ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > 映画好きの会 ザ・ムービーズ > トピック一覧 > 【旧作】映画雑談4

映画好きの会 ザ・ムービーズコミュの【旧作】映画雑談4

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

レンタルやTV放映等 旧作の話題はここでどうぞ

今日これ観たよーなんかもお気軽に

注:ネタバレの時は「ネタバレ」と一言注意をお願いします。

コメント(302)

ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間

テレビシリーズを観ていない私は楽しめないものと思い、いつかテレビシリーズを観た時にトライしてみようと、リンチファンながらもこれまでスルーして来た作品です
テレビシリーズファンからは散々な評価と、映画祭に出品された時は大ブーイングを受けたらしい本作
リンチファンからも"駄作"の烙印を押されているようです
となると、伝説のテレビシリーズを観ていない者であればフェアに鑑賞できると思い立ち観てみました!(前置き終了)

女子高生(には見えない)ローラ・パーマーらの生活や闇を覗き見るだけで十分楽しいじゃないですか!
リンチワールドの住人も沢山出てくるし退屈しないすよ!
ローラだけでなく
音楽、照明ともに雰囲気よく最後まで楽しめましたよ!
赤ドレスの預言者(?)とデヴィッド・ボウイが抜きん出てますね!

しかし、本作を観て犯人がわかっていながらでもテレビシリーズは楽しめるのだろうか?
ファイナル・デスティネーション

不吉さではシリーズ1ですね
シャーク・ナイト

また観ました!
コレやっぱりホント面白いです!
コレ3D公開作品だったんですね!
コレ80分しか尺がなかったんですね!
うん、映画は短い方がいい

主演のサラ・パクストンがスゴい美人なんですけど、この年以降まったく活躍していないみたいですね
なんでだろ

てか、コレが遺作になってしまったデヴィッド・エリス
ホントにもっと彼の作品を観たかったです

デッドコースター

また観ました!
デヴィッド・エリス祭りがアイ・キャント・ストップです!

冒頭のハイウェイ事故について
「1」の冒頭は飛行機大爆発ということで、わりと一瞬でアッサリ片付けてたけど、シリーズのトレードマークとなる、"偶発的連鎖による大惨事への変貌"はこの「2」の冒頭シーン、ハイウェイ大クラッシュによって確立されたものですね
この作品を撮る前に、デヴィッド・エリスは第二班アクション監督として「マトリックス・リローデッド」のハイウェイカーチェイスシークエンスを撮っていたので、おてのものだったわけですね!

歯医者のシーンで、小さなサスペンスを積み重ねていく演出も素敵

本作のヒロインと「シャーク・ナイト」のサラ・パクストンを観ると、監督の女性の好みがわかりますね!
13日の金曜日PART6 ジェイソンは生きていた!

邦サブタイトルが"ジェイソンは生きていた!"ですが、正しくは"トミーがジェイソンを生き返らせた!"ですよね

ちょうど今から30年前に観て熱狂した作品です
ポップで映像が最高にカッコよくて、アリス・クーパーの主題歌、挿入歌も最高にカッコよくて
ホント最高でした

最近、この作品の日本版ポスターが欲しくて探してたらヤフオクで入手できました
今日届いたので、早速額に入れて本作を鑑賞です!
このポスターも最高にカッコよくて大好きすぎるヤツです!
30年経ってもラブリーな作品です!

※画像はもちろん今日届いたポスターですよ!最高!

ジョーズ3

適度にグロいんだけどマンガチックでいいんですよね
劇場公開当時は3D映画で、画面に向かってくる食いちぎられた魚の顔とか、人の腕とかなんかホッコリします
カメラワークもマンガチックでいい
過小評価されがちな本作ですが魅力いっぱいですよ
私は大好きです!
地獄のデビルトラック

スティーブン・キング監督作品
いやーユルユルでした!
時系列も狂い気味
無意味としか思えないスローモーションの多用
よくがんばった!エミリオ!
「ちはやふる 上の句」
「ちはやふる 下の句」観ました。
評判がやたら良いこの作品、やっと観れました。
とにかく女性陣の熱演が光りますね!
とくに松岡茉優演じるクイーンがすげぇ良い。

話は飛ばしすぎな感もありますが、脚本がしっかりしてるのでうまくまとまってます。
変なラブコメにしなかった点が良かったんですかね?
ピラニア(1978年)

好きな作品だったんだけど、何故かこれまでにあまり観直す機会がなかった作品
ジョー・ダンテ演出、ロブ・ボッティン特殊メイクと、「ハウリング」のゴールデンコンビですよ
で、なぜこれまで気づかなかったのか!音楽がピノ・ドナジオだったんだ!!
ハウリングゴールデントリオじゃないですか!!
ゲットアウト

前半はかなり恐怖です
演出も凄いんだけど、アフリカ系使用人ジョージーナの怖さといったら!!
でもやっぱ夜中に窓ガラスに映る自分をみつめるジョージーナのシーンや、真夜中ランニングとかホント何が起こるか予測不能な怖さです
ネタバレしていく後半急に失速しますがね…

でも前半だけで大満足です!
僕のワンダフル・ライフ

もう解説とか感想とか言葉には出来ません
号泣!大感動です!!
あの風景も素敵だし
人生を大切にしたくなります!

近頃映画の主役がサメになっていたけど、やっぱりワンコにはかなわないのですよ
ボブと言う名の猫 幸せのハイタッチ

とにかく猫が出ているだけで萌えるのです
ネコさんがかわいすぎて、変な話ストーリーなんてどうでもいいのですよ
ネコさんを見ているだけで飽きない
うー、飼いたいなあ

エンドクレジットで監督がロジャー・スポティスウッドと知り驚いた
007 トゥモロー・ネバー・ダイの方ですよ

おざなりの説明描写とかバッサバッサ切り捨てる演出、編集がとても好みでした
ピラニア3D

以前冒頭だけ観た事あるんだけど、オリジナルとの落差が激しく、いや落差というよりは全くの異なるテイストに20分くらいで鑑賞をやめてしまったやつです

ドン引きレベルの低俗下劣作品との噂でしたが、それ程でもなかったですね
牧口雄二や石井輝男の方が凄いです
まあ楽しめましたけど、やっぱりCG感ですかね
ピラナコンダ

ピラニアとアナコンダをかけてピラナコンダ!
なるほどですね!
顔がピラニアぽいだけで普通に大蛇

冒頭からポケモンみたいな顔を出しまくります
んー、潔い
ピラニア リターンズ

なにこれクッソおもしろい!
前作がイマイチだったけど振り切りましたね!
素晴らしい!
ギャグ全開!エロ全開!定番ラスト、進化に怯えるドクまで最高じゃないですか!
これで本編のランニングタイム70分ですよ!
で、延々12分も続くエンドクレジットはなんなんだ!?
それも含めて好き
マンイーター

ホラー映画かと思いきやネイチャードキュメンタリーのような作品でした
冒頭からジャングルの美しい景色や野生動物を丹念に捉え完全にホラー離れ
ステキ!
やられっぷりもやはりホラー離れしていてなかなかの見応えですよ
ただただ食う
縄張りに入ったからやっつけるっていうね
演出もホラーとはかけ離れていて心がまえが出来ない楽しさを堪能しましたよ
秀作ですよ

にしてもな邦題がかわいそう
シャークネード

テレビ映画らしいのですが、この一作めがウケたのか現在5作めまで製作されている人気シリーズのようです

嵐が巻き起こす津波にサメがわんさか乗せられて地上の人間を襲うという大雑把な導入から、ハリケーンに巻き込まれ空から人を襲うサメと大雑把な展開に拍車がかかります

タイトルもシャーク+トルネードという大雑把さ!

ホラー映画の2大アイコン、チェーンソーVSサメ夢の対決もステキ
天使の欲望

1979年の同タイトルカルト作品と間違えネット購入してしまいました
痴漢電車に乗り込み囮作戦で痴漢を成敗していく女子高校生を描く38分の短尺作品
演技、演出ともにちょっとアレな感じでしたが、題材としてはおもしろいと思いました
海底47m

トッティの絶賛っぷりに釣られて見てみた。
いや、待てよ、トッティはちょっと感性が特殊だし、大丈夫か?

大丈夫でした。
というか、ホント息苦しい映画です。
これを観たら海に潜る気がしないですね。

確かにダイビングやってて恐怖体験した人ならなおさら怖さ倍増しそう。
ちょい宇宙空間に通じる怖さもありますねー。
>>[284]

トラストミーですよ!
トッティのオススメにハズレなしわーい(嬉しい顔)
悪魔のシスター

デ・パルマ初期作品として名高い作品で、観たい観たいと思いながらなかなかレンタル屋で遭遇することがなく、今日まで見逃しておりました。
このたび、主演をつとめたマーゴット・キダーさんがお亡くなりになったので、ディスカスでレンタルする運びとなりました。

マーゴット・キダーさんと言えば、どうしてもB級ホラー映画女優のイメージが強く、だから78年版の『スーパーマン』でスーパーマンの恋人を演じた時も、「あのくそ面白くない『悪魔の棲む家』の安っぽい女優さんが!?」なんてイメージで、実はあまり魅力を覚えない女優さんだったのですが、悪魔のシスターはまだ若く、初々しく、加えてデ・パルマの撮り方もうまいのか、大層かわいらしく見えました。コケティッシュな魅力もあって、これまで観た彼女の出演作の中では一番魅力的です。
彼女の場合後年そのなまめかしさが安っぽく見えちゃったんですが、この作品の色気はいい感じです。

『ファントムパラダイス』のウィリアム・フィンレイがこれまた灰汁の強い存在感で、映画にアクセントをつけております。

それにしても、シャム双生児を扱ったサスペンスくらいの認識しかなかったのですが、もう、既にデ・パルマのスタイルがここでかなり確立されていたんだなーという印象ですね。
『ボディ・ダブル』が『裏窓』と『めまい』の掛け合わせであるならば、こちらは『サイコ』と『裏窓』の掛け合わせ的な。
ネタとしてはもはや今となっては早々に先の見える展開ではありますが、それでも、見せ方が上手いので、得意のスプリットスクリーンを駆使した最初の事件などはこの映画の一番の見所です。
後半若干ぐたぐだな感じもしましたが、嫌な後味の残し加減が絶妙。

冒頭のフェイクのかけ方も『殺しのドレス』や『ボディ・ダブル』を彷彿とさせます。
覗きがキーワード的に描かれているのですが、いまいち作品のテーマとどう連動しているのかわからなかったです。

ヒッチコック御用達のバーナード・ハーマンが音楽を担当ということで、とことんヒッチコックに寄せた作品ですね。
>>[289]

はあーーーっ!?
観てなかったんですか!?
なにやってんすか!!

この作品は仰々しくおどろおどろしいバーナード・ハーマンのオープニングスコアが最高ですよね!

他に観ていないデ・パルマ作品があれば今のうちに白状してください

>>[290]

ご、ごめんなさい((((((((゚Д゚;))))))))

デ・パルマ作品結構見てない作品ありますよ〜(O.O;)(o。o;)

観たのは以下の作品だけです。

悪魔のシスター Sisters (1973)
ファントム・オブ・パラダイス Phantom of the Paradise (1974)
キャリー Carrie (1976)
フューリー The Fury (1978)
殺しのドレス Dressed to Kill (1980)
ミッドナイトクロス Blow Out (1981)
スカーフェイス Scarface (1983)
ボディ・ダブル Body Double (1984)
アンタッチャブル The Untouchables (1987)
カジュアリティーズ Casualties of War (1989)
ミッション:インポッシブル Mission: Impossible (1996)
ミッション・トゥ・マーズ Mission to Mars (2000)
ブラック・ダリア The Black Dahlia (2006)
パッション Passion (2012)
>>[291]

ふんふん、いちおマストはおさえてあるようですね
まあいいでしょう

出来れば全部観て欲しいけど、鑑賞義務の順位をつけるのであれば下記の通り

「愛のメモリー」
セリフではなくバーナード・ハーマンの音楽で綴られるダークで救いのない物語
ガツンとやられます
主演女優ビュジョルド驚異の一人三役!


「カリートの道」
ヤクザあるある
出所後浦島太郎状態のアルもいいけど、ショーン・ペンの怪演は過小評価気味
ラストの長い追跡劇は興奮まっくす!
劇場公開当時5回観に行きましたよ!


「レイジング・ケイン」
デ・パルマサスペンスの集大成的な作品(「サイコ」へのオマージュというかデ・パルマの「サイコ」)
トリッキーな撮影手法と編集はキレキレだし、ブラックジョークも冴えてます
デ・パルマフリークならきゃあきゃあ言いながら楽しめます


「リダクテッド 真実の価値」
デ・パルマ2度目(DVD化されていない作品も数えれば4度目)の反戦映画
「カジュアリティーズ」であれほど強烈な戦争の悲劇をを描いたのに!
何も学ばない祖国=アメリカへ怒りの核弾頭!
デ・パルマが大統領になればいいのに


「ファム・ファタール」
興行的にも作品的にも評価されなかった「スネークアイズ」「ミッション・トゥ・マーズ」で、ハリウッドを追われることになったけど、その分初期作品を思わせる若々しさと題材で撮りきったサスペンスもの
晩年のヒッチコックが「フレンジー」で復活した時と被るなあ


まずはこれらを観ましょう!


>>[292]

ふう、セーフセーフ((;・・ヘ)

どれも面白そうなので、探してみます。
とりあえず愛のメモリーから。
>>[293]

あと、カリートの道にはショーン・ペン以外に、ジョン・レグイザモ演じるベニー・ブランコも最高ですよ!
レグイザモはカジュアリティーズの時もそうだけど、嫌なヤツを演じるのが実に巧いです!
てことでカリートの道もよろしくねスマイル
テス

予告のイチゴを食べるシーンが印象に残っていて、気になりつつもなかなか観られなかった。
で、この映画はもうナスターシャ様の美しさにひれふす映画。
正直、登場人物たちの心情がいまいち理解出来ないままに、淡々と物語が進んで終わった印象だけど、ナスターシャ様がひたすら美しいので眼福です。映像もきれいでした。
デ・パルマ

ついにBlu-ray発売!!
ひっそり公開から1年経っての発売ですよ
ソフト化されないのかなあとヒヤヒヤしてましたよ

やっぱり彼の創り出す画は最高!
どれもこれも観直したくなる!

インタビューが終わってから、街中を歩いて帰る彼の後ろ姿に惚れた!
ミッドナイトクロス

デ・パルマ作品としては「ファントム・オブ・パラダイス」と並ぶ同率一位の作品に位置づけていましたが、やっぱりこの作品は特別に好きすぎます
デ・パルマ監督のベストです!

ラスト、トラボルタの名演に泣きました
この作品はこれまでに何度も観ていますが、泣いたのは初めて

切なすぎる

主人公2人がバカ過ぎですが、そこも含めて映画史上最も好きなカップルです
レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳

ブルース・リー主演作 「ドラゴン怒りの鉄拳」の続編にあたる作品で、ジャッキー・チェンが主演を務めた1976年の作品です

ようやく観れました!

ジャッキーの顔が若すぎるのと目が細すぎます
無理矢理日本人を悪者に仕立てて、無理矢理対立抗争を巻き起こした感満載の作品

日本人悪役ボスの用心棒である娘がいい存在感

チープな設定、脚本が割とツボにハマりました
好きです
楽しかったです

とんでもラストにびっくり!!
>>[295]

ナスターシャエキゾチックで美しくたまらんですよね!
好きです!
>>[299]

ホント、魅力的な女優さんですよね。彼女が映画に登場するだけでなんだか「おお!」って気分になります。
おそらく、映画通とかダリオ・アルジェント監督好きの人ならとっくの昔の周知の事実なんでしょうが、私は最近になって『サスペリア』のミス・タナー演じるアリダ・ヴァリが『第三の男』のあの映画史上に残る名ラストシーンの女優さんだと知った(遅っ!)。
というか、アリダ・ヴァリって『サスペリア』のみならず『インフェルノ』『サスペリア2000』と魔女三部作全部に出演してたのね。『インフェルノ』に出演していること自体最近気づいたというていたらく。
いやー、若い頃はこんなに美しく、女優としての評価も高かったのに、晩年アルジェントに見初められたばかりに(?)すっかりキワモノ女優に。
確かにミス・タナーの怖さはただ者ではなかったし、あの怖さは並の女優では演じられない怖さだったんだと今更ながら思うけど、なんかもういろいろ衝撃ですよ。
アウトロー


トムクルのやつです
この邦題ひどい

クライマックス、ガンショップオヤジの援護射撃とか、雨の中の殴り合いとかいろいろおもしろかった
最初地味な展開だったけど後半で巻き返してくれた!

ログインすると、残り267件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

映画好きの会 ザ・ムービーズ 更新情報

映画好きの会 ザ・ムービーズのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済