ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > ジミー・ヴァンヒューゼン ソン...

Standard Jazz Songコミュのジミー・ヴァンヒューゼン ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Jimmy Van Heusen (born Edward Chester Babcock; January 26, 1913 – February 6, 1990)
https://en.wikipedia.org/wiki/Jimmy_Van_Heusen

ジミー・ヴァンヒューゼンの作曲リストです。
http://songwritershalloffame.org/songs/C100

彼が音楽を手がけた映画のリストがあります。
http://songwritershalloffame.org/songs/film_scores/C100

彼のミュージカル(舞台)の作品リストがあります
http://songwritershalloffame.org/songs/stage/C100

彼の受賞歴の一覧があります。
http://songwritershalloffame.org/songs/awards/C100
彼は Songwriters Hall of Fame in 1971 に入りました。


彼がコンビを組んだ作詞家です(アルファベット順)。
Buddy Kaye
Carl Sigman
David Kapp
Eddie DeLange
Jimmy Dorsey
Johnny Burke
Johnny Mercer
Phil Silvers
Sammy Cahn


ジミー・ヴァンヒューゼンは生涯に800曲以上の曲を書いたといわれています。
それらの中の、少なくとも50曲以上はスタンダード曲になっているといわれています。
スタンダード・ソングになった名曲をたくさん書いた人の一人です。

また、彼はフランク・シナトラのヒット曲をたくさん書いています。

彼は作曲家としての仕事の多くをハリウッドで行いました(映画音楽の作曲家として活躍しました)
そのためかブロードウェイ(ニューヨーク)のミュージカルの仕事は多くは手がけていません。

彼はアカデミー賞を始め、エミー賞等の多数の受賞歴があります。


第二次世界大戦中はロッキード社のテストパイロットとして働いており、自身で航空機を操縦するマニアでもあったそうです。

彼の詳しい経歴は、上出の Wikipedia をご覧ください。



------------- この項は推敲中です -------------

reserved にありますのは、このトピックで未登場のアルバムです。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このトピックで詳しく取り上げていただけませんでしょうか

*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#45 - Rosemary Clooney / Sings the Music of Jimmy Van Heusen / Concord Music / 1986
#31 - Daniela Schächter / Vanheusenism~A. Tribute to Jimmy Van Heusen / Purplebutterfly Music / 2015
#18 - Anita Gravine / Welcome to My Dream / The Jazz Alliance, Inc. / 1986
#2 - Barbara Levy Daniels / Come Dance with Me: A Tribute to Jimmy Van Heusen / BLD Productions / 2015

*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Jimmy Van Heusen Songbook】
 Dave Pell Octet / Burke and Van Heusen
 Francesca Leone / All the Way
 Frank Sinatra / Sinatra Sings the Songs of Van Heusen and Cahn
 John Bunch / At the Nola Playhouse: Salutes Jimmy Van Heusen
 Johnny Smith / Plays the Songbook of Jimmy Van Heusen
 Pearl Bailey / Songs by James Van Heusen
 Rebecca Kilgore / The Music of Jimmy Van Heusen



*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"All My Tomorrows" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1959) - (#13)
"All The Way" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1957) - (#8, 38)
"But Beautiful" (Jimmy Van Husen/Johnny Burke/1947) - (#9, 26, 42)
"Call Me Irresponsible"(Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1962) - (#41, 54)
"Chicago Style" (James Van Heusen/Johnny Burke/1952) - (#22)
"Come Dance With Me" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1959) - (#5)
"Come Fly With Me" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1957) - (#34)
"Darn That Dream" (Jimmy Van Husen/Eddie Delange/1939) - (#16, 33)
"Good-Time Charley" (James Van Heusen/Johnny Burke/1943) - (#27)
"Here's That Rainy day" (Jimmy Van Husen/Johnny Burke/1953) - (#12, 32)
"I Thought About You" (James Van Heusen/Johnny Mercer/1939) - (#4, 43, 48)
"Imagination" (Jimmy Van Husen/Johnny Burke/1940) - (#14, 35, 52)
"It Could Happen To You"(Jimmy Van Heusen/Johnny Burke/1943) - (#40, 51)
"Like Someone in Love" (Jimmy van Heusen/Johnny Burke/1944) - (#6, 35, 53)
"Love Won't Let You Get Away" (James Van Heusen/Sammy Cahn/1958) - (#46)
"The Moon and the Willow Tree" (Victor Schertzinger/Johnny Burke/1940) - (#38)
"Moon Flowers" (James Van Heusen/Johnny Burke/1952) - (#23)
"Moonlight Becomes You" (James Van Heusen/Johnny Burke/1942) - (#24)
"My Heart is a Hobo" (James Van Heusen/Johnny Burke/1947) - (#49)
"Oh, You Crazy Moon" (Jimmy Van Husen/Johnny Burke/1960) - (#15)
"Polkadots & Moonbeams"(Jimmy Van Heusen/Johnny Burke/1940) - (#39)
"The Road to Morocco" (James Van Heusen/Johnny Burke/1942) - (#21)
"The Second Time Around" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1960) - (#3, 36, 50)
"The Tender Trap" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1955) - (#7)
"Too Romantic" (James V. Monaco/Johnny Burke/1940) - (#29)
"Vanheusenism"(Daniela Schächter/2015) - (#37)
"Welcome to My Dream" (James Van Heusen/Johnny Burke/1943) - (#19)
"You Don't Have to Know the Language" (James Van Heusen/Johnny Burke/1947) - (#25)


コメント(54)

"Oh, You Crazy Moon"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1960

この曲を最初に録音したのは、なんと、メル・トーメでした。
彼の有名なアルバム、月にちなむ曲ばかり集めた Swingin' on the Moon です。
フランク・シナトラがこの曲を録音したのは1965年のことでした。



When they met, the way they smiled, I saw that I was through
Oh, you crazy moon, what did you do?
And when they kissed, they tried to say that it was just in fun
Oh, you crazy moon, look what you've done

Once you promised me, you know, that it would never end
You should be ashamed to show your funny face, my friend

There they are, they fell in love, I guess you think that you're smart
Oh, you crazy moon, you broke my heart

Once you promised me, you know, that it would never end
You should be ashamed to show your funny face, my friend

And there they are, they fell in love, I guess you think that you're smart
Oh, you crazy moon, you broke my heart

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/franksinatra/ohyoucrazymoon.html

歌詞の和訳があります。
この中で作曲年が1938年となっていますが、ジミー・ヴァン・ヒューゼンとジョニー・バークがコンビを組んだのは (Wikipedia によれば)1940年からとなっていますので、やや疑問があります。
冒頭の1960年というのも Wikipedia の情報なのですが、これもやや疑問が残ります。

http://jazzsong.la.coocan.jp/Song358.html

メル・トーメの Swingin' on the Moon からの音源です。


"Darn That Dream"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Eddie Delange
作曲年 1939

この曲はミュージカル(舞台)Swingin' The Dream (1939) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/swingin-the-dream-13212
このミュージカルは、ルイ・アームストロングやベニー・グッドマンが出演するものだったのですが、なんと13回で終わってしまいました。
しかし、この曲は大ヒットになり、楽譜が200万枚も売れたそうです。

大スタンダード曲になっています。
このコミュでもいくつかのトピックで登場しています。

ジミー・ヴァン・ヒューゼンがエディ・デランジとコンビを組んだのは、ジョニー・バークとコンビを組む前の1938年頃になります。
このコンビで60曲以上を書いた中でも一番よく知られている曲になるでしょう。

Eddie DeLange
https://en.wikipedia.org/wiki/Eddie_DeLange



           VERSE
Love is a strange and powerful thing
It can bring you down, or make you sing
Love may give you a millionaire's scheme
But it only gave me one dream

           CHORUS

Darn that dream I dream each night
You say you love me and you hold me tight
But when I awake you're out of sight
Oh darn that dream
Darn your lips and darn your eyes
They lift me high above the moonlit skies
Then I tumble out of paradise
Oh darn that dream
Darn that one track mind of mine
It can't understand that you don't care
Just to change the mood I'm in
I'd welcome a nice old nightmare

Darn that dream and bless it too

Without that dream I never would have you
But it haunts me and it won't come true

Oh darn that dream

「訳」
         ヴアース
恋ってとても大きな力をもっていて不思議なものだね
ずどんと落ちこまされたり、歌を歌いたい気分にしてくれたり
恋は百万長者のような夢を描かせてくれるけど
僕が描くのはたった一つの夢だけさ

          コ−ラス
もう夢はまっぴら
毎夜見るこの夢はもうたくさん
夢では君は僕を好きだと言い、僕をしっかりと抱いてくれる
でも夢から覚めると君はいない
もうこんな夢はたくさん
君の唇や瞳は僕の気持ちを月夜の空よりも上に高めてくれる
でも夢のなかの君の唇や瞳なんかいらない
そのあと僕は天国からころげ落ちるだけだもの
こんな夢は願い下げだ

たった一つ、君のことしか考えられない僕の頑固な心よ、くたばれ!
僕の心は君が僕のことなど気にもかけていないということが判らないんだ
とにかくこの滅入った気分から抜け出るためなら
昔よく見た恐ろしい悪夢だって大歓迎さ!

君の夢なんかどこかに行ってしまえ、あ、いや、ありがとう
この夢がなかったら、僕は君に会えはしないんだからね
僕につきまとい苦しめる夢、しかもけっして叶うことのないこの夢
こんな夢はくたばってしまえ!

        村尾陸男 「ジャズ詩大全」 より

この曲の名演名唱は実にたくさんあるのですが、わたしの大好きなナンシー・ウィルソンを聴いてください。



これで
Barbara Levy Daniels / Come Dance with Me: A Tribute to Jimmy Van Heusen
の全トラックの紹介ができました。

ジミー・ヴァン・ヒューゼンは実に多くのスタンダードになっている曲を書いていることが、それらの中でも大スタンダード曲になっている曲が多いことがわかりますね。

ジミー・ヴァン・ヒューゼンについてはもう少し掘り下げてみたいと思っています。
次はこれにしましょう。

Anita Gravine / Welcome to My Dream

Label : The Jazz Alliance, Inc.

Recorded at National Recording Studios, New York City, November 17, 18 & 21, 1986.

1. Welcome to My Dreams (Johnny Burke / James Van Heusen)
2. The Road to Morocco (Johnny Burke / James Van Heusen)
3. Chicago Style (Johnny Burke / James Van Heusen)
4. Moon Flowers (Johnny Burke / James Van Heusen)
5. Moonlight Becomes You (Johnny Burke / James Van Heusen)
6. You Don't Have to Know the Language (Johnny Burke / James Van Heusen)
7. But Beautiful (Johnny Burke / James Van Heusen)
8. Good-Time Charley (Johnny Burke / James Van Heusen)
9. The Moon and the Willow Tree (Johnny Burke / Victor Schertzinger)
10. Too Romantic (Johnny Burke / James V. Monaco)

Musicians.
Anita Gravine (vo)
Michael Bene (arrangements)
Joe Shepley, Burt Collins (tp, Piccolo tp, flugelhorn)
Mickey Gravine (tb)
Paul Faulist of Dave Tayor (bass tb)
Peter Gordon or John Clark (french horn)
Jerry Dodgion, Dick Oatts, Bill Kirchner, John Purcell, Vrank Vicari, Wally Kane (sax, woodwinds)
Michael Abene (p)
Gary Burton (vib)
George Mraz (b)
Joey Baron (ds)


アニタ・グラヴィーンについては【気になる現代の歌姫たち】#121 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78105808

このアルバムの収録曲10曲の内8曲がジェイムス・ヴァンヒューゼンの作曲になるもので、全10曲がジョニー・バークの作詞になるものです。
いわば【Johnny Burke Songbook】にもなります。

トピック冒頭の説明にありますように、ジェイムス(ジミー)・ヴァンヒューゼンは作曲家としての仕事の多くをハリウッドで行いました。
このアルバムの収録曲も全て(たぶん)映画で使われた音楽です。

もう一つ気がつきますのは『月』にちなむ曲が多いことですね。
(既登場の曲ともあわせてご覧ください)
ジミー・ヴァンヒューゼンが書いた曲の特徴になるかもしれません。


このアルバムに参加しているゲイリー・バートン (vib) は、歌手のアルバムの伴奏に参加するのはこのアルバムが初めてになるそうです。
ゲイリー・バートンには【現代の歌姫たち】で取り上げていますレベッカ・パリスと共演した
It's Another Day (1993) というすばらしいアルバムがあるのですが、このアルバムでの体験が生きてきているのかもしれません。

そして、ジョージ・ムラーツ (b) も聞き所になるでしょう。

"Welcome to My Dreams"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1943

この曲は映画 Road to Utopia (1946) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0038032/?ref_=fn_tt_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Utopia
映画自身は1943年に作られていたそうなのですが、公開されたのは1946年のことになるそうです。
主演はボブ・ホープとビング・クロスビーで、二人の人気映画 "Road to..." シリーズの一つで4作目になるそうです。

ということは、第二次世界大戦中に、この映画のシリーズが次々と製作されていたことになります。

アルバム・タイトルにもなっていますこの曲、アニタ・グラヴィーンの実力のほどがわかるでしょう。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、じっくりと歌詞を眺めてください。



Welcome to my dream.
And how are you?
Will you be here long?
Or just passing through?
Brush off that stardust.
Where have you been?
Don't tell me my rainbow,
Was late getting in.
Welcome to my dream.
It now seems real.
You're what it needed
To make it ideal
So glad you got here
And I hope you can stay
But welcome to my dream,
Anyway.

引用元はここ
http://www.thelyricarchive.com/song/47783-6073/Welcome-to-My-Dreams

映画のトレイラーがありました。
ビング・クロスビーは当時、歌手としてだけではなく俳優としても大スターだったのですね。
(今も、クリスマス時期になると彼の歌が流れますが、それだけのオジサンとしてしか知らない人が多いのでしょうね ^^;)



>>[19]

曲名に間違いがありました。

正しくは

"Welcome to My Dream"

と、単数形です m(_ _)m

"The Road to Morocco"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1942

この曲は"Road to …"シリーズの3作目 Road to Morocco (1942) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0035262/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Morocco

映画のタイトル曲なのですが、アニタが歌っている歌詞はビング・クロスビーが歌ったものとは違いが大きいですね。

冒頭の中近東を思わせる導入部に続くアニタのスイング感がすばらしいですね。

この機会に、モロッコの地政学的な情報でも調べてみると面白いかもしれません。



We're off on the road to Morocco
This taxi is tough on the spine (hit me with a band-aid, Dad)
Where they're goin', why we're goin', how can we be sure
I'll lay you eight to five that we'll meet Dorothy Lamour (yeah, get in line)

Off on the road to Morocco
Hang on till the end of the line (I like your jockey. Quiet)
I hear this country's where they do the dance of the seven veils
We'd tell you more (uh-ah) but we would have the censor on our tails (good boy)

We certainly do get around
Like Webster's Dictionary we're Morocco bound

We're off on the road to Morocco
Well look out, well clear the way, 'cause here we come
Stand by for a concussion
The men eat fire, sleep on nails and saw their wives in half
It seems to me there should be easier ways to get a laugh
(shall I slip on my big shoes?)

Off on the road to Morocco
Hooray! Well blow a horn, everybody duck
Yeah. it's a green light, come on boys

We run into Villians but we haven't any fears
Paramount will protect us cause we're signed for five more years(yeah)
Certainly do get around
Like Webster's Dictionary we're Morocco bound

We certainly do get around
Like a complete set of Shakespeare that you get
in the corner drugstore for a dollar ninety-eight
We're Morocco bound

Or, like a volume of Omar Khayyam that you buy in the
department store at Christmas time for your cousin Julia
We're Morocco bound
(we could be arrested)


引用元はここ、ビング・クロスビーが歌っている歌詞です。
http://www.azlyrics.com/lyrics/bingcrosby/theroadtomorocco.html


映画の1シーンです。



"Chicago Style"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1952

この曲は"Road to …"シリーズの6作目 Road to Bali (1952) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0045094/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Bali

ジャズのシカゴスタイルというのは、1917年の米国政府によるニューオリンズの紅灯街の営業停止命令をきっかけとして多くのジャズ・ミュージシャンが米国北部へ移動しました。
第一次大戦 (1914 - 1918) にともなう中西部における産業の発達と同時に多くの黒人がシカゴに集まってきたこともジャズの発展には欠かせない要因でした。
シカゴでは1920年代には多くのジャズクラブが開かれ、キング・オリバー、ジェリー・ロール・モートン等の多くの
ジャズミュージシャンが活躍しました。
なんといっても、ルイ・アームストロング、バッド・フリーマン、ベニー・グッドマンらの活躍がシカゴジャズを確固たるスタイルとして作り上げていった、そうした歴史があります。

また1930年代には、シカゴスタイルのブルースが、確立されたとされています。

歌詞の和訳は見当たらなかったのですが、これらの歴史を踏まえた上で歌詞を眺めてみると理解の手助けになりませんでしょうか。

編曲もなかなかいいのですが、アニタのスイング感はすばらしいですね。



Who's that comin' down the thoroughfare
The sunshine flashin' on his ring
Bowin' left and right and here and there
That's Chester, the trombone king

He gets his shirts straight from Paris
Cigarettes from the Nile
He tallks like a 'eyebrow', but he plays Chicago style

He gets his shoes made in London
And they're real crocodile
But he plays trombone...Chicago style

And he sometimes plays sweet
Hup-toodle-oodle-oodle-dee-ooo
But sweet or hot, he's always got
That real gut-bucket beat

He's got a neat Latin moustache
And the girls love his smile
But he plays trombone...Chicago style
A trombone made in Newark
Played in Chicago style

He gets his neckties from Naples
And his socks from Argyle
Speaks Oxford English, but he plays Chicago style

Wears a stickpin from Rio, are you listenin'
You can see it for a mile
But he plays trombone...Chicago style

And he sometimes plays sweet
Uncle Jake's weary blues
But sweet or hot, he's always got
That real gut-bucket beat

He likes New York for the Opera
And gets two on the aisle
But he plays trombone...Chicago style
A trombone made in Newark
Played in Chicago style


引用元はここ、ビング・クロスビーが歌っている歌詞です。
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/c/chicagostyle.shtml

映画の1シーンです。



"Moon Flowers"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1952

この曲は"Road to …"シリーズの6作目 Road to Bali (1952) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0045094/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Bali


バリというと、このイントロのようなイメージがあるのでしょうか。
ヴァース部の歌詞と和訳は見当たりませんでした。



Romance comes with the moonflowers
Tonight the moonflowers will be in bloom

Love walks among the moonflowers
I planted moonflowers outside my room

I'll watch the path that winds by the wishing tree
It ends beneath my window and there I'll be

And there I'll wait for the love I longed for
Tonight the moonflowers may bloom anew

(Orchestral Interlude)

I'll watch the path that winds by the wishing tree
It ends beneath my window and there I'll be

And there I'll wait for the love I long for
Tonight the moonflowers may bloom anew


引用元はここ
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/m/moonflowers.shtml

映画の1シーンです。


"Moonlight Becomes You"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1942

この曲は"Road to …"シリーズの3作目 Road to Morocco (1942) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0035262/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Morocco

これはよく知られた曲ですね。
「become」に「似合う」の意味があることを知れば、いっそう理解が進むでしょう。

ゲイリー・バートンとアニタのデュオ、なかなか雰囲気がありますね。



Moonlight becomes you, it goes with your hair
You certainly know the right thing to wear
Moonlight becomes you, I'm thrilled at the sight
And I could get so romantic tonight

You're all dressed up to go dreaming
Now don't tell me I'm wrong
And what a night to go dreaming
Mind if I tag along?

If I say I love you
I want you to know
It's not just because there's moonlight
Although, moonlight becomes you so

[instrumental break]

You're all dressed up to go dreaming
Now don't tell me I'm wrong
And what a night to go dreaming
Mind if I tag along?

If I say I love you
I want you to know
It's not just because there's moonlight
Although, moonlight becomes you so


引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/bingcrosby/moonlightbecomesyou.html

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20080917

映画の1シーンです。
何かの機会に見たことがあって、印象に残っています。



"You Don't Have to Know the Language"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1947

この曲は Road to Rio (1947) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0039776/?ref_=nv_sr_1

Road ... シリーズもブラジルに来たのですね。
歌詞の和訳は見当たりませんでした。
陽気な内容ですので、英詞をじっくりと眺めてください。
ポルトガル語は難しいので…ですよね :-)



歌詞が長すぎてコメント欄に収まりませんのでこちらをご覧ください。
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/y/youdonthavetoknowthelanguage.shtml

映画の1シーンのようです。



"But Beautiful"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1947

曲情報については >>[9] をご覧ください。

この曲がヴァースから歌われるのは珍しいように思います。
ゲーリー・バートンのヴァイブがすてきですね。



"Good-Time Charley"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1943

この曲は映画 Road to Utopia (1946) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0038032/?ref_=fn_tt_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Utopia

歌詞が載っているサイトが見当たりませんでした。
面白い曲なのですが、あんまり知られていないのかなぁ…



"The Moon and the Willow Tree"

作曲 : Victor Schertzinger
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1940

この曲は映画 Road to Singapore (1940) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0032993/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Singapore

映画 Road to ... シリーズの中で、ジミー・ヴァン・ヒューゼンが音楽を手がけていないものがありました。
しかし、作詞はジョニー・バークが手がけています。
このアルバムの中で『月』が付く曲の3つ目になります。

作曲者の Victor L. Schertzinger (April 8, 1888 - October 26, 1941) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Victor_Schertzinger

歌詞の和訳は見当たりませんでした。



When Shadows fall and the sky is dark and deep,
I've a rendezvous that I must keep,
Or my poor heart would not sleep!

I have two friends, the strangest company,
The gay light-hearted moon and the willow tree,
The sad willow tree.
And when we meet, I notice suddenly
The moon begins to smile, but the willow tree
Starts weeping for me!

Somehow I know it's about my love;
The willow must doubt my love will ever appear!
And yet the moon seems to say my love will soon be here! Which one is right? They never quite agree,
The smiling moon and the weeping willow tree.

引用元はここ
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/m/moonandthewillowtreethe.shtml

映画のサウンドトラックのようです。


"Too Romantic"

作曲 : James V. Monaco
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1940

この曲も映画 Road to Singapore (1940) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0032993/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Singapore

歌詞の和訳は見当たりませんでした。



I'm so afraid of night 'cause I'm too romantic
Moonlight and stars can make such a fool of me
You know you're much too near, and I am too romantic
Wouldn't I be a sight on a bended knee

I'm startled when you whisper
I'll run if you should sigh
I must be so careful
Or I'll kiss my heart goodbye

You shouldn't let me dream 'cause I'm too romantic
Don't make me fall unless it could all come true

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/too-romantic-lyrics-frank-sinatra.html

映画のサウンドトラックです。


これで
Anita Gravine / Welcome to My Dream
全トラックが紹介できました。


このアルバムの曲は全て映画 "Road to ...." シリーズで使われた曲でした。

念のために、映画のシリーズを整理しておきましょう。

Road to Singapore (1940)
http://www.imdb.com/title/tt0032993/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Singapore

Road to Zanzibar (1941)
http://www.imdb.com/title/tt0034116/?ref_=_238
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Zanzibar

Road to Morocco (1942)
http://www.imdb.com/title/tt0035262/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Morocco

Road to Utopia (1946)
http://www.imdb.com/title/tt0038032/?ref_=fn_tt_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Utopia

Road to Rio (1947)
http://www.imdb.com/title/tt0039776/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Rio

The Road to Hollywood (1947)
http://www.imdb.com/title/tt0174168/?ref_=_220
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Road_to_Hollywood

Road to Bali (1952)
http://www.imdb.com/title/tt0045094/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Bali


7作ありますが、The Road to Hollywood は類似作と見てよさそうで、ボブ・ホープは出演していません。

興味をお持ちの方はDVDを探してみてください。



ジミー・ヴァンヒューゼン ソングブックはまだまだありますが、パール・ベイリーのものはCD化されていないようなのが残念です。

また、いずれかのタイミングでフランク・シナトラを取り上げるのは必須でしょう。

ボチボチと続けて行きましょう。
つぎはこれにしましょう。

Daniela Schächter / Vanheusenism

Label : Purplebutterfly Music

Recorded in January 5-6, 2015

1 Here's That Rainy Day
2 Darn That Dream
3 Come Fly With Me
4 Like Someone In Love/Imagination
5 The Second Time Around
6 Vanheusenism
7 All The Way
8 Polkadots & Moonbeams
9 It Could Happen To You
10 Call Me Irresponsible
11 But Beautiful
12 I Thought About You

Musicians
Mike tucker (ts)
Michael O'Brien (b)
Mark Walker (ds)
Daniela Schächter (vo & p)

All arrangements by D.Schächter
Produced by D.Schächter and Julien Kasper

ダニエラ・シェヒター (Daniela Schächter) については、【気になる現代の歌姫たち】ではまだ取り上げていませんでした(汗)
こちらをご覧ください。
Daniela Schachter (born 14 February 1972)
https://en.wikipedia.org/wiki/Daniela_Schaechter
伊はシシリー島で生まれ育ち、1998年に渡米し、米国で活躍しているシンガー=ピアニストです。
美人です!

このアルバムを訊いて驚くのは、彼女独特のフェイクぶり、それも今まで聴いたことがないような、あっと驚く崩し方にあります。
ピアノの演奏は見事です。
名前(姓)の綴りに 'ä' が入っていますので、伊生まれ育ちでも独の人の系統につながるのかもしれません。

彼女のFBには Berklee で Assistant Professor をしているとあります。
https://www.facebook.com/daniela.schachter



"Here's That Rainy day"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1953

曲情報については >>[12] をご覧ください。



"Darn That Dream"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Eddie Delange
作曲年 1939

曲情報については >>[16] をご覧ください。

このフェイクぶり! :-)



"Come Fly With Me"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1957

この曲はフランク・シナトラのために書かれ、彼の1958年の同名のアルバムで発表されました。

大ヒット曲になり、スタンダード曲になっています。

しかし、航空会社のコマーシャル・ソングではなかったようです。

フロイト的に分析すると、飛行機に乗る夢を見るというのは…

しかし、ダニエラのフェイクぶりが「えっ?」と思いませんか :-)



Come fly with me, let's fly, let's fly away
If you can use some exotic booze
There's a bar in far Bombay
Come fly with me, let's fly, let's fly away

Come fly with me, let's float down to Peru
In llama-land there's a one-man band
And he'll toot his flute for you
Come fly with me, let's take off in the blue

Once I get you up there
Where the air is rarefied
We'll just glide
Starry-eyed
Once I get you up there
I'll be holding you so near
You may hear
Angels cheer, 'cause we're together

Weather-wise, it's such a lovely day
Just say the words and we'll beat the birds
Down to Acapulco Bay
It is perfect for a flying honeymoon, they say
Come fly with me, let's fly, let's fly away
Once I get you up there
Where the air is rarefied
We'll just glide
Starry-eyed
Once I get you up there
I'll be holding you so near
You may hear
Angels cheer, 'cause we're together

Weather-wise, it's such a lovely day
If you say the word, we will beat those birds
Down to Acapulco Bay
It is perfect for a flying honeymoon, they say
Come fly with me, let's fly
Pack up, let's fly away

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/f/frank+sinatra/come+fly+with+me_20055280.html

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20061227

フランク・シナトラの音源です。



"Like Someone In Love / Imagination"

"Like Someone in Love"
作曲 : Jimmy van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1944
>>[6]


"Imagination"
作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1940
>>[14]

曲情報についてはそれぞれのアンカー・リンク先をご覧ください。

ダニエラのヴァースの歌い方も面白いですね :-)



"The Second Time Around"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1960

曲情報については >>[3] をご覧ください。



"Vanheusenism"

作曲・作詞 : Daniela Schächter
作曲年 : 2015

どうやらこのアルバムのために彼女が書き下ろした曲のようです。

歌詞の載っているサイトは見当たりませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。

Mike tucker (ts) がなかなかいいですね。



"All The Way"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1957

曲情報については>>[8] をご覧ください。

この導入部からどのように歌い始めるのかと思って聴くと、器楽演奏だけでした。
彼女のうねるようなピアノが面白いですね。



"Polkadots & Moonbeams"

作曲 : Jimmy Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1940

曲情報については【スタンダードソングタイトルの、名迷訳】#135 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=79299384

大スタンダード曲の一つですね。

英語を勉強中の中高生諸君は、曲名の単語がどちらも複数形になっているところに注目しておきましょう。

しかし、ダニエラのフェイクが意表をついていますね。
これが彼女の歌唱スタイルなのでしょう。




"It Could Happen To You"

作曲 : Jimmy Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1943

この曲は Jo Stafford が1943年に録音し、大ヒットしました。

また、映画 And the Angels Sing (1944) でも使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0036600/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/And_the_Angels_Sing

大スタンダード曲になっています。

スローテンポで歌われたり、アップテンポで歌われたりと、いろんな表現があります。

ダニエラのスキャットからアップテンポで始まりますが、彼女のフェイクが意表を突くというか、普通では考えられないようなフェイクに驚かされます。

ここのところが、どういう意味を持つのか、もう一つよくわかりません。
Run when church bells ring
どなたかご解説いただけませんでしょうか。



Hide your heart from sight,
Lock your dreams at night
It could happen to you.
Don't count stars or you might stumble,
Someone drops a sigh, and down you tumble.

Keep an eye on spring,
Run when church bells ring
It could happen to you.
All I did was wonder how your arms would be,
And it happened to me.

Keep an eye on spring,
Run when church bells ring
It could happen to you.
All I did was wonder how your arms would be,
And it happened to me.

引用元はここ
http://www.jumbojimbo.com/lyrics.php?songid=2560

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20080326

映画の1シーンです。



ジョー・スタッフォードの音源です。


"Call Me Irresponsible"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1962

この曲は、最初はジュディー・ガーランドのために書かれた曲だそうです。
しかし、予定していたTV番組ではジュディ・ガーランドは歌わなかったそうです。
彼女は後年この曲を録音しています。

しかし、映画 Papa's Delicate Condition (1963) に使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0057400/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Papa%27s_Delicate_Condition

フランク・シナトラ他大勢の人が歌っている大スタンダード曲になっています。

最後のこの節が効いていますね。
I'm irresponsibly mad for you
この気持ちに共感できるなぁというかたは、いっぱいいらっしゃるのではないでしょうか。

Michael O'Brien (b) のおどろおどろしい導入部から、何が始まるんだろうかと驚かされますが、ダニエラの歌が絡んできて少し安心できるという編曲になっています。
ベースとダニエラの歌だけ、デュオです。
なかなか気が利いたというか、意表を突いたというか、珍しい編曲になっています。



Call me irresponsible, call me unreliable
Throw in undependable too
Do my foolish alibis bore you?
Well, I'm not too clever; I just adore you

Call me unpredictable, tell me I'm impractical
Rainbows I'm inclined to pursue
Call me irresponsible; yes, I'm unreliable
But it's undeniably true: I'm irresponsibly mad for you

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/f/frank+sinatra/call+me+irresponsible_20056062.html

歌詞の和訳があります。
http://blog.goo.ne.jp/keyagu575/e/3b39fbefe2bc7e9b102ba3fc14d86539

映画の1シーンです。



私の大好きなナンシー・ウィルソンの歌唱も聞いてください。



"But Beautiful"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1947

曲情報については >>[9] をご覧ください。

相変わらずユニークなフェイクですが、ピアノソロがいいですね :-)

Mike Tucker (ts) はこの人のようです。
http://www.tuckerjazz.com/live/
ダニエラとはバークリーつながりかもしれません。



"I Thought About You"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1939

曲情報については【ジョニー・マーサー ソングブック】 #28 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78960498

ところどころベースが入っているようにも聞こえるのですが、ダニエラが一人でピアノと歌を演っているトラックですね。



これで
Daniela Schächter / Vanheusenism
の全トラックが紹介できました。

非常にユニークなフェイク・スタイルを見せて(聴かせて)くれるシンガー=ピアニストです。


スタンダード曲になっている曲をたくさん書いたジミー・ヴァンヒューゼンのソングブックはもう少しありますので、ボチボチと続けていきましょう。

いずれフランク・シナトラのジミー・ヴァンヒューゼン・ソングブックも登場するはずですので、ご期待ください。
次はこれにしましょう。

Rosemary Clooney / Sings the Music of Jimmy Van Heusen

Label: Concord Music

Recorded at Penny Lane Studios, New York City, August 1986

1. Love Won't Let You Get Away (Sammy Cahn / James Van Heusen)
2. I Thought About You (James Van Heusen / Johnny Mercer)
3. My Heart is a Hobo (Johnny Burke / James Van Heusen)
4. The Second Time Around (Sammy Cahn / James Van Heusen)
5. It Could Happen To You (Johnny Burke / James Van Heusen)
6. Imagination (Johnny Burke / James Van Heusen)
7. Like Someone In Love (Johnny Burke / James Van Heusen)
8. Call Me Irresponsible (Sammy Cahn / James Van Heusen)
9. Walking Happy (Sammy Cahn / James Van Heusen)
10. The Last Dance (Sammy Cahn / James Van Heusen)

Musicians:
Rosemary Clooney (vo)
Ed Bickert (g)
Joe Cocuzzo (ds)
Scott Hamilton (ts)
Michael Moore (b)
John Oddo (p)
Emily Remler (g)
Warren Vaché (cornet)

ローズマリー・クルーニーについては【ローズマリー・クルーニー ソングブック】をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78906300

1928年生まれの彼女はこのアルバム録音時点で58歳前後になります。

若いころのロージーの才気煥発とした、すごい美人のころも素敵なのですが、ヴェテランになって、おばさん声になって、落ち着いたころの彼女の歌唱は、実に安定していて、上手いなぁ〜と感じさせてくれます。

"Love Won't Let You Get Away"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1958

曲情報について、調べきれませんでした。
ビング・クロスビーとロージーがビリー・メイ楽団と1958年にこの曲を録音したアルバム Fancy Meeting You Here に収録されています。

歌詞の和訳も見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



[rc]
Between the wild caresses,
Between the wild amores,
We've had the strains and stresses,
And one or two detours.
But this dear boy is it,
And you will have to admit
That love's a hokey bit!

[bc]
We've travelled far and fast,
Thinking we could avoid the past,
But what we've got has just got to last;
We're the lovers cast in a play,
And we've found that love won't let you get away!

[rc]
There must be lands around,
Lands the song writers haven't found.
[bc]
There just isn't that kind of ground,
You can race around,
But I say
You're gonna find that love won't let you get away!

[rc]
Why'd I take that slow boat?
[bc]
Better off with no boat!
[rc]
Why'd I oriented?
[bc]
Can't you be contented?
[rc]
Rio de a ship side!¬
[bc]
Rosy, that's the flip side!
[rc]
You mean side one?
[bc]
Hooray, it's done!

[rc]
Here comes another side,
Here we go for that tourist ride.
[bc]
Lots of places we haven't tried,
Seems the world's as wide as Billy May!

[both]
To conclude,
We hope this won't upset you,
But we like to bet you,
We won't let you get away!

引用元はここ
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/l/lovewontletyougetaway.shtml

ビング・クロスビー、ロージー、ビリー・メイ楽団の音源です。



>>[46] "Love Won't Let You Get Away"

ライナーノーツにサミー・カーンの文章がありまして、

About the first song on the album, Love Won't Let You get Away, I saved it till last, so I could say, this album should be sub-titled "Rosie Won't Let You Get Away" Enjoy. - SAMMY CAHN

とありました。

しかし、このアルバムの副題にはなっていませんでした ^^;

"I Thought About You"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1939

曲情報については【ジョニー・マーサー ソングブック】 #28 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78960498

導入部のスコット・ハミルトンが気分を持ち上げてくれます。
ロージーにからむシドニー・ヴェシェもいいですね。
ミュートをかけたコルネットの音と、トランペットの音の違いを聞き取ってください。
ギターはエド・ビッカートです。



"My Heart is a Hobo"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1947

この曲は映画 Welcome Stranger (1947) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0039975/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Welcome_Stranger_(film)
主演はビング・クロスビーです。

みなさんも耳にしたことがある曲でしょう。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

Hobo: 漂泊者 という意味のようです。
Omar Khayyam: ペルシャの詩人「オマー・カイアム(米国風発音)」「ウマル・ハイヤーム(日本での表記)」
「オマー・カイアム」で韻を踏んでいますね。
https://en.wikipedia.org/wiki/Omar_Khayyam



My heart is a hobo,
Loves to roam through fields of clover,
Hates to have to think things over,
And though it's wrong,
I string along!

My heart is a hobo,
Loves to go out berry pickin',
Hates to hear alarm clocks tickin';
It isn't smart,
But that's my heart!

When hopes are out of the elbows,
Dreams are run down at the heels.
My heart refuses to worry,
It's funny how free it feels!

My heart is a hobo,
Loves to quote from Omar Khayyam,
Hates the stodgy gal that I am,
And though it's strange,
I just can't change my heart!

When hopes are out oat the elbows
and dreams are run down at the heels.
My heart refuses to worry,
It's funny how free it feels!

I'm happy my heart is a hobo,
Loves to quote from Omar Khayyam,
Hates the stubborn gal that I am,
And though it's strange,
I just can't change,
Or even rearrange my heart!

引用元はここ
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/m/myheartisahobo.shtml

映画のクリップが見当たりませんでしたので、ビング・クロスビー、1947年の音源を聴いておきましょう。



"The Second Time Around"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1960

曲情報については >>[3] をご覧ください。

バツ1 (X 1) の人のための歌(笑)


"It Could Happen To You"

作曲 : Jimmy Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1943

曲情報については >>[40] をご覧ください。



映画 Anything Else (2003) の中でも使われていて、クラブのシーンでダイアナ・クラールが歌っています。2:45 あたりから出てきます。
http://www.imdb.com/title/tt0313792/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Anything_Else



"Imagination"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1940

曲情報については >>[14] をご覧ください。



"Like Someone in Love"

作曲 : Jimmy van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1944

曲情報については >>[6] をご覧ください。
楽しい曲ですね :-)



"Call Me Irresponsible"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1962

曲情報については >>[41] をご覧ください。

英語を勉強中の中高生諸君にとっては、反意語をつくる接頭語を使った語がたくさん出てきて勉強になりますね :-)



ログインすると、残り14件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。