ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > アビー・リンカーン・ソングブッ...

Standard Jazz Songコミュのアビー・リンカーン・ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Abbey Lincoln (August 6, 1930 – August 14, 2010)
https://en.wikipedia.org/wiki/Abbey_Lincoln

通好みの人アビー・リンカーンは歌手・ソングライター・俳優として活躍しました。

また彼女は1960年代の公民権運動の活動家でもありました。

アビー・リンカーンはジャズメンの曲に詞を書いたり、自身で作曲・作詞を手掛けた曲が多くあります。
それらの中でも "Throw It Away"は広くスタンダード曲として親しまれています。
また、セロニアス・モンクの曲 Blue Monk にアビーが歌詞をつけています。

"Throw It Away" アビーはこの曲を何度か録音しています。



彼女の歌唱スタイルはビリー・ホリデイの影響を強く受けたもので、円熟期あたりからの「放り投げる」ような歌唱は彼女独特のスタイルで、強く心惹かれるものがあります。

アルバムも多数残しています。
https://www.allmusic.com/artist/abbey-lincoln-mn0000487535/discography

2010年に彼女が亡くなった時の訃を悼みながら彼女の業績をまとめた記事があります。
http://www.nytimes.com/2010/08/15/arts/music/15lincoln.html


アビー・リンカーンが我々の前に現れたのは、マックス・ローチと録音した1960年のアルバム We Insist! が大きく取り上げられたあたりのことになります。
このアルバムは、当時、公民権運動で同志的結合状態にあったアビーとマックスが、自分たちの主張を込めたもので、大きな話題になりました。
歌詞はアビーが書いたものです。



アビーとマックスは1962年に結婚し、1970年まで続きました。
1973年(たぶん)にマックス・ローチが再来日し、同時期にアビー・リンカーンも来日していたのですが、公演の関係者は「アビーにはマックスが今来日していることを知らせるんじゃないぞ、殺し合いが始まるかもしれないから」と気を使っていたそうです。
同志的結合は破綻してしまうと、憎しみ合いも非常に強いものになるのですね ^^;

アビー・リンカーンの俳優としての出演データになります。
http://www.imdb.com/name/nm0511085/?ref_=fn_al_nm_1
見たことがある作品はすぐには思い浮かびませんが、機を改めて調べてみたいと考えています。


アビーとマックスがまだ仲が良かったころ、二人がそろって来日した1964年(1963年?)に、日本製映画「黒い太陽」のサウンドトラックを担当しています。
https://ameblo.jp/joshua2268/entry-10193018534.html


NPRのプログラムJazz Profiles from NPR でアビー・リンカーンを取り上げています。
http://www.npr.org/programs/jazzprofiles/archive/lincoln.html
聴取するには Real Player をインストールしてください(無料です)


彼女の作曲リストが載っているサイトを探しているのですが、まだ発見できていません。
ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。


今のところ作曲リストが見えてこないので手探りながら、アビーが作詞した曲、作曲・作詞ともに手掛けた曲を集めたソングブック・アルバムが少しだけですが見つかりましたので、展開していきます。






----- この項は推敲中です ------



*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#29 - Ran Blake & Christine Correa / The Road Keeps Winding: Tribute to Abbey Lincoln, Vol. II / Redpiano Records / 2011
#15 - Kendra Shank / A Spirit Free: Abbey Lincoln Songbook / Challenge Records / 2005
#1 - Abbey Lincoln / Abbey Sings Abbey / Verve / 2006



*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Abbey Lincoln Songbook】
 Marc Cary / For the Love of Abbey
 Ran Blake & Christine Correa / Down Here Below: Tribute to Abbey Lincoln 1
 Virginia Schenck / Aminata Moseka


*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"And It's Supposed to Be Love" (Abbey Lincoln/1999) - (#4)
"Being Me" (Abbey Lincoln/1994) - (#13, 27)
"Bird Alone" (Abbey Lincoln/1991) - (#7, 22)
"A Circle of Love" (Abbey Lincoln/1992) - (#20)
"Down Here Below" (Abbey Lincoln/1994) - (#8, 19)
"I Got Thunder (And It Rings)" (Abbey Lincoln/1990) - (#17)
"Learning How to Listen" (Abbey Lincoln/1999) - (#10)
"Love Has Gone Away" (Abbey Lincoln/1996) - (#12)
"The Merry Dancer" (Abbey Lincoln/1992) - (#11)
"Monkery's the Blues (Blue Monk)"(Thelonious Monk/Abbey Lincoln/????) - (#2)
"The Music Is the Magic" (Abbey Lincoln/1993) - (#9, 16)
"Natas (a.k.a Playmate)" (Abbey Lincoln/1973) - (#25)
"Not to Worry" (Abbey Lincoln/1994) - (#18)
"Should've Been" (Abbey Lincoln/1994) - (#5)
"Straight Ahead" (Abbey Lincoln, Earl Baker, Mal Waldron/1961) - (#30)
"Throw It Away" (Abbey Lincoln/1994) - (#3, 21)
"The World Is Falling Down" (Abbey Lincoln/1991) - (#6, 23)
"Wholly Earth" (Abbey Lincoln/1999) - (#24)



コメント(30)

最初はこれにしましょう。

Abbey Lincoln / Abbey Sings Abbey

Label : Verve

Recorded on September 25, 26, 27 and November 17, 2006 at Avatar Studios, New York City.

1. Blue Monk (Abbey Lincoln / Thelonious Monk)
2. Throw It Away (Abbey Lincoln)
3. And It's Supposed to Be Love (Abbey Lincoln)
4. Should've Been (Abbey Lincoln)
5. The World Is Falling Down (Abbey Lincoln)
6. Bird Alone (Abbey Lincoln)
7. Down Here Below (Abbey Lincoln)
8. The Music Is the Magic (Abbey Lincoln)
9. Learning How to Listen (Abbey Lincoln)
10. The Merry Dancer (Abbey Lincoln)
11. Love Has Gone Away (Abbey Lincoln)
12. Being Me (Abbey Lincoln)

Musicians.
Abbey Lincoln (vo)
Larry Campbell (acoustic guitars, electric guitar, National resonator guitar, pedal steel guitar, mandolin)
Scott Colley (b)
Shawn Pelton (ds)
Gil Coldstein (accordion)
Dave Eggar (cello)


1930年生まれのアビーが76歳の時の録音になります。
アビーの最後の録音になります。

楽器編成がアコーディオンや生ギター、スチールギターを用いて、あんまりゴリゴリのジャズにしていない音つくりをしているのは、彼女の音楽(曲)を広く音楽ファンに聴いてもらうためでしょうか。

最初の1曲を除いて、すべてアビーが作曲・作詞を手掛けた曲です。
曲名を見て、なんとなく聞き覚えがありそうな感じをうけませんでしょうか。
もちろん最初の1曲はセロニアス・モンクの作曲で、彼女が詞を書いていて、その詞で大勢の人たちが歌っています。

アビーが書いた曲はこれだけではないだろうと思うのですが、それらの中から彼女が選び出した曲ということで、大きな意味があるのかもしれません。

"Monkery's the Blues (Blue Monk)"

作曲 : Thelonious Monk
作詞 : Abbey Lincoln
作曲年 ????
作詞年 1961

曲情報については【セロニアス・モンク ソングブック】#5 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78874545

冒頭から、えっ?これが Blue Monk なの??? と思うようなサウンドで始まります。
セロニアス・モンクの一種ゴツゴツした、なんとなく不安を感じさせる旋律が全く別の曲のように聞こえてきます。



セロニアス・モンクのソロ録音も聞いておきましょう。


"Throw It Away"

作曲・作詞 : Abbey Lincoln
作曲年 1994

アビー・リンカーンが書いた曲としては一番知られている曲で、多くの人が手掛けています。
アビー自身も何度か録音しており、このアルバムよりも声につやがある録音があります。

心にしみこんでくる曲ですね。



think about the life I live
A figure made of clay
And think about the things I lost
The things I gave away

And when I'm in a certain mood
I search the house and look
One night I found these magic words
In a magic book

Throw it away
Throw it away
Give your love, live your life
Each and every day

And keep your hand wide open
Let the sun shine through
'Cause you can never lose a thing
If it belongs to you

There's a hand to rock the cradle
And a hand to help us stand
With a gentle kind of motion
As it moves across the land

And the hand's unclenched and open
Gifts of life and love it brings
So keep your hand wide open
If you're needing anything

Throw it away
Throw it away
Give your love, live your life
Each and every day

And keep your hand wide open
Let the sun shine through
'Cause you can never lose a thing
If it belongs to you

Throw it away
Throw it away
Give your love, live your life
Each and every day

And keep your hand wide open
Let the sun shine through
'Cause you can never lose a thing
If it belongs to you

'Cause you can never lose a thing
If it belongs to you
You can never ever lose a thing
If it belongs to you

You can never ever lose a thing
If it belongs to you
You can never ever lose a thing
If it belongs to you

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/throw-it-away-lyrics-abbey-lincoln.html

歌詞の和訳があります。
https://ameblo.jp/muzco/entry-11359264564.html

"And It's Supposed to Be Love"

作曲・作詞 : Abbey Lincoln
作曲年 1999

いかにもアビーらしい曲ですね。
歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Body slam you to the ground
Messaging a chill
Curses make the head go'round,
Brings a certain thrill.

Send you to another world
Mesmerize your brain
It's the jewel of a pearl
Makes you go insane

Yes, it's supposed to be love
Well, it's supposed to be love
Say 'cause it's all 'cause of love

It's a sad and lonely song
Sour grapes and tears
Something dark is going on,
Going on for years

Body slam your partner down
Up against the wall
It's a sad and scary scene
With no grace at all

Yes, it's supposed to be love
Well, it's supposed to be love
Say 'cause it's all 'cause of love

Wonder how it came to be.
Things with me and you.
How we lost the way to love,
How we got so blue.

Body slam your lover down,
Fill'em with regret
Who knows what the end will be.
It ain't over yet.

Yes, it's supposed to be love
Well, it's supposed to be love
Say 'cause it's all 'cause of love

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/and-its-supposed-to-be-love-lyrics-ayo.html


"Should've Been"

作曲・作詞 : Abbey Lincoln
作曲年 1994

彼女の1994年のアルバム A Turtle's Dream が初録音のようです。
歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。
Could've been ではなくて Should've been になっているところに着目してください。



There's a sound comes from livin'
Somewhere in the past
When the grass was greener
And we found true love at last

It's the sound of sorry
Lookin' yonder with regret
Sorry 'cause of what you got
And what you didn't get

Could've been another song
Would've been a sing along
Could've been, would've been
Should've been

Could've been another world
Where true thoughts of love unfurl
Could've been, would've been
Should've been

But here we are, we are here
Here's to life, give a cheer
Here am I, here are we
Here's to you, here's to me

After all is said and done
There was laughter, we had fun
It was life, it was love
Should've been

But here we are, we are here
Here's to life, give a cheer
Here am I, here are we
Here's to you, here's to me

After all is said and done
There was laughter, we had fun
It was life, it was love
Should've been

It was life, it was love
Should've been

引用元はここ
https://genius.com/Abbey-lincoln-shouldve-been-lyrics


"The World Is Falling Down"

作曲・作詞 : Abbey Lincoln
作曲年 1991

彼女の1991年の同名のアルバムが初録音になるようです。
歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



There are some folks
I used to know
Who used to smile
And say hello
And spin the world
And turn the page
Entertaining
From the stage

Father time
Forever true
Loves its own
And me and you
Disappear just like the sun
When the day is done

The world is falling down
Hold my hand
It's a lonely sound
Hold my hand
We'll follow the breeze
And go like the wind
And look for a place
Where the willows bend
The world is falling down
Hold my hand, hold my hand
Hold my hand, hold my hand

Summer's gone
And winter's here
We had a lot of rain this year
The news is really very sad
The time is late
The fruit is bad
The morning's come
And roosters crow
But people have no place to go
And disappear
Just like the sun
When the day is done

The world is falling down
Hold my hand
It's a lonely sound
Hold my hand
We'll follow the sund
And live for the day
And look for a place
Where the children play
The world is falling down
Hold my hand
Hold my hand
Hold my hand
Hold my hand

引用元はここ
https://genius.com/Abbey-lincoln-the-world-is-falling-down-lyrics

"Bird Alone"

作曲・作詞 : Abbey Lincoln
作曲年 1991

彼女の1991年のアルバム You Gotta Pay the Band が初録音になるようです。
このアルバムにはスタン・ゲッツ(ts) が参加しています。
歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Bird alone, flying high
Flying through a clouded sky
Sending mournful soulful sounds
Soaring over troubled grounds

Bird alone with no mate
Turning corners tempting fate
Flying circles in the air
Are you on your way somewhere?

Gliding, soaring on the wind
You're a sight of glory
Flying way up there so high
Wonder what's your story

Bird alone, flying low
Over where the grasses grow
Swingin' low, then out of sight
You'll be singing in the night

Gliding, soaring on the wind
You're a sight of glory
Flying way up there so high
Wonder what's your story

Bird alone, flying low
Over where the grasses grow
Swingin' low, then out of sight
You'll be singing in the night

Gliding, soaring on the wind
You're a sight of glory
Flying way up there so high
Wonder what's your story

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/bird-alone-lyrics-abbey-lincoln.html




"Down Here Below"

作曲・作詞 : Abbey Lincoln
作曲年 1994

彼女の1994年のアルバム A Turtle's Dream が初録音になるようです。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。
down here below: (一般的には)「この世で」という意味になります。



Down here below
The winds of change are blowin'
Through the weary night
I prayed my soul will find me
Shinin' in the mornin' light
Down here below

Down here below
It's not so easy just to be
Sometimes I'm really all at sea
You made me when the world was new
And skies were blue
And I am here, because there's you

They say I'll never see your Face
And we are banished from your Grace
The one you fashioned with your Hand
And scattered all across the land
But I am happy just to know
That you will go where I must go
For there are wounds and scars to show
Livin' here, down here below

Down here below
The setting sun is shining
On a melancholy moon
I hear the distant thunder
And the crying of the loon
Down here below

I'm yours alone
The only one to call my own
The only one I've ever known
Sometimes I see you standing there
Sometimes, I'm free
And you are here
Down here with me

You made me just the way to be
A heart with feelin', eyes to see
A strong embrace, a simple hand
A spirit free that says: "I can."
And I am happy just to know
That you will go where I must go
For you will send me, this I know
Living here, down here below
Living here, down here below
Living here, down here below

引用元はここ
https://genius.com/Abbey-lincoln-down-here-below-lyrics


"The Music Is the Magic"

作曲・作詞 : Abbey Lincoln
作曲年 1993

彼女の1993年のアルバム Devil's Got Your Tongue が初録音になるようです。
アビーが書いた曲の中でもよく知られている曲です。

その割には、歌詞の和訳は見当たりませんでした ^^;



The music is the magic of a secret world
Secret world, a secret world
It's a world that is always within

The music is the magic and the hiding place
The hiding place, the hiding place
The music is the magic and the hiding place
It's a place where the spirit is home

The music is the magic of a sacred world
Sacred world, a sacred world
The music is the magic of a sacred world
It's a world that is always within

The music is the magic through a raging storm
A raging storm, raging storm
The music is the magic through the raging storm
The storm that is over again

The music is the magic of a sacred world
Sacred world, a sacred world
The music is the magic of a sacred world
It's a world that is always within

引用元はここ
https://genius.com/Abbey-lincoln-the-music-is-the-magic-lyrics

"Learning How to Listen"

作曲・作詞 : Abbey Lincoln
作曲年 1999

彼女のアルバム Wholly Earth が初録音になるようです。
歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください



Life is like a song to sing
with measured beats and phrases
With bended notes and some repeats
music through the ages
that brings the highs, the lows, the swells
sometimes it's for an ending
bringing other songs to sing
ascending, descending

Learning how to listen
how to hear a melody
how to hear the song I'm singing
how to feel and let it be
and listen to the song
knowing how it goes
and listen for the melody that flows

Music is a lover
with shiny golden wings
that whispers in the lovers' ears
and dances when it sings
and sings in variations
on an everlasting theme
it's either love or sorrow on the scene

I'm learning how to listen
for the songs I name and sign,
and claim as a possession,
and say that they are mine.
'Cause every body knows
that songs come from out of the blue,
and I'm learning how to hear
[the changes too.

I'm learning how to listen
to the rhythm of the night.
How to keep it simple,
how to make it sweet and light.
Smooth and free and easy
or slammin' in a jam
and know for just a moment
the music that I am.

I'm learning how to listen,
how to holler, sing the blues.
I'm learning how to rise above
and wear somebody's shoes.
Learning how to listen
for the song was given me.
I'm learning how to listen and be free.

I'm learning how to listen,
how to hear a melody
how to hear the song I'm singing
how to feel and let it be,
and listen to the song
knowing how it goes
and listen for the melody that flows
and listen for the melody that flows.

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/learning-how-to-listen-lyrics-abbey-lincoln.html







"The Merry Dancer"

作曲・作詞 : Abbey Lincoln
作曲年 1992

彼女の1993年のアルバム Devil's Got Your Tongue が初録音になるようです。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Mama told me of a beauty that is made of purest gold,
One the weather will not tarnish, one that never will grow old.
She said beauty comes from understanding,
looking at the things we see.
Beauty of the human spirit, beauty that will set us free.

In a house with shuttered windows lives a dancer tall and fair.
Like the rainbow's many, many colors, crowned with scarlet purple hair.
It's been said the merry dancer has been never ever seen.
That in the house there lives a wretched soul who's old and mean.
But the merry, merry dancer always makes its presence known.
When you stand before the mirror in the secret of the throne,
There is a golden mirror,
On the temple wall,
Lighted by a candle,
Shining through the hall,
Red and purple colors flaming with desire,
Dance before the mirror reflecting holy fire,
See the spirit, merry spirit, in the mirror standing there,
When you stand before the mirror, you will see the golden stair.

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/the-merry-dancer-lyrics-abbey-lincoln.html



"Love Has Gone Away"

作曲・作詞 : Abbey Lincoln
作曲年 1996

彼女のアルバム Who Used to Dance が最初の録音になるようです。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Love has gone away heaving a sign with no regrets
For yesterday heaving a side love said goodbye
So with sad and love, love walked away, a spirit child
Love had to go, loves has to play, love went away, away from a place of fools in pain
With teardrops and heartaches all again
Only a game of hatred and love
All thrown in together
Of kiss or shove
Reaching for my hand
Love walked away, sighing to leave, but ready to stay
Love walked away

Love walked away
Loved walked away and I walked away with love
It change for my heart, love walked away
Sad in to leave, ready to stay
Love walked away
Love walked away
Love walked away, and i walked away with love

引用元はここ
https://genius.com/Abbey-lincoln-love-has-gone-away-lyrics

"Being Me"

作曲・作詞 : Abbey Lincoln
作曲年 1994

彼女のアルバム A Turtle's Dream が最初の録音になるようです。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



All along away there were things to do
Always some other, someone I could be
All the things to know, all the ways to go
To fly a spirit for to stage the show

It wasn’t always easy learning to be me
Sometimes my head and heart would disagree
Times I walked away, all the times I'd stay
To see the glamor of my life play

Being me again to be myself alone
Sometimes I love the things they said
Some things were cold as stone, it was lonely
Sometimes, sometimes it was blue and the lights were brilliant

Sometimes, sometimes there was you
Being me [Incomprehensible] see now and then
So many things have changed and yet somehow
There will always be a stage, a song for me
Hold a curtain or been it’s time to take a bow

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/a/abbey+lincoln/being+me_20823522.html

これで
Abbey Lincoln / Abbey Sings Abbey
の全トラックが紹介できました。

これがアビー・リンカーンです。
旋律も歌詞もアビーのスタイルで満たされています。

彼女のアルバムを全て入手して、そのなかから彼女が作曲した曲をリストアップすれば、作曲家としてのアビーの全容が判るかもしれないのですが、そこまでのパワーはわたしには…(汗)

アビーのこのユニークな個性に敬意を表したソングブック・アルバムが何枚かあります。
それらをぼちぼちと取り上げていきましょう。

また、ソングブックではなくても、アビーの曲を取り上げた人やアルバムはたくさんありますので、みなさんがそれらを耳にするときに、ああっ、アビーの曲だったなぁと思い起こせるようになれば、このトピックを立てた甲斐があるだろうと考えています。

次はこれにしましょう。

Kendra Shank / A Spirit Free: Abbey Lincoln Songbook

Label: Challenge Records

Recorded January 2 & 3, 2005 at Eastside Sound, New York City.

1. The Music Is the Magic (Abbey Lincoln)
2. I Got Thunder (And It Rings) (Abbey Lincoln)
3. Not to Worry (Abbey Lincoln)
4. Down Here Below (Abbey Lincoln)
5. A Circle of Love (Abbey Lincoln)
6. Incantation / Throw It Away (Abbey Lincoln / Kendra Shank)
7. Bird Alone (Abbey Lincoln)
8. The World Is Falling Down (Abbey Lincoln)
9. Wholly Earth (Abbey Lincoln)
10. Nataws (Aka Playmate) (Abbey Lincoln)
11. Being Me (Abbey Lincoln)

Musicians:
Kendra Shank (vo, kalimba)
Billy Drewes (ss, ts, bcl, percussion)
Frank Kimbrough (p)
Dean Johnson (b)
Tony Moreno (ds, percussion)
Ben Monder (g)
Gary Versace (accordion)

ケンドラ・シャンクについては【気になる現代の歌姫たち】#141 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78105808


このアルバムには前出の Abbey Sings Abbey には収録されていなかった曲が5曲入っています。
このあたりが選曲の妙になるのかもしれませんね。
(曲情報の掘り起こしが……)
また、録音時期は Abbey Sings Abbey の1年前になります。

ライナーノーツにはアビー・リンカーンからの賛辞が載っています。
"This album is a generous, wonderful gift. Thank you, Kendra" ABBEY LINCOLN

"The Music Is the Magic"

作曲・作詞: Abbey Lincoln
作曲年 1993

曲情報については>>[9] をご覧ください。

ケンドラの世界が広がる歌唱になっています。



"I Got Thunder (And It Rings)"

作曲・作詞: Abbey Lincoln
作曲年 1990

アビー・リンカーンの1991年のアルバム The World Is Falling Down が初録音になるようです。

ケンドラは速いテンポで歌っています。
Billy Drewes (ts) がなかなか聴かせてくれます。
アーチー・シェップ的なアプローチが見られます。



歌詞が載っているサイトが見当たりませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。

アビー・リンカーンの音源です。



"Not to Worry"

作曲・作詞: Abbey Lincoln
作曲年 1994

アビー・リンカーンの1994年のアルバム A Turtle's Dream が初録音のようです。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。
いかにもアビーらしい歌詞がついています。
落ち込んだ時に聴くと元気づけられそうです。

Frank Kimbrough (p) がなかなかいいですね。



not to worry
never mind
life will fix it every time
Give a balance
Fill a need
Bring a flower,
from a seed
Hold your head up,
raise your chin
It wasn't you
Who invented sin
Shake your shoulders, do a dance
Never mind a sad romance
The time is come
a quarter turn
is clearer now
the lessons learn
And time will tell,
and fires burn
Not to worry,
fill your head
Think of other things instead
Not to worry
skies are blue
And everything
imagine, is you

The time is come
a quarter turn
it's clearer now
Lessons learned
and time will tell
And fires burn
Not to worry
wear a smile
There be changes after awhile
Now to worry dreams come true
'cause everything imagine, is you
Everything imagine is youuuuuu

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/not-to-worry-lyrics-abbey-lincoln.html

アビー・リンカーンの音源です。



"Down Here Below"

作曲・作詞: Abbey Lincoln
作曲年 1994

曲情報については>>[8] をご覧ください。

ケンドラはこの曲を Abbey's "all-time masterpiece." と呼んでいるそうです。

しっかりと韻を踏んだ歌詞です。



アビーの1995年のアルバム A Turtle's Dream からの音源です。



"A Circle of Love"

作曲・作詞: Abbey Lincoln
作曲年 1992

アビーの1992年のアルバム Devil's Got Your Tongue が初録音になるようです。
この凄いアルバムタイトルの曲も、このアルバムに収録されています。

アビーの音源も、この曲の歌詞が載っているサイトも共に見当たりませんでした。

しっかりとヒアリングしてください。








"Incantation / Throw It Away"

"Incantation"
作曲・作詞: Kendra Shank
作曲年 ????

"Throw It Away"
作曲・作詞 : Abbey Lincoln
作曲年 1994
>>[3]

ケンドラ・シャンクは "Throw It Away" を歌う時には "Incantation: 呪文" を組み合わせて歌っているようです。

魔法のような言葉 "Throw It Away" に「呪文」を付け加えているのでしょう。
いつ聴いても、素晴らしい曲ですね :-)




彼女のライブ動画がありました。



"Bird Alone"

作曲・作詞: Abbey Lincoln
作曲年 1991

曲情報については>>[7] をご覧ください

このアルバムのライナーノーツによりますと、この曲はマイルス・デイヴィスに向けて書かれた曲となっています。
アビー・リンカーンのアルバム You Gotta Pay the Band のライナーノーツにはこのあたりのことが書かれているかもしれません。
お持ちの方がいらっしゃいましたらご確認いただけませんでしょうか。

ケンドラ・シャンクはこの曲はいつもデュオで歌うそうです。



"The World Is Falling Down"

作曲・作詞: Abbey Lincoln
作曲年 1991

曲情報については>>[6] をご覧ください。

いかにもアビー・リンカーンらしい曲ですね。
ケンドラの解釈もなかなかのものでしょう。
Billy Drewes (ts) も雰囲気を盛り上げてくれます。



"Wholly Earth"

作曲・作詞: Abbey Lincoln
作曲年 1999

アビー・リンカーンのアルバム Wholly Earth が初録音になるようです。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

ケンドラの解釈は、これはアビーの曲だったかなぁというぐらい独自のものになっています。



Oh the holy earth's a mural
seen from way up high
abstracted natural bas-relief
witnessed from the sky
clouds that cast a single shadow
drifting moving on the ground
creating an illusion
as the world goes round

Places where the folks inhabit
have a geometric grace
circles, squares, sometimes triangles
rules and lines in space
waterways and craggy mountains
seemingly reveal a plan
just as if somebody drew it
with a great big giant hand

Life's a repetition
it's an action of repeat
act of doing, act of saying
something bitter, something sweet
acts of life that keep occurring
ghosts appearing through the sound
waving at us from a distance
[Lyrics from: https:/lyrics.az/abbey-lincoln/-/wholly-earth.html]
'cause the whole wide world is round and round and round and round
the whole wide world is round

Generations generating
bring the people here en masse
living in a world where
everybody's second class
forming moving in a circle
ghosts appearing through the sound
waving at us from a distance
cause the whole wide world is round and round and round and round
the whole wide world is round

People here before us
leave their memories behind
actions done and actions written
acts impressed upon our mind
forming moving in a circle
ghosts appearing through the sound
waving at us from a distance
cause the whole wide world is round and round and round and round
the whole wide world is round

Round and round and round and round
the whole wide world is round

引用元はここ
https://lyrics.az/abbey-lincoln/-/wholly-earth.html

アビー・リンカーンの音源です。








"Natas (a.k.a Playmate)"

作曲・作詞: Abbey Lincoln
作曲年 1973

この曲は彼女のアルバム People In Me が初収録になるようです。
https://www.discogs.com/ja/Abbey-Lincoln-People-In-Me/release/1350551
このアルバムは日本で録音されています。
Recorded at AOYAMA VICTOR STUDIO, Tokyo, June 23, 1973
Bass – Kunimitsu Inaba
Congas – James Mtume (tracks: A4, B1)
Drums – Al Foster
Liner Notes – Aminata Moseka
Piano – Hiromasa Suzuki
Soprano Saxophone, Tenor Saxophone, Flute – David Liebman


歌詞も、和訳も、見当たりませんでしたので、しっかりとヒアリングしてください。
Youtube にはアビー・リンカーンの音源は見当たりませんでした。

ケンドラ・シャンクはこんなアルバムもしっかりとチェックしていたのですね。








>>[25]

People In Me のアルバムジャケットです。
"Being Me"

作曲・作詞: Abbey Lincoln
作曲年 1994

曲情報については>>[13] をご覧ください。

いかにもアビー・リンカーンらしい曲ですね。

to take a bow: (劇場などで喝采に対して)お辞儀をする




これで
Kendra Shank / A Spirit Free: Abbey Lincoln Songbook
全トラックが紹介できました。

素晴らしいアルバムでしたね。


アビー・リンカーン・ソングブックはもう少しだけ発見できています。
その中で、Virginia Schenck は、彼女のアルバムの音源がYoutubeに1件も上がっていません。
かっては見かけたことがあるように思うのですが…
これはびょっとすると、彼女あるいは彼女の属するレコード会社のポリシーになるのかもしれないという一抹の不安があります。
もう少し様子を見るために、後回しにしてみます。
彼女のアビー・リンカーン・ソングブックもなかなか素晴らしいアルバムなのですが…



次はこれにしましょう。

Ran Blake & Christine Correa / The Road Keeps Winding: Tribute to Abbey Lincoln, Vol. II

Label: Redpiano Records

Recorded on June 15 and 27, 2011 at NEC Recording Studio

1. Straight Ahead
2. The Heel
3. The River
4. Throw It Away I
5. When Autumn Sings
6. In the Red
7. Love Lament
8. Midnight Sun
9. Driva Man
10. Throw It Away II
11. Living Room
12. Evalina Coffey (The Legend Of)

Musicians:
Christine Correa (vo)
Ran Blake (p)

Christine Isobel Correa (born 8 July 1955)
https://en.wikipedia.org/wiki/Christine_Correa

Ran Blake (born April 20, 1935)
https://en.wikipedia.org/wiki/Ran_Blake

クリスティン・コレアはアヴァンギャルド・ジャズの人です。
Wikipedia によりますと、アメリカン・インディアンの血を引く人だそうです。

ラン・ブレイクはピアニスト・作曲家として活動してきた人ですが、この人の演奏はマル・ウォルドロン以上に暗い音楽を演る人のようです。

この二人のコンビのアビー・リンカーン・トリビュートアルバムはもう一枚あるのですが入手困難のようです。

二人は、アビー・リンカーンの音楽をよく研究しているようで、それぞれのトラックはなかなかよくできているのですが、アルバム全体として聴くと、あまりにも暗すぎる感じを受けます。

通向けのアルバムになるのかもしれませんが、アビー・リンカーンを知る手掛かりにはなかなかよさそうなアルバムと思えます。

アルバム・ジャケットも非常に暗いものになっています(笑)

アビー・リンカーンはここまで暗かったかなぁ…











"Straight Ahead"

作曲・作詞: Abbey Lincoln, Earl Baker, Mal Waldron
作曲年 1961

アビー・リンカーンの1961年の同名のアルバムが初録音になります。
https://en.wikipedia.org/wiki/Straight_Ahead_(Abbey_Lincoln_album)
公民権運動が盛んだった1960年代に、同問題を取り上げたマックス・ローチ&アビー・リンカーンを代表するアルバムになるでしょう。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

このアルバムタイトルは、この曲の歌詞から取られていることが判りますね。



Straight ahead the road keeps winding
Narrow, wet and dimly lit
Vainly looking for a crossroad
Where a weary soul can sit
Lost and needing some direction
Dodging ruts along the way
Bumpy road, confuse a body
Lead a trusting soul astray
For some this road is smooth and easy
Travelin' high without a care
But if ya got to use the back roads
Straight ahead can lead nowhere
On this road you got a problem
Getting where you want to go
Speed limits almost down to nothing
Straight ahead but oh so slow

引用元はここ
https://www.songtexte.com/songtext/abbey-lincoln/straight-ahead-6bc35e22.html

アビー・リンカーンの音源です。



ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。