ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > デューク・エリントン ソングブ...

Standard Jazz Songコミュのデューク・エリントン ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Duke Ellington
Edward Kennedy "Duke" Ellington (April 29, 1899 – May 24, 1974)
https://en.wikipedia.org/wiki/Duke_Ellington

デューク・エリントンのソングブック・アルバムには、デューク・エリントン自身が作曲した曲、エリントン以外の作曲者の曲で、エリントン楽団の演奏でよく知られる曲の2種類が混在しています。
エリントン以外の作曲者には、エリントンの影武者的存在のビリー・ストレイホーンや、エリントン楽団のメンバーだったファン・ティゾール等のエリントニアンとよばれる人たちの書いた曲がよく知られています。

エリントン作曲の曲にアーヴィング・ミルズの名前がついているものがありますが、これはエリントン楽団のマネージャーだったアーヴィング・ミルズが印税稼ぎのために名前を加えたものとみられています。

また、当初はエリントン楽団の器楽演奏曲だったものに、後年詞がつけられて、一層有名になった曲があります。
この作詞家の一人にはジョニー・マーサーもいます。



tamaeさんのデューク・エリントンに関係するエッセイには次のものがあります(順不同)

Black and Tan Fantasy 幻想の時代
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2012/11/black-and-tan-fantasy.html

対訳ノート(44):Come Sunday
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2015/01/44come-sunday.html

再掲:7月の旬な曲"Star-Crossed Lovers" (ビリー・ストレイホーン)
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2014/07/7star-crossed-lovers.html

トミー・フラナガンの名演目(3): Chelsea Bridge
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2013/11/3-chelsea-bridge.html

スター・クロスト・ラヴァーズを聴きながら…
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2008/07/post_32.html

寺井珠重の対訳ノート(8) <Something to Live For>
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2008/05/something_to_live_for_1.html

ビリー・ストレイホーン(1915−67) 生涯一書生
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2008/05/191567.html

トーキョー・リサイタルとデューク・エリントン
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2008/05/post-29.html




デューク・エリントンが世に知られ有名になったのは1927年 - 1931年に出演したコットン・クラブとのかかわりがあります。

コットン・クラブ (Cotton Club) というのは、N.Y. のハーレムにあった、客席が700もある大きなクラブで1920年から1930年代半ばまで存在しました。
当時のジャズ史とは切っても切れない関係のある有名なクラブです。

このクラブは、伝説的なヘビー級ボクサーのジャック・ジョンソンが1920年にクラブを作ったものの経営的に上手くいかず、ギャングのオウニイ・マッデンが買い取り、コットン・クラブと名前を変えて、経営し、当時の人気クラブとして一世を風靡することになりました。

ちょうど1919年に米禁酒法が施行され酒類の醸造と販売が闇世界に移っていった時期になります。
また、ラジオ放送が1920年に始まり、ラジオ受信機が普及を始めました。
コットン・クラブでのショウの生演奏がこのラジオ電波に乗り、クラブと音楽の人気に一層拍車がかかりました。

コットンクラブは、客は白人だけ、ミュージシャンは黒人だけ、ショウガールは薄い褐色の若い美人という基準をかたくなに守り通し、人気を維持し続けたのです。

この時期はローリング・トゥエンティともよばれる時期でした。
チャールストンというダンスが大人気になったのもこの時期です。
(アル・カポネはシカゴのギャングでした)

このコットン・クラブで作曲家として活躍していたのがジミー・マクヒューで、彼とコンビを組んでいたのが作詞家のドロシー・フィールズでした。
このジミー・マクヒューがコットン・クラブに引っ張り込んだのがデューク・エリントンなのです。
デューク・エリントンは1927年から1931年まで、このコットン・クラブに在籍し、人気を不動のものにしました。

デューク・エリントンがコットン・クラブを辞めた後を次いだのがキャブ・キャロウェイです。

このコットン・クラブには客としてアーヴィング・バーリンもやってきました。
またハロルド・アーレンはコットン・クラブの専属の作曲家として仕事をしていた時期もあります。


このコットン・クラブを舞台にした映画が作られています。
The Cotton Club (1984)
http://www.imdb.com/title/tt0087089/?ref_=fn_al_tt_1
デューク・エリントンやキャブ・キャロウェイが実名で登場するそうです。
(もちろん別の役者が演じています)
リージョン2のDVDが出ています。





デューク・エリントンは生涯に1000曲以上作曲したといわれています。
デューク・エリントンの作曲リストがあります。
http://songwritershalloffame.org/songs/C9



デューク・エリントンの曲にどんな人たちが歌詞を書いたか、このトピから拾い上げてみましょう。
(alphabetical)
Barney Bigard (Mood Indigo)
Ben Carruthers (Black Butterfly)
Bill Comstock (Chelsea Bridge)
Bob Russell (Do Nothing till You Hear from Me, I Didn't Know About You)
Carl Sigman (All Too Soon)
Don George (I'm Beginning to See the Light)
Duke Ellington (Come Sunday)
Eddie DeLange ((In My) Solitude)
Frankie Laine (What Am I Here For)
Harry James (I'm Beginning to See the Light)
Henry Nemo (I Let a Song Go Out of My Heart)
Irving Gordon (Prelude to a Kiss)
Irving Mills (It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing))
Joya Sherrill (Take The "A" Train)
John La Touche (Day Dream)
John Redmond (I Let a Song Go Out of My Heart)
Johnny Mercer (Satin Doll)
Lee Gaines(Just A-Sittin' and A-Rockin')
Mack David (I'm Just a Lucky So and So)
Manny Kurtz (Manny Curtis) (In a Sentimental Mood)
Milt Gabler (In a Mellow Tone)
Mitchell Parish (Sophisticated Lady)
Paul Francis Webster (Jump for Joy)
Sid Kuller (Jump for Joy, Bli-Blip)






-------------- この項は推敲中です ----------------------








reserved にありますのは、このトピックで未登場のアルバムです。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このトピックで詳しく取り上げていただけませんでしょうか

*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#68 - Dave Brubeck/Newport 1958: Brubeck Plays Ellington /CBS/Phoenix/1958
#60 - Ella Fitzgerald / Sings the Duke Ellington Song Book / Verve / 1957
#47 - Sarah Vaughan / The Duke Ellington Songbook, Two / PABLO / 1979
#36 - Sarah Vaughan / The Duke Ellington Songbook, Vol. 1 / PABLO / 1979
#20 - Dee Dee Bridgewater / Prelude to a Kiss: The Duke Ellington Album / PHILIPS / 1996.
#1 - Carol Sloane / Sophisticated Lady / Muzac Inc. / 1977

*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Duke Ellington Songbook】
 André Previn / Andre Previn Plays Duke
 Carol Sloane / Dearest Duke
 Carol Sloane / Romantic Ellington
 Cynthia Felton / Come Sunday-the Music of Duke Ellington
 David Finck / André Previn / We Got It Good and That Ain't Bad: An Ellington Songbook
 Harry Allen / Plays Ellington Songs
 Horace Parlan / Joe Van Enkhuizen / Ellington Ballads
 Joe Van Enkhuizen / Ellington My Way
 John Coltrane / Duke Ellington / Duke Ellington & John Coltrane
 Lincoln Center Jazz Orchestra / Portraits by Ellington
 Lincoln Center Jazz Orchestra / Wynton Marsalis / Live in Swing City: Swingin with the Duke
 Marica Hiraga / Sings With The Duke Ellington Orchestra
 McCoy Tyner / McCoy Tyner Plays Ellington
 Nina Simone / Nina Simone Sings Ellington!
 Oscar Peterson / Oscar Peterson Plays Duke Ellington
 Thelonious Monk / Thelonious Monk Plays Duke Ellington
 Wycliffe Gordon / Wycliffe Gordon Quintet / The Intimate Ellington: Ballads & Blues
 Wynton Marsalis / Live in Swing City: Swingin with the Duke



*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"All Too Soon" (Duke Ellington/Carl Sigman/1940) - (#42, 98)
"Azure" (Duke Ellington/Irving Mills/1937) - (#87)
"Black Butterfly" (Duke Ellington/Ben Carruthers/1936) - (#49)
"Bli-Blip" (Duke Ellington/Sid Kuller/1941) - (#24)
"C Jam Blues (Duke's Place)" (Duke Ellington/Bill Katts, Bob Thiele & Ruth Roberts/1942) - (#68)
"Caravan" (Duke Ellington & Juan Tizol/Irving Mills/1936) - (#27, 67)
"Chelsea Bridge" (Billy Strayhorn/Bill Comstock/1941) - (#50)
"Clementine" (Billy Strayhorn/????) - (#72, 73)
"Come Sunday" (Duke Ellington/1946) - (#16, 33)
"Cotton Tail" (Duke Ellington/Duke Ellington & Jon Hendricks/1940) - (#78)
"Day Dream" (Billy Strayhorn and Duke Ellington/John La Touche/1941) - (#46, 66)
"Do Nothing till You Hear from Me" (Duke Ellington/Bob Russell/1940) - (#4, 79)
"Don't Get Around Much Anymore" (Duke Ellington/Bob Russell/1940) - (#90)
"Drop Me Off in Harlem" (Duke Ellington/Nick A. Kenny/1933) - (#65)
"The Duke" (Dave Brubeck/1958) - (#68)
"Everything But You" (Duke Ellington & Harry James/Don George/1945) - (#55)
"Flamingo" (Ted Grouya & Edmund Anderson/1940) - (#68)
"Fleurette Africaine" (Duke Ellington/????) - (#25)
"I Ain't Got Nothin' But the Blues" (Duke Ellington/Don George/1937) - (#48, 71)
"I Didn't Know About You" (Duke Ellington/Bob Russell/1944) - (#41, 74)
"I Got It Bad (And That Ain't Good)" (Duke Ellington/Paul Francis Webster/1941) - (#54)
"I Let a Song Go Out of My Heart" (Duke Ellington/Irving Mills & Henry Nemo & John Redmond/1938) - (#4, 40, 88)
"I'm Beginning to See the Light" (Duke Ellington & Johnny Hodges/Don George & Harry James/1944) - (#22, 75)
"I'm Just a Lucky So and So" (Duke Ellington/Mack David/1945) - (#38, 97)
"In a Mellow Tone" (Duke Ellington/Milt Gabler/1939) - (#44, 93)
"In a Sentimental Mood" (Duke Ellington/Manny Kurtz/1935) - (#9, 37, 89)
"It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing)" (Duke Ellington/Irving Mills/1931) - (#10, 57, 86)
"Jump for Joy" (Duke Ellington/Sid Kuller & Paul Francis Webster/1941) - (#14)
"Just A-Sittin' and A-Rockin'" (Duke Ellington and Billy Strayhorn/Lee Gaines/1941) - (#80)
"Just Squeeze Me (But Don't Tease Me)" (Duke Ellington/Lee Gaines/1941) - (#85)
"Liberian Suite" (Duke Ellington/1947) - (#68)
"Lost in Meditation" (Duke Ellington & Juan Tizol & Lou Singer/Irving Mills/????) - (#76)
"Love You Madly"(Duke Ellington/????) - (#94)
"Lush Life" (Billy Strayhorn/1933) - (#43, 95)
"Midnight Indigo" (Duke Ellington/????) - (#21)
"Mood Indigo" (Duke Ellington & Barney Bigard/Barney Bigard & Irving Mills/1930) - (#12, 29, 56, 92)
"Night Creature - Andante Miterioso" (Duke Ellington/1963) - (#31)
"Night Creature - Fast" (Duke Ellington/1963) - (#30)
"Night Creature - Moderato Fast Swing Moderato" (Duke Ellington/1963) - (#32)
"Perdido" (Juan Tizol/Ervin Drake & H.J. Lengsfelder/1941) - (#68, 77)
"Prelude to a Kiss" (Duke Ellington/Irving Gordon & Irving Mills/1938) - (#13, 26, 58, 91)
"Rockin' in Rhythm" (Harry Carney & Duke Ellington & Irving Mills/1931)- (#63)
"Rocks in My Bed" (Duke Ellington/1941) - (#53, 82)
"Satin Doll" (Duke Ellington & Billy Strayhorn/Johnny Mercer/1953) - (#8, 83)
"(In My) Solitude" (Duke Ellington/Eddie DeLange/1934) - (#7, 28, 39, 81)
"Sophisticated Lady" (Duke Ellington & Irving Mills/Mitchell Parish/1932) - (#11, 45, 84)
"Squatty Roo"(Johnny Hodges/????/1941) - (#96)
"Take The "A" Train" (Billy Strayhorn/Joya Sherrill/1939) - (#2, 18, 70)
"Things Ain't What They Used to Be" (Mercer Ellington/Ted Persons/1942) - (#68)
"Tonight I Shall Sleep (With a Smile on My Face)" (Duke Ellington/Irving Gordon/????) - (#52)
"What Am I Here For" (Billy Strayhorn/Frankie Laine/1942) - (#51)


コメント(98)

これで

Sarah Vaughan / The Duke Ellington Songbook, Two

の全トラックが紹介できました。

サラの上手さと雰囲気がデューク・エリントンの曲と実によくマッチしていますね。

冒頭のトピの説明にありますように、デューク・エリントンのソングブックはたくさんあります。

みなさんがお持ちのリソースがありましたら続けてご紹介ください。


次はこれにしましょう。

Ella Fitzgerald / Sings the Duke Ellington Song Book

Label : Verve Records

Recorded from September 1956 to October 1957.

Disc 1
1. Rockin' in Rhythm (Harry Carney / Duke Ellington / Irving Mills)
2. Drop Me Off in Harlem (Duke Ellington / Nick A. Kenny)
3. Day Dream (Duke Ellington / John Latouche / Billy Strayhorn)
4. Caravan (Duke Ellington / Irving Mills / Juan Tizol)
5. Take the "A" Train (Billy Strayhorn)
6. I Ain't Got Nothin' But the Blues (Duke Ellington / Don George)
7. Clementine (Billy Strayhorn)
8. I Didn't Know About You (Duke Ellington / Bob Russell)
9. I'm Beginning to See the Light (Duke Ellington / Don George / Johnny Hodges / Harry James)
10. Lost in Meditation (Duke Ellington / Irving Mills / Lou Singer / Juan Tizol)
11. Perdido (Ervin Drake / H.J. Lengsfelder / Juan Tizol)
12. Cotton Tail (Duke Ellington)
13. Do Nothin' Till You Hear from Me (Duke Ellington / Bob Russell)

Disc 2
1. Just A-Sittin' and A-Rockin' (Duke Ellington / Lee Gaines / Billy Strayhorn)
2. Solitude (Eddie DeLange / Duke Ellington / Irving Mills)
3. Rocks in My Bed (Duke Ellington)
4. Satin Doll (Duke Ellington / Johnny Mercer / Billy Strayhorn)
5. Sophisticated Lady (Duke Ellington / Irving Mills / Mitchell Parish)
6. Just Squeeze Me (But Don't Tease Me) (Duke Ellington / Lee Gaines)
7. It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing) (Duke Ellington / Irving Mills)
8. Azure (Duke Ellington / Irving Mills)
9. I Let a Song Go Out of My Heart (Duke Ellington / Irving Mills / Henry Nemo / John Redmond)
10. In a Sentimental Mood (Duke Ellington / Manny Kurtz / Irving Mills)
11. Don't Get Around Much Anymore (Duke Ellington / Bob Russell)
12. Prelude to a Kiss (Duke Ellington / Irving Gordon / Irving Mills)
13. Mood Indigo (Barney Bigard / Duke Ellington / Irving Mills)
14. In a Mellow Tone (Duke Ellington / Milt Gabler)
15. Love You Madly (Duke Ellington)
16. Lush Life (Billy Strayhorn)
17. Squatty Roo (Johnny Hodges)



>>[60] 続き

Disc 3
1. I'm Just a Lucky So and So (Mack David / Duke Ellington)
2. All Too Soon (Duke Ellington / Carl Sigman)
3. Everything But You (Duke Ellington / Don George / Harry James)
4. I Got It Bad (And That Ain't Good) (Duke Ellington / Paul Francis Webster)
5. Bli-Blip (Duke Ellington / Sid Kuller)
6. Chelsea Bridge (Billy Strayhorn)
7. Portrait of Ella Fitzgerald: Royal Ancestry/All Heart/Beyond Category (Duke Ellington / Billy Strayhorn)
8. The E and D Blues (E for Ella, D for Duke) (Duke Ellington / Billy Strayhorn)

Musicians.

Ella Fitzgerald (vo)
Ben Webster (ts)
Paul Gonsalves (ts)
Stuff Smith (vln)
Johnny Hodges (as)
Cat Anderson (tp)
Clark Terry (tp)
Dizzy Gillespie (tp)
Duke Ellington (p)
Billy Strayhorn (p)
Oscar Peterson (p)
Paul Smith(p)
Barney Kessel (g)
Herb Ellis (g)
Ray Brown (b)
Jimmy Woode (b)
Sam Woodyard (ds)
Stoller(ds)
and more


>>[60], >>[61] 続き

エラがヴァーヴに残した膨大な録音の中から、1956年から1957年にかけての、デューク・エリントンが書いた曲を録音したものから編集したアルバムです。
当初LPレコード4枚組みで発売され、その後CDになってからいくつかの構成で発売されています。
収録曲のリストは All Music のデータから取ったものですが、わたしの手元のリソースとは少し違ったものになっています。

エラのソングブック・シリーズの中で一番(LPの)枚数が多かったものだったと思います。
また、エラとサラのソングブックの中で、同じ作曲家のものがある中の1種になります。


これから展開する音源は主としてエラのソングブック・ボックスセットから Youtube にあげてあるものを使いますが、場合によっては、無いものがあるかもしれません。

トラック・リスティングを眺めて判りますように殆どはお馴染みの曲ですが、中には今では聞くことが少なくなっている曲もあります。

また、これまでに登場したアルバムに収録されていた曲と同じように、デューク・エリントンがコットンクラブを辞して以降に書かれた曲が殆どです。

この時期(時代)がデューク・エリントンの作曲家としての最盛期にあたるのかもしれません。


アルバムを通して聴くと、エラの名唱とあいまって、デューク・エリントンの曲調に浸れる幸せな時間をすごせるでしょう :-)



"Rockin' in Rhythm"

作曲 : Harry Carney / Duke Ellington / Irving Mills
作曲年 1931

この曲はデューク・エリントンがコットン・クラブに在籍中の曲で、器楽曲として発表されています。
作曲者として3人の名前がクレジットされていますが、実際はハリー・カーネイがさっきょくしたものではないかと考えられます。
デューク・エリントンは楽団のリーダーであり、アーヴィング・ミルスはマネージャーであり、印税稼ぎのために名前を付け加えたものではないかと…

歌詞はついていないので、エラはスキャットで歌っています。




>>[63] "Rockin' in Rhythm"


デューク・エリントンのライブ動画がありました。


"Drop Me Off in Harlem"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Nick A. Kenny
作曲年 1933

この曲はデューク・エリントンがコットンクラブに出演していたころにできた曲で、作詞家のニック・A・ケリーがある日 N.Y. でデューク・エリントンをタクシーで送ることになり、デュークに"Where to, Duke?" と訊いたところ彼は "Drop me off at Harlem" と答えたそうで、このことにインスピレイションを得てニックが詞を書き数日後にコットンクラブに出演していたデュークに届けたそうです。

つまり曲よりも詞が先にできていたということになるのでしょう。

この話はA.H. Lawrence が書いた本 "Duke Ellington and His World" にあるそうです。
(わたしは読んでいません)

作詞者の Nick A. Kenny についてはこちらをご覧ください。
Nicholas Aloysius Kenny (February 3, 1895 - December 1, 1975O
https://en.wikipedia.org/wiki/Nick_Kenny_(poet)

歌詞の適当な和訳は見当たりませんでしたので、英語詞をじっくりと眺めてください。

「もしハーレムが支那に移ったら…」の下りも面白いですね :-)



Drop me off in Harlem
Any place in Harlem
There's someone waiting there
Who makes it seem like Heaven up in Harlem

I don't want your Dixie
You can keep your Dixie
There's no one down in Dixie
Who can take me 'way from my hot Harlem

Harlem has those southern skies,
They're in my baby's smile,
I idolize my baby's eyes
And classy up-town style

If Harlem moved to China,
I know of nothing finer,
Than to stow away on a 'plane some day
And have them drop me off in Harlem

Harlem has those southern skies,
They're in my baby's smile
I idolize my baby's eyes
And classy up-town style

If Harlem moved to China,
I know of nothing finer,
Than to stow away on a 'plane some day
And have them drop me off in Harlem

If Harlem moved to China
I know nothing finer than to be in Harlem

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/drop-me-off-in-harlem-lyrics-ella-fitzgerald.html

"Day Dream"

作曲 : Billy Strayhorn and Duke Ellington
作詞 : John La Touche
作曲年 1941

曲情報については >>[46] をご覧ください。



"Caravan"

作曲 : Duke Ellington / Juan Tizol
作詞 : Irving Mills
作曲年 1936

曲情報については >>[27] をご覧ください。



Newport 1958: Brubeck Plays Ellington

1958年のニューポートジャズフェスというと、そう「真夏の夜の夢」ですね。
まさにジャズの魅力を一般大衆に伝えた、貴重な映像でした。

さて映画には登場していませんが、この1958年のニューポートにデーブ・ブルーベックのクアルテットが出演し貴重な音源を残しています。

そうですこのステージで、ブルーベックはまさにエリントンのソングブックを演奏しています。

PERSONNEL:
PAUL DESMOND, alto sax
DAVE BRUBECK, piano
JOE BENJAMIN, bass
JOE MORELLO, drums

01 THINGS AIN'T WHAT THEY USED TO BE
02 JUMP FOR JOY
03 PERDIDO
04 DANCE No.3 FROM THE “LIBERIAN SUITE”
05 THE DUKE
06 FLAMINGO
07 C JAM BLUES into TAKE THE “A” TRAIN

05はブルーベックのオリジナル曲ですが、他はエリントン自身あるいはゆかりのナンバーが続いています。


>>[68] Newport 1958: Brubeck Plays Ellington

こんなアルバムがあったのですね!

全トラックの音源がありますので、曲情報を捕捉します。
(少しだけ手抜きしました)

"Things Ain't What They Used to Be" is a 1942 jazz standard with music by Mercer Ellington and lyrics by Ted Persons.

"Jump for Joy" (Duke Ellington/Sid Kuller & Paul Francis Webster/1941) >>[14]

"Perdido" is a jazz standard composed by Juan Tizol and was first recorded on December 3, 1941 by Duke Ellington

Liberian Suite is an album by American pianist, composer and bandleader Duke Ellington recorded for the Columbia label in 1947.

"The Duke" (Dave Brubeck/1958)

"Flamingo" (1940) is a popular song and jazz standard written by Ted Grouya and Edmund Anderson and first performed by singer Herb Jeffries and the Duke Ellington Orchestra.


"C Jam Blues" is a jazz standard composed in 1942 by Duke Ellington
It was also known as "Duke's Place", with lyrics added by Bill Katts, Bob Thiele and Ruth Roberts.

"Take The "A" Train" (Billy Strayhorn/Joya Sherrill/1939) >>[5]

ということで、このトピでは未登場の曲がかなりあるという選曲になっていますね。

"Take The "A" Train"

作曲 : Billy Strayhorn
作詞 : Joya Sherrill
作曲年 1939
作詞年 1944

曲情報については >>[2] をご覧ください。


"I Ain't Got Nothin' But the Blues"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Don George
作曲年 1937

曲情報については >>[48] をご覧ください。


"Clementine"

作曲 : Billy Strayhorn
作曲年 ????

この曲はビリー・ストレイホーンのお気に入りのようで、彼自身がデューク・エリントンの元を離れて自身の楽団を運営していたときのアルバムにも入っています。
彼自身はゲイだったとされていますので、このクレメンタインなる女性が誰をモデルにしたのか、調べ切れませんでした。

エラのスキャットがタップリと聴けます。


>>[72] "Clementine"

デューク・エリントン楽団の演奏です。



ビリー・ストレイホーン楽団の音源は見当たりませんでした。

"I Didn't Know About You"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Bob Russell
作曲年 1944

曲情報については >>[41] をご覧ください。

サラとエラの歌唱を比較してみるのも面白いでしょう。



"I'm Beginning to See the Light"

作曲 : Duke Ellington / Johnny Hodges
作詞 : Don George / Harry James
作曲年 1944


曲情報については >>[22] をご覧ください。



"Lost in Meditation"

作曲 : Duke Ellington / Juan Tizol / Lou Singer
作詞 : Irving Mills
作曲年 ????

曲情報については調べ切れませんでした。
ファン・ティゾールが書いたラテン調の曲ですが、あんまり耳にしないかもしれませんね。

歌詞の和訳も見当たりませんでした。




I am lost in meditation
And my reverie
Brings you back to me
For, in my imagination
Love has lingered on
As though you`d never gone

This is just a dream that can not last
When the magic of this mood has passed
So, I sit in meditation
Trying to pretend, this mood will never end

Lost in meditation
And my reverie
Brings you back to me


引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/lost-in-meditation-lyrics-ella-fitzgerald.html
"Perdido"

作曲 : Juan Tizol
作詞 : Ervin Drake & H.J. Lengsfelder (1944)
作曲年 1941

おなじみの、エリントニアン、ファン・ティゾールが書いた名曲でエリントン・ナンバーとしてよく知られています。

動画の音質があまり良くありません。



Perdido
I look for my heart
It`s perdido
I lost it way down in Torito
The day the fiesta started

Bolero
I sway that they play the Bolero
I kissed me the listing sombrero
And that`s when my heart departed

High, was the sun when I held him close
Low, was the moon when we said, adios

Perdido
My heart ever since is Perdido
I know I must go to Torito
To find what I lost Perdido

High, was the sun when I held him close
Low, was the moon when we said, adios

Perdido
Goodnight perdido
I lost perdido


引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/perdido-lyrics-ella-fitzgerald.html

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20110711
"Cotton Tail"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Duke Ellington / Jon Hendricks
作曲年 1940

これもおなじみのエリントン・ナンバーです。

この曲はジョージ・ガーシュインが書いた "I Got Rhythm" を元にして作られたそうです。
どのあたりがぁ…?というのは、注意しながら聞いてみてください。

最初は器楽演奏の曲としてかかれ、後年エリントン自身が歌詞をつけています。
さらに後年、ジョン・ヘンドリックスが歌詞を付け加え LH&R で録音しています。

エラはエリントンが(手抜きで)書いた歌詞で歌っているようです。



Come on, wail
Wail, Cotton Tail
Benny Webster, come on and blow for me

That's Cotton Tail

Come on, wail
Wail, Cotton Tail
Benny Webster, come on and blow for me

That's Cotton Tail

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/cotton-tail-lyrics-ella-fitzgerald.html

デューク・エリントンの音源です。
歌詞に出てくるベン・ウェブスターがソロを取っています。



LH&Rも聴いておきましょう。



歌詞はここをご覧ください。
この早口の歌詞を追いかけるのは大変ですね(汗)
http://lyrics.wikia.com/wiki/Lambert,_Hendricks_%26_Ross:Cottontail

"Do Nothing till You Hear from Me"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Bob Russell
作曲年 1940
作詞年 1944

曲情報については >>[4] をご覧ください。

噂を信じないでねといっているようにも、後ろめたいところがあって言い訳をしているようにも聞こえる歌詞ですね。
よくあることなのでしょう :-)




デューク・エリントンの音源です。
クーティー・ウィリアムスのソロです。



"Just A-Sittin' and A-Rockin'"

作曲 : Duke Ellington and Billy Strayhorn
作詞 : Lee Gaines
作曲年 1941

作詞者についてはこちらをご覧ください。
Otho Lee Gaines (April 21, 1914 – July 15, 1987)
https://en.wikipedia.org/wiki/Lee_Gaines

おなじみのスタンダード曲になっています。

作曲者にデューク・エリントンの名前が入っていますが、実態はビリー・ストレイホーンが書いた曲でしょう。

エラの歌唱もおなじみですね。



I don't go out walking
I ain't for no talking
My baby's done left me
Just a sittin' and a rockin'

If I had been scheming
Instead of just dreaming
He'd never have left me
Just a sittin' and a rockin'

Sittin all day without holding my baby
Makes me so blue and sad
If he don't hurry and come back
It's a cinch to drive me mad

Now if I don't find him
I hope you'll remind him
That I'm staying where he left me
Just a sittin' and a rockin'
All day

Don't go out a walking
And I for no talking
My baby's done left me
Just a sittin' and a rockin'
All day

If I had been scheming
Instead of just dreaming
He'd never have left me
Just a sittin' and a rockin'

Sittin all day without holding my baby
I miss my lonely papa
If he don't hurry and come back
It's a cinch to, I'll blow my toppa

Now if I don't find him
I hope you'll remind him
That I'm staying where he left me
Just a sittin' and a rockin'
rockin' and a sittin'
sittin' and a rockin'
All day

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/ellafitzgerald/justasittinandarockin.html

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song357.html

デューク・エリントンの音源です。
どうやら1941年のこの曲の初録音のリマスタードもののようです。


"(In My) Solitude"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Eddie DeLange
作曲年 1934

曲情報については >>[7] をご覧ください。

おなじみのスタンダード曲で、エラの歌唱もおなじみですね。



デューク・エリントンのアルバム Money Jungle にこの曲が収録されていたのですね。
このアルバムはジャズファンならぜひ聴いておきたいアルバムです。
Duke Ellington (p)
Charles Mingus (b)
Max Roach (ds)


"Rocks in My Bed"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Duke Ellington (?)
作曲年 1941

曲情報については >>[53] をご覧ください。



"Satin Doll"

作曲 : Duke Ellington / Billy Strayhorn
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1953

曲情報については>>[8] をご覧ください。

実にエラらしい曲の処理ですね :-)



"Sophisticated Lady"

作曲 : Duke Ellington / Irving Mills
作詞 : Mitchell Parish
作曲年 1932

曲情報については>>[11] をご覧ください。

おなじみのエラの名唱なのですが、エラの歌に絡むギターがなかなかいいですし(バーニー・ケッセル / ハーブ・エリスどちらでしょう)、ヴァイオリンはレイ・ナンスではなくてスタッフ・スミスのようですね。
テナーサックスはベン・ウエブスターでしょう。



"Just Squeeze Me (But Don't Tease Me)"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Lee Gaines
作曲年 1941

やっとこさ、この大スタンダード曲が登場しました。
非常に大勢の人たちによって手がけられている曲です。



Squeeze me
But please don't tease me
C'mon and squeeze me
But please don't tease me

Want you to know I go for your squeezing
Want you to know it really is pleasing
Want you to know I ain't for no teasing
[scat]

Treat me sweet and gentle
When you say goodnight
Just squeeze me
But please don't tease me

I get sentimental
When you hold me tight
Just squeeze me
But please don't tease me

Missing you since you went away
Singin' the blues away each day
Counting the nights and waiting for you

I'm in the mood to let you know
I never knew I loved you so
Please say, you love me too

When I get this feeling
I'm in ecstasy
So squeeze me
But don't tease me

Missing you since you went away
Singin' the blues away each day
Counting the nights and waiting for you

I'm in the mood to let you know
I never knew I loved you so
Please say, you love me too

When I get this feeling
I'm in ecstasy
So squeeze me
But please don't tease me

C'mon and squeeze me
But please don't tease me
Hear me honey, talkin'
squeeze me
But please don't tease me

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/ellafitzgerald/justsqueezemebutdontteaseme.html

歌詞の和訳があります。
http://ameblo.jp/jazznaoko/entry-12104462210.html

デューク・エリントンの音源です。



"It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing)"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Irving Mills
作曲年 1931

曲情報については>>[10] をご覧ください。

エラお得意の曲ですね :-)



"Azure"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Irving Mills
作曲年 1937

'azure" というのは「紺碧」という意味のようです。
"Mood Indigo" といい、「色」の付いた曲の一つですね。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Driftin' dreamin'
In an azure mood
Stardust gleamin'
Through my solitude

Here in my seclusion
You're a blue illusion
While I'm in this
Azure interlude

I'm not wanted
I'm so all alone
Always haunted
By the dreams I own

But, though I' m tormented
I must be contented
Driftin' dreamin'
In an azure mood

Driftin' dreamin'
In an azure mood
Star dust gleamin'
Through my solitude

Here in my seclusion
You're a blue illusion
While I'm in this
Azure interlude

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/d/duke+ellington/azure_20584320.html

デューク・エリントンの音源です。



"I Let a Song Go Out of My Heart"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Irving Mills / Henry Nemo / John Redmond
作曲年 1938

曲情報については >>[4], >>[5] をご覧ください。

おなじみのエリントン・ナンバーですね。


"In a Sentimental Mood"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Manny Kurtz (Manny Curtis)
作曲年 1935

曲情報については>>[9] をご覧ください。

安心して、ゆったりと聴ける、名唱ですね。



"Don't Get Around Much Anymore"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Bob Russell
作曲年 1940

この曲は最初は器楽演奏用の曲として作曲され、後に歌詞がつけられています。

この歌詞は、徹底的に主語を略した歌詞としても知られていて、歌う人によっては主語を付け加えている場合があります。
フランク・シナトラも1部主語を付け加えて歌っています。

みなさんもお聞きになるときに、主語を付け加えて聞いてみてください。



Missed the Saturday dance
Heard they crowded the floor
Couldn't bear it without you
Don't get around much anymore

Thought I'd visit the club
Got as far as the door
They'd have asked me about you
Don't get around much anymore

Darling, I guess my mind's more at ease
But nevertheless, why stir up memories

Been invited on dates
Might have gone but what for
Awfully different without you
Don't get around much anymore

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/ellafitzgerald/dontgetaroundmuchanymore.html

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070725

デューク・エリントンの音源です。
ジョニー・ホッジス (as) のソロがたっぷりと聞けます。


"Prelude to a Kiss"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Irving Gordon / Irving Mills
作曲年 1938

曲情報については>>[13] をご覧ください。

Stuff Smith (vln) なんですね。レイ・ナンスかと思ってました ^^;



"Mood Indigo"

作曲 : Duke Ellington / Barney Bigard
作詞 : Barney Bigard / Irving Mills
作曲年 1930

曲情報については>>[12] をご覧ください。


"In a Mellow Tone"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Milt Gabler
作曲年 1939


曲情報については>>[44] をご覧ください。


"Love You Madly"

作曲・作詞 : Duke Ellington
作曲年 ????

Billy Strayhorn が作詞者というデータもあります。

非常によく知られた曲なのですが、曲情報がでてきません、また、歌詞の和訳も見当たりませんでした。

このアルバムのゲストとしてオスカー・ピーターソンが演奏しています。
テナー・サックスはベン・ウエブスターです。

エラの素晴らしいスイング感を堪能できるトラックです。



Love you madly,
Right or wrong,
Sounds like the lyric of a song.
But since it's so,
I thought you ought to know,
I love you,
Love you madly.

'Better fish are in the sea'
Is not the theory for me
And that's for sure,
Just like I said before,
I love you,
Love you madly.

If you could see the happy you and me
I dream about so proudly.
You'd know the breath of spring that makes me sing
My love song so loudly.

Good things come to those who wait,
So just relax and wait for fate.
To let me see the day you say with me,
'I love you,
Love you madly.'

And that's for sure,
Just like I said before,
I love you,
Love you madly.
If you could see the happy you and me
I dream about so proudly.
You'd know the breath of spring
That makes me sing
My love song so loudly.

To let me see the day you say with me,
'I love you madly.'

Love you madly right or wrong sounds like the lyric of a song.
But since it's so,
I thought you out to know,
I love you madly.

Better fish are in the sea
Is not the theory for me
And that's for sure
Just like I said before,
I love you madly.

If you could see the happy you and me
I dream about so proudly.
You'd know the breath of spring
That makes me sing
My love song so loudly.

Good things come to those who wait,
So just relax and wait for fate.
To let me see the day you say with me,
'I love you,
Love you madly.'

I love you
Love you, madly
I love you madly.

Oh, I got big eyes for you baby.


引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/ellafitzgerald/loveyoumadly.html

デューク・エリントンの音源です。



"Lush Life"

作曲・作詞 : Billy Strayhorn
作曲年 from 1933 to 1938.

曲情報については>>[43] をご覧ください。


"Squatty Roo"

作曲 : Johnny Hodges
作詞 : ????
作曲年 1941

この曲は器楽演奏用の曲としてジョニー・ホッジスが書いたもので、エリントン・ナンバーとしてよく知られています。
歌詞はだれが書いたか?ひょっとするとこの録音のためにエラが書いたのかもしれません(無責任)

「ずんぐりのルー」というのはだれを指すのか、語れないところが申し訳ありません。

エラのスキャットが楽しめます。



There's a song that's really jumping
And the fellas say it's Squatty Roo
And it's really dumping
La-de-doo

(scat to end)

ジョニー・ホッジスの音源です。


"I'm Just a Lucky So and So"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Mack David
作曲年 1945

曲情報については>>[38] をご覧ください。

エリントン楽団だけの演奏が続いて、エラがいつ入ってくるのかとハラハラさせてくれますが、昔のビッグバンドに歌手が加わった時のスタイルになります。

作曲年から想像すると、第二次世界大戦が終わり平和な世になったささやかな幸せを歌っているようにも見えますが、1945年の5月にはN.Yのクラブで歌われラジオ中継されていたというデータもあります。


"All Too Soon"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Carl Sigman
作曲年 1940

曲情報については>>[42] をご覧ください。
サラの歌唱と聴き比べてみるのも楽しいでしょう。

冒頭の不協和音が面白いですね。



ログインすると、残り58件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。