ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 震災関連 > 南海トラフ巨大地震 > トピック一覧 > 【愛媛県】被害想定

南海トラフ巨大地震コミュの【愛媛県】被害想定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

https://www.nankai-trough.xyz/entry/2018/08/09/211557


上浮穴郡久万高原町

伊予郡砥部町

喜多郡内子町

北宇和郡松野町、鬼北町

最大震度  :6強

津波の高さ :ー
津波到達時間:ー



東温市
最大震度  :7
津波の高さ :ー
津波到達時間:ー





《津波浸水想定地域》


松山市
最大震度  :6強
津波の高さ :4メートル
津波到達時間:約2時間15分



今治市

越智郡上島町

最大震度  :6強
津波の高さ :4メートル
津波到達時間:ー



新居浜市

西条市

四国中央市

最大震度  :7
津波の高さ :4メートル
津波到達時間:ー



大洲市

最大震度  :7
津波の高さ :5メートル
津波到達時間:約2時間20分



伊予市

最大震度  :6強
津波の高さ :5メートル
津波到達時間:約2時間



伊予郡松前兆

最大震度  :6強
津波の高さ :5メートル
津波到達時間:約2時間10分




《特に重大な被害が想定される地域》


宇和島市
最大震度  :7
津波の高さ :13メートル
津波到達時間:約29分



八幡浜市

最大震度  :6強
津波の高さ :11メートル
津波到達時間:約55分



西予市

最大震度  :7
津波の高さ :11メートル
津波到達時間:約53分



西宇和郡伊方町(※伊方原発)

最大震度  :6強

津波の高さ :21メートル
津波到達時間:約45分



南宇和郡愛南町

最大震度  :6強
津波の高さ :17メートル
津波到達時間:約19分




《愛媛県全体の被害想定》

死者  :1万2000人
建物倒壊:19万2000棟
浸水面積:40.5平方キロメートル
断水  :120万人
下水道 :62万人
停電  :71万軒
ガス停止:4万1000戸
1日の避難者数:40万人
一週間の避難者:54万人
災害廃棄物  :1700万トン
直接被害額  :10兆9000億円

コメント(1)

愛媛県の地震活動 中央構造線に警戒
https://www.nankai-trough.xyz/entry/2018/09/05/184918
南海トラフ地震警戒情報より引用


芸予地震

愛媛県では松山沖の周辺で約50年に1回の周期で、M7クラスの大地震が発生しています。

 
1649年に発生したM7.0の地震では、宇和島、松山の城の石垣が崩れる被害がでました。

1686年のM7.2の地震では死者や家屋の倒壊も相次ぎました。

 
1854年に発生したM7.4の地震では、2日前に発生した南海トラフ地震が引き金となった可能性が高く、連続して巨大地震が発生したことにより数人の死者も出ており、特に家屋の倒壊などの被害が多かったと記録があります。

 
一番最近発生したのは、2001年3月24日でまだ記憶に新しい方もいるかもしれません。

M6.7と過去に発生した同じ地震のなかでは規模は小さめでしたが、この地震でも愛媛県内では死者が1人、負傷者が75人、家屋が二棟全壊するなどの被害を受けました。

 

 
日向灘地震
愛媛県では日向灘で発生した地震でも被害を受けたことがあります。

1968年に発生したM7.5の日向灘地震の際、愛媛県でも大きな揺れと津波による被害が生じました。

 

 
南海トラフ巨大地震
四国沖から紀伊半島沖が震源域になった場合には、宝永地震のときに南西部だけでなく、瀬戸内海沿岸でも津波があったように、それ以外の場合に比べて、強い揺れや津波による被害を受けると考えられます。

 

 愛媛県の主要な活断層
 

中央構造線断層帯
 

近畿地方の金剛山地の東縁から、和泉山脈の南縁、淡路島南部の海域を経て、四国北部を東西に横断し、伊予灘、別府湾を経て由布院に達する長大な断層帯。

 分かりやすく表現すると、「九州〜近畿まで一直線に延びる断層帯」。

約450kmにもなる日本一長い活断層です。

 この断層では10の区間に分けられ、そのうち特に愛媛県に被害を及ぼすのは、新居浜市付近の岡村断層による石鎚山脈北縁区間と、西条市付近の川上断層から松山市付近の重信断層に至る石鎚山脈北縁西部区間、松山市付近の伊予断層から伊予灘に至る伊予灘区間の3つが考えられます。

 万が一この区間いずれかが活動した場合、M7.3〜M8.0の地震が発生すると推定されます。

複数の区間が同時に活動すれば、更に規模は大きくなるとと考えられます。

 
中央構造線のこの3つの区間での今後30年以内の発生確率は12%とかなり高い数値となっています。

 

12%というのがどれほど高い数値なのか、最近発生した内陸地震を参考に比較してください。

「2018.6.18大阪北部地震」の発生確率=0.02%

「2016.4.14熊本地震」の発生確率=0.9%



2018-09-05 18:49

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

南海トラフ巨大地震 更新情報

南海トラフ巨大地震のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。