ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > フランク・シナトラ・ソングブッ...

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

フランク・シナトラ・ソングブック

フランク・シナトラ・ソングブック 2016年12月03日 00:19
mixiユーザーmixiユーザー
マイルス・ネイスミスさんの命により、Frank Sinatra Songbookのトピを独立させます。
と言いましても、特にFrank Sinatraに詳しいわけではありませんので、皆さまのお力添えをいただきたく思います。

今までに挙がっているアルバムはこちら。

【Frank Sinatra Songbook】
 Tony Mottola/ "All The Way"/1983
 Bobby Caldwell / Come Rain Or Come Shine / 1999
 Bud Shank / Lost in The Stars: Bud Shank & Lou Levy Play the Sinatra Songbook
 Carol Sloane / The Songs Sinatra Sang
 John Pizzarelli with The Clayton-Hamilton Jazz Orchestra / Dear Mr. Sinatra
 Michael Feinstein / The Sinatra Project
 Oscar Peterson / Oscar Peterson Trio / A Jazz Portrait of Frank Sinatra
 Peter Marshall / Let's Be Frank - With A Touch Of Tommy
 Tony Bennett / Perfectly Frank
 


この中で私が聴いたことがあるのはBobby Caldwell、John Pizzarelli、Michael Feisteinの三枚です。


フランク・シナトラの情報についてはこちらをご覧ください。

Wikipedia
Frank Sinatra (December 12, 1915 – May 14, 1998)
https://en.wikipedia.org/wiki/Frank_Sinatra

IMDb
http://www.imdb.com/name/nm0000069/?ref_=fn_al_nm_1

All Music (Discography)
http://www.allmusic.com/artist/frank-sinatra-mn0000792507/discography

Discogs
http://www.discogs.com/artist/52833-Frank-Sinatra

フランク・シナトラ公認のファンクラブ Sinatra Society of Japan というサイトがあります。
http://sinatrajapan.com/


*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#43 - Carol Sloane / The Songs Sinatra Sang / Concord Records / 1996
#4 - Peter Marshall / Let's Be Frank - With A Touch Of Tommy / DSD / 2011.

*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Frank Sinatra Songbook】
 Bobby Caldwell / Come Rain Or Come Shine / 1999
 Bud Shank / Lost in The Stars: Bud Shank & Lou Levy Play the Sinatra Songbook
 Joe Lovano / Celebrating Sinatra
 John Pizzarelli with The Clayton-Hamilton Jazz Orchestra / Dear Mr. Sinatra
 Michael Feinstein / The Sinatra Project
 Mike Smith /Sinatra Songbook /1995
 Oscar Peterson / Oscar Peterson Trio / A Jazz Portrait of Frank Sinatra
 Pinky Winters / World on a String: Pinky Winters Sings Sinatra
 Tony Bennett / Perfectly Frank
 Tony Mottola / "All The Way"/1983



*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"All Or Nothing At All" (Arthur Altman/Jack Lawrence/1939) - (#9)
"At Long Last Love" (Cole Porter/1938) - (#48)
"Be Careful It's My Heart" (Irving Berlin/1942) - (#35)
"The Best is Yet To Come" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/1959) - (#56)
"Darn That Dream" (James Van Heusen/Edgar Delange/1939) - (#20)
"Fly Me To The Moon" (Bart Howard/1954) - (#50)
"I Fall in Love Too Easily" (Jule Styne/Sammy Cahn/1944) - (#55)
"I'll Be Around" (Alec Wilder/1942) - (#49)
"In the Still of the Night" (Cole Porter/1937) - (#45)
"In the Wee Small Hours of the Morning" (David Mann/Bob Hilliard/1955) - (#51)
"It Started All Over Again" (Bill Carey/Carl Fischer/1942) - (#12)
"I'll Never Smile Again" (Ruth Lowe/1939) - (#5)
"(I'm Getting) Sentimental Over You" (Ned Washington/George Bassman/1932) - (#39, 40)
"I've Got You Under My Skin" (Cole Porter/1936) - (#44)
"Let's Be Frank" (Alan Copeland/2011) - (#5)
"The Night We Called It a Day" (Matt Dennis/Tom Adair/1941) - (#33, 53)
"One for My Baby (And One More for the Road)" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1943) - (#46)
"The One I Love Belongs to Somebody Else" (Isham Jones/Gus Kahn/1924) - (#15)
"Polka Dots and Moonbeams" (James Van Heusen/Johnny Burke/1940) - (#31)
"Signing Off Spoken Credits" - (#41)
"Street of Dreams" (Victor P. Young/Samuel M. Lewis/1932) - (#37)
"This Love of Mine" (Sol Parker/Frank Sinatra & Hank Sanicola/1941) - (#5)
"You Go to My Head" (J. Fred Coots/Haven Gillespie/1938) - (#54)
"You Make Me Feel So Young" (Josef Myrow/Mack Gordon/1946) - (#52)
"Will You Still Be Mine?" (Matt Dennis/Tom Adair/1941) - (#22)





コメント(59件)

[20]2016年04月08日 23:50
"Darn That Dream"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Edgar Delange
作曲年 : 1939

この曲はミュージカル(舞台) Swingin' The Dream (1939) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/13212
このミュージカルは、ルイ・アームストロングやベニー・グッドマンが出演するものだったのですが、なんと13回で終わってしまいました。
しかし、この曲は大ヒットになり、楽譜が200万枚も売れたそうです。

大スタンダード曲になってしまいました。

例によってアラン・コープランドが付け加えた歌詞の部分が楽しいので、歌詞カードをスキャンして取り込んだものを貼り付けておきます。


5.DARN THAT DREAM
Darn that dream
I dream each night
You say you love me and you hold me tight
But when I awake, you're out of sight
Oh, darn that dream

Darn those (your) lips, darn those (your) eyes
They lift me high above the moonlit sky
Then I tumble out of paradise
(And in that paradise lost waits a love scene supreme)
Oh, darn (darn) that dream

Darn that one track mind of mine
It can't understand that you don't care
Just to change the mood I'm in
I'd welcome a nice old night mare
(Blues in the night old nightmare)

Darn that dream
But bless it too
Without that dream I never would have you
How still it haunts me and it won't come true
Oh, darn that dream

(interlude and repeat)

Darn that dream

フランク・シナトラの音源が見当たらなかったので、1939年のトミー・ドーシー楽団の音源です。
歌っているのは Anita Boyer です。
[21]2016年04月09日 00:11
>>[20]
夢では君は僕を好きだと言い、僕をしっかりと抱いてくれる
でも夢から覚めると君はいない
もうこんな夢はたくさん
君の唇や瞳は僕の気持ちを月夜の空よりも上に高めてくれる
でも夢のなかの君の唇や瞳なんかいらない
そのあと僕は天国からころげ落ちるだけだもの
こんな夢は願い下げだ

たった一つ、君のことしか考えられない僕の頑固な心よ、くたばれ!
僕の心は君が僕のことなど気にもかけていないということが判らないんだ
とにかくこの滅入った気分から抜け出るためなら
昔よく見た恐ろしい悪夢だって大歓迎さ!

君の夢なんかどこかに行ってしまえ、あ、いや、ありがとう
この夢がなかったら、僕は君に会えはしないんだからね
僕につきまとい苦しめる夢、しかもけっして叶うことのないこの夢
こんな夢はくたばってしまえ!

        村尾陸男 「ジャズ詩大全」 より
[22]2016年04月30日 21:48
"Will You Still Be Mine"

作曲 : Matt Dennis
作詞 : Tom Adair
作曲年 1941

マット・デニスがトミー・ドーシーに提供した曲の中の一つで、コニー・ヘインズをフィーチャーしたトミー・ドーシー楽団のレコードがヒットしました。

大スタンダード曲になっています。

そう、この曲もマット・デニスが書いたものなのです。

例によってアラン・コープランドが付け加えた歌詞の部分が楽しいので、歌詞カードをスキャンして取り込んだものを貼り付けておきます。


MIXIのコメント欄の文字数の制約で、歌詞は別項にします。
[23]2016年04月30日 21:54
>>[22]
曲名は、正しくは、"Will You Still Be Mine?" です。


6・WILL YOU STILL BE MINE?

Hey baby, just before we tie the knot
Seal it with a kiss
I hate to put you on the spot
But let me ask you this
When lovers make no rendezvous
To stroll along Fifth Avenue
When this familiar world is through
Will you still be mine?
Be his Valentine
When cabs don't drive around the park
Once around the park
No windows light the summer dark
When love has lost its secret spark
Dancin' in the dark
Will you still be mine?

When moonlight on the Hudson's not
romancy
And spring no longer turns a young man
fancy
When glamour girls have lost their charms
And sirens all mean false alarms
When lovers heed no call to arms
Will you still be mine?

She answered Yes to everything you crooned
It seemed to really rate
Now let's discuss this great Matt Dennis tune
And bring it up to date

When Ellen won't dance in the aisles
And Oprah Winfrey never smiles
And when Judge Judy has no trials
Here come the judge
Will you still be mine?
Will you be his Valentine?
When Barnes & Noble aren't a pair
A pair of aces
And Wall Street plays it on the square
Back in good graces
When Donald Trump blow-dries his hair
Hurry up, we're on the air
Will you still be mine?

When 3D movies never make you dizzy
In a tizzy
And when I call you and your line's not busy
When Johnny Depp's not quite so cute
And, when Gil Hauser wears a suit
Quick! The mute!
When wise old owls don't give a hoot
Don't shoot!
Will you still be -- will you wear my ring
When the band won't swing?

(interlude)

When classic films aren't fun to see
On TCM or DVD
When Tarzan can't climb up a tree
Here's Johnny!
Will you still be mine?

When there's no songs of Ella, Frank or
Sarah
No golden memories of the Big Band era
When there's no fun along the way
And there's no Yes in yesterday
Hey!
And when our love's not here to stay
That'll be the day
Will you still be mine?
Be his funny Valentine, milk and honey
down the line
Still be mine?

[24]2016年04月30日 21:56
>>[23]

ドナルド・トランプやジョニー・ディップが出てきたり、楽しいおかずが入っています。
なかにはよくわからない名前も出てきますが、みなさんご自身でお調べください。
[25]2016年04月30日 22:41
>>[22] "Will You Still Be Mine?"

         VERSE
Ever since my heart took such atumble
I've wondered if your love for me would last
When landmarks fall and institutions crumble
Will it be just a mem'ry of the past?

        CHORUSI
When lovers make no rendezvous
To stroll along Fifth Avenue
When this familiar world is thru
Will you still be mine?
When cabs don't drive around the park
No windows light the summer dark
When love has lost its secret spark
Will you still be mine?

When moonlight on the Hudson's not romancy
And spring no longer turns a young man's fancy

When glamour girls have lost their charms
And sirens all mean false alarms
When lovers heed no call to arms
Will you still be mine?

         CHORUS2
When deserts all run out of sand
When that grand canyon isn't grand
And when there's a topless Disneyland
Will you still be mine?
When Taylor finds eternal youth
And Martinis don't requlre vermouth
When politicians tell the truth
Will you still be mine?

When losing gamblers rush to pay their bookies
And get their hottest tips from fortune cookies
When Texas millionaires won't spend
And when this song comes to an end
That's right, now, my faithful friend
Will you still be mine?

[訳]
        ヴァース
君に夢中になってしまってからというもの
君の僕への気持ちがどこまでつづくんだろうかとそればかり気になるんだ
名所旧跡が消えてなくなって、でっかい建物が倒れてしまったら
君の僕への気持ちもただの思い出になっちゃうんだろうか?

         コーラス1
もし恋人たちが待ちあわせて
フイフス・アヴェニューを散歩したりしなくなっても
このおなじみの世の中がお終いってことになっちゃても
それでもきみはまだ僕のものでいてくれるかい?
タクシーが公園のまわりを流してあるかなくなっても
夏の夜を窓の灯りが照らしてくれなくなり
恋がその魔法の火花を感じさせなくなってしまっても
それでも僕のものでいてくれるかい?
ハドソン川にさす月の光りがロマンティックに見えなくなっても
春になっても若い男たちが物思いにふけらなくなっても

グラマー・ガールたちがちっとも魅力的じゃなくなっても
サイレンと言ったら妖精のことじゃなくて
いつも間違い警報のことになっちゃっても
恋人たちが抱きあうことを面倒くさがるようになっても
それでも君はまだ僕のものでいてくれるかい?

[26]2016年04月30日 22:43
>>[25]になっちゃっても
それでも君は僕のものでいてくれるのかなあ?

[27]2016年04月30日 22:44
>>[26] 続き

         コーラス4
エルザ・マクスウェルのパーティが退屈になっちゃっても
フランクリン・ローズヴェルトが大統領選に出なくなっても
エリノア夫人の“私の日”が終ってしまってもさ
君は僕のものでいてくれるのかい?
グレタ・ガルポがインタヴユーを断らなかったり
ハーレムの人たちがブルースを忘れちゃったり
FBIのフーヴアー長官がなんにも情報をつかめなくなってもさ
それでも君は僕のものでいてくれるのかい?

住宅ローンを完全に払い終えるなんてことがほんとにあったとして
その時になっても、僕らの愛はまだ明るいメロディを奏でてると思うかい?

あのバリモアが舞台から引退することになっても
そしてヤフーデイが仕事をやめてしまっても
クロズビイの持ち馬がレースに勝ったりしてもさ
そんなことが起きても君は僕のものでいてくれるのかい?


[28]2016年04月30日 22:45
>>[27]

 村尾陸男 「ジャズ詩大全」 より

[29]2016年04月30日 22:52
もともとの歌詞が長いもので、しかも1941年という時代背景を強く取り入れた内容なので、半世紀以上たった現在では、すぐには判らない事象、人名、風俗が出てきます。

これらを調べるのも楽しみでしょうし(ほんとうか?)、ををっ!と判るものもあるでしょう。

ディズニーランドは1941年には既にあったとか…
マリリン・モンロウは判ってもグレタ・ガルボは判らないとか…


Connie Haines, Tommy Dorsey - WILL YOU STILL BE MINE です。


[30]2016年05月08日 15:54
"Sinatra Songbook" Mike Smith
サックス奏者のマイク・スミスが1995年にDelmarkで製作した、シナトラのソングブックです。
マイクはアルトとソブラのサックスを使い,派手さは無いかもしれませんが品のよい演奏でシナトラの愛唱曲を聞かせてくれます。
バックを務める二人のピアニストも、このアルバムの雰囲気を盛り上げています。

Mike Smith(as&ss), Jim Ryan or Ron Perillo(p), John Whitfield(b), Bob Rummage(dms);

1, All or nothing at all.
2. Nancy with the laughing face.
3. I get a kick out of you.
4. Angel eyes.
5. Dindi.
6. In the wee small hours of the morning.
7.September in the rain.
8. Guess I'll hang my tears out to dry.
9. I remember you.
10. Only the lonely.

Only the lonely.


[31]2016年06月03日 23:29
"Polka Dots and Moonbeams"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1940

この曲はフランク・シナトラがトミー・ドーシー・楽団と最初に録音し、大ヒットしました。

ポルカ・ドッツというのは水玉模様のことで、かって某国のPMにポルカ・ドッツのタイが好きな人がいましたね :-)

また、ビキニ・スタイルの水着が世に登場した頃にはやった歌で、She was afraid to come out of the locker.... と歌われた曲でも、彼女が始めて身に着けるビキニ・スタイルの水着は水玉模様でした。
ここのところですね。
It was an itsy bitsy, teenie weenie, yellow polka-dot bikini
That she wore for the first time today


ほのぼのとした歌で、大スタンダード曲になっています。

例によってアラン・コープランドが付け加えた歌詞の部分が楽しいので、歌詞カードをスキャンして取り込んだものを貼り付けておきます。


7.POLKA DOTS AND MOONBEAMS
A lucky boy, a lucky girl, a lucky night for
 romancing
He made his move which goes to prove
The best things happen while you're
 dancing

A country dance was being held in a garden
I felt a bump and heard an "Oh, beg your
 pardon"
Suddenly I saw polka dots and moonbeams
All around a pug-nosed dream
The music started and was I the perplexed
 one
I held my breath and said "May I have
 the next one?"
In my frightened arms, polka-dots and
 moonbeams
Sparkled on a pug-nosed dream

There were questions in the eyes of other
 dancers
As we floated over the floor
Say no more

There were questions but my heart knew
  all the answers
And perhaps a few things more
(Looking to the dancing floor)

Now in a cottage built of lilacs and laughter
I know the meaning of the words "Ever after"
And I'll always see polka-dots and
 moonbeams
When I kiss my pug-nosed dream

Out on their own with music made for dancing
Tommy's trombone enhancing their
 romancing
(Oh, what appears in two short years
Some things so dear and enhancing
A little boy, a baby girl)

(interlude)

This is the time, hearts beating low, so fast
The spell was cast

There were questions in the eyes of other
 dancers
As we floated over the floor

(repeat from * till before interlude)

The best things happen while you're dancing
Polka dots and moonbeams

[32]2016年06月03日 23:35
>>[31] "Polka Dots and Moonbeams"

フランク・シナトラとトミー・ドーシー楽団の音源です。

この曲が書かれた1940年には米国ではパグという種類の犬が人気だったようですね。
1940年というと第二次世界大戦が始まったばかりの頃です ^^;


A country dance was being held in a garden
I felt a bump and heard an "Oh, beg your pardon"
Suddenly I saw polka dots and moonbeams
All around a pug-nosed dream

The music started and was I the perplexed one
I held my breath and said "May I have the next one?"
In my frightened arms, polka dots and moonbeams
Sparkled on a pug-nosed dream

There were questions in the eyes of other dancers
As we floated over the floor
There were questions but my heart knew all the answers
And perhaps a few things more

Now in a cottage built of lilacs and laughter
I know the meaning of the words "Ever after"
And I'll always see polka dots and moonbeams
When I kiss the pug-nosed dream

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20061005

[33]2016年06月03日 23:43
"The Night We Called It a Day"

作曲 : Matt Dennis
作詞 : Tom Adair
作曲年 1941

この曲は、あの、マット・デニスが書いた曲で、大スタンダード曲になっています。
フランク・シナトラの1942年の録音が大ヒットしました。

このトラックではカラブリア・フォティの美しい声も聴けます。

例によってアラン・コープランドが付け加えた歌詞の部分が楽しいので、歌詞カードをスキャンして取り込んだものを貼り付けておきます。

この曲は【スタンダードソングタイトルの、名迷訳】トピでは未出でしたね :-)


8.THE NIGHT WE CALLED IT A DAY
Sad songs from a lark as stars recall
The night they parted
By the garden wall

There was a moon out in space
But a cloud drifted over its face
You kissed me and went on your way
The night we called it a day

I heard the song of the spheres
Like a minor lament in my ears
I hadn't the heart left to pray
The night we called it a day


Soft through the dark
The hoot of an owl in the sky
Sad though his song
No bluer was he than I
(Sad though his song
 No bluer was he than I)

★★
The moon went down, stars were gone
But the sun didn't rise with the dawn
There wasn't ' a thing left to say
The night we called it a day

Night and parting of the ways
In my heart a purple haze
A true love had wandered away
The night we called it a day

Filled with whistling in my ears
With my kiss of a mist of tears
Goodbye and yet wanting to stay
The night we called it a day

(repeat * **)

Here we're gone away



[34]2016年06月03日 23:52
>>[33]の解説によりますと、この曲名は【僕たちが終わりにした夜】という意味になるそうです。


There was a moon out in space
But a cloud drifted over it's face
You kissed me and went on your way
The night we called it a day
I heard the song of the spheres
Like a minor lament in my ears
I hadn't the heart left to pray
The night we called it a day

Soft through the dark
The hoot of an owl in the sky
Sad though his song
No bluer was he than I

The moon went down stars were gone
But the sun didn't rise with the dawn
There wasn't a thing left to say
The night we called it a day
There wasn't a thing left to say
The night we called it a day

歌詞の和訳があります。
http://blog.goo.ne.jp/keyagu575/e/12e11b089a4f31a06fbc3655afa49f96

マット・デニス自身の音源も聴いておきましょう。

[35]2016年06月27日 21:29
"Be Careful It's My Heart"

作曲・作詞 : Irving Berlin
作曲年 1942

この曲は映画 Holiday Inn (1942) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0034862/?ref_=fn_al_tt_1
主演はビング・クロスビー、フレッド・アステアそしてマージョリー・レイノルズです。

映画の中ではビング・クロスビーがピアノを弾きながら歌い、フレッド・アステアが踊っています。

例によってアラン・コープランドが付け加えた歌詞の部分が楽しいので、歌詞カードをスキャンして取り込んだものを貼り付けておきます。


9.BE CAREFUL, IT'S MY HEART

Hey, girl, you'd read between the lines in
the past
Well, they were dreams that just couldn't last
You're careless with romance
Out of step with this dance
So change your tune
And change it fast

So be careful, it's my heart
It's not my watch you're wearing, it's my heart

It's not the note I sent you
That you quickly burned
It's not the book I lent you
That you never returned

Remember,
Take some time away from yourself
It's my heart
Put those yesterdays on the shelf
The heart with which so willingly I part
It's yours to take, to keep or break
But please, before you start
Be careful, it's my heart

(interlude)

Don't be careless
Now that you've got him loving you
Don't play fair less
Be sure he knows your love is true

Don't rush the magic moment
Take time for the thrill
And those candlelit afterglows meant
For two ti have their fill

Remember, it's my heart
The heart with which so willingly I part
Play on his heartstrings
It's yours to take, to keep or break
But please, before you start
Be careful, yeh!
Be careful and remember, yeh!
In May or in December
It's my heart

Remember, yeh!
To treasure your endeavor, yeh!
Until the twelfth of never
It's his heart
Oh, veh!


[36]2016年06月27日 21:36
>>[35] "Be Careful It's My Heart"

フランク・シナトラ1942年の音源です。

歌詞を眺めてみると、少し情けない気分になりますね。
歌詞の和訳は見当たりませんでした。


Be careful, it's my heart
It's not my watch you're holding, it's my heart
It's not the note that I sent you that you quickly burn
It's not a book I lent you that you never return

Remember, it's my heart
The heart with which so willingly I part
It's yours to take, to keep or break
But please before you start
Be careful, it's my heart

映画の1シーンです。
しかし、1942年というと第二次世界大戦のさなかですね ^^;


[37]2016年06月27日 21:48
"Street of Dreams"

作曲 : Victor P. Young
作詞 : Samuel M. Lewis
作曲年 1932

米国の大恐慌は1929年に始まりました。
その3年後に書かれた曲です。

例によってアラン・コープランドが付け加えた歌詞の部分が楽しいので、歌詞カードをスキャンして取り込んだものを貼り付けておきます。


10.STREET OF DREAMS
Some will travel their way
Others make a turn
Some will find their fair way
Others never learn that

Love laughs at a king
Kings don't mean a thing
On the street of dreams
Dreams broken in two
Can be made like new
On the street of dreams


Gold, silver and gold
All you can bold
Is in the moonbeams
Poor, no one is poor
Long as love is sure
On the street of dreams

Just as long as there's love
The street you walk is gold
You never grow old
You'll stay young instead
With your head on his shoulder

Nothing can buy a kiss or a sigh
When you give love, a hug gets you high
Pure love and allure
Welcome to be sure
On the street of...

(repeat *)

Here on the street of dreams

[38]2016年06月27日 21:52
>>[37]のすばらしい解説と対訳があります。
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2011/10/32-street-of-dreams.html

フランク・シナトラ1942年の音源です。


Love laughs at a king
Kings don't mean a thing
On the street of dreams

Dreams broken in two
Can be made like new
On the street of dreams

Gold, silver and gold
All you can hold
Is in the moonbeam

Poor, no one is poor
As long as love is sure
On the street of dreams

Gold, silver and gold
All you can hold
Is in the moonbeam

Poor, no one is poor
As long as love is sure
On the street of dreams


[39]2016年07月26日 21:20
"(I'm Getting) Sentimental Over You"

作曲 : Ned Washington
作詞 : George Bassman
作曲年 1932

トミー・ドーシー楽団の演奏するダンス曲としてヒットしました。
(このときはまだフランク・シナトラは十代で、彼がローカルバンドで歌いだしたのは1935年頃です)
彼がトミー・ドーシー楽団の専属歌手として活動したのは、Tommy Dorsey years (1939–42) と呼ばれる時期になります。

後年、彼はトミー・ドーシー楽団でこの曲を録音しています。

例によってアラン・コープランドが付け加えた歌詞の部分が楽しいので、歌詞カードをスキャンして取り込んだものを貼り付けておきます。

素敵な曲です。


11. I'M GETTI' SENTIMENTAL
  OVER YOU

I'm getting sentimental over you
Sentimental
Things you say and do
Just thrill me through and through
I'm getting sentimental over you

I thought I was happy
I could live without love
Now I must admit, love is all that I'm
 thinking of

Won't you please be kind
And just make up your mind
Make up your mind
To please be sweet and gentle
Be gentle with me
'Cause I'm getting sentimental over you

Never cared so much
Never shared so much

Little things you say and do
They just Thrill me through and through
It's elemental
I'm sentimental over you

His world was blue
He didn't know then
How hearts could glow then
Thought he was simply above someone's
love
Around the corner
Was something warmer
What was this fool thinking of?
Love gave a shove to us

Could it be you'll fbel the same?
Meet tbe keeper of the flame?
So please be sweet and gentle
Be gentle with me
'Cause I'm getting sentimental over you
The storm is torrential

Yes, I'm getting sentimental over you
He's gone, game won
This guy's in love with you


[40]2016年07月26日 21:35
>>[39] "(I'm Getting) Sentimental Over You"

トミー・ドーシー楽団の音源です。



フランク・シナトラが1965年、トミー・ドーシー死後にリリースしたアルバム I Remember Tommy の音源です。
https://en.wikipedia.org/wiki/I_Remember_Tommy
(これはトミー・ドーシー・ソングブックになるのかもしれませんね)


Never thought I'd fall, but when I hear you call,
I'm getting sentimental over you.
Things you say and do just thrill me through and through,
I'm getting sentimental over you.
I thought I was happy I could live without love,
Now I must admit, love is all I'm thinking of.
Won't ypu please be kind, and just make up your mind
That you'll be sweet and gentle, be gentle with me
`Cause I'm getting sentimental over you.

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20110515
[41]2016年07月26日 21:45
"Signing Off Spoken Credits"

トラックの最後は出演者等を紹介するトラックになっています。




このトラックのバックで流れるのは、フランク・シナトラがエンディング・テーマとして使っていた "Put your dreams away for another day" です。

フランク・シナトラの音源です。

[42]2016年07月26日 21:52
これで

Peter Marshall / Let's Be Frank - With A Touch Of Tommy

の全トラックが紹介できました。

スイング・エラの名曲ぞろいでしたね。

ものすごく気の利いた編曲と、アラン・コープランドが付け加えた歌詞が楽しい内容になっています。

楽しめるアルバムでした :-)

しかし、フランク・シナトラの Tommy Dorsey years (1939–42) とよばれているのは、第二次世界大戦中になるのですね。


[43]2016年08月27日 23:16
次はこれにしましょう。

Carol Sloane / The Songs Sinatra Sang

Label : Concord Records

Recorded at Power Station, NYC, March 4 & 5, 1996.

1. I've Got You Under My Skin (Cole Porter)
2. In the Still of the Night (Cole Porter)
3. One for My Baby (And One More for the Road) (Harold Arlen / Johnny Mercer)
4. At Long Last Love (Cole Porter)
5. I'll Be Around (Alec Wilder)
6. Fly Me to the Moon (Bart Howard)
7. In the Wee Small Hours of the Morning (Bob Hilliard / David Mann)
8. You Make Me Feel So Young (Mack Gordon / Josef Myrow)
9. The Night We Called It a Day (Tom Adair / Matt Dennis)
10. You Go to My Head (J. Fred Coots / Haven Gillespie)
11. I Fall in Love Too Easily (Sammy Cahn / Jule Styne)
12. The Best Is Yet to Come (Cy Coleman / Carolyn Leigh)
13. Young at Heart (Carolyn Leigh / Johnny Richards)

Musicians
Carol Sloane (vo)
Frank Wess ((fl), 2, 6, (ts), 3-5, 7, (arr) 10)
Bill Charlap (p, arr, 3-5, 7-9, 11, 13)

(1-6, 10, 12)
Byron Stripling (tp)
Greg Gisbert (tp)
Steve Turre (tb)
Bill Easley (ss, as, ts)
Scott Robinson (bs, bass-sax, b-cl, arr, 1, 6, 12)

(2, 4)
Michel Abene (arr)

(1, 2, 4, 6, 10, 12)
Ben Brown (b)
Dennis Mackrel (ds)

(3, 5, 7, 9, 11)
Sean Smith (b)
Ron Vincent (ds)


フランク・シナトラは生涯に600曲余りを録音したとされています。
彼の活躍した年月を考えると、これが多いのか、少ないのか、よくわからないのですが、これだけの曲数なら、たいがいの有名曲、スタンダード曲はカヴァーできていることでしょう。

キャロル・スローンのこのアルバムの選曲を見ても、フランク・シナトラが歌ったのを覚えているものや、この曲なら彼は手がけていただろうなぁという曲が並んでいます。


キャロル・スローンについては、他のトピで既に登場していますので、新たな説明は加えませんが、すばらしい歌手です。


[44]2016年08月27日 23:44
"I've Got You Under My Skin"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 : 1936

この曲は映画 Born to Dance (1936)
http://www.imdb.com/title/tt0027387/?ref_=fn_al_tt_2

曲については、
【スタンダードソングタイトルの、名迷訳】 #88
【コール・ポーター ソングブック】 #50
もあわせてご覧ください。

(MIXIの仕様上、他トピへのアンカー付けができないのが一段と不自由になってきました(汗))

フランク・シナトラはこの曲を1946年に彼のラジオショウで初めて歌ったそうです。

キャロル・スローンの上手さをじっくりと聴いてください。


I've got you under my skin
I've got you deep in the heart of me
So deep in my heart that you're really a part of me
I've got you under my skin

I'd tried so not to give in
I said to myself this affair never will go so well
But why should I try to resist when baby I know so well
I've got you under my skin

I'd sacrifice anything come what might
For the sake of having you near
In spite of a warning voice that comes in the night
And repeats, repeats in my ear
Don't you know little fool
You never can win
Use your mentality, wake up to reality
But each time I do just the thought of you
Makes me stop before I begin
Because I've got you under my skin

I would sacrifice anything come what might
For the sake of having you near
In spite of the warning voice that comes in the night
And repeats how it yells in my ear
Don't you know little fool
You never can win
Why not use your mentality
Step up, wake up to reality
And each time I do just the thought of you
Makes me stop just before I begin
Because I've got you under my skin
yes I got you under my skin


歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070207

フランク・シナトラはこの曲を何度か録音しているようですが、この音源の録音年はわかりません ^^;


[45]2016年09月19日 21:45
"In the Still of the Night"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1937

この曲はミュージカル映画 Rosalie (1937) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0029499/?ref_=fn_al_tt_1

コール・ポーターの名曲のひとつですね。

【コール・ポーター ソングブック】 #16 もあわせてご覧ください。

キャロルの歌唱はなかなか雰囲気があります。


In the still of the night, as I gaze from my window
At the moon in its flight, my thoughts all stray to you
In the still of the night, while the world is in slumber
Oh, the times without number, darling when I say to you

Do you love me as I love you
Are you my life-to-be, my-dream-come-true
Or will this dream of mine fadeout of sight

Like the moon growing dim
On the rim of the hill
In the chill, still of the night


よるの静けさのなかで月の航海を窓から眺めていると
僕の思いはすべてきみのところへさまよっていく
よるの静けさのなか、世界がまどろんでいるころ
何度も何度もくり返し僕はきみに言う

僕が愛しているようにきみは僕を愛してくれるかい?
きみは僕の伴侶に、夢見ていた人になってくれるかい?
あるいはこの僕の夢は消えてしまうのだろうか?
丘のうえの緑のむこうの
よるの冷たい静けさのなかに
おぼろげに消えていく月のように


         村尾陸男 「ジャズ詩大全」 より

[46]2016年09月19日 21:56
"One for My Baby (And One More for the Road)"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1943

この曲は映画 The Sky's the Limit (1943) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0036363/?ref_=fn_al_tt_1
主演はフレッド・アステアとジョーン・レスリーです。

【ジョニー・マーサー ソングブック】 #13 もご覧ください。

ハロルド・アーレンとジョニー・マーサーのコンビが書いた名曲ですね。

この曲の状況は主として男の姿を歌っているので、キャロルは客観的視点から歌っているという解釈になるのでしょうか。

1943年ごろにはジュークボックスがあったということがわかりますね。
う〜ん、1943年というと第二次世界大戦中になります。


It's quarter to three,
There's no one in the place 'cept you and me
So set 'em' up joe
I got a little story I think you oughtta know

We're drinking my friend
To the end of a brief episode
So make it one for my baby
And one more for the road

I know the routine
Put another nickel in that there machine
I'm feeling so bad
Won't you make the music easy and sad

I could tell you a lot
But you gotta to be true to your code
So make it one for my baby
And one more for the road

You'd never know it
But buddy I'm a kind of poet
And I've got a lot of things I want to say
And when I'm gloomy, won't you listen to me
Till it's all, all talked away

Well, that's how it goes
And Joe I know you're gettin' anxious to close
So thanks for the cheer
I hope you didn't mind
My bending your ear

But this torch that I found
It's gotta be drowned
Or it soon might explode
So make it one for my baby
And one more for the road


歌詞の和訳があります。
http://www.fujiura.com/fgod/songs/oneformybaby.htm


[47]2016年09月19日 22:07
>>[45], >>[46]

フランク・シナトラの音源が落ちていました m(_ _)m


In the Still Of The Night -1962のライブ動画です。



One For My Baby (Live At Royal Festival Hall / 1962) のライブ動画です。



[48]2016年09月19日 22:53
"At Long Last Love"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1938

この曲はミュージカル(舞台) You Never Know (1938) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/you-never-know-12377

コール・ポーターが書いた有名曲の一つです。
【コール・ポーター ソングブック】では未登場ですが、Ella Fitzgerald / Ella Loves Cole.  Ella Fitzgerald / Dream Dancing の方には収録されていますので、いずれ登場する機会があるでしょう。


歌詞の中に「地震」が出てくる曲です。
他にも1938年なら一般に知られていた固有名詞が出てきますが、今の時代では解説がないと判りませんね ^^;

lifer : 終身刑
windfall : 降ってわいた幸せ
mock : まがいもの
real McCoy : 本物(謂れがあるようですが、省略します)
lark : 冗談、戯れ
Granada : スペイン南部の州、州都でアルハンブラ宮殿がある。(スペインの歴史と共に調べてくださいね)
Asbury Park : 米国ニュージャージー州の都市の名、公園の名前ではない。ありふれた郊外の街として例示している。


キャロルの気分タップリの歌唱を聴いてください。


VERSE

I'm so in love
And though it gives me joy intense
I can't decipher
If I'm a lifer or if it's just a first offense
I'm so in love
I've no sense of values left at all
Is thing a playtime affaire of Maytime
Oh is it a windfall?

CHORUS

Is it an earthquake or simply a shock?
Is it the good turtle soup or merely the mock?
Is it a cocktail, this feeling of joy?
Or is what I feel the real McCoy?

Is it for all time or simply a lark?
Is it Granada I see or only Asbury Park?
Is it a fancy not worth thinking of?
Or is it at long last love?

Is it an earthquake, or simply a shock?
Is it the good turtle soup, or is it merely the mock?
Is it a cocktail, this feeling of joy?
Or is what I feel the real McCoy?

Is it for all time or simply a lark?
Is it Granada I see or only Asbury Park?
Is it a fancy, not worth thinking of?
Or is it at long long long last love?

ヴァース

僕は恋の熱に浮かされていてそらは大きな悦びをもたらしてくれるけれども
この恋が終身刑に発展するのかほんの初犯で終わるのか
僕には判断できないんだ
僕はあまりにも恋に熱中していて
もう自分のなかになんお価値観も残っていないほどさ
これは五月の遊びの一時の出来事なんだろうか?
それとも降ってわいた幸せなんだろうか?

コーラス

これは地震なのかな、それとも単なるショック?
美味しい亀のスープなの、それともそのまがいもの?
これはカクテルのように混ざり合った悦びの感覚にすぎないのかな?
あるいはこの僕の感じているものは本物なんだろうか?
これはずっと続くものなのか、それとも一時の穢れでしかないのか?
この目に見えるものはグラナダ、それともたたのアズベリィ・パーク?
考えるに値しない幻想にすぎないのか
それとも永いこと待っていた愛なのだろうか?

    村尾陸男 「ジャズ詩大全」 より


フランク・シナトラ 1957年の音源です。

[49]2016年10月12日 21:59
"I'll Be Around"

作曲・作詞 : Alec Wilder
作曲年 1942

アレック・ワイルダーが書いた大スタンダード曲です。
実に多くの人たちが手がけています。

アレック・ワイルダーが書いた本(口述筆記) American Popular Song: The Great Innovators, 1900–1950
は20世紀前半のポピュラー音楽の解説書として、研究者にとっては欠かせない本になっているそうです。

キャロルの実にしっとりとした歌唱を聴いてください。


I'll be around no matter how you treat me now,
I'll be around from now on.
Your latest love can never last,
And when it's past, I'll be around when he's gone.

Goodbye again and if you find a love like mine,
Just now and then drop a line
To say you're feeling fine.
And when things go wrong,
Perhaps you'll see you're meant for me,
So, I'll be around when he's gone.

Goodbye again
Now and then
Drop a line
To say that you're feeling fine
And when things go wrong,
Perhaps you'll see you're meant for me,
So, I'll be around when he's gone.

僕はいつまでもきみからはなれるまい
きみがいま僕をどう扱おうと僕はずっときみのそばにいたい
きみのいまの恋は長くはつづかないだろうな
その恋が終わって彼が去ったときも僕はきみのそばにいるよ

またしばらくの別れだね
もし僕等のあいだのような恋を見つけることがあったら
うまくいってるって手紙を書いておくれよ

でも何かがうまくいかなくなったら
きっと僕がきみにはぴったりの相手だって判るさ
だから彼が去ったとき僕は君のすぐそばにいるからね

      村尾陸男 「ジャズ詩大全」 より


フランク・シナトラの音源です。


[50]2016年10月12日 22:12
"Fly Me To The Moon"

作曲・作詞 : Bart Howard
作曲年 1954

非常によく知られた大スタンダード曲ですね。
フランク・シナトラの歌唱が一番知られているかもしれません。

この曲については tamae さんのすばらしい解説をご覧ください。

http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2011/01/evergreen5nyfly-me-to-the-moon.html

キャロルは小気味よくスイングしています。


Fly me to the moon
Let me play among the stars
Let me see what spring is like
On Jupiter and Mars

In other words, hold my hand
In other words, baby , kiss me

Fill my heart with song
and let me sing forever more
You are all I long for
All I worship and adore

In other words, please be true
In other words, I love you

Fill my heart with song
Let me sing forever more
You are all I long for
All I worship and adore

In other words, please be true
In other words, I love you
In other words, I love you.


フランク・シナトラの音源です。


[51]2016年10月12日 22:36
"In the Wee Small Hours of the Morning"

作曲 : David Mann
作詞 : Bob Hilliard
作曲年 1955

この曲はフランク・シナトラの1955年のアルバム In the Wee Small Hours のために書き下ろされたものです。

しかし、ジョニー・ハートマンの歌唱なら知っているよとおっしゃる方もいらっしゃるでしょう :-)

キャロルのこの手の曲調の歌唱を聴くと、うっとりとしてしまいますね。


(Verse)
When the sun is high in the afternoon sky
You can always find something to do
But from dusk till dawn as the clock ticks on
Something happens to you

(Chorus)
In the wee small hours of the morning,
While the whole wide world is fast asleep,
You lie awake and think about the girl
And never, ever think of counting sheep.

When your lonely heart has learned its lesson,
You'd be hers if only she would call,
In the wee small hours of the morning,
That's the time you miss her most of all.

歌詞の和訳があります。
http://topaz.way-nifty.com/niko/2012/03/in-the-wee-smal.html


フランク・シナトラの音源です。

[52]2016年11月07日 23:53
"You Make Me Feel So Young"

作曲 : Josef Myrow
作詞 : Mack Gordon
作曲年 1946

この曲は映画 Three Little Girls in Blue (1946) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0039026/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Three_Little_Girls_in_Blue

作曲者の Josef Myrow (February 18, 1910 – December 24, 1987) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Josef_Myrow
作詞者の Mack Gordon (June 21, 1904 – February 28, 1959) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Mack_Gordon

よく知られた曲です。
楽しい曲ですね :-)

forget-me-nuts というのは「わすれなぐさ」のことなんですね。
写真を下に貼り付けておきます。


You make me feel so young.
You make me feel as though spring has sprung.
And every time I see you grin,
I'm such a happy individual.

The moment that you speak,
I want to go and play hide and seek.
I wanna go and bounce the moon,
Just like a toy balloon.

You and I
Are just like a couple of tots,
Running across a meadow
Pickin' up lots of forget-me-nots.

You make me feel so young.
You make me feel there are songs to be sung,
Bells to be rung,
And a wonderful fling to be flung.

And even when I'm old and gray,
I'm going to feel the way I do today
Because you make me feel so young.

You make me feel so young.
You make me feel as though spring has sprung.
And every time I see you grin,
I'm such a happy individual.

The moment that you speak,
I want to go and play hide and seek.
I wanna go and bounce the moon,
Just like a toy balloon.

You and I
Are just like a couple of tots,
Running across a meadow
Pickin' up lots of forget-me-nots.

You make me feel so young.
You make me feel there are songs to be sung,
Bells to be rung,
And a wonderful fling to be flung.

And even when I'm old and gray,
I'm going to feel the way I do today
Because you make me feel so young.

歌詞の和訳があります。
http://momoman.hateblo.jp/entry/2015/10/21/150331

フランク・シナトラの音源です。


[53]2016年11月08日 00:09
"The Night We Called It a Day"

作曲 : Matt Dennis
作詞 : Tom Adair
作曲年 1941

曲情報については >>[33] をご覧ください。

キャロルの歌唱にうっとりとしてしまいます。


[54]2016年11月08日 00:42
"You Go to My Head"

作曲 : J. Fred Coots
作詞 : Haven Gillespie
作曲年 1938

作曲者の John Frederick Coots (May 2, 1897 – April 8, 1985) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Frederick_Coots
この人は業界では日常的に "J. Fred Coots" と呼ばれていたようです。

作詞者の James "Haven" Lamont Gillespie (February 6, 1888 – March 14, 1975) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Haven_Gillespie

映画や舞台のために書かれた曲ではなく、単独で発表された曲ですが、大スタンダード曲になっています。

キャロルの歌唱にはうっとりとしてしまいます←こればっかり(汗)

この曲は【スタンダードソングタイトルの、名迷訳】では未登場でしたね。
解説を楽しみにしています :-)
なにしろ曲名を日本語にするのが「頭にくるくらい」難しそうで、
a summer with a thousand Julys
とか
a ghost of a chance
とかの慣用句が頻出しています。


You go to my head
And you linger like a haunting refrain
And I find you spinning round in my brain
Like the bubbles in a glass of champagne

You go to my head
Like a sip of sparkling burgundy brew
And I find the very mention of you
Like the kicker in a julep or two

The thrill of the thought
That you might give a thought to my plea, cast a spell over me
Still I say to myself get a hold of yourself
Can't you see that it never can be?

You go to my head
With a smile that makes my temperature rise
Like a summer with a thousand Julys
You intoxicate my soul with your eyes

Though I'm certain that this heart of mine
Hasn't a ghost of a chance in this crazy romance
You go to my head
You go to my head

歌詞の和訳があります(なかなか詳しく解説してあります)
http://camoq.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/you-go-to-my-he.html

フランク・シナトラの音源です。


[55]2016年12月02日 23:13
"I Fall in Love Too Easily"

作曲 : Jule Styne
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1944

この曲は映画 Anchors Aweigh (1945) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0037514/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Anchors_Aweigh_(film)
主演はフランク・シナトラ, ジーン・ケリー, キャスリン・グレイスンです。

スタンダード曲になっています。
キャロルのしっとりした歌唱がすばらしいですね。


I fall in love too easily, I fall in love too fast
I fall in love too terribly hard, for love to ever last
My heart should be well schooled, 'cause I've been fooled in the past
And still I fall in love too easily, I fall in love too fast

I fall in love too easily, I fall in love too fast
I fall in love too terribly hard, for love to ever last
My heart should be well schooled, 'cause I've been fooled in the past
And still I fall in love too easily, I fall in love too fast


歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20060930

映画の1シーンです。


[56]2016年12月02日 23:33
"The Best is Yet To Come"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 1959

サイ・コールマンとキャロリン・リーのコンビが書いたこの大スタンダード曲をフランク・シナトラも歌っていたということですね。
(当然か?)

キャロルのスリリングな歌唱もいいですね。


Out of the tree of life I just picked me a plum
You came along and everything's startin' to hum
Still, it's a real good bet, the best is yet to come
Best is yet to come and babe, won't that be fine?
You think you've seen the sun, but you ain't seen it shine
Wait till the warm-up's underway
Wait till our lips have met
And wait till you see that sunshine day
You ain't seen nothin' yet
The best is yet to come and babe, won't it be fine?
Best is yet to come, come the day you're mine
Come the day you're mine
I'm gonna teach you to fly
We've only tasted the wine
We're gonna drain the cup dry
Wait till your charms are right for these arms to surround
You think you've flown before, but baby, you ain't left the ground
Wait till you're locked in my embrace
Wait till I draw you near
Wait till you see that sunshine place
Ain't nothin' like it here
The best is yet to come and babe, won't it be fine?
The best is yet to come, come the day you're mine
Come the day you're mine
And you're gonna be mine


歌詞の和訳があります。
http://tomoxsings.blog.so-net.ne.jp/2012-06-10


フランク・シナトラ1964年の音源です。


[57]2016年12月02日 23:54
"Young at Heart"

作曲 : Johnny Richards
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 1953

この曲を最初に録音したのがフランク・シナトラで1953年のことです。
そして大ヒット曲になりました。

翌年、同名の映画 Young at Heart (1954) が作られ、この映画でも使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0047688/?ref_=fn_al_tt_3
https://en.wikipedia.org/wiki/Young_at_Heart_(1955_film)
主演はフランク・シナトラとドリス・デイです。

キャロルの温かい歌い方がいいですね :-)


Fairy tales can come true
It can happen to you if you're young at heart (young at heart)
For it's hard, you will find
To be narrow of mind if you're young at heart (young at heart)

You can go to extremes with impossible schemes
You can laugh when your dreams fall apart at the seams
And life gets more exciting with each passing day
And love is either in your heart or on it's way

Don't you know that it's worth
Every treasure on earth to be young at heart (young at heart)
For as rich as you are
It's much better by far to be young at heart (young at heart)

And if you should survive to a hundred and five
Look at all you'll derive out of bein' alive
And here is the best part, you have a head start
If you are among the very young at heart

(Don't you know that it's worth)
(Every treasure on earth to be young at heart)
(For as rich as you are)
(It's much better by far to be young at heart)

And if you should survive to a hundred and five
Look at all you'll derive out of bein' alive
And here is the best part, you have a head start
If you are among the very young at heart


歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song143.html

フランク・シナトラ1953年(?)の音源です。



映画の1シーンです。


映画のトレイラーです。


[58]2016年12月03日 00:09
これで

Carol Sloane / The Songs Sinatra Sang

の全トラックの紹介ができました。

キャロル・スローンは素晴らしいですね :-)


ところで、どなたかこのアルバムをお持ちではいらっしゃらないでしょうか。

Pinky Winters / World on a String: Pinky Winters Sings Sinatra

ここのところ、一時的に(?)入手困難になっています。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご展開をおねがいします。

もちろん他のアルバムをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご展開をお願いします。

[59]2016年12月03日 00:12
>>[58]

アルバムジャケットの画像です。

ログインすると、残り19件のコメントが見れるよ

コメントを書く (*の項目は入力必須)

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

Standard Jazz Song