ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > クルト・ヴァイル ソングブック

Standard Jazz Songコミュのクルト・ヴァイル ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Kurt Julian Weill (March 2, 1900 – April 3, 1950)
https://en.wikipedia.org/wiki/Kurt_Weill


クルト・ヴァイルは独で生まれ育ち、作曲家として活動をしていましたが、ユダヤ人ゆえナチスの迫害に会い、1933年に仏へ、そして1935年に米国へ逃れました。

独の人ですので、このコミュでは日本の慣習に基づいて「クルト・ヴァイル」と独語読みにしますが、米国では(たぶん)カート・ワイルと呼ばれていたと思います。

米国に移住してからは、ポピュラー音楽を研究し、ミュージカル作品をたくさん書いています。

しかし、彼の作品で最もよく知られている、ベルトルト・ブレヒトの戯曲、クルト・ヴァイルが作曲を手がけた音楽劇である「三文オペラ (Die Dreigroschenoper)」 は1928年の作品であり、彼が独で活動していたときの作品です。

あまりにも早すぎる50歳で急死というのは惜しまれます。

クルト・ヴァイルの作曲リストです。
http://songwritershalloffame.org/songs/C78

彼のミュージカル(舞台)の作品リストがあります
http://songwritershalloffame.org/songs/stage/C78

彼が音楽を手がけた、彼の音楽が使われた、映画のリストがあります。
http://songwritershalloffame.org/songs/film_scores/C78

彼の受賞歴の一覧があります。
http://songwritershalloffame.org/songs/awards/C78


クルト・ヴァイルがコンビを組んだ作詞家を、このトピから拾い出してみましょう。
Alan Jay Lerner (Here I'll Stay)
Bertolt Brecht (Alabama Song)
Ira Gershwin (Lady in the Dark: This Is New, My Ship, The Saga of Jenny)
Langston Hughes (What Good Would the Moon Be?)
Maxwell Anderson (Lost in the Stars, September Song)
Michael Feingold (独語) / Johnny Mercer (英語) (The Bilbao Song)
Ogden Nash (I'm a Stranger Here Myself, Speak Low)
Roger Fernay (Youkali(仏語))




------------- この項は推敲中です -------------




*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#20 - Julie Wilson / Sings the Kurt Weill Songbook / DRG / 1987.
#1 - Dee Dee Bridgewater / This Is New / Verve / 2001


*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Kurt Weill Songbook】
 André Previn / Mack the Knife and Other Kurt Weill Music
 Anne Sofie von Otter / John Eliot Gardiner / Speak Low: Songs by Kurt Weill
 Catherine Sauvage – Catherine Sauvage Chante Kurt Weill
 Georgia Brown / September Song: Music of Kurt Weill
 J.J. Johnson / J.J. Johnson Plays Mack the Knife & Other Kurt Weill Songs
 John Bunch / John Bunch Plays Kurt Weill
 Lotte Lenya / Lotte Lenya Sings Kurt Weill's The Seven Deadly Sins & Berlin Theater Songs
 Lotte lenya / Sings Kurt Weill And Bertolt Brecht
 September Songs: Music of Kurt Weill (オムニバス)
 クルト・ヴァイル:完全録音集 第1集[5CDs] (オムニバス)
 クルト・ヴァイル:完全録音集 第2集 [5CDs] (オムニバス)
 クルト・ヴァイル:三文オペラ&歌曲集 歴史的録音集(1928-1931年,1928-1944年) (オムニバス)
 クルト・ワイルの歌曲集(1929-1956) (Mack The Knife) (オムニバス)
 ストラータス・シングズ・クルト・ワイル / テレサ・ストラータス
 クルト・ヴァイル Berlin - Paris - New York〜夜の闇に光を追って〜 / 奈良ゆみ
 ユーカリ 〜わたしのクルト・ヴァイル / 大島有美子


*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Alabama Song" (Kurt Weill/Bertolt Brecht/1927) - (#8)
"Barbara Song" (Kurt Weill/Bertolt Brecht/1928) - (#38)
"The Bilbao Song" (Kurt Weill/Michael Feingold & Johnny Mercer/1929) - (#4, 33)
"Foolish Heart" (Kurt Weill/Ogden Nash/1943) - (#32)
"Here I'll Stay" (Kurt Weill/Alan Jay Lerner/1948) - (#18, 34)
"I'm a Stranger Here Myself " (Kurt Weill/Ogden Nash/1943) - (#15)
"Lost in the Stars" (Kurt Weill/Maxwell Anderson/1949) - (#3)
"Mack the Knife" (Kurt Weill/Bertolt Brecht/1928) - (#18, 43)
"One Touch of Venus" (Kurt Weill/Ogden Nash/1943) - (#21)
"The Saga of Jenny" (Kurt Weill/Ira Gershwin/1941) - (#9, 40)
"My Ship" (Kurt Weill/Ira Gershwin/1941) - (#7, 39)
"September Song" (Kurt Weill/Maxwell Anderson/1938) - (#17, 23)
"Sing Me Not a Ballad" (Kurt Weill/Ira Gershwin/1945) - (#35)
"Speak Low" (Kurt Weill/Ogden Nash/1943) - (#16, 32)
"Stay Well"(Kurt Weill/Maxwell Anderson/1949) - (#41)
"Surabaya Johnny" (Kurt Weill/Bertolt Brecht & Cathy Berberian/1929 - (#36)
"That's Him" (Kurt Weill/Ogden Nash/1943) - (#22)
"There's Nowhere to Go But Up" (Kurt Weill/Maxwell Anderson/1938) - (#24)
"This Is New" (Kurt Weill/Ira Gershwin/1941) - (#2, 32)
"Trouble Man"(Kurt Weill/Maxwell Anderson/1949) - (#41)
"What Good Would the Moon Be?" (Kurt Weill/Langston Hughes/1946) - (#34)
"Youkali" (Kurt Weill/Roger Fernay/1934) - (#14)



コメント(45)

>>[4] "The Bilbao Song"

続きです。

It was fantastic
It was fantastic
It was fantastic
Beyond belief.
Bill's be all in, Bilbao, Bilbao, Bilbao,
Now they've cleaned it up and made it middle class
With potted palms and aspree
Very bourgeois, very bourgeois
Just another place to put your ass,
But if you could come around to see the fun
Well, I don't know, you might not find it such a strain,
They've cleaned up all the pools of broken glass,
On parquet floors you can't grow grass,
They've shut the green moon out because of rain
And the music makes you cringe now when you think of what you paid
Hey Joe, play that ol' song they always played;
That ol' Bilbao
Down where we used to go
That ol' Bilbao
Casting its golden glow
That ol' Bilbao moon
Love never laid me low
That ol' Bilbao
Why does it hurt me so ?
I don't know if it would have brought you joy or grief but
It was fantastic
It was fantastic
It was fantastic
Beyond belief.

"My Ship"

作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1941

この曲はミュージカル(舞台) Lady in the Dark (1941) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/1072

このミュージカルは後年映画化されています。
Lady in the Dark (1944)
http://www.imdb.com/title/tt0037000/?ref_=fn_al_tt_1

アルバムタイトルの曲"This Is New" が使われたのと同じミュージカルです。

美しい曲です。
大スタンダード曲になっています。

ディー・ディーの歌の上手さが並外れていることを感じさせてくれます。



My ship has sails that are made of silk,
The decks are trimmed with gold,
And of jam and spice there's a paradise in the hold.

My ship's aglow with a million pearls
And rubies fill each bin,
The sun sits high in a sapphire sky when my ship comes in.

I can wait the years
Till it appears
One fine day one spring,
But the pearls and such
They won't mean much if there's missing just one thing.

I do not care if that day arrives
That dream need never be,
If the ship I sing doesn't also bring
My own true love to me,
If the ship I sing doesn't aalso bring my own true love to me.

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20110509

映画の1シーンです。
主演はジンジャー・ロジャースです。


"Alabama Song"

作詞 : Bertolt Brecht
作曲年 1927

この曲は舞台 Mahagonny-Songspiel (1927) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Mahagonny-Songspiel
(IBDbではデータが引っ張り出せませんでした)

また、オペラ Rise and Fall of the City of Mahagonny (1930) でも使われています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Rise_and_Fall_of_the_City_of_Mahagonny

この曲を The Doors や David Bowie がカヴァーしたことでも知られています。

あるくさんの手による、曲についての詳しい解説と対訳があります。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1921406548&owner_id=16255101

この解説がなければ、歌詞を眺めただけではここまでの背景はわかりませんでした。
あるくさん、ありがとうございます。

ディー・ディーははすっぱな歌い方をしていますが、あるくさんの解説にありますように出稼ぎ娼婦が歌う歌なので、その雰囲気を作っているのでしょう :-)

娼婦が歌う歌では、コール・ポーターの "Love for sale" が、なんといっても有名なのですが、このトピをご覧になった方は、この曲も口ずさめるようになるでしょう(笑)



Oh, show us the way to the next whiskey bar!
Oh don't ask why,
Oh don't ask why!
For we must find the next whiskey bar
For if we don't find the next whiskey bar,
I tell you we must die!

Oh moon of Alabama
It's time to say goodbye
We've lost our good old mamma
And must have whiskey
Oh, you know why.

Oh show us the way to the next pretty boy!
Oh don't ask why
Oh, don't ask why!
For we must find the next pretty boy
For if we don't find the next pretty boy
I tell you we must die!

Oh moon of Alabama
We now must say goodbye
We've lost our good old mama
And must have boys
Oh, you know why.

Oh show us the way to the next little dollar!
Oh don't ask why,
oh don't ask why!
For we must find the next little dollar
For if we don't find the next little dollar
I tell you we must die!

Oh moon of Alabama
We now must say goodbye
We've lost our good old mama
And must have dollars
Oh, you know why.

The Doors です。


David Bowie です。



"The Saga of Jenny"

"My Ship"

作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1941

この曲はミュージカル(舞台) Lady in the Dark (1941) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/1072

このミュージカルは後年映画化されています。
Lady in the Dark (1944)
http://www.imdb.com/title/tt0037000/?ref_=fn_al_tt_1

アルバムタイトルの曲"This Is New" が使われたのと同じミュージカルです。

ディー・ディーの上手さが光っています。



歌詞が長くて、コメント欄の文字数制約を越えるので、つぎのコメントにします。
>>[9] "The Saga of Jenny"

歌詞を2分割します。

There once was a girl named Jenny
Whose virtues were varied and many
Excepting that she was inclined
Always to make up her mind
And Jenny points a moral
With which you cannot quarrel
As you will find

Jenny made her mind up when she was three
She, herself, was going to trim the Christmas tree
Christmas Eve she lit the candles―tossed the taper away
Little Jenny was an orphan on Christmas Day

Poor Jenny! Bright as a penny!
Her equal would be hard to find
She lost one dad and mother
A sister and a brother
But she would make up her mind

Jenny made her mind up when she was twelve
That into foreign languages she would delve
But at seventeen to Vassar it was quite a blow
That in twenty-seven languages she couldn't say no

Jenny made her mind up at twenty-two
To get herself a husband was the thing to do
She got herself all dolled up in her satins and furs
And she got herself a husband―but he wasn't hers

Jennt made her mind up at thirty-nine
She would take a trip to the Argentine
She was only on vacation but the Latins agree
Jenny was the one who started the Good Neighbour Policy

Poor Jenny! Bright as a penny!
Her equal would be hard to find
Oh, passion doesn't vanish
In Portuguese or Spanish
But she would make up her mind

Jenny made her mind up at fifty-one
She would write her memoirs before she was done
The very day her book was published, hist'ry relates
There were wives who shot their husbands in some thirty-three states

Poor Jenny! Bright as a penny!
Her equal would be hard to find
She could give cards and spade-ies
To many other ladies
But she would make up her mind

Jenny made her mind up at seventy-five
She would live to be the oldest woman alive
But gin and rum and destiny play funny tricks
And poor Jenny kicked the bucket at seventy-six

>>[9] "The Saga of Jenny"

続きです。

Jenny points a moral
With which we cannot quarrel
Makes a lot of common sense!

Jenny and her saga
Prove that you are gaga
If you don't keep sitting on the fence

Jenny and her story
Point the way to glory
To all man and womankind

Anyone with vision
Comes to this decision:
Don't make up―You shouldn't make up
You mustn't make up―Oh, never make up
Anyone with vision
Comes to this decision
Don't make up your mind!

[Alternative refrains]

Poor Jenny! Bright as a penny!
Her equal would be hard to find
To Jenny I'm beholden, her heart was big and golden
But she would make up her mind

Poor Jenny! Bright as a penny!
Her equal would be hard to find
Deserved a bed of roses, but history discloses
That she would make up her mind
>>[9] "The Saga of Jenny"

歌詞の和訳があります。

http://jazzsong.la.coocan.jp/Song506.html

かなり悩ましい歌なんですね ^^;
>>[9] "The Saga of Jenny"

"My Ship" は余計ですね。

コピペ間違いです m(_ _)m
"Youkali"

作詞 : Roger Fernay (仏語)
作曲年 1934

元はタンゴ=ハバネラの器楽曲として書かれ、後年歌詞が書かれたようです。

ここに仏語詞と英語詞の対比したものがあります。
http://lyricstranslate.com/en/youkali-youkali.html-0

豪の喬木ユーカリでもなく、紫蘇ふりかけのユカリのことでもありません。
あるくさんの解説によりますと、理想郷を歌った曲になるそうです。
いつもお世話になっているあるくさんの解説と対訳があります。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1942512167&owner_id=16255101
(仏語詞から対訳を作り出すというのもすごいですね :-) )



"I'm a Stranger Here Myself "

作詞 : Ogden Nash
作曲年 1943

この曲はミュージカル(舞台) One Touch of Venus (1943) で使われました。
https://www.ibdb.com/Production/View/1341
https://en.wikipedia.org/wiki/One_Touch_of_Venus

後年、映画化されています。
One Touch of Venus (1948)
http://www.imdb.com/title/tt0040669/?ref_=fn_al_tt_1
主演はエヴァ・ガードナーとロバート・ウォーカーです。
ディック・ヘイムスも出演しています。

この曲の解説と対訳をあるくさんが、このトピックに間に合うようにお作りいただけました。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953459632&owner_id=16255101
(あるくさん、ありがとうございます)



Tell me is love
Still a popular suggestion
Or merely an obsolete art?
Forgive me for asking
This simple question
I'm unfamiliar with this part
I am a stranger here myself

Why is wrong
To murmur, "I adore him!"
When it's shamefully obvious I do?
Does love embarrass him
Or does it bore him?
I'm only waiting for my clue
I'm a stranger here myself

I dream of a day
Of a gay warm day
With my face between his hands
Have I missed the path?
Have I gone astray?
I ask and no one understands

Love me or leave me
That seems to be the question
I don't know which tactics to use
But if he should offer
A personal suggestion
How could I possibly refuse
When I'm a stranger here myself?

Please tell me
Tell a stranger
My curiosity goaded
Is there really any danger
That love his now out moded?
I'm interested especially
In knowing why you waste it
True romance is so freshly
With what have you replaced it?
What is your latest foibal?
Is Gin Rummy more exquisite?
Is skiing more enjoyable?
For heaven's sake what is it?

I can't believe
That love has lost its glamor
That passion is really passe
If gender is just a term in grammer
How can I ever find my way?
Since I'm a stranger here myself

How can he ignore my
Available condition?
Why these Victorian views?
You see here before you
A woman with a mission
I must discover the key to his ignition
And then if he should make
A diplomatic proposition
How could I possibly refuse?
How could I possibly refuse
When I'm a stranger here myself?

"Speak Low"

作詞 : Ogden Nash
作曲年 1943

この曲もミュージカル(舞台) One Touch of Venus (1943) で使われました。
https://www.ibdb.com/Production/View/1341
https://en.wikipedia.org/wiki/One_Touch_of_Venus

後年、映画化されています。
One Touch of Venus (1948)
http://www.imdb.com/title/tt0040669/?ref_=fn_al_tt_1

作詞者の Ogden Nash (August 19, 1902 – May 19, 1971) については、こちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Ogden_Nash

クルト・ヴァイルの書いた曲の中でも特によく知られている曲の一つで、大スタンダード曲になっています。
なんとも魅力的な旋律を持った曲です。

ミュートをつけた Denis Leloup (tb) がいいですね :-)
ディー・ディーがトロンボーンの音を真似るところも楽しいですね。



Speak low when you speak, love
Our summer day withers away too soon, too soon
Speak low when you speak, love
Our moment is swift, like ships adrift, we're swept apart, too soon

Speak low, darling, speak low
Love is a spark, lost in the dark too soon, too soon
I feel wherever I go
That tomorrow is near, tomorrow is here and always too soon

Time is so old and love so brief
Love is pure gold and time a thief

We're late, darling, we're late
The curtain descends, everything ends too soon, too soon
I wait, darling, I wait
Will you speak low to me, speak love to me and soon

Time is so old and love so brief
Love is pure gold and time a thief

We're late, darling, we're late
The curtain descends, everything ends too soon, too soon
I wait, darling, I wait
Will you speak low to me, speak love to me and soon
Speak low


歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070830

映画の1シーンです。


"September Song"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Maxwell Anderson
作曲年 1938

この曲はミュージカル(舞台) Knickerbocker Holiday (1938) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/knickerbocker-holiday-11587

あまりにもポピュラーな曲で、皆さんよくご存知の曲なのですが、作曲はクルト・ヴァイルなのです。
彼が書いた曲の中でもっともポピュラーになっている曲でしょう。

ディー・ディーは、すばらしい編曲とあいまって、非常にジャジーに歌っています。
Antonio Hart (as) が聴かせてくれます。

大音量で、あるいはヘッドホンを使って聞いてみてください。
冒頭のところで管とユニゾンで声が入っているのが聞こえますでしょうか。



[Lengthy Intro:]
When I was a young man courting the girls
I played me a waiting game
If a maid refused me with tossing curls
I'd let the old Earth make a couple of whirls
While I plied her with tears in lieu of pearls
And as time came around she came my way
As time came around, she came

When you meet with the young girls early in the Spring
You court them in song and rhyme
They answer with words and a clover ring
But if you could examine the goods they bring
They have little to offer but the songs they sing
And the plentiful waste of time of day
A plentiful waste of time

Oh, it's a long, long while from May to December
But the days grow short when you reach September
When the autumn weather turns the leaves to flame
One hasn't got time for the waiting game

Oh, the days dwindle down to a precious few
September, November
And these few precious days I'll spend with you
These precious days I'll spend with you

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20060902

"Here I'll Stay"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Alan Jay Lerner
作曲年 1948

この曲はミュージカル Love Life (1948) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/love-life-2027
アラン・ジェイ・ラーナーがクルト・ヴァイルと組んでいたのですね。


この曲の解説と対訳をあるくさんが、このトピックに間に合うようにお作りいただけました。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1953530793&owner_id=16255101
(あるくさん、ありがとうございます)

素敵な曲ですね。

クルト・ヴァイルにはユートピアを扱った曲がいくつか登場しました。



このトラックには『隠し録音』が入っていまして、"Here I'll Stay"が終わってから、無音の時間がありますが、しばらく我慢して次の音が出てくるのを待ってみてください。
"Mack The Knife" の演奏が始まります。
この演奏は、ミュージシャンたちが楽しみながら(少々おふざけも加えて)展開します。
このセッションがどれだけみんなの気が合っていたか、よくわかるような演唱になっています :-)

こちらの曲の解説は別の機会にします。



There's a far place, I'm told,
Where I'll find a field of gold,
But here I'll stay with you;

And they say there's an isle deep with clover,
Where your heart wears a snile all day through.

But I know well they're wrong,
And I know where I belong,
And here I'll stay with you.

For that land is a sandy illusion,
It's the theme of a dream gone astray;
And the world others woo
I can find loving you,
And so here I'll stay.

For that land is a sandy illusion,
It's the theme of a dream gone astray;
And the world others woo
I can find loving you,
And so here I guess I'll stay.

これで

Dee Dee Bridgewater / This Is New

の全トラックが紹介できました。

>>[1] にも書きましたように、このアルバムはアルバムタイトルあるいは表ジャケットにクルト・ヴァイルのソングブックであることが「はっきりと」判るようにはできていません。

このため、ディー・ディーのたくさんあるアルバムの中では目立たないかもしれませんが、このあたりをもっと前面に出して、大勢の方々に聴いていただきたいアルバムですね。


さて、クルト・ヴァイルのソングブックもそこそこ掘り起こせてきましたので、引き続き他のアルバムも紹介できるようになるだろうと考えています。

みなさんのお手持ちのリソースがありましたら、ぜひ展開してください。

次はこれにしましょう。

Julie Wilson / Sings the Kurt Weill Songbook

Label : DRG Records

Recorded at A&R Studios, New York December 7, 1987.

1. One Touch of Venus (Ogden Nash / Kurt Weill)
2. That's Him (Ogden Nash / Kurt Weill)
3. September Song (Maxwell Anderson / Kurt Weill)
4. There's Nowhere to Go But Up (Maxwell Anderson / Kurt Weill)
5. Foolish Heart / This Is New / Speak Low (Ira Gershwin / Ogden Nash / Kurt Weill)
6. The Bilbao Song (Bertolt Brecht / Johnny Mercer / Kurt Weill)
7. What Good Would the Moon Be? / Here I'll Stay (Langston Hughes / Alan Jay Lerner / Kurt Weill)
8. Sing Me Not a Ballad (Ira Gershwin / Kurt Weill)
9. Surabaya Johnny (Bertolt Brecht / Kurt Weill)
10. Barbara Song (Bertolt Brecht / Kurt Weill)
11. My Ship (Ira Gershwin / Kurt Weill)
12. The Saga of Jenny (Ira Gershwin / Kurt Weill)
13. Trouble Man Stay Well (Maxwell Anderson / Kurt Weill)
14. Mack the Knife (Marc Blitzstein / Bertolt Brecht / Kurt Weill)


Musicians
Julie Wilson (vo)
William Roy (p, vo)


ジュリー・ウィルソンは長年に亘って女優として、歌手として活躍し続けてきました。
Julie May Wilson (October 21, 1924 – April 5, 2015)
https://en.wikipedia.org/wiki/Julie_Wilson

1957年、若くて美しくて輝いていた頃です。
映画 This Could be the Night (1957) の1シーンです。
http://www.imdb.com/title/tt0051074/?ref_=fn_al_tt_1




2013年、しわくちゃおばばになってからの動画です。
妙に説得力があります :-)




いつの動画か不明なのですが、このアルバムと同じウィリアム・ロイ(p) との二人のライブ動画です。




クルト・ヴァイルの作品がタップリと詰まっています。
先のディー・ディーのアルバムで登場した曲も、このアルバムで(トピでは)初登場の曲もあります。
ディー・ディーのアルバムとこのアルバムの両方に入っているのは、クルト・ヴァイルの曲の中でも特によく知られているものになるでしょう。


あまりジャズ寄りの内容ではないのですが、クルト・ヴァイルのミュージカルではこんな歌い方だったろうと思わせるスタイルになっています。


"One Touch of Venus"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Ogden Nash
作曲年 1943

この曲はミュージカル(舞台) One Touch of Venus (1943) で使われました。
https://www.ibdb.com/Production/View/1341
https://en.wikipedia.org/wiki/One_Touch_of_Venus

1943年というと第二次世界大戦中になるのですね。

う〜ん、歌詞が載っているサイトが見当たりませんでした ^^;




後年、映画化されています。
One Touch of Venus (1948)
http://www.imdb.com/title/tt0040669/?ref_=fn_al_tt_1
主演はエヴァ・ガードナーとロバート・ウォーカーです。
ディック・ヘイムスも出演しています。

映画の1シーンです。
(この曲は出てきません)




"That's Him"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Ogden Nash
作曲年 1943

この曲もミュージカル(舞台) One Touch of Venus (1943) で使われました。
https://www.ibdb.com/Production/View/1341
https://en.wikipedia.org/wiki/One_Touch_of_Venus

歌詞の和訳が載っているサイトは見当たりませんでした。
じっくりと歌詞を眺めてください。



You know the way you feel
When there is autumn in the air,
That's him, that's him.
The way you feel when Antoine
Has finished with your hair,
That's him, that's him.

You know the way you feel
When you smell bread baking,
The way you feel
When suddenly a tooth stops aching;
Wonderful world, wonderful you,
That's him, that's him.

He is as simple as a swim in summer,
Not arty, not actory.
He's like a plumber when you need a plumber:
He's satisfactory.
You know the way you feel
When you want to knock on wood,
The way you feel when your heart is gone for good:
Wonderful world, wonderful you,
That's him.

You could shuffle him with millions,
Soldiers and civilians,
I'd pick him out.
In the darkest caves and hallways
I would know him always,
Beyond a doubt.
Identification comes easily to me
Because that's he.

You know the way you feel
About the Rhapsody in Blue:
That's him, that's him;
The way you feel about a hat
Created just for you:
That's him, that's him.

You know the way you feel
When the fireflies glimmer,
The way you feel when overnight
Your hips grow slimmer:
Wonderful world, wonderful you,
That's him, that's him.

He's like a book directly from the printer,
You look at him, he so commenceable.
He's comforting as woolens in the winter:
He's indispensable.

You know the way the way you feel
That you know you should conceal
The way you feel feel that you really shouldn't feel:
Wonderful world, wonderful you,
That's him.


"A series of private rehearsal recordings,"として出ているアルバムに、クルト・ヴァイルとアイラ・ガーシュインの2人によるアルバムがあります。
歌っているのはどうやらアイラ・ガーシュインのようです。
(いや、ひょっとするとクルト・ヴァイル自身なのかもしれません)
http://www.allmusic.com/album/tryout-mw0000099031




"September Song"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Maxwell Anderson
作曲年 1938

曲情報については >>[17] をご覧ください。




1938年の舞台で Walter Huston が歌ったという、ご本人が録音した音源がありました。



"There's Nowhere to Go But Up"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Maxwell Anderson
作曲年 1938

この曲もミュージカル(舞台) Knickerbocker Holiday (1938) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/knickerbocker-holiday-11587

歌詞の載っているサイトが見当たりませんでした。
じっくりとヒアリングしてください。

ジュリー・ウィルソンとウィリアム・ロイが歌っています。



クルト・ヴイルならアイラ・ガーシュインとの作品は映画「スター」の中で聴くことができる。ガート・ルート・ローレンス英国出身の伝記物語をジュリー・アンドリュースが演じた。意外な所に意外な人々が現れるんだね。
>>[25]

ロッテ・レーニャのアルバムをお持ちでいらっしゃいませんでしょうか。
アルバムは持っていません。話しには聞いたこと有りますがドイツの歌手?で三文オペラに出演されたかなあ
>>[27]

クルト・ヴァイルの奥方です。
少し調べてもらえませんでしょうか。
独に留まったのでジューイッシュではないのだろうと思っています。
ロッテ・レーニアについて調べました。

映画「007ロシアより愛をこめて」に出演してましたよ。007シリーズはジョン・バリーが音楽を担当して数々のヒットを産んだ。しかし、最大のヒットした主題歌マット・モンローの歌ったロシアより愛をこめてだけはイギリスの音楽家ライオネル・バートによるもの。バートの作品で馴染みあるのがペギー葉山が歌うウンパッパが唯一ヒットしてます。とりとめのお話しなりましたがまずはここまで。
>>[29]

もう少し整理をして欲しいですね。
せめてこのくらいまでは掘り下げて欲しい。

この軍服を着た人ですね。




ジェイムスと戦って、死んでしまうシーンがありました。




From Russia with Love (1963)
http://www.imdb.com/title/tt0057076/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/From_Russia_with_Love_(film)

>>[29]

>ロッテ・レーニアについて調べました

内容を整理してご投稿くださいね。

楽しみにしています :-)

"Foolish Heart / This Is New / Speak Low"

"Foolish Heart"
作曲 : Kurt Weill
作詞 : Ogden Nash
作曲年 1943
初出 : ミュージカル(舞台) One Touch of Venus (1943)
【わたしバカよね?】 #210 - 参照
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=5&id=70623253

"This Is New"
作曲 : Kurt Weill
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1941
>>[2] を参照

"Speak Low"
作曲 : Kurt Weill
作詞 : Ogden Nash
作曲年 1943
>>[16] を参照

3曲をメドレーにした理由はみなさんお考えください ^^;



"The Bilbao Song"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Michael Feingold (独語) / Johnny Mercer (英語)
作曲年 1929

曲情報については >>[4] をご覧ください。

ジュリー・ウイルソンとウイリアム・ロイが掛け合いで歌っています。
編曲はミュージカル寄りのような感じですね。

しかし、この曲はジョニー・マーサのソングブックでは見かけないような…



"What Good Would the Moon Be? / Here I'll Stay"

"What Good Would the Moon Be?"
作曲 : Kurt Weill
作詞 : Langston Hughes
作曲年 1946
初出 オペラ(舞台)Street Scene
https://www.ibdb.com/broadway-production/street-scene-1506
https://en.wikipedia.org/wiki/Street_Scene_(opera)

"Here I'll Stay"
作曲 : Kurt Weill
作詞 : Alan Jay Lerner
作曲年 1948
>>[18] を参照

2曲をメドレーにした理由はみなさんお考えください ^^;
ジュリー・ウイルソンとウイリアム・ロイが掛け合いで歌っています。



(What Good Would the Moon Be?)

They’re beautiful, but they’re cold.
I’ve seen Broadway stars in fur coats
That cost a fortune, so I’m told

I guess I’d look nice in diamonds,
And sables might add to my charms,
But if someone I don’t care for would buy them,
I’d rather have two loving arms.

What good would the moon be
Unless the right one shared it’s beams
What good would dreams come true be
If love wasn’t in those dreams

And a primrose path,
What would be the fun
Of walking down a path like that
Without the right one

What good would the night be
Without the right lips whispering low,
Kiss me oh darling kiss me,
While evening stars still glow

No it won’t be a primrose path for me,
No it won’t be diamonds and gold,
But maybe it will be
Someone who'll love me,
Someone who'll love just me
To have and to hold.

歌詞の和訳は見当たりませんでした。
"Sing Me Not a Ballad"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1945

この曲はミュージカル(舞台) The Firebrand of Florence (1945) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/the-firebrand-of-florence-1687
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Firebrand_of_Florence
出演者の中には、クルト・ヴァイルの伴侶だったロッテ・レーニャもいます。

歌詞が探し出せませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。



"Surabaya Johnny"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Bertolt Brecht (独語) / Cathy Berberian (英語)
作曲年 1929

この曲はミュージカル(舞台) Happy End (1929) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Happy_End_(musical)#Act_3
1929年ですので、クルト・ヴァイルの独時代です。
原題はどうやら Fuerchtet euch nicht のようです。

1977年、もちろんヴァイルの死後になりますが、米国で上演されました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/happy-end-4000

以前探したときにはわかり易い和訳がどこかにあったのですが、今回は見当たりませんでした。
英詞をじっくりと眺めてください。



文字数の制約があり、歌詞は次のコメント欄に貼り付けます。

>>[36] "Surabaya Johnny"


I had just turned sixteen that season
When you came up from Burma to stay.
And you told me I ought to travel with you,
You were sure it would be OK.
When I asked how you earned your living,
I can still hear what you said to me:
You had some kind of job on the railway
And had nothing to do with the sea.

You said a lot, Johnny,
All one big lie, Johnny.
You cheated me blind, Johnny,
From the minute we met.
I hate you so, Johnny,
When you stand there grinning, Johnny.
Take that damn pipe out of your mouth, you rat.

Surabaya Johnny,
No one's meaner than you.
Surabaya Johnny,
My God and I still love you so.
Surabaya Johnny,
Why am I feeling so blue ?
You have no heart, Johnny,
And I still love you so.

At the start, every day was Sunday,
Till we went on our way one fine night.
And before two more weeks were over,
You thought nothing I did was right.
So we trekked up and down through the Punjab,
From the source of the river to the sea.
When I look at my face in the mirror,
There's an old woman staring back at me.

You didn't want love, Johnny,
You wanted cash, Johnny.
But I sewed your lips, Johnny,
And that was that.
You wanted it all, Johnny,
I gave you more, Johnny.
Take that damn pipe out of your mouth, you rat.

Surabaya Johnny.
No one's meaner than you.
Surabaya Johnny.
My God and I still love you so.
Surabaya Johnny,
Why am I feeling so blue ?
You have no heart, Johnny.
And I still love you so.

I would never have thought of asking
How you'd got that peculiar name,
But from one end of the coast to the other
You were known everywhere we came.
And one day I
"Barbara Song"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Bertolt Brecht (独語)/ ????(英語)
作曲年1928

この曲はミュージカル(舞台)三文オペラ "The Threepenny Opera" (Die Dreigroschenoper) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Threepenny_Opera#Act_1
このオペラをご存知の方にとっては、印象に残る有名な曲なのですが、ジャズファンにとっては、あんまり耳にしていない曲かもしれません。
ポリーがメッキイとの結婚式で歌う曲です。

この曲も、以前、適当な和訳を見掛けたのですが、今回は探し出せませんでした。
じっくりと歌詞を眺めてください。



I used to believe in the days I was pure
And I was pure like you used to be
My wonderful someone will come to me someday and then it will all depend on me
If he’s a fine man, if he’s a rich man,
Wears a fine cravat, smokes a cigar
And if he’s gallant and treats me like a lady then I shall tell him
Sorry

Chin up high keep your powder dry
Don’t relax or go too far.
Look, the moon is gonna shine till dawn
Keep the little rowboat crusing on and on
You stay perpendicular
Oh, you can’t just let a man walk over you
Cold and dignified is what you are
Such a whole lot of things can happen
So firmly say but sweetly
Sorry

One day comes a man
But what kind of a man
Do you know why he does what he does
He walked into my room and he hung up his hat
And I just didn’t know where I was
He was a lean man, he was a mean man
He didn’t own a cravat, smoked no cigar
And God knows he never made me feel a lady.
Just wasn’t time for sorry
Chin up high my chin was down
My shoes and I relaxed, but far too far
Oh, the way the moon kept shining on
The night was nice for rowing and this girl was gone
Not so perpendicular
So you let a man just walk right over you
Who said dignified is what you are
Such a wonderful lot of terrible things did happen
And now it’s you can tell me
Sorry
"My Ship"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1941

曲情報については >>[7] をご覧ください。

名曲ですね。
しかし、歌詞のほうはかなり意味が深いのでしょうか?



"The Saga of Jenny"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1941

曲情報については >>[9] をご覧ください。

アイラ・ガーシュインはずいぶんとはじけた歌詞を書いたのですね。
>>[10] - >>[11] の歌詞を眺めて、>>[12] の和訳(リンク先)をご覧ください。



"Trouble Man Stay Well"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Maxwell Anderson
作曲年 1949

この曲はミュージカル Lost in the Stars (1949) で使われました。
https://www.ibdb.com/Production/View/2128
クルト・ヴァイル最後のミュージカル作品になります。

歌詞も和訳も見当たりませんでしたので、ジュリーの歌をじっくりと聴いてください。



>>[41] "Trouble Man Stay Well"

このトラックは "Trouble Man" と "Stay Well" の2曲がメドレーになっています。
どちらも同じミュージカルで使われています。

"Trouble Man / Stay Well"
と書くのが判りやすかったですね m(_ _)m
"Mack the Knife"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Bertolt Brecht (独語詞) / Marc Blitzstein (英語詞)
作曲年 1928

この曲は皆さんよくご存知のように、Die Dreigroschenoper として独で1928年に公演されたオペラで使われました。
その後、米で The Threepenny Opera として1933年に初演されています。
https://www.ibdb.com/broadway-production/threepenny-opera-11750

何度も映画化されていて、独仏米等の作品があります。
米映画ではタイトルが Mack The Knife となっている場合があります。

ジャズのスタンダード曲にもなっていて、特によく知られているのがソニー・ロリンズのアルバム Saxophone Colossus に "Moritat" として収録されているものや、エラのベルリンでの実況録音版に "Mack the Knife" として収録されているものがあります。

ポピュラー音楽ではボビー・ダーリンが歌ったものが大ヒットしています。
このボビー・ダーリンのヒット以来、日本の歌手たちもこぞって歌っていました。

さて、歌詞のほうなのですが、前半くらいは多くの人でも内容は判るのでしょうが、「ルイ・ミラー」が出てくるあたりから後は、なんのこっちゃらわかれへんなぁ、という人が多いのではないでしょうか ^^;

このあたりは劇の内容をご存じないと無理もないので、小説、映画ともに日本語翻訳がありますので、ぜひ一度ご覧になるべきでしょう。



文字数の関係で歌詞は次の項にします。



>>[43] "Mack the Knife"

Oh the shark has pretty teeth dear
And he shows them pearly white
Just a jackknife has Macheath dear
And he keeps it out of sight

When the shark bites with his teeth dear
Scarlet billows start to spread
Fancy gloves though wears Macheath dear
So there’s not a trace of red

On the side walk Sunday mornin’
Lies a body oozing life
Someone sneakin’ round the corner
Is that someone Mack the Knife

From a tugboat by the river
A cement bag’s droppin’ down
The cement’s just for the weight dear
Bet’ya Mackies back in town

Louie Miller disappeared dear
After drawing out his cash
And Macheath spends like a sailor
Did our boy do something rash

Suky Tawdry, Jenny Diver
Polly Peachum, Lucy Brown
Oh the line forms on the right dears
Now that Mackies back in town

Oh the shark has pretty teeth dear
And he shows them pearly white
Just a jackknife has Macheath dear
And he keeps it out of sight
Just a jackknife has Macheath dear
And he keeps it out of sight

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20060927

ソニー・ロリンズの "Moritat"です。
moritat というのは独語で「バラード」という意味になります。



エラのベルリンでの実況盤の音源です。



ボビー・ダーリンのライブ動画です。



これで

Julie Wilson / Sings the Kurt Weill Songbook

の全トラックが紹介できました。

クルト・ヴァイルのソングブックは、トピックの説明にありますように、ジャズのものやジャズ以外のものを掘り起こしています。

Georgia Brown / September Song: Music of Kurt Weill
はCDが入手困難のようで、mp3ダウンロードなら入手できます。
この中のあらかたは youtube に音源が上がっています。

J.J. Johnson / J.J. Johnson Plays Mack the Knife & Other Kurt Weill Songs
は、私の手元にLPならあるのですが、再生する環境に問題が…
今まで取り上げてきた曲がジャズメンの手にかかるとこんな感じになるのかという面白さがあります。

これらを初めとして他のリソースをお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひ続けて展開して欲しいと願っています。



ログインすると、残り5件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。