ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > ジョニー・マンデル ソングブッ...

Standard Jazz Songコミュのジョニー・マンデル ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

John Alfred "Johnny" Mandel (born November 23, 1925)
https://en.wikipedia.org/wiki/Johnny_Mandel


Songwriters Hall of Fame にはあまりデータがありません。
http://www.songwritershalloffame.org/exhibits/bio/C6034

彼が音楽を手がけた映画のリストがあります。
http://www.imdb.com/name/nm0006184/?ref_=fn_al_nm_1

ジョニー・マンデルはトランペッター、トロンボニストとして1943年ごろから活動を始め、1951年ごろから編曲者としての活動を始め、数多くの楽団に作曲と編曲を提供してきました。
1958年ごろから映画音楽を手がけるようになり、 I Want to Live! (1958) 『私は死にたくない』ではグラミー賞にノミネートされました。
このあたりから彼の映画音楽での活動が盛んになります。
そして数々の名曲、ヒット曲を生みだしました。

彼のアルバム"Johnny Mandel / The Man and His Music"は 2011 NEA Jazz Masters Award を受賞しています。
(このアルバムには大野智子さん(p)、植田典子さん(b) が参加しています)







------------- この項は推敲中です -------------

reserved にありますのは、このトピックで未登場のアルバムです。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このトピックで詳しく取り上げていただけませんでしょうか
*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#35 - Sue Raney / Quietly There / Discovery Records / 1987
#19 - Pinky Winters / Shadow of Your Smile / SSJ / 1986
#14 - Quietly there/Harry Allen & The Jan Lundgren Quartete/STUNT Records/2014
#7 - The Shining sea / Cal Tjader / Concord / 1981
#1 - Johnny Mandel / The Man and His Music / Arbors Records / 2010



*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Johnny Mandel Songbook】
 Andrea Baker & Steve Wilkerson / Quietly There: The Music of Johnny Mandel
 Bill Perkins / Quietly There
 Bill Watrous / A Time for Love
 Fred Hersch / Plays Johnny Mandel: I Never Told You
 Gerry Mulligan / I Want to Live!
 Ginger Berglund / Scott Whitfield / Solitary Moon: Ginger Berglund and Scott Whitfield Sing the Johnny Mandel Songbook
 Harry Allen / Jan Lundgren / Quietly There
 Terry Trotter / The Ballads Of Johnny Mandel
 Zoot Sims / Zoot Sims plays Johnny Mandel:Quietly There


*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Ain't Nobody's Business" (Porter Grainger & Everett Robbins/1920) - (#10)
"Black Nightgown" (Johnny Mandel/1957) - (#6)
"Cinnamon and Clove" (Johnny Mandel/Marilyn Bergman & Alan Bergman/1967) - (#13, 27, 44)
"Close Enough for Love" (Johnny Mandel/Paul Williams/1979) - (#3, 22, 43)
"Don't Look Back" (Johnny Mandel/Kaye Dunham/1975) - (#32, 50)
"El Cajon" (Johnny Mandel/Dave Frishberg/1981) - (#25, 38)
"Emily" (Johnny Mandel/Johnny Mercer/1964) - (#5, 7, 26, 49)
"I Never Told You" (Johnny Mandel/Arthur Hamilton/1969) - (#30)
"Lovers After All" (Johnny Mandel/Richard Bennett/????) - (#36)
"Low Life" (Johnny Mandel/1956) - (#2)
"Not Really the Blues" (Johnny Mandel/1948) - (#4)
"Quietly There"(Johnny Mandel/Morgan Ames/????) - (#39)
"The Shadow of Your Smile" (Johnny Mandel/Paul Francis Webster/1965) - (#12, 20, 42)
"The Shining Sea" (Johnny Mandel/ Peggy Lee/1966) - (#7, 21, 41)
"Sure as You're Born"(Johnny Mandel/Alan Bergman & Marilyn Bergman/1966) - (#40)
"Take Me Home" (Johnny Mandel/Marilyn Bergman & Alan Bergman/1991) - (#33, 51)
"Theme from Agatha" (Johnny Mandel/1979) - (#7)
"The Theme from I Want to Live!" (Johnny Mandel/1958) - (#16)
"Theme from M*A*S*H (Suicide Is Painless)" (Johnny Mandel/Mike Altman/1972) - (#11, 23, 46)
"A time for love" (Johnny Mandel/Paul Francis Webster/1966) - (#7, 28, 48)
"TNT" (Tiny Kahn/1955) - (#17)
"Unless It's You" (Johnny Mandel/Morgan Ames/????) - (#31, 45)
"What a Little Moonlight Can Do" (Harry Woods/1934) - (#8)
"Where Do You Start" (Johnny Mandel/Marilyn Bergman & Alan Bergman/1987) - (#9)
"You Are There" (Johnny Mandel/Dave Frishberg/1977) - (#24, 47)

コメント(52)

"Cinnamon and Clove"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Marilyn Bergman & Alan Bergman
作曲年 1967

この曲はジョニー・マンデルが1967年にブラジルに楽旅した後に書いたもので、リオのブラジル音楽にインスパイアーされたもののようです。
1967年に Sergio Mendes & Brasil '66 の録音が大ヒットしました。

ニッキと丁字の香りが空気中に満ち満ちて…という歌詞がついているのですが、この意味がよくわかっていません ^^;

ソロは Sharel Cassity (as) です。



Sergio Mendes & Brasil '66 の音源です。



"Quietly There"
HARRY ALLEN & JAN LUNDGREN

スタン・ゲッツを追従するアメリカのテナーハリー・アレンと、流暢なスウェーデンのピアニスト、ヤン・ラングレン。
2014年7月のコペンハーゲン・ジャズ・フェスティバルに出演したアレンとラングレンのカルテットが、フェスティバル期間中に録音したジョニー・マンデルのソングブックが"Quietly There"
です。

若手を代表するようなラングレンの流れるようなメロディラインの中を、ベテランの域に入りかけているアレンの艶の有るテナーが絡みます。

ジャズの楽しさ満喫の、ソングブックです。

Harry Allen(ts), Jan Lundgren(p), Hans Backenroth(b), Kristian Leth(ds)
all songs Composed By – Johnny Mandel
Recorded July 11 & 12, 2014

1.Sure As You Are Born
2.Emily
3.The Shining Sea
4.Quietly There
5.A Time For Love
6.Cinnamon And Clove
7.The Shadow Of Your Smile
8.Just A Child
9.Suicide Is Painless



>>[14]

このジャケットにはどこかで見覚えがあるなぁと思っていましたら【いろいろなソングブック・アルバム】 #205 で掘り起こしながら、リストに加えていなかったという失敗をしていました。

なかなか素敵なアルバムですね。
ハリー・アレンはソングブック・アルバムを結構多数出していて【ハリー・アレンが手がけたソングブック】というトピができそうなくらいありますね。

『人』からの切り口のソングブック・トピックというのも考えられそうです。

とはいえ、わたしはこの人のアルバムをまだ持っていません。
音源が全部揃えばできるのでしょうが…

"The Theme from I Want to Live!"

作曲 : Johnny Mandel
作曲年 1958

この曲は映画 I Want to Live! (1958) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0051758/?ref_=fn_al_tt_4
https://en.wikipedia.org/wiki/I_Want_to_Live!
主演はスーザン・ヘイワードです。

この映画の音楽は、最初はアンドレ・プレヴィンに作曲が依頼されたのですが、スケジュール的に彼の都合がつかず、ジョニー・マンデルにお鉢が回ってきたそうです。
ジョニー・マンデルにとっては、幸運なことに、スーザン・ヘイワード演じるバーバラ・グラームの役柄がジェリー・マリガンのファンだったことだそうです。

映画音楽にはジェリー・マリガンの演奏が使われています。

このトラックのソロは Lisa Parrott (bs), Deborah Weisz (tb), Noriko Ueda (b) です。



映画のサウンドトラックです。



映画のトレイラーです。



映画丸ごとの動画がありました。
1時間35分程度あります。



"TNT"

作曲 : Tiny Kahn
作曲年 1955

この曲は1950年代初頭にタイニー・カーンが作曲したものなのですが、ジョニー・マンデルは1955年に Cy Touff のアルバム Keester Parade (Easter Parade ではありません)のために編曲したそうです。

タイニー・カーン自身の編曲は、翌年、1956年に Elliot Lawernce 楽団が録音したそうです。

Tiny Kahn (1923 – August 19, 1953) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Tiny_Kahn

このトラックのソロは Shard Cassidy (as), Lynn Gruenwald (as), Deborah Weisz (tb), Jennifer Krupa (tb), Sara Jacovino (tb), Tanya Darby (tp), Nadje Noordhuis (tp), Christine Fawason (tp), Jami Dauber (tp), Lisa Parrot (bs), Janelle Reichman (ts) です。



"TNT" by Cy Touff です。




The DIVA Jazz Orchestra の画像です。
デジカメ画像でごめんなさい。
これで

Johnny Mandel / The Man and His Music

の全トラックが紹介できました。

ジョニー・マンデルの作曲者、編曲者としての才能が見えてきましたでしょうか。

彼が書いた曲には、もちろん歌詞がつけられ、歌われているものがたくさんあります。
つぎはそれらのアルバムを取り上げましょう。


次はこれにしましょう。

Pinky Winters / Shadow of Your Smile

Label: SSJ (Sinatra Society of Japan) ← 他社のオリジナルがあるのかもしれません。

Recorded in 1983

1 The Shadow Of Your Smile
2 The Shining Sea
3 Close Enough For Love
4 Theme From M*A*S*H (#)
5 You Are There
6 El Cajon (#)
7 Emily
8 Cinnamon And Clove
9 A Time For Love (#)
10 I Never Told You
11 Unless It's You
12 Don't Look Back
13 Take Me Home (##)
14 First


Musicians.
Pinky Winters (vo) except (#)
Lou Levy (p)
Bill Takas (b) except (##)
Johnny Mandel (synth) (##)



ピンキー・ウィンターズについては【気になる現代の歌姫たち】#116 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78105808

ピアニストのルー・レヴィは彼女の伴侶です。

ジョエル・E・シーゲルというプロデューサー、作詞家が1982年から1983年にかけて The Great American Songwriters という企画で行ったコンサート・シリーズでの録音の一つです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Joel_E._Siegel

出演者は1回替わりで自分で選んだソングライターの作品を歌うものだったそうで、シャーリー・ホーン、シーラ・ジョーダン、ジャッキー&ロイ、マーク・マーフィー、クリス・コナー、ブロッサム・ディアリー、キャロル・スローン、デイブ・フリッシュバーグ、ボブ・ドロー、マーガレット・ホワイティングらが出演したそうです。

これらの録音がどれだけ残っているのかはまだ調べていませんが、残っているとしたら、この一連のトピックにもってこいのリソースになるでしょうね :-)
(どなたかご存知でいらっしゃいますでしょうか)


収録数の異なるアルバムがあるのか、Discogs のデータでは14曲になっていますが、私の手元のCDでは13曲になっています。


"The Shadow of Your Smile"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Paul Francis Webster
作曲年 1965

曲情報については >>[12] をご覧ください。



The shadow of your smile
When you have gone
Will color all my dreams
And light the dawn

Look into my eyes my love and see
All the lovely things you are to me

Our wistful little star
It was far, too high
A teardrop kissed your lips
And so did I

Now when I remember spring
All the joys that love can bring
I will be remembering
The shadow of your smile


引用元はここ
http://songmeanings.com/songs/view/3530822107858972125/

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070530


"The Shining Sea"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Peggy Lee
作曲年 1966

この曲は、映画 The Russians Are Coming the Russians Are Coming (1966) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0060921/?ref_=fn_al_tt_3
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Russians_Are_Coming,_the_Russians_Are_Coming
コメディのようですが、ご覧になった方はいらっしゃるでしょうか?

歌詞の和訳が見当たりませんでしたので、英語詞をじっくりと眺めてください。



We loved the shining sea
She gathered sea shells there fore me
Her hands, I love her hands

We’d sit there on the sand
She’d kiss the hollow of my hand
A kiss, I miss a kiss

I hear the grey gulls cry
I see them dip their wings
I feel the pounding surf
And other things

I can’t believe she’s gone
I think I’ll go where she might be
I’ll go, I need her so

I need our shining sea

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/tonybennett/theshiningsea.html

映画のトレイラーがありました



作詞者のペギー・リーの音源です。



"Close Enough for Love"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Paul Williams
作曲年 1979

曲情報については >>[3] をご覧ください。




You and I, an unmatched pair
Took the time to touch, to share
Worlds apart the night we met
We braved the odds and won the bet
Not perfect yet
But close enough for love
How old-fashioned, pure romance
Shared a kiss and shared the dance
Shared the body and bouquet
We'll taste the wine another day
When you and I
Are close enough for love
Not just lovers, more than friends
Who knows where one starts, one ends?
Tracing lights through sleepless nights
That I'll remember always
Always long goodbyes and tearful looks
Hold up well in poems and books
But you and I have life to hold
The greatest story never told
Not perfect yet
But close enough for love

引用元はここ
http://www.oldielyrics.com/lyrics/dianne_reeves/close_enough_for_love.html

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song167.html

映画 Agatha のトレイラーがありました。
この映画のリージョン2のDVDは出ているのですが、レンタル屋さんでは見当たりませんね…


"Theme from M*A*S*H"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Mike Altman
作曲年 1972

曲情報については >>[11] をご覧ください。

Lou Levy のトリオによる演奏です。
この美しい極が "Suicide Is Painless" という別名を持っているとは…



"You Are There"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Dave Frishberg
作曲年 1977

この曲は映画に使われたものなのか、映画には関係なくかかれたものなのかは十分に調べ切れませんでした。

美しい曲です。



In the evening,
When the kettle's on for tea,
An old familiar feeling
Settles over me,
And it's your face I see,
And I believe that you are there!

In a garden,
When I stop to touch a rose,
And feel the petals
Soft and sweet against my nose,
I smile and I suppose
That somehow maybe you are there!

When I'm dreaming,
And I find myself awake without a warning,
Then I rub my eyes
And fantasise,
And all at once I realise
It's morning,
And my fantasy is fading
Like a distant star at dawn,
My dearest dream is gone!

I often think there's just one thing to do -
Pretend the dream is true
And tell myself that you
Are there!

引用元はここ
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/y/youarethere.shtml

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song102.html
"El Cajon"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Dave Frishberg
作曲年 1981

トラックの冒頭にこの曲が書かれた由来が紹介されています。

Lou Levy のトリオによる演奏です。

エル・カホンというのはカリフォルニア州にある町の名前のようなのですが…


"Emily"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1964

曲情報については >>[5] をご覧ください。



Emily, Emily, Emily
Has the murmuring sound of may
All silver bells, coral shells, carousels
And the laughter of children at play

Say Emily, Emily, Emily
And we fade to a marvelous view
Two lovers alone and out of sight
Seeing images in the firelight
As my eyes visualize a family
They see Emily, Emily

(and we fade to a marvelous view)
Two lovers alone and out of sight
Seeing images in the firelight
As my eyes visualize a family
They see Emily, Emily
Too

引用元はここ
http://www.lyricsmania.com/emily_lyrics_johnny_mercer.html

歌詞の和訳があります。
ジョニー・マーサーのオリジナルの歌詞の説明もあります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song216.html
"Cinnamon and Clove"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Marilyn Bergman & Alan Bergman
作曲年 1967

曲情報については >>[13] をご覧ください。

歌詞の和訳が見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



The moonlight warms the silver sand
A seabird sails across a cove
The water's crystal in your hand
The air is Cinnamon and Clove

The tempo's easy as you please
From ev'ry lemon yellow morning
Through velvet ev'ning
With breezes singing
The air is Cinnamon and Clove
The air is Cinnamon and Clove
Seductive Cinnamon and Clove

Bridge:
So come to my arms
I long for your kiss
The taste of the sea
Salty sweet upon your lips

There's love to be made
On nights such as this
And time is but sand
Sifting through our fingertips

The moon is like a tangerine
Adrift upon a sea of lights
A world where nothing comes between
These salty days and sultry nights

Where ev'ry slice of life and love
Has just the perfect combination
A cup of sweetness
A pinch of sadness
A touch of Cinnamon and Clove
The air is Cinnamon and Clove
Seductive Cinnamon and Clove
A Touch Of Cinnamon and Clove

引用元はここ
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/c/cinnamonandclove.shtml



"A Time For Love"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Paul Francis Webster
作曲年 ????

曲情報については【愛しちゃったのよ! その2】#486 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=10&id=75023587



>>[28] "A Time For Love"

補足です。

この曲は映画 An American Dream (1966) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0060099/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/An_American_Dream_(film)

主演の Janet Leigh が映画の中で歌っています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Janet_Leigh

映画の1シーンです。



"I Never Told You"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Arthur Hamilton
作曲年 1969

この曲は映画 That Cold Day in the Park (1969) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0065086/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/That_Cold_Day_in_the_Park

作詞者のアーサー・ハミルトンは、名曲"Cry Me a River"の作詞者として知られています。
Arthur Hamilton (born Arthur Stern, c. 1926)
https://en.wikipedia.org/wiki/Arthur_Hamilton

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



SO MANY THINGS I SHOULD HAVE SAID I NEVER TOLD YOU
I KEPT THEM LOCKED INSIDE MY HEAD I NEVER TOLD YOU
WHEN YOU WERE HERE I NEVER LET YOU KNOW
I'D DIE BEFORE I LET YOU GO
I GUESS MY FIRST MISTAKE WAS THINKING YOU KNEW
I LOVED YOUR KISS I LOVED YOUR TOUCH
I LOVED TO HOLD YOU
I THOUGHT MY KISS COULD SAY SO MUCH
I NEVER TOLD YOU
AND NOW YOU'RE GONE AND EVERY SOUL I SEE
MUST HEAR HOW MUCH YOU MEAN TO ME
IT'S EASY NOW AT LAST I'M LEARNING HOW
TO SAY WHAT I NEVER TOLD YOU

引用元はここ
http://www.mikegreenecd.com/CDs/lyrics/Escape/INTY.html

(大文字ばかりだと、見易い?見難い?)

映画のトレイラーです。



"Unless It's You"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Morgan Ames
作曲年 ????

作詞者の Morgan Ames は、どうやらこの人のようです。(女性です)
http://www.imdb.com/name/nm0024732/
https://www.morganames.com




歌詞はここにあるのですがコピペできません。
和訳は見当たりませんでした。
http://www.kget.jp/lyric/239517/Unless+It%27s+You_Pinky+Winters
"Don't Look Back"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Kaye Dunham
Morgan Ames
作曲年 1975

ジョニー・マンデルが、彼の長年の友人で歌手のデイヴィッド・アレン (David Allyn) のために書いた曲です。
デイヴィッド・アレン自信がこの曲をタイトルにしたアルバムを作っています。
https://www.discogs.com/ja/David-Allyn-Dont-Look-Back/release/5670411

(All Music / Biography)
http://www.allmusic.com/artist/david-allyn-mn0000939745/biography




ここに歌詞があるのですが、コピペできません──やらしぃ :-(
http://www.kget.jp/lyric/239518/Don%27t+Look+Back_Pinky+Winters


デイヴィッド・アレンの音源です。



Take Me Home

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Marilyn Bergman & Alan Bergman
作曲年 1991

これはボーナス・トラックで、今までのライブ録音とは別物です。
ジョニー・マンデルの家で録音された、この曲を売り出すためのデモ・テープだそうです。
シンセサイザーはジョニー・マンデル自身が演奏しているそうです。



歌詞はここにあるのですが、これもコピペできません。
やらしいサイトですね :-(
http://www.kget.jp/lyric/239519/Take+Me+Home_Pinky+Winters

>>[19] の収録曲リストはここから取ったのですが、

https://www.discogs.com/ja/Pinky-Winters-With-Lou-Levy-The-Shadow-Of-Your-Smile-Pinky-Winters-Sings-Johnny-Mandel/release/9519719

14 First
は、わたしの手元のアルバムには収録されていません。
Youtube にも音源は見当たりません。

ということで
Pinky Winters / Shadow of Your Smile
の全トラックの紹介を終えます(汗)

ジョニー・マンデルのソングブックはもう少しありますので、ぼちぼちと続けていきましょう。

(しかし、中には希少品価格が付いていて、手が届かないアルバムもあります)
次はこれにしましょう。

Sue Raney / Quietly There:

Label : Discovery Records

Recorded in 1987

1. Lovers After All (Richard Bennett / Johnny Mandel) (a)
2. El Cajon (Dave Frishberg / Johnny Mandel) (a)
3. Quietly There (Morgan Ames / Johnny Mandel) (a)
4. Sure as You're Born (Alan Bergman / Marilyn Bergman / Johnny Mandel) (b)
5. The Shining Sea (Peggy Lee / Johnny Mandel) (c)
6. The Shadow of your Smile (Johnny Mandel/Paul Francis Webster) (c)
7. Close Enough for Love (Johnny Mandel / Paul Williams) (c)
8. Cinnamon and Clove (Alan Bergman / Marilyn Bergman / Johnny Mandel) (c)
9. Unless It's You (Morgan Ames / Johnny Mandel) (c)
10. Theme from M*A*S*H (Suicide Is Painless) (Michael Altman / Johnny Mandel) (c)
11. You Are There (Dave Frishberg / Johnny Mandel) (c)
12. A Time for Love (Johnny Mandel / Paul Francis Webster) (c)
13. Emily (Kaye Dunham / Johnny Mandel) (c)
14. Don't Look Back (Kaye Dunham / Johnny Mandel) (c)
15. Take Me Home (Alan Bergman / Marilyn Bergman / Johnny Mandel) (b)

Musicians.

Sue Raney (vo)

(a)
Bob Florence (arrangements & keyboards)
Carmen Fanzone (tp)
Thomas Warrington (b)
Michael Stephans (ds)

(b)
Bob Florence (arrangements & keyboards)
Bob Badgley (b)
Michael Stephans (ds & percussion)

(c)
Bob Florence (arrangements & keyboards)
Bob Magnusson (b)
Jim Plank (ds & percussion)


スー・レイニーについては【気になる現代の歌姫たち】#117 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78105808

Bob Florence についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Bob_Florence

スー・レイニーには何枚かソングブック・アルバムがありまして、この手のトピックを企画していなければ知らないままだった人かもしれません。
こんなすばらしい人を知らないままでいると言うことは……一生後悔することになったかもしれません。

彼女のソングブックは、他のトピックでも取り上げるつもりですので、まずはこのアルバムから楽しんでください。









"Lovers After All"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Richard Bennett
作曲年 ????

Richard Rodney Bennett CBE (29 March 1936 – 24 December 2012) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Richard_Rodney_Bennett

【サイ・コールマン ソングブック】#1- で取り上げています。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=79173533

隠れた名曲の一つになるのかもしれません。
なぜか?!歌詞が載っているサイトが見当たりませんでしたが、和訳は見つけましたので貼り付けて起きます。(コーラス部だけになります)
歌詞は、じっくりとヒアリングしてください。




結局、春のような日々は翔び去ってしまった
結局、狂おしかったあの二人のひとときも
結局、希望も、怖れも、夢も、涙も、悩み多き歳月もすべては過去のこと

素敵だと思わない? ようやく判ったの
恋は時として黄金(こがね)色に輝く夕映えをみせるのね
結局、歌は終わって、薔薇は枯れ、夏は秋へと掏り替わってしまった

そうじきに11月だけど、ひとつだけハッキリしていることは―あたしたち恋人だったってこと、結局はね…

引用元はここ
https://www.amazon.co.jp/Lovers-After-All-Deborah-Winters/dp/B005TK1V7W

>>[35]

このアルバムは、どうやらLPの

Sue Raney With Bob Florence Trio* ‎– Sings The Music Of Johnny Mandel

に、いくつかトラックを追加してCD化されたもののようです。

彼女にもう1枚ジョニー・マンデルのソングブックがあるのかと、探し回っていたのですが、このデータを見ると納得できそうです。

https://www.discogs.com/ja/Sue-Raney-With-Bob-Florence-Trio-Sings-The-Music-Of-Johnny-Mandel/release/2838435


"El Cajon"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Dave Frishberg
作曲年 1981

>>[25] で取り上げているのですが、満足な曲情報はありません ^^;
歌詞が載っているサイトも見当たりませんでした。
なかなかいい曲ですので、じっくりとヒアリングしてください。

ジョニー・マンデルのラテン音楽の解釈の一つ、ボサノヴァです。

ディヴ・フリッシュバーグらしい歌詞、一夜の恋になってしまったエル・カホンでの出来事を歌っています。



"Quietly There"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Morgan Ames
作曲年 ????

この曲はよく知られている美しい曲なのですが、曲情報を探し出せませんでした。
歌詞は見つかったのですが、和訳は見当たりませんでしたので、歌詞をじっくりと眺めてください。



Why didn't I see your eyes turning on me
Had I been gentle when you told me goodbye
I might have caused a smile instead of your weary sigh
But no, I let you go without letting you know
How I depended on the laughs that we shared
Oh, what it meant to me to know you were there
Quietly there, happily there
I must have hurt you so many quarrels ago

Oh no, you couldn't see the love hidden in me
I stay out late now, I don't want to go home
It's dawn when I reach the door
What do I have in store
Only the quiet prayer you're waiting quietly there

No, couldn't you see the love hidden in me
I stay out late now, I don't want to go home
It's dawn when I reach the door
What do I have in store
Only the quiet prayer you're waiting quietly there

引用元はここ
https://genius.com/Shirley-horn-quietly-there-lyrics


"Sure as You're Born"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Alan Bergman & Marilyn Bergman
作曲年 1966

この曲は映画 Harper (1966) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0060490/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Harper_(film)
主演はポール・ニューマンです。

よく知られている曲なのですが、なぜか歌詞が載っているサイトが見当たりませんでした。
じっくりとヒアリングしてください。

スリルのある旋律の曲です。



映画のサウンドトラックのようです。
歌は Sam Fletcher でしょう。



"The Shining Sea"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Peggy Lee
作曲年 1966

曲情報については>>[21] をご覧ください。

I hear the grey gulls cry の 'gull' はカモメのことですね。

美しい曲です。
スーの歌唱も素晴らしいですね。



"The Shadow of Your Smile"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Paul Francis Webster
作曲年 1965

曲情報については>>[12], >>[20] をご覧ください。

このアルバムの中でも特に素晴らしいトラックです。



"Close Enough for Love"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Paul Williams
作曲年 1979

曲情報については >>[3], >>[22] をご覧ください。

情感のこもったスーの歌唱、素晴らしいですね。


"Cinnamon and Clove"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Marilyn Bergman & Alan Bergman
作曲年 1967

曲情報については >>[13], >>[27] をご覧ください。

しかし、ニッキと丁子の香りに満たされるとはどんな環境なのか、何がいいのか、いまだによくわかりません。
製菓工場の近くではこんな香りがあるのかもしれませんが…

バーグマン夫妻の、解釈に頭をひねっても、いまだにわからない詞です(汗)



歌詞の和訳があります。
前半は外国人の手による自動翻訳(?)でひどい例、後半は日本人の手による、かなり良くできた翻訳です。

http://grand88piano.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

"Unless It's You"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Morgan Ames
作曲年 ????

曲情報については >>[31] をご覧ください。

なかなか美しい曲です。



"Theme from M*A*S*H (Suicide Is Painless)"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Mike Altman
作曲年 1972

曲情報については >>[11] をご覧ください。

この曲の邦題は随分表現に配慮したものになっています。
『もしもあの世に行けたなら』

なかなかいい曲で、多くの人たちが手掛けています。

スー・レイニーは快調にスイングしています。
ボブ・フローレンス (p) が突っ込んでくるおかずがいいですね。



Through early morning fog I see
Visions of the things to be
The pains that are withheld for me
I realise that I can see

That suicide is painless
It brings on many changes
And I can take or leave them if I please

The game of life is hard to play
I'm gonna lose it anyway
The losing card of some delay
So this is all I have to say

That suicide is painless
It brings on many changes
And I can take or leave them if I please

The sword of time will pierce our skin
It doesn't hurt when it begins
But as it works its way on in
The pain grows stronger watch I bring

That suicide is painless
It brings on many changes
And I can take or leave them if I please

A brave man once requested me
To answer questions that are key
Is it to be or not to be
And I replied oh why ask me

That suicide is painless
It brings on many changes
And you can do the same thing if you please

引用元はここ
https://genius.com/Manic-street-preachers-theme-from-mash-suicide-is-painless-lyrics

歌詞の和訳があります。
http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/5498475311951ba8ca361e3a47b959ed


"You Are There"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Dave Frishberg
作曲年 1977

曲情報については>>[24] をご覧ください。

スー・レイニーのしっとりとした歌唱も素敵ですね。



"A Time For Love"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Paul Francis Webster
作曲年 ????

曲情報については【愛しちゃったのよ! その2】#486 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=10&id=75023587

ジム・プランクのパーカッションが面白いですね。
伴奏を控えめな音量にしたミックスも効果的に聞こえます。


"Emily"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1964

曲情報については >>[5], >>[26] をご覧ください。



"Don't Look Back"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Kaye Dunham
作曲年 1975

曲情報については >>[32] をご覧ください。


"Take Me Home"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Marilyn Bergman & Alan Bergman
作曲年 1991

曲情報については >>[33] をご覧ください。

アルバム最後のトラックをしっとりとした歌唱でまとめています。



これで
Sue Raney / Quietly There
すべてのトラックの紹介ができました。

スー・レイニーの素晴らしさをお聞きいただけましたでしょうか。

ここまでで3枚のアルバムの詳細と2枚のアルバムのさわりが登場しています。
ジョニー・マンデルがどれだけ素敵な曲を書いているかお分かりいただけたことと思います。
またバーグマン夫妻が作詞した曲があることもお分かりいただけたことと思います。

彼のソングブックはまだまだありますし、未発見のものもあるのではないかと思っています。
そのようなアルバムをご存知の方がいらっしゃいましたらぜひご紹介ください。
また、これまでに未登場のアルバムをお持ちの方がいらっしゃいましたら、これもぜひご紹介ください。


ログインすると、残り12件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。