ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > ジミー・ヴァンヒューゼン ソン...

Standard Jazz Songコミュのジミー・ヴァンヒューゼン ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Jimmy Van Heusen (born Edward Chester Babcock; January 26, 1913 – February 6, 1990)
https://en.wikipedia.org/wiki/Jimmy_Van_Heusen

ジミー・ヴァンヒューゼンの作曲リストです。
http://songwritershalloffame.org/songs/C100

彼が音楽を手がけた映画のリストがあります。
http://songwritershalloffame.org/songs/film_scores/C100

彼のミュージカル(舞台)の作品リストがあります
http://songwritershalloffame.org/songs/stage/C100

彼の受賞歴の一覧があります。
http://songwritershalloffame.org/songs/awards/C100
彼は Songwriters Hall of Fame in 1971 に入りました。


彼がコンビを組んだ作詞家です(アルファベット順)。
Buddy Kaye
Carl Sigman
David Kapp
Eddie DeLange
Jimmy Dorsey
Johnny Burke
Johnny Mercer
Phil Silvers
Sammy Cahn


ジミー・ヴァンヒューゼンは生涯に800曲以上の曲を書いたといわれています。
それらの中の、少なくとも50曲以上はスタンダード曲になっているといわれています。
スタンダード・ソングになった名曲をたくさん書いた人の一人です。

また、彼はフランク・シナトラのヒット曲をたくさん書いています。

彼は作曲家としての仕事の多くをハリウッドで行いました(映画音楽の作曲家として活躍しました)
そのためかブロードウェイ(ニューヨーク)のミュージカルの仕事は多くは手がけていません。

彼はアカデミー賞を始め、エミー賞等の多数の受賞歴があります。


第二次世界大戦中はロッキード社のテストパイロットとして働いており、自身で航空機を操縦するマニアでもあったそうです。

彼の詳しい経歴は、上出の Wikipedia をご覧ください。



------------- この項は推敲中です -------------

reserved にありますのは、このトピックで未登場のアルバムです。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このトピックで詳しく取り上げていただけませんでしょうか

*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#58 - Frank Sinatra / Sings the Songs of Van Heusen & Cahn / Reprise Records / 1960 – 1968
#45 - Rosemary Clooney / Sings the Music of Jimmy Van Heusen / Concord Music / 1986
#31 - Daniela Schächter / Vanheusenism~A. Tribute to Jimmy Van Heusen / Purplebutterfly Music / 2015
#18 - Anita Gravine / Welcome to My Dream / The Jazz Alliance, Inc. / 1986
#2 - Barbara Levy Daniels / Come Dance with Me: A Tribute to Jimmy Van Heusen / BLD Productions / 2015

*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Jimmy Van Heusen Songbook】
 Dave Pell Octet / Burke and Van Heusen
 Francesca Leone / All the Way
 Joe Derise / Sings and Plays the Jimmy Van Heusen Anthology, Vol. 1
 Joe Derise / Sings and Plays the Jimmy Van Heusen Anthology, Vol. 2
 Joe Derise / Sings and Plays the Jimmy Van Heusen Anthology, Vol. 3
 Joe Derise / Sings and Plays the Jimmy Van Heusen Anthology, Vol. 4
 John Bunch / At the Nola Playhouse: Salutes Jimmy Van Heusen
 Johnny Smith / Plays the Songbook of Jimmy Van Heusen
 Pearl Bailey / Songs by James Van Heusen
 Rebecca Kilgore / The Music of Jimmy Van Heusen
 Sue Kibbey / Sings Jimmy Van Heusen
 Vic Lewis West Coast All Stars / Shake Down the Stars: The Music of Jimmy Van Heusen


*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"All My Tomorrows" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1959) - (#13)
"All The Way" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1957) - (#8, 38, 71)
"But Beautiful" (Jimmy Van Husen/Johnny Burke/1947) - (#9, 26, 42)
"Call Me Irresponsible"(Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1962) - (#41, 54, 69)
"Chicago Style" (James Van Heusen/Johnny Burke/1952) - (#22)
"Come Blow Your Horn" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1963) - (#68)
"Come Dance With Me" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1959) - (#5)
"Come Fly With Me" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1957) - (#34, 78)
"Come Waltz with Me" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/????) - (#65)
"Darn That Dream" (Jimmy Van Husen/Eddie Delange/1939) - (#16, 33)
"Good-Time Charley" (James Van Heusen/Johnny Burke/1943) - (#27)
"Here's That Rainy day" (Jimmy Van Husen/Johnny Burke/1953) - (#12, 32)
"I Like to Lead When I Dance" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1964) - (#74)
"I Thought About You" (James Van Heusen/Johnny Mercer/1939) - (#4, 43, 48)
"I'll Only Miss Her When I Think of Her" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1965) - (#77)
"Imagination" (Jimmy Van Husen/Johnny Burke/1940) - (#14, 35, 52, 61)
"Indiscreet" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1954) - (#64)
"It Could Happen To You"(Jimmy Van Heusen/Johnny Burke/1943) - (#40, 51)
"It's Always You" (Jimmy Van Heusen/Johnny Burke/1941) - (#63)
"The Last Dance" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1958) - (#56, 60)
"Like Someone in Love" (Jimmy van Heusen/Johnny Burke/1944) - (#6, 35, 53)
"The Look of Love" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1962) - (#66)
"Love and Marriage" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1955) - (#79)
"Love Won't Let You Get Away" (James Van Heusen/Sammy Cahn/1958) - (#46)
"The Moon and the Willow Tree" (Victor Schertzinger/Johnny Burke/1940) - (#38)
"Moon Flowers" (James Van Heusen/Johnny Burke/1952) - (#23)
"Moonlight Becomes You" (James Van Heusen/Johnny Burke/1942) - (#24, 80)
"My Heart is a Hobo" (James Van Heusen/Johnny Burke/1947) - (#49)
"My Kind of Town" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1964) - (#73)
"Oh, You Crazy Moon" (Jimmy Van Husen/Johnny Burke/1960) - (#15, 81)
"Polkadots & Moonbeams"(Jimmy Van Heusen/Johnny Burke/1940) - (#39, 62)
"Ring-A-Ding Ding" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1960) - (#59)
"The Road to Morocco" (James Van Heusen/Johnny Burke/1942) - (#21)
"The Second Time Around" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1960) - (#3, 36, 50)
"The September of My Years" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1965) - (#76)
"Swinging on a Star" (Jimmy Van Heusen/Johnny Burke/1944) - (#72)
"The Tender Trap" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1955) - (#7, 67)
"Too Romantic" (James V. Monaco/Johnny Burke/1940) - (#29)
"Vanheusenism"(Daniela Schächter/2015) - (#37)
"Walking Happy" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1966) - (#55)
"Welcome to My Dream" (James Van Heusen/Johnny Burke/1943) - (#19)
"You Don't Have to Know the Language" (James Van Heusen/Johnny Burke/1947) - (#25)


コメント(81)

"But Beautiful"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1947

曲情報については >>[9] をご覧ください。

相変わらずユニークなフェイクですが、ピアノソロがいいですね :-)

Mike Tucker (ts) はこの人のようです。
http://www.tuckerjazz.com/live/
ダニエラとはバークリーつながりかもしれません。



"I Thought About You"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1939

曲情報については【ジョニー・マーサー ソングブック】 #28 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78960498

ところどころベースが入っているようにも聞こえるのですが、ダニエラが一人でピアノと歌を演っているトラックですね。



これで
Daniela Schächter / Vanheusenism
の全トラックが紹介できました。

非常にユニークなフェイク・スタイルを見せて(聴かせて)くれるシンガー=ピアニストです。


スタンダード曲になっている曲をたくさん書いたジミー・ヴァンヒューゼンのソングブックはもう少しありますので、ボチボチと続けていきましょう。

いずれフランク・シナトラのジミー・ヴァンヒューゼン・ソングブックも登場するはずですので、ご期待ください。
次はこれにしましょう。

Rosemary Clooney / Sings the Music of Jimmy Van Heusen

Label: Concord Music

Recorded at Penny Lane Studios, New York City, August 1986

1. Love Won't Let You Get Away (Sammy Cahn / James Van Heusen)
2. I Thought About You (James Van Heusen / Johnny Mercer)
3. My Heart is a Hobo (Johnny Burke / James Van Heusen)
4. The Second Time Around (Sammy Cahn / James Van Heusen)
5. It Could Happen To You (Johnny Burke / James Van Heusen)
6. Imagination (Johnny Burke / James Van Heusen)
7. Like Someone In Love (Johnny Burke / James Van Heusen)
8. Call Me Irresponsible (Sammy Cahn / James Van Heusen)
9. Walking Happy (Sammy Cahn / James Van Heusen)
10. The Last Dance (Sammy Cahn / James Van Heusen)

Musicians:
Rosemary Clooney (vo)
Ed Bickert (g)
Joe Cocuzzo (ds)
Scott Hamilton (ts)
Michael Moore (b)
John Oddo (p)
Emily Remler (g)
Warren Vaché (cornet)

ローズマリー・クルーニーについては【ローズマリー・クルーニー ソングブック】をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78906300

1928年生まれの彼女はこのアルバム録音時点で58歳前後になります。

若いころのロージーの才気煥発とした、すごい美人のころも素敵なのですが、ヴェテランになって、おばさん声になって、落ち着いたころの彼女の歌唱は、実に安定していて、上手いなぁ〜と感じさせてくれます。

"Love Won't Let You Get Away"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1958

曲情報について、調べきれませんでした。
ビング・クロスビーとロージーがビリー・メイ楽団と1958年にこの曲を録音したアルバム Fancy Meeting You Here に収録されています。

歌詞の和訳も見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



[rc]
Between the wild caresses,
Between the wild amores,
We've had the strains and stresses,
And one or two detours.
But this dear boy is it,
And you will have to admit
That love's a hokey bit!

[bc]
We've travelled far and fast,
Thinking we could avoid the past,
But what we've got has just got to last;
We're the lovers cast in a play,
And we've found that love won't let you get away!

[rc]
There must be lands around,
Lands the song writers haven't found.
[bc]
There just isn't that kind of ground,
You can race around,
But I say
You're gonna find that love won't let you get away!

[rc]
Why'd I take that slow boat?
[bc]
Better off with no boat!
[rc]
Why'd I oriented?
[bc]
Can't you be contented?
[rc]
Rio de a ship side!¬
[bc]
Rosy, that's the flip side!
[rc]
You mean side one?
[bc]
Hooray, it's done!

[rc]
Here comes another side,
Here we go for that tourist ride.
[bc]
Lots of places we haven't tried,
Seems the world's as wide as Billy May!

[both]
To conclude,
We hope this won't upset you,
But we like to bet you,
We won't let you get away!

引用元はここ
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/l/lovewontletyougetaway.shtml

ビング・クロスビー、ロージー、ビリー・メイ楽団の音源です。



>>[46] "Love Won't Let You Get Away"

ライナーノーツにサミー・カーンの文章がありまして、

About the first song on the album, Love Won't Let You get Away, I saved it till last, so I could say, this album should be sub-titled "Rosie Won't Let You Get Away" Enjoy. - SAMMY CAHN

とありました。

しかし、このアルバムの副題にはなっていませんでした ^^;

"I Thought About You"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1939

曲情報については【ジョニー・マーサー ソングブック】 #28 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78960498

導入部のスコット・ハミルトンが気分を持ち上げてくれます。
ロージーにからむシドニー・ヴェシェもいいですね。
ミュートをかけたコルネットの音と、トランペットの音の違いを聞き取ってください。
ギターはエド・ビッカートです。



"My Heart is a Hobo"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1947

この曲は映画 Welcome Stranger (1947) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0039975/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Welcome_Stranger_(film)
主演はビング・クロスビーです。

みなさんも耳にしたことがある曲でしょう。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

Hobo: 漂泊者 という意味のようです。
Omar Khayyam: ペルシャの詩人「オマー・カイアム(米国風発音)」「ウマル・ハイヤーム(日本での表記)」
「オマー・カイアム」で韻を踏んでいますね。
https://en.wikipedia.org/wiki/Omar_Khayyam



My heart is a hobo,
Loves to roam through fields of clover,
Hates to have to think things over,
And though it's wrong,
I string along!

My heart is a hobo,
Loves to go out berry pickin',
Hates to hear alarm clocks tickin';
It isn't smart,
But that's my heart!

When hopes are out of the elbows,
Dreams are run down at the heels.
My heart refuses to worry,
It's funny how free it feels!

My heart is a hobo,
Loves to quote from Omar Khayyam,
Hates the stodgy gal that I am,
And though it's strange,
I just can't change my heart!

When hopes are out oat the elbows
and dreams are run down at the heels.
My heart refuses to worry,
It's funny how free it feels!

I'm happy my heart is a hobo,
Loves to quote from Omar Khayyam,
Hates the stubborn gal that I am,
And though it's strange,
I just can't change,
Or even rearrange my heart!

引用元はここ
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/m/myheartisahobo.shtml

映画のクリップが見当たりませんでしたので、ビング・クロスビー、1947年の音源を聴いておきましょう。



"The Second Time Around"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1960

曲情報については >>[3] をご覧ください。

バツ1 (X 1) の人のための歌(笑)


"It Could Happen To You"

作曲 : Jimmy Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1943

曲情報については >>[40] をご覧ください。



映画 Anything Else (2003) の中でも使われていて、クラブのシーンでダイアナ・クラールが歌っています。2:45 あたりから出てきます。
http://www.imdb.com/title/tt0313792/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Anything_Else



"Imagination"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1940

曲情報については >>[14] をご覧ください。



"Like Someone in Love"

作曲 : Jimmy van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1944

曲情報については >>[6] をご覧ください。
楽しい曲ですね :-)



"Call Me Irresponsible"

作曲 : Jimmy Van Husen
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1962

曲情報については >>[41] をご覧ください。

英語を勉強中の中高生諸君にとっては、反意語をつくる接頭語を使った語がたくさん出てきて勉強になりますね :-)



"Walking Happy"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1966

この曲はミュージカル(舞台)Walking Happy (1966) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/walking-happy-3353
https://en.wikipedia.org/wiki/Walking_Happy

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



There's a kind o' walk you walk when the world's undone you,
There's a kind o' walk you walk when you're walkin' proud,
There's a kind o' walk you walk when the neighbours shun you,
There's a kind o' walk you walk sets you 'bove the crowd.

There's a kind o' walk you walk when somebody loves you,
That's very much like walkin' on a cloud.
Good fortune found you, chappie,
And your lives are happy, Valentine;
When you're walkin' happy,
Don't the bloomin' world seem fine!

There's a kind o' walk you walk when you feel like crowin',
There's a kind o' walk you walk when you're on your way,
There's a kind o' walk you walk when your pride is showing,
There's a kind o' walk you walk, today's your day.

There's a kind o' walk you walk when the world's a rainbow,
And you heart is poppin'like a poppin'jay!
So you had best believe it, chappie,
You're findin' life is finger snappy
The day you learn that walkin' happy
Gives the world a shine,
So just keep walkin' happy with your hand in mine,
with your hand in mine,
Keep your hand in mine,
Love your hand in mine!

引用元はここ
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/w/walkinghappy.html



"The Last Dance"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1958

ライナー・ノーツによりますと、作詞者のサミー・カーンは、個人的には一番好きな曲だ、とあります。
しかし、この曲の情報を探し出せませんでした。
この曲を最初に録音したのはフランク・シナトラのようです。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



It's the last dance, we've come to the last dance
They're dimming the lights down, they're hoping we'll go
It's obvious they're aware of us, the pair of us, alone on the floor
Still I want to hold you like this forever and more

It the last song, they're playing the last song
The orchestra's yawning, they're sleepy I know
They're wondering just when will we leave, but till we leave, keep holding me tight
Through the last dance, each beat of the last dance
Save me the first dance in your dreams tonight

They're wondering just when will we leave, but till we leave, keep holding me tight
Through the last dance, each beat of the last dance
And save me the first dance in your dreams tonight

引用元はここ
https://www.oldielyrics.com/lyrics/frank_sinatra/the_last_dance.html

これで
Rosemary Clooney / Sings the Music of Jimmy Van Heusen
の全トラックが紹介できました。

あらためて感じるのですが、ロージーは上手いですねぇ。
また歌っている言葉をはっきりと聞き取れるところもいいですね。
(多くの日本人歌手にあらためて聴いてもらいたいくらいです)

ロージーには他のソングブックがいくつかありますので、機会を見て取り上げていきたいと考えています。

ここまでジミー・ヴァン・ヒューゼンのソングブック・アルバムを4枚取り上げてきました。
トピック冒頭の reserved のところにはこれまで発見したアルバムで未紹介のものを上げてあるのですが、

Pearl Bailey / Songs by James Van Heusen はCD化されていなくてLPしか手に入らないようです。
(この人のアルバムのかなりの部分はCD化されていないようです)

Rebecca Kilgore / The Music of Jimmy Van Heusen は希少品価格がついていて$100以上しています。
ちょっと手が出せません。

他のアルバム(CD)もそこそこの価格がついているようです。

どなたかこれらのアルバムをお持ちの方がいらっしゃいましたらご一報いただけませんでしょうか。


ということで、次はいよいよフランク・シナトラのジミー・ヴァン・ヒューゼンのソングブックを展開しようと考えています。



次はこれにしましょう。

Frank Sinatra / Sings the Songs of Van Heusen & Cahn

Label: Reprise Records

Recorded December 19, 1960 – November 11, 1968
Released November 12, 1991

1. Ring-A-Ding Ding (Sammy Cahn / James Van Heusen)
2. The Last Dance (Sammy Cahn / James Van Heusen)
3. Imagination (Johnny Burke / James Van Heusen)
4. Polka Dots and Moonbeams (James Van Heusen)
5. It's Always You (James Van Heusen)
6. Indiscreet (Sammy Cahn / James Van Heusen)
7. Come Waltz with Me (Sammy Cahn / James Van Heusen)
8. The Look of Love (Sammy Cahn / James Van Heusen)
9. The Tender Trap (Sammy Cahn / James Van Heusen)
10. Come Blow Your Horn (Sammy Cahn / James Van Heusen)
11. Call Me Irresponsible (Sammy Cahn / James Van Heusen)
12. All the Way (Sammy Cahn / James Van Heusen)
13. Swinging on a Star (James Van Heusen)
14. My Kind of Town (Sammy Cahn / James Van Heusen)
15. I Like to Lead When I Dance (Sammy Cahn / James Van Heusen)
16. The September of My Years (Sammy Cahn / James Van Heusen)
17. I'll Only Miss Her When I Think of Her (Sammy Cahn / James Van Heusen)
18. Come Fly with Me (Sammy Cahn / James Van Heusen)
19. Love and Marriage (Sammy Cahn / James Van Heusen)
20. Moonlight Become You (James Van Heusen)
21. Oh, You Crazy Moon (James Van Heusen)
22. Star! (Sammy Cahn / James Van Heusen)


リプリーズ・レコーズに残されたフランク・シナトラのジミー・ヴァンヒューゼンの曲を集めたコンピレイション・アルバムです。

このアルバムのそれぞれのトラックの編曲者には、ジョニー・マンデル、ネルソン・リドル、サイ・オリヴァー、ゴードン・ジェンキンス、トーリー・ジト、クィンシー・ジョーンズらがいます。

ジミー・ヴァンヒューゼン作曲、サミー・カーンとジョニー・バーク作詞の曲が収められています。

残念ながら "Nancy (with the Laughing Face)" は収録されていません。

このアルバムのそれぞれのトラックの録音時期は December 19, 1960 – November 11, 1968 となっていますので、フランク・シナトラが自身のレコード会社、リプリーズを起こし、1971年に歌手として引退を発表する間の録音になります。
(彼はその後歌手として復活しています)
フランク・シナトラの一番充実して安定していたころの歌唱が集められているアルバムと言えるでしょう。



"Ring-A-Ding Ding"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1960

この曲は、フランク・シナトラが自身のレコード会社リプリーズでの最初のアルバム "Ring-A-Ding Ding" の1曲目に入っています。
この祝福の意味を込めて書かれた曲かもしれません。

Ring-a-Ding-Ding!
https://en.wikipedia.org/wiki/Ring-a-Ding-Ding!

Recorded December 19, 1960
Arranger: Johnny Mandel



Life is dull, it's nothing but one big lull, then presto you do a skull
And find that you're reeling, she sighs and you're feeling like a toy on a string
And your heart goes: "Ring-a-ding ding, ring-a-ding ding, ring-a-ding ding"
How could that funny face that seemed to be common place
Project you right in to space. without any warning
Don't know if its morning, night-time, winter or spring
What's the difference: Ring-a-ding ding, ring-a-ding ding, ring-a-ding ding
She takes (grabs) your hand - this captivating creature
And like its planned - you're in the phone book looking (hunting) for the nearest preacher
Life is swell, you're off to that small hotel, and somewhere a village bell
Will sound in the steeple, announcing to people, Love's the loveliest thing
And the bell goes: "Ring-a-ding ding, ring-a-ding ding, ring-a-ding ding"

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/franksinatra/ringadingding.html

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song424.html

"The Last Dance"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1958

曲情報については>>[56] をご覧ください。

1959年リリースのLPアルバム Come Dance with Me! がCD化された時に、この曲がボーナストラックとして入っています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Come_Dance_with_Me!_(album)

ライナーノーツには
Arranger: Nelson Riddle
December 21, 1960
とあります。



"Imagination"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Johnny Burke
作曲年 1940

曲情報については >>[14] をご覧ください。

1963年リリースのアルバム Frank Sinatra / I Remember Tommy が音源と思われます。
https://www.allmusic.com/album/i-remember-tommy-mw0000097922

このアルバムにも入っているのですが、内容(音源)が確認できませんでした。
Tommy Dorsey / Frank Sinatra // Legendary Sides
https://www.allmusic.com/album/release/legendary-sides-mr0000119129

May 1, 1961
Arranger: Sy Oliver



"Polkadots & Moonbeams"

作曲: Jimmy Van Heusen
作詞: Johnny Burke
作曲年 1940

曲情報については【スタンダードソングタイトルの、名迷訳】#135 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=79299384

1963年リリースのアルバム Frank Sinatra / I Remember Tommy が音源と思われます。
https://www.allmusic.com/album/i-remember-tommy-mw0000097922



"It's Always You"

作曲: Jimmy Van Heusen
作詞: Johnny Burke
作曲年 1941

この曲は1941年の映画 Road to Zanzibar で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_to_Zanzibar
>>[30]を参考にしてください。
主演はビング・クロスビーとボブ・ホープです。

1963年リリースのアルバム Frank Sinatra / I Remember Tommy が音源と思われます。
https://www.allmusic.com/album/i-remember-tommy-mw0000097922


ジョン・ブラナーの1968年の小説 Stand on Zanzibar は邦訳は出ていませんが、1969年のヒューゴー賞を受賞した作品です。
2010年と言う(執筆時から見た)未来の社会を描いた作品です。
少し脱線してしまいました。



Whenever it's early twilight, I watch till a star breaks through
Funny, it's not a star I see, it's always you.
Whenever I roam through roses, and lately I often do
Funny, it's not a rose I touch, it's always you
If a breeze, caresses me, it's really you strolling by
If I hear a melody, it's merely the way you sigh
Wherever you are you're near me, you dare me to be untrue
Funny, each time I fall in love, it's always you

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/franksinatra/itsalwaysyou.html

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song310.html

映画のトレイラーがありました。


"Indiscreet"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1954


この曲はフランク・シナトラのリプリーズのアルバム Frank Sinatra / All Alone (1962) が初録音になるようです。
http://sinatra.wikia.com/wiki/All_Alone_(album)

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

indiscreat: 不見識, 軽々しい,



Indiscreet - it's indiscreet
To gaze at you - each time we meet
I've told my eyes - they must disguise - this yearning

Yes it's indiscreet - quite indiscreet
To find your touch - so bitter sweet
You're close to me and suddenly I'm burning

While I ask myself: "Where is your pride?"
Irresistibly I'm drawn to your side

And (Yes) it's indiscreet - so indiscreet
But love is swift - and time is sweet
And oh my dear - I crave the nearness of you

To love you is why my heart must be
So love me - it can't be indiscreet

引用元はここ
http://sinatra.wikia.com/wiki/Indiscreet

"Come Waltz with Me"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 ????

>>[64]で紹介しましたフランク・シナトラのアルバム Frank Sinatra / All Alone (1962)
の最初に企画されたアルバムタイトルが Come Waltz with Me でした。
しかしこの曲は同アルバムには収録されず、アルバムタイトルを All Alone としてリリースされました。
しかしLPからCD化された時にこの曲が追加されています。
https://en.wikipedia.org/wiki/All_Alone_(Frank_Sinatra_album)

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

house of cards: 〔トランプカードで作った家のように〕不安定な建物[構造・計画]、砂上の楼閣



Before we say good-bye forever
Come waltz with me, come waltz with me - once more
Before we let love die forever
Come waltz with me, the way we waltzed - before

Before our little world, just crumbled and fell
And tumbled, like a house of cards - to the floor

Before I'm left to sigh forever
And haunt the past - give me this last - encore
Oh darling come and waltz with me - once more

引用元はここ
https://genius.com/Frank-sinatra-come-waltz-with-me-lyrics

"The Look of Love"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1962

この曲はフランク・シナトラの1964年のアルバム Softly, as I Leave You が初収録になるようです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Softly,_as_I_Leave_You_(album)

この曲の歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

Burt Bacharach & Hal David にも同名の曲があります。1967年の作曲です。
こちらは多くの人の録音や、歌詞の和訳もありますので、バカラック/ハル作品の方が有名なのかなぁ…



I've seen the look of a baby with a rattle
I've seen the look of a hero in a battle
I've seen the look of a heartsick turtle dove
But the look that leaves ya real shook is the look of love

I've seen the look of a jockey on a winner
I've seen the look of a fat man havin' dinner
I've seen the look of those spacemen up above
But the look that closes the book is the look of love

It's thunder, it's lightning, the gentlest breeze
It's friendly, it's frightening
And more surprising than an elephant's sneeze

I've seen the look every single blushing bride has
I've seen the look that the fellow by her side has
But there's one look that I'd give my life to see
We are locked in a wondrous embrace
And there on that fabulous face
Is that fabulous look of love for me

[instrumental-first two lines of last verse]

But there's one look that I'd give my life to see
We are locked in a wondrous embrace
And there on that fabulous face
Is that fabulous look of love for me

That's what I wanna see
That look of love for me

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/franksinatra/thelookoflove.html

"The Tender Trap"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1955

曲情報については>>[7] をご覧ください。

フランク・シナトラはこの曲を何度か録音しているようですが、このアルバムの音源は、彼の1962年のアルバム Sinatra–Basie: An Historic Musical First です。
https://en.wikipedia.org/wiki/Sinatra%E2%80%93Basie:_An_Historic_Musical_First

楽団のサウンドがベイシーサウンドと言うのを楽しんでください。

歌詞の中のこの1節は、結婚式でお米をまいたり、靴(左足の靴だそうです)を投げたりする風習を指しています。
The folks are throwing shoes and rice




"Come Blow Your Horn"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1963

この題名は元々はあのニール・サイモンの戯曲で、1961年、ニール・サイモンのブロードウェイ初公演作品でした。
https://www.ibdb.com/broadway-show/come-blow-your-horn-2677
https://en.wikipedia.org/wiki/Come_Blow_Your_Horn

この戯曲(コメディ)が1963年に映画化されました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Come_Blow_Your_Horn_(film)
https://www.imdb.com/title/tt0056940/?ref_=fn_al_tt_1
主演はフランク・シナトラで、音楽はこの映画で使われたものです。

ニール・サイモン作品で映画化されたものがいくつかあるのですが、かって劇場で見たものをもう一度見たいと思ってレンタルビデオ屋さんで探しているのですが、「おかしな二人」すら手に入りません(涙)

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Make like a Mister Milquetoast and you'll get shut out,
Make like a Mister Meek and you'll get cut out,
Make like a little lamb, and wham, you're shorn,
I tell ya, chum, it's time to come blow your horn.

Make like a Mister Mumbles and you're a zero,
Make like a Mister Big; they dig a hero.
You've got to sound your "A" the day you're born,
I tell ya, chum, it's time to come blow your horn.

The taller the tree is the sweeter the peach,
I'll give you the whole maguilla in a one word speach: Reach!

Make like the world's your pudding, but light the brandy,
Even the mildest kiss is a dan, dan, dandy,
There'll be no love in bloom come doomsday morn,
I tell ya, chum, it's time to come blow your horn.

In civilized jungles females adore
The lions who come on swingin'; if you wanna score - roar!

You can be either read to or be the reader,
You can be either lead or be the leader.
Don't wait until you're told you're old and worn,
Take in some air and get your lips puckered,
Before you find you're simply too tuckered,
I'll tell ya, chum, it's time to come blow your horn.

Blow your horn,
I tell ya, chum, it's time to come blow your horn.

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/franksinatra/comeblowyourhorn.html





"Call Me Irresponsible"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1962

曲情報については >>[41] をご覧ください。



>>[68] "Come Blow Your Horn"

これまで登場した曲を眺めてみると、ジミー・ヴァン・ヒューゼン&サミー・カーンのコンビの曲には "Come" で始まる曲が4曲あります。
これはサミー・カーンの得意技?
まだあるのかどうか…判っていません ^^;

"Come Blow Your Horn" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1963) - (#68)
"Come Dance With Me" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1959) - (#5)
"Come Fly With Me" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/1957) - (#34)
"Come Waltz with Me" (Jimmy Van Husen/Sammy Cahn/????) - (#65)



"All The Way"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1957

曲情報については>>[8] をご覧ください

今展開しています、私の手元にあるアルバムと、Youtube上にあるいくつかの音源は、ピッチが少し違うように聞こえます。
ネルソン・リドルの編曲で、録音が April 20, 1963 となっています。
youtube上の音源は1961となっているものがほとんどなのですが、wikipedia にもこの程度しか出ていません。
https://en.wikipedia.org/wiki/All_the_Way_(Frank_Sinatra_song)

この曲は最初は彼のシングルとして発売され、CDアルバムには1963年の Sinatra's Sinatra: A Collection of Frank's Favorites に入ったのが最初のように見えます。

フランク・シナトラにお詳しい方、ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えいただけませんでしょうか。



"Swinging on a Star"

作曲: Jimmy Van Heusen
作詞: Johnny Burke
作曲年 1944

この曲は映画 Going My Way (1944) で使われました。
https://www.imdb.com/title/tt0036872/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Going_My_Way
主演はビング・クロスビーです。
Academy Award for Best Original Song を受賞しています。
1944年というと、第二次世界大戦が終わる前年になります。

楽しい曲で、多くの人たちが手掛けています。



Would you like to swing on a star
Carry moonbeams home in a jar
And be better off than you are
Or would you rather be a mule?

A mule is an animal with long funny ears
He kicks up at anything he hears
His back is brawny but his brain is weak
He's just plain stupid with a stubborn streak
And by the way, if you hate to go to school
You may grow up to be a mule

Or would you like to swing on a star
Carry moonbeams home in a jar
And be better off than you are
Or would you rather be a pig?

A pig is an animal with dirt on his face
His shoes are a terrible disgrace
He's got no manners when he eats his food
He's fat and lazy and extremely rude
But if you don't care a feather or a fig
You may grow up to be a pig

Or would you like to swing on a star
Carry moonbeams home in a jar
And be better off than you are
Or would you rather be a fish?

A fish won't do anything, but swim in a brook
He can't write his name or read a book
To fool the people is his only thought
And though he's slippery, he still gets caught
But then if that sort of life is what you wish
You may grow up to be a fish

And all the monkeys aren't in the zoo
Everyday you'll meet quite a few
So you see it's all up to you
You can be better than you are
You could be swingin' on a star

引用元はここ
https://genius.com/Bing-crosby-swinging-on-a-star-lyrics

歌詞の和訳があります。
https://lyrics.red-goose.com/swinging-on-a-star-going-my-way-bing-crosby/

映画の1シーンです。
歌詞にもたくさんの動物が出てきて楽しいですね。



"My Kind of Town"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1964

この曲は映画 Robin and the 7 Hoods (1964) で使われました。
https://www.imdb.com/title/tt0058529/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Robin_and_the_7_Hoods
主演はフランク・シナトラ他、シナトラ一家とされる人たちです。

この曲は 1964 Academy Award for Best Original Song にノミネートされましたが、受賞したのはメリー・ポピンズで使われた曲 "Chim Chim Cher-ee" でした。

シカゴのご当地ソングとしても有名ですね。
1917年の政府によるニューオリンズの紅灯街の営業停止があって、多くのミュージシャンたちが米国北部に移動し、シカゴは1920年代にはジャズの街として有名になったという歴史もあります。

適当な和約が見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Now this could only happen to a guy like me
And only happen in a town like this
So may I say to each of you most gratef'lly
As I throw each one of you a kiss

This is my kind of town, Chicago is
My kind of town, Chicago is
My kind of people, too
People who smile at you

And each time I roam, Chicago is
Calling me home, Chicago is
Why I just grin like a clown
It's my kind of town

My kind of town, Chicago is
My kind of town, Chicago is
My kind of razzmatazz
And it has all that jazz

And each time I leave, Chicago is
Tuggin' my sleeve, Chicago is
The Wrigley Building, Chicago is
The Union Stockyard, Chicago is
One town that won't let you down
It's my kind of town

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/franksinatra/mykindoftown.html

"I Like to Lead When I Dance"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1964

この曲も>>[73] と同じ映画 Robin and the 7 Hoods (1964) で使われました

適当な和約が見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



A little voice, keeps talking to me from way down deep inside,
What does this voice, keep saying to me? It says: "pass this affair and pass it wide."
You may be a puzzle, but I like the way the parts fit.
Still that little voice says: "Go get your track shoes -put them on and git."
We could go the distance, and find us romance,
I like your persistence, your style and your stance.
There's only one problem, the tiniest problem, I like to lead when I dance.
Your eyes do the speaking, they talk with each glance,
My will-power's creaking, I might take a chance.
And though you're the charmer who could bend my armor
I like to lead when I dance.
I like to steer the car whenever I drive, and hold the door ajar when we arrive.
So if it's decided that this is romance, my sweet, I'll repeat in advance,
I like to lead when I dance.

I like to lead when I dance.
When Adam bit the fruit, as fashions were then
He got that fig-leaf suit, for which. Amen.
So if it's decided I'm wearing the pants, then Eve, I'd say we've got romance
I like to lead, I set the speed, I like to lead when I dance.
When I dance, when I dance, when I dance.




>>[73]

映画の1シーンです。



Robin and the 7 Hoods (1964) Official Trailer となっていますが、撮影の裏側の記録のようです。
「刑事コロンボ」(1968-1978) で有名になる前のピーター・フォークも出演しています。



"The September of My Years"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1965

この曲はフランク・シナトラの同名のアルバムに収録されています。
https://en.wikipedia.org/wiki/September_of_My_Years

また、この曲は1966年の Grammy Award for Song of the Year にノミネートされました。

秋の曲としては "September Song" は良く歌われ演奏されるのですが、寡聞にしてこの曲が日本のライブでの秋の曲目として取り上げられたことは無いような…

適当な歌詞の和訳が見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。
9月というのはこういう位置づけでも使われるのですね。



One day you turn around and it's summer
Next day you turn around and it's fall
And the springs and the winters of a lifetime
Whatever happened to them all?

As a man who has always had the wand'ring ways
Now I'm reaching back for yesterdays
'Til a long-forgotten love appears
And I find that I'm sighing softly as I near
September, the warm September of my years

As I man who has never paused at wishing wells
Now I'm watching children's carousels
And their laughter's music to my ears
And I find that I'm smiling gently as I near
September, the warm September of my years

The golden warm September of my years

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/franksinatra/theseptemberofmyyears.html

"I'll Only Miss Her When I Think of Her"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1965

この曲はミュージカル(舞台)Skyscraper (1965) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/skyscraper-3264
https://en.wikipedia.org/wiki/Skyscraper_(musical)

フランク・シナトラのアルバム My Kind of Broadway (1965) に収録されています。
https://en.wikipedia.org/wiki/My_Kind_of_Broadway
ミュージカルが始まった年に、すぐに録音されたアルバムに入っているのは、ミュージカルの音楽を手掛けたジミー・ヴァン・ヒューゼン&サミー・カーンのコンビの曲だからでしょうね。

この曲も歌詞の和訳が載っているサイトが見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

彼女のことを忘れるには百年ぐらいかかるだろうとは…



I'll only miss her, when I think of her
And I'll think of her, all the time
Likely I'll spend my days - hearing her turn of phrase
Things I found hard to praise - right now, would seem sublime

The truth is...

I'll Only miss her, when some stranger laughs
'Cause it's still her laugh - my hearts hears
Maybe in time - I guess, the longing will grow, the slightest bit less
And there will be moments - yes - when it disappears

I'll bet I'll forget her completely - in about a hundred years

引用元はここ
https://genius.com/Frank-sinatra-ill-only-miss-her-when-i-think-of-her-lyrics








"Come Fly With Me"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1957

曲情報については>>[34] をご覧ください。

この曲はフランク・シナトラのために書かれた曲なのですが、彼は何回録音しているんだろうか?
どこかにデータベースがあって、レコーディング記録があるだろうと思うのですが、どなたかお詳しい方、お教えいただけませんでしょうか。
現時点でyoutubeにはこの録音は上がっていませんでした。



"Love and Marriage"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Sammy Cahn
作曲年 1955

フランクシナトラは、キャピトル・レコーズの時代1955年に録音しています。
その後自身のリプリーズ・レコーズで1965年に録音しています。
この音源はリプリーズの時のものです。



Love and marriage, love and marriage,
Go together like a horse and carriage.
This I tell ya, brother, you can't have one without the other.

Love and marriage, love and marriage,
It's an institute you can't disparage.
Ask the local gentry and they will say it's elementary.

Try, try, try to separate them, it's an illusion.
Try, try, try and you only come to this conclusion:

Love and marriage, love and marriage,
Go together like a horse and carriage.
Dad was told by mother you can't have one
You can't have none.
You can't have one without the other.

Try, try, try to separate them, it's an illusion.
Try, try, try and you only come to this conclusion:

Love and marriage, love and marriage,
Go together like a horse and carriage.
Dad was told by mother you can't have one
(You can't have none.)
You can't have one without the other.

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/franksinatra/loveandmarriage.html

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song212.html

キャピトル時代の録音です。
1955年ですのでSPレコードです。
う〜ん、同じ編曲を使っているのかなぁ…



"Moonlight Becomes You"

作曲: James Van Heusen
作詞: Johnny Burke
作曲年 1942

曲情報については>>[24] をご覧ください。



"Oh, You Crazy Moon"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Johnny Burke
作曲年 1960

曲情報については>>[15] をご覧ください。



ログインすると、残り41件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。