ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > ナット・キング・コール ソング...

Standard Jazz Songコミュのナット・キング・コール ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Nathaniel Adams Coles (March 17, 1919 – February 15, 1965),
https://en.wikipedia.org/wiki/Nat_King_Cole

あまりにも有名すぎるナット・キング・コールなのですが、彼は1930年代に音楽活動を始め、1940年代には彼のトリオが大人気を博しました。
1950年代になると、ポピュラー音楽に路線を変え、数々のポップスヒットを生み出しました。

彼の人気と影響力というのは、1940年代に音楽活動を始めたオスカー・ピーターソンはナット・キング・コールのスタイルで歌を歌ったのですが、歌手として大成するのは諦めてピアニストとして活動しました。

またレイ・チャールスは1950年代に音楽活動を始めたのですが、当初はナット・キング・コールの物まねをしていました。

また、彼は、1942年ジョニー・マーサー、バディ・デシルヴァ、グレン・ウォリックスの3人によって設立されたキャピトル・レコード (Capitol Records) の看板スターであり、彼のレコードの売り上げがキャピトル・レコードの発展に大きく寄与しています。

彼のソングブックに取り上げられている曲の多くは1950年代のポップスヒットになった曲のように見えます。
また、それらの曲がスタンダード曲となって現在も世界中で愛されています。

彼の実弟フレディ・コールは現在も活躍中の歌手です。
Lionel Frederick "Freddy" Cole (born October 15, 1931)
https://en.wikipedia.org/wiki/Freddy_Cole

また彼の娘ナタリー・コールも歌手として活躍しましたが、惜しくも2015年に亡くなっています。
Natalie Maria Cole (February 6, 1950 – December 31, 2015)
https://en.wikipedia.org/wiki/Natalie_Cole



彼は1961年、1963年の2回来日しています。
(このときのエピソード(?)については、後で少しだけ触れるかもしれません…)




------------- この項は推敲中です -------------



*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#50 - Diana Krall / All for You (A Dedication to the Nat King Cole Trio) / Impulse! / 1995
#35 - Allan Harris / Nat King Cole: Long Live the King / Love Productions Records / 2010
#22 - Carmen McRae / You're Lookin' at Me (A Collection of Nat King Cole Songs) / Concord Records / 1983
#6 - Marica Hiraga / Mona Lisa / Office M2 / 2011.
#1 - Oscar Peterson sings and plays nat King Cole 'With respect to nat'/ LIMELIGHT RECORD / 1965


*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Nat King Cole Songbook】
 Gregory Porter / Nat King Cole & Me
 John Pizzarelli / Dear Mr. Cole
 Mark Murphy / Mark Murphy Sings the Nat King Cole Songbook
 Mark Murphy / Sings Nat King Cole Songbook Vol. 2
 Nicki Parrott / Unforgettable: Nat King Cole Songbook



*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Almost Like Being In Love"(Frederick Loewe/Alan Jay Lerner/1947) - (#8)
"Beautiful Moons Ago" (Oscar Moore & Nat King Cole/????) - (#24)
"A Blossom Fell" (Howard Barnes, Harold Cornelius, and Dominic John/1954) - (#42)
"Candy" (Alex Kramer/Mack David & Joan Whitney/1944) - (#15)
"Come in out of the Rain" (Carl Sigman/Bob Russell/1946) - (#26)
"Far Call" (Masanori Sasaji/Riyu Konaka, Bun Onoe/????) - (#19)
"Fly Me To The Moon" (Bart Howard/1954) - (#17)
"The Frim Fram Sauce" (Joseph Ricardel/Redd Evans/1945) - (#25)
"How Does It Feel?" (Marvin Fisher/Roy Alfred/????) - (#27)
"I Can't See for Looking" (Arnold Standford/Nadine Robinson/????) - (#27)
"(I Love You) for Sentimental Reasons"(William Best/Ivory Watson & William Best/1945) - (#9, 37)
"I'll Be Seeing You" (Sammy Fain/Irving Kahal/1938) - (#39)
"I'm an Errand Girl for Rhythm" (Nat King Cole/????) - (#23, 51)
"If I Had You" (Ted Shapiro/James Campbell & Reg Connelly/1928) - (#28)
"It's Only A Paper Moon"(Harold Arlen/Yip Harburg & Billy Rose/1933) - (#10, 36)
"Just You, Just Me" (Jesse Greer/Raymond Klages/1929) - (#32)
"L-O-V-E"(Bert Kaempfert/Milt Gabler/1964) - (#11, 38)
"Mona Lisa" (Ray Evans/Jay Livingston/1950) - (#7, 45)
"Nature Boy" (Eden Ahbez/1947) - (#47)
"Non Dimenticar" ("Do Not Forget") (P. G. Redi/Michele Galdieri (Italian), Shelley Dobbins (English)/1951)- (#43)
"Pretend" (Dan Belloc, Lew Douglas, Cliff Parman and Frank Levere/1952) - (#43)
"Route 66" (Bobby Troup/1946) - (#14)
"Smile" (Charlie Chaplin/John Turner & Geoffrey Parsons/1936) - (#16)
"Stardust"(Hoagy Carmichael/Mitchell Parish/1927) - (#12)
"Straighten Up and Fly Right" (Nat King Cole/Irving Mills/1943) - (#41)
"Sweet Lorraine" (Clifford R. Burwell/Mitchell Parish/1928) - (#30)
"Unforgettable" (Irving Gordon/1951) - (#18, 48)
"The Very Thought of You" (Ray Noble/1934) - (#40)
"Too Young" (Sidney Lippman/Sylvia Dee/1951) - (#46)
"You're Lookin' at Me" (Bobby Troup/1953) - (#31)
"Walkin' My Baby Back Home" (Fred E. Ahlert/Roy Turk/1930) - (#44)

コメント(51)

"Stardust"

作曲 : Hoagy Carmichael
作詞 : Mitchell Parish
作曲年 1927
作詞年 1929

大スタンダード曲で、20世紀の間だけで1,500以上録音されたそうです。

ホーギー・カーマイケルがつけた最初の曲名は "Barnyard Shuffle" で、器楽演奏曲でした。
その後ミッチェル・パリッシュが詞を書き "Star Dust" と2語の曲名をつけました。
それが長い時間がたつうちに、"Stardust" という1語の曲名になりました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Stardust_(song)

ナット・キング・コールは彼の1957年のアルバム "Love is the Thing" にこの曲を収録し、大ヒットしました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Love_Is_the_Thing

Hoagland Howard "Hoagy" Carmichael (November 22, 1899 – December 27, 1981)
https://en.wikipedia.org/wiki/Hoagy_Carmichael
蛇足ですが、ホーギー・カーマイケルは俳優として、TVドラマ「ララミー牧場」で「じいや」の役を演じていました。
白黒放送の時代ですから、今ではご存知の方も少なくなっているかもしれません。

Mitchell Parish (July 10, 1900 – March 31, 1993)
https://en.wikipedia.org/wiki/Mitchell_Parish
ミッチェル・パリッシュはこの後も「星」に絡む曲の歌詞をたくさん書いたので「星男」と称されるようになりました。

歌詞をしっかりと眺めてみると判る(はず)なのですが、ここのところです。
The memory of love's refrain
「若き日の数々の恋の思い出」ではなくて「あの、恋の思い出」と一つだけの恋の思い出を歌っているところです。
耳で聞いただけでは前者のように思えてしまうのですが、実は後者の方なのです。

長々と蛇足を連ねてきましたが、平賀マリカさんの歌をじっくりと聴いてください。



And now the purple dusk of twilight time
Steals across the meadows of my heart
High up in the sky the little stars climb
Always reminding me that we're apart

You wander down the lane and far away
Leaving me a song that will not die
Love is now the stardust of yesterday
The music of the years gone by

Sometimes I wonder why I spend
The lonely night dreaming of a song
The melody haunts my reverie
And I am once again with you
When our love was new
And each kiss an inspiration
But that was long ago
Now my consolation
Is in the stardust of a song

Beside a garden wall
When stars are bright
You are in my arms
The nightingale tells his fairy tale
A paradise where roses bloom
Though I dream in vain
In my heart it will remain
My stardust melody
The memory of love's refrain

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/n/nat+king+cole/stardust_20098091.html

歌詞の和訳があります。
https://plaza.rakuten.co.jp/xxjazz/diary/200611220002/

ナット・キング・コールの動画です。


>>[12]ご存知の通りです。



1927年の"Barnyard Shuffle"の音源は見当たりませんでした。

"Route 66"

作曲・作詞 : Bobby Troup
作曲年 1946

みなさんよくご存じのこの曲は R&B のスタンダード曲という位置づけが一般的なようです。

曲の内容は、シカゴからロス・アンジェルスまでの2,000マイル余りある国道66号線、この通過都市を順にいくつか並べただけの単純な歌詞なのですが、その調子の良さで大スタンダード曲になってしまいました。

この曲の初録音がナット・キング・コールで1946年のことになります。
そしてこの録音が大ヒットしました。

この曲にインスパイアされた日本人が何人か、米国道66号を歌の通りに通って、車やオートバイで踏破した人がいるそうです。
音楽の力、すざましいものがあります(笑)

歌詞を眺めながら地図をあたってみると判るのですが、国道66号はシカゴからロス・アンジェルスまでを最短距離で結んでいるのではありません。
シカゴからいったん南下してそれから西進しさらに西海岸を北上してやっとこさロスにたどり着きます。

作曲家のボビー・トループは、ピアニストでもあり、俳優でもあり、あの!ジュリー・ロンドンのパートナーだったのです。うらやましいですね :-)
Robert Wesley Troup Jr. (October 18, 1918 – February 7, 1999)
https://en.wikipedia.org/wiki/Bobby_Troup

現在は米国道66号と言うのは廃止されてしまったようです。
日本には国道66号というのは存在しません。



If you ever plan to motor west,
Travel my way, take the highway that is best.
Get your kicks on route sixty-six.

It winds from chicago to la,
More than two thousand miles all the way.
Get your kicks on route sixty-six.

Now you go through saint looey
Joplin, missouri,
And oklahoma city is mighty pretty.
You see amarillo,
Gallup, new mexico,
Flagstaff, arizona.
Don't forget winona,
Kingman, barstow, san bernandino.

Won't you get hip to this timely tip:
When you make that california trip
Get your kicks on route sixty-six.

Won't you get hip to this timely tip:
When you make that california trip
Get your kicks on route sixty-six.
Get your kicks on route sixty-six.
Get your kicks on route sixty-six.

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/n/nat+king+cole/route+66_20098085.html

歌詞の和訳があります。

http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070616

1946年のナット・キング・コールの音源です。



"Candy"

作曲 : Alex Kramer
作詞 : Mack David & Joan Whitney
作曲年 1944

Alex J. Kramer (May 30, 1903 – February 10, 1998)
https://en.wikipedia.org/wiki/Alex_Kramer

Mack David (July 5, 1912 – December 30, 1993)
https://en.wikipedia.org/wiki/Mack_David

Joan Whitney Kramer (June 26, 1914 – July 12, 1990)
https://en.wikipedia.org/wiki/Joan_Whitney_Kramer

この大スタンダード曲は、非常に多くの人たちが手掛けています。

面白いのはジョニー・マーサーが1945年にジョー・スタッフォードを含むパイド・パイパースと録音したものがヒットしています。
彼にとって自作曲でもないのにレコードを出したのは、歌手としても成功したかったからでしょう :-)
さらに、彼の録音の中では最大のヒット曲だったのです。

また、1945年のナット・キング・コールの録音が大ヒットしました。



Candy, I call my sugar Candy
Because I'm sweet on Candy
And Candy's sweet on me
He/She understands me
My understanding Candy
And Candy's always handy
When I need sympathy
I wish that there were four of him/her
So I could love much more of him/her
He/She has taken my complete heart
Got a sweet tooth for my sweetheart
Candy, it's gonna be just dandy
The day I take my Candy
And make him/her mine, all mine

僕は恋人を”キャンディ”って呼ぶのさ
だって僕は”キャンディ”にベッタリだし
”キャンディ”は僕にメロメロだからね

あのこは僕のことを判ってるよ、察しのいい”キャンディ”は
僕が慰めてほしいと思うときには
ちゃんとそばにいてくれるんだ、”キャンディ”はね

あのこが四人くらいいたらいいな
そしたらもっとあのこを愛せるのに
あのこは完全に僕の心をとらえちゃったし
僕は恋人にトロリと甘ちゃんさ

”キャンディ”が僕のところにきて
僕だけの”キャンディ”になってくれたら
ほんとになにもかも素晴らしいだろうな

村尾陸男「ジャズ詩大全」より部分引用

ナット・キング・コール1945年の音源です。


"Smile"

作曲 : Charlie Chaplin
作詞 : John Turner & Geoffrey Parsons (1954)
作曲年 1936

この曲は、俳優チャーリー・チャップリンが自身の映画 Modern Times のために作曲しました。
彼は、元の曲、プッチーニ作曲の Tosca に影響を受けています。
後年(1954年)ジョン・ターナーとジェフリー・パーソンズによって詞が書かれ曲名がつけられました。

この曲名と詞で最初に録音したのがナット・キング・コールで、この録音が大ヒットになりました。



Smile though your heart is aching
Smile even though it's breaking
When there are clouds in the sky, you'll get by
If you smile through your fear and sorrow
Smile and maybe tomorrow
You'll see the sun come shining through for you

Light up your face with gladness
Hide every trace of sadness
Although a tear may be ever so near
That's the time you must keep on trying
Smile, what's the use of crying?
You'll find that life is still worthwhile
If you just smile

That's the time you must keep on trying
Smile, what's the use of crying?
You'll find that life is still worthwhile
If you just smile

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/n/nat+king+cole/smile_20098087.html

歌詞の和訳があります。
http://lyrics-jp.blogspot.jp/2015/01/nat-king-cole-smile.html

ナット・キング・コールの音源です。



映画 Modern Times の1シーンです。



Puccini's Tosca です。
断片的に "Smile" の旋律が出てきます。
全体で2時間ほどあります。



"Fly Me To The Moon"

作曲・作詞 : Bart Howard
作曲年 1954

曲情報については【フランク・シナトラ・ソングブック】#50 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=79359958

少し蛇足を付け加えますと、この曲は最初の曲名が "In Other Words" でした。
ケイ・バラードがこの曲の初録音になるようです。
そのご何人かの有名どころがこの曲名 "In Other Words" で録音を残しています。

1960年当時、TVで有名な音楽番組「エド・サリヴァン・ショウ (The Ed Sullivan Show)」でペギー・リーがこの曲を歌ったあたりから一段と良く知られるようになり、"Fly Me To The Moon" という曲名で知られるようになりました。
1963年にはペギー・リーが作曲者のバート・ハワードの「公式な了解」を得て "Fly Me To The Moon" という曲名で録音をしました。

この時以降、多くの有名どころが "Fly Me To The Moon" という曲名でこの曲を録音するようになりました。
その中にナット・キング・コールの録音も含まれています。



この曲の初録音、In Other Words (original) - Kaye Ballard 1954 です。



ペギー・リーの「公式な」"Fly Me To The Moon" です。



ナット・キング・コールの音源です。



"Unforgettable"

作曲・作詞: Irving Gordon
作曲年 1951

この曲はナット・キング・コールが1951年に録音し、1952年にリリースした同名のアルバムが一番ポピュラーになっています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Unforgettable_(Nat_King_Cole_song)

この曲の元々のタイトルは "Uncomparable" だったのですが、作曲者自身が「こっちの方がええなぁ」と言って "Unforgettable" に変えたそうです。


以前のこと、中本マリさんのライブに行ったとき、彼女曰く、大阪の人がこの曲をリクエストしてくれると、大阪弁で「あほたけぶる」と言っているように聞こえるのよ(笑)とおっしゃっていました。
で、その次の機会があった時、彼女に「あほたけぶる」とお願いしました(笑)



Unforgettable, that's what you are
Unforgettable though near or far
Like a song of love that clings to me
How the thought of you does things to me
Never before has someone been more

Unforgettable in every way
And forever more, that's how you'll stay
That's why, darling, it's incredible
That someone so unforgettable
Thinks that I am unforgettable too

Unforgettable in every way
And forever more, that's how you'll stay
That's why, darling, it's incredible
That someone so unforgettable
Thinks that I am unforgettable too

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/n/nat+king+cole/unforgettable_20098118.html

歌詞の和訳があります(下部の方です)
https://lmbeat.blog.fc2.com/blog-entry-194.html

ナット・キング・コール1951年の音源です。




"Far Call"

作曲: Masanori Sasaji
作詞: Riyu Konaka, Bun Onoe
作曲年 ????

マリカのナットへの感謝と同時にマリカ自身の父への思いを込めた笹路のオリジナル曲だそうです。



When I find the sun setting in the park
Suddenly I think of you
Still I can't believe
I will never see you again

On the avenue of foliage filtered light
Shadows hang large and small
Walking side by side
How I liked to listen to you speak gently

All the fun we shared, all the tears we shed
Now live only just right inside of me
Why does time sweep away
The evidence that we survived?

Tears always turn everyone
into a little girl and a little boy
Washing the hearts that are drenched
with despair
Hope always turns my voice
into an angel flying up in the stars
When my voice hits your heart, I'll see you

Right in front of me, a train goes rushing by
And the gate goes up high
Teardrops in my heart
Turned into a cloud of wishes in the sky

Taking off my coat at the closet door
Listening to an orchestra in the air
It was a voice I'd missed
A song you used to sing for me

"Life is a tree in a storm that can be grown
by people truly in love
Helping each other hand in hand"
Nights sometimes turn the wind
into the gentle voice that used to scold me
I still can feel how much you loved me

All the fun we shared, all the tears we shed
Now live only just right inside of me
Why does time sweep away
The evidence that we survived?

Tears always turn everyone
into a little girl and a little boy
Washing the hearts that are drenched with despair
Hope always turns my voice
into an angel flying up in the stars
When my voice hits your heart, I'll see you

This song is sung for you "I remember you"
I miss you


この項は次のコメントに続きます。
>>[19]

"Far Call"


夕焼けを見つけると
ふとあなたに
会いたくて会えないことを知る
木漏れ日の咲く道に
ふたつの影
並べてた、優しい声に包まれ
思い出が多すぎて、思い出せないくらい
どのひとつも、かけがえないから
涙はいつも人を子供に変えるね
心を洗いながら
この空届く歌を、いつか歌えたら
またあなたに会える

目の前の遮断機が
上がる頃に
悲しみは遥かな願いに変わる
テーブルに肘をつき、流れる歌を聴いてた
あなたがよく歌ってくれた歌
「愛は愛し合う者が育てていくもの
瞳を見つめながら」
あなたの声は今もわたしに届くの
遠くにいる今も

思い出が多すぎて、思い出せないくらい
どのひとつも、かけがえがないから
涙はいつも人を子供に変えるね
心を洗いながら
この空届く歌を、いつか歌えたら
またあなたに会える
歌ってくれた "I remember you" I miss you


ライナーノーツより

この歌詞の中に登場する曲 "I remember you" はこの曲を指すのではないかと思われます。

"I Remember You" (Victor Schertzinger/Johnny Mercer/1941)

この曲については【ジョニー・マーサー ソングブック】#14 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78960498

実はこの曲には付け足す「蛇足」があるのですが、いずれ【ジョニー・マーサー ソングブック】に再登場するときに(覚えていたら)書いてみます ^^;


これで
Marica Hiraga / Mona Lisa
の全トラックが紹介できました。

いかがでしたでしょうか。

日本でもこれだけの歌い手が出てきたとお感じになられましたでしょうか。

ナット・キング・コールのソングブック・アルバムはそこそこ発見できています。
マーク・マーフィーのものは希少品価格がついているようで入手が難しいのですが、他のアルバムをぼちぼちと続けて行きましょう。


次はこれにしましょう。

Carmen McRae / You're Lookin' at Me (A Collection of Nat King Cole Songs)

Label: Concord Records

Recorded at Coast Recorders, San Francisco, California, November 1983

1. I'm an Errand Girl for Rhythm (Nat King Cole)
2. Beautiful Moons Ago (Nat King Cole / Oscar Moore)
3. The Frim Fram Sauce (Redd Evans / Joseph Ricardel)
4. Come in out of the Rain (Bob Russell / Carl Sigman)
5. How Does It Feel? (Roy Alfred / Marvin Fisher)
6. If I Had You (Jimmy Campbell / Reginald Connelly / Ted Shapiro)
7. I Can't See for Looking (Nadine Robinson / Arnold Standford)
8. Sweet Lorraine (Clifford R. Burwell / Mitchell Parish)
9. You're Lookin' at Me (Bobby Troup)
10. Just You, Just Me (Jesse Greer / Raymond Klages)


Musicians;
Carmen McRae (vo)
John Collins (g)
Marshall Otwell (p)
John Leftwich (b)
Dnald bailey (ds)


このトピの直前のアルバム Marica Hiraga / Mona Lisa と比較してもらうとすぐに感じられると思うのですが、このカーメン・マクレイのアルバムとは、ま〜ったく選曲が違います。
どうやらこのアルバムの選曲が、1983年時点でのナット・キング・コールのソングブックを企画するときにUSではポピュラーな選曲になるんじゃないかと思えます。
Marica Hiraga のアルバムは日本で親しまれたナット・キング・コールという選曲になっているように思えます。
日本ではナット・キング・コールが一般に知られるようになったのは1950年代後半あたりからではないかと思っているのですが、1930年代からの活動を耳にしてきたUSとの違いが大きいのではないかと思われます。
このあたりは、他の人たちのナット・キング・コール・ソングブックでの選曲を見ても感じるところです。

上記の収録曲リストを見ますと、ナット・キング・コールが作詞作曲をしたり作詞をした曲があります。
(ライナー・ノーツに記載されています)
このあたりも併せて探っていきたいと思っています。

ナット・キング・コールは1950年代になるとポピュラー音楽に路線を変えているのですが、このカーメンのアルバムでは全曲が彼女のジャズになっています。
ポピュラー音楽がどのようにしてジャズに変わるのか、ジャズというのは曲そのものではなくて演奏歌唱のスタイルですよという視点でもお聞きいただけるアルバムの一枚として聴いてみるのも興味深いのではないでしょうか。

"I'm an Errand Girl for Rhythm"

作曲・作詞: Nat King Cole
作曲年 ???

この有名な曲の情報が、意外なことに見当たりませんでした。
もちろん最初にナット・キング・コールが歌ったときには "I'm an Errand Boy for Rhythm" という曲名で、女性が歌うと Girl に置き換わります。

ナット・キング・コールのオリジナル録音のアルバムはどれになるのかわからないのですが、現時点では何種類かのベスト盤に収録されています。
彼がトリオで活躍していたころの曲なんでしょうね。

Errand: 使者

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Here's something that I'd like to bring to you
Wrapped all in cellophane, designed for you
Tell ya what it's all about, it is without a doubt
Swingin' the latest style service with a smile

If you want to swing and shout
Get your kicks and get about
I'm an errand boy for rhythm, send me

Lace your boots and follow through
I'll deliver straight to you
I'm an errand boy for rhythm, send me

You can always find me down at Smokey Joe's
That's the place where every gal and gator goes
If you want variety, just step in and call for me
I'm an errand boy for rhythm, send me

You can always find me down at Smokey Joe's
That's the place where every gal and gator goes
If you want variety, just step in and call for me
I'm an errand boy for rhythm

I'm an errand boy for rhythm, send me

引用元はここ
http://lyrics.wikia.com/wiki/Nat_King_Cole:I%27m_An_Errand_Boy_For_Rhythm

ナット・キング・コールの音源です。



"Beautiful Moons Ago"

作曲・作詞: Oscar Moore & Nat King Cole
作曲年 ????

作曲者の一人 Oscar Moore は、ナット・キング・コール・トリオのギタリストだった人です。
Oscar Frederic Moore (December 25, 1915 – October 8, 1981)
https://en.wikipedia.org/wiki/Oscar_Moore

この曲についても曲情報が十分には出てこないのですが、彼がトリオで活躍していたころの曲なんでしょうね。

オリジナル録音はシングル(SP)で出たようですが、現時点では何枚かのベスト盤に収録されています。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



here we are together again
but somehow it's not the same
where is our burning flame

that we knew beautiful moons ago
time was when I held you so close
and whispered my darling you
you said the same thing too
on thouse beautiful moons ago
theres thunder in the skies
teardrops are in my eyes
because the dreams we shared
were all just pretty lies
I know that faiths unkind
but never mind
to you I will always cling
and memories will bring
bring back those beautiful moons ago

I know that faiths unkind
but
nevermind
to you I will always cling
and memories will bring back those
beautiful wounds those memorable wounds
those beautiful moons ago

引用元はここ
https://www.musixmatch.com/lyrics/John-Pizzarelli/Beautiful-Moons-Ago

ナット・キング・コールの音源です。


"The Frim Fram Sauce"

作曲: Joseph Ricardel
作詞: Redd Evans
作曲年 1945

作詞者についてはこちらをご覧ください。
ナット・キング・コールのために詞を多く提供しています。
Redd Evans (July 6, 1912 – August 29, 1972)
https://en.wikipedia.org/wiki/Redd_Evans

作曲者の Joseph Ricardel については、十分な情報を探し出せませんでした。

クックパッドにもレシピが出ていないという(笑)フリム・フラム・ソースです。
いったいどんな味がするのでしょうか?
フリム・フラム・ソースをかけたアッシンフェイのシャファファ添えという料理をイメージしてください :-)

frim fram は、flim-flam の変形だそうですが、日本人が苦手の 'r' と 'l' の発音の区別も難しそう…



I don't want French fried potatoes,
Red ripe tomatoes,
I'm never satisfied.
I want the frim fram sauce with the Ausen fay
With chafafa on the side.

I don't want pork chops and bacon,
That won't awaken
My appetite inside.
I want the frim fram sauce with the Ausen fay
With chafafa on the side.

Now a persons really got to eat
And a person should eat right.
Five will get you ten
I'm gonna feed myself right tonight.

I don't want fish cakes and rye bread,
You heard what I said.
Waiter, please serve mine fried
I want the frim fram sauce with the Ausen fay
With chafafa on the side.

Now a persons really got to eat
And a person should eat right.
Five will get you ten
I'm gonna feed myself right tonight.

I don't want fish cakes and rye bread,
You heard what I said.
Waiter, please serve mine fried
I want the frim fram sauce with the Ausen fay
With chafafa on the side.

I want the frim fram sauce with the ausen fay
with cha fafa, cha fafa, cha fafa, on the side
P-LEAZZZE!

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/natkingcole/thefrimframsauce.html

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song539.html

ナット・キング・コールの音源です。



"Come in out of the Rain"

作曲: Carl Sigman
作詞: Bob Russell
作曲年 1946

この曲には同名異曲がいくつかあるようで、Carl Sigman 作曲のこの曲の情報を探し出せませんでした。
さらに紛らわしいのは "Come in from the Rain" と言う曲もあって、なんと!カーメンも歌っているのです ^^;

歌詞も探し出せませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。



ナット・キング・コールの音源です。



"How Does It Feel?"

作曲: Marvin Fisher
作詞: Roy Alfred
作曲年 ????

作詞者の Roy Alfred (May 14, 1916 – 2008) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Roy_Alfred

Marvin Fisher は、あの名曲 "When Sunny Gets Blue" を書いた人なのですが、Wikipedia には情報がありませんでした。
こちらをご覧ください。
https://www.nytimes.com/1993/08/24/obituaries/marvin-fisher-is-dead-pop-composer-was-76.html

ナット・キング・コールのトリオ時代にヒットした曲のようです。
歌詞の適当な和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

今はこの録音は Best of Nat King Cole Trio: Vocal Classics 42-46 というCDで入手することができるようです。
ナット・キング・コールの Capitol 時代の初期の録音で、Capitol の経営を支えたアルバム類からのコンピレイションになるようです。
彼の歴史的記録のアルバムと言えるでしょう。



How does it feel
When you find that your dreams are through?
How does it feel
When you know that the laugh's on you?

Thought you were smart
Breaking my heart
When you took that exit bow
Someone you met
Has made you regret
So who's the smarty now?

Say, how does it feel
When you find that your big romance
Wasn't so real
It was only a song and a dance?

Maybe it's fun
To kiss and then run
And hurt somebody too
But how does it feel
Now that it's happened to you?

Maybe it's fun
To kiss and then run
And hurt somebody too
But how does it feel
Now that it's happened to you?

引用元はここ
https://genius.com/The-nat-king-cole-trio-how-does-it-feel-lyrics

ナット・キング・コール、1945年の録音です。



"If I Had You"

作曲: Ted Shapiro
作詞: James Campbell & Reg Connelly
作曲年 1928

作曲者・作詞者についてはこちらをご覧ください。

Ted Shapiro (October 31, 1899 – May 26, 1980)
https://en.wikipedia.org/wiki/Ted_Shapiro

James Campbell (1903–1967) and Reg Connelly (1895 (or 1898) – September 23, 1963)
https://en.wikipedia.org/wiki/Jimmy_Campbell_and_Reg_Connelly

ナット・キング・コール・トリオ時代に彼が演奏歌唱した曲のようです。

W&Rさんの和訳のところの解説がこの曲の背景を説明してくれています。

作曲された当時のプリンス・オブ・ウェールズはエドワード・アルバート・クリスチャン・ジョージだったようです。
現在のプリンス・オブ・ウェールズ、チャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージのご子息、プリンス・ハリーは米女優のメーガン・マークルとの結婚を近々に控えて話題になっていますね。
また、メーガン・マークルの出自の問題で、エドワード・アルバート・クリスチャン・ジョージのことの話題も復活しています。
プリンス・ハリーは故ダイアナ妃のご子息です。

プリンス・オブ・ウェールズというのは、次期国王として王位を継承するべきイングランド国王(後にはグレートブリテン国王、連合王国国王)の最年長の王子がこの称号を与えられるようになり、王位の法定推定相続人の称号となった。現在は女王エリザベス2世の長男チャールズがプリンス・オブ・ウェールズである、と言うことだそうです。


なかなかいい曲ですね :-)



I could show the world how to smile
I could be glad all of the while
I could change the grey skies to blues
If I had you
I could leave the old days behind
Leave all my pals, I'd never mind
I could start my life all a new
If I had you
I could climb the snow capped mountains
Sail the mighty ocean wide
I could cross the burning desert
If I had you by my side
I could be a king, dear, uncrowned
Humble or poor, rich or renowned
There is nothing I couldn't do
If I had you

I could show the world how to smile
I could be glad all of the while
I could change the grey skies to blues
If I had you
I could leave the old days behind
Leave all my pals, I'd never mind
I could start my life all a new
If I had you
I could climb the snow capped mountains
Sail the mighty ocean wide
I could cross the burning desert
If I had you by my side
I could be a king, dear, uncrowned
Humble or poor, rich or renowned
There is nothing I couldn't do

引用元はここ
https://genius.com/Nat-king-cole-if-i-had-you-lyrics

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20080120

ナット・キング・コールの音源です
(演奏だけ)


(歌)



"I Can't See for Looking"

作曲: Arnold Standford
作詞: Nadine Robinson
作曲年 ????

Arnold Standford については調べきれませんでした。

Nadine Robinson はナット・キング・コールの最初の奥さんで、彼が17歳の時、1937年に結婚し1948年まで続きました。
Nadine Robinson との結婚が、彼がピアノトリオを組み、LAに定着するきっかけになったそうです。
https://www.wikitree.com/wiki/Robinson-16443
上記資料によりますと彼女は1889年生まれとなっていますので、ナット・キング・コールと結婚した時は48歳になります。

この曲はその間に書かれた曲になるのでしょう。

ナット・キング・コールが録音したときの曲名は "I Just Can't See for Looking" になっています。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Maybe I talk too much
Maybe I've lost my touch
I guess I don't know what's cookin'
'Cause I just can't see for lookin'
Other boys have their chicks
Two, three, four, five or six
I don't seem to get a bookin'
'Cause I just can't see for lookin'
I'm kinda crazy like a daisy
Up that well known tree, poor me
I'm sittin', hopin', horoscopin'
Won't some sista take a chance with me?
I've been around the town
Everyone brings me down
I give up hope, I'm just a dope
There ain't no gals for hookin'
I just can't see for lookin'
I've been around the town
Everyone brings me down
I give up hope, I'm just a dope
There ain't no gals for hookin'
I just can't see for lookin'
No, just can't see for lookin'
No, no

引用元はここ
https://genius.com/Nat-king-cole-i-just-cant-see-for-looking-lyrics

ナット・キング・コールの音源です。



"Sweet Lorraine"

作曲: Clifford R. Burwell
作詞: Mitchell Parish
作曲年 1928

大スタンダード曲の一つですね。

ナット・キング・コールは1940年にこの曲を初録音しています。
彼が歌手として名前を挙げるきっかけになった曲のようです。

作曲者の Clifford R. "Cliff" Burwell (1898 – 1976) にとっても、一番知られている曲でしょう。
https://en.wikipedia.org/wiki/Cliff_Burwell

作詞者の Mitchell Parish (July 10, 1900 – March 31, 1993) は「星男」として知られる人。
数々の名曲の作詞を手掛けていますが、"Star Dust" をはじめ「星」がつく曲が多いことでも知られています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Mitchell_Parish



Just found joy
I'm as happy as a baby boy, baby boy
With another brand new choo-choo choy
When I met my sweet Lorraine, Lorraine, Lorraine.

A pair of eyes
That are brighter than the summer sky
When you see them, you'll realize
Why I love my sweet Lorraine.

Now when it's rainin',
I don't miss the sun
Because it's in my baby's smile, whoa ho
And to think that I'm the lucky one
That will lead her down the aisle, whoa ho ho

Each night I pray
That no one will steal her heart away
I can't wait until that lucky day
When I marry sweet Lorraine.

Now when it's rainin'
I don't miss the sun
Because it's in my baby's smile, whoa ho
And to think that I'm the lucky one
That will lead her down the aisle, whoa ho ho

Each night I pray
That no one will steal her heart away
I can't wait until that lucky day
When I marry sweet Lorraine.

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/natkingcole/sweetlorraine.html

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20080709

ナット・キング・コールがオスカー・ピーターソン・トリオで歌っている動画です。
非常に興味深い組み合わせですね :-)



"You're Lookin' at Me"

作曲・作詞: Bobby Troup
作曲年 1953

作曲者のボビー・トループはこのコミュで何度も登場しています。
"(Get Your Kicks On) Route 66"(1946) の作曲者としても有名です。
Robert Wesley Troup Jr. (October 18, 1918 – February 7, 1999)
https://en.wikipedia.org/wiki/Bobby_Troup

ボビー・トループ自身はこの曲を1953年のアルバム Bobby Troup で録音しています。

ナット・キング・コールは自身のアルバム After Midnight (1957) に録音しています。
https://en.wikipedia.org/wiki/After_Midnight_(Nat_King_Cole_album)
このアルバムは大ヒットし、キャピトル・レコーズのドル箱アルバムの1枚になったようです。



Who had the girls turning hand-springs
You're Looking At Me

Crazy to love him, claimed he
Who could so misunderstand things
You're lookin' at me
Who was so sure of his conquest
Sure as a human could be
Who wound up losing the contest
You're lookin' at me, you're looking at me
Where is that boy
Who was certain his charms couldn't fail
Where is that boy
Who believed every word of this ridiculous tail
Who was so childishly flattered
Thought he'd swept her off her feet
Who woke to find his dream shattered
Might I repea-eat, might I repeat
For-or you needn't strain your eyes
To see what I want you to see
That's right, you're looking at me
Where is that boy
Who was certain his charms couldn't fail
Where is that boy
Who believed every word of this ridiculous tail
Who was so childishly flattered
Thought he'd swept her off her feet
Who woke to find his dream shattered
Might I repeat, might I repeat
For-or you needn't strain your eyes
To see what I want you to see
That's right, you're looking at me-ee...

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/natkingcole/yourelookingatme.html

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song130.html

ナット・キング・コールの音源です。



ボビー・トループの録音も聴いておきましょう。

externalvideo src="YT:AgwW8kfxP54:D">

"Just You, Just Me"

作曲: Jesse Greer
作詞: Raymond Klages
作曲年 1929

この曲は映画 Marianne (1929) で使われました。
https://www.imdb.com/title/tt0020143/?ref_=fn_tt_tt_7
https://en.wikipedia.org/wiki/Marianne_(1929_musical_film)

ナット・キング・コールは前述 >>[31] のアルバム After Midnight にこの曲を収録しています。

ジャズの大スタンダード曲の一つになっています。
カーメンの素晴らしいスイング感を楽しんでください。



Just you, just me
Let's find a cozy spot
To cuddle and woo.
Just us, just we
I've missed an awful lot
My trouble is you.

Oh, gee!
What are your charms for?
What are my arms for?
Use your imagination!

Just you, just me
I'll tie a lover's knot
Around wonderful you.

Oh, gee!
What are your charms for?
What are my arms for?
Use your imagination!

Just you, just me
I'll tie a lover's knot
Tie a lover's knot
Tie a lover's knot
Around wonderful you.

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/natkingcole/justyoujustme.html

歌詞の和訳があります。
https://lyrics.red-goose.com/just-you-just-me-nat-king-cole/

ナット・キング・コールの音源です。





これで
Carmen McRae / You're Lookin' at Me (A Collection of Nat King Cole Songs)
の全トラックが紹介できました。

ナット・キング・コールのソングブックはまだまだありますので続けて行きましょう。
どなたかマーク・マーフィーのナット・キング・コールのソングブックをお持ちの方がいらっしゃいましたらご一報いただけませんでしょうか。

>>[31]
ボビー・トループの録音も聴いておきましょう。

がうまく貼り付けできていませんでした m(_ _)m



次はこれにしましょう。

Allan Harris / Nat King Cole: Long Live the King

Label: Love Productions Records

Recorded in 2010

1. It's Only a Paper Moon (Harold Arlen / E.Y. "Yip" Harburg)
2. (I Love You) For Sentimental Reasons (William Best / Deek Watson)
3. L-O-V-E (Bert Kaempfert/Milt Gabler)
4. I'll Be Seeing You (Sammy Fain / Irving Kahal)
5. The Very Thought of You (Ray Noble)
6. Straighten Up and Fly Right (N.Cole / I.Mills)
7. A Blossom Fell (Barnes, Cornelius, John)
8. Non Dimenticar / Pretend (Shelley Dobbins / P.G. Redi)
9. Walkin' My Baby Back Home (Fred E. Ahlert / Roy Turk)
10. Mona Lisa (Jay Livingston)
11. Too Young (S. Lippman, S. Dee)
12. Nature Boy (Eden Ahbez)
13. Unforgettable (Irving Gordon)

Musicians:
Allan Harris (vo
Bob Grabowski (b)
Jim Gasior (p)
Larry Marshall (ds)
Jesse Jones (sax, fl)


アラン・ハリスについてはこちらをご覧ください。
Allan Harris (born 4 April 1956 in Brooklyn, New York)
https://en.wikipedia.org/wiki/Allan_Harris_(musician)

ナット・キング・コールの強い影響を感じさせる人です。

ライナー・ノーツには彼の次のような文章があります。

This 13 song tribute to Mr. Cole
is my most heartfelt recording of date and a culmination of years of love and appreciation to those who were gracious enough to compare me to this remarkable man, Nat 'King' Cole, Long Live the King.

彼にはナット・キング・コールのクリスマス・ソングブックへのトリビュート・アルバムもあります。

Wikipedia の中に解説がありますように、彼のアルバム Allan Harris / Takana Miyamoto / Convergence は非常に評価の高いアルバムのようです(わたしはまだ持っていません─汗)
宮本貴奈さんのピアノとのデュオアルバムです。
https://www.allmusic.com/album/convergence-mw0002383191


下の画像は、左が本アルバム、中が Dedicated to You Allan Harris Sings a Nat King Cole Christmas, 右が Allan Harris / Takana Miyamoto / Convergence です。








"It's Only A Paper Moon"

作曲: Harold Arlen
作詞: Yip Harburg & Billy Rose
作曲年 1933

曲情報については>>[10] をご覧ください。

ナット・キング・コールよりもジャズ的ですね :-)



この曲を歌っているライブ動画がありました。
このアルバムのリリース記念ライブのようです。



"(I Love You) for Sentimental Reasons"

作曲: William "Pat" Best
作詞: Ivory "Deek" Watson & William "Pat" Best
作曲年 1945

曲情報については>>[9] をご覧ください。

いいですねぇ…



"L-O-V-E"

作曲: Bert Kaempfert
作詞: Milt Gabler
作曲年 1964

曲情報については>>[11] をご覧ください。

Jesse Jones (as) が頑張っています。
アラン・ハリスはナット・キング・コールよりもジャズ的に処理しています。



"I'll Be Seeing You"

作曲: Sammy Fain
作詞: Irving Kahal
作曲年 1938

曲情報については【ビリー・ホリデイ ソングブック】#30 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78639354

なかなかいいですね。



"The Very Thought of You"

作曲・作詞: Ray Noble
作曲年 1934

曲情報については【スタンダードソングタイトルの、名迷訳】#50 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=79299384

ナット・キング・コールは1958年の同名のアルバムに収録したものがヒットしています。
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Very_Thought_of_You_(Nat_King_Cole_album)

ナット・キング・コールは1950年代からポップス路線に転向し、商業的に大成功を収めたのですが、アラン・ハリスはこれを逆張りして、ナット・キング・コールの1950年代以降の曲を、よりジャズ的に展開しているように見えます。



ナット・キング・コールの音源です。



"Straighten Up and Fly Right"

作曲: Nat King Cole
作詞: Irving Mills
作曲年 1943

この曲はナット・キング・コール・トリオの演奏で大ヒットしました。

また、映画 Here Comes Elmer (1943) にも使われました。
https://www.imdb.com/title/tt0035987/?ref_=fn_al_tt_1

スラングをたくさん使った、裏の意味がある曲になります。



[Verse 1]
A buzzard took a monkey for a ride in the air
The monkey thought that everything was on the square
The buzzard tried to throw the monkey off his back
The monkey grabbed his neck and said, "Now listen, Jack..."

[Chorus]
Straighten up and fly right
Straighten up and stay right
Straighten up and fly right
Cool down, papa
Don't you blow your top
Ain't no use in diving
What's the use in jiving?
Straighten up and fly right
Cool down, papa
Don't you blow your top

[Verse 2]
The buzzard told the monkey you are choking me
Release your hold and I'll set you free
The monkey looked the buzzard right dead in the eye and said
"Your story's so touching, but it sounds just like a lie."

[Chorus]
Straighten up and fly right
Straighten up and stay right
Straighten up and fly right
Cool down, papa
Don't you blow your top
Ain't no use in diving
What's the use in jiving?
Straighten up and fly right
Cool down, papa
Don't you blow your top

[Outro]
Straighten up and fly right
Straighten up and stay right
Straighten up and fly right
Cool down, papa
Don't you blow your top
Ain't no use in diving
What's the use in jiving?
Straighten up and fly right
Cool down, papa
Don't you blow your top

引用元はここ
https://genius.com/Nat-king-cole-straighten-up-and-fly-right-lyrics

歌詞の和訳があります。
https://isoboo.wordpress.com/2015/12/01/straighten-up-and-fly-right/

ナット・キング・コール・トリオ 1943年の音源です。



"A Blossom Fell"

作曲・作詞: Howard Barnes, Harold Cornelius, and Dominic John
作曲年 1954

ナット・キング・コールの録音が大ヒットしました。

「落ちた花びらは嘘つきの唇だけに触れる」というジプシーの言い伝えがあるそうです。



A blossom fell from off a tree
It settled softly on the lips you turned to me
The gypsies say and I know why
"A falling blossom only touches lips that lie"

A blossom fell and very soon
I saw you kissing someone new beneath the moon
I thought you loved me, you said you loved me
We planned together to dream forever
The dream has ended, for true love died
The night a blossom fell and touched two lips that lied

A blossom fell and very soon
I saw you kissing someone new beneath the moon
I thought you loved me, you said you loved me
We planned together to dream forever
The dream has ended, for true love died
The night a blossom fell and touched two lips that lied

引用元はここ
https://genius.com/Nat-king-cole-a-blossom-fell-lyrics

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song122.html

ナット・キング・コールの音源です。



"Non Dimenticar / Pretend"

"Non Dimenticar" ("Do Not Forget")
作曲: P. G. Redi
作詞: Michele Galdieri (Italian), Shelley Dobbins (English)
作曲年 1951
Anna (1951 film)
https://en.wikipedia.org/wiki/Anna_(1951_film)
1958年のナット・キング・コールの録音が大ヒットしました。

"Pretend"
作曲・作詞: Dan Belloc, Lew Douglas, Cliff Parman and Frank Levere
作曲年 1952
1953年のナット・キング・コールの録音が大ヒットしました。



"Non Dimenticar", 1958年ナット・キング・コールの音源です。


歌詞
https://www.lyricsfreak.com/n/nat+king+cole/non+dimenticar_10189704.html
和訳
http://www.geocities.jp/bebi_swinging/nondimenticar.htm


"Pretend", 1953年ナット・キング・コールの音源です。


この曲はブレンダ・リー他大勢の人が手掛けていましたね。
Brenda Lee も聴いておきましょう。


歌詞
https://genius.com/Nat-king-cole-pretend-lyrics
和訳
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song198.html









"Walkin' My Baby Back Home"

作曲: Fred E. Ahlert
作詞: Roy Turk
作曲年 1930

この曲の1851年のナット・キング・コールの録音が大ヒットしました。
それ以前の1945年にはジョー・スタッフォードも録音しています。



Gee, it's great after bein' out late
Walkin' my baby back home
Arm in arm over meadow and farm
Walkin' my baby back home

We go 'long harmonizing a song
Or I'm recitin' a poem
Owls go by and they give me the eye
Walkin' my baby back home

We stop for a while, she gives me a smile
And snuggles her head on my chest
We start in to pet and that's when I get
Her talcum all over my vest

After I kinda straighten my tie
She has to borrow my comb
Once kiss then I continue again
Walkin' my baby back home

She's 'fraid of the dark so I have to park
Outside of her door till it's light
She says if I try to kiss her she'll cry
I dry her tears all through the night

Hand in hand to a barbecue stand
Right from her doorway we roam
Eats and then it's a pleasure again
Walkin' my baby
Talkin' my baby
Lovin' my baby
I don't mean maybe
Walkin' my baby back home

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/natkingcole/walkinmybabybackhome.html

和訳があります(少し不足しています)
https://casadesus.exblog.jp/24490498/

アラン・ハリスのライブ動画がありました。


ナット・キング・コールの音源です。





"Mona Lisa"

作曲: Ray Evans
作詞: Jay Livingston
作曲年 1950

曲情報については>>[7] をご覧ください。



ナット・キング・コール、1950年のTV録画のようです。



"Too Young"

作曲: Sidney Lippman
作詞: Sylvia Dee
作曲年 1951

この曲の一番有名な録音は1951年のナット・キング・コールのものになります。
彼のシングルがミリオンセラーになりました。

ナット・キング・コールが結婚したのは17歳の時、1937年に結婚し1948年まで続きました。
お相手のナディーン・ロビンソンは1889年生まれとなっていますので、ナット・キング・コールと結婚した時は48歳になります。
ナット・キング・コール自身の経歴を考えると、実感を持って歌えた?(笑)



They try to tell us we're too young
Too young to really be in love
They say that love's a word
A word we've only heard
But can't begin to know the meaning of

And yet we're not too young to know
This love will last though years may go
And then someday they may recall
We were not too young at all

And yet we're not too young to know
This love will last though years may go
And then someday they may recall
We were not too young at all

引用元はここ
https://genius.com/Nat-king-cole-too-young-lyrics

歌詞の和訳があります。
http://blog.livedoor.jp/ottorinayatu/archives/54520636.html

ナット・キング・コールのTV録画のようです。



"Nature Boy"

作曲・作詞: Eden Ahbez
作曲年 1947

この曲はナット・キング・コールが最初に録音しています。
彼の1948年の録音が大ヒットしました。
その後多くのミュージシャンたちが取り上げ、大スタンダード曲になっています。

作曲者についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Eden_ahbez

歌詞についてはこちらをご覧ください。
https://www.azlyrics.com/lyrics/natkingcole/natureboy.html

(以前この曲の歌詞を引用して貼り付けたら、MIXIによってそのトピックが削除されてしまいました。MIXIがJASRACから責められ、他のSNSプラットホームのように相手との妥協点を探ろうともしない、内向きな、ユーザー保護を考えようともしない、そういう姿勢の表れだろうと見ています。
それ以降、一連のトピックでは歌詞の引用元を明示し、引用であることをはっきりと表わすように心がけています。)

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070327

アラン・ハリスのジャズ的な編曲がいいですね。



ナット・キング・コール1948年の録音です。



"Unforgettable"

作曲・作詞: Irving Gordon
作曲年 1951

曲情報については>>[18] をご覧ください。



これで
Allan Harris / Nat King Cole: Long Live the King
の全トラックが紹介できました。

ナット・キング・コールは1950年代あたりから自身の音楽路線をポップスに変更し大成功をおさめたのですが、アラン・ハリスのこのアルバムはナット・キング・コールのポップス・ヒットをジャズ路線に戻すような内容になっていますね。

ナット・キング・コールのソングブックはもう少しだけ発見できています。
しかし、マーク・マーフィーのものは希少品価格がついているようで手が出せません。
入手可能な範囲のアルバムを、続けて取り上げていきたいと考えています。

次はこれにしましょう。

Diana Krall / All for You (A Dedication to the Nat King Cole Trio)

Label: Impulse!

Recorded Oct 3-8, 1995 at The Power Station, NYC

1. I'm an Errand Girl for Rhythm (Nat King Cole)
2. Gee Baby, Ain't I Good to You (Andy Razaf / Don Redman)
3. You Call It Madness (Russ Columbo / Con Conrad / Gladys Dubois / Paul Gregory)
4. The Frim Fram Sauce (Redd Evans / Joe Ricardel)
5. The Boulevard of Broken Dreams (Al Dubin / Harry Warren)
6. Baby Baby All the Time (Bobby Troup)
7. Hit That Jive Jack (John Alston / Alex Alstone / Skeets Tolbert)
8. You're Looking at Me (Bobby Troup)
9. I'm Thru With Love (Gus Kahn / Fud Livingston / Matty Malneck)
10. Deed I Do (Walter Hirsch / Fred Rose)
11. A Blossom Fell (Howard Barnes / Harold Cornelius / Dominic John)
12. If I Had You (Jimmy Campbell / Reginald Connelly / Ted Shapiro)

Musicians:
Diana Krall (p, vo)
Russell Malone (g)
Paul Keller (b)
Benny Gree (p) (12)
Steve Kroon (percussion) (5)


ダイアナ・クラールについては、いまさら付け加えることはありません。
【気になる現代の歌姫たち】#163 をご覧になってください。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78105808

このアルバムタイトルに注目してください。
(A Dedication to the Nat King Cole Trio)
と副題がついています。

これは、ナット・キング・コールが1950年代に自身の音楽をポップス路線に変更するよりも以前の、ナット・キング・コール・トリオとして一世を風靡した時代の曲を取り上げているということです。

Nat "King" Cole (p, vo), Oscar Moore (g), Johnny Miller (b) のジャズ史に残るトリオでの有名曲を取り上げています。

ナット・キング・コールはピアニストとして、ビル・エヴァンスやオスカー・ピータソン等から大きな敬意をささげられています。

ダイアナ・クラールもピアニストとして活動を始め、シンガー=ピアニストとして大成功をおさめています。
この点でもナット・キング・コールに通ずるところがあります。

という前提でこのアルバムを聴くと、楽しみが一層深まるかもしれません。

さらに、ベニー・グリーン (p) が参加したトラックがあります。
このあたりも興味深いところですね。

これは余談ですが、ベニー・グリーンというと、ジャズ歴の長い人はトロンボニストのベニー・グリーンを思い浮かべるのでしょうが、現在では同名のピアニスト、ベニー・グリーンの方が一般には知られるようになっています。

"I'm an Errand Girl for Rhythm"

作曲・作詞: Nat King Cole
作曲年 ???

曲情報については>>[23] をご覧ください。

アルバムの冒頭を飾るのにふさわしい曲と演奏歌唱ですね。


ログインすると、残り11件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。