!
傑作!傑作!
初期4作品以来の傑作ですよ!
もうBlu-ray買おう!!
これまで観ないでごめんなさい!
ということで、北野武監督への反抗期は和解を経て幕を閉じたのでした
めでたしめでたし
マーティン / 呪われた吸血少年

念願の初鑑賞!
ですが、なんかロメロらしからぬ作風と音楽でした
70年代のフィルムの質感はたまらないですね!
この作品がロメロ+トム・サヴィーニの初タッグとなり、トムさん出演もしてますが、あ、ヒゲがない
バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト

今年度上半期1位の作品、久しぶりに観ました
圧倒的に黙らされます
すごいなあ
レッドブル

公開当時劇場で観たけど、「ターミネーター」とか「コマンドー」のシュワを期待していたので、地味で何も印象に残らなかったけど、大人になったいま、大好きなウォルター・ヒル監督作品として、正当に鑑賞できました
当然面白かったです!ラストのバスチェイスもいいし、その後にみせる男の友情もヒルならではって感じですね!
きちんとヒルの映画なんだけど、これシュワを想定して書いた脚本じゃないんだろうな
ピーター・ボイルが警察署長役で出ていて、この人を見るとやっぱり「ヤング・フランケンシュタイン」が観たくなります
「パパvs新しいパパ」観ました。
パパ(ウィル・フェレル)vs新しいパパ(マーク・ウォールバーグ(マッチョver))って始まる前から新しい・・ん?元パパがマーク・ウォールバーグかが(腕力で)勝つに決まってるじゃん!と思いきや、なかなか面白い勝負を繰り広げるんですよね!
勝ち負けはいかに良いパパかということなので結果は納得です(笑)
最後カメオ出演でジョン・シナが出たときが一番笑えたのは内緒。


「デッドプール」観ました。
やたら評判の良い吹き替えverで観ましたよ。
クドい俺ちゃん説明はウザいですが、ジーナ・カラーノvsコロッサスは何杯でも飯が食えるくらい好きなのでよし!
2でもエンジェル出ないかな〜

X-MEN、ファンタスティック・フォーあたりと組んでR-15+FOX版アベンジャーズやらないかな〜とか思ったり。


「デスノート Light up the New World」観ました。
前作から考えると後継者とか無茶苦茶な設定を追加したり、Lの後継者も頭悪いしで大変困ってしまった正統続編。
続編ありきで作ってたみたいですが、これは正直ポシャりますよ(笑)
ビー・バップ・ハイスクール

那須博之監督版
高校生の頃、映画館で観たきりです!
当時は原作との有り余るテイスト差にパニックを起こしかけたほどのはちゃめちゃムービーです
原作を(全身全霊で)忘れて観れば笑えます
ロケ現場がひっきりなしに変わりすぎて、ここ何県だよ?感が結果、無国籍風映画に思わせます


徳川セックス禁止令 色情大名

そのタイトルにひいてしまい、これまで手を出せなかったんですが、好評なレビューが多いのでチャレンジしました!
監督の鈴木則文は、観客の望む物すべて見せてやろうという気概に溢れていますね
サービス精神が凄いです
ただ、ちょっと好みではないんですけどね
しかし、テーマは至って真面目で思わず頷いてしまうほどの説得力があります
ポスター写真を添付してしたかったのですが、当然また事務局にコメントごと削除されてしまいそうなビジュアルなので、ポスター写真添付は断念しました!
48時間

以前観た時の感想は"エディ・マーフィーだけがウォルター・ヒルの世界観を壊してる"でしたが、今回は"エディ・マーフィーじゃなければホントに傑作だったのに"

この違い分かります?以前は"残念な作品"、今回は"すげえ面白いんだけど、惜しい!"
夜の街を刑事がひた走る映画が大好きです
本作品の脚本もヒルが書いているだけあって、男の友情はしっかりと押さえてあり熱いですね!
脚本家としてのヒルに興味が移りちょっとググってみてビックリ
エイリアン3の脚本も書いていたんですね!そう言われると確かにって感じです
48時間PART2 / 帰ってきたふたり

前作で映画デビューしたエディ・マーフィーが大スターになって帰ってきた!
製作にも絡んでる!クレジットも主演のニック・ノルティを差し置いてトップクレジットだ!
ヒルは脚本書かず演出のみだ!
誰の映画だって感じですね
ラストマン・スタンディング

淀川長治先生が日曜洋画劇場で最後に解説した作品ですよね
用心棒ファンとしては"観る必要なし"と決め込みこれまでスルーして来ました
ヒル祭りとあって挑んでみましたが、やっぱり「用心棒」と比較しちゃって、"あー、ここはこうでないと"とかのチェック大会になっちゃってダメですね
でも言えるのは、ブルース・ウィリス演じる主人公ジョン・スミスは好きじゃないです
全般無口、小声でいらいらする喋り方と、出会ったオンナをすぐモノにするボンドっぷり
やはりこやつは三十郎ではないなー
ま、比べたらダメなんですけど、リメイクの悲しい性ですね

ログインすると、残り82件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

映画好きの会 ザ・ムービーズ 更新情報

映画好きの会 ザ・ムービーズのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済