ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > ジミー・ヴァンヒューゼン ソン...

Standard Jazz Songコミュのジミー・ヴァンヒューゼン ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Jimmy Van Heusen (born Edward Chester Babcock; January 26, 1913 – February 6, 1990)
https://en.wikipedia.org/wiki/Jimmy_Van_Heusen

ジミー・ヴァンヒューゼンの作曲リストです。
http://songwritershalloffame.org/songs/C100

彼が音楽を手がけた映画のリストがあります。
http://songwritershalloffame.org/songs/film_scores/C100

彼のミュージカル(舞台)の作品リストがあります
http://songwritershalloffame.org/songs/stage/C100

彼の受賞歴の一覧があります。
http://songwritershalloffame.org/songs/awards/C100
彼は Songwriters Hall of Fame in 1971 に入りました。


彼がコンビを組んだ作詞家です(アルファベット順)。
Buddy Kaye
Carl Sigman
David Kapp
Eddie DeLange
Jimmy Dorsey
Johnny Burke
Johnny Mercer
Phil Silvers
Sammy Cahn


ジミー・ヴァンヒューゼンは生涯に800曲以上の曲を書いたといわれています。
それらの中の、少なくとも50曲以上はスタンダード曲になっているといわれています。
スタンダード・ソングになった名曲をたくさん書いた人の一人です。

また、彼はフランク・シナトラのヒット曲をたくさん書いています。

彼は作曲家としての仕事の多くをハリウッドで行いました(映画音楽の作曲家として活躍しました)
そのためかブロードウェイ(ニューヨーク)のミュージカルの仕事は多くは手がけていません。

彼はアカデミー賞を始め、エミー賞等の多数の受賞歴があります。


第二次世界大戦中はロッキード社のテストパイロットとして働いており、自身で航空機を操縦するマニアでもあったそうです。

彼の詳しい経歴は、上出の Wikipedia をご覧ください。



------------- この項は推敲中です -------------

reserved にありますのは、このトピックで未登場のアルバムです。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このトピックで詳しく取り上げていただけませんでしょうか

*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#18 - Anita Gravine / Welcome to My Dream / The Jazz Alliance, Inc. / 1986
#2 - Barbara Levy Daniels / Come Dance with Me: A Tribute to Jimmy Van Heusen / BLD Productions / 2015

*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Jimmy Van Heusen Songbook】
 Daniela Schächter / Vanheusenism~A. Tribute to Jimmy Van Heusen
 Dave Pell Octet / Burke and Van Heusen
 Francesca Leone / All the Way
 Frank Sinatra / Sinatra Sings the Songs of Van Heusen and Cahn
 John Bunch / At the Nola Playhouse: Salutes Jimmy Van Heusen
 Johnny Smith / Plays the Songbook of Jimmy Van Heusen
 Pearl Bailey / Songs by James Van Heusen
 Rebecca Kilgore / The Music of Jimmy Van Heusen
 Rosemary Clooney / Sings the Music of Jimmy Van Heusen



*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"All My Tomorrows" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1959) - (#13)
"All The Way" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1957) - (#8)
"But Beautiful" (Jimmy Van Husen/Johnny Burke/1947) - (#9, 26)
"Chicago Style" (James Van Heusen/Johnny Burke/1952) - (#22)
"Come Dance With Me" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1959) - (#5)
"Darn That Dream" (Jimmy Van Husen/Eddie Delange/1939) - (#16)
"Good-Time Charley" (James Van Heusen/Johnny Burke/1943) - (#27)
"Here's That Rainy day" (Jimmy Van Husen/Johnny Burke/1953) - (#12)
"I Thought About You" (James Van Heusen/Johnny Mercer/1939) - (#4)
"Imagination" (Jimmy Van Husen/Johnny Burke/1940) - (#14)
"Like Someone in Love" (Jimmy van Heusen/Johnny Burke/1944) - (#6)
"The Moon and the Willow Tree" (Victor Schertzinger/Johnny Burke/1940) - (#38)
"Moon Flowers" (James Van Heusen/Johnny Burke/1952) - (#23)
"Moonlight Becomes You" (James Van Heusen/Johnny Burke/1942) - (#24)
"Oh, You Crazy Moon" (Jimmy Van Husen/Johnny Burke/1960) - (#15)
"The Road to Morocco" (James Van Heusen/Johnny Burke/1942) - (#21)
"The Second Time Around" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1960) - (#3)
"The Tender Trap" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1955) - (#7)
"Welcome to My Dream" (James Van Heusen/Johnny Burke/1943) - (#19)
"You Don't Have to Know the Language" (James Van Heusen/Johnny Burke/1947) - (#25)


コメント(28)

最初はこれにしましょう。

Barbara Levy Daniels / Come Dance with Me: A Tribute to Jimmy Van Heusen

Label : BLD Productions

Recorded in 2015

1. The Second Time Around (Jimmy Van Husen / Sammy Cahn)
2. I Thought About You (Jimmy Van Husen / Johnny Mercer)
3. Come Dance With Me (Jimmy Van Husen / Sammy Cahn)
4. Like Someone In Love ((Jimmy Van Husen / Johnny Burke)
5. The Tender Trap ((Jimmy Van Husen / Sammy Cahn)
6. All The Way (Jimmy Van Husen / Sammy Cahn)
7. But Beautiful (Jimmy Van Husen / Johnny Burke)
8. Here's That Rainy day (Jimmy Van Husen / Johnny Burke)
9. All My Tomorrows (Jimmy Van Husen / Sammy Cahn)
10. Imagination (Jimmy Van Husen / Johnny Burke)
11 Oh You Crazy Moon (Jimmy Van Husen / Johnny Burke)
12 Darn That Dream (Jimmy Van Husen / Eddie Delange)

Musicians
John di Martino (p)
Houston Person (sax)
Gene Bertoncini (g)
Boris Kozlov (b)
Shinnosuke Takahashi (ds)


バーバラ・レヴィー・ダニエルス (Barbara Levy Daniels) については【気になる現代の歌姫たち】 #119 をご覧ください。
彼女は十代の頃からジミー・ヴァンヒューゼンの曲が大好きで、好んで歌ってきたそうです。

有名曲、スタンダード曲が並んでいますね。
【ジョニー・マーサー ソングブック】で登場した曲もあります。
フランク・シナトラが歌って大ヒットした曲もあります。

これがジミー・ヴァンヒューゼンなのですね :-)



ドラマーの高橋信之介さんについてはこちらに情報があります。
http://arban-mag.com/artist_detail/489

"The Second Time Around"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1960

この曲は映画 High Time (1960) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0053912/?ref_=nv_sr_2
https://en.wikipedia.org/wiki/High_Time_(film)
映画の中でビング・クロスビーが歌っています。

アカデミー主題歌賞( Academy Award for Best Original Song)にノミネートされましたが受賞を逃しています。
(「日曜はだめよ」(Never on Sunday)が受賞しています。

大勢の人が手がけるスタンダード曲になっています。

特にフランク・シナトラの歌がヒットしました。
フランク・シナトラとサミー・カーンの結びつきは相当強かったようで、サミー・カーンが映画の主題歌を書き、それをフランク・シナトラが歌ってヒットしたものがかなりあります。




Love is lovelier the second time around
Just as wonderful with both feet on the ground
It's that second time you hear your love song sung
Makes you think perhaps that love, like youth, is wasted on the young

Love's more comfortable the second time you fall
Like a friendly home the second time you call
Who can say what brought us to this miracle we've found?
There are those who'll bet love comes but once
And yet I'm oh, so glad we met the second time around

恋は初めてよりも二度目のほうが素晴らしいものだ
一度目と違って今度はしっかりと足が地についていて快いから
愛の歌が本当に歌われるのも二度目だし
若者は若さだけでなく愛も浪費してしまうものだと気づくのも二度目だ

恋に落ちるのも二度目のほうがさらに心地よい
ちょうど二度目に訪れた優しくもてなしてくれる家のように
僕らが会えたこの奇跡がどうしてもたらされたかは誰にも判らないだろう
恋は一度しかこないと確信しているものもいるのだから

(村尾陸男 訳、ジャズ詩大全より)

映画の1シーンです。



フランク・シナトラの音源です。



"I Thought About You"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1939

曲情報については【ジョニー・マーサー ソングブック】 #28 をご覧ください。

ジミー・ヴァンヒューゼン&ジョニー・マーサーのコンビが書いた大スタンダード曲ですね。

バーバラの歌唱もなかなか聴かせてくれます。



"Come Dance With Me"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1959

この曲はフランク・シナトラの1959年の同名のアルバムのために書かれました。
このコンビとフランク・シナトラとの親密さを振り返ることができる曲の一つでしょう。

このアルバムのタイトル曲にもなっているのは一種の洒落かもしれません :-)

この曲から見えてくることは、1959年ごろのUSでは(どこかの国と違って)ラブホテルという文化がなかったのかもしれないということが考えられませんでしょうか。
モーテルはあったのでしょうが、これもどこかの国の姿とはずいぶんと違うようですし…
「お家へおいでよ」というのからは、家族構成がわかる、たぶん一人暮らし。
う〜ん、そんなことを考えてしまいました。



Hey there cutes, put on your dancin' boots and come dance with me
Come dance with me, what an evening for some Terpsichore
Pretty face, I know a swingin' place, come on dance with me
Romance with me on a crowded floor

And while the rhythm swings
What lovely things I'll be sayin'
'Cause what is dancing
Making love set to music, playin'

When the band begins to leave the stand and folks start to roam
As we walks home, cheek to cheek we'll be
Come on, come on, come on, come on and dance with me

Hey there cutes, put on your basie boots and come dance with me
Come dance with me, what an evening for some Terpsichore
Pretty face, I know a swingin' place, come on dance with me
Romance with me on a crowded floor

And while the rhythm swings
What cuckoo things I'll be sayin'
For what is dancing
Making love set to music, playin'

When the band begins to leave the stand and folks start to roam
As we wing home, cheek to cheek we'll be
Come on, come on, come on, come on, come on, come on
Come on and dance with me

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song528.html

フランク・シナトラの音源です。



"Like Someone in Love"

作曲 : Jimmy van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1944

この曲は映画 Belle of the Yukon (1944) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0036636/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Belle_of_the_Yukon

大スタンダード曲になっています。
思わず微笑んでしまうような曲ですね。



Lately, I find myself out gazing at stars
Hearing guitars like someone in love
Sometimes the things I do astound me
Mostly whenever you're around me
Lately I seem to walk as though I had wings
Bump into things like someone in love
Each time I look at you
I'm limp as a glove
And feeling like someone in love

Lately I seem to walk as though I had wings
I bump into things like someone in love
Each time I look at you
I'm limp as a glove
And feeling like someone in love

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20100214

映画の中ではダイナ・ショアが歌っていました。


"The Tender Trap"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1955

この曲は映画 The Tender Trap (1955) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0048705/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Tender_Trap_(film)
主演はフランク・シナトラ、デビー・レイノルズ他です。

フランク・シナトラの歌でヒットしました。

歌詞の中のここのところが少し意味がわかり難いと思っています。
The folks are throwing shoes and rice
お米をばら撒くのは米国での結婚式で見かける風景のようです。
(映画で観ました)
靴を投げるのは????
ご存知の方、お教えいただけませんでしょうか。

思わずニヤリとする歌詞がついています。

Boris Kozlov (b) がいいですね。



You see a pair of laughing eyes
And suddenly your sighing sighs
You're thinking nothing's wrong
You string along, boy, then snap!

Those eyes, those sighs, they're part of the tender trap

You're hand in hand beneath the trees
And soon there's music in the breeze
You're acting kind of smart, until your heart just goes wap!

Those trees, that breeze, they're part of the tender trap

Some starry night, when her kisses make you tingle
She'll hold you tight, and you'll hate yourself for being single

And all at once it seems so nice
The folks are throwing shoes and rice
You hurry to a spot, that's just a dot on the map

You're hooked, you're cooked, you're caught in the tender trap

Some starry night, when her kisses make you tingle
She'll hold you tight, and you'll hate yourself for being single

And all at once it seems so nice
The folks are throwing shoes and rice
You hurry to a spot that's just a dot on the map

And then you wonder how it all came about
It's too late now there's no gettin' out
You fell in love, and love is the tender trap

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song211.html

映画の1シーンです。


"All The Way"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1957

この曲は映画 The Joker Is Wild (1957) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0050569/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Joker_Is_Wild
主演はフランク・シナトラです。

フランク・シナトラの歌で大ヒットしました。



When somebody loves you
It's no good unless he loves you all the way
Happy to be near you
When you need someone to cheer you all the way

[Chorus:]
Taller than the tallest tree is
That's how it's got to feel
Deeper than the deep blue sea is
That's how deep it goes if it's real

When somebody needs you
It's no good unless he needs you all the way
Through the good or lean years
And for all the in-between years come what may

[Bridge:]
Who knows where the road will lead us
Only a fool would say
But if you'll let me love you
It's for sure I'm gonna love you all the way all the way

So, if you'll let me love you
It's for sure I'm gonna love you all the way all the way

だれかが愛してくれるのなら
いつまでもずうっと愛してほしい
どんなときでも元気づけてくれる人がほしいときは
そばにいてくれて幸せだと思うような人でなくては
どんな高い木よりも高く
のぼったように感じられる恋でなくては
どんな深い青い海よりも深く
本当の愛ならそれほど深いものでなくてはね

だれかが必要としてくれるのなら
ずうっといつまでも必要としてくれなければ
豊作の年も凶作の年も
その中間の年も、なにが起ころうとも
僕らがこれからどうなるかなんてだれにも判らない
判るって言うのは愚か者だけさ
でもきみを愛することを許してくれるなら
僕はきっときみをいつまでも愛するとも
いつまでもどこまでも

 村尾陸男 「ジャズ詩大全」 より

映画の1シーンです。



こちらは1957年のフランク・シナトラの音源です。


"But Beautiful"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1947

この曲は映画 Road to Rio (1947) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0039776/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Rio
主演はビング・クロスビーとボブ・ホープ他です。

ジミー・ヴァンヒューゼンとジョニー・バークのコンビが書いた名曲中の名曲といえるでしょう。
大スタンダード曲になっています。



Love is funny or it's sad,
Or it's quiet or it's mad,
It's a good thing or it's bad,

But beautiful!

Beautiful to take a chance
And if you fall, you fall,
And I'm thinking I wouldn't mind at all.
Love is tearful or it's gay.
It's a problem or it's play,
It's a heartache either way,
But beautiful!

And I'm thinking if you were mine
I'd never let you go,
And that would be but beautiful I know.

歌詞の和訳があります。
http://ameblo.jp/higashiemi/entry-12067519258.html

映画の1シーンです。



この曲はフランク・シナトラも歌っているのですが、なんといってもナンシー・ウィルソンの名唱を聞いてください。



>>[7] これですね。靴を投げる。知らなかったので調べてみました。古いスコットランドの言い伝えに"運命をてなづけるには使い古した革製品ほどよいものはない。それも左の片方でないとききめがない"と言うのがありこれが結婚式で幸運を祈ってカップルの後ろから古靴をなげる慣習になっていた?、今でもなっている?との事のようです。以上うけうりでしたあせあせ(飛び散る汗)
>>[10]

ありがとうございます。

この曲が書かれた1955年ごろには、この表現が何を意味するのかが、米国の人たちには通じるものだったということなのでしょうね。

映画で見かけた記憶がありません ^^;

映画 The Tender Trap (1955) には、ひょっとするとこのようなシーンがあるのかもしれませんね。
"Here's That Rainy day"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1953

この曲はミュージカル(舞台) Carnival in Flanders (1953) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/carnival-in-flanders-2238
https://en.wikipedia.org/wiki/Carnival_in_Flanders_(musical)

IBDbのデータを眺めて見ますと、Opening Date: Sep 08, 1953, Closing Date: Sep 12, 1953, Total Performances: 6 となっています。
この短い期間しか公演がなかったのにもかかわらず、この曲は大スタンダード曲になっています。

この曲について tamae さんのすばらしい解説と対訳があります。
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2008/06/10_heres_that_rainy_day.html



Maybe I should have saved those leftover dreams
Funny but here's that rainy day
Here's that rainy day they told me about
And I laughed at the thought
That it might turn out this way

Where is that worn out wish that I threw aside
After it brought my love so near
Funny how love becomes a cold rainy day
Funny that rainy day is here

It's funny how love becomes a cold rainy day
Funny that rainy day is here

wineroses さんの解説によりますと、
『ミュージカルのほうは振るわず6日間で幕を閉じた。この失敗で、それまでスタンダードを連発してきたバーク&ヴァン・ヒューゼンのコンビは解散し、ヴァン・ヒューゼンはサミー・カーンと組むようになった』
とあります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20080608

隠れたジャズ史の1幕かもしれません。

"All My Tomorrows"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1959

この曲は映画 A Hole in the Head (1959) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0052896/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/A_Hole_in_the_Head
主演はフランク・シナトラです。

フランクシナトラのシングルで"High Hopes"とカップルで売り出され、このシングルは彼のビッグヒットになったそうです。

歌詞の適当な和訳は見当たりませんでした。
英語詞をしっかりと眺めてください。



Today I may not have a thing at all except for just a dream or two
But I've got lots of plans for tomorrow and all my tomorrows belong to you
Right now it may not seem like spring at all, we're drifting and the laughs are few
But I've got rainbows planned for tomorrow, and all my tomorrows belong to you
No one knows better than I that luck keeps passing me by ... that's fate
But with you there at my side, I'll soon be turning the tide ... just wait
As long as I've got arms that cling at all, it's you that I'll be clinging to
And all the dreams I dream, beg, or borrow on some bright tomorrow they'll all come true
And all my bright tomorrows belong to you

フランク・シナトラの音源です。



映画丸ごとの動画がありました。


"Imagination"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1940

この曲を録音したグレン・ミラー楽団のものとトミー・ドーシー楽団の2種のレコードが1940年のビッグヒットになったそうです。
トミー・ドーシー楽団の方は、フランク・シナトラが歌っています。

どうやら映画とは関係なく書かれた曲のようです。

1940年は第二次世界大戦中です。

willy-nilly をgoogleさんに問い合わせてみると
副詞
whether one likes it or not.
"he would be forced to collaborate willy-nilly"
同義語: haphazardly, at random, randomly, every which way, here and there, all over the place, in no apparent order
without direction or planning; haphazardly.
"politicians expanded spending programs willy-nilly"
とありました。



Imagination is funny, it makes a cloudy day sunny
Makes a bee think of honey just as I think of you

Imagination is crazy, your whole perspective gets hazy
Starts you asking a daisy "What to do, what to do?"

Have you ever felt a gentle touch and then a kiss
And then and then, find it's only your imagination again?
Oh, well

Imagination is silly, you go around willy-nilly
For example I go around wanting you
And yet I can't imagine that you want me, too

歌詞の和訳があります。
http://blog.goo.ne.jp/keyagu575/e/df0e2f5b3838e15f446ed6f47e9ecc15

トミー・ドーシー楽団の音源です。
ヴォーカルはフランク・シナトラです。



グレン・ミラー楽団の音源です。
ヴォーカルは Ray Eberle です。



"Oh, You Crazy Moon"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1960

この曲を最初に録音したのは、なんと、メル・トーメでした。
彼の有名なアルバム、月にちなむ曲ばかり集めた Swingin' on the Moon です。
フランク・シナトラがこの曲を録音したのは1965年のことでした。



When they met, the way they smiled, I saw that I was through
Oh, you crazy moon, what did you do?
And when they kissed, they tried to say that it was just in fun
Oh, you crazy moon, look what you've done

Once you promised me, you know, that it would never end
You should be ashamed to show your funny face, my friend

There they are, they fell in love, I guess you think that you're smart
Oh, you crazy moon, you broke my heart

Once you promised me, you know, that it would never end
You should be ashamed to show your funny face, my friend

And there they are, they fell in love, I guess you think that you're smart
Oh, you crazy moon, you broke my heart

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/franksinatra/ohyoucrazymoon.html

歌詞の和訳があります。
この中で作曲年が1938年となっていますが、ジミー・ヴァン・ヒューゼンとジョニー・バークがコンビを組んだのは (Wikipedia によれば)1940年からとなっていますので、やや疑問があります。
冒頭の1960年というのも Wikipedia の情報なのですが、これもやや疑問が残ります。

http://jazzsong.la.coocan.jp/Song358.html

メル・トーメの Swingin' on the Moon からの音源です。


"Darn That Dream"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Eddie Delange
作曲年 1939

この曲はミュージカル(舞台)Swingin' The Dream (1939) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/swingin-the-dream-13212
このミュージカルは、ルイ・アームストロングやベニー・グッドマンが出演するものだったのですが、なんと13回で終わってしまいました。
しかし、この曲は大ヒットになり、楽譜が200万枚も売れたそうです。

大スタンダード曲になっています。
このコミュでもいくつかのトピックで登場しています。

ジミー・ヴァン・ヒューゼンがエディ・デランジとコンビを組んだのは、ジョニー・バークとコンビを組む前の1938年頃になります。
このコンビで60曲以上を書いた中でも一番よく知られている曲になるでしょう。

Eddie DeLange
https://en.wikipedia.org/wiki/Eddie_DeLange



           VERSE
Love is a strange and powerful thing
It can bring you down, or make you sing
Love may give you a millionaire's scheme
But it only gave me one dream

           CHORUS

Darn that dream I dream each night
You say you love me and you hold me tight
But when I awake you're out of sight
Oh darn that dream
Darn your lips and darn your eyes
They lift me high above the moonlit skies
Then I tumble out of paradise
Oh darn that dream
Darn that one track mind of mine
It can't understand that you don't care
Just to change the mood I'm in
I'd welcome a nice old nightmare

Darn that dream and bless it too

Without that dream I never would have you
But it haunts me and it won't come true

Oh darn that dream

「訳」
         ヴアース
恋ってとても大きな力をもっていて不思議なものだね
ずどんと落ちこまされたり、歌を歌いたい気分にしてくれたり
恋は百万長者のような夢を描かせてくれるけど
僕が描くのはたった一つの夢だけさ

          コ−ラス
もう夢はまっぴら
毎夜見るこの夢はもうたくさん
夢では君は僕を好きだと言い、僕をしっかりと抱いてくれる
でも夢から覚めると君はいない
もうこんな夢はたくさん
君の唇や瞳は僕の気持ちを月夜の空よりも上に高めてくれる
でも夢のなかの君の唇や瞳なんかいらない
そのあと僕は天国からころげ落ちるだけだもの
こんな夢は願い下げだ

たった一つ、君のことしか考えられない僕の頑固な心よ、くたばれ!
僕の心は君が僕のことなど気にもかけていないということが判らないんだ
とにかくこの滅入った気分から抜け出るためなら
昔よく見た恐ろしい悪夢だって大歓迎さ!

君の夢なんかどこかに行ってしまえ、あ、いや、ありがとう
この夢がなかったら、僕は君に会えはしないんだからね
僕につきまとい苦しめる夢、しかもけっして叶うことのないこの夢
こんな夢はくたばってしまえ!

        村尾陸男 「ジャズ詩大全」 より

この曲の名演名唱は実にたくさんあるのですが、わたしの大好きなナンシー・ウィルソンを聴いてください。



これで
Barbara Levy Daniels / Come Dance with Me: A Tribute to Jimmy Van Heusen
の全トラックの紹介ができました。

ジミー・ヴァン・ヒューゼンは実に多くのスタンダードになっている曲を書いていることが、それらの中でも大スタンダード曲になっている曲が多いことがわかりますね。

ジミー・ヴァン・ヒューゼンについてはもう少し掘り下げてみたいと思っています。
次はこれにしましょう。

Anita Gravine / Welcome to My Dream

Label : The Jazz Alliance, Inc.

Recorded at National Recording Studios, New York City, November 17, 18 & 21, 1986.

1. Welcome to My Dreams (Johnny Burke / James Van Heusen)
2. The Road to Morocco (Johnny Burke / James Van Heusen)
3. Chicago Style (Johnny Burke / James Van Heusen)
4. Moon Flowers (Johnny Burke / James Van Heusen)
5. Moonlight Becomes You (Johnny Burke / James Van Heusen)
6. You Don't Have to Know the Language (Johnny Burke / James Van Heusen)
7. But Beautiful (Johnny Burke / James Van Heusen)
8. Good-Time Charley (Johnny Burke / James Van Heusen)
9. The Moon and the Willow Tree (Johnny Burke / Victor Schertzinger)
10. Too Romantic (Johnny Burke / James V. Monaco)

Musicians.
Anita Gravine (vo)
Michael Bene (arrangements)
Joe Shepley, Burt Collins (tp, Piccolo tp, flugelhorn)
Mickey Gravine (tb)
Paul Faulist of Dave Tayor (bass tb)
Peter Gordon or John Clark (french horn)
Jerry Dodgion, Dick Oatts, Bill Kirchner, John Purcell, Vrank Vicari, Wally Kane (sax, woodwinds)
Michael Abene (p)
Gary Burton (vib)
George Mraz (b)
Joey Baron (ds)


アニタ・グラヴィーンについては【気になる現代の歌姫たち】#121 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78105808

このアルバムの収録曲10曲の内8曲がジェイムス・ヴァンヒューゼンの作曲になるもので、全10曲がジョニー・バークの作詞になるものです。
いわば【Johnny Burke Songbook】にもなります。

トピック冒頭の説明にありますように、ジェイムス(ジミー)・ヴァンヒューゼンは作曲家としての仕事の多くをハリウッドで行いました。
このアルバムの収録曲も全て(たぶん)映画で使われた音楽です。

もう一つ気がつきますのは『月』にちなむ曲が多いことですね。
(既登場の曲ともあわせてご覧ください)
ジミー・ヴァンヒューゼンが書いた曲の特徴になるかもしれません。


このアルバムに参加しているゲイリー・バートン (vib) は、歌手のアルバムの伴奏に参加するのはこのアルバムが初めてになるそうです。
ゲイリー・バートンには【現代の歌姫たち】で取り上げていますレベッカ・パリスと共演した
It's Another Day (1993) というすばらしいアルバムがあるのですが、このアルバムでの体験が生きてきているのかもしれません。

そして、ジョージ・ムラーツ (b) も聞き所になるでしょう。

"Welcome to My Dreams"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1943

この曲は映画 Road to Utopia (1946) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0038032/?ref_=fn_tt_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Utopia
映画自身は1943年に作られていたそうなのですが、公開されたのは1946年のことになるそうです。
主演はボブ・ホープとビング・クロスビーで、二人の人気映画 "Road to..." シリーズの一つで4作目になるそうです。

ということは、第二次世界大戦中に、この映画のシリーズが次々と製作されていたことになります。

アルバム・タイトルにもなっていますこの曲、アニタ・グラヴィーンの実力のほどがわかるでしょう。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、じっくりと歌詞を眺めてください。



Welcome to my dream.
And how are you?
Will you be here long?
Or just passing through?
Brush off that stardust.
Where have you been?
Don't tell me my rainbow,
Was late getting in.
Welcome to my dream.
It now seems real.
You're what it needed
To make it ideal
So glad you got here
And I hope you can stay
But welcome to my dream,
Anyway.

引用元はここ
http://www.thelyricarchive.com/song/47783-6073/Welcome-to-My-Dreams

映画のトレイラーがありました。
ビング・クロスビーは当時、歌手としてだけではなく俳優としても大スターだったのですね。
(今も、クリスマス時期になると彼の歌が流れますが、それだけのオジサンとしてしか知らない人が多いのでしょうね ^^;)



>>[19]

曲名に間違いがありました。

正しくは

"Welcome to My Dream"

と、単数形です m(_ _)m

"The Road to Morocco"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1942

この曲は"Road to …"シリーズの3作目 Road to Morocco (1942) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0035262/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Morocco

映画のタイトル曲なのですが、アニタが歌っている歌詞はビング・クロスビーが歌ったものとは違いが大きいですね。

冒頭の中近東を思わせる導入部に続くアニタのスイング感がすばらしいですね。

この機会に、モロッコの地政学的な情報でも調べてみると面白いかもしれません。



We're off on the road to Morocco
This taxi is tough on the spine (hit me with a band-aid, Dad)
Where they're goin', why we're goin', how can we be sure
I'll lay you eight to five that we'll meet Dorothy Lamour (yeah, get in line)

Off on the road to Morocco
Hang on till the end of the line (I like your jockey. Quiet)
I hear this country's where they do the dance of the seven veils
We'd tell you more (uh-ah) but we would have the censor on our tails (good boy)

We certainly do get around
Like Webster's Dictionary we're Morocco bound

We're off on the road to Morocco
Well look out, well clear the way, 'cause here we come
Stand by for a concussion
The men eat fire, sleep on nails and saw their wives in half
It seems to me there should be easier ways to get a laugh
(shall I slip on my big shoes?)

Off on the road to Morocco
Hooray! Well blow a horn, everybody duck
Yeah. it's a green light, come on boys

We run into Villians but we haven't any fears
Paramount will protect us cause we're signed for five more years(yeah)
Certainly do get around
Like Webster's Dictionary we're Morocco bound

We certainly do get around
Like a complete set of Shakespeare that you get
in the corner drugstore for a dollar ninety-eight
We're Morocco bound

Or, like a volume of Omar Khayyam that you buy in the
department store at Christmas time for your cousin Julia
We're Morocco bound
(we could be arrested)


引用元はここ、ビング・クロスビーが歌っている歌詞です。
http://www.azlyrics.com/lyrics/bingcrosby/theroadtomorocco.html


映画の1シーンです。



"Chicago Style"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1952

この曲は"Road to …"シリーズの6作目 Road to Bali (1952) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0045094/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Bali

ジャズのシカゴスタイルというのは、1917年の米国政府によるニューオリンズの紅灯街の営業停止命令をきっかけとして多くのジャズ・ミュージシャンが米国北部へ移動しました。
第一次大戦 (1914 - 1918) にともなう中西部における産業の発達と同時に多くの黒人がシカゴに集まってきたこともジャズの発展には欠かせない要因でした。
シカゴでは1920年代には多くのジャズクラブが開かれ、キング・オリバー、ジェリー・ロール・モートン等の多くの
ジャズミュージシャンが活躍しました。
なんといっても、ルイ・アームストロング、バッド・フリーマン、ベニー・グッドマンらの活躍がシカゴジャズを確固たるスタイルとして作り上げていった、そうした歴史があります。

また1930年代には、シカゴスタイルのブルースが、確立されたとされています。

歌詞の和訳は見当たらなかったのですが、これらの歴史を踏まえた上で歌詞を眺めてみると理解の手助けになりませんでしょうか。

編曲もなかなかいいのですが、アニタのスイング感はすばらしいですね。



Who's that comin' down the thoroughfare
The sunshine flashin' on his ring
Bowin' left and right and here and there
That's Chester, the trombone king

He gets his shirts straight from Paris
Cigarettes from the Nile
He tallks like a 'eyebrow', but he plays Chicago style

He gets his shoes made in London
And they're real crocodile
But he plays trombone...Chicago style

And he sometimes plays sweet
Hup-toodle-oodle-oodle-dee-ooo
But sweet or hot, he's always got
That real gut-bucket beat

He's got a neat Latin moustache
And the girls love his smile
But he plays trombone...Chicago style
A trombone made in Newark
Played in Chicago style

He gets his neckties from Naples
And his socks from Argyle
Speaks Oxford English, but he plays Chicago style

Wears a stickpin from Rio, are you listenin'
You can see it for a mile
But he plays trombone...Chicago style

And he sometimes plays sweet
Uncle Jake's weary blues
But sweet or hot, he's always got
That real gut-bucket beat

He likes New York for the Opera
And gets two on the aisle
But he plays trombone...Chicago style
A trombone made in Newark
Played in Chicago style


引用元はここ、ビング・クロスビーが歌っている歌詞です。
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/c/chicagostyle.shtml

映画の1シーンです。



"Moon Flowers"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1952

この曲は"Road to …"シリーズの6作目 Road to Bali (1952) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0045094/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Bali


バリというと、このイントロのようなイメージがあるのでしょうか。
ヴァース部の歌詞と和訳は見当たりませんでした。



Romance comes with the moonflowers
Tonight the moonflowers will be in bloom

Love walks among the moonflowers
I planted moonflowers outside my room

I'll watch the path that winds by the wishing tree
It ends beneath my window and there I'll be

And there I'll wait for the love I longed for
Tonight the moonflowers may bloom anew

(Orchestral Interlude)

I'll watch the path that winds by the wishing tree
It ends beneath my window and there I'll be

And there I'll wait for the love I long for
Tonight the moonflowers may bloom anew


引用元はここ
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/m/moonflowers.shtml

映画の1シーンです。


"Moonlight Becomes You"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1942

この曲は"Road to …"シリーズの3作目 Road to Morocco (1942) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0035262/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Morocco

これはよく知られた曲ですね。
「become」に「似合う」の意味があることを知れば、いっそう理解が進むでしょう。

ゲイリー・バートンとアニタのデュオ、なかなか雰囲気がありますね。



Moonlight becomes you, it goes with your hair
You certainly know the right thing to wear
Moonlight becomes you, I'm thrilled at the sight
And I could get so romantic tonight

You're all dressed up to go dreaming
Now don't tell me I'm wrong
And what a night to go dreaming
Mind if I tag along?

If I say I love you
I want you to know
It's not just because there's moonlight
Although, moonlight becomes you so

[instrumental break]

You're all dressed up to go dreaming
Now don't tell me I'm wrong
And what a night to go dreaming
Mind if I tag along?

If I say I love you
I want you to know
It's not just because there's moonlight
Although, moonlight becomes you so


引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/bingcrosby/moonlightbecomesyou.html

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20080917

映画の1シーンです。
何かの機会に見たことがあって、印象に残っています。



"You Don't Have to Know the Language"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1947

この曲は Road to Rio (1947) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0039776/?ref_=nv_sr_1

Road ... シリーズもブラジルに来たのですね。
歌詞の和訳は見当たりませんでした。
陽気な内容ですので、英詞をじっくりと眺めてください。
ポルトガル語は難しいので…ですよね :-)



歌詞が長すぎてコメント欄に収まりませんのでこちらをご覧ください。
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/y/youdonthavetoknowthelanguage.shtml

映画の1シーンのようです。



"But Beautiful"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1947

曲情報については >>[9] をご覧ください。

この曲がヴァースから歌われるのは珍しいように思います。
ゲーリー・バートンのヴァイブがすてきですね。



"Good-Time Charley"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1943

この曲は映画 Road to Utopia (1946) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0038032/?ref_=fn_tt_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Utopia

歌詞が載っているサイトが見当たりませんでした。
面白い曲なのですが、あんまり知られていないのかなぁ…



"The Moon and the Willow Tree"

作曲 : Victor Schertzinger
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1940

この曲は映画 Road to Singapore (1940) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0032993/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Singapore

映画 Road to ... シリーズの中で、ジミー・ヴァン・ヒューゼンが音楽を手がけていないものがありました。
しかし、作詞はジョニー・バークが手がけています。
このアルバムの中で『月』が付く曲の3つ目になります。

作曲者の Victor L. Schertzinger (April 8, 1888 - October 26, 1941) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Victor_Schertzinger

歌詞の和訳は見当たりませんでした。



When Shadows fall and the sky is dark and deep,
I've a rendezvous that I must keep,
Or my poor heart would not sleep!

I have two friends, the strangest company,
The gay light-hearted moon and the willow tree,
The sad willow tree.
And when we meet, I notice suddenly
The moon begins to smile, but the willow tree
Starts weeping for me!

Somehow I know it's about my love;
The willow must doubt my love will ever appear!
And yet the moon seems to say my love will soon be here! Which one is right? They never quite agree,
The smiling moon and the weeping willow tree.

引用元はここ
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/m/moonandthewillowtreethe.shtml

映画のサウンドトラックのようです。


ログインすると、残り1件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。