ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > サイ・コールマン ソングブック

Standard Jazz Songコミュのサイ・コールマン ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Cy Coleman (born Seymour Kaufman; June 14, 1929 – November 18, 2004)
https://en.wikipedia.org/wiki/Cy_Coleman

"The best is yet to come", "Witchcraft" という超大スタンダード曲の作曲家として知られるサイ・コールマンですが、これらの曲を書いたときの作詞家、キャロリン・リー (Carolyn Leigh)とのコンビは非常に短い期間でした。

キャロリン・リーとのコンビが解消されてから、これまた有名だった作詞家ドロシー・フィールズ (Dorothy Fields) とコンビを組み、次々とヒット曲を書きました。

サイ・コールマンはヒュー・ヘフナー (Hugh Hefner) の有名なプレイボーイ誌のTV番組のテーマ曲も作曲し、同番組への出演でも顔が売れるようになりました。

彼が女性作詞家とよくコンビを組んだのは、ハンサムでとてもよくもてたからかもしれません :-)

サイ・コールマンのソングブック・アルバムには、上記コンビのほかに、ドロシー・フィールズ作詞でサイ・コールマン以外の作曲家が書いた曲も含まれているものがあります。

ドロシー・フィールズはコットン・クラブの時代に既に名前が売れていた作詞家です。


サイ・コールマンの作曲リストがありました。
http://songwritershalloffame.org/songs/C6

サイ・コールマン作曲の音楽が使われた映画のリストのようです。
http://www.imdb.com/name/nm0170990/?ref_=fn_al_nm_1

サイ・コールマンは自身でもアルバムを出しています。
http://www.allmusic.com/artist/cy-coleman-mn0000145115/discography

サイ・コールマンのバイオグラフィーを描いた書籍 "You Fascinate Me So" というのがあります。
http://www.amazon.co.jp/You-Fascinate-Me-So-Coleman/dp/1480355909?ie=UTF8&keywords=You%20Fascinate%20Me%20So&qid=1463063631&ref_=sr_1_1&s=english-books&sr=1-1


サイ・コールマン22歳の姿です。



サイ・コールマンがかっこよかった頃の記録です。



サイ・コールマンはブロードウェイのミュージカルに力を注いでいました。
彼へのインタビュー動画がありました。









------------- この稿は推敲中です ----------------


*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#67 - Randy Graff / Doing Something Right: Randy Graff Sings Cy Coleman / Varèse Sarabande / 1996.
#40 - Mark Murphy / Mark Murphy Sings Mostly Dorothy Fields and Cy Coleman / Audiophile Records / 1977
#18 - Marilyn Volpe / Sings Cy Coleman / Original Records / 1996
#1 - Claire Martin & Richard Rodney Bennett / Witchcraft / Linn Records / 2009

*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Cy Coleman Songbook】
 Cy Coleman / It Started With A Dream(初の自作自演アルバム)
 Cy Coleman / Sweet Charity [Motion Picture Soundtrack]
 Julie Wilson / The Cy Coleman Songbook
 The Best Is Yet To Come - The Songs Of Cy Coleman(トリビュート盤なので参加者多数)


*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Alone Too Long" (Arthur Schwartz/Dorothy Fields/1954) - (#52)
"April Fooled Me" (Jerome Kern/Dorothy Fields/1958) - (#44)
"Baby Dream Your Dream" (Cy Coleman/Dorothy Fields/1966) - (#28)
"The Best is Yet To Come" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/1959) - (#3, 22, 58)
"Big Spender" (Cy Coleman/Dorothy Fields/1966) - (#23, 73)
"Come Summer"(Cy Coleman/Carolyn Leigh/????) - (#79)
"Don't Blame Me" (Jimmy McHugh/Dorothy Fields/1932) - (#41)
"Doodlin' " (Horace Sylver/Horace Sylver & Jon Hendricks/1954) - (#63)
"Ev'rybody Today is Turning On" (Cy Coleman/Michael Mike Stewart/1977) - (#6)
"Exactly Like You" (Jimmy McHugh/Dorothy Fields/1930) - (#51)
"A Fine Romance" (Jerome Kern/Dorothy Fields/1936) - (#43)
"Here's to Us" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/1962) - (#20)
"Hey Look Me Over" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/1960) - (#23)
"Hey There, Good Times" (Cy Coleman/Michael Mike Stewart/1977) - (#68)
"I Love My Wife" (Cy Coleman/Michael Mike Stewart/1977) - (#30, 61)
"I Must Be Doing Something Right" (Cy Coleman/Sheldon Harnick/1984) - (#70)
I Walk a Little Faster" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/????) - (#54, 69)
"I'm Gonna Laugh You Right Out of My Life" (Cy Coleman/Joseph Allan McCarthy/1955) - (#2, 46)
"I'm in the Mood for Love" (Jimmy McHugh/Dorothy Fields/1935) - (#57)
"I'm Way Ahead" (Cy Coleman/Dorothy Fields/1973) - (#36, 64)
"I've Got Your Number" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/1962) - (#23)
"It Amazes Me" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/1958) - (#26)
"Let Me Down Easy" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/????) - (#8)
"Little What If (Little Could Be)" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/????) - (#71)
"Lovely To Look At" (Jerome Kern/Dorothy Fields/1935) - (#65)
"Nobody Does It Like Me" (Cy Coleman/Dorothy Fields/1973) - (#9, 80)
"On Second Thought" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/????) - (#5, 31, 53)
"On the Other Side of the Tracks" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/1962) - (#15, 37, 72)
"Pass Me By"(Cy Coleman/Carolyn Leigh & Hillman Hall/????) - (#78)
"Poor Everybody Else" (Cy Coleman/Dorothy Fields/1966) - (#27)
"Real Live Girl" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/1962) - (#23, 59)
"Remind Me" (Jerome Kern/Dorothy Fields/1940) - (#60)
"The Rules of the Road" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/????) - (#4, 55)
"Seesaw" (Cy Coleman/Dorothy Fields/1973) - (#32, 45)
"Sometime When You're Lonely" (Cy Coleman/Dorothy Fields/1965) - (#7, 62)
"Sweet Talk" (Cy Coleman/Lloyd Jones/????) - (#19)
"That's My Style" (Cy Coleman/Peggy Lee/1964) - (#10, 56)
"Then Was Then and Now Is Now"(Cy Coleman/Peggy Lee/1965) - (#77)
"There's a Change in Me" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/1957) - (#75)
"There's Gotta Be Something Better Than This" (Cy Coleman/Dorothy Fields/1969) - (#33)
"Walking Sad" (Alec Wilder & Loonis McGlohon/1977) - (#50)
"When in Rome (I Do as the Romans Do)" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/1962) - (#12, 29, 47)
"When Yesterday I loved You" (Alec Wilder & Loonis McGlohon/1977) - (#48)
"Where Am I Going?" (Cy Coleman/Dorothy Fields/1969) - (#32, 49)
"Witchcraft" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/1957) - (#13, 23, 42, 76)
"With Every Breath I Take" (Cy Coleman/David Joel Zippel/1989) - (#14)
"You Can Always Count on Me" (Cy Coleman/David Zippel/1989) - (#80)
"Would You Believe" (Cy Coleman/James Lipton/????) - (#16)
"You Fascinate Me So" (Cy Coleman/Carolyn Leigh/1958) - (#24, 74)
"You There in the Back Row" (Cy Coleman/Barbara Fried/1979) - (#38)



コメント(81)

"Witchcraft"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 1957

曲情報については >>[13] をご覧ください。

リムショットのドラム伴奏で、マークの優しい声が聞こえ始めるという気が利いた編曲になっています。




"A Fine Romance"

作曲 : Jerome Kern
作詞 : Dorothy Fields
作曲年 1936

この曲は映画Swing Time (1936) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0028333/?ref_=nv_sr_1
主演はフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースです。

いろんなたとえが出てくるところが楽しい歌詞になっています。

【ジェローム・カーン ソングブック】 #28 もご覧になってください。



A fine romance, with no kisses
A fine romance, my friend this is
We should be like a couple of hot tomatoes
But you're as cold as yesterday's mashed potatoes
A fine romance, you won't nestle
A fine romance, you won't wrestle
I might as well play bridge
With my old maid aunt
I haven't got a chance
This is a fine romance

A fine romance, my good fellow
You take romance, I'll take jello
You're calmer than the seals
In the arctic ocean
At least they flap their fins
To express emotion
A fine romance with no quarrels
With no insults and all morals
I've never mussed the crease
In your blue serge pants
I never get the chance
This is a fine romance

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20110104

"April Fooled Me"

作曲 : Jerome Kern
作詞 : Dorothy Fields
作曲年 1958 ← やや疑問です。

この曲は【ジェローム・カーン ソングブック】未登場です。
ジェローム・カーンとドロシー・フィールズのかかわりについての記事がありました。
http://www.dorothyfields.org/c_kern.htm

ドロシーはこの曲の歌詞を、ジェローム・カーンの死後、書いています。
上の記事によりますと、この曲は George Byron のLP "Premiere Performance!"で初収録されたそうです。
https://www.discogs.com/ja/George-Byron-Premiere-Performance-George-Byron-Sings-New-Rediscovered-Jerome-Kern-Songs/release/3486497
ジョージ・バイロンはジェローム・カーンの未亡人と結婚したそうです。

ドロシー・フィールズはジミー・マクヒューとのコンビの次にジェローム・カーンとコンビを組んでいます。

なかなかいい曲なのですが、歌詞を探し出せませんでした。



"Seesaw"
作曲 : Cy Coleman
作詞 : Dorothy Fields
作曲年 1973

この曲はミュージカル(舞台) Seesaw (1973) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/seesaw-3183
https://en.wikipedia.org/wiki/Seesaw_(musical)

サイ・コールマン&ドロシー・フィールズのコンビによる有名な曲です。

>>[32] では歌詞はそのうちに出てくるだろうと(無責任)思っていましたが、歌詞が載っているサイトは見当たりませんでした。
じっくりとヒアリングしてください。


"I'm Gonna Laugh You Right Out of My Life"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Joseph Allan McCarthy
作曲年 1955

曲情報については >>[2] をご覧ください。

マーク・マーフィーの心に染み入る歌唱を聴いてください。



"When in Rome (I Do as the Romans Do)"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 1962

曲情報については >>[12] をご覧ください。

キャロリン・リーの韻の踏み方はうまいですね。

マーク・マーフィーのスイング感のすばらしさを味わってください。



"When Yesterday I loved You"

作曲・作詞 : Alec Wilder/Loonis McGlohon
作曲年 : 1977

このアルバムのためにアレック・ワイルダーとこのアルバムでピアノを弾いているルーニス・マグロホンが書いた曲です。

なかなか美しい曲なのですが、歌詞が載っているサイトが見当たりませんでした。
じっくりとヒアリングして下し亜。



"Where Am I Going?"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Dorothy Fields
作曲年 1969

曲情報については >>[32] をご覧ください。

映画 Sweet Charity で使われた曲です。
http://www.imdb.com/title/tt0065054/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Sweet_Charity

主演はシャーリー・マクレーン、監督・振り付けはボブ・フォッシー、脚本はニール・サイモン、作曲はサイ・コールマン、作詞はドロシー・フィールズという豪華な製作陣で作られたミュージカル映画です。

シャーリー・マクレーンは美人とはいえない大スターで数多くの映画に出ていますが、もともとはダンサー出身だったのですね。
この映画の中でもいくつかの素敵なダンスシーンを見せてくれます。

リージョン2のDVDが出ていますので、ご覧になってください。
楽しめます。

この曲は映画の中でシャーリー・マクレーンが歌っています。



Where am I going?
And what will I find?
What's in this grab-bag that I call my mind?
What am I doing alone on the shelf?
Ain't it a shame,
No one's to blame, but myself...
Which way is clear?
When you've lost your way year after year?
Do I keep falling in love
For just the kick of it?
Staggering through the thin and thick of it,
Hating each old and tired trick of it.
Know what I am,
I'm good and sick of it!
Where am I going?
Why do I care?
Run to the Bronx, or Washington Square,
No matter where I run I meet myself there,
Looking inside me, what do I see?
Anger and hope and doubt,
What am I all about?
And where am I going?
You tell me!
Where am I going?
Why do I care?
Run to the Bronx, or Washington Square,
No matter where I run I meet myself there,
Looking inside me, what do I see?
Anger and hope and doubt
What am I all about?
And where am I going?
You tell me!


映画のトレイラーです。



残念ながらこの曲が歌われるシーンの動画が見当たらなかったのですが、ボブ・フォッシー振り付けのダンスシーンの動画です。



"Walking Sad"

作曲・作詞 : Alec Wilder/Loonis McGlohon
作曲年 : 1977

この曲もこのアルバムのためにアレック・ワイルダーとこのアルバムでピアノを弾いているルーニス・マグロホンが書いた曲です。

なかなか美しい曲なのですが、歌詞が載っているサイトが見当たりませんでした。
じっくりとヒアリングして下さい。

アレック・ワイルダーは1980年に亡くなっていますので、彼の最晩年の作品になります。



"Exactly Like You"

作曲 : Jimmy McHugh
作詞 : Dorothy Fields
作曲年 1930

この曲は Lew Leslie's International Revue (1930) で使われました。
"On the Sunny Side of the Street" が初使用されたのもこのレビューです。

ジミー・マクヒュー&ドロシー・フィールズのコンビによる大スタンダード曲です
楽しい曲です。

マーク・マーフィーは軽快にスイングしています。



I know why I've waited, know why I've been blue
Prayed each night for someone exactly like you
Why should we spend money on a show or two?
No one does those love scenes exactly like you

You make me feel so grand; I'd like to hand the world to you
You seem to understand each foolish little scheme I'm scheming
And the dream I'm dreaming
Now I know why my mother taught me to be true
She meant me for someone exactly like you

You make me feel so grand; I wanna hand the world to you
You seem to understand each foolish little scheme that I'm scheming
And the dream that I'm dreaming
Now I know why my mother she taught me to be true
She meant me for someone exactly like you

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070205
"Alone Too Long"

作曲 : Arthur Schwartz
作詞 : Dorothy Fields
作曲年 1954

作曲者の Arthur Schwartz (November 25, 1900 – September 3, 1984) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Arthur_Schwartz

この曲はミュージカル(舞台) By the Beautiful Sea (1954) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/by-the-beautiful-sea-2448
https://en.wikipedia.org/wiki/By_the_Beautiful_Sea_(musical)

この頃、ドロシー・フィールズはアーサー・シュワーツとコンビを組んでいたのですね。

なかなかきれいな曲なのですが、歌詞を探し出せませんでした。
じっくりとヒアリングしてください。



"On Second Thought"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 1961

曲情報については >>[5] をご覧ください。

作曲年は1961年が正しい年です。

サイ・コールマンとキャロリン・リーのコンビは 1957 - 1964 です。


"I Walk a Little Faster"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 ????

この曲の情報も調べ切れませんでしたが、どうやらトニー・ベネットの歌唱で世に知られるようになった曲のようです。

美しい曲です。



Pretending that we'll meet
Each time I turn a corner, I walk a little faster
Pretending life is sweet
'Cause love's around the corner, I walk a little faster

Can't begin to see my future shine as yet
No sign as yet, you're mine as yet
Rushing to a face I can't define as yet
Keep bumping into walls and taking lots of falls

And even though I meet 'round each and every corner
With nothing but disaster

I set my chin a little higher, I hope a little longer
Build a little stronger castle in the air
And thinking you'll be there, I walk a little faster

Can't begin to see my future shine as yet
No sign as yet, you're mine as yet
Rushing to a face I can't define as yet
Keep bumping into walls and taking lots of falls

And even though I meet 'round each and every corner
With nothing but disaster

I set my chin a little higher and I hope a little longer
I build a little stronger castle in the air
And thinking you'll be there, I walk a little faster

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song10.html

"The Roules of the Road"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 ????

曲情報については >>[4] をご覧ください。

歌詞が見つかりました。

サイ・コールマンとキャロリン・リーのコンビには素敵な曲がたくさんありますね。
もっともっと大勢の人たちに取り上げてもらいたいと思っています。



So these are the ropes,
The tricks of the trade,
The rules of the road.

You're one of the dopes
For whom they were made,
The rules of the road.

You follow that kiss and recklessly miss
A bend of the road,
Then suddenly this
The end of the road.

So love is a hoax,
A glittering stream
Of little white lies.
But these are the jokes,
And what if they bring
The tears to your eyes?

Well, love often shows a funny return.
The brighter it glows,
The longer you burn.
And Lord only knows
Love has little concern for the fools of the road.

But that's how it goes,
You live and you learn,
The rules of the road.

But that's how it goes,
You live and you learn,
The rules of the road.

And everyone knows that that's how it goes,
The rules of the road.


"That's My Style"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Peggy Lee
作曲年 1964

曲情報については >>[10] をご覧ください。



"I'm in the Mood for Love"

作曲 : Jimmy McHugh
作詞 : Dorothy Fields
作曲年 1935

曲情報については【ジミー・マクヒュー ソングブック】 #24 もご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=79567348

マーク・マーフィーはヴァースから歌っていますが、ヴァース部の歌詞を探し出せませんでした。

1949年に、ディズィー・ガレスピー楽団のサックス奏者ジェイムス・ムーディが録音したこの曲は、アドリブが殆どで"Moody's Mood for Love"という曲名で、別の曲のように演奏されたり歌われたりしていることはジャズファンならよくご存知でしょう。



I'm in the mood for love
Simply because you're near me.
Funny, but when you're near me
I'm in the mood for love.

Heaven is in your eyes
Bright as the stars we're under
Oh! Is it any wonder
I'm in the mood for love?

Why stop to think of whether
This little dream might fade?
We've put our hearts together
Now we are one, I'm not afraid!

If there's a cloud above
If it should rain we'll let it
But for tonight, forget it!
I'm in the mood for love

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/natkingcole/iminthemoodforlove.html

歌詞の和訳があります。
http://dogaeigo.blog118.fc2.com/blog-entry-163.html

James Moody の"Moody's Mood for Love"です。




"The Best is Yet To Come"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 1959

曲情報については >>[3] をご覧ください。

マーク・マーフィーはこの曲をやや暗い目に料理していますが、これも珍しいのかもしれません。



"Real Live Girl"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 1959

この曲はミュージカル(舞台)Little Me (1962) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/2933
https://en.wikipedia.org/wiki/Little_Me_(musical)

トラックの最後に入っているのは、マーク・マーフィー、アレック・ワイルダー、ルーニス・マックグローンのコメントです。

なかなかいい曲なのですが、歌詞の和訳は見当たりませんでした。
じっくりと歌詞を眺めてください。



Pardon me, miss, but I've never done this
With a real live girl.
Straight off the farm with an actual arm
Full of real live girl.
Pardon me if your affectionate squeeze
Fogs up my glasses and buckles my knees,
I'm simply drowned in the sight and the sound
And the scent and the feel
Of a real live girl.

SOLDIERS
Nothing can beat getting swept off your feet
By a real live girl.
Dreams in your bunk don't compare with a hunk
Of a real live girl.
Speaking of miracles, this must be it;
Just when I started to learn how to knit.
I'm all in stitches from finding what riches
A waltz can reveal
With a real live girl.

[Whistle]
Real live girl.
[Whistle]
Real live girl.
I've seen photographs and facsimiles
That have set my head off in a whirl,
But no work of art gets you right in the heart
Like a real live girl.

Take your statues of Juno,
And the Venus de My-lo.
(Me-lo.)
When a fellow wants you-know,
(We know.)
Who wants substitutes? I'll o-
Verlook everyone in the book
For a real
Sexy Sally or Suzabel.
Take your Venetian or Roman or Grecian
Ideal,
I'll take something more "uzabel."
Girls were like fellas was once my belief;
What a reversal, and what a relief.
I'll take the flowering hat and the towering heel
And the squeal
Of a real live girl.

[Dance]
Real live girl.
[Dance]
Real live girl.
Go be a holdout for Helen of Troy,
I am a healthy American boy.
I'd rather gape at the dear little shape
Of the stern and the keel
Of a full-time vocational,
Full-operational
Girl.


引用元はここ
https://www.allmusicals.com/lyrics/littleme/reallivegirl.htm

"Remind Me"

作曲 : Jerome Kern
作詞 : Dorothy Fields
作曲年 1940

曲情報については【ジェローム・カーン ソングブック】#32 をご覧ください。

いい曲ですね。



"I Love My Wife"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Michael Mike Stewart
作曲年 1977

曲情報については >>[30] をご覧ください。


"Sometime When You're Lonely"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Dorothy Fields
作曲年 1965

ライナーノートには、この曲はミュージカル Spanglish (1965) で使われたとあるのですが、このミュージカルの情報は探し出せませんでした。
1965年とありますので、作詞者はドロシー・フィールズになるでしょう。

マーク・マーフィーはこの曲を何度か録音しているようです。

歌詞が載っているサイトも見当たりませんでした。



"Doodlin' "

作曲 : Horace Sylver
作詞 : Horace Sylver / Jon Hendricks
作曲年 1954

曲情報については【ホレス・シルヴァー ソングブック】#11 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=80013675

LPからCD化にあたって追加されたトラックのようです。

マーク・マーフィーはこの曲を何度か録音しています。
彼のお気に入りの曲なのでしょう。


"I'm Way Ahead"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Dorothy Fields
作曲年 1973

曲情報については >>[36] をご覧ください。

今回も歌詞を探してみたのですが、見つかりませんでした ^^;


"Lovely To Look At"

作曲 : Jerome Kern
作詞 : Dorothy Fields
作曲年 1935

この曲はミュージカル(舞台) Roberta (1933) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/roberta-11791
https://en.wikipedia.org/wiki/Roberta

1935年に映画化されています。
http://www.imdb.com/title/tt0026942/?ref_=fn_al_tt_1
この映画の主演はフレッド・アステア、アイリーン・ダン、ジンジャー・ロジャースです。

IBDb を見ますと、1933年の舞台ではこの曲はリストに入っていません。
1935年の映画で付け加えられたものかもしれません。

ドロシー・フィールズはこのころにはコットン・クラブでのジミー・マクヒューとのコンビは終わっていて、ジェローム・カーンとコンビを組むようになっていました。
(コットン・クラブは1933年に営業が終わっています)

名曲 "A Fine Romance" (1936) は、この二人のコンビの手になるものですので、時期的には1935年の映画からと考えるのが適当ではないかと思います。

マーク・マーフィーの歌の後に入る会話は、マークとアレック・ワイルダーのものです。
ライナー・ノーツにあるアレック・ワイルダーのコメント部の画像を添付します。



Clothes must play a part
To light an eye, to win a heart;
They say a gown can almost speak,
If it is chic.
Should you select the right effect,
You cannot miss,
You may be sure,
He will tell you this.

Lovely to look at,
Delightful to know and heaven to kiss.
A combination like this,
Is quite my most impossible scheme come true,
Imagine finding a dream like you!
You're lovely to look at,
It's thrilling to hold you terribly tight.
For we're together, the moon is new,
And oh, it's lovely to look at you tonight!

What appeals to me
Is just your charm and dignity,
Not what you wear,
But just an air, of great repose.
You are quite perfect from your head down to your toes
Both night and day,
I am moved to say.

Lovely to look at,
Delightful to know and heaven to kiss.
A combination like this,
Is quite my most impossible scheme come true,
Imagine finding a dream like you!
You're lovely to look at,
It's thrilling to hold you terribly tight.
For we're together, the moon is new,
And oh, it's lovely to look at you tonight!

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/lovely-to-look-at-lyrics-fred-astaire.html

1935年の映画 Roberta の1シーンです。


これで
Mark Murphy / Mark Murphy Sings Mostly Dorothy Fields and Cy Coleman
全トラックが紹介できました。

マーク・マーフィーのすばらしさを発見いただけましたでしょうか。
彼にはこのアルバム以外にもいくつかソングブックがあります。
中には希少品価格がついていて手が出かねるものもあります。
他のソングブック・トピックでも、機会がありましたら紹介できればと考えています。


サイ・コールマンのソングブックはまだまだありますので、続けてボチボチと紹介していきたいと考えています。


次はこれにしましょう。

Randy Graff / Doing Something Right: Randy Graff Sings Cy Coleman

Label : Varèse Sarabande

Recorded in 1996.

1. Hey There, Good Times (Cy Coleman / Michael Stewart)
2. I Walk a Little Faster (Cy Coleman / Carolyn Leigh)
3. I Must Be Doing Something Right (Cy Coleman / Sheldon Harnick)
4. Little What If (Little Could Be) (Cy Coleman / Carolyn Leigh)
5. On the Other Side of the Tracks (Cy Coleman / Carolyn Leigh)
6. Big Spender (Cy Coleman / Dorothy Fields)
7. You Fascinate Me So (Cy Coleman / Carolyn Leigh)
8. There's a Change in Me (Cy Coleman / Carolyn Leigh)
9. Witchcraft (Cy Coleman / Carolyn Leigh)
10. Then Was Then and Now Is Now (Cy Coleman / Peggy Lee)
11. Pass Me By (Cy Coleman / Hillman Hall / Carolyn Leigh)
12. Come Summer (Cy Coleman / Carolyn Leigh)
13. Codependecy Duet: Nobody Does It Like Me/You Can Always Count on Me (Cy Coleman / Dorothy Fields / David Zippel)
14. See-Saw (Cy Coleman / Dorothy Fields)


Musicians.
Randy Graff (vo)
Scott Harlan (arrangement)
Tom Fay (Musical superviser and conductor)

ランディ・グラフについては【気になる現代の歌姫たち】#120 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78105808

サイ・コールマンが音楽を書いたミュージカル City of Angels で主演し、1990年のトニー賞を受賞しています。

このアルバムにはサイ・コールマン/キャロリン・リーのコンビの曲が全14トラック中8トラックも入っています。
ドロシー・フィールズとのコンビの曲が3曲、ペギー・リー、マイケル・スチュワート、ディヴィッド・ジッペルとの曲がそれぞれ1曲ずつという構成になっています。

曲情報を掘り起こすのがかなり大変になりそうですが、展開してみましょう。

ジャケット写真を見ると、足の長い人ですね :-)
"Hey There, Good Times"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Michael Mike Stewart
作曲年 1977

この曲はミュージカル(舞台)I Love My Wife (1977) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/3994
https://en.wikipedia.org/wiki/I_Love_My_Wife

サイ・コールマンが音楽を書いたミュージカルはあまり映画化されていないのですが、このミュージカルはかなりの評判のようで、ぜひ映画化して欲しいですね。

早速ですが、歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Hey there, good times, here I am
Welcome back your baby lamb
Open wide them golden doors
And set my chair down next to yours
I've been freezin', sneezin'
Out there where the bad times blow
Please don't stop to scold me
Let your lovin' arms enfold me...

Hey there, good times, take my hand
Give my music to the band
Dust off that old welcome mat
And show me where to hang my hat
I've been lost for all these years
Cryin' buckets full of tears
Please don't be so cold and chilly
Welcome back your Weepin' Willy...

Hey there, good times, let me in
Ask me how the hell I been
Turn my picture from the wall
And hug me till I start to bawl
I've been boozin', losin'
Out there where the bad times grow
Lead me to your villa
Turn my bed down, puff my pillow...

Hey there, good times, take me back
Grab my suitcase, pay the hack
Kiss my cheek and shout my name
And make me feel I'm glad I came
I been down in Satan's den
Ain't felt good since don't know when
Though I'm used and bruised and muddy
Clap my back and call me buddy

Bye bye bad times
Pack your gear
I've had sad times
Up to here
Hey there glad times
Please appear
Show me that I'm not forgotten
Oil me down and spoil me rotten

So long bum days
Gotta split
Gloomy glum days
Go on, git
Sugarplum days
Shake my mitt
Shout hurray and hallelujah
Happy days I'm comin' to yah!

Bye bye bad times
So long sad times
Hey there good times... (Hey there good times!)
Here I am!
Hey there good times!

引用元はここ
http://www.lyricsondemand.com/soundtracks/i/ilovemywifelyrics/bowsheytheregoodtimeslyrics.html


"I Walk a Little Faster"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 ????

曲情報については >>[54] をご覧ください。

なかなかいい曲ですね :-)



これがこの曲を世に紹介したトニー・ベネットの音源です。
(最初の録音かどうかは、わかりません ^^; )


"I Must Be Doing Something Right"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Sheldon Harnick
作曲年 1984

この曲は映画 Blame It on Rio (1984) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0086973/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Blame_It_on_Rio
http://www.imdb.com/name/nm0170990/?ref_=fn_al_nm_1

作詞者の Sheldon Harnick についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Sheldon_Harnick

ランディの歌唱は、いかにもミュージカル俳優らしいスタイルですね。



楽譜と歌詞がここにあります。
http://www.musicnotes.com/sheetmusic/mtd.asp?ppn=MN0035401

映画のサウンドトラックのようです。
http://www.imdb.com/title/tt0086973/soundtrack


"Little What If (Little Could Be)"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 ????

どうやらこの曲は舞台 The Wonderful O で使われたようなのですが、情報を探しきれませんでした。

サイ・コールマンとキャロリン・リーのコンビの美しい曲です。

歌詞が載っているサイトが見当たりませんでしたので、しっかりとヒアリングしてください。


"On the Other Side of the Tracks"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 1962

曲情報については>>[15] をご覧ください。

いかにもミュージカルらしい歌唱ですね :-)



"Big Spender"
作曲 : Cy Coleman
作詞 : Dorothy Fields
作曲年 1966

初出 : Musical "Sweet Charity"
https://www.ibdb.com/Production/View/3281
https://en.wikipedia.org/wiki/Sweet_Charity

このミュージカルはDVDが出ていますので、ぜひご覧になってください。
この映画の中で、ダンスを1曲踊ると6ドル50セントと歌われています。
ロジャース&ハートの "Ten Cents a Dance (1931)" から、このミュージカルの1966年までの物価上昇がよく判ります(笑)

歌詞の適当な和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



The minute you walked in the joint,
I could see you were a man of distinction,
A real big spender,
Good looking, so refined.
Say, wouldn't you like to know
What's going on in my mind?
So, let me get right to the point,
I don't pop my cork for ev'ry guy I see.
Hey, big spender, spend...
A little time with...me...me...me!
Do you wanna have fun?
Ssssssssssss...
How's about (fun) a few laughs?
I can show you a...good time...
Do you wanna have fun...fun...fun?
How's about (fun) a few (fun) laughs (fun)
Laughs (fun) laughs
(I can show you a...)
(fun) laughs (fun) laughs
(good time)
Fun, laughs (good time)
Fun, laughs (good time)
Fun, laughs (good time)...Ssssssssssss...
What did you say you are?
How's about a ...(laugh)
I could give you some...
Are you ready for some...(fun)
How would you like a...
Let me show you a ...(good time)
Hey, big spender...
Hey, big spender...
The minute you walked in the joint,
I could see you were a man of distinction,
A real big spender.
Good looking, so refined.
Say wouldn't you like to know
What's going on in my mind?
So, let me get right to the point,
I don't pop my cork for every guy I see.
Hey, big spender,
Hey, big spender!
Hey, big spender!
Spend...a little time with ...me!
Fun...Laughs...Good Time!
Fun...Laughs...Good Time!
Fun...Laughs...Good Time!
How about a palsy?...Yeah!

映画の1シーンです。
振り付けはボブ・フォッシーです。


"You Fascinate Me So"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 1958

曲情報については>>[24] をご覧ください。

上記のリンク先にある和訳を手がけていらっしゃる方の作業量というのはすばらしいものがあり、頭が下がります。

案内した和訳では、なんとなく散文詩的になっていますが、英詩はしっかりと韻を踏んでいます。



"There's a Change in Me"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 1957

この曲はミュージカル(舞台)The Wonderful O で使われました。
IBDbにはデータが見当たりませんでした。
http://www.youfascinatemeso.com/music/show-songs/the-wonderful-o
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Wonderful_O

歌詞も出てきませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。



"Witchcraft"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 1957

曲情報については>>[12] をご覧ください。

名曲ですね :-)



"Then Was Then and Now Is Now"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Peggy Lee
作曲年 1965

ペギー・リーはサイ・コールマンといくつか曲を書いていて、"That's My Style" も二人のコンビによる曲です。
この曲はペギー・リーの同名のアルバムに収録されています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Then_Was_Then_%E2%80%93_Now_Is_Now!

「昔は昔,今は今」という内容なのですが、和訳が載っているサイトが見当たりませんでした。
英詞をじっくりと眺めてください。

よりを戻せたということなんでしょうね。



Then was then
And now is now
Don’t look back
You can’t look back somehow
Sweet was sweet
But not so bitter now
Then was then
And now is now
You forgive
And I will too
Let’s forget
Unhappy times we knew
We’ll come out
All shiny, bright and new
Then was then
And now is now
Now, now we can win
No matter what might have been
Now we can begin again
For then was then
And now is now

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/tonybennett/thenwasthenandnowisnow.html

ペギー・リーの音源です。


"Pass Me By"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh & Hillman Hall
作曲年 ????

Hillman Hall の名がクレジットされていますが、調べきれませんでした。
キャロリン・リーとのコンビの曲ですので 1962年以前に書かれたものと思います。
曲情報についても調べきれませんでした。

ペギー・リーは1956年に同名のアルバムを出しています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Pass_Me_By

いかにもミュージカルで使われそうな曲ですね。

この曲も和訳が載っているサイトが見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

「私を無視してね」という、無視できない曲です :-)



I got me ten fine toes to wiggle in the sand
Lots of idle fingers snap to my command
A loverly pair of heels that kick to beat the band

Contemplating, nature can be fascinating
Add to these a nose that I can thumb
And a mouth by gum have I

To tell the whole darn world
If you don't happen to like it, deal me out
Thank you, kindly pass me by

Pass me by, pass me by
If you don't happen to like it pass me by

Lots of idle fingers snap to my command
Contemplating, nature can be fascinating

I'll tell the whole darn world
If you don't happen to like it, deal me out
Thank you, kindly pass me by

Pass me by, pass me by
If you don't happen to like it pass me by

I got me ten fine toes to wiggle in the sand
Lots of idle fingers snap to my command
A loverly pair of heels that kick to beat the band

Contemplating, nature can be fascinating
Add to these a nose that I can thumb
And a mouth by gum have I

To tell the whole darn world
If you don't happen to like it, deal me out
Thank you, kindly pass me by

Pass me by, pass me by
If you don't happen to like it pass me by


引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/peggylee/passmeby.html

ペギー・リーの音源です。


"Come Summer"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Carolyn Leigh
作曲年 ????

曲情報について、全く情報を探し出せませんでした。
歌詞も探し出せませんでした。
じっくりとヒアリングしてください。

美しい曲です。



"Codependecy Duet: Nobody Does It Like Me / You Can Always Count on Me"


"Nobody Does It Like Me"

作曲 : Cy Coleman
作詞 : Dorothy Fields
作曲年 1973
>>[9] をご覧ください。

"You Can Always Count on Me"
作曲 : Cy Coleman
作詞 : David Zippel
作曲年 1989

この曲はミュージカル(舞台)City of Angels (1989) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/4261
https://en.wikipedia.org/wiki/City_of_Angels_%28musical%29

上記2曲をごちゃまぜにしたメドレーにしています。

いかにもミュージカルらしいきょくですね。



"Nobody Does It Like Me"だけだとこんな感じになります。
目と口と胸の大きな美人女優ゴールディー・ホーンです。



"You Can Always Count on Me"だけだとこうなります。
ランディ・グラフのライブ動画です。



歌詞は長いので別項にします。

>>[80] "You Can Always Count on Me"

歌詞が長すぎて1発で貼り付けられないので、次のリンク先をご覧ください。
(手抜きです)

https://www.lyricsondemand.com/soundtracks/c/cityofangelsmusicallyrics/youcanalwayscountonmelyrics.html

ログインすると、残り41件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。