ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > チャールス・ミンガス ソングブ...

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

チャールス・ミンガス ソングブック

チャールス・ミンガス ソングブック 2017年01月22日 23:02
mixiユーザーmixiユーザー
Charles Mingus (April 22, 1922 – January 5, 1979)
https://en.wikipedia.org/wiki/Charles_Mingus

ベースの巨人チャールス・ミンガスは、長年に渡って独自のスタイルを貫き、自身のベース奏者としてのスタイルだけではなく、自身のバンドでチャールス・ミンガス特有の音楽を追求してきました。

チャールス・ミンガスは、デューク・エリントンがビッグバンドで出しているサウンドを、小編成のコンボで出そうとしたといわれています。


チャールス・ミンガス自身は実に多くのアルバムを出しています。

All Music (Discography)
http://www.allmusic.com/artist/charles-mingus-mn0000009680/discography

Discogs
https://www.discogs.com/ja/artist/200815-Charles-Mingus


チャールス・ミンガス自身が書いた『ミンガス?自伝・敗け犬の下で』 (Beneath the Underdog/1971) という書籍があります。




------------- この項は推敲中です。 -----






*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#32 - Charles Mingus / Mingus Dynasty / Columbia / 1959
#19 - Mingus Dynasty / Next Generation Performs Charles Mingus Brand New Compositions / Columbia / 1993
#11 - Mingus Dynasty / Chair in the Sky / ELEKTRA / 1979.
#1 - Judy Niemack / Mingus, Monk & Mal / JPR Productions / 1994


*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Charles Mungus Songbook】
 Frank Lacy / Ku-umba Frank Lacy / Mingus Big Band / Mingus Sings
 Mal Waldron / Mingus Lives
 Mingus Big Band / Mingus Big Band 93: Nostalgia in Times Square
 Mingus Big Band / Gunslinging Bird
 Mingus Big Band / Live in Time
 Mingus Big Band / Que Viva Mingus!
 Mingus Big Band / Blues & Politics
 Mingus Big Band / Tonight at Noon: Three of Four Shades of Love
 Mingus Big Band / I Am Three
 Mingus Big Band / Live in Tokyo
 Mingus Big Band / Live at Jazz Standard
 Mingus Dynasty / Live at Montreux
 Mingus Dynasty / Live at the Village Vanguard
 Mingus Dynasty / Live at the Theatre Boulogne-Billancourt, Paris, Vol. 2
 Mingus Dynasty / Mingus' Sounds of Love
 Mingus Dynasty / Live at the Theatre Boulogne-Billancourt, Vol. 1
 Mingus Dynasty / At the Bottom Line
 Mingus Dynasty / Reincarnation
 Steve Lacy / Spirit of Mingus

*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Boogie Stop Shuffle” (Charles Mingus/1959) - (#12)
"Bad Cops" (George Adams/Charles Mingus/1993) - (#29)
"A Chair in the Sky" (Charles Mingus/Joni Mitchell/1979) - (#13)
"Diane" (Charles Mingus/1959) - (#34)
"The Dry Cleaner from des Moines" (Charles Mingus/Joni Mitchell/1979) - (#16)
"Duke Ellington's Sound of Love" (Charles Mingus/Charles Mingus/1974) - (#3)
"Eclipse" (Charles Mingus/Charles Mingus/1960) - (#9)
"Farewell Farwell" (Charles Mingus/1978) - (#26)
"Goodbye Pork Pie Hat" (Charles Mingus/1959) - (#17)
"Harlene" (Charles Mingus/1979) - (#24)
"My Jelly Roll Soul" (Charles Mingus/1959) - (#14)
"Noon Night (Nouroog)" (Charles Mingus/1957) - (#28)
"Opus Four" (Charles Mingus/1973) - (#23)
"Opus Three" (Charles Mingus/1973) - (#25)
"Pilobolus" (Charles Mingus/1978) - (#30)
"Portrait" (Charles Mingus/1950's) - (#22)
"Sketch Four" (Charles Mingus/1979) - (#21)
"Slop" (Charles Mingus/1959) - (#33)
"Song With Orange" (Charles Mingus/1959) - (#35)
"Strollin' (Nostalgia in Times Square)" (Charles Mingus/Nat Gordon/1959) - (#6)
"Sweet Sucker Dance" (Charles Mingus/Joni Mitchell/1979) - (#15)
"Wham Bam Thank You Ma'am" (Charles Mingus/1962) - (#27)



コメント(35件)

[1]2016年03月13日 21:02
最初はこのアルバムから行ってみましょう。

Judy Niemack / Mingus, Monk & Mal

Label : JPR Productions

Recorded on July 10. 1994. at Climmick Studio, Yerres (France)

1. A Time for Duke (Mal Waldron)
2. Duke Ellington's Sound of Love (Charles Mingus)
3. You Know Who (I Mean You) (Coleman Hawkins / Jon Hendricks / Thelonious Monk)
4. The Seagulls of Kristiansund (Mal Waldron)
5. Strollin' (Nostalgia in Times Square) (Charles Mingus)
6. Soul Eyes (Mal Waldron)
7. Suddenly (In Walked Bud) (Jon Hendricks / Thelonious Monk)
8. Eclipse (Charles Mingus)

Musicians

Judy Niemack (vo)
Mal Waldron (p)

アルバムタイトルにミンガス、モンク、マルとありますように、3人のジャズメンの曲を取り上げています。
チャールス・ミンガスの曲が3曲、セロニアス・モンクの曲が2曲、マル・ウオルドロンの曲が3曲という構成で、ジュディ・ニーマックのヴォーカルとマル・ウオルドロンのピアノというデュオでの録音になっています。

アルバムタイトルの最初がミンガスとなっていますので、このチャールス・ミンガス ソングブックに入れることにしました ^^;

ジュディ・ニーマックについては【気になる現代の歌姫たち】 #70 をご覧ください。

マル・ウオルドロン (Malcolm Earl "Mal" Waldron (August 16, 1925 – December 2, 2002)) については
https://en.wikipedia.org/wiki/Mal_Waldron
をご覧ください。
マルの演奏は、よく『暗い情念』と形容されますが(笑)独特のスタイルで、数小節聞いただけで、あっ、マルだっ!と判ってしまうピアニストです。

ジュディ・ニーマックはジャズメンのオリジナル曲をかなり手がけていて、マルとデュオで3人のジャズメンの曲を取り上げるという、かなり意欲的なアルバムになります。

マル・ウオルドロンには歌手の歌伴を手がけたアルバムがいくつかあったと思うのですが、全貌を一覧できる情報は見当たりませんでした。
たしか笠井紀美子と組んだアルバムもあったように記憶しているのですが…



[2]2016年03月13日 22:15
"A Time for Duke"

作曲 : Mal Waldron
作詞 : Judy Niemack (?)
作曲年 1989 (?)

マル・ウオルドロンが何度も録音している曲です。
ライナーノーツに何も書いていないので、詳しいことが判りません ^^;
歌詞も探し出せませんでした ^^;


マル・ウオルドロンのアルバム Quadrologue At Utopia に入っています。
フルアルバムの音源があります。
ライブ録音のためか、マルにはいつもより気合が入っているように聞こえます。
http://tidido.com/a35184372114419/al5432a721196dee63468c152a/t5433edc8196dee9e148fd43d

更に、マル・ウオルドロンのアルバム Riding A Zephyr にも入っています。
フルアルバムの音源があります。
http://tidido.com/a35184374409863/al55f1901ca5f390757397b6c0/t55f1901da5f390757397b740
これはひょっとするとマル・ウオルドロンのソングブック・アルバムになるかもしれません。


しかし。このトピックは【チャールス・ミンガス ソングブック】ですので、マル・ウオルドロンの掘り下げは、このあたりにしておきます。
[3]2016年03月13日 22:37
"Duke Ellington's Sound of Love"

作曲 : Charles Mingus
作詞 : Charles Mingus
作曲年 1974

さすがにこのクラスの曲になりますと、曲情報を掘り起こすのが大変になります(汗)
ミンガスのアルバム Changes One, Changes Two に入っている曲です。

この曲は、最近では、カート・エリングも取り上げています。

ミンガス自身のエリントンへの傾倒は、エリントンのジャングル・サウンドを、小編成の楽団で実現しようとしたと評されています。


楽譜と歌詞がありましたので、こちらをご覧ください。
http://www.jazzitalia.net/lezioni/analisi/an2_soundoflove2.asp#.VuVqKjFX9lQ

チャールス・ミンガスの音源です。
歌っているのは Jackie Paris です。

カート・エリングのも聴いてみましょう。
[4]2016年03月29日 22:19
"You Know Who (I Mean You)"

作曲 : Thelonious Monk
作詞 : John Hendrics
作曲年 1947

おなじみのセロニアス・モンクの曲です。

ジュディの歌唱はなかなか聴かせてくれます。
歌詞が付けられてから、多くの歌手たちが手がけていますね。


I ain't got no fancy bill of goods to sell
Ask me who I'm talkin bout I'll tell you

You...the one that got me to see and turned round
All upside down
Who has got me in a tizzy
You know who, I mean you

Who is high in this emotion
I want sound
Goin round and round
Holdin on this devotion
You know who, I mean you

I mean You
You dished the dirt
I mean you
One look and I got hurt

Yea you put a hurtin on me
And I'm glad, I sure ain't mad

Who's the one I always run to
You know who, I mean you

歌詞の和訳は見当たりませんでした。

1957年、セロニアス・モンクがアート・ブレイキー楽団と共演した音源です。
[5]2016年03月29日 22:46
"The Seagulls of Kristiansund"

作曲 : Mal Waldron
作詞 : Mal Waldron (?)
作曲年 1986 (?)

ノルウェーの町、「クリスチャンスンのカモメ」という曲名です。

マルが欧州に滞在中に寄ったノルウェーの町が美しかったので、触発されて書いた曲なのでしょうね。
マル自身が、アルバムタイトルにしています。

歌詞は見当たりませんでした。


マルのアルバムThe Seagulls of Kristiansund の全トラックがありました。
http://tidido.com/a35184372114419/al5432a75a196dee63468c8dbe/t5433f632196dee9e14a01184

上記のアルバムから"The Seagulls of Kristiansund"です。
[6]2016年03月29日 23:05
"Strollin' (Nostalgia in Times Square)"

作曲 : Charles Mingus
作詞 : Nat Gordon
作曲年 1959

おなじみのチャールス・ミンガスが書いたブルースっぽい曲ですね。
作詞者の(?) Nat Gordon については調べ切れませんでした。

歌詞も探し出せませんでした。

ジュディ・ニーマックの歌はなかなかいいですね。




チャールス・ミンガスの音源です。
ベース・ソロがタップリと出てきます。
[7]2016年04月17日 22:08
"Soul Eyes"

作曲 : Mal Waldron
作詞 : Mal Waldron
作曲年 1957

マル・ウォルドロンが書いた、よく知られているバラードです。
マルのファンにとってはおなじみの曲ですね。

しかし、歌詞が載っているサイトが全く見当たりませんでした ^^;

このトラックのマルのソロには、いかにもマルというフレーズがたくさん出てきます。



マルの音源です。
(ss)はスティーヴ・レイシーです。


[8]2016年04月17日 22:18
"Suddenly (In Walked Bud)"

作曲 : Thelonious Monk
作詞 : John Hendricks
作曲年 1947

おなじみのセロニアス・モンクが書いた曲です。
この曲は、モンクがバッド・パウエルに捧げた曲です。
Irving Berlin / Blue Skies (1927) のコード進行を使った曲として知られています。

1945年にモンクが警官に襲われ、撲打されるところを、バド・パウエルが助けに入り、バドが頭をしたたかに殴られて大怪我をしています。

ジュディのイントロ、コーラスの後のインプロヴィゼイションがすばらしいですね。
さすが、ジャズメンの書いた曲を多く手がけてきているだけあります。


Dizzie, he was screaming
Next to O.P. who was beaming
Monk was thumping
Suddenly in walked Bud and then they got into somethin'

Oscar played a mean sax
Mr. Byers blew a mean axe
Monk was thumping
Suddenly in walked Bud
And then the joint started jumping

Every hip stud really dug Bud
Soon as he hit town
Takin’ that note nobody wrote
Putting it down

Dizzie he was screaming
Next to O. P. who was beaming
Monk was thumping
Suddenly in walked Bud
And then they got into something

セロニアス・モンクの音源です。
Thelonious Monk (p)
Ahmed Abdul-Malik (b)
Johnny Griffin (ts)
Roy Haynes (ds)

[9]2016年04月17日 22:39
"Eclipse"

作曲 : Charles Mingus
作詞 : Charles Mingus
作曲年 1960

チャールス・ミンガスはこの曲を何度か録音していますが、一番最初のものがアルバム Pre Bird (1960) のものだろうと思われます。

eclipse というのは「日蝕」のことです。

いかにもミンガスらしい曲です。

ジュディにこの手の曲を歌わせるとすばらしいですね :-)


Eclipse..When the moon meets the sun
Eclipse... two bodies become as one

People go around and look up and frown
For its a sight thats seldom seen
Some look through smoked glasses
Hiding their eyes
Others think its tragic
Staring at dark midnight
But the sun doesn't care
And the moon has no fear
for Destiny is making her choice

Eclipse
The moon has met the sun
Eclipse
two bodies become as one

But the sun doesn't care
And the moon has no fear
for Destiny is making her choice

Eclipse..When the moon meets the sun
Eclipse... two bodies become as one

People go around and look up and frown
For its a sight thats seldom seen
Some look through smoked glasses
Hiding their eyes
Others think its tragic
Staring at dark midnight
But the sun doesn't care
And the moon has no fear
for Destiny is making her choice

Eclipse
The moon has met the sun
Eclipse
two bodies become as one

But the sun doesn't care
And the moon has no fear
for Destiny is making her choice
Part of these releases


チャールス・ミンガスの音源です。
歌っているのはHoni Gordon です。
ミンガスの有名なセッションです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Charles_Mingus_and_Friends_in_Concert

[10]2016年04月17日 22:47
これで

Judy Niemack / Mingus, Monk & Mal

の全トラックが紹介できました。

チャールス・ミンガスの曲だけをヴォーカルでカヴァーしているアルバムというのがなかなか見つかりません。

ジュディ・ニーマックはこのアルバム以外でもジャズメンが書いたオリジナル曲をたくさん録音しています。
ある意味、貴重な活動を続けている人といえるでしょう。

ほかにも、ジャニス・ボーラ (Janice Borla) がジャズメンのオリジナル曲を多く手がけているのですが、ソングブックというスタイルのアルバムはありません。
いずれかの機会を作って取り上げてみたい人です。
ジャニス・ボーラについては【気になる現代の歌姫たち】 #17 をご覧ください。

チャールス・ミンガスのソングブックとしては、Mingus Dynasty や Mingus Big Band にたくさんアルバムがありますので、それらの中からいくつかは取り上げてみたいと思っています。



[11]2016年05月11日 23:30
それでは Mingus Dynasty を展開してみましょう。

Mingus Dynasty / Chair in the Sky

Label : ELEKTRA

Recorded in July, 1979.

1. Boogie Stop Shuffle
2. A Chair in the Sky
3. My Jelly Roll Soul
4. Sweet Sucker Dance
5. The Dry Cleaner from des Moines
6. Goodbye Pork Pie Hat

Musicians.

Joe Farrell (ts)
Charlie Haden (b)
John Handy (as)
Jimmy Knepper (tb)
Jimmy Owens (tp)
Don Pullen (p)
Dannie Richmond (ds)

トピックの説明にありますように、チャールス・ミンガスは1979年に亡くなっています。
Charles Mingus (April 22, 1922 – January 5, 1979)

この直後にチャールス・ミンガスの音楽を継承し発展させることを目的に編成されたのが Mingus Dynasty というグループです。
中心になったのは、ミンガス・バンドのレギュラーだったダニー・リッチモンドやジミー・ネッパーの他にミンガス未亡人のスー・ミンガスの力が大きかったようです。
グループのメンバーには変遷がありますが、かってミンガス・バンドに在籍していた人たちがこぞって参加しています。

Mingus Dynasty (ミンガス王朝)という名前は、1959年にチャールス・ミンガスがだしたアルバムの名前から取ったようです。
(右側のアルバムが1959年のアルバム Mingus Dynasty です。)

この Mingus Dynasty というグループ(小編成コンボ)をベースにしてできたビッグバンドが Mingus Big Band で、こちらは定期的な活動を続けているようです。

このアルバムのメンバーを見てみますと

Joe Farrell (ts) December 16, 1937 – January 10, 1986) はチャールス・ミンガスと共演したことがあるようです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Joe_Farrell
アルバムに残っているかどうかは、すぐに思い出せなく(汗)調べていません。

Charlie Haden (b) (August 6, 1937 – July 11, 2014) は言うまでもなくオーネット・コールマン楽団で活躍した人で、その後も多彩な活動を続けました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Charlie_Haden

他のメンバーはミンガス・バンドで活躍した人たちで、とくにジミー・ネッパーとダニー・リッチモンドは長年チャールス・ミンガスと活動を共にしました。

John Handy (as) (born February 3, 1933)
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Handy

Jimmy Knepper (tb) (November 22, 1927 – June 14, 2003)
https://en.wikipedia.org/wiki/Jimmy_Knepper

Jimmy Owens (tp) (born 1943)
https://en.wikipedia.org/wiki/Jimmy_Owens_%28musician%29

Don Pullen (p) (December 25, 1941 – April 22, 1995)
https://en.wikipedia.org/wiki/Don_Pullen

Dannie Richmond (ds) (December 15, 1931 – March 15, 1988)
https://en.wikipedia.org/wiki/Dannie_Richmond


この Mingus Dynasty としての最初のアルバムが本作になります。

チャーリー・ヘイデンのベースが、音色こそチャールス・ミンガスの音とは違いますが、頑張ってくれています。

しかし、こうやって眺めてみると、多くの人が鬼籍に入っていますね ^^;

[12]2016年05月12日 00:14
"Boogie Stop Shuffle”

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1959

おなじみの、何度も何度も聴いた曲ですね。

Charlie Haden (b) の音を聴いてください。

Don Pullen (p) はフリージャズに手を出していて、セシル・テイラー(なぜか米国ではシーソル・テイラー)のコピーとまで言われた人です。

Joe Farrell (ts) はチック・コリアのバンド、リターン・トゥ・フォーエヴァー (RTF) で活躍した人ですね。



Mingus Ah Um に入っています。
John Handy (as) は Mingus Ah Um に参加していたのですが、この曲には参加していないようです。


Booker Ervin (ts)
Shafi Hadi (ts)
Willie Dennis (tb)
Horace Parlan (p)
Charles Mingus (b)
Dannie Richmond (ds)


[13]2016年06月07日 23:57
"A Chair in the Sky"

作曲 : Charles Mingus
作詞 : Joni Mitchell
作曲年 1979

作曲はチャールス・ミンガスなのですが、1979年は彼の没年ですので、もう少し早い時期だったかもしれません。

この曲はチャールス・ミンガスとジョニ・ミッチェルが共演したアルバムで、ジョニ・ミッチェルの名前でリリースされている Mingus に収録されています。
(それ以前の録音があるのかどうかは調べきれていません)
http://www.allmusic.com/album/mingus-mw0000650506

このアルバムの中で、ジョニはこの曲に詞をつけて歌っています。

ミンガス・ダイナスティの方は、さすがミンガス・サウンドになっていますが、ジョニ・ミッチエルの方は、そんなに意味のあるものなのかどうか…




ジョニ・ミッチェルのアルバムの音源です。


The rain slammed hard as bars
It caught me by surprise
Mutts of the planet
And shook me down for alibis
I'm waiting
For the keeper to release me
Debating this sentence
Biding my time
In memories
Of old friends of mine
In daydreams of Birdland
I see my soul on fire
Burning up the bandstand
Next time
I'll be bigger!
I'll be better than ever!
I'll be happily attached
To my cold hard cash!
But now Manhattan holds me
To a chair in the sky
With the bird in my ears
And boats in my eyes
Going by

There are things I wish I'd done
Some friends I'm gonna miss
Beautiful lovers
I never got the chance to kiss
Daydreamin' drugs the pain of living
Processions of missing
Lovers and friends
Fade in and they fade out again
In these daydreams of rebirth
I see myself in style
Raking in what I'm worth
Next time
I'll be bigger!
I'll be better than ever!
I'll be resurrected royal!
I'll be rich as standard oil!
But now Manhattan holds me
To a chair in the sky
With the bird in my ears
And boats in my eyes
Going by

[14]2016年07月02日 23:00
"My Jelly Roll Soul"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1959

おなじみのジェリー・ロール・モートンに捧げた楽しいメロディの曲でミンガスは何度か録音しています。



チャールス・ミンガスのアルバム "Blues & Roots"の音源です。
https://en.wikipedia.org/wiki/Blues_%26_Roots

[15]2016年07月02日 23:23
"Sweet Sucker Dance"

作曲 : Charles Mingus
作詞 : Joni Mitchell
作曲年 1979

>>[13] と同じアルバム Mingus に収録されています。
いかにもチャールス・ミンガスらしいタイトルの曲です。
ジョニ・ミッチェルの詞の中にはこんな表現があります。
There's a sucker born a day
Am I a sucker to love you?

スラングで"Sucker"とか"Cock sucker!"という表現は、米映画ではよく出てきます(?)


ジョニ・ミッチェルのアルバムの音源です。


I almost closed the door
Cancelled on everything we opened up for
Tonight the shadows had their say
Their sad notions of the way
Things really are
Damn these blues!
They'd turn my heart against you
Since I was fool enough
To find romance
I'm trying to convince myself
This is just a dance

We move in measures
Through loves' changing faces
Needy and nonchalant
Greedy and gracious
Through petty dismissals
And grand embraces
Like it was only a dance

We are survivors
Some get broken
Some get mended
Some can't surrender
They're too well defended
Some get lucky
Some are blessed
And some pretend
This is only a dance

We're dancing fools
You and me
Tonight it's a dance of insecurity
It's my solo
While you're away
And shadows have the saddest thing to say

Love
We can't live without it
Why do we go out and get it
Just to turn around and doubt it
Like we're scared to care
It's hard to talk about it
Aw it's only a dance
Tonight the shadows had their say
There's a sucker born a day
I heard them say
Born to lose
Am I a sucker to love you?

You're such a sweet love
You're a proud man
You're a treasure
Time passes gracefully
Living can be such a pleasure
You make it easy to take it in measures
Like it was only a dance

We're dancing fools
You and me
Tonight it's a dance of insecurity
It's my solo
Blue way
Shadows have the saddest things to say

We are survivors
Some get broken
Some get mended
Some can't surrender
They're too well defended
Some get lucky
Some are blessed
And some pretend
It's only a dance!



[16]2016年08月02日 23:11
"The Dry Cleaner from des Moines"

作曲 : Charles Mingus
作詞 : Joni Mitchell
作曲年 1979

この曲も >>[13] と同じアルバム Mingus に収録されています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Mingus_(Joni_Mitchell_album)

動画の音質が少し悪いようです。

John Handy (as) と Jimmy Owens (tp) の掛け合いが熱が入っています。



ジョニ・ミッチェルの音源です。
こちらを聴くと、ミンガスが書いた曲とは思い難い演唱になっています。


I'm down to a roll of dimes
I'm stalking the slot that's hot
I keep hearing bells all around me
Jingling in the lucky jackpots
They keep you tantalized
They keep you reaching for your wallet
Here in fools' paradise

I talked to a cat from Des Moines
He said he ran a cleaning plant
That cat was clanking with coin
Well he must have had a genie in a lamp
'cause every time I dropped a dime I blew it
He kept ringing bells
Nothing to it!

He got three oranges
Three lemons
Three cherries
Three plums
I'm losing my taste for fruit
Watching the dry cleaner do it
Like Midas in a polyester suit
It's all luck!
It's just luck!
You get a little lucky and you make a little money!

I followed him down the strip
He picked out a booth at Circus Circus
where the cowgirls fill the room
With their big balloons
The cleaner was pitching with purpose!
He had Dinos and Pooh Bears
And lions pink and blue there
He couldn't lose there!

Des Moines was stacking the chips
Raking off the tables
Ringing the bandit's bells
This is a story that's a drag to tell
(In some ways)
Since I lost every dime
I laid on the line
But the cleaner from Des Moines
Could put a coin
In the door of a John
And get twenty for one
It's just luck!

[17]2016年08月02日 23:26
"Goodbye Pork Pie Hat"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1959

おなじみの、スタンダード曲にもなっている、レスター・ヤングの死を悼んでチャールス・ミンガスが書いた曲ですね。
チャールス・ミンガスは何度も録音しています。

ポークパイ・ハットというのはレスター・ヤングが好んでかぶっていた帽子のことで、形がお菓子のポークパイに似ているのでそう呼ばれ、レスター・ヤングのニックネームになっています。



チャールス・ミンガスがこの曲を最初に録音したアルバムが Ah Um だったと思います。
https://en.wikipedia.org/wiki/Mingus_Ah_Um

John Handy (ts)
Booker Ervin (ts)
Horace Parlan (p)
Charles Mingus (b)
Dannie Richmond (ds)


[18]2016年08月02日 23:30
これで

Mingus Dynasty / Chair in the Sky

の全トラックが紹介できました。
チャールス・ミンガス楽団のメンバーだった人が大勢入っているので、ミンガス・サウンドを継承していますね。

ところで、Mingus Big Band を聞き込んでいらっしゃる方、これがベストじゃないかというアルバムをご推薦いただけませんでしょうか。

やっぱり、ロニー・キューバが参加しているのがいいのでしょうね :-)
[19]2016年09月02日 22:49
つぎはこれにしましょう。

Mingus Dynasty / Next Generation Performs Charles Mingus Brand New Compositions

Label : Columbia

Recorded in 1993.

1. Sketch Four
2. Portrait
3. Opus Four
4. Harlene
5. Opus Three
6. Farewell, Farewell
7. Wham Bam Thank You Ma'am
8. Noon Night
9. Bad Cops
10. Pilobolus


Musicians
Jack Walrath (tp)
Craig Handy (fl, ts)
Alex Foster (piccolo, cl, ss, ts)
George Adams (ts)
John Hicks (p)
Benny Green (p)
Ray Drummond (b)
Marvin Smitty Smith (ds)
Victor Lewis (ds)
Charles Mingus (vo)
Eric Mingus (vo)



このアルバムは New Compositions とありますように、チャールス・ミンガスが最期の病床で口ずさんだメロディを、奥方のスー・ミンガスが録音し、その録音を元にして譜面化し、音楽化されたものです。
まさにチャールス・ミンガスにとっての最新作であり、最終作でもあります。

ミンガス未亡人のスー・ミンガスの強力なプロデュースの下に作られたアルバムです。
演奏メンバーは、殆どの人(あるいは全員)がチャールス・ミンガス楽団には参加していない、若手メンバー(?)で構成されています。

次世代のメンバーによる Mingus Dynasty としての音楽の方向がどのように変わっていくのか、興味深いところがあります。



[20]2016年09月02日 22:51
アルバムの表ジャケットです。

[21]2016年09月02日 23:23
"Sketch Four"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1979

冒頭に聞こえてくるのはチャールス・ミンガスがメロディを口ずさんでいるものです。
スー・ミンガスが録音したものです。

(ts)のソロは Craig Handy です。


[22]2016年09月25日 23:55
"Portrait"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1950年代

ミンガスの曲には "Self-Portrait in Three Colors" というのもあるのですが、これは別の曲で、こちらの方は"Old Portrait" と名づけられた曲のようです。


ミンガスのピアノソロです。



1963年のタウンホール・コンサートの音源です。
たしか、このコンサートはものすごい混乱のうちに終わったと、何かで読んだ記憶があります。
(かなりあいまいな記憶です)
Toshiko Akiyoshi (p) が参加しています。
すごいメンバーが揃っています。


[23]2016年10月16日 23:29
"Opus Four"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1973

この曲はチャールス・ミンガスのアルバム Mingus Moves (1973) で発表されました。

(ts)のソロは Craig Handy, George Adams の二人です。



Mingus Moves のアルバム丸ごとの音源がありました。
5:28 から Opus 4 が始まります。

もう少しあとで登場する Opus 3 もこのアルバムに入っています。


Charles Mingus (b)
Ronald Hampton (tp)
Doug Hammond (vo)
Honi Gordon (vo)   ← この人には注目しておいてください。貴重な音源です。 
George Adams (ts, fl)
Dannie Richmond (ds)
Don Pullen (p)

[24]2016年10月16日 23:42
"Harlene"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1979

この曲もチャールス・ミンガスの病床でミンガスが口ずさむ曲を夫人のスー・ミンガスがテープに録音し楽譜に起こしたものです。

チャールス・ミンガスは映画の音楽の作曲を Jack Kerouac から依頼を受けており、"Harlene"というのは映画の登場人物の名前だそうです。

映画の詳細については調べ切れませんでした。

この曲がチャールス・ミンガスの生涯での最後の作曲になるそうです。

(ss)のソロは Alex Foster です。







[25]2016年10月17日 00:06
"Opus Three"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1973

>>[23] の "Opus Four" と同じアルバムに入っている曲です。

opus というのは音楽作品を指す言葉で、通常 opus の後ろには数字をつけて、何番目の曲というような使い方をするようです。
"op.", "Op." という表現もあるようです。
曲名をつける前の整理番号のようなものでしょう。


[26]2016年11月12日 21:50
"Farewell Farwell"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1978

>>[19] では曲名を間違えています。
また、世の中の多くの人も曲名を間違えているようです。
正しくは "Farewell Farwell" のようです。

この曲はチャールス・ミンガスの友人だった画家の Farwell Taylor へのトリビュート曲であると、ミンガス婦人のスーが解説しています。
Farwell Taylor については調べ切れなかったのですが、1960年代に亡くなったようです。
チャールス・ミンガスは1960年代からこの曲の構想を持っていたそうですが、初録音は1978年の "Something like a bird" になっています。
このアルバムでは曲名は正しく表記されています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Something_Like_a_Bird



チャールス・ミンガスの音源です。


[27]2016年11月12日 22:09
"Wham Bam Thank You Ma'am"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1962

この曲は1962年のアルバム Oh Yeah が初収録になります。
https://en.wikipedia.org/wiki/Oh_Yeah_(Charles_Mingus_album)
サックスセクションにローランド・カークとブッカー・アーヴィンが入っている有名なアルバムです。
そして、ピアノをミンガス自身が弾いています。
なんとなくホーレス・パーランをイメージしてしまいます。
えっ、ベースはダグ・ワトキンスが弾いています。

このアルバムでのテナーサックスはジョージ・アダムスとなっています。


チャールス・ミンガスの音源です。


[28]2016年11月12日 22:27
"Noon Night"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1957

この曲はチャールス・ミンガスの1957年のアルバム A Modern Jazz Symposium of Music and Poetry が初収録になります。
もともとの曲名は "Nouroog" でした。
https://en.wikipedia.org/wiki/A_Modern_Jazz_Symposium_of_Music_and_Poetry
Beth Nouroog に捧げた曲で、この人はデューク・エリントンの友人だったそうです。
Beth というのは Elizabeth のニックネームになるのですが、この人については調べ切れませんでした。

テナーサックスはジョージ・アダムスです。
聞き覚えのあるメロディですね。



チャールス・ミンガスの音源です。


[29]2016年12月07日 23:35
"Bad Cops"

作曲 : George Adams
作詞 : Charles Mingus
作曲年 1993

チャールス・ミンガス自身が書いた『ミンガス?自伝・敗け犬の下で』 (Beneath the Underdog/1971) という書籍があります。
この中に入らなかった詩をミンガス未亡人のスー・ミンガスがジョージ・アダムス (ts) に渡して、ヴォーカル・バージョンを作ったという曲になります。

Beneath the Underdog
https://en.wikipedia.org/wiki/Beneath_the_Underdog
日本語訳もでています。
ミンガスファンならぜひどうぞお読みください。

いかにもミンガスなら書きそうなタイトルですね。
詞の方は、じっくりヒアリングして聞き取ってください。


[30]2016年12月30日 19:34
"Pilobolus"

作曲 : Charles Mingus
作曲年 1978

この曲は、同名のダンスグループがチャールス・ミンガスを尋ねてきて、ダンスを披露したことがあり、その後数週間ほどでミンガスがこの曲を書き上げ、彼等のグループに提供したもので、このグループが自身のステージではこの曲を使っていたものの、チャールス・ミンガス自身はアルバムに録音したことがなく、ミンガス・ダイナスティのこのアルバムが初めての録音になるそうです。

[31]2016年12月30日 19:43
これで

Mingus Dynasty / Next Generation Performs Charles Mingus Brand New Compositions

の全トラックが紹介できました。

チャールス・ミンガスの死後、評論家たちは、ミンガスのオリジナル精神が溢れる演奏を聴くことはもうないだろうと考えたが、ミンガス・ダイナスティが見事にこれを継承していると評しています。


チャールス・ミンガスのソングブックといえるアルバムは、トピックの説明にありますように、そこそこ掘り出せています。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご展開ください。

[32]2017年01月22日 19:22
さて、曖昧さと混乱回避のためにこのアルバムを取り上げておきましょう。

Charles Mingus / Mingus Dynasty

Label : Columbia

Recorded in 1959

1. Slop
2. Diane
3. Song With Orange
4. unslinging Bird" (Originally titled "If Charlie Parker Were a Gunslinger, There'd Be a Whole Lot of Dead Copycats")
5. Things Ain't What They Used to Be (Mercer Ellington)
6. Far Wells, Mill Valley
7. New Now Know How
8. Mood Indigo (Barney Bigard, Duke Ellington)
9. Put Me in That Dungeon"
10. Strollin'" aka "Nostalgia in Times Square" (Mingus, George Gordon) Bonus track on CD

Musicians.
John Handy (as)
Booker Ervin (ts)
Benny Golson (ts) (2, 3, 4, 6, 10)
Jerome Richardson (bs) (2, 3, 4, 6, 10), fl (2)
Richard Williams (tp) (2, 3, 4, 6, 10)
Don Ellis (tp) (1, 5, 8, 9)
Jimmy Knepper (tb)
Roland Hanna (p) (1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9)
Nico Bunink (p) (7, 10)
Charles Mingus (b)
Dannie Richmond (ds)
Teddy Charles (vib) (2, 3, 4, 6)
Maurice Brown (cello) (2, 9)
Seymour Barab (cello) (2, 9)
Honi Gordon (vo) (10)

これまで登場したグループ "Mingus Dynasty" と同じタイトルがついたアルバムです。
リリースされたのはチャールス・ミンガスが存命中の1959年、そう、あの有名アルバム Mingus Ah Um と同じ年であり、Mingus Ah Um と同じ時期の録音で、7人編成と10人編成のセッションがあります。

このアルバムはLPとして世に出たものが不完全なトラックがあったものを、CD化にあたって、完全な録音のトラックとし、さらに Honi Gordon (vo) が加わったセッションを追加してあります。

メンバーを眺めるとさらに驚くのは、意外な人たちが加わっていることです。
えっ?ローランド・ハナ (p), ベニー・ゴルソン (ts) がいるっ!
1959年のベニー・ゴルソンは、1958年のアート・ブレイキー楽団を辞し(例の"Moanin'"他で人気沸騰した時期)アート・ファーマー (tp) との双頭グループ the Jazztet を率いていた時期にあたります。
(ちなみにこの「ジャズテット」でマコイ・タイナー (p) がデビューしています。)

参考までに Mingus Ah Um でのメンバーは John Handy (as, cl, ts), Booker Ervin (ts), Shafi Hadi (ts, as), Willie Dennis (tb), Jimmy Knepper (tb), Horace Parlan (p), Charles Mingus (b, p), Dannie Richmond (ds) となっています。
ホーレス・パーラン (p), ジョン・ハンディ (as), ブッカー・アーヴィン (ts) が奏でるサウンドが非常に印象的なアルバムだったのです。

これまでに登場したグループ "Mingus Dynasty"「ミンガス王朝」の名前はこのアルバムから取られていると思われます。

チャールス・ミンガスが敬愛するエリントンの曲が2トラックあります。
(内1トラックはデューク・エリントンの子息マーサ・エリントン作曲)
「エリントン・サウンドを小編成のコンボで再現しようとしている」といわれたチャールス・ミンガスがこれらの曲をどのように料理しているかも聴きどころになるでしょう。



[33]2017年01月22日 21:43
"Slop"

作曲 : Charles Mingus
作曲年1959

なんとなく "Better git it in your soul" に似たテーマですね。


[34]2017年01月22日 22:03
"Diane"

作曲 : Charles Mingus
作曲年1959

この曲はチャールス・ミンガス自身が何度か録音を残していたような記憶があるのですが、調べていません。
作曲年は、このアルバムの録音年にしています。

[35]2017年01月22日 22:20
"Song With Orange"

作曲 : Charles Mingus
作曲年1959

いかにもチャールス・ミンガスらしいサウンドになっています。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

コメントを書く (*の項目は入力必須)

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

Standard Jazz Song