ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 気まぐれ花便り > トピック一覧 > 【スイセン】ヒガンバナ科・・・...

気まぐれ花便りコミュの【スイセン】ヒガンバナ科・・・(68)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

早春の定番の1つ、ヒガンバナ科のスイセン、漢字では水仙です。

世界中に原種だけでも30種ほどあるということですが、花色は黄色系がほとんどで、群生する性質があります。かっては熱心に品種改良されたようですが、最近は関心が薄れているようです。

どのスイセンも芳香ですが、香の強さは種類によってピンキリです。
ただし、葉は別物で、ちぎると悪臭がします。

撮影地は(63)ブロッコリーと同じ幼稚園です。左は、あまり見栄えのしない花ですが、強い芳香を放ちます。
清々しい良い香です。

このシリーズではしばしば有毒植物が登場しますが、スイセンも全草が有毒です。特に鱗茎(球根)が強いと言われています。
毒成分はリコリン (lycorine) とシュウ酸カルシウム (calcium oxalate) だそうです。食べると食中毒症状と接触性皮膚炎症状を起こすそうで、致死量は10gとのことです。

コメント(38)

スイセン、我が家の下の共同の庭に毎年咲くのですが、今シーズンは氷点下の日が続いたせいか、開花が平年の1月初めより遅れ、2月になって丈の低いまま咲き始めてました。
有毒だとは知らなかったので、扱いにはもう少し気をつけようと思います。
ヒガンバナ科ということも初めて知りました。
まだまだ知らないこと、いっぱいのような気がします。
またよろしくお願いいたします。
スイセンの群落はみごとですが、花壇では何かの引き立て役でしょうね。
家畜が、牧草に混じったスイセンを食べて中毒死した例があるそうですが、本当でしょうかね。
「人間が山菜と誤って食べて中毒した」という話もありました。こちらはありそうですね。

「野ネズミの多いところに、ヒガンバナやスイセンを植えると良い」という話も聞いたことがありますが、真偽のほどは知りません。
>>[6]

すごい群落ですが、どの種の芳香がお勧めですか?
>>[9]

おや! ビオラと混植されていたんですね。
これは新しい植え方かもしれないですんね。
私は、個人的には賛成です。
花屋にスイセンありました。
芳香は確かめなかったけど、我が家の下の庭に咲くアレンジメントによく使う白いスイセンの芳香の方がすごいと思っていますかわいいチューリップ
水仙は春一早く咲き目を楽しませてくれますね目がハート
ほんといろんな種類があってびっくりです目
こちらでみなさんからいろんな種類を見せてもらえて嬉しいです♪
 2008年と古いものですが、私の水仙たちです。 
http://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=24580687&owner_id=7412471
>>[11]

花屋で咲いた水仙とは珍しいですね。たまに球根は見かけますが。
>>[12]

良い香りがしてきそうな雰囲気です。
>>[13]

これはまた凄い多品種ですね。水仙マニアだったんですね。うれしい顔
水仙屋さんになれそうです。指でOK
>>[16]

この土地に住んで50年になり、父母が花好きでそれを引き継ぎ、庭中手当たり次第に花を植えてあり、スイセンだけで500本以上あると思います。
バラも25本地植えにしてあり、椿、アンズ、ミカンなど、どの季節でも何か花が咲いているようにしてありましたが、去年9月末に弟に任せ引越しをして、今は何も無いところに暮らしています。
>>[17]

お花好きの鶴遊 さんとしては断腸の思いだったでしょうね。
弟さんは得をしましたね。
>>[19]

最盛期のようですね。香りが漂ってきそうです。
東京は最終章です。
http://www48.tok2.com/home/bulb/Narcissus/

水仙図鑑と言うのがあります、私もこれで名前を覚えました。
>>[21]

ありがとうございます。
命名法の記載もありましたが、スイセンもかなり種類が多いですね。
>>[23]

「あすたむらんど」は知りませんでした。情報ありがとうございます。

調べたら,理科教育のテーマパークのようですね。
入園料も駐車料も無料ということですが、徳島県も頑張っていますね。



mikoさん
水仙のすがすがしい香りの香水ができたらいいですね。
スイセンは間もなく今シーズンの終わりを迎えますが、最近は花期の長い多花性で小花の種類に人気があるようです。
黄色は木場公園、白は散歩道の途中で見つけたものです。
昔からある日本水仙の花も香りも好きですが原種でしょうか?
原種で30種もあるのですね。

今満開のミニ水仙です。
香りはありません。
>>[28]

今満開なんですね。うれしい顔

原種か園芸種かの区別は、必要が生じたときに限り、DNA鑑定しているのではないでしょうか。
水仙群落を保存する動きがあったり、水仙祭りを行っている自治体もあり、スイセン人気は衰えていないようですが、スイセンのブリーダーや研究者は少ないようです。
http://www.shimoda-city.info/event/suisen.html
>>[29]
すごい群生ですね。
ありがとうございました。
>>[31]

「今見たらもっと感動したかも」、これは確める価値がありそうですね。ウインク
スイセンにも色んな種類があるね〜

このスイセンの名前は?

しだれ梅の下に綺麗に咲いていました(なばなの里にて)
>>[33]

すみません。スイセンに分類にはまったく詳しくありません。

『なばなの里』のHPを見ると20種くらいの品種名が書かれています。
2008年から2009年にかけて品種が大幅に入れ変わっているようです。
http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/festival/hm_suisen1.html/
>>[35]

名前はラッパ水仙でいいのでしょうか。
白いのは珍しいですね。
>>[37]

同じ白水仙でも[27]や [31] mikoさんの白水仙はラッパの部分が小さいように見えます。

こんなに大ラッパの白水仙は初めて見ました。
ありがとうございました。目がハート

ログインすると、残り12件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

気まぐれ花便り 更新情報

気まぐれ花便りのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。