ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > サラ・ヴォーン ソングブック

Standard Jazz Songコミュのサラ・ヴォーン ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Sarah Lois Vaughan (March 27, 1924 – April 3, 1990)
https://en.wikipedia.org/wiki/Sarah_Vaughan


サラについてはいまさら語るまでもなく、エラと同時代を生き、競い合った、ジャズ史に残る、ジャズ・ヴォーカル界を代表する偉大な歌手です。

サラは1940年代から歌手として活動を始め、亡くなる直前まで半世紀にわたる活躍をしました。

サラの歌唱は個性が強く、大きな欠伸をするかのような発声や、振幅の大きなヴィブラートが特徴で、多少の好き嫌いがある人がいるかもしれませんが、その歌唱の素晴らしさは、現在のジャズ・ヴォーカルの人たちに多くの影響を残しています。


サラ・ヴォーン ソングブックはサラが十八番にしていた曲や、録音を残していて人気のあった曲などから選曲したもので、サラ自身が作曲したり作詞したりした曲ではありません。

サラ自身も多くのソングブックアルバムを残しています。

Sings George Gershwin (1957)
The Irving Berlin Songbook (1957)
The Rodgers & Hart Songbook (1958)
Sings the Mancini Songbook (1965)
With Michel Legrand (1972)
The Duke Ellington Songbook (1979)

またブラジル音楽の曲を集めたアルバムも何枚かあります。

All Music (Discography)
http://www.allmusic.com/artist/sarah-vaughan-mn0000204901/discography

Discogs
http://www.discogs.com/search/?q=sarah+vaughan&type=all&layout=med

実に多くのアルバムがありますので、これから聴いてみようという人は、上記のデータを参考にされるといいでしょう。
オムニバス盤やベスト盤もたくさんあります。



----- この項は推敲中です ------





*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#35 - Dianne Reeves / The Calling: Celebrating Sarah Vaughan / Blue Note / 2000
#18 - Ann Hampton Callaway / From Sassy to Divine: The Sarah Vaughan Project / Shanachie Entertainment / 2013
#1 -Carmen McRae / Sarah: Dedicated to You / BMG Music / 1990

*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Sarah Vaughan Songbook】
 Lola Haag / Sarah Vaughan Songbook

*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"The Best Is Yet to Come" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/1959) - (#10)
"Black Coffee" (Sonny Burke/Paul Francis Webster/1948) - (#8)
"A Chamada (The Call)" (Milton Nascimento/1973) - (#46)
"Chelsea Bridge" (Billy Strayhorn/Bill Comstock/1941) - (#24)
"Dedicated to You" (Saul Chaplin/Sammy Cahn & Hy Zaret/1936) - (#14)
"Embraceable You" (George Gershwin/Ira Gershwin/1928) - (#45)
"Fascinating Rhythm" (George Gershwin/Ira Gershwin/1924) - (#44)
"I Can't Give You Anything But Love" (Jimmy McHugh/Dorothy Fields/1928) - (#30)
"I Hadn't Anyone 'Till You" (Ray Noble/1938) - (#43)
"I Remember Sarah" (Dianne Reeves & Billy Childs/2000) - (#41)
"I Will Say Goodbye" (Michel Legrand/Edmond Bacri & Alan Bergman & Marilyn Bergman/????) - (#11)
"I'll Be Seeing You" (Sammy Fain/Irving Kahal/1938) - (#15)
"I'm Gonna Live Till I Die" (Al Hoffman & Walter Kent/Manny Kurtz/????) - (#19)
"I've Got the World on a String" (Harold Arlen/Ted Koehler/1932) - (#4)
"If You Could See Me Now" (Tadd Dameron/Carl Sigman/1946) - (#39)
"In a Mellow Tone" (Duke Ellington/Milt Gabler/1939) - (#22)
"It's Magic" (Jule Styne/Sammy Cahn/1947) - (#13)
"Key Largo" (Lou Carter & Karl Suessdorf & Leah Worth/1948) - (#42)
"The Lamp Is Low" (Peter DeRose & Bert Shefter/Mitchell Parish/1930) - (#12)
"Lullaby of Birdland" (George Shearing/George David Weiss/1952) - (#36)
"Mean to Me" (Fred E. Ahlert/Roy Turk/929) - (#27)
"Misty" (Erroll Garner/Johnny Burke/1954) - (#5, 21, 47)
"A Night in Tunisia (Interlude)" (Dizzy Gillespie & Frank Paparelli/Raymond Leveen/1941) - (#20)
"Obsession" (Dori Caymmi/Barry Mann/????) - (#38)
"Poor Butterfly" (Raymond Hubbell/John Golden/1916) - (#3, 33)
"Sarah" (Carroll Coates/1990) - (#16)
"Send in the Clowns" (Stephen Sondheim/1973) - (#7, 29, 37)
"Someone to Watch Over Me" (George Gershwin/Ira Gershwin/1926) - (#26)
"Speak Low" (Kurt Weill/Ogden Nash/1943) - (#40)
"That's All" (Alan Brandt and Bob Haymes/1952) - (#30)
"Tenderly" (Walter Gross/Jack Lawrence/1946) - (#9)
"Wave" (Antônio Carlos Jobim/1967) - (#28)
"Whatever Lola Wants" (Richard Adler & Jerry Ross/1955) - (#25)
"Wonder Why" (Nicholas Brodszky/Sammy Cahn/1951) - (#6)




コメント(48)

"Tenderly"

作曲 : Walter Gross
作詞 : Jack Lawrence
作曲年 1946

この曲についても、をやっ?と思われる方は大勢いらっしゃるでしょうね。

サラは1946年にこの曲を録音して、ヒット曲になりました。
ローズマリー・クルーニーは1952年にこの曲を録音して、ヒットしました。
彼女は自身のTVの番組のテーマ曲に "Tenderly" を使っています。


誰もが歌い演奏するからスタンダード曲になるのです。

大スタンダード曲になっていますね。

わたしはこの曲をアニタの歌で聴いてしびれました :-)



The evening breeze
Caressed the trees, tenderly
The trembling trees
Embraced the breeze, tenderly

Then you and I
Came wandering by
And lost in a sigh
Were we

The shore was kissed
By sea and mist, tenderly
I can't forget
How two hearts met
Breathlessly

Your arms opened wide
And closed me inside
You took my lips
You took my love
So tenderly

The evening breeze
Erased the trees, tenderly
The trembling trees
Embraced the breeze, tenderly

Then you and I
Came wandering by
And lost in a sigh
Were we

The shore was kissed
By the mist, tenderly
I can't forget
How two hearts met
Tenderly

Your arms opened wide
And closed me inside
You took my chops
Way from bops
Tenderly

Tenderly
Tenderly
Oh oh
Oh oh

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070801

サラの1946年の録音です。


ロージーの1952年の音源です。

"The Best Is Yet to Come"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 1959

サイ・コールマンとキャロリン・リーのコンビの一番よく知られた曲の一つですね。
大スタンダード曲になっています。

この曲は歌う人毎にシンコペーションの解釈が違うところが面白いですね。

カーメンは彼女独特の歌い方をしています。



Out of the tree of life I just picked me a plum
You came along and everything's startin' to hum
Still, it's a real good bet, the best is yet to come
Best is yet to come and babe, won't that be fine?
You think you've seen the sun, but you ain't seen it shine
Wait till the warm-up's underway
Wait till our lips have met
And wait till you see that sunshine day
You ain't seen nothin' yet
The best is yet to come and babe, won't it be fine?
Best is yet to come, come the day you're mine
Come the day you're mine
I'm gonna teach you to fly
We've only tasted the wine
We're gonna drain the cup dry
Wait till your charms are right for these arms to surround
You think you've flown before, but baby, you ain't left the ground
Wait till you're locked in my embrace
Wait till I draw you near
Wait till you see that sunshine place
Ain't nothin' like it here
The best is yet to come and babe, won't it be fine?
The best is yet to come, come the day you're mine
Come the day you're mine
And you're gonna be mine


歌詞の和訳があります。
http://tomoxsings.blog.so-net.ne.jp/2012-06-10

サッシー1962年の音源です。

"I Will Say Goodbye"

作曲 : Michel Legrand
作詞 : Edmond Bacri / Alan Bergman / Marilyn Bergman
作曲年 ????

調べてみたのですが、出てくるのはビル・エヴァンスの同名のアルバム情報ばかりで、曲情報が見当たりませんでした。

ミッシェル・ルグラン作品ですので、何らかの映画に使われたものではないかと思うのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。



I will say goodbye, I will walk away
I will speak the words you would heard me say
I will walk away, I will walk alone
I will not look back for I turned to stone

More than just farewell, more than just goodbye
It would be as if we'd never met
You will hear the words, you would have me say

You would have me say, you are not my love
You are not my love, oh oh, oh oh, oh oh, my love
I will say goodbye, I will close the door
I will close my eyes, I will love no more

歌詞の和訳は見当たりませんでした。

サッシーの音源です。




ビル・エヴァンスの音源も聞いてみましょう。


"The Lamp Is Low"

作曲 : Peter DeRose / Bert Shefter
作詞 : Mitchell Parish
作曲年 1930

ラヴェルの『亡き王女のためのパヴァーヌ』を元にして書かれた曲です。

大スタンダード曲になっています。

以前にもいずれかのトピックで取り上げたような記憶があるのですが、すぐには見つけられませんでした(汗)

カーメンの歌唱はこの曲の雰囲気をよく引き出していますね。



Another perfect day has come to a close
Twelve o'clock, all is well
And while a sleepy world is lost in repose
Let my heart softly tell you

Dream beside me in the midnight glow
The lamp is low
Dream and watch the shadows come and go
The lamp is low

While you linger in my arms
My lips will sigh I love you so

Dream the sweetest dream we'll ever know
Tonight the moon is high
The lamp is low

(なぜか)歌詞の和訳が見当たりませんでした。

サッシーの音源です。
冒頭のジョークがニヤリとさせてくれます。





"It's Magic"

作曲 : Jule Styne
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1947

この曲は映画 Romance on the High Seas (1948) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0040745/?ref_=fn_al_tt_1
この映画はドリス・デイの初出演映画になるようです。

スタンダード曲になっています。
美しい曲です。



You sigh, the song begins;
You speak, and I hear violins -
It's magic.
The stars desert the skies,
And rush to nestle in your eyes -
It's magic.
Without a golden wand
Or mystic charms,
Fantastic things begin
When I am in your arms.
When we walk hand-in-hand,
The world becomes a wonderland --
It's magic.
How else can I explain
Those rainbows when there is no rain?
It's magic.
Why do I tell myself
These things that happen are all really true?
When, in my heart, I know the magic is
My love for you.
It's magic...
It's magic...
Why do I tell myself
These things that happen are all really true?
When, in my heart I know, the magic is
My love for you.

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20100707

サッシー1948年の音源です。



映画の1シーンです。
ドリス・デイが輝いています :-)


"Dedicated to You"

作曲 : Saul Chaplin
作詞 : Sammy Cahn / Hy Zaret)
作曲年 1936

作曲者の Saul Chaplin (February 19, 1912 – November 15, 1997) についてはこちらを
https://en.wikipedia.org/wiki/Saul_Chaplin

作詞者の Hy Zaret (August 21, 1907 – July 2, 2007) についてはこちらを
https://en.wikipedia.org/wiki/Hy_Zaret

もう一人の作詞者の Sammy Cahn (June 18, 1913 – January 15, 1993) は既出ですね。

この曲は1936年、若き日のエラ・フィッツジェラルドのヒット曲です。

スタンダード曲になっています。

カーメン、そしてサラ、エラの歌唱を聴き比べてください。



If I should write a book for you,
That brought me fame and fortune, too,
That book would be, like my heart and me--
Dedicated to you.

And, if I should paint a picture, too,
That showed the loveliness of you,
My art would be, like my heart and me--
Dedicated to you.

To you,
Because your love is the beacon that lights up my way.
To you,
Because with you I know one lifetime could be just one heavenly place.

If I should find a twinkling star
One half so wondrous as you are,
That star would be, like my heart and me--
Dedicated to you.

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song281.html

Sarah Vaughan - Dedicated to You (December 22, 1949 - New York)
実に若々しい声ですね。
男性ヴォーカルはMr. B のようです。




Ella Fitzgerald with The Mills Brothers
1936年のヒットの音源かどうかは、自信がありません ^^;
声が若々しいので、たぶん…


"I'll Be Seeing You"

作曲 : Sammy Fain
作詞 : Irving Kahal
作曲年 1938

この曲はミュージカル(舞台) Right This Way (1938) で使われました。
https://www.ibdb.com/Production/View/10703
上記 IBDb のデータを見ますと10日間で打ち切りになっています。

後年、この曲名をタイトルにした映画が作られています。
I'll Be Seeing You (1944)
http://www.imdb.com/title/tt0036940/?ref_=fn_al_tt_1
主演はジンジャー・ロジャース、ジョセフ・コットン、シャーリー・テンプルです。

作曲者の Sammy Fain (June 17, 1902 – December 6, 1989) については、こちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Sammy_Fain
歌手でもあったサミー・フェインには、自作曲を自身で歌ったソングブック・アルバムがあります。

作詞者の Irving Kahal (March 5, 1903 – February 7, 1942) については、こちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Irving_Kahal

スタンダード曲になっています。

カーメンは超スローテンポで歌っています。



I'll be seeing you
In all the old familiar places
That this heart of mine embraces
All day through.

In that small cafe;
The park across the way;
The children's carousel;
The chestnut trees;
The wishin' well.

I'll be seeing you
In every lovely summer's day;
In every thing that's light and gay.
I'll always think of you that way.

I'll find you
In the morning sun
And when the night is new.
I'll be looking at the moon,
But I'll be seeing you.

I'll be seeing you
In every lovely summer's day;
In every thing that's light and gay.
I'll always think of you that way.

I'll find you
In the morning sun
And when the night is new.
I'll be looking at the moon,
But I'll be seeing you.


歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20100926


サラも思い入れをこめて超スローテンポで歌っていますね ^^;


"Sarah"

作曲・作詞 : Carroll Coates
作曲年 1990

作曲者の Carroll Coates (born 23 September 1929) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Carroll_Coates

このアルバムのための書下ろしじゃないかと思われるのですが、ライナーノーツには記載がありません。

歌詞を探したのですが、Sarah という曲はいくつかあったのですが、この曲のものは探し出せませんでした。

じっくりと聴いてください。



これで

Carmen McRae / Sarah - dedicated to you

の全トラックが紹介できました。

サラ、カーメン、共に歴史に残る歌手です。

また、シャーリー・ホーンのピアニストとしての姿も堪能できましたね。


引き続き、次は現代のディーヴァ、アン・ハンプトン・キャラウェイのサラへのトリビュート・アルバムを取り上げたいと考えています。
次はこれにしましょう。

Ann Hampton Callaway / From Sassy to Divine: The Sarah Vaughan Project

Label : Shanachie Entertainment

Recorded Live at Dizzy's Club Coca-Cola May 2-5, 2013

1. Introduction
2. I'm Gonna Live Till I Die (Al Hoffman / Walter Kent / Manny Kurtz)
3. A Night in Tunisia (Interlude) (Dizzy Gillespie / Frank Paparelli)
4. Misty (Johnny Burke / Erroll Garner)
5. In a Mellow Tone (Duke Ellington / Milt Gabler)
6. Chelsea Bridge (Billy Strayhorn)
7. Whatever Lola Wants (Richard Adler / Jerry Ross)
8. Someone to Watch Over Me (George Gershwin / Ira Gershwin)
9. Mean to Me (Fred E. Ahlert / Roy Turk)
10. Wave (Antônio Carlos Jobim)
11. Send in the Clowns (Stephen Sondheim)
12. I Can't Give You Anything But Love / That's All (Alan Brandt / Dorothy Fields / Bob Haymes / Jimmy McHugh)
13. Un Bel Di / Poor Butterfly (John L. Golden / Raymond Hubbell)

Musicians
Ann Hampton Callaway (vo, Arrange--except 9)
Ted Rosenthal (p)
Dean Johnson (b)
Tim Horner (ds)
Randy Sandke (tp, flugel horn)
Dick Oatts (as, ss, fl)


アン・ハンプトン・キャラウェイについては、現代の歌姫たち【アン・ハンプトン・キャラウェイ】トピックをご覧ください。

アン・ハンプトン・キャラウェイに大きな影響を与えたヴォーカリストは、サラ・ヴォーン、エラ・フィッツジェラルドそしてバーブラ・ストライザンドであると彼女は語っています。
アンが子供の頃からサラのレコードを聞き込んできたものの、サラのライブを聴いたのは、サラが晩年の頃の1回だけだったそうです。
アンはこのときの印象を

"sang as if she wanted everyone to feel everything she'd ever learned about life."

と語っています。

このアルバムではトラック9を除く全曲をアン・ハンプトン・キャラウェイが編曲しています。
(9は Ted Rosenthal が編曲)

このアルバムには、サラの残した膨大な録音の中から選曲し、自身で編曲を手がけ、自身のスタイルでサラへの敬意を歌いきったアン・ハンプトン・キャラウェイのすばらしい歌唱の数々が収録されています。
このアルバムの録音は、彼女がサラ・ヴォーン・プロジェクトと名付けてライブ活動を続けていたときに残されました。


サラのニックネームとしてはよく知られているものに2つあります。
一つはサッシー (Sassy) もう一つは "The Divine One" (the devine は「神」)です。

サラは18歳のときにアマチュア,コンテストで優勝し、このときに聞きに来ていたビリー・エクスタインが、当時の彼のボスだったアール・ハインズに紹介して、サラはアール・ハインズ楽団の歌手、第二ピアニストとして採用されたというのはよく知られた話ですが、もう少し詳しいところはこのトピックの説明の wikipedia をご覧ください。





" Introduction / I'm Gonna Live Till I Die"

作曲 : Al Hoffman / Walter Kent
作詞 : Manny Kurtz
作曲年 ????

作曲者、作詞者については次をご覧ください。

Al Hoffman (September 25, 1902 – July 21, 1960)
https://en.wikipedia.org/wiki/Al_Hoffman

Walter Kent (November 29, 1911 – March 2, 1994)
https://en.wikipedia.org/wiki/Walter_Kent

Manny Curtis (born Emanuel Kurtz, 1911 – 1984)
https://en.wikipedia.org/wiki/Manny_Curtis

この曲はサッシーが自身の生き方を歌った歌でもあるそうで、サッシーのお気に入りのようです。
彼女は決して聖人君子のような人生を送ったわけではありませんが、サッシー自身の表現として、理解できそうな曲ですね。

才人アンの編曲と歌唱が楽しめます。



I'm gonna live till I die
I'm gonna laugh 'stead of cry
I'm gonna take the town and turn it upside down
I'm gonna live, live, live till I die

They gonna say, "What a gal"
I'm gonna play for the sky
Ain't gonna miss a thing, I'm gonna have my fling
I'm gonna live, live, live till I die

The blues I lay low
I'll make them stay low
They'll never trail over my head
I'll be your devil till I'm an angel but until then

Hallelujah, gonna dance, gonna fly
I'll take a chance ridin' high
Before my number's up, I'm gonna fill my cup
I'm gonna live, live, live, live, live till I die

Those blues I lay low
I'll make them stay low
They'll never trail over my head
I'll be your devil till I'm an angel but until then

Hallelujah, gonna dance, gonna fly
I'll take a chance ridin' high
Before my number's up, I'm gonna fill my cup
I'm gonna live, live, live till I die
I die


サッシーの音源です。



"A Night in Tunisia (Interlude)"

作曲 : Dizzy Gillespie / Frank Paparelli
作詞 : 調べ切れませんでした。
作曲年 1941

バップのスタンダード曲で非常によく知られている曲です。
実は、この曲には歌詞が4種類ほどあり、サラ、アニタは Interlude という副題(?)をつけて歌っています。
エラが歌っているのは別の歌詞です。

サッシーが歌っている歌詞の作詞者について、調べ切れませんでした。
(和訳も見当たりませんでした)
もちろんアンが歌っているのはサッシーが歌った歌詞です。
この歌詞には A Night in Tunisia というフレーズは出てきません。
編曲の上手さとあいまって、アンの歌唱はバップの名曲というよりも、素敵なラブソングに聞こえます。



I live in a dream for a moment
We'd loved in a midnight solitude
But I never knew at the moment
Love was just an interlude

I thrill as your arms would enfold me
A kiss of surrender says the mood
Then heaven fell down when you told me
Love's a passing interlude

The magic was unsurpassed
Too good to last
The magic my heart once knew
Is dressed in blue

The shadow of night all around me
I walk in a moonlight solitude
When I thought romance really found me
Love was just an interlude

The shadow of night all around me
I walk in a moonlight solitude
When I thought romance really found me
Love was just an interlude



サッシー 1944年録音の音源です。



"Misty"

作曲 : Erroll Garner
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1954

曲情報については >>[5] をご覧ください。

アンの上手さが、これ以上はないんじゃないかというくらいすばらしい歌唱です。




サッシー 1958年録音の音源です。
いいですねぇ :-)


"In a Mellow Tone"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Milt Gabler
作曲年 1939

デューク・エリントンが書いたおなじみのスタンダード曲ですね。
カウント・ベイシー楽団の名演を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

歌詞は後年付けられました(1955年?)

アンの歌唱はメロウ(すばらしい)の一言に尽きますね :-)



In a mellow tone
Feeling fancy free
And I'm not alone
I've got company

Everything's ok
The live long day
With this mellow song
I can't go wrong

In a mellow tone
That's the way to live
If you mope and groan
Something's gotta give

Just go your way
And laugh and play
There's joy unknown
In a mellow tone

(scat)
In a mellow tone
(bridge)

In a mellow tone
Feeling fancy free
And I'm not alone
I've got company

Everything's ok
The live long day
With this mellow song
I can't go wrong

In a mellow tone
That's the way to live
If you mope and groan
Something's gotta give

Just go your way
And laugh and play
There's joy unknown
In a mellow tone
In a mellow tone
In a mellow tone

歌詞の和訳があります。
http://plaza.rakuten.co.jp/xxjazz/diary/200508240000/


サッシー1983年のライブ動画です。



>>[22] "In a Mellow Tone"

歌詞の和訳のリンク先を間違えました m(_ _)m

こちらが"In a Mellow Tone" の歌詞の和訳です。

http://plaza.rakuten.co.jp/xxjazz/diary/200508250000/
"Chelsea Bridge"

作曲 : Billy Strayhorn
作詞 : Bill Comstock
作曲年 1941

エリントン・ナンバーとしてよく知られた曲です。
作詞者の Bill Comstock は、コーラスグループ The Four Freshmen のメンバーだった人です。

アンは全編をスキャット(というよりはハミング)で歌っています。
これは、サラがデューク・エリントン・ソングブックで歌ったスタイルに敬意を表したものだろうと思います。
それにしても、アンの歌は見事ですね。

ちなみに、エラは歌詞をちゃんと歌っています :-)




サラのエリントン・ソングブックの音源です。




"Whatever Lola Wants"

作曲・作詞 : Richard Adler / Jerry Ross
作曲年 1955

この曲はミュージカル映画 Damn Yankees! (1958) 「くたばれヤンキーズ!」で使われました。
Damn Yankees! (1958)
http://www.imdb.com/title/tt0051516/?ref_=fn_al_tt_2

非常によく知られている曲です。
アンの歌唱には凄みがありますね :-)

"give in" は "give up" によく似ていますが、「屈服する」というニュアンスが強そうですね。



Whatever Lola wants, Lola gets
And little man, little Lola wants you
Make up your mind to have, no regrets
Recline yourself, resign yourself you're through

CHORUS:

I always get, what I aim for
And your heart and soul, is what I came for.
Whatever Lola wants, Lola gets
Take off your coat, Don't you know you can't win
You're no exception to the rule,
I'm irrezeestable you fool, Give in
(give in, you'll never win)

Whatever Lola wants

Lola gets

CHORUS

Give in (give in, you'll never win)
Give in (give in, you'll never win)

歌詞の和訳があります。
http://ameblo.jp/ivobravo/entry-11036382414.html


サッシーの音源です。




映画の1シーンです。



"Someone to Watch Over Me"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1926

この曲はミュージカル(舞台)Oh, Kay! (1926) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/6935

おなじみの大スタンダード曲です。
アンの見事な歌唱をじっくりと聴いてください。

【スタンダードソングタイトルの、名迷訳】 #40 もあわせてご覧になってください。



There's a saying old, says that love is blind
Still we're often told, "seek and ye shall find"
So I'm going to seek a certain lad I've had in mind

Looking everywhere, haven't found him yet
He's the big affair I cannot forget
Only man I ever think of with regret

I'd like to add his initial to my monogram
Tell me, where is the shepherd for this lost lamb?

There's a somebody I'm longin' to see
I hope that he, turns out to be
Someone who'll watch over me

I'm a little lamb who's lost in the wood
I know I could, always be good
To one who'll watch over me

Although he may not be the man some
Girls think of as handsome
To my heart he carries the key

Won't you tell him please to put on some speed
Follow my lead, oh, how I need
Someone to watch over me

Won't you tell him please to put on some speed
Follow my lead, oh, how I need
Someone to watch over me

Someone to watch over me


歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070228

サッシーの音源です。



"Mean to Me"

作曲 : Fred E. Ahlert
作詞 : Roy Turk
作曲年 1929

大スタンダード曲ですね。
非常に大勢の人たちが手がけています。

アンが(tp)との掛け合いでトランペット風スキャットを聴かせてくれます。
さりげなくスキャットをしているように聞こえますが、彼女の声域の広さを使ってこそできる技でしょう。

もともとの歌詞はもっと長いのですが、掘り起こせませんでした ^^;



You're mean to me
Why must you be mean to me?
Gee, honey, it seems to me
You love to see me cryin'
I don't know why
I stay home each night
When you say you phone
You don't and I'm left alone.

Sing the blues and sighin'
You treat me coldly each day in the year
You always scold me
Whenever somebody is near, dear
I must be great fun to be mean to me
You shouldn't, for can't you see
What you mean to me

歌詞の和訳があります。
http://camoq.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/mean-to-me-ruth.html

サッシー1950年の録音です。



"Wave"

作曲 : Antônio Carlos Jobim
作詞 : Antônio Carlos Jobim
作曲年 1967

アントニオ・カルロス・ジョビンが器楽演奏で発表した曲ですが、後年、彼自身が英語詞を書き、多くの人が手がけるようになり、スタンダード曲になっています。

サラは幅広く音楽を手がけており、ブラジル音楽もたくさん手がけています。

アンのボサ風編曲での上手さを聴いてください。

W&Rさんの和訳での解説によると、「これはいきなりアダルトな曲。まさか、パッションな「波」のこととは思ってませんでした。」とあります :-)



So close your eyes
For thats a lovely way to be
Aware of things your heart alone was meant to see
The fundamental loneliness goes whenever two can dream a dream together

You can't deny don't try to fight the rising sea
Don't fight the moon, the stars above and don't fight me
The fundamental loneliness goes whenever two can dream a dream together

When I saw you first the time was halfpast three
When your eyes met mine it was eternity

By now we know the wave is on its way to be
Just catch the wave don't be afraid of loving me
The fundamental loneliness goes whenever two can dream a dream together

When I saw you first the time was halfpast three
When your eyes met mine it was eternity

By now we know the wave is on its way to be
Just catch that wave don't be afraid of loving me
The fundamental loneliness goes whenever two can dream a dream together

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070701

サッシー1981年のライブ動画です。




"Send in the Clowns"

作曲・作詞 : Stephen Sondheim
作曲年 1973

曲情報については >>[7] をご覧ください。

アンのこの歌唱も名唱ですね。



"I Can't Give You Anything But Love / That's All"

"I Can't Give You Anything But Love"
作曲 : Jimmy McHugh
作詞 : Dorothy Fields
作曲年 1928
初出 レビュー(舞台)Blackbirds of 1928
https://en.wikipedia.org/wiki/Blackbirds_of_1928

"That's All"
作曲・作詞 : Alan Brandt and Bob Haymes
作曲年 : 1952

Bob Haymes (March 29, 1923 – January 27, 1989) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Bob_Haymes

Alan Brandt については調べ切れませんでした。

どちらも大スタンダード曲になっています。

"I Can't ..." はジミー・マクヒュー/ドロシー・フィールズのコンビが書いた曲の中でも一番有名な曲のひとつでしょう。

"That's All" の方は、この曲だけが有名になってしまっているコンビによる曲ですね。

メドレーになっている曲名は、この並びをみると「ふふふ」とお判りになることでしょう :-)

アンの声は表情豊かですね。



歌詞は別項にします。
>>[30] "I Can't Give You Anything But Love"

I can't give you anything but love, baby
That's the only thing I've plenty of, baby
Scheme a while dream a while
We're sure to find
Happiness and I guess

All those things you've always pined for
Gee, I'd like to see you looking swell, baby
Diamond bracelets woolworth doesn't sell, baby
Till that lucky day
You know darned well, baby
I can't give you anything but love

歌詞の和訳があります。
http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10438877203.html

サッシーのライブ動画です。



>>[30] "That's All"

I can only give you love that lasts forever
And a promise to be near each time you call,
And the only heart I own
For you and you alone,
That's all, that's all.

I can only give you country walks in springtime
And a hand to hold when leaves begin to fall,
And a love whose burning light
Will warm the winter night,
That's all, that's all.

There are those, I am sure, that have told you
They would give you the world for a toy.
All I have are these arms to enfold you
And a love time can never destroy.

If you're wondering what I'm asking in return, dear,
You'll be glad to know that my demands are small.
Say it's me that you'll adore
For now and ever more,
That's all, that's all.


歌詞の和訳があります。
http://ameblo.jp/higashiemi/entry-11990712933.html

サッシーの音源です。



"Un Bel Di / Poor Butterfly"

作曲 : Raymond Hubbell
作詞 : John Golden
作曲年 1916

曲情報については >>[3] をご覧ください。

アンの上手さに圧倒されますね。




これで

Ann Hampton Callaway / From Sassy to Divine: The Sarah Vaughan Project

の全トラックが紹介できました。

アン・ハンプトン・キャラウェイはエラ、サラそしてバーブラ・ストライザンドを非常に尊敬しているようで、エラのソングブック(登場済み)とサラのソングブックは出ていますが、バーブラのソングブックは未だ出ていません。
いずれ出るだろうと、首を長くして待っています :-)

アンには他に Signature と称する、大勢の先達たちの御印とでもいうべき曲を集めたアルバムもあります。




次はこれにしましょう。

Dianne Reeves / The Calling: Celebrating Sarah Vaughan

Label : Blue Note

Recorded September 9-11, 2000 at O'Henry Studio, Brubank, CA

1. Lullaby of Birdland (George Shearing / George David Weiss)
2. Send in the Clowns (Stephen Sondheim)
3. Speak Low (Ogden Nash / Kurt Weill)
4. Obsession (Dori Caymmi / Barry Mann)
5. If You Could See Me Now (Tadd Dameron / Carl Sigman)
6. I Remember Sarah (Dianne Reeves)
7. Key Largo (Lou Carter / Karl Suessdorf / Leah Worth)
8. I Hadn't Anyone Till You (Ray Noble)
9. Fascinating Rhythm (George Gershwin / Ira Gershwin)
10. Embraceable You (George Gershwin / Ira Gershwin)
11. A Chamada (The Call) (Milton Nascimento)

Musicians
Mulgrew Miller (p, 1, 3, 5, 6, 7, 8, 12)
Billy Childs (p 2, 4, 9
Reginald Veal (b, el-b)
Greg Hutchinson (ds)
Romero Lubombo (g 3, 4, 7,11)
Munyungo Jackson (percussion 3, 4, 7, 9, 11)
Steve Wilson (ss, as 2, 4, 7)
Russel Malone (g 10)
Clark Terry (tp 8)


ダイアン・リーヴスについては、現代の歌姫たち【ダイアン・リーヴス】をご覧ください。

ダイアンがジャズの活動を始めた10代の頃からの憧れだったサラのソングブック・アルバムです。
2000年の録音ですので、サラの没後10年たってからのもので、サラが手がけたブラジル音楽まで包含する選曲になっています。

このアルバムの特徴として言えるのは、"Lullaby of Birdland" で始まるところはサラのソングブックらしいところがあるのですが、アルバムを続けて聞いていると、サラのソングブックであることを完全に忘れてしまって、ダイアンのすばらしい歌唱、それも優れた編曲とあいまってのものに聴き惚れてしまうのです。

途中のトラックで、「ああっ、サラが歌っていた曲だなぁ」とふと我に返ることがあるのですが、そのまま聴き続けていると、またまたサラのソングブックということを失念してしまってダイアンのすばらしい音楽の世界に引き込まれていることに気がついてしまうのです。

ダイアンにとって若い頃からの憧れだったサラ、サラの歌のマジックを自身の糧として、見事にダイアンの歌の世界を切り開いていると言えるでしょう。


"Lullaby of Birdland"

作曲 : George Shearing
作詞 : George David Weiss (under the pseudonym "B. Y. Forster")
作曲年1952

ジョージ・シアリングが作曲した大スタンダード曲で、歌詞がつけられてから非常に多くの人たちが手がけています。
サラの歌唱も非常に有名で、彼女のソングブックに入っても当然という曲になるでしょう。

ダイアンは編曲こそ、ああこの曲だなぁという感じで始まりますが、スキャットに入ると完全にダイアンの世界に入ってしまいます。
この曲の名唱のひとつにあげられるトラックになっています。



Lullaby of birdland, that's what I
Always hear when you sigh
Never in my wordland
Could there be ways to reveal
In a phrase how I feel

Have you ever heard two turtle doves
Bill and coo when they love?
That's the kind of magic
Music we make with our lips when we kiss

And there's a weepy old willow
He really knows how to cry
That's how I'd cry on my pillow
If you should tell me farewell and goodbye

Lullaby of birdland whisper low
Kiss me sweet and we'll go
Flyin' high in birdland
High in the sky up above
All because we're in love

So bi ba ya boo ba doo bi du da bu bi di ba du be da
So bi ba ya boo ba doo bi du da bu bi di ba du be da
Sha ba ba ba be dee ba ba ba da ba ba da da da dee ya
Sha ba ba ba be dee ba ba ba da ba ba da da da dee ya

And there's a weepy old willow
He really knows how to cry
That's how I'd cry on my pillow
If you should tell me farewell and goodbye

Lullaby of birdland whisper low
Kiss me sweet and we'll go
Flyin' high in birdland
High in the sky up above
All because we're in love

Sha ba ba ba be dee ba ba ba da ba ba da da da dee ya

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070127



サラの有名なクリフォード・ブラウンとのセッションです。



"Send in the Clowns"

作曲・作詞 : Stephen Sondheim
作曲年 1973

曲情報については >>[7] をご覧ください。

ダイアン節ともいえるような彼女の世界が展開されます。




サラ1988年のライブ動画がありました。



"Obsession"

作曲 : Dori Caymmi
作詞 : Barry Mann
作曲年 ????

ブラジルの音楽家ドリ・カイミの作曲になるもので、元は葡語詞がついていたのではないかと思うのですが、詳しいことはわかりませんでした。

英語詞の作詞者の Barry Mann (born February 9, 1939) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Barry_Mann

ブラジル音楽に詳しい方、補足説明をお願いします。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英語詞をじっくりと眺めてください。

"obsession" は強迫観念という訳語になりそうです。



You know I never really see who you are
It seems I never really can understand
Just when I think that you’ve gone
I feel you take a hold of my hand
You’re like the wind that blows in front of a storm
The electricity explodes in the night
Now it’s already too late
To decide if it’s wrong or it’s right
This obsession is too strong to fight
Somewhere there must be
A place where two heartbeats can touch
Where lovers can meet in the daylight
And find it’s enough
So do I really need the shadows you hide in?
This passion that lives in the dark
Show me your heart
I never hear about the pain in your past
You never talk about the places you’ve been
Each time you say that you love me
I find you are lying again
And still you know you rule my dreams with your charm
You still put all those silver clouds in my eyes
Make me believe you’re a blessing
When you are a curse in disguise
(An) obsession that can’t be denied


サッシーの音源です。



"If You Could See Me Now"

作曲 : Tadd Dameron
作詞 : Carl Sigman
作曲年 1946

バップの時代から活躍している(た)ピアニストのタッド・ダメロンが書いた大スタンダード曲です。
タッド・ダメロンについてはこちらをご覧ください。
Tadd Dameron (February 21, 1917 – March 8, 1965)
https://en.wikipedia.org/wiki/Tadd_Dameron

この曲はタッドがサラのために書いた曲とされています。
名曲ですね。
タッドは他にもスタンダードになっている曲をたくさん書いています。


ダイアンが歌う導入部では、何の曲かな?と思う出だしですが、メロディが始まると、ああっ、あの曲!とわかります。
彼女のフェイクのすばらしさが聴けます。



If you could see me now, you'd know how blue I've been
One look is all you'd need to see the mood I'm in.
Perhaps then you'd realize I'm still in love with you.
If you could see me now, you'd find me being brave
And trying awfully hard to make my tears behave
But that's quite impossible, I'm still in love with you.

You'll happen my way on some mem'rable day
And the month will be May for a while.
I'll try to smile but can I play the part
Without my heart behind the smile?

The way I feel for you I never could disguise
The look of love is written plainly in my eyes.
I think you'd be mine again if you could see me now.

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20100516


サッシー1983年のライブ動画です。
動画の投稿者は西語でコメントを書いていますが、動画には日本語字幕が出てくるという面白さ :-)



"Speak Low"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Ogden Nash
作曲年 1943

あやうくこのトラックを抜かしてしまうところでした(汗)


この曲はミュージカル(舞台) One Touch of Venus (1943) で使われました。
https://www.ibdb.com/Production/View/1341
https://en.wikipedia.org/wiki/One_Touch_of_Venus

後年、映画化されています。
One Touch of Venus (1948)
http://www.imdb.com/title/tt0040669/?ref_=fn_al_tt_1

名曲ですね。

ダイアンのすばらしい歌唱にうっとりとしてしまいます。



Speak low when you speak, love
Our summer day withers away too soon, too soon
Speak low when you speak, love
Our moment is swift, like ships adrift, we're swept apart, too soon

Speak low, darling, speak low
Love is a spark, lost in the dark too soon, too soon
I feel wherever I go
That tomorrow is near, tomorrow is here and always too soon

Time is so old and love so brief
Love is pure gold and time a thief

We're late, darling, we're late
The curtain descends, everything ends too soon, too soon
I wait, darling, I wait
Will you speak low to me, speak love to me and soon

Time is so old and love so brief
Love is pure gold and time a thief

We're late, darling, we're late
The curtain descends, everything ends too soon, too soon
I wait, darling, I wait
Will you speak low to me, speak love to me and soon
Speak low


歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070830


サッシー1958年の音源です。
>>[39] の1983年のライブ動画と比べてください。
この頃は非常に素直に歌っていました :-)


"I Remember Sarah"

作曲・作詞 : Dianne Reeves / Billy Childs
作曲年 2000

ダイアン・リーヴスとビリー・チャイルズがこのアルバムのために書き下ろした曲です。

サラへの賛歌に溢れています。



When I was a little girl
I heard a voice, I'd never heard before
It's so devine, so fine, so rich, so good, so lush
Oh! Touched my heart, touched my soul
I wanted to sing, I wanted to sing
I wanted to sing, I wanted to swing everyday

I remember Sarah
Sarah, Sarah, Sarah when she smiled
Everybody went, ooh! Baby You sure sound good
Yeah! Sing it! Sing it like it should be sung
Everyday, everyday-hurt me!
The Devine One



"Key Largo"

作曲・作詞 : Lou Carter / Karl Suessdorf / Leah Worth
作曲年 1948

作曲者の一人Lou Carter は Benny Carter となっている資料もあります。

この曲は映画 Key Largo (1948) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0040506/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Key_Largo_(film)
主演はハンフリー・ボガード、エドワード・G・ロビンソン、ローレン・バコールです。
フロリダ半島にある美しい島、キーラーゴを舞台にした作品です。

多くの人が手がけているスタンダード曲ですが、ダイアンのすばらしい歌唱を聴いてください。

歌詞の和訳が、なぜか、見当たりませんでした。



Key largo,
Alone on Key Largo,
How empty it seems,
With only my dreams

Strange cargo,
They come to Key Largo,
But where is the face
My heart won’t erase?

The moon tide,
Rolling in from the sea,
Is lonely,
and it always will be, till you’re with me.

And I know,
I’ll stay in Key Largo,
Just watching the shore
To find you once more

In Key Largo, find you once more in Key Largo.

いかにもサッシーという歌い方の音源です。



"I Hadn't Anyone 'Till You"

作曲・作詞 : Ray Noble
作曲年 1938

作曲者の Ray Noble はUKの人、この時代の有名楽団のリーダーでした。
http://en.wikipedia.org/wiki/Ray_Noble

高名な作曲家の Alec Wilder はレイ・ノーブルのこの曲について褒めちぎっています。

"It is a smooth, direct, slightly rhythmic ballad of no great range and unmistakably a song of its time, the late thirties. It makes a move in the second half of the B section (the design is A-B-A-C/A) into the key of A major from the parent key of F major, which adds that dash of color needed in a song of so direct and unpushy a nature. It is a song with both sophistication and a flavor of the past."

ダイアンの上手さが凝縮されたようなトラックです。

入れなくてもよかった「茶々」はクラーク・テリーです :-)



I hadn't anyone
Till you
I was a lonely one
Till you
I used to lie awake and wonder
If there could be
A someone in this wide world
Just made for me
And now I see
I had to save my love
For you
I never gave my love
Till you
And through my lonely heart demanding it
Cupid took a hand in it
I hadn't anyone
Till you
And through my lonely heart demanding it
Cupid took a hand in it
I hadn't anyone
Till you

歌詞の和訳があります。
http://www.bekkoame.ne.jp/~moon-g69/i%20hadn't.html

サッシーとカウント・ベイシー楽団の音源です。


"Fascinating Rhythm"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1924

この曲はミュージカル(舞台) Lady, Be Good! で使われました。
http://www.ibdb.com/production.php?id=9638
https://en.wikipedia.org/wiki/Lady,_Be_Good_(musical)

編曲がすばらしいですね。
Billy Childs (p) が聴かせてくれます。



Got a little rhythm, a rhythm, a rhythm
That pit-apats through my brain;
So darn persistent,
The day isn't distant
When it'll drive me insane.

Comes in the morning
Without any warning,
And hangs around me all day.
I'll have to sneak up to it
Someday, and speak up to it.
I hope it listens when I say

Fascinating Rhythm,
You've got me on the go!
Fascinating Rhythm,
I'm all a-quiver.

What a mess you're making!
The neighbors want to know
Why I'm always shaking
Just like a flivver.
Each morning I get up with the sun
Start a-hopping,
Never stopping
O find at night no work has been done.

I know that
Once it didn't matter
But now you're doing wrong
When you start to patter
I'm so unhappy.
Won't you take a day off?
Decide to run along
Somewhere far away off
And make it snappy!

Oh, how I long to be the man I used to be!
Fascinating Rhythm,
Oh, won't you stop picking on me?

歌詞の和訳があります。
http://plaza.rakuten.co.jp/xxjazz/diary/200507140000/

サッシーとカウント・ベイシー楽団1981年のライブ動画です。


"Embraceable You (Studio Version)"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1928

この曲は1930年にミュージカル(舞台) Girl Crazy で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/girl-crazy-11231
https://en.wikipedia.org/wiki/Girl_Crazy

このミュージカルは1943年に映画化されています。
http://www.imdb.com/title/tt0035942/?ref_=fn_al_tt_1
主演はジュディ・ガーランドとミッキー・ルーニーです。

チャーリー・パーカーがこの曲を元にして"Quasimodo"という曲を書いています。
このあたりを tamae さんがすばらしい解説にしてくれています。
jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2015/11/-embraceable-you30youtube.html

サッシーの得意曲のひとつですね。
ダイアンの上手さが凝縮されたようなトラックです。
ジプシー女の情熱を感じることができましたでしょうか。



Dozens of girls would storm up
I had to lock my door
somehow i couldn't warm up
to one before

what was it that controlled me
what kept my love life lean
my intuition told me
you'd come on the scene

lady listen to the rhythm of my heartbeat
and you'll get just what I mean

Embrace me, my sweet embraceable you
Embrace me, you irreplaceable you
just one look at you my heart grew tipsy in me
You and you alone bring out the gypsy in me

I love all the many charms about you
above all i want my arms about
Don't be a naughty baby...
come to papa come to papa do

My sweet embraceable you...

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070113

サッシーとクリフォード・ブラウンのセッションの音源です。
(ブラウニーは入っていません)


チャーリー・パーカーの"Quasimodo"です。

"A Chamada (The Call)"

作曲 : Milton Nascimento
作曲年 1973

ブラジル人音楽家ミルトン・ナシメントが書いた曲です。
サッシーはこの曲を録音していませんが、彼女は晩年にブラジル音楽に傾倒しており、このことに敬意を表してダイアンが取り入れた曲とされています。

曲名はポルトガル語で、英語では "The Call" となるようで、アルバムタイトルになっています。



ミルトン・ナシメントの音源も聴いておきましょう。


"Misty"

作曲 : Erroll Garner
作詞 : Johnny Burke
作曲年 1954

>>[35] のアルバム紹介には漏れているのですが、アルバムの日本版だけにはこの曲が収録されています。

曲情報については >>[5] をご覧ください。

サッシーお得意の曲ですね。


これで

Dianne Reeves / The Calling: Celebrating Sarah Vaughan

全トラックが紹介できました。

いかがでしたでしょうか。

アルバムを続けて聞いていると、サラのソングブックであることを完全に忘れてしまって、ダイアンのすばらしい歌唱、それも優れた編曲とあいまってのものに聴き惚れてしまうのです。

途中のトラックで、「ああっ、サラが歌っていた曲だなぁ」とふと我に返ることがあるのですが、そのまま聴き続けていると、またまたサラのソングブックということを失念してしまってダイアンのすばらしい音楽の世界に引き込まれていることに気がついてしまうのです。

という感じを受けませんでしたでしょうか。


サラ・ヴォーンのソングブックはまだあるかもしれませんので、ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。

Lola Haag / Sarah Vaughan Songbook のリソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、続けてご展開くださるようにお願いします。
ローラ・ハーグはビリー・ホリデイ・ソングブックで取り上げています。

ログインすると、残り8件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。