ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > デューク・エリントン ソングブ...

Standard Jazz Songコミュのデューク・エリントン ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Duke Ellington
Edward Kennedy "Duke" Ellington (April 29, 1899 – May 24, 1974)
https://en.wikipedia.org/wiki/Duke_Ellington

デューク・エリントンのソングブック・アルバムには、デューク・エリントン自身が作曲した曲、エリントン以外の作曲者の曲で、エリントン楽団の演奏でよく知られる曲の2種類が混在しています。
エリントン以外の作曲者には、エリントンの影武者的存在のビリー・ストレイホーンや、エリントン楽団のメンバーだったファン・ティゾール等のエリントニアンとよばれる人たちの書いた曲がよく知られています。

エリントン作曲の曲にアーヴィング・ミルズの名前がついているものがありますが、これはエリントン楽団のマネージャーだったアーヴィング・ミルズが印税稼ぎのために名前を加えたものとみられています。

また、当初はエリントン楽団の器楽演奏曲だったものに、後年詞がつけられて、一層有名になった曲があります。
この作詞家の一人にはジョニー・マーサーもいます。



tamaeさんのデューク・エリントンに関係するエッセイには次のものがあります(順不同)

Black and Tan Fantasy 幻想の時代
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2012/11/black-and-tan-fantasy.html

対訳ノート(44):Come Sunday
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2015/01/44come-sunday.html

再掲:7月の旬な曲"Star-Crossed Lovers" (ビリー・ストレイホーン)
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2014/07/7star-crossed-lovers.html

トミー・フラナガンの名演目(3): Chelsea Bridge
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2013/11/3-chelsea-bridge.html

スター・クロスト・ラヴァーズを聴きながら…
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2008/07/post_32.html

寺井珠重の対訳ノート(8) <Something to Live For>
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2008/05/something_to_live_for_1.html

ビリー・ストレイホーン(1915−67) 生涯一書生
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2008/05/191567.html

トーキョー・リサイタルとデューク・エリントン
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2008/05/post-29.html




デューク・エリントンが世に知られ有名になったのは1927年 - 1931年に出演したコットン・クラブとのかかわりがあります。

コットン・クラブ (Cotton Club) というのは、N.Y. のハーレムにあった、客席が700もある大きなクラブで1920年から1930年代半ばまで存在しました。
当時のジャズ史とは切っても切れない関係のある有名なクラブです。

このクラブは、伝説的なヘビー級ボクサーのジャック・ジョンソンが1920年にクラブを作ったものの経営的に上手くいかず、ギャングのオウニイ・マッデンが買い取り、コットン・クラブと名前を変えて、経営し、当時の人気クラブとして一世を風靡することになりました。

ちょうど1919年に米禁酒法が施行され酒類の醸造と販売が闇世界に移っていった時期になります。
また、ラジオ放送が1920年に始まり、ラジオ受信機が普及を始めました。
コットン・クラブでのショウの生演奏がこのラジオ電波に乗り、クラブと音楽の人気に一層拍車がかかりました。

コットンクラブは、客は白人だけ、ミュージシャンは黒人だけ、ショウガールは薄い褐色の若い美人という基準をかたくなに守り通し、人気を維持し続けたのです。

この時期はローリング・トゥエンティともよばれる時期でした。
チャールストンというダンスが大人気になったのもこの時期です。
(アル・カポネはシカゴのギャングでした)

このコットン・クラブで作曲家として活躍していたのがジミー・マクヒューで、彼とコンビを組んでいたのが作詞家のドロシー・フィールズでした。
このジミー・マクヒューがコットン・クラブに引っ張り込んだのがデューク・エリントンなのです。
デューク・エリントンは1927年から1931年まで、このコットン・クラブに在籍し、人気を不動のものにしました。

デューク・エリントンがコットン・クラブを辞めた後を次いだのがキャブ・キャロウェイです。

このコットン・クラブには客としてアーヴィング・バーリンもやってきました。
またハロルド・アーレンはコットン・クラブの専属の作曲家として仕事をしていた時期もあります。


このコットン・クラブを舞台にした映画が作られています。
The Cotton Club (1984)
http://www.imdb.com/title/tt0087089/?ref_=fn_al_tt_1
デューク・エリントンやキャブ・キャロウェイが実名で登場するそうです。
(もちろん別の役者が演じています)
リージョン2のDVDが出ています。





デューク・エリントンは生涯に1000曲以上作曲したといわれています。
デューク・エリントンの作曲リストがあります。
http://songwritershalloffame.org/songs/C9



デューク・エリントンの曲にどんな人たちが歌詞を書いたか、このトピから拾い上げてみましょう。
(alphabetical)
Barney Bigard (Mood Indigo)
Ben Carruthers (Black Butterfly)
Bill Comstock (Chelsea Bridge)
Bob Russell (Do Nothing till You Hear from Me, I Didn't Know About You)
Carl Sigman (All Too Soon)
Don George (I'm Beginning to See the Light)
Duke Ellington (Come Sunday)
Eddie DeLange ((In My) Solitude)
Frankie Laine (What Am I Here For)
Harry James (I'm Beginning to See the Light)
Henry Nemo (I Let a Song Go Out of My Heart)
Irving Gordon (Prelude to a Kiss)
Irving Mills (It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing))
Joya Sherrill (Take The "A" Train)
John La Touche (Day Dream)
John Redmond (I Let a Song Go Out of My Heart)
Johnny Mercer (Satin Doll)
Lee Gaines(Just A-Sittin' and A-Rockin')
Mack David (I'm Just a Lucky So and So)
Manny Kurtz (Manny Curtis) (In a Sentimental Mood)
Milt Gabler (In a Mellow Tone)
Mitchell Parish (Sophisticated Lady)
Paul Francis Webster (Jump for Joy)
Sid Kuller (Jump for Joy, Bli-Blip)






-------------- この項は推敲中です ----------------------








reserved にありますのは、このトピックで未登場のアルバムです。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このトピックで詳しく取り上げていただけませんでしょうか

*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#135 - Teresa Brewer / A Sophisticated Lady / CBS Records / 1981
#122 - Nina Simone / Nina Simone Sings Ellington! / Colpix Records / 1961
#107 - Cynthia Felton / Come Sunday: The Music of Duke Ellington / Felton Enertainment / 2010
#68 - Dave Brubeck/Newport 1958: Brubeck Plays Ellington /CBS/Phoenix/1958
#60 - Ella Fitzgerald / Sings the Duke Ellington Song Book / Verve / 1957
#47 - Sarah Vaughan / The Duke Ellington Songbook, Two / PABLO / 1979
#36 - Sarah Vaughan / The Duke Ellington Songbook, Vol. 1 / PABLO / 1979
#20 - Dee Dee Bridgewater / Prelude to a Kiss: The Duke Ellington Album / PHILIPS / 1996.
#1 - Carol Sloane / Sophisticated Lady / Muzac Inc. / 1977

*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Duke Ellington Songbook】
 André Previn / Andre Previn Plays Duke
 Carol Sloane / Dearest Duke
 Carol Sloane / Romantic Ellington
 David Finck / André Previn / We Got It Good and That Ain't Bad: An Ellington Songbook
 Harry Allen / Plays Ellington Songs
 Horace Parlan / Joe Van Enkhuizen / Ellington Ballads
 Joe Beck / Gary Burton / Terry Clarke / Jay Leonhart / Music of Duke Ellington
 Joe Van Enkhuizen / Ellington My Way
 John Coltrane / Duke Ellington / Duke Ellington & John Coltrane
 Lincoln Center Jazz Orchestra / Portraits by Ellington
 Lincoln Center Jazz Orchestra / Wynton Marsalis / Live in Swing City: Swingin with the Duke
 Marica Hiraga / Sings With The Duke Ellington Orchestra
 McCoy Tyner / McCoy Tyner Plays Ellington
 Oscar Peterson / Oscar Peterson Plays Duke Ellington
 Duke Ellington & Teresa Brewer ‎/ It Don't Mean A Thing If It Ain't Got That Swing
 Thelonious Monk / Thelonious Monk Plays Duke Ellington
 Wycliffe Gordon / Wycliffe Gordon Quintet / The Intimate Ellington: Ballads & Blues
 Wynton Marsalis / Live in Swing City: Swingin with the Duke



*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"All Too Soon" (Duke Ellington/Carl Sigman/1940) - (#42, 98)
"Azure" (Duke Ellington/Irving Mills/1937) - (#87)
"Black Butterfly" (Duke Ellington/Ben Carruthers/1936) - (#49)
"Bli-Blip" (Duke Ellington/Sid Kuller/1941) - (#24, 101)
"C Jam Blues (Duke's Place)" (Duke Ellington/Bill Katts, Bob Thiele & Ruth Roberts/1942) - (#68, 119, 141)
"Caravan" (Duke Ellington & Juan Tizol/Irving Mills/1936) - (#27, 67, 109)
"Chelsea Bridge" (Billy Strayhorn/Bill Comstock/1941) - (#50, 102)
"Clementine" (Billy Strayhorn/????) - (#72, 73)
"Come Sunday" (Duke Ellington/1946) - (#16, 33, 114, 142)
"Cotton Tail" (Duke Ellington/Duke Ellington & Jon Hendricks/1940) - (#78)
"Day Dream" (Billy Strayhorn and Duke Ellington/John La Touche/1941) - (#46, 66)
"Do Nothing till You Hear from Me" (Duke Ellington/Bob Russell/1940) - (#4, 79, 123)
"Don't Get Around Much Anymore" (Duke Ellington/Bob Russell/1940) - (#90, 138)
"Drop Me Off in Harlem" (Duke Ellington/Nick A. Kenny/1933) - (#65)
"The Duke" (Dave Brubeck/1958) - (#68)
"The E and D Blues (E for Ella, D for Duke)" (Billy Strayhorn/????) - (#105)
"Everything But You" (Duke Ellington & Harry James/Don George/1945) - (#55, 99)
"Flamingo" (Ted Grouya & Edmund Anderson/1940) - (#68)
"Fleurette Africaine" (Duke Ellington/????) - (#25)
"The Gal From Joe's" (Duke Ellington/Irving Mills/1938) - (#131)
"Hey, Buddy Bolden" (Duke Ellington & Billy Strayhorn/1957) - (#125)
"I Ain't Got Nothin' But the Blues" (Duke Ellington/Don George/1937) - (#48, 71)
"I Didn't Know About You" (Duke Ellington/Bob Russell/1944) - (#41, 74)
"I Got It Bad (And That Ain't Good)" (Duke Ellington/Paul Francis Webster/1941) - (#54, 100, 116, 124)
"I Let a Song Go Out of My Heart" (Duke Ellington/Irving Mills & Henry Nemo & John Redmond/1938) - (#4, 40, 88)
"I Like the Sunrise" (Duke Ellington/1947) - (#129)
"I'm Beginning to See the Light" (Duke Ellington & Johnny Hodges/Don George & Harry James/1944) - (#22, 75, 118)
"I'm Just a Lucky So and So" (Duke Ellington/Mack David/1945) - (#38, 97)
"In a Mellow Tone" (Duke Ellington/Milt Gabler/1939) - (#44, 93, 111)
"In a Sentimental Mood" (Duke Ellington/Manny Kurtz/1935) - (#9, 37, 89, 110)
"It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing)" (Duke Ellington/Irving Mills/1931) - (#10, 57, 86, 108, 133, 136)
"Jump for Joy" (Duke Ellington/Sid Kuller & Paul Francis Webster/1941) - (#14)
"Just A-Sittin' and A-Rockin'" (Duke Ellington and Billy Strayhorn/Lee Gaines/1941) - (#80)
"Just Squeeze Me (But Don't Tease Me)" (Duke Ellington/Lee Gaines/1941) - (#85)
"Liberian Suite" (Duke Ellington/1947) - (#68)
"Lost in Meditation" (Duke Ellington & Juan Tizol & Lou Singer/Irving Mills/????) - (#76)
"Love You Madly"(Duke Ellington/????) - (#94)
"Lush Life" (Billy Strayhorn/1933) - (#43, 95, 112)
"Merry Mending" (Duke Ellington/????) - (#126)
"Midnight Indigo" (Duke Ellington/????) - (#21)
"Mood Indigo" (Duke Ellington & Barney Bigard/Barney Bigard & Irving Mills/1930) - (#12, 29, 56, 92)
"Night Creature - Andante Miterioso" (Duke Ellington/1963) - (#31)
"Night Creature - Fast" (Duke Ellington/1963) - (#30)
"Night Creature - Moderato Fast Swing Moderato" (Duke Ellington/1963) - (#32)
"Perdido" (Juan Tizol/Ervin Drake & H.J. Lengsfelder/1941) - (#68, 77, 113)
"Portrait of Ella Fitzgerald: Royal Ancestry/All Heart/Beyond Category" (Billy Strayhorn/????) - (#103)
"Prelude to a Kiss" (Duke Ellington/Irving Gordon & Irving Mills/1938) - (#13, 26, 58, 91, 120)
"Rockin' in Rhythm" (Harry Carney & Duke Ellington & Irving Mills/1931)- (#63)
"Rocks in My Bed" (Duke Ellington/1941) - (#53, 82)
"Satin Doll" (Duke Ellington & Billy Strayhorn/Johnny Mercer/1953) - (#8, 83, 132)
"(In My) Solitude" (Duke Ellington/Eddie DeLange/1934) - (#7, 28, 39, 81, 130, 140)
"Something to Live For" (Duke Ellington & Billy Strayhorn/1939) - (#127)
"Sophisticated Lady" (Duke Ellington & Irving Mills/Mitchell Parish/1932) - (#11, 45, 84, 117, 139)
"Squatty Roo"(Johnny Hodges/????/1941) - (#96)
"Take The "A" Train" (Billy Strayhorn/Joya Sherrill/1939) - (#2, 18, 70, 115)
"Things Ain't What They Used to Be" (Mercer Ellington/Ted Persons/1942) - (#68)
"Tonight I Shall Sleep (With a Smile on My Face)" (Duke Ellington/Irving Gordon/????) - (#52)
"What Am I Here For" (Billy Strayhorn/Frankie Laine/1942) - (#51)
"You Better Know It" (Duke Ellington & Billy Strayhorn/????) - (#128)


コメント(142)

"Portrait of Ella Fitzgerald: Royal Ancestry/All Heart/Beyond Category"

作曲: Billy Strayhorn

それぞれの部分についてはデューク・エリントン自身が解説していますので、耳を澄ませてください。





>>[103] "Portrait of Ella Fitzgerald: Royal Ancestry/All Heart/Beyond Category"

動画が2分割されていました。
残りの部分です。


"The E and D Blues (E for Ella, D for Duke)"

作曲: Billy Strayhorn





これで、大作
Ella Fitzgerald / Sings the Duke Ellington Song Book
のトラックが一通り紹介できました。

現在流通しているCDには、さらにボーナストラックが付け加えられているようです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Ella_Fitzgerald_Sings_the_Duke_Ellington_Song_Book

 
ここまででエリントンの曲を54曲取り上げることができました。
冒頭に書きましたように、デューク・エリントンは生涯に1000曲以上作曲したといわれています。
まだまだデューク・エリントンのソングブックはありますので、続けていきたいのですが、歌手によるソングブックでは(たぶん)既出の曲がほとんどではないかと想像しています。
器楽演奏のものに、もう少し未登場の曲があるのではないかと期待しているのですが、ソングブックの量が多いだけに、どこまでたどり着けますやら…


次はこれにしましょう。

Cynthia Felton / Come Sunday: The Music of Duke Ellington

Label: Felton Enertainment

Recorded in 2010


1. It Don't Mean a Thing If It Ain't Got That Swing (Duke Ellington / Irving Mills)
2. Caravan (Duke Ellington / Irving Mills / Juan Tizol)
3. In a Sentimental Mood (Duke Ellington / Manny Kartz / Irving Mills)
4. In a Mellow Tone (Duke Ellington / Milt Gabler)
5. Lush Life (Billy Strayhorn)
6. Perdido (Ervin Drake / Juan Tizol)
7. Come Sunday (Duke Ellington)
8. Take the a Train (Billy Strayhorn)
9. I Got It Bad (Duke Ellington / Paul Francis Webster)
10. Sophisticated Lady (Duke Ellington / Irving Mills / Mitchell Parish)
11. I'm Beginning To See the Light (Duke Ellington / Don George / Johnny Hodges / Harry James)
12. Duke's Place (C Jam Blues) (Duke Ellington / Bill Katz / Ruth Roberts / Robert Thiele)
13. Prelude To a Kiss (Duke Ellington / Irving Gordon / Irving Mills)

Musicians:
Ernie Watts (ts)
Jeff Clayton (as)
Wallace Roney (tp)
Cyrus Chestnut (p)
Robert Hurst (b)
Jeff "Tain" Watts (ds)
Patrice Rushen (p)
Terri Lyne Carrington (ds)
Donald Brown (p)
Yoren Israel (ds)
Tonny Dumas (b)
Munyongo Jackson (percussion)
Nolan Shaheed (tp)
John Beasley (p)
Loca Hart (ds)
John B. Williams (b)
Ryan Cross (b)
Carol Robbins (harp)
Ronald Muldrow (g)

シンシア・フェルトンについては【気になる現代の歌姫たち】 #58 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=2&id=78105808
また、【オスカー・ブラウン・ジュニア ソングブック】#25 - でも登場しています。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78838142

Dr. の称号を持つ新進気鋭のヴォーカリストの意欲的なアルバムです。
共演メンバーがすばらしいのですが、個々のトラックでのメンバーが、ライナーノーツには充分には書いてありません。

このアルバムに収録されている13トラックはすべてよく知られているエリントン・ナンバーですが、中でもアルバム・タイトルになっている "Come Sunday" は、エリントンの曲の中で彼女の一番のお気に入りの曲だそうです。



"It Don't Mean a Thing If It Ain't Got That Swing"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Irving Mills
作曲年 1931

曲情報については>>[10] をご覧ください。

彼女のこの凄さ、じっくりと味わってください。

Terri Lyne Carrington (ds)
Patrice Rushen (p)
Tonny Dumas (b)



"Caravan"

作曲 : Duke Ellington / Juan Tizol
作詞 : Irving Mills
作曲年 1936

曲情報については >>[27] をご覧ください。

Ernie Watts (ts)
Wallace Roney (tp)
Munyongo Jackson (percussion)
Terri Lyne Carrington (ds)
Patrice Rushen (p)
Tonny Dumas (b)

マニュンゴ・ジャクソン(perc)が雰囲気を盛り立てています。
アーニー・ワッツ (ts) が光っています。

単なるシンシアのヴォーカル・トラックと言うよりは、シンシアを含むコンボの演奏というスタイルになっています。



"In a Sentimental Mood"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Manny Kurtz (Manny Curtis)
作曲年 1935

曲情報については>>[9] をご覧ください。

Munyongo Jackson (percussion)
Donald Brown (p)
Robert Hurst (b)
Yoren Israel (ds)
Ronald Muldrow (g)

マニュンゴ・ジャクソン(perc)が雰囲気を盛り立てています。



"In a Mellow Tone"

作曲: Duke Ellington
作詞: Milt Gabler
作曲年 1939

曲情報については>>[44] をご覧ください。

ベースとのデュオでスリリングな歌唱を聴かせてくれます。

Ryan Cross (b)




"Lush Life"

作曲・作詞: Billy Strayhorn
作曲年 from 1933 to 1938.

曲情報については>>[43] をご覧ください。

Cyrus Chestnut (p) とのデュオです。
エンディングが印象的ですね。



"Perdido"

作曲: Juan Tizol
作詞: Ervin Drake & H.J. Lengsfelder (1944)
作曲年 1941

曲情報については>>[77] をご覧ください。

Ryan Cross (b)
Donald Brown (p)
Yoren Israel (ds)
Jeff Clayton (as)



"Come Sunday"

作曲・作詞: Duke Ellington
作曲年 1946

曲情報については >>[16] をご覧ください。

この曲はエリントンの曲の中でもシンシアが一番好きな曲だそうです。

Cyrus Chestnut (p)
Robert Hurst (b)
Jeff "Tain" Watts (ds)



"Take The "A" Train"

作曲: Billy Strayhorn
作詞: Joya Sherrill
作曲年 1939
作詞年 1944

曲情報については >>[2] をご覧ください。

編曲と乗り方が面白いですね。

Ernie Watts (ts)
Wallace Roney (tp)
Munyongo Jackson (percussion)
Terri Lyne Carrington (ds)
Patrice Rushen (p)
Tonny Dumas (b)



"I Got It Bad (And That Ain't Good)"

作曲: Duke Ellington
作詞: Paul Francis Webster
作曲年 1941

曲情報については>>[54] をご覧ください。

Ryan Cross (b)
Donald Brown (p)
Yoren Israel (ds)
Wallace Roney (tp)



"Sophisticated Lady"

作曲: Duke Ellington & Irving Mills
作詞: Mitchell Parish
作曲年 1932

曲情報については>>[11] をご覧ください。

Ryan Cross (b)
Donald Brown (p)
Yoren Israel (ds)

Donald Brown (p) がなかなかいいですね。



"I'm Beginning to See the Light"

作曲: Duke Ellington & Johnny Hodges
作詞: Don George & Harry James
作曲年 1944

曲情報については >>[22] をご覧ください。

改めて気が付くのですが、この一説があるので、ここはクリスマス・シーズンを表わしているのでしょう。
"Or candlelight on the mistletoe"

Ernie Watts (ts) のソロが入ります。

John Beasley (p)
John B. Williams (b)
Loca Hart (ds)
Ronald Muldrow (g)
Ernie Watts (ts)



"C Jam Blues (Duke's Place)"

作曲: Duke Ellington
作詞: Bill Katts, Bob Thiele & Ruth Roberts
作曲年 1942

この曲は今まで未登場でしたね。
エラ・サラのソングブックにも入っていなかった!
大スタンダード曲になっているのですが…



Baby, take me down to Duke's Place
Wildest box in town is Duke's Place
Love that piano sound in Duke's Place

Saxes do their tricks in Duke's Place
Fellas swing their chicks in Duke's Place
Come on, get your kicks in Duke's Place

You find yourself a seat, and when you want to eat
You look around and yell, ?Waiter?
You fill your cup chock full of dreams and drink it up
You're jetting along with your girlie

It's after three o'clock, but baby, it's early
If you've never been to Duke's Place
Take your tootsies into Duke's Place
Life is in a spin in Duke's Place

Baby, take me down to Duke's Place
Wildest box in town is Duke's Place
Love that piano sound in Duke's Place

Saxes do their tricks in Duke's Place
Fellas swing their chicks in Duke's Place
Come on, get your kicks in Duke's Place

引用元はここ
https://genius.com/Ella-fitzgerald-dukes-place-lyrics

歌詞のおよその和訳があります。
https://blog.goo.ne.jp/keyagu575/e/8fa28c404aff073fbef95a5a31401c9b

デューク・エリントン楽団とエラの音源です。




"Prelude to a Kiss"

作曲: Duke Ellington
作詞: Irving Gordon / Irving Mills
作曲年 1938

曲情報については>>[13] をご覧ください。

Carol Robbins (harp)
Terri Lyne Carrington (ds)
Patrice Rushen (p)
Tonny Dumas (b)



これで
Cynthia Felton / Come Sunday: The Music of Duke Ellington
の全トラックが紹介できました。

新進気鋭のシンシアのアルバム、他にもいくつかソングブックがありますので、いずれ機会を作って取り上げてみたいと思っています。

Dr. の称号はUSでは日本よりも重く使われるようで、名前を呼ぶときにも Dr. XXXX と呼ばれることが多いようです。
シンシア・フェルトンも Dr. のようなのですが、音楽の世界ではどうなのでしょうか?


デューク・エリントンのソングブックはまだまだたくさん掘り起こせていますので、ボチボチと続けて行きましょう。

次はこれにしましょう。

Nina Simone / Nina Simone Sings Ellington!

Label: Colpix Records

Recorded in 1961.

1. Do Nothin' Till You Hear From Me (Duke Ellington / Sidney Keith Russell)
2. I Got It Bad (Duke Ellington / Paul Francis Webster)
3. Hey, Buddy Bolden (Duke Ellington / Billy Strayhorn)
4. Merry Mending (Duke Ellington)
5. Something to Live For (Duke Ellington / Billy Strayhorn)
6. You Better Know It (Duke Ellington)
7. I Like the Sunrise (Duke Ellington)
8. Solitude (Eddie DeLange / Duke Ellington / Irving Mills)
9. The Gal From Joe's (Duke Ellington / Irving Mills)
10. Satin Doll (Duke Ellington / Johnny Mercer / Billy Strayhorn)
11. It Don't Mean a Thing (Duke Ellington / Irving Mills)

Musicians:
Nina Simone (p, vo)
Malcolm Dodds Singers (bacing vocals)
Orchestra Arranged by Nina Simone
unidentified string orchestra

ニーナ・シモンについてはこちらをご覧ください。
Nina Simone (/ˈniːnə sɪˈmoʊn/; born Eunice Kathleen Waymon; February 21, 1933 – April 21, 2003)
https://en.wikipedia.org/wiki/Nina_Simone

彼女は自身の音楽に非常に多彩な要素を取り入れていて、クラシック、ジャズ、ブルース、フォーク、R&B、ゴスペル、ポップが融合したような独自の音楽世界を展開しました。
彼女の言葉で「わたしはジャズ歌手ではない」という趣旨の文章を見た記憶があります。

彼女は非常に多くのアルバムを残しています。
https://www.allmusic.com/artist/nina-simone-mn0000411761/discography

その中のエリントンソングブックです。

このアルバムは人気があるようで、LPからCD化されるときに、他の人気アルバムと抱き合わせカップリングしたお徳用なアルバムもあります。

彼女独自の音楽世界で展開されるエリントン曲の数々、あまたあるエリントンナンバーの歌唱とは一味違っていて、聴いていてエリントンナンバーと気が付かないようなところもあります。

また、このトピックではこれまで未登場の曲も含まれています。
"Do Nothing till You Hear from Me"

作曲: Duke Ellington
作詞: Bob Russell
作曲年 1940
作詞年 1944

曲情報については >>[4] をご覧ください。



"I Got It Bad (And That Ain't Good)"

作曲: Duke Ellington
作詞: Paul Francis Webster
作曲年 1941

曲情報については>>[54] をご覧ください。

このトラックを聴いて、「えっ、あの曲なの?」と感じませんか?



"Hey, Buddy Bolden"

作曲・作詞: Duke Ellington & Billy Strayhorn
作曲年 1957

Buddy Bolden (September 6, 1877 – November 4, 1931) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Buddy_Bolden

彼はコルネット奏者、バンドリーダーとして、ラグタイムをニューオーリンズ・スタイルへと発展させた主要な人物である、とされています。
ジャズの創世記の歴史の中で、即興演奏をする彼の音楽スタイルが多くのジャズメンに影響を与えた歴史的人物とされています。

デューク・エリントンは1957年の組曲「ア・ドラム・イズ・ア・ウーマン(A Drum is a Woman)」の中でボールデンに敬意を表した。そのトランペット・パートはクラーク・テリー Clark Terry が担当した。

歌詞の適当な和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Buddy Bolden tune up
Blowing horn was his game
Born with a silver trumpet in his mouth
He played the horn before he talked
Born on the after beat
He patted his foot before walked

When Buddy Bolden tuned up you could hear him clean
Clean across the river clean across the river
He woke up the working people and kept the easy living
Call on Buddy Bolden call him Buddy Bolden

Watch it he's calling his flock now
He's calling his flock now here they come
Call him Buddy Bolden he's calling his flock now
Here they come here they come
Come on Buddy Bolden here they come

引用元はここ
https://genius.com/Nina-simone-hey-buddy-bolden-lyrics

デューク・エリントン楽団の音源です。


"Merry Mending"

作曲・作詞: Duke Ellington
作曲年 ????

この曲の情報については、ニーナ・シモンが録音を残していることしかわかりませんでした。
歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Merry mending to you
Merry mending merry mending
May your convalescence be fun as you chat about prevention

Merry mending merry mending
Think you're lucky you are the one
To get all of that attention
Forget about your pills forget about your ills
Forget about the bills
Get up get out get well again
Merry mending health and happiness blending

Merry mending to you

Merry mending merry mending
May your convalescence be fun as you chat about prevention
Merry mending merry mending
Think you're lucky you are the one
To get all of that attention

Forget about your pills forget about your ills
Forget about the bills
Get up get out get well again
Merry mending merry mending merry mending
Merry mending merry mending to you

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/ninasimone/merrymending.html


"Something to Live For"

作曲・作詞: Duke Ellington & Billy Strayhorn
作曲年 1939

この曲はビリー・ストレイホーンとデューク・エリントンが初めて共作した(実態はストレイホーンの作曲でしょう)曲とされています。



I have almost ev'ry thing a human could desire
Cars and houses, bear-skin rugs to lie before my fire
But there's something missing
Something isn't there
It seems I'm negver kissing the one whom I care for
I want Something To Live For
Someone to make my life an adventurous dream
Oh, what wouln't I give for
Someone who'd take my life and make it seem
Gay as they say it ought to be
Why can't I have love like that brought to me?
My eye is watching the noon crowds
Searching the promenades seeking a clue
To the one who will someday be my
Something To Live For
I want Something To Live For
Someone to make my life an adventurous dream
Oh, what wouln't I give for
Someone who'd take my life and make it seem
Gay as they say it ought to be
Why can't I have love like that brought to me?
My eye is watching the noon crowds
Searching the promenades seeking a clue
To the one who will someday be my
Something To Live For

引用元はここ
https://genius.com/Duke-ellington-something-to-live-for-lyrics

tamaeさんの素晴らしい対訳と解説があります。
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2008/05/something-to-live-for-1.html

ビリー・ストレイホーンの音源も聴いておきましょう。
Ozzie Bailey - Vocals



デューク・エリントン楽団、1939年の音源です。
Jean Eldridge is the singer







"You Better Know It"

作曲・作詞: Duke Ellington & Billy Strayhorn
作曲年 ????

曲情報を調べきれませんでした。
デューク・エリントンは1956年のアルバム A Drum Is a Woman に録音を残しています。
https://www.allmusic.com/album/a-drum-is-a-woman-mw0000181693



I belong to you and I know I show it
You belong to me, baby; you'd better know it
Give me all your love, sugar, spice, and sweet honey
Don't you ever quit

Not for love or money
I'd do most anything just to amuse you
But there's nothing that I wouldn't do
Thought that I would never lose you
When I play the game, I can't afford to blow it
'Cause I play for keeps; you'd better know it

Yes, I'd do most anything just to amuse you
But there's nothing that I wouldn't do
If I ever thought I'd lose you
When I play the game, I can't afford to blow it
'Cause I play for keeps; you better know it

引用元はここ
https://www.letssingit.com/duke-ellington-lyrics-you-better-know-it-g5tz55v

デューク・エリントンの音源です(?)


"I Like the Sunrise"

作曲・作詞: Duke Ellington
作曲年 1947

デューク・エリントンはこの曲を1947年に初録音しています。
彼は「組曲」という様式でいくつも曲を発表しています。
その中の一つ "Liberian Suite" にこの曲が含まれています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Liberian_Suite
彼が書いた宗教的な曲の一つになるのかもしれません。
ニーナの歌を聴いていると、そんな感じを受けます。



I like the sunrise cos it brings a new day
I like the new day it brings new hope they say
I like the sunrise blazing in the new sky
Nighttime's so weary and oh so am I

Every evening I wish upon a star
That my brand new tomorrow isn't very far
When that heavy blue curtain on night
Is high in the sky way out of sight

I like the sunrise so heavenly to see
I like the sunrise and I hope it likes poor me

引用元はここ
https://genius.com/Nina-simone-i-like-the-sunrise-lyrics

デューク・エリントンの1947年の音源です。



"(In My) Solitude"

作曲: Duke Ellington
作詞: Eddie DeLange
作曲年 1934

曲情報については >>[7] をご覧ください。

この曲の感じがよく出ていますね。



"The Gal From Joe's"

作曲: Duke Ellington
作詞: Irving Mills
作曲年 1938

あまり耳にしない曲かもしれません。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

console: 慰める



She's leavin'
And folks are feelin' so low
They're grievin'
And they're consolin' poor Joe
Gonna miss her song, oh Lord
Gonna miss her smile
She'll be travelin' all alone
That last long mile
They're sighin'
With all their trouble and woes
They're cryin' 'cause they all loved
This gal from Joe's
She's leavin'
And folks are feelin' so low
Oh, they're grievin'
And they're tryin' to console poor Joe
We're gonna miss her song, yeah
We're gonna miss her smile, yeah
She'll be travelin' all alone
That last long mile by herself
They're sighin' and they're cryin'
With all their trouble and woes
No, they're cryin' 'cause they all loved
This gal from Joe's
They loved her, they understood her
And they loved her
This gal from Joe's
Yes oh, this gal from Joe's

引用元はここ
https://genius.com/Nina-simone-the-gal-from-joes-lyrics

デューク・エリントン楽団の音源です。





"Satin Doll"

作曲: Duke Ellington / Billy Strayhorn
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1953

曲情報については>>[8] をご覧ください。

器楽演奏のトラックです。
ピアノがニーナ・シモンです。



"It Don't Mean a Thing If It Ain't Got That Swing"

作曲: Duke Ellington
作詞: Irving Mills
作曲年 1931

曲情報については>>[10] をご覧ください。



これで
Nina Simone / Nina Simone Sings Ellington!
の全トラックが紹介できました。

ニーナ・シモンの独自の音楽世界が展開するデューク・エリントン・ソングブック、いかがでしたでしょうか。

デューク・エリントンのソングブックはまだまだ発見できています。
ぼちぼちと続けて行きましょう。



次はこれにしましょう。

Teresa Brewer / A Sophisticated Lady

Label: CBS Records

Recorded in 1981

1. It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing) (Duke Ellington / Irving Mills)
2. Don't Get Around Much Anymore (Duke Ellington / Bob Russell)
3. Sophisticated Lady (Duke Ellington / Irving Mills / Mitchell Parish)
4. Solitude (Duke Ellington)
5. Duke's Place (Duke Ellington)
6. Come Sunday (Duke Ellington)
7. I'm Beginning to See the Light (Duke Ellington / Don George / Johnny Hodges / Harry James)
8. I Got It Bad (And That Ain't Good) (Duke Ellington)
9. I Let a Song Go out of My Heart (Duke Ellington / Irving Mills / Henry Nemo)

Musicians:
Shelly Manne and His Men
Oscar Brasher (tp)
Benny Carter (as)
Mike Lang (p)
Chuck Domanico (b)
Shelly Manne (ds)

テレサ・ブリュワー (Teresa Brewer (born Theresa Veronica Breuer, May 7, 1931 – October 17, 2007) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Teresa_Brewer

1950年代、1960年代を通じてポップ・スターでした。
数多くのヒット曲を出し、みなさんも耳にしたことがある曲があるのではないかと思います。
彼女の最初のビッグヒットは1949年録音の "Music! Music! Music!" です。



彼女は1980年代にジャズを手掛けるようになり、多くのジャズアルバムを出しています。

このアルバムはそれらの中でも珍しいソングブック・アルバムで、デューク・エリントンのおなじみの曲を収録しています。
CBS Records の力もあってか、メンバーがものすごくて、なんとシェリー・マン&ヒズ・メンという当時錚々たるメンバーを起用しています。
ベニー・カーター (as) が入っている所にも注目してください。
彼はジャズの歴史上の三大アルトサックス奏者の一人としてあげられています。
(ジョニー・ホッジス、ベニー・カーター、チャーリー・パーカー、スイング時代に限定するとジョニー・ホッジス、ベニー・カーター、ウィリー・スミスとされているようです。)
シェリー・マンはシズルをつけたトップシンバルが好みだったようで、近年では使う人が少なくなったように思われるシズルのシーン・シーンという音がたっぷりと楽しめます。

というようなジャズ的視点でも楽しめるアルバムになっています。

"It Don't Mean a Thing If It Ain't Got That Swing"

作曲: Duke Ellington
作詞: Irving Mills
作曲年 1931

曲情報については>>[10] をご覧ください。



この写真を見ると、シェリー・マンのトップシンバルにシズルがいっぱいついているところが判ります。
"Don't Get Around Much Anymore"

作曲: Duke Ellington
作詞: Bob Russell
作曲年 1940

曲情報については>>[90] をご覧ください。



"Sophisticated Lady"

作曲: Duke Ellington & Irving Mills
作詞: Mitchell Parish
作曲年 1932

曲情報については>>[11] をご覧ください。

アルバムタイトル曲です。
ベニー・カーターの素晴らしい演奏です。



"(In My) Solitude"

作曲: Duke Ellington
作詞: Eddie DeLange
作曲年 1934

曲情報については >>[7] をご覧ください。

他のトラックとは少し歌い方が違うような…


"C Jam Blues (Duke's Place)"

作曲: Duke Ellington
作詞: Bill Katts, Bob Thiele & Ruth Roberts
作曲年 1942

曲情報については>>[119] をご覧ください。

(as) が歌に絡み、続いて (tp) が歌に絡むところがいいですね。


"Come Sunday"

作曲・作詞: Duke Ellington
作曲年 1946

曲情報については >>[16] をご覧ください。


ログインすると、残り102件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。