ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > 現代の歌姫たち【アン・ハンプト...

Standard Jazz Songコミュの現代の歌姫たち【アン・ハンプトン・キャラウェイ】その2

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Ann Hampton Callaway (born May 30, 1958)
https://en.wikipedia.org/wiki/Ann_Hampton_Callaway

アン・ハンプトン・キャラウェイ その2です。

押しも押されぬ現代を代表する歌姫といえるでしょう。
3オクターブを超える声域を持ち、表現力豊かな歌唱力を持つ、すばらしい歌姫です。

ご本人のサイトです。
http://www.annhamptoncallaway.com/

FB
https://www.facebook.com/annhamptoncallaway/?ref=s

tw
https://twitter.com/annhcallaway


彼女は歌手としての本格的なデビューをするまでに作編曲者としてTVドラマの音楽等で活躍していました。
TVドラマ The Nanny はその代表作になります。
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Nanny_(TV_series)
このドラマはまだリージョン2のDVDは出ていません。

彼女はたくさんのアルバムを出しています。
All Music (Discography)
http://www.allmusic.com/artist/ann-hampton-callaway-mn0000574300/discography
1992年の "Ann Hampton Callaway" がデビュー・アルバムになります。

これらの中には、彼女の妹、ブロードウェイ・ミュージカル女優のリズ・キャラウェイと二人のショウのライブ録音もあります。
Liz Callaway (born April 13, 1961)
https://en.wikipedia.org/wiki/Liz_Callaway

また、彼女は自身で作曲・作詞もし、それらの曲が収められているアルバムもあります。

彼女の歌唱スタイルは、ジャズの伝統に根ざすものの、最先端のあまりにもジャズ寄りのスタイルではなく、ポピュラー音楽のファンをも取り込む、上手さに裏づけされた安心感を与えてくれる歌唱ともいえるでしょう。
そのあたりは、彼女のアルバム Blues in the Night の中の "The I'm Too White to Sing the Blues Blues" に、彼女が付け加えた歌詞あたりが、その一端を表しているように思えます。



2009年のライブ動画です。



彼女には尊敬するエラ・サラのソングブックがあります。
もう一人、彼女が敬愛するバーブラ・ストライザンドのソングブックがいずれ出てくるのではないかと期待しています。




彼女は、コール・ポーターの死後、彼の未発表曲に彼女自身が歌詞をつけたものがコール・ポーター財団にオーソライズされています。
1993年のライブでその曲 "I Gaze in your eyes" を歌っているライブ動画です。
この頃は今ほどメタボにはなっていませんでした :-)





----- この項は推敲中です ------



*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#1 - Ann Hampton Callaway / Easy Living / Sin-Drome Records / 1999.



*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
1992 Ann Hampton Callaway / DRG
1994 Bring Back Romance / DRG
1996 Sibling Revelry / DRG
1996 To Ella with Love / Sin-Drome Records ← エラ・フィッツジェラルド ソングブックで取り上げました
1997 After Ours / Denon Records
1997 White Christmas / Capitol
1998 This Christmas / N2K Records
2002 Signature / Shanachie Records
2004 Slow / Shanachie Records
2006 Blues in the Night / Telarc Distribution
2009 At Last / Telarc Distribution
2010 Johnny Mandel / The Man and His Music / Arbors Records ← ジョニー・マンデル ソングブックで取り上げました。
2011 Boom! Live at Birdland / PS Classics
2014 From Sassy to Divine: The Sarah Vaughan Project / Shanachie Records ← サラ・ヴォーン ソングブックで取り上げました。
2015 The Hope of Christmas / McG Jazz


*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"All of You" (Cole Porter/1954) - (#7)
"Bluesette" (Toots thielmans/Norman Gimbel/1964) - (#9)
"Come Rain or Come Shine" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1946) - (#13)
"Come Take My Hand" (Ann Hampton Callaway/1999) - (#5)
"Easy Living" (Ralph Rainger/Leo Robin/1937) - (#6)
"In a Sentimental Mood" (Duke Ellington/Manny Kurtz/1935) - (#11)
"It Had to Be You" (Isham Jones/Gus Kahn/1924) - (#10)
"Nice Work If You Can Get It" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#15)
"'Round Midnight"(Thelonious Monk & Charles "Cootie" Williams/Bernie Hanighen & John Hendricks/1944) - (#4)
"Skylark" (Hoagy Carmichael/Johnny Mercer/1941) - (#14)
"The Very Thought of You" (Ray Noble/1934) - (#16)
"(You'd Be So) Easy to Love" (Cole Porter/1934) - (#2)
"You Don't Know What Love Is" (Gene de Paul/Don Raye/1941) - (#12)

コメント(17)

アン・ハンプトン・キャラウェイ その2 はこのアルバムから始めましょう。

Ann Hampton Callaway / Easy Living

Label : Sin-Drome Records

Recorded in 1999.

1. Easy to Love (Cole Porter)
2. 'Round Midnight (Bernie Hanighen / Thelonious Monk / Cootie Williams)
3. Come and Take My Hand (Ann Hampton Callaway)
4. Easy Living (Ralph Rainger / Leo Robin)
5. All of You (Cole Porter)
6. Bluesette (Norman Gimbel / Toots Thielemans)
7. It Had to Be You (Isham Jones / Gus Kahn)
8. In a Sentimental Mood (Duke Ellington / Manny Kurtz / Irving Mills)
9. You Don't Know What Love Is (Gene DePaul / Don Raye)
10. Come Rain or Come Shine (Harold Arlen / Johnny Mercer)
11. Skylark (Hoagy Carmichael / Johnny Mercer)
12. Nice Work if You Can Get It (George Gershwin / Ira Gershwin)
13. The Very Thought of You (Ray Noble / Roy Noble)

Musicians.
Ann Hampton Callaway (vo)
Kenny Barron, Benny Green, Bill Charlap (p)
Lewis Nash, Glarence Bean (ds)
Peter Washingon, Neal Miner (b)
Jim Saporito (percussion)
Wynton Marsalis (tp)
Nelson Rangel (as, fl)
Andy Farber (ts)
Gerry Niewood (ts)

このアルバムは、収録曲をご覧いただくとわかりますように、大スタンダード集です。
その中に1トラックだけ、アンの自作曲が入っています。
この手のアルバムは今まで多くの人たちが作ってきましたが、あまりにもよく知られている曲をあつめると、それぞれの人の「上手さ」が、他と比較されてもろに現れてしまいます。
その意味で、アンの自信に溢れる歌唱を堪能できるアルバムになっています。
また、奏者たちも超一流のメンバーで、アルバムの出来栄えをさらにすばらしいものにしています。

アルバムタイトルになっています "Easy Living" はビリー・ホリデイが歌った、あまりにも有名な曲ですが、この曲の歌詞にありますように、このアルバムでアンは聴衆であるあなた方に語りかけているのか、それとも彼女が愛するジャズという音楽に語りかけているのか、じっくりと聴いてみてください。

"(You'd Be So) Easy to Love"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 : 1934

曲情報については、【コール・ポーター ソングブック】#31 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78794438

You'd be so easy to love は You'd be so nice to come home to と同じ、過去仮定法になるでしょう。

この、声を張り上げないでも、これだけ表情豊かに歌うのがアンの得意なスタイルですね。




>>[2] "(You'd Be So) Easy to Love"

演奏メンバーは

Bill Charlap (p)
Clarence Bean (ds)
Neal Miner (b)
Andy Farber (ts)
"'Round Midnight"

作曲 : Thelonious Monk / Charles "Cootie" Williams
作詞 : Bernie Hanighen / John Hendricks
作曲年 1944

曲情報については【セロニアス・モンク ソングブック】#11 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78874545

アンの歌唱はこの曲の名唱のひとつになるのではないでしょうか。



Kenny Barron (p)
Lewis Nash (ds)
Peter Washington (b)
Wynton Marsalis (tp)
"Come and Take My Hand"

作曲・作詞 : Ann Hampton Callaway
作曲年 1999

アンの自作曲です。
なかなかいい曲ですね。

歌詞は見当たりませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。



Benny Green (p)
Lewis Nash (ds)
Peter Washington (b)
Nelson Rangel (fl)
"Easy Living"

作曲 : Ralph Rainger (7 Oct. 1901 - 23 Oct. 1942)
作詞 : Leo Robin (6 Apr. 1900 - 29 Dec. 1984)
作曲年 : 1937
初出 : Easy Living (movie)

曲情報については【愛しちゃったのよ! その2】#914 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=19&id=75023587



Bill Charlap (p)
Clarence Bean (ds)
Neal Miner (b)
Wynton Marsalis (tp)
"All of You"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1954

曲情報については【コール・ポーター ソングブック】 #23 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78794438



Benny Green (p)
Lewis Nash (ds)
Peter Washington (b)
>>[5]

曲名に誤りがありました。 m(_ _)m

(正)"Come Take My Hand"

(誤)"Come and Take My Hand"
"Bluesette"

作曲 : Toots thielmans (born 29 April 1922, Brussels, Belgium)
作詞 : Norman Gimbel
作曲年 1964

曲情報については【愛しちゃったのよ! その3】#1 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=76308806



Benny Green (p)
Lewis Nash (ds)
Peter Washington (b)
Gerry Niewood (ts, solo)
Andy Farber (ts)
"It Had to Be You"

作曲 : Isham Jones
作詞 : Gus Kahn
作曲年 1924

この曲はアイシャム・ジョーンズが自分自身の楽団で演奏するために書いた曲ではないかと思われるのですが、同年から多くの楽団がレコーディングを残したようです。
また、映画音楽としても何度も使われ、Melody in May(1936)でルース・エッティングが歌ったものから、
https://en.wikipedia.org/wiki/Melody_in_May
When Harry Met Sally... (1989)にいたるまで、何度も何度も使われています。
https://en.wikipedia.org/wiki/When_Harry_Met_Sally...

大スタンダード曲の一つですね。

なんとなくうなづけそうな、それでいて「そうかなぁ〜」と思える歌詞がついています。

ベニー・グリーンの硬質なピアノもいいですね。
(古いジャズファンにとっては、ベニー・グリーンというとトロンボニストを思い浮かべるでしょう、でも今のファンはピアニストのベニー・グリーンなんですね :-) )



Benny Green (p)
Lewis Nash (ds)
Peter Washington (b)


It had to be you, it had to be you
I wandered around and finally found, that somebody who
Could make me be true
Could make me feel blue
And even be glad just to be sad, thinking of you

Some others I've seen
Might never be mean
Might never be cross, or try to be boss
But they wouldn't do

For nobody else gave me a thrill
With all your faults, I love you still
It had to be you, wonderful you
It had to be you

Some others I've seen
Might never be mean
Might never be cross, or try to be boss
But they wouldn't do

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/it-had-to-be-you-lyrics-frank-sinatra.html

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070204



"In a Sentimental Mood"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Manny Kurtz (Manny Curtis)
作曲年 1935

曲情報については【デューク・エリントン ソングブック】#9 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=79085445

アンのすばらしさを味わってください。


"You Don't Know What Love Is"

作曲 : Gene de Paul
作詞 : Don Raye
作曲年 1941

曲情報については【ビリー・ホリデイ ソングブック】#90 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=2&id=78639354

名曲の名唱ですね :-)
編曲もこの曲の雰囲気をよく捉えたものになっています。



"Come Rain or Come Shine"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1946

曲情報については【ジョニー・マーサー ソングブック】#15 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78960498

アンの、曲調によっての歌い分けぶりを聴いてください。




"Skylark"

作曲 : Hoagy Carmichael
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1941

曲情報については【ジョニー・マーサー ソングブック】#10 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78960498

いいですねぇ…



"Nice Work If You Can Get It"

作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1937

曲情報については【ジョージ・ガーシュイン ソングブック】#48 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78819952

声を張り上げないでも、これだけの表現力!すごい人です!



"The Very Thought of You"

作曲・作詞 : Ray Noble
作曲年 1934

曲情報については【スタンダードソングタイトルの、名迷訳】#50 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=79299384

Bill Chalap (p)
Clarence "Tootsie" Bean (ds)
Neal Miner (b)
Andy Farber (ts)

名曲の名唱ですね :-)



これで
Ann Hampton Callaway / Easy Living
の全トラックが紹介できました。

アン・ハンプトン・キャラウェイは現代を代表する最高の歌姫の一人と思います。
もっともっと聴きたくなりますね。

ぼちぼちと続けていきましょう。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。