ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > チャールス・ミンガス ソングブ...

Standard Jazz Songコミュのチャールス・ミンガス ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Charles Mingus (April 22, 1922 – January 5, 1979)
https://en.wikipedia.org/wiki/Charles_Mingus

ベースの巨人チャールス・ミンガスは、長年に渡って独自のスタイルを貫き、自身のベース奏者としてのスタイルだけではなく、自身のバンドでチャールス・ミンガス特有の音楽を追求してきました。

チャールス・ミンガスは、デューク・エリントンがビッグバンドで出しているサウンドを、小編成のコンボで出そうとしたといわれています。


チャールス・ミンガス自身は実に多くのアルバムを出しています。

All Music (Discography)
http://www.allmusic.com/artist/charles-mingus-mn0000009680/discography

Discogs
https://www.discogs.com/ja/artist/200815-Charles-Mingus


チャールス・ミンガス自身が書いた『ミンガス?自伝・敗け犬の下で』 (Beneath the Underdog/1971) という書籍があります。




------------- この項は推敲中です。 -----






*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#84 - Steve Lacy / Spirit of Mingus / Free Lance / 1991
#75 - Kevin Mahogany / Pussy Cat Dues: The Music of Charles Mingus / Enja Records / 1995
#55 - Mingus Big Band / Que Viva Mingus! / Disques Dreyfus / 1997.
#44 - Mingus Big Band / Gunslinging Bird / Disques Dreyfus / 1994 - 1995.
#32 - Charles Mingus / Mingus Dynasty / Columbia / 1959
#19 - Mingus Dynasty / Next Generation Performs Charles Mingus Brand New Compositions / Columbia / 1993
#11 - Mingus Dynasty / Chair in the Sky / ELEKTRA / 1979.
#1 - Judy Niemack / Mingus, Monk & Mal / JPR Productions / 1994


*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Charles Mungus Songbook】
 Frank Lacy / Ku-umba Frank Lacy / Mingus Big Band / Mingus Sings
 Gunther Schuller / Epitaph
 Lincoln Center Jazz Orchestra / Don't Be Afraid: The Music of Charles Mingus
 Mal Waldron / Mingus Lives
 Mingus Big Band / Mingus Big Band 93: Nostalgia in Times Square
 Mingus Big Band / Live in Time
 Mingus Big Band / Blues & Politics
 Mingus Big Band / Tonight at Noon: Three of Four Shades of Love
 Mingus Big Band / I Am Three
 Mingus Big Band / Live in Tokyo
 Mingus Big Band / Live at Jazz Standard
 Mingus Dynasty / Live at Montreux
 Mingus Dynasty / Live at the Village Vanguard
 Mingus Dynasty / Live at the Theatre Boulogne-Billancourt, Paris, Vol. 2
 Mingus Dynasty / Mingus' Sounds of Love
 Mingus Dynasty / Live at the Theatre Boulogne-Billancourt, Vol. 1
 Mingus Dynasty / At the Bottom Line
 Mingus Dynasty / Reincarnation
 宮間利之とニュー・ハード / 負け犬の下で―チャーリー・ミンガスに捧ぐ―


*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Bad Cops" (George Adams/Charles Mingus/1993) - (#29)
"Better Git Hit In Your Soul" (Charles Mingus/1959) - (#80)
"Boogie Stop Shuffle” (Charles Mingus/1959) - (#12, 80)
"Celia" (Charles Mingus/1963) - (#51)
"A Chair in the Sky" (Charles Mingus/Joni Mitchell/1979) - (#13)
"Cumbia & Jazz Fusion" (Charles Mingus/1978) - (#56)
"Diane" (Charles Mingus/1959) - (#34)
"Dizzy Moods" (Charles Mingus/1957) - (#69)
"The Dry Cleaner from des Moines" (Charles Mingus/Joni Mitchell/1979) - (#16)
"Duke Ellington's Sound of Love" (Charles Mingus/Charles Mingus/1974) - (#3)
"Eat That Chicken" (Charles Mingus/1962) - (#72)
"Eclipse" (Charles Mingus/Charles Mingus/1960) - (#9, 76)
"Fables of Faubus" (Charles Mingus/1959) - (#49)
"Farewell Farwell" (Charles Mingus/1978) - (#26)
"Far Wells, Mill Valley" (Charles Mingus/1959) - (#38, 68)
"Free Cell, Block F..." (Charles Mingus/1975) - (#91)
"Goodbye Pork Pie Hat" (Charles Mingus/1959) - (#17, 80)
"Gunslinging Bird" (Charles Mingus/1959) - (#36, 45)
"Harlene" (Charles Mingus/1979) - (#24)
"Hog Callin' Blues" (Charles Mingus/1962) - (#52)
"I X Love" (Charles Mingus/1963) - (#88)
"Jelly Roll" (Charles Mingus/1959) - (#80)
"Jump Monk" (Charles Mingus/1955) - (#50)
"Los Mariachis" (Charles Mingus/1957) - (#67)
"Love Chant" (Charles Mingus/1956) - (#71)
"Mood Indigo" (Duke Ellington & Barney Bigard/Barney Bigard & Irving Mills/1930 - (#40)
"Moods in Mambo" (Charles Mingus/????) - (#66)
"My Jelly Roll Soul" (Charles Mingus/1959) - (#14)
"New Now Know How" (Charles Mingus/1959) - (#39)
"Noon Night (Nouroog)" (Charles Mingus/1957) - (#28, 51)
"O.P. (Oscar Pettiford)" (Charles Mingus/1960) - (#47)
"Opus Four" (Charles Mingus/1973) - (#23)
"Opus Three" (Charles Mingus/1973) - (#25)
"Peggy's Blue Skylight" (Charles Mingus/1962) - (#85)
"Please Don't Come Back from the Moon (Pinky)" (Charles Mingus/1959) - (#48)
"Pilobolus" (Charles Mingus/1978) - (#30)
"Pithycanthropus Erectus" (Charles Mingus/1956) - (#90)
"Portrait" (Charles Mingus/1950's) - (#22, 78)
"Pussy Cat Dues" (Charles Mingus/1959) - (#77)
"Reincarnation of a Lovebird" (Charles Mingus/1957) - (#46, 79, 89)
"Self-Portrait in Three Colors" (Charles Mingus/1959) - (#86)
"Sketch Four" (Charles Mingus/1979) - (#21)
"Slippers" (Charles Mingus/1957) - (#70)
"Slop" (Charles Mingus/1959) - (#33)
"Song With Orange" (Charles Mingus/1959) - (#35)
"Started Melody" (Charles Mingus/????) - (#53)
"Strollin' (Nostalgia in Times Square)" (Charles Mingus/Nat Gordon/1959) - (#6, 87)
"Sweet Sucker Dance" (Charles Mingus/Joni Mitchell/1979) - (#15)
"Things Ain't What They Used to Be" (Mercer Ellington/Ted Persons/1942) - (#37)
"Tijuana Gift Shop" (Charles Mingus/1957) - (#65)
"Tonight at Noon" (Charles Mingus/1957) - (#82)
"Wham Bam Thank You Ma'am" (Charles Mingus/1962) - (#27)
"Ysabel's Table Dance" (Charles Mingus/1957) - (#73)


コメント(91)

"Hog Callin' Blues"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1962

この曲は1962年のアルバム Oh Yeah が初収録になります。
https://en.wikipedia.org/wiki/Oh_Yeah_(Charles_Mingus_album)

いかにもチャールス・ミンガスらしい曲名なのですが、どこかで訊いたような旋律が混ざっていますね。
これだけブタの擬音を演奏するのは、誰かを茶化しているのかもしれませんが、調べ切れませんでした。

演奏の中身はなかなかすばらしい出来です。



チャールス・ミンガスの音源です。



Charles Mingus (p, b)
Rahsaan Roland Kirk (reeds) ← 注目して聴いてください
Booker Ervin (ts)
Jimmy Knepper (tb)
Doug Watkins (b)
Dannie Richmond (ds)
"Started Melody"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 ????

この曲はチャールス・ミンガスがピアノのために書いた曲だそうです。

ピアノ演奏は Kenny Drew, Jr. です。
編曲は Gunther Schuller です。

この曲は、ミンガスの死後、1989年に録音されたアルバム Epitaph に入っているのですが、チャールス・ミンガス自身が演奏した録音があるのかどうかは調べきれませんでした。
https://en.wikipedia.org/wiki/Epitaph_(Charles_Mingus_composition)

この Epitaph はスー・ミンガスの働きで、ガンサー・シュラーを編曲者に迎え録音されています。

Gunther Alexander Schuller (November 22, 1925 – June 21, 2015)
https://en.wikipedia.org/wiki/Gunther_Schuller



ガンサー・シュラーが指揮する Epitaph の独でのライブ動画がありました。

Epitaph は、元々は1962年のタウン・ホール・コンサートのスコアなのですが、このときに参加していた穐吉敏子さんが、このコンサートは大変な混乱のうちに終わったと何かの雑誌に書いていたのを読んだ記憶があります(かなりいい加減な記憶です)
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Complete_Town_Hall_Concert



これで
Mingus Big Band / Gunslinging Bird
の全トラックが紹介できました。

Mingus Big Band にはアルバムがたくさんあり、中には希少品価格が付いているものもあります。

この楽団の全アルバムの紹介は難しいと思いますが、Ronnie Cuber (bs) の演奏が入ったすばらしいアルバムがあったと思います。

ボチボチと続けていきましょう。
次はこれにしましょう。

Mingus Big Band / Que Viva Mingus!

Label : Disques Dreyfus

Recorded in September 8 & 9, 1997.

1. Cumbia & Jazz Fusion
2. Tijuana Gift Shop
3. Moods in Mambo
4. Los Mariachis
5. Far Wells, Mill Valley
6. Dizzy Moods
7. Slippers
8. Love Chant
9. Eat That Chicken
10. Ysabel's Table Dance

Musicians.
(tp)
Randy Brecker (1-10),
Earl gardner (1-10),
Alex Sipiagin (1, 3, 5, 6, 7, 8, 9, 10),
Ryan Kisor (2, 4)

(tb)
Ku-umba Rank Lacy (1-10),
Earl Mcintyre (bass tb, 1, 2+tuba, 4, 5+tuba, 6, 7, 8, 9, 10),
Clark Gayton (2, 3, 4, 6, 7, 8, 9),
Steve Turre (1_shells, 5, 10),
Dave Taylor (bass tb, 3)

(Reeds)
Ronnie Cuber (bs, 1-10),
John Stubblefiels (ts, 1, 2+fl, 3, 4, 5-fl only, 6, 7, 8, 9, 10),
Seamus Blake (ts, 2+ss, 3, 6, 8, 9, 10),
Mark Shim (ts, 1, 5, 7),
David Sanchez (ts, 4)
Steve Slagle (as, 1+ss, 2+fl, 3+fl, 4, 5+lead flute, 6, 7, 8, 9, 10)
Chris Potter (as, 1, 3+ss, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10),
Vincent Herring (as, 3)

(Rhythm section)
David Kikowski (p, 1, 2, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10),
Andy McKee (b, 1, 5, 10)
John Benitez (b, 2, 3, 4, 6, 7, 8, 9),
Adam Cruz (ds, 2, 3, 4, 6, 7, 8, 9),
Gene Jackson (ds, 1, 5, 10),
Steve Berrios (percussion, 2, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 9),
Milton Cardona (congas, 1, 2, 3, 4, 5),
La Conja (castanets & vocals, 10)

チャールス・ミンガスはラテン音楽の要素を自身の音楽に取り込んだアルバムをいくつか出しています。

このアルバムはその手の曲を集めたもので、ラテン音楽の多様なリズム、スタイルを取り入れた曲で構成されています。

ロニー・キューバ (bs) がバンドのリーダーになり、編曲も提供しています。

アルバムにはタイトルが iQue Viva Mingus! とあるのですが google さんはあんまりいい翻訳を返してくれませんでした。
スペイン語ないしポルトガル語にお詳しい方がいらっしゃいましたら、タイトルの解説をいただけませんでしょうか。









"Cumbia & Jazz Fusion"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1978

この曲はチャールス・ミンガスの同名のアルバムが初録音になるようです。

「クンビア」(Cumbia) というのはコロンビアに伝統的に伝わる音楽で、コロンビアを代表する音楽とされています。

蛇足ですが、コロンビアについてはこちらをご覧ください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/コロンビア

17:28 と、長いトラックです。



arranged by Sy Johnson

Solos:
Steve Turre (shells)
Steve Slagle (ss)
John Stubblefiels (ts, vo)
Ku-umba Frank Lacy (vo)
David Kikowski (p)
Randy Brecker (tp)

チャールス・ミンガスの音源です。
約28分の長さです。
彼自身の、最後の、主要な録音になります。
ここにかなり詳しい解説があります。
http://www.banshodo.com/webook/jazznight/099_Charles_Mingus.html



Bass, Contrabass Clarinet – Gary Anderson
Bassoon – Gene Scholtes
Congas – Alfredo Ramirez, Candido Camero*, Daniel Gonzalez, Ray Mantilla
Drums – Dannie Richmond
Flute, Piccolo Flute, Soprano Saxophone, Alto Saxophone – Mauricio Smith
Oboe, Tenor Saxophone – Paul Jeffrey
Percussion [Latin] – Bradley Cunnigham
Piano – Bob Neloms
Tenor Saxophone, Percussion [Latin] – Ricky Ford
Trombone, Bass Trombone – Jimmy Knepper
Trumpet, Percussion [Latin] – Jack Walrath
Written-By, Double Bass, Vocals, Percussion [Latin] – Charles Mingus

>>[44]
Mingus Big Band / Gunslinging Bird
の動画がほとんど消えてしまっていますね。
Youtube はこのように、残念ならがデータとしての安定性がありません。

消えているのは、私が上げたデータではないのですが、どれか一つのデータに問題があったとき、その上げた人の全ての動画が削除されてしまいます。
問題のない動画まで削除されてしまうのです。

わたし自身、いくばくかの動画を上げていますので、このあたりには注意を払っているつもりなのですが、いつなんどき思いがけない事態が発生するかどうかは判りません。

このコミュニティは資料的な要素を大切にしていますので、消えてしまっている動画もいずれ新たに上げてみようと思っています。


>>[33]

"Slop"

動画が消えていましたので、別の動画へのリンクです。


>>[45]

"Gunslinging Bird"

動画が消えていましたので、別の動画へのリンクです。


>>[46]

"Reincarnation of a Lovebird"

動画が消えていましたので、別の動画へのリンクです。


>>[48]

"Please Don't Come Back from the Moon (Pinky)"

動画が消えていましたので、別の動画へのリンクです。


>>[51]

"Noon Night/Celia Medley"

動画が消えていましたので、別の動画へのリンクです。



>>[52] "Hog Callin' Blues"


動画が消えていましたので、別の動画へのリンクです。



>>[53] "Started Melody"


動画が消えていましたので、別の動画へのリンクです。



"Tijuana Gift Shop"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1957

この曲は1957年録音のアルバム Tijuana Moods に収録されているのですが、このアルバムは1962年までリリースされませんでした。
ジャケット画像をご覧いただくと判ると思うのですが、"Charlie Mingus" と印刷してあります。
これにチャールス・ミンガスが立腹してしまったのです。
「チャーリー」は馬の名前だ、人間の名前じゃない!俺は「チャールス」だ!
という訳です。

この曲はスペインのリズムを用いているそうなのですが、お詳しい方がいらっしゃいましたら解説をいただけませんでしょうか。

Solos: Ryan Kisor (tp), Vincent Herring (as)




チャールス・ミンガスの音源です。



"Moods in Mambo"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 ????

この曲はチャールス・ミンガスの死後1989年に録音・リリースされたアルバム Epitaph に収録されているのですが、作曲年を調べきれませんでした。

"mambo" 元々はキューバの音楽とダンス・スタイルの一種なのですが、この音楽にアフロ・アメリカンの種々の音楽が混ざり合って、1950年代に世界的に流行した「マンボ」になりました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Mambo_(music)

しかし、この演奏を聴いて体が自然に踊りだしますか?



アルバム Epitaph の音源です。



マンボ・ダンスのレッスン動画がありました。



"Los Mariachis"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1957

マリアッチというのはメキシコ西部に18世紀ごろから伝わる伝統音楽の様式です。
20世紀初頭にメキシコシティに伝わり、20世紀中旬には映画音楽にも使われるぐらいに広まりました。
米国のメキシコ移民がこの音楽を米国に伝え、米国内でも広がったとされています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Mariachi


この曲は1957年録音のアルバム Tijuana Moods に収録されていのですが、アルバムについては>>[65] をご覧ください。



チャールス・ミンガスの音源です。


"Far Wells, Mill Valley"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1959

曲情報については>>[38] をご覧ください。



"Dizzy Moods"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1957

この曲は1957年録音のアルバム Tijuana Moods に収録されています。

アフロ=キューバン・リズムの曲になります。
アフロ=キューバン・リズムというのはビバップとキューバ系のリズムを組み合わせたものと分類されているようです。

Dizzy: めまぐるしい というような意味になります。

ソロは
Ronnie Cuber (bs)
Randy Brecker (tp)
David Kikowski (p)




チャールス・ミンガスの音源です。


"Slippers"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1957

ライナーノーツによりますとマンボのリズムになるそうです。
1957年のアルバム A Modern Jazz Symposium of Music and Poetry が初録音になるようです。

少しだけ紛らわしい曲名に "The Shoes of the Fisherman's Wife Are Some Jive Ass Slippers" と言うのがありますが、別の曲です。

余談になりますが Jive Ass .... というのはジャズメンが使うスラングで "The JAMFs Are Coming (Jive Ass Mother Fucker)" と言う曲を”リトル・ジャイアント”ジョニー・グリフィンが書いています。
これを、あの!ロベルタ・ガンバリーニ様が "You Ain't Nothing But a J.A.M.F." という曲名で歌っています。
だいぶ脱線しました(汗)



Charles Mingus - A Modern Jazz Symposium Of Music And Poetry (1957) (Full Album)です。
"Slippers" は 31:50 から始まります。



Charles Mingus - The Shoes of the Fisherman's Wife Are Some Jive Ass Slippers も聴いておきましょう。



ついでに Johnny Griffin 1971 - The JAMFs Are Coming も聴いておきましょう。



さらについでに Roberta Gambarini - You Ain't Nothing But a JAMF です。



"Love Chant"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1956

この曲はみなさんよくご存じのチャールス・ミンガスのアルバム Pithecanthropus Erectus (直立猿人)の4トラック目に入っていた曲です。

"chant" というのは「詠唱、唱和」というような意味になるようです。

ソロは
Ku-umba Frank Lacy (tb)
John Stubblefield (ts)
Randy Brecker (tp)



チャールス・ミンガスの音源です。






"Eat That Chicken"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1962

この曲は1962年のアルバム Oh Yeah が初収録になります。
https://en.wikipedia.org/wiki/Oh_Yeah_(Charles_Mingus_album)

mambo のリズムになるようです。
楽しい曲です。



チャールス・ミンガスの音源です。



"Ysabel's Table Dance"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1957

この曲は1957年録音のアルバム Tijuana Moods に収録されています。
時期的にはマイルス・デイヴィスの有名なアルバム Sketches of Spain (1960) よりも前になります。

スペインのリズムを取り入れた曲になっています。

良く知られた曲です。

ソロは
La Conja (castanets, vo)
Seamus Blake (ts)
Dave Kikowski (p)
Steve Slagle (as)




チャールス・ミンガスの音源です。

Ysabel Morel (castanets, vo)



これで
Mingus Big Band / Que Viva Mingus!
の全トラックが紹介できました。

チャールス・ミンガスが書き、演奏したラテン・リズムを使った曲を集めてありました。

コロンビア、メキシコ、スペイン、プエルトリコ、キューバ等のリズム、マンボ、クンビア、マリアッチ、ボンバ、カリプソ、ジャズが影響を受けたアフロ・キューバン、等の音楽にチャールス・ミンガスが早くから興味を持って、自身の音楽に取り入れていたことが判ります。

チャールス・ミンガス自身には多くの興味深いアルバムがあり、ソングブックもどの視点で選曲をしているかというところにも興味深いものがあります。

チャールス・ミンガス ソングブックとして掘り起こしたアルバムを全て取り上げることは困難なのですが、可能な範囲で続けて行きましょう。





次はこれにしましょう。

Kevin Mahogany / Pussy Cat Dues: The Music of Charles Mingus

Label: Enja Records

Recorded on February 3, 1995 live at Stadtgarten, Cologne, Germany.

1. Eclipse (Charles Mingus)
2. Pussy Cat Dues (Charles Mingus)
3. Portrait (Charles Mingus)
4. Reincarnation of a Love Bird (Charles Mingus)
5. Mingus Medley: Boogie Stop Shuffle/Jelly Roll/Goodbye Pork Pie Hat (Rahsaan Roland Kirk / Charles Mingus)
6. Tonight at Noon (Charles Mingus)

Musicians:
Kevin Mahogany (vo)
WDR Big Band (orch)


ケヴィン・マホガニーについては
【気になる現代のディーヴォ、魅惑の男性シンガーたち】#7
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78110001
【雑談はこちらに】#279
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=70591280
をご覧ください。

2017年12月17日、惜しくも59歳で亡くなられています。

このアルバムは、ケヴィン・マホガニーと、Bill Dobbins が指揮する独を代表するビッグバンド WDR Big Band が、1995年に独で行ったライブの録音です。
ゲスト・ソロイストとして Charles McPherson (as), Jimmy Knepper (tb), John Goldsby (b), Dennis Mackrel (ds) が参加しています。

Charles McPherson (as) は1959 - 1974 までミンガス楽団に在籍しました。
Jimmy Knepper (tb) は言うまでもなくミンガス楽団を代表するトロンボーン奏者です。
Dennis Mackrel (ds) はビッグ・バンドのドラム奏者として多くの楽団で活動し、ミンガスの死後、1989年に録音されたアルバム Epitaph に参加しています。
John Goldsby (b) は1994年以来 WDR Big Band に参加し、主要メンバーとして活動を続けています。
http://john.goldsby.de/biography/


これまでに登場した Mingus Big Band と WDR Big Band のサウンドの違いも楽しめます、聴き比べてみてください。


"Eclipse"

作曲: Charles Mingus
作詞: Charles Mingus
作曲年 1960

曲情報については>>[9] をご覧ください。

Kevin Mahogany (vo)
Jimmy Knepper (tb)



"Pussy Cat Dues"

作曲: Charles Mingus
作曲年 1959

チャールス・ミンガスのこの曲の初録音は、アルバム Mingus Ah Um (1959) になります。

ケヴィン・マホガニーはスキャットを聞かせてくれます。

kevin Mahogany (vo)
Jimmy Knepper (tb)
John Goldsby (b)
Charles McPherson (as)



チャールス・ミンガスの音源です。


"Portrait"

作曲: Charles Mingus
作詞: Charles Mingus
作曲年 1950年代

曲情報については>>[22] をご覧ください。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。
チャールス・ミンガスが書いた詞は、この曲の説明になっているようです。

Kevin Mahogany (vo)
Rolf Römer (ts)



I've seen all kinds of pictures
Most of the beauties of the world
From places I've traveled I still recall
This quaint melody as I thrill
Painting my own pictures in tones
I've painted all Mother Earth
Both flowers that brave the morn
Tones color the life she's borne

I've tried to paint her beauties
From radiant skies to deep blue seas
The sky as she changes her glamour
Dawn's pale blue, sunset's amber
The winds and the rains
The lull on the plains
Leaves on the ground
Mountains gray-brown
Tipped with a dash of glowing white snow

(ライナーノーツより)
"Reincarnation of a Lovebird"

作曲: Charles Mingus
作曲年 1957

曲情報については>>[46] をご覧ください。

器楽演奏だけのトラックです。

Charles McPherson (as)
Jimmy Knepper (tb, arrangement)
Frank Chastenier (p)
John Goldsby (b)
Dennis Mackrel (ds)



"Mingus Medley: Boogie Stop Shuffle / Jelly Roll/ Goodbye Pork Pie Hat / Better Git Hit In Your Soul"

"Boogie Stop Shuffle"
作曲: Charles Mingus
作曲年 1959
Mingus Ah Um

"Jelly Roll"
作曲: Charles Mingus
作曲年 1959
Mingus Ah Um

"Goodbye Pork Pie Hat"
作曲: Charles Mingus
作詞: Rahsaan Roland Kirk (1976)
作曲年 1959
Mingus Ah Um
>>[17]

"Better Git Hit In Your Soul"
作曲: Charles Mingus
作曲年 1959
Mingus Ah Um

全曲 Mingus Ah Um (1959) に収録されていた曲です。
https://en.wikipedia.org/wiki/Mingus_Ah_Um

"Goodbye Pork Pie Hat" は Joni Mitchell の詞ではなく、Rahsaan Roland Kirk の詞で歌われています。


Charles McPherson (as)
Jimmy Knepper (tb)
John Goldsby (b)
Kevin Mahogany (vo)
Dennis Mackrel (ds)



He put all of his soul
Int a tenor saxophone
He had his way of talking
It was a language of his own
Life's story, love and glory
If you listen when he plays it for you
Now listen and listen and dig it
Can't you dig it?
Lester Young is playing what he's feeling
Dealing and dancing alone

Now someone might have told you
Lester Young, he's out of style
Now I am here to tell you
Pres is happening now!
Life's story, love and glory
If you listen when hi plays it for you
Now listen and listen and dig it
Can't you dig it?
Lester Young is playing what he's feeling
Dealing and dancing alone

ライナーノーツより。

Rahsaan Roland Kirk の音源も聴いておきましょう。
The Return of the 5000 Lb. Man
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Return_of_the_5000_Lb._Man



Rahsaan Roland Kirk
The Return of the 5000 Lb. Man
ジャケット写真です。
"Tonight at Noon"

作曲: Charles Mingus
作曲年 1957

チャールス・ミンガスのアルバム Tonight at Noon (1964) が初収録になります。
https://en.wikipedia.org/wiki/Tonight_at_Noon_(album)
https://www.discogs.com/ja/charles-mingus-tonight-at-noon/release/937566

WDR Big Band の演奏です。

Charles Mcpherson (as)
Jimmy Knepper (tb)
Dennis Mackrel (ds)



チャールス・ミンガスの音源です。




これで
Kevin Mahogany / Pussy Cat Dues: The Music of Charles Mingus
の全トラックが紹介できました。

ケヴィン・マホガニーの意欲的なヴォーカルと WDR Big Band の演奏、なかなか刺激的でしたね。

チャールス・ミンガスのソングブックはまだかなり残っています。
どこまで展開できるかは判りませんがもう少し続けましょう。

次はこれにしましょう。

Steve Lacy / Spirit of Mingus

Label: Free Lance (fr)

Recorded on December 5, 6 and 7, 1991, in Paris.
1
1. Peggy's Blue Skylight
2. Self-Portrait in Three Colors
3. Nostalgia in Times Square
4. I X Love
5. Reincarnation of a Lovebird
6. Pithycanthropus Erectus
7. Free Cell, Block F...
8. Goodbye Pork Pie Hat
9. Remember Rockefeller at Attica

Musicians:
Steve Lacy (ss)
Eric Watson (p)

Steve Lacy (July 23, 1934 – June 4, 2004) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Steve_Lacy

彼はソプラノサックスの名手として、ニューオリンズ音楽を基礎に持ちながら先鋭的な音楽で活動を続けてきました。
彼は1960年代半ばから欧州を中心に音楽活動を続けてきました。
アルバムもたくさん残していまして、特にMal Waldron(p) と組んだ録音が印象的です。
彼にはセロニアス・モンクの曲を取り上げたアルバムがかなりあるのですが、このチャールス・ミンガスの音楽を取り上げたアルバムもなかなか雰囲気のあるアルバムに仕上がっています。

このアルバムは彼と Eric Watson (p) のデュオでのライブ録音になります。

"Peggy's Blue Skylight"

作曲: Charles Mingus
作曲年 1962

この曲はチャールス・ミンガスのアルバム Oh Yeah が初収録と思われます。
彼の欧州ツアーでのライブ録音もよく知られています。

この曲名は Freundin Peggy Hitchcock に由来するそうです。
https://de.wikipedia.org/wiki/Peggy%E2%80%99s_Blue_Skylight (独語です)
http://tokinwoman.blogspot.com/2017/09/psychedelic-pioneers-peggy-hitchcock.html



この曲にはマル・ウォルドロンとのデュオの録音もあります。



チャールス・ミンガス Oh Yaah の音源です。
ローランド・カークがフィーチャーされています。



チャールス・ミンガス欧州ツアーでのライブ録音です。
エリック・ドルフィーがフィーチャーされています。



"Self-Portrait in Three Colors"

作曲: Charles Mingus
作曲年 1959

この曲はチャールス・ミンガスの1959年のアルバム Mingus Ah Um が初録音になります。
https://en.wikipedia.org/wiki/Mingus_Ah_Um
このアルバムは彼の Columbia Records での最初のアルバムになります。
アルバムジャケットが印象的ですね。

この曲は、俳優の John Cassavetes の初監督作品のために書かれたそうなのですが、映画には使われなかったということです。
チャールス・ミンガスと彼の関係については調べていません。

この頃の Columbia Records はマイルス・デイヴィスの Kind of Blue をリリースした頃で、ジャズに力を入れていた時期になります。



チャールス・ミンガスの音源です。
2テナー、1トロンボーンのサウンドです。
最後に一言吹いているのはブッカー・アーヴィンです。





"Strollin' (Nostalgia in Times Square)"

作曲: Charles Mingus
作詞: Nat Gordon
作曲年 1959

曲情報については>>[6] をご覧ください。



"I X Love"

作曲: Charles Mingus
作曲年 1963

この曲は1963年のチャールス・ミンガスのアルバム Mingus Mingus Mingus Mingus Mingus が初録音になります。
https://en.wikipedia.org/wiki/Mingus_Mingus_Mingus_Mingus_Mingus

きれいな旋律ですね :-)



チャールス・ミンガスの音源です。
彼にしては比較的大編成の(?)演奏です。
Charlie Mariano (as) がいいですね。



"Reincarnation of a Lovebird"

作曲: Charles Mingus
作曲年 1957

曲情報については>>[46] をご覧ください。



"Pithycanthropus Erectus"

作曲: Charles Mingus
作曲年 1956

この曲はあまりにも有名な、チャールス・ミンガスの1956年のアルバム Pithecanthropus Erectus で発表されました。
曲名が意表を突くと同時に世界中で知られている人類歴史事情になるので、一段と知られるようになったのでしょうね。
https://en.wikipedia.org/wiki/Pithecanthropus_Erectus_(album)



チャールス・ミンガスの音源です。







"Free Cell, Block F..."

作曲: Charles Mingus
作曲年 1975

この曲はチャールス・ミンガスの1975年のアルバム Changes Two に収録されています。
https://www.discogs.com/ja/Charles-Mingus-Changes-Two/release/1213364
https://en.wikipedia.org/wiki/Changes_Two



チャールス・ミンガスの音源です。
この1975年頃になるとだいぶメンバーが入れ替わっています。
古くからのメンバーで長く残っているのはダニー・リッチモンド(ds) だけですね。



ログインすると、残り51件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。