ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > ナット・キング・コール ソング...

Standard Jazz Songコミュのナット・キング・コール ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Nathaniel Adams Coles (March 17, 1919 – February 15, 1965),
https://en.wikipedia.org/wiki/Nat_King_Cole

あまりにも有名すぎるナット・キング・コールなのですが、彼は1930年代に音楽活動を始め、1940年代には彼のトリオが大人気を博しました。
1950年代になると、ポピュラー音楽に路線を変え、数々のポップスヒットを生み出しました。

彼の人気と影響力というのは、1940年代に音楽活動を始めたオスカー・ピーターソンはナット・キング・コールのスタイルで歌を歌ったのですが、歌手として大成するのは諦めてピアニストとして活動しました。

またレイ・チャールスは1950年代に音楽活動を始めたのですが、当初はナット・キング・コールの物まねをしていました。

また、彼は、1942年ジョニー・マーサー、バディ・デシルヴァ、グレン・ウォリックスの3人によって設立されたキャピトル・レコード (Capitol Records) の看板スターであり、彼のレコードの売り上げがキャピトル・レコードの発展に大きく寄与しています。

彼のソングブックに取り上げられている曲の多くは1950年代のポップスヒットになった曲のように見えます。
また、それらの曲がスタンダード曲となって現在も世界中で愛されています。

彼の実弟フレディ・コールは現在も活躍中の歌手です。
Lionel Frederick "Freddy" Cole (born October 15, 1931)
https://en.wikipedia.org/wiki/Freddy_Cole

また彼の娘ナタリー・コールも歌手として活躍しましたが、惜しくも2015年に亡くなっています。
Natalie Maria Cole (February 6, 1950 – December 31, 2015)
https://en.wikipedia.org/wiki/Natalie_Cole



彼は1961年、1963年の2回来日しています。
(このときのエピソード(?)については、後で少しだけ触れるかもしれません…)




------------- この項は推敲中です -------------



*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#6 - Marica Hiraga / Mona Lisa / Office M2 / 2011.
#1 - Oscar Peterson sings and plays nat King Cole 'With respect to nat'/ LIMELIGHT RECORD / 1965


*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Nat King Cole Songbook】
 Allan Harris / Long Live the King
 Carmen McRae / You're Lookin' at Me (A Collection of Nat King Cole Songs)
 Diana Krall / All for You (A Dedication to the Nat King Cole Trio)
 Gregory Porter / Nat King Cole & Me
 John Pizzarelli / Dear Mr. Cole
 Mark Murphy / Mark Murphy Sings the Nat King Cole Songbook
 Mark Murphy / Sings Nat King Cole Songbook Vol. 2
 Nicki Parrott / Unforgettable: Nat King Cole Songbook



*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Almost Like Being In Love"(Frederick Loewe/Alan Jay Lerner/1947) - (#8)
"Candy" (Alex Kramer/Mack David & Joan Whitney/1944) - (#15)
"(I Love You) for Sentimental Reasons"(William Best/Ivory Watson & William Best/1945) - (#9)
"It's Only A Paper Moon"(Harold Arlen/Yip Harburg & Billy Rose/1933) - (#10)
"L-O-V-E"(Bert Kaempfert/Milt Gabler/1964) - (#11)
"Mona Lisa" (Ray Evans/Jay Livingston/1950) - (#7)
"Route 66" (Bobby Troup/1946) - (#14)
"Stardust"(Hoagy Carmichael/Mitchell Parish/1927) - (#12)


コメント(15)

"with respect to nat" Oscar Peterson trio.

オスカー・ピーターソンとナット・コールは、因縁浅からぬ関係にあったと言われています。
ナットは勿論ピアノの名手ですが、オスカーのヴォーカルもなかなか。
というか、二人のピアノやヴォーカルのスタイルは、双子のようとまでは言いませんがかなり似ています。

お互いその意識があった二人はある時を境にオスカーはピアノに、そしてナットはヴォーカルに専念しようと話し合いで決めたと聞いた事があります。

そう思って聞くと、これは単なるソングブックを超えたリスペクトを感じるアルバムです。

When my sugar walks down the street.
It's only a paper moon.
Walkin' my baby back home.
Sweet Lorraine.
Unforgettable.
Little girl.
Gee baby ain't I food to you.
Orange colored sky.
Straighten up and fly right.
Calypso blues.
What can I say after I say I'm sorry.
Easy listening blues.

LIMELIGHT RECORD LM 82029



>>[1]

Oscar Peterson sings and plays nat King Cole
'With respect to nat'

アルバム丸ごとの動画がありました。

01.When My Sugar Walks Down The Street
02.It's Only A Paper Moon
03.Walkin' My Baby Back Home
04.Sweet Lorraine
05.Unforgettable
06.Little Girl
07.Gee,Baby,Ain't I Good To You-
08.Orange Colored Sky
09.Straighten Up And Fly Right
10.Calypso Blues
11.What Can I Say After I Say I'm Sorry
12.Easy Listening Blues-Instrumental

聴いているうちに、オスカー・ピータソンが歌っているということを忘れてしまって、ナット・キング・コールを聴いていると錯覚してしまいます。
ピアノスタイルはピーターソンであることは、はっきりと判るのですが…



>>[2]

少し詳しい解説がありました。

https://en.wikipedia.org/wiki/With_Respect_to_Nat

トリオ + ヴォーカルは
Oscar Peterson (p, vo)
Ray Brown (b)
Herb Ellis (g)

オールスター・ビッグバンド + ヴォーカルは
Oscar Peterson (vo)
Hank Jones (p)
その他

となっています。

Unforgettable〜Nat King Cole Song Book
Nicki Parrott

オーストラリア出身の女性ベーシスト兼ボーカリストのニッキが、2016年の秋にニューヨークで制作したのがこのナット・キング・コールのソングブックです。

ナット・キング・コールの有名なピアノ・トリオスタイルと同様に、ドラムレスのピアノ、ギター、そしてニッキのベースとボーカルのトリオで演奏しています。
更に曲によっては、リサ・パロットのバリトン・サックス、バスクラリネットをフューチャーしています。

1. Walkin' My Baby Back Home
2. Let's Fall In Love
3. The Very Thought Of You
4. Hit That Jive Jack
5. Mona Lisa
6. Meet Me At No Special Place
7. A Nightingale Sang In Berkeley Square
8. Unforgettable
9. Straighten Up And Fly Right
10. For Sentimental Reasons
11. When I fall In Love
12. L-O-V-E
13. Answer Me My Love
14. Perfidia

Nicki Parrott(vo & b), John Di Martino(p), Frank Vignola(g),
Lisa Parrott(bs & bcl)

Recorded at Trading 8's Studio in New York
October 25, 26 & November 9, 10 2016.


さて、こちらのトピですが、トピを立てたものの動いていませんね(汗)

このコミュニティは、タイトルにありますように "Standard Jazz Song" です。
スタンダード曲をいくつもの切り口から掘り起こすのが目的と狙いです。

失語症の人たちが、アルバム画像を貼り付けるだけの、どこかのコミュのようなことは考えていません。
また、アルバムの概要紹介だけで止めて、そのアルバムに収録されている曲に言及しないということでは物足りません。
アルバムの収録曲1曲1曲について、可能な範囲で、曲情報を掘り起こそうという考えのもとに、それぞれのトピックを展開してきました。

コミュニティの説明にありますように

「これらスタンダード・ジャズ・ソングを取り上げて、その曲にまつわるあれやこれや、 名唱や名演、意識することが少なかった、あるいは忘れてしまっていた作曲者や作詞者、 詩の意味合いやその歴史的背景、その他もろもろについて語りあいましょう。」

という考えでこれからも進めて行きたいと考えています。

それではこのトピックにも生命を注いでみましょう。

このアルバムを展開してみましょう。

Marica Hiraga / Mona Lisa

Label : Office M2

Recorded in 2011.

01. Mona Lisa
02. Almost Like Being In Love
03. (I Love You)for Sentimental Reasons
04. It`s Only A Paper Moon
05. Love
06. Stardust
07. Route 66
08. Candy
09. Smile
10. Fly Me To The Moon
11. Unforgettable
12. Far Call

Musicians.
Marica Hiraga (vo)

Mark Whitfield (g)
David Finck (b)
David Hazeltine (p)

Steve Shapiro (vib)
Avishai Cohen (tp)
Anat Cohen (cl)

Masanori Sasaji (p)
Masato Suzuki (b)
Yuichi Togashiki (da)
Shigehara Sasago (g)
Steve Shapiro (vib)

このアルバムにはニューヨークでのセッションと、東京でのセッションが収録されています。

現在、実力・人気ともに第一人者の一人、日本人歌手、平賀マリカの何枚かあるアルバムの1枚です。

彼女のアルバムには、比較的企画性の強いアルバムが何枚かあります。

ライナー・ノーツにこのような説明がありました。

「実は、ジャズに目覚めた大学時代、ジャズ・ヴォーカルを勉強する際に、彼女が手本にしたのがナット・キング・コールだった。サラ・ヴォーンは難易度が高く、スイング感抜群のエラ・フィッツジェラルドはとても歯が立たない。が、ナットだけはメロディと歌詞がストレートに入ってきて一緒に歌えた」


私は、これまで日本人歌手のいろんなライブを聴いたり、アルバムを聴いてきましたが、終わってからの、何かが物足りない、という感じは否めないところがありました。
さて、この平賀マリカのアルバムはどのようなものか…一緒に聴いていきましょう。





"Mona Lisa"

作曲 : Ray Evans
作詞 : Jay Livingston
作曲年 1950

この曲は映画 Captain Carey, U.S.A. (1950) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0042310/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Captain_Carey,_U.S.A.

もちろん、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画(といわれる)モナ・リサから曲名はとられています。

この曲は1950年にナット・キング・コールの歌で大ヒットしました。



Mona Lisa, Mona Lisa, men have named you
You're so like the lady with the mystic smile
Is it only 'cause you're lonely they have blamed you?
For that Mona Lisa strangeness in your smile?

Do you smile to tempt a lover, Mona Lisa?
Or is this your way to hide a broken heart?
Many dreams have been brought to your doorstep
They just lie there and they die there
Are you warm, are you real, Mona Lisa?
Or just a cold and lonely lovely work of art?

Do you smile to tempt a lover, Mona Lisa?
Or is this your way to hide a broken heart?
Many dreams have been brought to your doorstep
They just lie there and they die there
Are you warm, are you real, Mona Lisa?
Or just a cold and lonely lovely work of art?

Mona Lisa, Mona Lisa

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/n/nat+king+cole/mona+lisa_20098067.html

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20081116

ナット・キング・コールの音源です。


"Almost Like Being In Love"

作曲 : Frederick Loewe
作詞 : Alan Jay Lerner
作曲年 1947

この曲はミュージカル(舞台)Brigadoon (1947) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/brigadoon-1534
https://en.wikipedia.org/wiki/Brigadoon
ラーナー&ロウのコンビが音楽を担当し、この曲が一番有名になりました。

ナット・キング・コールとこの曲の関係は、1954年の彼の録音がヒットし、この録音がさらに映画 Groundhog Day (1993) でクロージング曲として使われています。
(彼の死後に作られた映画です)
http://www.imdb.com/title/tt0107048/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Groundhog_Day_(film)

平賀マリカのよくスイングする歌唱もいいのですが、導入部からの Avishai Cohen (tp) がいいですね。

https://en.wikipedia.org/wiki/Avishai_Cohen_(trumpeter)

実に楽しい曲で、大スタンダード曲になっています。




What a day this has been!
What a rare mood I'm in!
Why, it's almost like being in love

There's a smile on my face
For the whole human race
Why it's almost like being in love

All the music of life seems to be
Like a bell that is ringing for me
And from the way that I feel
When the bell starts to peal
I would swear I was falling
I could swear I was falling
It's almost like being in love

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/n/nat+king+cole/almost+like+being+in+love_20098008.html

歌詞の和約があります。
http://blog.goo.ne.jp/mgmjoni/e/2ee035cf13d08a03268647f74d7762a7


ナット・キング・コールの音源です。


"(I Love You) for Sentimental Reasons"

作曲 : William "Pat" Best
作詞 : Ivory "Deek" Watson & William "Pat" Best
作曲年 1945

ナット・キング・コールはこの曲を1946年に録音し、これが大ヒットになりました。
このころのナット・キング・コールのレコードの売り上げが、キャピトル・レコードの大きな財源になり、これをもとにして多くのミュージシャンのレコードを発売することができ、キャピトル・レコードが発展しました。

作曲者はポップ・グループ The Four Tunes のメンバーです。
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Four_Tunes

英語ネイティブの人に、平賀マリカさんの英語発音を聞いた感想を聞いてみたいなと思いませんか?

英語を勉強中の中高生諸君は、曲名が reasons と複数形になっているところを注目しておきましょうね。



I love you for sentimental reasons
I hope you do believe me
I'll give you my heart

I love you and you alone were meant for me
Please give your loving heart to me
And say we'll never part

I think of you every morning
Dream of you every night
Darling, I'm never lonely
Whenever you are in sight

I love you for sentimental reasons
I hope you do believe me
I've given you my heart

I love you for sentimental reasons
I hope you do believe me
I've given you my heart


引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/natkingcole/iloveyouforsentimentalreasons.html

歌詞の和約があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20110130

ナット・キング・コールの音源です。



"It's Only A Paper Moon"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Yip Harburg & Billy Rose
作曲年 1933

この曲はミュージカル(舞台)The Great Magoo (1932) のために書かれたものがオリジナルになるそうなのですが、このミュージカルは成功しなかったそうです。
https://www.ibdb.com/broadway-production/the-great-magoo-11690

その後映画 Take a Chance (1933) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0024640/?ref_=nv_sr_3
https://en.wikipedia.org/wiki/Take_a_Chance_(1933_film)

同年のポール・ホワイトマン楽団の録音がヒットしました。
1944年にナット・キング・コールが録音し、また同年にエラが録音し、これらが大ヒットし、多くの人たちが取り上げるようになり、スタンダード曲になりました。

ナット・キング・コール・トリオというと真っ先にこの曲が浮かんでくるくらいよく知られています。


この歌詞は、細部が判らないと充分には理解できないところがあります。

Hanging over a muslin tree
のモスリンは織物の一種です。

It's a honky-tonk parade
のホンキートンクは安キャバレーのことなのですが、ニューオリンズ・ジャズのリズム感も意味しています。

It's a Barnum and Bailey world
のバーナムとベイリーの世界というのは、有名なサーカス団です。

It's a melody played
In a penny arcade
のペニー・アーケイドはお祭りなどで出てくる屋台の並びのことです。
さらにペニーというのは1セントのことです。

phony : 偽物

どいうことを知って歌詞を眺めると一味違って聞こえませんでしょうか…


平賀マリカさんの歌う
But it wouldn't be make-believe
の発音が、少し気になります ^^;



It is only a paper moon
Sailing over a cardboard sea
But it wouldn't be make-believe
If you believe in me

It is only a canvas sky
Hanging over a muslin tree
But it wouldn't be make-believe
If you believe in me

Without your love
It's a honky-tonk parade
Without your love
It's a melody played
In a penny arcade

It's a Barnum and Bailey world
Just as phony as it can be
But it wouldn't be make-believe
If you believe in me

Without your love
It's a honky-tonk parade
Without your love
It's a melody played
In a penny arcade

It's a Barnum and Bailey world
Just as phony as it can be
But it wouldn't be make-believe
If you believe in me

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/natkingcole/itsonlyapapermoon.html

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20060806

1944年のナット・キング・コール・トリオの録音です(たぶん)




"Love"
むしろこう書かれるほうが多い
"L-O-V-E"

作曲 : Bert Kaempfert
作詞 : Milt Gabler
作曲年 1964

この曲は【愛しちゃったのよ!】#1- から展開していますので、曲情報についてはそちらをご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=74179506&comm_id=6028752&page=1&from=first_page

ナット・キング・コールは彼の1965年の同名のアルバムに収録し、大ヒットしました。

平賀マリカさんの歌に絡む Anat Cohen (cl) がいいですね。
この人は DIVA Jazz Orchestra で活躍した人です。
このコミュで何度か登場しています。



ナット・キング・コールの音源です。


"Stardust"

作曲 : Hoagy Carmichael
作詞 : Mitchell Parish
作曲年 1927
作詞年 1929

大スタンダード曲で、20世紀の間だけで1,500以上録音されたそうです。

ホーギー・カーマイケルがつけた最初の曲名は "Barnyard Shuffle" で、器楽演奏曲でした。
その後ミッチェル・パリッシュが詞を書き "Star Dust" と2語の曲名をつけました。
それが長い時間がたつうちに、"Stardust" という1語の曲名になりました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Stardust_(song)

ナット・キング・コールは彼の1957年のアルバム "Love is the Thing" にこの曲を収録し、大ヒットしました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Love_Is_the_Thing

Hoagland Howard "Hoagy" Carmichael (November 22, 1899 – December 27, 1981)
https://en.wikipedia.org/wiki/Hoagy_Carmichael
蛇足ですが、ホーギー・カーマイケルは俳優として、TVドラマ「ララミー牧場」で「じいや」の役を演じていました。
白黒放送の時代ですから、今ではご存知の方も少なくなっているかもしれません。

Mitchell Parish (July 10, 1900 – March 31, 1993)
https://en.wikipedia.org/wiki/Mitchell_Parish
ミッチェル・パリッシュはこの後も「星」に絡む曲の歌詞をたくさん書いたので「星男」と称されるようになりました。

歌詞をしっかりと眺めてみると判る(はず)なのですが、ここのところです。
The memory of love's refrain
「若き日の数々の恋の思い出」ではなくて「あの、恋の思い出」と一つだけの恋の思い出を歌っているところです。
耳で聞いただけでは前者のように思えてしまうのですが、実は後者の方なのです。

長々と蛇足を連ねてきましたが、平賀マリカさんの歌をじっくりと聴いてください。



And now the purple dusk of twilight time
Steals across the meadows of my heart
High up in the sky the little stars climb
Always reminding me that we're apart

You wander down the lane and far away
Leaving me a song that will not die
Love is now the stardust of yesterday
The music of the years gone by

Sometimes I wonder why I spend
The lonely night dreaming of a song
The melody haunts my reverie
And I am once again with you
When our love was new
And each kiss an inspiration
But that was long ago
Now my consolation
Is in the stardust of a song

Beside a garden wall
When stars are bright
You are in my arms
The nightingale tells his fairy tale
A paradise where roses bloom
Though I dream in vain
In my heart it will remain
My stardust melody
The memory of love's refrain

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/n/nat+king+cole/stardust_20098091.html

歌詞の和訳があります。
https://plaza.rakuten.co.jp/xxjazz/diary/200611220002/

ナット・キング・コールの動画です。


>>[12]ご存知の通りです。



1927年の"Barnyard Shuffle"の音源は見当たりませんでした。

"Route 66"

作曲・作詞 : Bobby Troup
作曲年 1946

みなさんよくご存じのこの曲は R&B のスタンダード曲という位置づけが一般的なようです。

曲の内容は、シカゴからロス・アンジェルスまでの2,000マイル余りある国道66号線、この通過都市を順にいくつか並べただけの単純な歌詞なのですが、その調子の良さで大スタンダード曲になってしまいました。

この曲の初録音がナット・キング・コールで1946年のことになります。
そしてこの録音が大ヒットしました。

この曲にインスパイアされた日本人が何人か、米国道66号を歌の通りに通って、車やオートバイで踏破した人がいるそうです。
音楽の力、すざましいものがあります(笑)

歌詞を眺めながら地図をあたってみると判るのですが、国道66号はシカゴからロス・アンジェルスまでを最短距離で結んでいるのではありません。
シカゴからいったん南下してそれから西進しさらに西海岸を北上してやっとこさロスにたどり着きます。

作曲家のボビー・トループは、ピアニストでもあり、俳優でもあり、あの!ジュリー・ロンドンのパートナーだったのです。うらやましいですね :-)
Robert Wesley Troup Jr. (October 18, 1918 – February 7, 1999)
https://en.wikipedia.org/wiki/Bobby_Troup

現在は米国道66号と言うのは廃止されてしまったようです。
日本には国道66号というのは存在しません。



If you ever plan to motor west,
Travel my way, take the highway that is best.
Get your kicks on route sixty-six.

It winds from chicago to la,
More than two thousand miles all the way.
Get your kicks on route sixty-six.

Now you go through saint looey
Joplin, missouri,
And oklahoma city is mighty pretty.
You see amarillo,
Gallup, new mexico,
Flagstaff, arizona.
Don't forget winona,
Kingman, barstow, san bernandino.

Won't you get hip to this timely tip:
When you make that california trip
Get your kicks on route sixty-six.

Won't you get hip to this timely tip:
When you make that california trip
Get your kicks on route sixty-six.
Get your kicks on route sixty-six.
Get your kicks on route sixty-six.

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/n/nat+king+cole/route+66_20098085.html

歌詞の和訳があります。

http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070616

1946年のナット・キング・コールの音源です。



"Candy"

作曲 : Alex Kramer
作詞 : Mack David & Joan Whitney
作曲年 1944

Alex J. Kramer (May 30, 1903 – February 10, 1998)
https://en.wikipedia.org/wiki/Alex_Kramer

Mack David (July 5, 1912 – December 30, 1993)
https://en.wikipedia.org/wiki/Mack_David

Joan Whitney Kramer (June 26, 1914 – July 12, 1990)
https://en.wikipedia.org/wiki/Joan_Whitney_Kramer

この大スタンダード曲は、非常に多くの人たちが手掛けています。

面白いのはジョニー・マーサーが1945年にジョー・スタッフォードを含むパイド・パイパースと録音したものがヒットしています。
彼にとって自作曲でもないのにレコードを出したのは、歌手としても成功したかったからでしょう :-)
さらに、彼の録音の中では最大のヒット曲だったのです。

また、1945年のナット・キング・コールの録音が大ヒットしました。



Candy, I call my sugar Candy
Because I'm sweet on Candy
And Candy's sweet on me
He/She understands me
My understanding Candy
And Candy's always handy
When I need sympathy
I wish that there were four of him/her
So I could love much more of him/her
He/She has taken my complete heart
Got a sweet tooth for my sweetheart
Candy, it's gonna be just dandy
The day I take my Candy
And make him/her mine, all mine

僕は恋人を”キャンディ”って呼ぶのさ
だって僕は”キャンディ”にベッタリだし
”キャンディ”は僕にメロメロだからね

あのこは僕のことを判ってるよ、察しのいい”キャンディ”は
僕が慰めてほしいと思うときには
ちゃんとそばにいてくれるんだ、”キャンディ”はね

あのこが四人くらいいたらいいな
そしたらもっとあのこを愛せるのに
あのこは完全に僕の心をとらえちゃったし
僕は恋人にトロリと甘ちゃんさ

”キャンディ”が僕のところにきて
僕だけの”キャンディ”になってくれたら
ほんとになにもかも素晴らしいだろうな

村尾陸男「ジャズ詩大全」より部分引用

ナット・キング・コール1945年の音源です。


ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。