ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > フランク・レッサー ソングブッ...

Standard Jazz Songコミュのフランク・レッサー ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Frank Henry Loesser (June 29, 1910 – July 28, 1969)
https://en.wikipedia.org/wiki/Frank_Loesser

フランク・レッサーは作詞もし、作曲もするという、いわゆるソングライターです。

フランク・レッサーの作曲・作詞リストです。
http://songwritershalloffame.org/songs/C230

彼のミュージカル(舞台)の作品リストがあります
http://songwritershalloffame.org/songs/stage/C230

彼が音楽を手がけた映画のリストがあります。
http://songwritershalloffame.org/songs/film_scores/C230

彼の受賞歴の一覧があります。
http://songwritershalloffame.org/songs/awards/C230

フランク・レッサーの公式ウエブサイトがありました。
http://frankloesser.com/


フランク・レッサーは大勢の作曲家とコンビを組みました。
Arthur Schwartz
Burton Lane
Hoagy Carmichael
Jimmy McHugh
Jule Styne
Victor Schertzinger

フランク・レッサー自身が作曲家でもあるので、フランク・レッサーのソングブックと、ほかの作曲家のソングブック、特にジミー・マクヒューのソングブックでは、曲がかぶるものが出てきます ^^;
(混乱しないでくださいね :-))







------------- この項は推敲中です -------------

reserved にありますのは、このトピックで未登場のアルバムです。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このトピックで詳しく取り上げていただけませんでしょうか。

*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#26 - Rebecca Kilgore and Dave Frishberg / Why Fight the Feeling: Songs by Frank Loesser / Arbors Records / 2007
#1 - Liz Callaway / Anywhere I Wander: Liz Callaway Sings Frank Loesser / VARSE SARABANDE / 1993


*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Frank Loesser Songbook】
 Cleo Laine / Loesser Genius
 Frank Loesser / Frank Sings Loesser
 Harry Allen / Music from Guys and Dolls
 Ralph Sharon / Plays Frank Loesser Songbook


*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Anywhere I Wander" (Frank Loesser/1951) - (#16)
"Brotherhood of Man" (Frank Loesser/1961) - (#19)
"Can't Get out of This Mood" (Jimmy McHugh/Frank Loesser/1942) - (#29)
"How to Succeed" (Frank Loesser/1961) - (#2)
"I Believe in You" (Frank Loesser/1961) - (#2, 45)
"I Wish I Didn't Love You So" (Frank Loesser/1947) - (#18, 38)
"I'll Know" (Frank Loesser/1950) - (#10)
"If I Were a Bell" (Frank Loesser/1950) - (#13)
"Inchworm" (Frank Loesser/1951) - (#17)
"Joey, Joey, Joey" (Frank Loesser/1956) - (#7)
"The Lady's in Love with You" (Burton Lane/Frank Loesser/1939) - (#30)
"Let's Get Lost" (Jimmy McHugh & Frank Loesser/1943) - (#28)
"The Moon of Manakoora" (Alfred Newman/Frank Loesser/1937) - (#35)
"More I Cannot Wish You" (Frank Loesser/1950) - (#24)
"My Heart Is So Full of You" (Frank Loesser/1956) - (#23)
"Never Will I Marry" (Frank Loesser/1960) - (#8)
"On a Slow Boat to China" (Frank Loesser/1948) - (#9, 37)
"Sand in My Shoes" (Victor Schertzinger/Frank Loesser/1941) - (#41)
"Say It (Over and over again)" (Jimmy McHugh/Frank Loesser/1940) - (#32)
"Says My Heart" (Burton Lane/Frank Loesser/1938) - (#39)
"Sit Down, You're Rockin' the Boat" (Frank Loesser/1950) - (#46)
"Somebody Somewhere" (Frank Loesser/1956) - (#10, 34)
"Standing on the Corner" (Frank Loesser/1956) - (#5)
"Thank Your Lucky Stars" (Frank Loesser/Arthur Schwartz/1943) - (#27)
"Then I Wrote a Minuet in G" (Ludwig van Beethoven / Frank Loesser/1939) - (#33)
"What a Rhumba Does to Romance" (Manning Sherwin/Frank Loesser/1938) - (#43)
"What Are You Doing New Year's Eve?" (Frank Loesser/1947) - (#6, 40)
"Why Fight the Feeling?" (Frank Loesser/1950) - (#44)




コメント(48)

"On a Slow Boat to China"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年1948

この曲については【スタンダードソングタイトルの、名迷訳】 #57 に解説がありますので、そちらもご覧ください。

大スタンダード曲になっています。
リズのこの歌の編曲はなかなかいいですね :-)



I'd like to get you on a slow boat to China
All to myself alone
Get you and keep you in my arms evermore
Leave all your lovers weeping on the faraway shore

Out on the briny with the moon big and shinny
Melting your heart of stone
I'd love to get you on a slow boat to China
All to myself alone

Out on the briny with the moon big and shinny
Melting your heart of stone
I'd love to get you on a slow boat to China
All to myself alone
On a slow boat to China, all to myself alone

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070108
"I'll Know / Somebody Somewhere"

"I'll Know"
作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年1950
初出 : musical (stage) Guys and Dolls (1950)
https://www.ibdb.com/Production/View/1892
https://en.wikipedia.org/wiki/Guys_and_Dolls

"Somebody Somewhere"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年1956
初出 : musical (stage) The Most Happy Fella (1956)
https://www.ibdb.com/Production/View/2415
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Most_Happy_Fella

メドレイになっている曲2曲ともにフランク・レッサーが書いたミュージカルの曲で、スタンダード曲になっています。
この1950年代にはフランク・レッサーがどれだけ活躍していたかがわかります。

どちらも美しい曲ですが、リズが歌う"Somebody Somewhere"は、特にすばらしいですね。



歌詞は別項にします。


>>[10] "I'll Know"

I'll know when my love comes along
I'll know then and there
I'll know at the sight of his face
How I care, how I care, how I care
And I'll stop, and I'll stare, and I'll know
Long before we can speak

I'll know in my heart
I will know and I won't ever ask
Am I right, am I wise, am I smart?
But I but I'll stop and I'll stare
At that face in the throng

Yes, I'll know when my love comes along
That he'll stand before my eyes one day
I won't need a second glance his way

I'll know when my love comes along
I'll know then and there
I'll know at the sight of his face
How I care, how I care, how I care
And I'll stop, and I'll stare at that face in the throng
Yes, I'll know when my love comes along


歌詞の和訳は見当たりませんでした。
>>[10] "Somebody Somewhere"

Somebody loves me
Somebody loves me

Somebody somewhere
Wants me and needs me
That's very wonderful to know

Somebody lonely
Wants me to care
Wants me, of all people
To notice her there

Well, I want to be wanted
Need to be needed
And, I'll admit, I'm all aglow

'Cause somebody somewhere
Wants me and needs me
Wants lonely me
To smile and say, "Hello"

Somebody somewhere
Wants me and needs me
And that's very wonderful to know

Somebody somewhere
Wants me and needs me

Wants lonely me
To smile and say, "Hello"

Somebody somewhere
Wants me and needs me
And that's very wonderful
To know

Somebody loves me


歌詞の和訳は見当たりませんでした。

"If I Were a Bell"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年 1950

この曲はミュージカル Guys and Dolls (1950) で使われました。
https://www.ibdb.com/Production/View/1892

また映画化もされました。
Guys and Dolls (1955)
http://www.imdb.com/title/tt0048140/?ref_=fn_al_tt_1

この曲をジャズのスタンダード曲にしたのはマイルス・ディヴィスだろうというのがおおかたの見方のようです。
マイルス・ディヴィスはこの曲を何度も録音しています。
最初は彼の1956年のPrestige のマラソン・セッションのアルバムの中の Relaxin'、そして1961年の Blackhawk のライブアルバムあたりから、他にもいくつかあったように記憶しています。
この Blackhawak のアルバムに写っているのは、当時の彼の愛妻、フランですね :-)

ミュートをかけたトランペットの音色の美しさを世に広めてくれた演奏でもあります。

リズの歌唱は、若い女性のドキドキと胸がときめいている様子を上手く歌い上げています。



Are you alright? Am I alright?
Ask me, how do I feel
Ask me, now that we're cosy and clinging
Well sir, all I can say, is if I were a bell I'd be ringing

From the moment we kissed tonight
That's the way I've just gotta behave
Boy, if I were a lamp I'd light
And If I were a banner I'd wave

Ask me, how do I feel
Little me with my quiet upbringing
Well sir, all I can say is if gate I'd be swinging
And if I were a watch I'd start popping my springs
Or if I were a bell I'd go ding dong, ding dong ding

Ask me, how do I feel

image: http://static.urx.io/units/web/urx-unit-loader.gif

From this chemistry lesson I'm learning
Uh, chemistry?
Well sir, all I can say is if I were a bridge I'd be burning

Yes, I knew my moral would crack
From the wonderful way that you looked
Boy, if I were a duck I'd quack
Or if I were a goose I'd be cooked

Ask me, how do I feel
Ask me, now that we're fondly caressing
Well, if I were a salad I know I'd be splashing my dressing
Ask me, how to describe this whole beautiful thing
Well, if I were a bell I'd go ding dong, ding dong ding


歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20080406

映画の1シーンです。



>>[13] "If I Were a Bell"

1956年、マイルス・ディヴィスのアルバム Relaxin' の音源です。



Miles Davis (tp)
John Coltrane (ts)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

1961年のBlackhawk のライブアルバムの音源です。
ライブのスリルが溢れる演奏です。



Miles Davis (tp)
Hank Mobley (ts)
Wynton Kelly (p)
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)

1965年の Plugged Nickel のライブアルバムの音源です。



Miles Davis (tp)
Wayne Shorter (ts)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ds)




この曲、以前、セッションで弾いたことありますが、
当然と言えば当然ですが、歌詞があったんですね。
で、YouTube見てみたら、ブロッサム・ディアリーによる演奏がありました。
歌詞が多少違えてあるのと、ジャズの人らしくラストにVampを使ってる
(If I were bellという部分を3回繰り返す)のが印象的でした。

個人的にはスティーブ・キューンのヴィレッジ・バンガードの演奏も好きです。
かなりテーマはフェイクしまくりですが。
"Anywhere I Wander"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年 1951

この曲はミュージカル映画 Hans Christian Andersen (1952) 「邦題:アンデルセン物語」で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0044685/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Hans_Christian_Andersen_(film)
主演はダニー・ケイです。

なかなかいい曲ですね。
歌詞の和訳は見当たりませんでした。



Anywhere I wander, anywhere I roam
Till I'm in the arms of my darling again
My heart will find no home
Anywhere I wander, anywhere I roam

Her/His arms were warm as they welcomed me
Her/His eyes were a fire bright
And then I knew that my path must be
Through the ever haunted night

Anywhere I wander, anywhere I roam
Till I'm in the arms of my darling again
My heart will find no home
Anywhere I wander, anywhere I roam

Her/His voice was oh such a soft caress
Of love it gently told
And in her/his smile was the tenderness
I may never more behold

Anywhere I wander, anywhere I roam
Till I'm in the arms of my darling again
My heart will find no home
Anywhere I wander, anywhere I roam


映画の1シーンです。


"Inchworm"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年 1951

この曲もミュージカル映画 Hans Christian Andersen (1952) 「邦題:アンデルセン物語」で使われました。
>>[16] をご覧ください。

ジャズファンにとっては、ジョン・コルトレーンの熱の入った演奏を思い出させる曲ですね。

曲名は「尺取虫」という意味で、子供向けの歌詞がついています。
歌詞の和訳は見当たらなかったのですが、英語詞を眺めると意味はわかりますでしょう。

欧米のインチワームと日本の尺取虫とでは、長さの単位系が違うので、動作も少し違うかもしれません(笑)



Two and two are four
Four and four are eight
Eight and eight are sixteen
Sixteen and sixteen are thirty-two

Inchworm, inchworm
Measuring the marigolds
You and your arithmetic
You'll probably go far

Inchworm, inchworm
Measuring the marigolds
Seems to me you'd stop and see
How beautiful they are


映画のサウンドトラックです。




ジョン・コルトレーンの名演です。


"I Wish I Didn't Love You So"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年 1947

この曲はミュージカル映画 The Perils of Pauline (1947) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0039698/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Perils_of_Pauline_(1947_film)
主演はベティ・八ットンです

なかなか美しい曲です。
しかし歌詞の和訳は見当たりませんでした。



I wish
I didn't love you so
My love for you
Should have ended long ago

I wish
I didn't need your kiss
Why must your kiss
Torture me as long as this

I might be smiling by now
With some new tender friend
Smiling by now
With my heart on the mend

But when I try
Something in my heart says no
You're still there
I wish I didn't love you so

I might be smiling by now
With some new tender friend
Smiling by now
With my heart on the mend

But then I try
Something in my heart says no
You're still there
I wish I didn't love you so
I wish I didn't love you so


映画の1シーンです。



"Brotherhood of Man"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年 1961

この曲もミュージカル(舞台)How to Succeed in Business Without Really Trying (1961) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/2885

後年映画化されています(邦題: 努力しないで出世する方法)
How to Succeed in Business Without Really Trying (1967)
http://www.imdb.com/title/tt0061791/?ref_=fn_al_tt_1

このトラックには特別ゲストとして、リズの姉、アン・ハンプトン・キャラウェイが参加しています。
シブの息の合った歌唱を聴いてください。



元の歌詞は長そうなので別項にします。

>>[19] "Brotherhood of Man"

2分割します。

You see, Wally
Even though we're all a part of this cold corporate setup
Deep down under our skins there is flesh and blood
That we're all brothers

Now you may join the Elks, my friend
And I may join the Shriners
And other men may carry cards
As members of the Diners

Still others wear a Golden Key
Or small Greek letter pin
But I have learned there's one great club
That all of us are in

There is a brotherhood of man
A benevolent brotherhood of man
A noble tie that binds all human hearts and minds
Into one brotherhood of man

Your lifelong membership is free
Keep a-giving each brother all you can
Oh, aren't you proud to be in that fraternity?
The great big brotherhood of man

So Wally, I want you to remember that
Before consider firing Mr. Biggley
Whoa, whoa, who's considering that?

You see, Wally, I know what's on your mind
You'd like to clear out the whole crowd from top to bottom
That's the obvious move
But stop and think

One man may seem incompetent
Another not make sense
While others look like quite a waste
Of company expense

They need a brother's leadership
So please don't do them in
Remember mediocrity
Is not a mortal sin

They're, we're
In, in
The, the

Brotherhood of man
Dedicated to giving all we can
Oh, aren't you proud to be in that fraternity?

The great big brotherhood of man

No kidding

>>[19] "Brotherhood of Man"

続きです。

Is there really a brotherhood
(Yes, you're a brother)
Of man?
(You are a brother)
A benevolent brotherhood of man
(Oh, yes sir, yes)

A noble tie that binds all human hearts and minds
Into one brotherhood of man

Yes, your life long membership is free
Keep a-giving each brother all you can
Oh, aren't you proud to be in that fraternity?
The great big brotherhood of man

Oh, that noble feeling
Feels like bells are pealing
Down with double dealing
Oh, brother

You, you got me
Me, I got you, you

Oh, that noble feeling
Feels like bells are pealing
Down with double dealing
Oh, brother

You, you got me
Me, I got you, you

Oh, that noble feeling
Feels like bells are pealing
Down with double dealing
Oh, brother

You, you got me
Me, I got you, you

Your life long membership is free
Keep a-giving each brother all you can
Oh, aren't you proud to be in that fraternity?
The great big brotherhood of man, man, man

歌詞の和訳は見当たりませんでした。
>>[19] "Brotherhood of Man"

映画の1シーンです。



"My Heart Is So Full of You"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年 1956

この曲はミュージカル(舞台) The Most Happy Fella (1956) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/2415
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Most_Happy_Fella

リズの歌唱はミュージカル的な上手さがありますね。



My Heart Is So Full Of You
So full of you
There is no room for anything more there
My heart is so full of you
So full of you
There is no room for anything more

What other wish can I wish?
What other plan can I plan?
What other dream can dream?
And what for, whatever for?
When my heart is so full of you
So full of you
There is no room
No room in my heart for anything more

What other wish can I wish?
What other plan can I plan?
What other dream can I dream and what for, whatever for?
When my heart is so full of you
So full of you
There is no room
No room in my heart
For anything more

歌詞の和訳は見当たりませんでした。
"More I Cannot Wish You"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年1950

この曲はミュージカル(舞台) Guys and Dolls (1950) で使われました。
https://www.ibdb.com/Production/View/1892
https://en.wikipedia.org/wiki/Guys_and_Dolls

後年映画化されています。
Guys and Dolls (1955)
http://www.imdb.com/title/tt0048140/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Guys_and_Dolls_(film)
マーロン・ブランドやフランク・シナトラが出演しています。

かわいい曲ですね。



Velvet, I can wish you for the collar of your coat
And fortune smiling all along your way
But more I cannot wish you than to wish you find your love
Your own true love this day

Mansions, I can wish you, seven footmen all in red
And calling cards upon a silver tray
But more I cannot wish you than to wish you find your love
Your own true love this day

Standing there, gazing at you, full of the bloom of youth
Standing there, gazing at you with the sheep's eye
And the licorice tooth

Music, I can wish you, merry music while you're young
And wisdom when your hair has turned to gray
But more I cannot wish you than to wish you find your love
Your own true love this day

With the sheep's eye and the licorice tooth
And the strong arms to carry you away

歌詞の和訳がありました。
http://udzu.blog123.fc2.com/blog-entry-271.html

映画のシーンを探し出せませんでした。
ブロードウェイのオリジナルキャストの音源となっています。



これで

Liz Callaway / Anywhere I Wander: Liz Callaway Sings Frank Loesser

の、全トラックが紹介できました。

リズ・キャラウェイのミュージカル女優としての歌の上手さがタップリと堪能できたことと思います。

また、フランク・レッサーが書いた曲が、ジャズの有名なスタンダード曲になっていることが判ってきましたね :-)

フランク・レッサーのソングブックはいくつか掘り起こせています。
フランク・レッサー自身が自作曲を歌っているアルバムは希少品価格がついているようで、手が出せませんが、他のアルバムのなかから、追い追い紹介できるものがあるだろうと思っています。
みなさんもリソースをお持ちのものがございましたら、ぜひ継続してご紹介ください。

次はこれにしましょう。

Rebecca Kilgore and Dave Frishberg / Why Fight the Feeling: Songs by Frank Loesser

Label : Arbors Records Inc.

Recorded at July 24 and 25, 2007 at Heavywood Studios, Lake Oswego, OR


1. Thank Your Lucky Stars (Frank Loesser / Arthur Schwartz)
2. Let's Get Lost (Frank Loesser / Jimmy McHugh)
3. Can't Get out of This Mood (Frank Loesser / Jimmy McHugh)
4. The Lady's in Love with You (Burton Lane / Frank Loesser)
5. Say It (Frank Loesser / Jimmy McHugh)
6. Then I Wrote a Minuet in G (Ludwig van Beethoven / Frank Loesser)
7. Somebody, Somewhere (Frank Loesser)
8. The Moon of Manakoora (Frank Loesser)
9. On a Slow Boat to China (Frank Loesser)
10. I Wish I Didn't Love You So (Frank Loesser)
11. Says My Heart (Burton Lane / Frank Loesser)
12. What Are You Doing New Year's Eve? (Frank Loesser)
13. Sand in My Shoes (Frank Loesser / Victor Schertzinger)
14. What a Rhumba Does to Romance (Frank Loesser / Manning Sherwin)
15. Why Fight the Feeling? (Frank Loesser)
16. I Believe in You (Frank Loesser)
17. Sit Down, You're Rockin' the Boat (Frank Loesser)

Musicians.

Rebecca Kilgore (vo)
Dave Frishberg (p)


このアルバムにはフランク・レッサーが自身で作曲・作詞をした曲と、 アーサー・シュワルツ、ジミー・マクヒュー、バートン・レイン、ヴィクター・シャーツィンガー、マニング・シャーウィンと組んで作った曲が収録されています。
組んだ相手が作曲も作詞も手がける人がいるので、どちらが分担したのか、協業したのか悩ましそうなところがありますが、おいおいわかる範囲で調べてみましょう。


レベッカ・キルゴアについては【気になる現代の歌姫たち】 #68 をご覧ください。
また、他のトピで既に登場しています。

ディヴ・フリシュバーグについてはこちらをご覧ください。
David "Dave" Frishberg (born March 23, 1933)
https://en.wikipedia.org/wiki/Dave_Frishberg
また、【愛しちゃったのよ! その3】 #387- で取り上げています"Peel me a grape (1962)) を書いた人で、ピアニスト、作曲家、作詞家、歌手でもあります。

この二人はよく一緒に仕事をしているようです。



"Thank Your Lucky Stars"

作曲 : Frank Loesser
作詞 : Arthur Schwartz
作曲年 1943

この曲は映画 Thank Your Lucky Stars (1943) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0036422/
https://en.wikipedia.org/wiki/Thank_Your_Lucky_Stars_(film)

Arthur Schwartz (November 25, 1900 – September 3, 1984) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Arthur_Schwartz


Lucky Stars と、複数形になっているところに注目しておくべきでしょうか。

レベッカの明るい歌声が聴けます。



How's your love life?
Well thank your lucky stars,
Yes thank your lucky stars,
It's doin' fine!
Keep your love life
As sweet as candy bars,
And thank your lucky stars
Like I thank mine.

Everybody's livin' on less and less,
But you're okay, you big success!

You've got to love life,
And that's the only thing
They won't be rationing,
They don't know how!
So thank your lucky stars right now!

Everybody's livin' on less and less,
But you're okay, you big success!

You've got to love life,
And that's the only thing
They won't be rationing,
They don't know how!
So thank your lucky stars right now!

歌詞の和訳が載っているサイトは見当たりませんでした。

映画の1シーンのようです。



1943年というと、第二次世界大戦中になります。

"Let's Get Lost"

作曲 : Jimmy McHugh
作詞 : Frank Loesser
作曲年 1943

この曲は映画 Happy Go Lucky (1943) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0035969/?ref_=fn_al_tt_5

この曲は非常によく知られたスタンダード曲ですね。
フランク・レッサーとのコンビで書いた曲ですが、曲と詞を完全分業にしたものではないだろうと想像しています。
この有名曲は、ジミー・マクヒューのソングブックとよくかぶります ^^;

『ずらかろうよ』という意味の曲名です。
(みなさんもこの"Let's Get Lost"という表現を使ってみませんか)

この曲は【ジミー・マクヒュー ソングブック】 #2, #20 でも登場しています。



Let's get lost, lost in each other's arms
Let's get lost, let them send out alarms
And though they'll think us rather rude
Let's tell the world we're in that crazy mood.
Let's defrost in a romantic mist
Let's get crossed off everybody's list
To celebrate this night we found each other, mmm, let's get lost

Let's defrost in a romantic mist
Let's get crossed off everybody's list
To celebrate this night we found each other, mm, let's get lost
oh oh, let's get lost"

歌詞の和訳があります。
http://homepage2.nifty.com/jazzsong/Song44.html
"Can't Get out of This Mood"

作曲 : Jimmy McHugh
作詞 : Frank Loesser
作曲年 1942

この曲は映画 Seven Days' Leave (1942) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0035307/?ref_=fn_al_tt_2

ジミー・マクヒューとフランク・レッサーのコンビは、ジミーが作曲、フランクが作詞というパターンが多いのかもしれません。

なかなか美しい曲です。
歌詞の和訳が見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

レベッカは切々と歌っています。



INTRO
All day long before my eyes come little visions of you
They shouldn't, they mustn't, but they do, they do

And I can't get out of this mood, can't get over this feeling
Can't get out of this mood, last night your lips were too appealing
The thrill should have been all gone by today in the usual way
But it's only your arms I'm out of

Can't get out of this dream, what a fool I was to dream of you
'twasn't part of my scheme to sigh and tell you that I love you
But I'm sayin' it, I'm playin' it dumb
Can't get out of this mood, heartbreak, here I come

(instrumental break-first 2 lines of first verse)

The thrill should have been all gone by today in the usual way
But it's only your arms I'm out of

Can't get out of this dream, what a fool I was to dream of you
'twasn't part of my scheme to sigh and tell you that I love you
But I'm sayin' it, yes, I'm playin' it dumb
Can't get out of this mood, heartbreak, here I come

This mood, can't get out of this mood, can't get out of this mood

映画のトレーラーがありました。
1942年というと第二次世界大戦中です。
戦意高揚的な映画なのでしょうが、これだけのものを作ってしまうのが当時の米国だったのですね。



"The Lady's in Love with You"

作曲 : Burton Lane
作詞 : Frank Loesser
作曲年 1939

スタンダード曲で、グレン・ミラー楽団のヒット曲です。
楽しい曲です。



If there's a gleam in her eye
Each time she straightens your tie,
You know the lady's in love with you!
If she can dress for a date
Without that waiting you hate,
It means the lady's in love with you!

And when your friends ask you over to join their table,
But she picks that faraway booth for two,
Well sir, here's just how it stands,
You've got romance on your hands,
Because the lady's in love with you!

If you've been travellin' by 'plane
And she says, "Please take the train!",
You know the lady's in love with you!
And if she has met your old flames
And she remembers their names,
It means the lady's in love with you!

And Sunday night, when you take her to see that movie,
And she says the gallery seats will do,
Well, here's just how it stands,
You got romance on your hands,
'Cause the lady's in love with you!
The lady is me, and I'm in love with you!
So in love with you!
Je vous aime beaucoup!


歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song151.html

グレン・ミラー楽団の音源です。
グレン・ミラーとテックス・ベネキーの掛け合いの声が入っています。


>>[30] "The Lady's in Love with You"

テックス・ベネキー (Tex Beneke) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Tex_Beneke


Tex は「テックス」とよむのが一般的で、これを TeX と書いて「テフ」と読ませるのはかなりマニアックなものなのでしょうね > 奥村晴彦先生

https://gihyo.jp/book/2013/978-4-7741-6045-0

"Say It (Over and over again)"

作曲 : Jimmy McHugh
作詞 : Frank Loesser
作曲年 1940

この曲は映画 Buck Benny Rides Again (1940) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0032289/?ref_=fn_al_tt_1

ジャズファンにとってはジョン・コルトレーンのアルバム Ballads(1963) の最初のトラックに入っているのでよく知られた曲ですね

ある人は、コルトレーンがこの曲を取り上げて再評価されなかったら、忘れられてしまった曲かもしれないと言っていますが、いかがなものでしょうか?

デイヴ・フリッシュバーグとレベッカの2人だけの演唱だと、(コルトレーンの演奏とは)また違った曲に聞こえてきます。



Say it over and over again, over and over again,
Never stop saying you're mine.
Say it, ever and ever so sweet, ever and ever so sweet
Just like an old valentine.
When you say I love you, the same old I love you,
They whisper in stories and plays,
You can change I love you, the same old I love you,
To oh such a heavenly phrase.
So say it softly and gently and then, over and over again,
Never stop saying you're mine.


歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20081102


ジョン・コルトレーンの演奏です。


"Then I Wrote a Minuet in G"

作曲 : Ludwig van Beethoven / Frank Loesser
作詞 : Frank Loesser
作曲年 1939

この曲は映画 Hawaiian Nights (1939) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0031408/?ref_=fn_al_tt_1

お聴きになってわかりますように、ベートーヴェンのメニュエット ト長調そのものに少し手を加えただけです。
歌詞はフランク・レッサーが書いています。

レベッカはニックネームを Becky というようなのですが、この歌詞を彼女が気に入って、このアルバムに取り入れることにしたようです。

といいながら、歌詞を探し出せませんでした。
じっくりとヒアリングしてください。




ベートーヴェンのメニュエット ト長調 です。


"Somebody, Somewhere"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年 : 1956

この曲はミュージカル(舞台) The Most Happy Fella (1956) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/2415
Fella というのは Fellow のことです。

歌詞は >>[10] をご覧ください。

レベッカとデイヴはこの曲をあんまり手を加えずにストレートに(元の曲のまま)演唱することを狙ったそうです。




1956年の舞台で歌った Jo Sullivan の音源がありました。



"The Moon of Manakoora"

作曲 : Alfred Newman
作詞 : Frank Loesser
作曲年 1937
ora" is considered a standard.

この曲は映画 The Hurricane (1937) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0029030/?ref_=fn_al_tt_2
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Hurricane_(1937_film)

スタンダード曲になっています。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、歌詞をじっくりと眺めて下さい。



The moon of Manakoora filled the night
With magic Polynesian charms
The moon of Manakoora came in sight
And brought you to my eager arms

The moon of Manakoora soon will rise again
Above the island shore
Then I'll behold it in your dusky eyes
And you'll be in my arms once more.

1937年の映画 The Hurricane の中で Dorothy Lamour が歌っていました。
その音源です。
映画のシーンは見当たりませんでした。


>>[35] "The Moon of Manakoora"

この曲の背景になっているマナクーラ島というのは、南太平洋の架空の島の名前として映画で使われたものだそうです。


"On a Slow Boat to China"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年1948

曲情報については >>[9] をご覧ください。

レベッカが歌う出だしが面白いですね。



"I Wish I Didn't Love You So"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年 1947

曲情報については >>[18] をご覧ください。

レベッカの歌い方がかわいいですね :-)



"Says My Heart"

作曲 : Burton Lane
作詞 : Frank Loesser
作曲年 1938

この曲は映画 Cocoanut Grove (1938) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0030000/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Cocoanut_Grove_(film)

1938年に大ヒットした曲のようです。
多くの人たちが1938年に残した録音があります。

楽しい局ですね :-)
ビリー・ホリデイも歌っていました。

レベッカも楽しげに歌っています。

ヴァースの歌詞は探し出せませんでした。



Fall in love, fall in love, says my heart
Take a chance, it's romance says my heart
But each time that I'm almost in your arms
This old school teacher brain of mine
Keeps ringing in false alarms

Then my head rules instead then I'm wise
To the scheme of that gleam in your eyes
So I kiss and then I run but the moment that I'm done
Oh, you fool, that was love, says my heart.

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song119.html


映画のクリップが見当たりませんでしたので、ビリー・ホリデイ1938年の音源を聴いて見ましょう。



"What Are You Doing New Year's Eve?"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年 1947

曲情報については >>[6] をご覧ください。

この時期にふさわしい、心に迫ってくる曲ですね :-)


"Sand in My Shoes"

作曲 : Victor Schertzinger
作詞 : Frank Loesser
作曲年 1941

この曲は映画 Kiss the Boys Goodbye (1941) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0033791/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Kiss_the_Boys_Goodbye

作曲者のヴィクター・シャーツィンガーはこの映画の監督でもあるのです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Victor_Schertzinger
この才能の組み合わせの人は少ないでしょうね。

なかなか素敵な曲です。




Sand in my shoes, sand from Havana
Calling me to that ever so heavenly shore
Calling me back to you once more

Dreams in the night, dreams of Havana
Dreams of a love I hadn't the strength to refuse
Darling, the sand is in my shoes

Deep in my veins the sensuous strains
Of the soft guitar, deep in my soul
The thunderous roll of a tropic sea
Under the stars that was Havana

You are the moonlit memory I can't seem to lose
That's why my life's an endless cruise
All that is real is the feel of the sand in my shoes

Deep in my veins the sensuous
Strains of the soft guitar, deep in my soul
The thunderous roll of a tropic sea
Under the stars that was Havana

You are the moonlit memory I can't seem to lose
That's why my life's an endless cruise
All that is real is the feel of the sand in my shoes
All that is real is the feel of the sand in my, in my shoes

映画のクリップはあったのですが、この曲が登場するシーンは見当たりませんでした。





>>[41] "Sand in My Shoes"


歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song319.html

ヴァース部の歌詞は探し出せませんでした。
"What a Rhumba Does to Romance"

作曲 : Manning Sherwin
作詞 : Frank Loesser
作曲年 1938

この曲は映画 College Swing (1938) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0030002/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/College_Swing

作曲者の Manning Sherwin (January 4, 1902 – July 26, 1974) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Manning_Sherwin

さて、曲名に "Rhumba" が入っていますが、これはいわゆる「ルンバ」(Rumba) とは音楽的に別のものになります。

Rhumba
https://en.wikipedia.org/wiki/Rhumba

Rumba
https://en.wikipedia.org/wiki/Rumba

簡単に説明しますと "Rumba" は、キューバのアフリカ系住民(元は奴隷としてつれてこられた)からうまれた音楽です。

一方 "Rhumba" はキューバの地の音楽「ソン」を元にして生まれた音楽で、この「ソン」は「サルサ」の原型であるとされています。
一般的に「ルンバ」と呼ばれるのはこの系統の音楽のようです。

実際にどのように違うかというのは、相当にこの手の音楽を聴きこんでいないと判別し難いもののようです。
ラテン音楽にお詳しい方、掘り下げた解説をお願いします。

(話は少し脱線しますが、キューバを始めとする中南米にアフリカ系土人が連れてこられたのは、スペインが南米大陸に侵攻し植民地化を進めたときに、現地人を殺しすぎて、労働力が足りなくなり、アフリカ系奴隷をつれてきて使うようになったとされています─このあたりは南米大陸の歴史をいくつかご覧になってください)


この曲の歌詞は探し出せませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。



映画の1シーンです。


"Why Fight the Feeling?"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年 1950

この曲は映画 Let's Dance (1950) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0042674/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Let%27s_Dance_(1950_film)
主演はフレッド・アステアとベティ・ハットンです。

この曲も歌詞を探し出せませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。

アルバムタイトルになっています。




映画丸ごとの動画がありました。
1時間51分ほどあります。
オープニングに流れているのはこの曲ですね。


"I Believe in You"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年 1961

曲情報については >>[2] をご覧ください。



"Sit Down, You're Rockin' the Boat"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年 1950

この曲はミュージカル(舞台) Guys and Dolls (1950) で使われました。
https://www.ibdb.com/Production/View/1892
https://en.wikipedia.org/wiki/Guys_and_Dolls
このミュージカルは大人気になって1200回も公演されたそうです。

後年映画化されています。
Guys and Dolls (1955)
http://www.imdb.com/title/tt0048140/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Guys_and_Dolls_(film)
マーロン・ブランドやフランク・シナトラが出演しています。




Guys and Dolls Original Broadway の音源だそうです。




歌詞は文字数の関係で次の項にします。



>>[46] "Sit Down, You're Rockin' the Boat"

I dreamed last night I got on the boat to Heaven
And by some chance I had brought my dice along
And there I stood and I hollered, "Someone fade me"
But the passengers, they knew right from wrong

For the people all said, Sit down
Sit down, you're rockin' the boat
People all said, Sit down
Sit down, you're rockin' the boat

And the Devil will drag you under
By the sharp lapel of your checkered coat
Sit down, sit down, sit down, sit down
Sit down you're rockin' the boat

I sailed away on that little boat to Heaven
And by some chance found a bottle in my fist
And there I stood, Nicely passin' out the whisky
But the passengers were bound to resist

For the people all said, Beware
You're on a heavenly trip
People all said, Beware
Beware, you'll scuttle the ship

And the Devil will drag you under
By the fancy tie 'round your wicked throat
Sit down, sit down, sit down, sit down
Sit down, you're rockin' the boat

And as I laughed at those passengers to Heaven
A great big wave came and washed me overboard
And as I sank and I hollered, "Someone save me"
That's the moment I woke up, thank the Lord

And I said to myself, Sit down
Sit down, you're rockin' the boat
Said to myself, Sit down
Sit down, you're rockin' the boat

And the Devil will drag you under
With a soul so heavy you'd never float
Sit down, sit down, sit down
Sit down, sit down, you're rockin' the

Sit down, you're rockin', rockin' the boat
Sit down, you're rockin', rockin' the boat
Sit down, you're rockin', rockin' the boat
Sit down, you're rockin', rockin' the boat

Sit down, you're rockin', rockin' the boat
Sit down, you're rockin', rockin' the boat
Sit down, you're rockin', rockin' the boat
Sit down, you're rockin', rockin' the boat
Sit down, you're rockin', rockin' the boat

Sit down, you're rockin' the boat

歌詞の和訳があります。
http://blog.livedoor.jp/zukanikki/archives/1038796289.html
これで

Rebecca Kilgore and Dave Frishberg / Why Fight the Feeling: Songs by Frank Loesser

の全トラックが紹介できました。

フランク・レッサーのソングブックはもう少し掘り起こしてありますので、リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、続けて展開をお願いします。

ログインすると、残り8件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。