ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > ジョニー・マーサー ソングブッ...

Standard Jazz Songコミュのジョニー・マーサー ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Johnny Mercer (November 18, 1909 – June 25, 1976)
https://en.wikipedia.org/wiki/Johnny_Mercer

本籍は作詞家、時々作曲家、歌も歌ってアルバムも出すし、ラジオ・TVでも大活躍、おまけに(?)キャピトル・レコードの創業者という八面六臂の活躍をしたジョニー・マーサーです。

あの作曲家が書いた大スタンダード曲も、この作曲家が書いた大スタンダード曲も、ジョニー・マーサーが作詞しているではないかっ!

というジョニー・マーサーが作詞した曲を集めたソングブック・アルバムが世にあります。
これらのソングブック・アルバムを聴きながら、改めてジョニー・マーサーの偉大さを偲ぶことが出来ます。

彼はいったい何人の作曲家にどれだけ詞を提供してきたのでしょうか。


ジョニー・マーサーの作詞した曲のリストがありました。
http://songwritershalloffame.org/songs/C18

ジョニー・マーサーがかかわったミュージカル(舞台)のリストがありました。
http://www.ibdb.com/Person/View/12137

ジョニー・マーサーの作詞曲が使われた映画のリストのようです。
http://www.imdb.com/name/nm0006197/?ref_=fn_al_nm_1

ジョニー・マーサーの1930年代から1960年代にかけての作詞曲の中で、大ヒット曲になったもののリストがあります。
http://songwritershalloffame.org/exhibits/bio/C18

また、ジョニー・マーサーは仏語詞の曲や独語詞の曲に英語詞を書いています。
さらに、器楽演奏の曲として知られているものに、後から歌詞を書いたものもあります。

トピックを展開しながら、彼はいったい何人の作曲家に詞を提供したのか、調べていきましょう。
(この手のリストが載っているサイトをご存知でしたらお教えください)


作曲家リスト(アルファベット順)
Barry Manilow (When October Goes)
Bernie Hanighen (Bob White (Whatcha Gonna Swing Tonight?), Here Come the British)
Blossom Dearie (I'm Shadowing You)
Chummy MacGregor (Moon Dreams)
David Raksin (Laura)
Doris Tauber (Drinking Again)
Duke Ellington / Billy Strayhorn (Satin Doll)
Eddie Miller ((Love's Got Me in a) Lazy Mood)
Elmer Bernstein (Love With the Proper Stranger)
Gene de Paul (Jubilation T. Cornpone, I'm Past My Prime)
Gordon Jenkins (P.S. I Love You)
Harold Arlen (That Old Black Magic, One for My Baby, Come Rain or Come Shine, Out of This World, Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive, My Shining Hour, This Time the Dream's on Me, Blues in the Night, Hit The Road To Dreamland, Let's Take The Long Way Home)
Harry Warren (I Wanna Be a Dancing Man, On the Atchison, Topeka and the Santa Fe, Wings Over the Navy, You Must Have Been a Beautiful Baby, Jeepers, Creepers!)
Henry Mancini (The Days of Wine and Roses, Moon River, Charade)
Henry Mayer (Summer Wind)
Hoagy Carmichael (Skylark, In the Cool, Cool, Cool of the Evening, Lazy Bones)
Jerome Kern (I'm Old Fashioned, Dearly Beloved)
Jimmy Mundy / Trummy Young (Trav'lin' Light)
Jimmy Rowles (Little Ingenue)
Jimmy Van Heusen (I Thought About You)
Johnny Mandel (Emily)
Joseph Kosma (Autumn Leaves)
Lionel Hampton / Sonny Burke (Midnight Sun)
Marian McPartland (Twilight World)
Matty Malneck (Goody Goody)
Michael Cleary (The Bathtub Ran Over Again)
Mort Lindsey (Lorna)
Nick LaRocca / Larry Shields (At the Jazz Band Ball)
Paul Lincke (The Glow-Worm)
Ralph Burns / Woody Herman (Early Autumn)
Richard Whiting (Too Marvelous for Words, Hooray for Hollywood, Peter Piper)
Robert Emmett Dolan (Talk to Me Baby)
Rube Bloom (Day In - Day Out, Fools Rush In, Here's To My Lady)
Sadie Vimmerstedt (I Wanna Be Around)
Tony Scibetta (How Do You Say Aug Wiedersehn?)
Victor Schertzinger (Tangerine, I Remember You)
Walter Donaldson (Cuckoo in the Clock)
Ziggy Elman (And the Angels Sing)


自身で作詞作曲をした曲
Dream
G.I. Jive
I Wanna Be In Love Again
I'm an Old Cowhand from the Rio Grande
Something's Gotta Give






------------ この項は推敲中です -------------





*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#102 - My Huckleberry Friend: Johnny Mercer Sings the Songs of Johnny Mercer / Pye Records / 1974
#90 - Sylvia Syms / A Jazz Portrait of Johnny Mercer / DRG Records / 1984
#74 - Monica Mancini / The Dreams of Johnny Mercer / Concord / 2000
#59 - Ella Fitzgerald / Sings the Johnny Mercer Song Book / Verve / 1964.
#36 - Marlene VerPlanck / Loves Johnny Mercer / Audiophile Records / 1978 & 1988
#17 - Daryl Sherman / Johnny Mercer: A Centennial Tribute / Arbors records, Inc. / 2008
#1 - Linda Ciofalo / Dancing with Johnny / Lucky Jazz Music / 2010

*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Johnny Mercer Songbook】
 Bing Crosby / Bing Sings the Johnny Mercer Songbook
 Bobby Troup / Sings Johnny Mercer
 Bobby Troup / Plays Johnny Mercer
 Buddy Rich / Sings Johnny Mercer
 Carmel McCreagh / Skylark: Carmel McCreagh Sings the Songs of Johnny Mercer
 Dewey Erney / I Remember You, Johnny Mercer
 Eileen Farrell / Sings Johnny Mercer
 Frank Sinatra / Frank Sinatra Sings the Select Johnny Mercer
 Jacintha / Autumn Leaves: The Songs of Johnny Mercer
 John Pizzarelli ‎– John Pizzarelli Salutes Johnny Mercer - Live At Birdland
 Johnny Mercer / Dream: The Lyrics and Music of Johnny Mercer
 Johnny Mercer / Moon River: Johnny Mercer Sings the Johnny Mercer Songbook
 Lee Lessack / Too Marvelous for Words: The Songs of Johnny Mercer
 Lorez Alexandria / Sings the Songs of Johnny Mercer - Volume 1 & 3
 Lorez Alexandria / Harlem Butterfly, Vol. 2: Sings the Songs of Johnny Mercer
 Nancy LaMott ‎/ Come Rain Or Come Shine (The Songs Of Johnny Mercer)
 Nancy Wilson / With My Lover Beside Me
 Rosemary Clooney / Rosemary Clooney Sings the Lyrics of Johnny Mercer
 Susannah McCorkle / The Songs of Johnny Mercer
 Todd Gordon / Moon River to the Days of Wine and Roses - The Genius of Johnny Mercer

*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Accentuate The Positive" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1944) - (#75, 99)
"Any Place I Hang My Hat Is Home" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1946) - (#42, 123)
"At Last"(Barry Manilow/Johnny Mercer/1988) - (#87)
"At the Jazz Band Ball" (Nick LaRocca & Larry Shields/Johnny Mercer/1917(1950)) - (#29)
"Autumn Leaves" (Joseph Kosma/Jacques Prévert, Johnny Mercer/1945) - (#122)
"The Bathtub Ran Over Again" (Michael Cleary/Johnny Mercer/1934) - (#25)
"Blues in The Night(My Mormma Done tol' Me)" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1941) - (#99)
"Charade" (Henry Mancini/Johnny Mercer/1963) - (#30, 56)
"Come Rain or Come Shine" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1946) - (#15, 23, 94, 120)
"Day In - Day Out" (Rube Bloom/Johnny Mercer/1939) - (#11, 44, 62)
"Dearly Beloved" (Jerome Kern/Johnny Mercer/1942) - (#99)
"Dream" (Johnny Mercer/1944) - (#32, 70)
"The Days of Wine and Roses" (Henry Mancini/Johnny Mercer/1962) - (#6, 107)
"Early Autumn" (Ralph Burns & Woody Herman/Johnny Mercer/1949) - (#8, 39, 61, 96)
"Fools Rush In" (Rube Bloom/Johnny Mercer/1940) - (#43, 98)
"Goody Goody" (Matty Malneck/Johnny Mercer/1936) - (#99, 109)
"Here Come the British" (Bernie Hanighen/Johnny Mercer/????) - (#34)
"Hit the Road to Dreamland" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1942) - (#40)
"Hooray for Hollywood" (Richard A. Whiting/Johnny Mercer/1937) - (#97)
"How Do You Say Auf Wiedersehen?" (Tony Scibetta/Johnny Mercer/????) - (#54)
"I Remember You" (Victor Schertzinger/Johnny Mercer/1941) - (#14, 37, 71)
"I Thought About You" (James Van Heusen/Johnny Mercer/1939) - (#28, 50, 93)
"I Wanna Be In Love Again" (Johnny Mercer/1965) - (#106)
"I'm An Old Cowhand" (Johnny Mercer/Johnny Mercer/1936) - (#99)
"I'm Old Fashioned" (Jerome Kern/Johnny Mercer/1942) - (#5, 46, 119)
"I'm Shadowing You" (Blossom Dearie/Johnny Mercer/1975) - (#18)
"It Had Better Be Tonight (Meglio Stasera)"(Henry Mancini/Johnny Mercer & Francesci Migliacci/ 1963) - (#84)
"It's Great To Be Alive" (Robert Emmett Dolan/Johnny Mercer/1949) - (#114)
"Jeepers Creepers" (Harry Warren/Johnny Mercer/1938) - (#22, 47)
"Just Remember"(Barry Manilow/Johnny Mercer/1988) - (#88)
"Laura" (David Raksin/Johnny Mercer/1945) - (#63)
"Lazy Bones" (Hoagy Carmichael/Johnny Mercer/1933) - (#26)
"Let's Take the Long Way Home" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1944) - (#45)
"Little Ingenue" (Jimmy Rowles/Johnny Mercer/1974) - (#20, 111)
"Little Ol' Tune" (Johnny Mercer/????) - (#104)
"(Love's Got Me in a) Lazy Mood" (Eddie Miller/Johnny Mercer/1947) - (#57)
"Love Is Where You Find It"(Barry Manilow/Johnny Mercer/1988) - (#86)
"Midnight Sun" (Francis "Sonny" Burke & Lionel Hampton/Johnny Mercer/1947) - (#21, 48, 69, 118)
"Moon River" (Henry Mancini/Johnny Mercer/1961) - (#12, 105)
"My Shining Hour" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1943) - (#53, 100)
"On the Atchison, Topeka & The Santa Fe"(Harry Warren/Johnny Mercer/1944) - (#81, 99)
"One for My Baby (And One More for the Road)" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1943) - (#13)
"Out of This World" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1944) - (#51)
"P.S. I Love You" (Gordon Jenkins/Johnny Mercer/1934) - (#9, 52)
"Peter Piper" (Richard A. Whiting/Johnny Mercer/1936) - (#27)
"Ridin' on the Moon" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1946) - (#91)
"Satin Doll" (Duke Ellington, Billy Strayhorn/Johnny Mercer/1953) - (#95, 113)
"Single-O" (Donald Kahn/Johnny Mercer/1964) - (#66)
"Skylark" (Hoagy Carmichael/Johnny Mercer/1941) - (#10, 41, 65, 77, 92)
"Something's Gotta Give" (Johnny Mercer/1955) - (#49, 67, 112)
"Something Tells Me" (Harry Warren/Johnny Mercer/1938) - (#76)
"Summer Wind" (Henry Mayer/Hans Bradtke (German)& Johnny Mercer (Eng)/1965) - (#55, 110)
"Talk to Me Baby" (Robert Emmett Dolan/Johnny Mercer/1963) - (#4, 108)
"Tangerine" (Victor Schertzinger/Johnny Mercer/1941) - (#2, 116)
"That Old Black Magic" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1942) - (#7, 38, 99, 115)
"This Time the Dream's on Me" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1941) - (#64)
"Too Marvelous for Words" (Richard A. Whiting/Johnny Mercer/1937) - (#60, 99, 121)
"Trav'lin' Light" (Trummy Young & Jimmy Mundy/Johnny Mercer/1942) - (#68)
"Twilight World" (Marian McPartland/Johnny Mercer/????) - (#33)
"The What-cha-ma-call It" (Gene de Paul/Johnny Mercer/1954) - (#117)
"The Weekend of a Private Secretary" (Bernie Hanighen/Johnny Mercer/1938) - (#78)
"When a Woman Loves a Man" (Bernie Hanighen & Gordon Jenkins/Johnny Mercer/1938) - (#72)
"When the Meadow Was Bloomin'"(Barry Manilow/Johnny Mercer/1990) - (#82)
"When October Goes" (Barry Manilow/Johnny Mercer/1984) - (#80)
"With My Lover Beside Me" (Barry Manilow/Johnny Mercer/1991) - (#79)
"You Must Have Been A Beautiful Baby" (Harry Warren/Johnny Mercer/1938) - (#99, 103)

コメント(123)

"It Had Better Be Tonight (Meglio Stasera)"

作曲 : Henry Mancini
作詞 : Johnny Mercer & Francesci Migliacci
作曲年 1963

もう一人の作詞者についてはこちらをご覧ください。
Francesco "Franco" Migliacci (born in Mantua, 1 May 1930)
https://en.wikipedia.org/wiki/Franco_Migliacci

Meglio Stasera (伊) : Better Tonight (英)

この曲は映画 The Pink Panther (1963) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0057413/?ref_=nv_sr_2
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Pink_Panther_(1963_film)

そう、あのピーター・セラーズ主演の有名映画の1作目です。
この映画は大人気になり、シリーズ作品が次々と作られました。

ピーター・セラーズの生存中に作られたシリーズ作品はこれだけあります。

ピンクの豹 The Pink Panther (1963年)
暗闇でドッキリ A Shot In The Dark (1964年)
ピンク・パンサー2 The Return of the Pink Panther (1975年)
ピンク・パンサー3 The Pink Panther Strikes Again (1976年)
ピンク・パンサー4 Revenge of the Pink Panther (1978年)
ピンク・パンサーX (トレイル・オブ・ザ・ピンクパンサー) Trail of the Pink Panther (1982年)

さらに彼の死後に作られた作品にはこれがあります。

ピンク・パンサー5 クルーゾーは二度死ぬ Curse of the Pink Panther (1983年)
ピンク・パンサーの息子 Son of the Pink Panther (1993年)

映画のどこで使われたか、この映画はレンタル屋さんに置いているところが少なくて、わたしも見直したいのですが…手に入っていません(悔し)

ヘンリー・マンシニーのご両親はイタリア移民で、ヘンリーは米国生まれです。



Meglio stasera
Che domani o mai
Domani chi lo sa Quel che sara

Non mi dire d'aspettare
Il domani che verra'
E'una porta che tu chiudi
Fra me e te

Se stasera ti decidi
A rispondermi di si
I domani che verrano
Li dedico solo a te

Meglio stasera
Che domani o mai
Domani chi lo sa Quel che sara
Non mi dire d'aspettare

Fro this poor Americano
Who knows little of your speach
Be a nice Italiano
And start to teach

Tell me how in old Milano
Lovers hold each other tight
But, I warn you sweet pisano
It had better be tonight

Meglio stasera
Che domani o mai
Or as we native say
Fa subito

引用はライナーノーツより


映画の1シーンです。





>>[84]


伊語の部分を google さんに英訳してもらいました。

Better tonight
That tomorrow or never
Tomorrow who knows what he will be

Do not tell me to wait
Tomorrow will be '
It's a door you close
Between me and you

If you decide tonight
To answer me yes
Tomorrow's coming
I only dedicate them to you

Better tonight
That tomorrow or never
Tomorrow who knows what he will be
Do not tell me to wait

"Love Is Where You Find It"

作曲 : Barry Manilow
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1988

>>[74] の収録曲リストは All Music のアルバム情報からコピペしたものですが、内容に誤りがあります。

この曲は、一連の、ジョニー・マーサー没後に未使用の詞の提供を受けたバリー・マニロウが作曲したものです。
(このあたりの説明は、別のアルバムでもう少し掘り下げてみましょう)

同名異曲があります。

バリー・マニロウが作曲した一連のジョニー・マーサー詞の曲の中では比較的明るい曲調の曲です。

ポップソングとしてもスタンダードになってよさそうな曲ですね。



Never thought the night would bring
A thrill I never knew
But love is where you find it
And I've found it here with you

I never dreamed my heart would sing
Before the day is through
But love is where you find it
And I found it here with you

Country lane, city street
Dosen't matter where
Never know when you will meet your love
Waiting there

I never thought the dreams I'd dream
Could possibly come true
Bot love is where you find it
And I found it here...with you

ライナーノーツより

"At Last"

作曲 : Barry Manilow
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1988

この曲も一連のジョニー・マーサー詞にバリー・マニロウが作曲したものです。

Mack Gordon & Harry Warren に同名の有名なスタンダード曲があります。

モニカ・マンシニーのバラードは心を打つものがありますね。



I wandered near and far
I wished upon a star
And darling, here you are
At Last

My guardian angel must have sent you
To find me
Now I've left the heartaches
Behind me

Although the road was long
My heart and I were strong
And now the saddest song is past

In this big world
full of losers
Though beggars can't be choosers
I wished on my star
And here you are at last

ライナーノーツより





"Just Remember"

作曲 : Barry Manilow
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1988

この曲も一連のジョニー・マーサー詞にバリー・マニロウが作曲したものです。

なかなか美しい曲ですね。



Just remember
I'm in love with you
Just remember
That you love me too

We'd be foolish
Letting troubles come between us
We'd be foolish when we know
We love each other so

Just remember
Love is give and take
Smile at each mistake
For the other's sake

Hope I never make you blue
But if I ever do
Just remember
That I love you


ライナーノーツより


これで
Monica Mancini / The Dreams of Johnny Mercer
の全トラックが紹介できました。

さすが、ジョニー・マーサーおじさんを子供のころからよく知っていたモニカ・マンシニーならではの選曲と言えるのでしょう。

ライナー・ノーツにモニカの次の文章がありました。

A NOTE FROM MONICA MANCINI'
I was very fortunate to have know Johnny Mercer from my earliest childhood. He was a sweet and kind man and it was his laugh and smile that I most fondly recall. While making this record, I discovered Just how valuable these memories would be.
Once again, I have the pleasure of working with my husband, Producer Gregg Field. In many ways this must has been a great challenge for both of us, I discovered that Mercer was a complex man capable of great joy, humor and deep heartache. We could have easily chosen to present Mercer in typical fashion, but we both felt it was time to dig deeper and find the soul of each song no matter where it might lead.

It is for this reason that nearly every track is different, with the common thread being the genius of Mercer.

次はこれにしましょう。

Sylvia Syms / A Jazz Portrait of Johnny Mercer

Label: DRG Records

Recorded at NYU Loeb Student Center, New York City, November 14, 1984.

1. Ridin' on the Moon (Harold Arlen / Johnny Mercer)
2. Skylark (Hoagy Carmichael / Johnny Mercer)
3. I Thought About You (James Van Heusen / Johnny Mercer)
4. Come Rain or Come Shine (Harold Arlen / Johnny Mercer)
5. Satin Doll (Duke Ellington / Johnny Mercer / Billy Strayhorn)
6. Early Autumn (Ralph Burns / Woody Herman / Johnny Mercer)
7. Hooray for Hollywood (Johnny Mercer / Richard A. Whiting)
8. Fools Rush In (Rube Bloom / Johnny Mercer)
9. A Medley: AC-Cent-Tchu-Ate the Positive/Too Marvelous for Words/You Must Have Been A Beautiful Baby/Dealy Deloved/Goody Goody/I'm An Old Cowhand/On The Atchison, topeka and The Santa Fe/That old Black Magic/Blues in The Night(My Mama Done tol' Me
10. My Shining Hour (Harold Arlen / Johnny Mercer)

Musicians:
Sylvia Syms (vo)
Al Cohn (ts)
Joe Newman (tp)
Gene Bertoncini (g)
Jay Leonhart (b)
Russ Kassoff (p)
Ronnie Bedford (ds)

シルヴィア・シムスはビリー・ホリデイに私的なトレイニングを受け、1941年に歌手としてデビューしています。
また、映画にもいくつか出演しています。
Sylvia Syms (December 2, 1917 – May 10, 1992)
https://en.wikipedia.org/wiki/Sylvia_Syms_(singer)

UKにもシルヴィア・シムスという俳優がいるのですが、同姓同名の別人です。
Sylvia May Laura Syms OBE (born 6 January 1934)
https://en.wikipedia.org/wiki/Sylvia_Syms
こちらのシルヴィアは最近の作品では名優ヘレン・ミレン主演の2006年の映画 The Queen に英女王の皇后役で出演しています。

彼女にはアルバムがかなりの枚数あります。完全に整理されたデータではないのですが、次が参考になりそうです。
https://www.allmusic.com/artist/sylvia-syms-mn0000042480/discography
https://www.discogs.com/ja/artist/1211833-Sylvia-Syms

このアルバムは米国の歌手シルヴィア・シムスのジョニー・マーサー・ソングブックです。


"Ridin' on the Moon"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1946

この曲はミュージカル(舞台)St. Louis Woman (1946) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/st-louis-woman-1782/#songs
https://en.wikipedia.org/wiki/St._Louis_Woman

月にちなむ曲なのですが、あんまり耳にしないような曲ですね。

シルヴィアは歌詞を彼女のスタイルで手を入れて自在に歌っています。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、じっくりと歌詞を眺めながら、彼女の歌も聴き比べながら聞いてください。



I walk under ladders,
Number thirteen doesn't scare me,
And I'm wrapped up in a rainbow,
And I'm ridin' on the moon.

Old jinx had me cornered,
But I found out how to shake it,
And my baby helped me break it,
And I'm ridin' on the moon.

Ah yes, you can preach it, sister, while I shout for joy!
Ah yes, say hello to lady love's baby boy!

You're my ring of roses,
How can I be heavy hearted?
'Cause I'm right back where I started,
And I'm ridin' on the moon.

Ah yes, you can preach it, sister, while I shout for joy!
Ah yes, say hello to lady love's baby boy!

You're my ring of roses,
How can I be heavy hearted?
'Cause I'm right back where I started,
Ridin' on the moon!

引用元はここ
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/r/ridinonthemoon.shtml

"Skylark"

作曲 : Hoagy Carmichael
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1941

曲情報については>>[10] をご覧ください。

ここのところがどんな音楽か見当がつきますでしょうか?
Sad as a gypsy serenading the moon



"I Thought About You"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1939

曲情報については >>[28] をご覧ください。
アル・コーン (ts) が聞けます。

トラックの最後に次の曲の紹介をしています。



"Come Rain or Come Shine"


作曲 : Harold Arlen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1946

曲情報については >>[15] をご覧ください。

トラックの末尾で次の曲の紹介をしていますが、大切なことを言っています。
「デューク・エリントンが書いた素敵な曲なのに歌詞がないので誰も歌えない」
「そこで彼ら(デューク・エリントンとビリー・ストレイホーン?)がジョニー・マーサーに作詞を依頼した」


"Satin Doll"

作曲 : Duke Ellington / Billy Strayhorn
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1953

曲情報については【デューク・エリントン ソングブック】#[8] をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=79085445

>>[94] も併せてごらんください。

この録音は彼女が67歳ごろのものになるんですね。

彼女による次のトラック "Early Autumn" の説明が出てきます。



"Early Autumn"

作曲 : Ralph Burns / Woody Herman
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1949

曲情報については >>[8] をご覧ください。




"Hooray for Hollywood"

作曲: Richard A. Whiting
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1937

この曲は映画 Hollywood Hotel (1937) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0029010/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Hollywood_Hotel_(film)

何といってもジョニー・マーサーの皮肉を利かせながらもハリウッドの本質を描き出した歌詞がこの曲を有名にしてしまったと言えるでしょう。
歌詞の和訳を提供いただいている Y.T さんの解説をご覧になってください。
スラングもあれば、この曲が書かれた1937年の頃の有名人の名前がたくさん出てきます。
(今の若い人はご存じない名前が多いのでしょうね──私を含めて)

しっかりと歌詞の和訳を眺めてください。
素晴らしい解説です。

化粧品会社の大手、マックスファクターの名前も出てきます。
https://en.wikipedia.org/wiki/Max_Factor
この会社は1909年の創業だったのですね。



Hooray for Hollywood
That screwy ballyhooey Hollywood
Where any office boy or young mechanic
Can be a panic
With just a good looking pan
And any barmaid
Can be a star maid
If she dances with or without a fan

Hooray for Hollywood
Where you're terrific if you're even good
Where anyone at all from Shirley Temple
To Aimee Semple
Is equally understood
Go out and try your luck
You might be Donald Duck
Hooray for Hollywood

Hooray for Hollywood
That phoney super-Coney Hollywood
They come from Chillicothes and Paducas
With their bazookas
To get their names up in lights
All armed with photos
From local rotos
With their hair in ribbon and legs in tights

Hooray for Hollywood
You may be homely in your neighborhood
But if you think that you can be an actor
See Mr. Factor
He'll make a monkey look good
Within a half an hour
You'll look like Tyrone Power
Hooray for Hollywood

引用元はここ
https://genius.com/Richard-a-whiting-hooray-for-hollywood-lyrics

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song264.html

映画の1シーンです。
ベニー・グッドマンも出ていますね。
ジーン・クルーパー、ハリー・ジェイムス、テディ・ウィルソン、ライオネル・ハンプトンも…
この動画の最後に出てくる、少し色の濃いスーツ姿は、ひょっとするとジョニー・マーサー?




"Fools Rush In"

作曲 : Rube Bloom
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1940

曲情報については>>[43] をご覧ください。



"A Medley:
AC-Cent-Tchu-Ate the Positive/
Too Marvelous for Words/
You Must Have Been A Beautiful Baby/
Dearly Beloved/
Goody Goody/
I'm An Old Cowhand/
On The Atchison, topeka and The Santa Fe/
That old Black Magic/
Blues in The Night(My Mama Done tol' Me)"

"Accentuate The Positive"
作曲: Harold Arlen
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1944
>>[75]

"Too Marvelous for Words"
作曲: Richard A. Whiting
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1937
>>[60]

"You Must Have Been A Beautiful Baby"
作曲: Harry Warren
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1938
https://en.wikipedia.org/wiki/You_Must_Have_Been_a_Beautiful_Baby

"Dearly Beloved"
作曲: Jerome Kern
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1942
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78819979
#20

"Goody Goody"
作曲: Matty Malneck
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1936
https://en.wikipedia.org/wiki/Goody_Goody

"I'm An Old Cowhand"
作曲: Johnny Mercer
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1936
https://en.wikipedia.org/wiki/I%27m_an_Old_Cowhand_(From_the_Rio_Grande)

"On the Atchison, Topeka & The Santa Fe"
作曲: Harry Warren
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1944
>>[81]

"That Old Black Magic"
作曲: Harold Arlen
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1942
>>[7]

"Blues in The Night(My Mormma Done tol' Me)"
作曲: Harold Arlen
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1941
https://en.wikipedia.org/wiki/Blues_in_the_Night

9曲がメドレーで歌われます。
この曲もあの曲もジョニー・マーサーが作詞した曲だったんだなぁというのがよ〜く判りますね。
このトピで既出の曲はアンカーを、別トピはリンクを、未出の曲は Wikipedia へのリンクをつけました。

未出の曲もいずれこのトピに登場するだろうと思っています。
その時にもう少し掘り下げた解説ができるだろうと…無責任 ^^;



"My Shining Hour"

作曲: Harold Arlen
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1943

曲情報については>>[53] をご覧ください。

アル・コーン (ts) とジョー・ニューマン (tp) のソロがたっぷりと楽しめます。



これで
Sylvia Syms / A Jazz Portrait of Johnny Mercer
の全トラックが紹介できました。

ライブ録音なのですが、ライブでソングブックが聴けるというのはなかなかいいですね。

ジョニー・マーサーのソングブックはまだまだたくさん発見しています。
ぼちぼちと続けて行きましょう。

次はこれにしましょう。

My Huckleberry Friend: Johnny Mercer Sings the Songs of Johnny Mercer

Label: Pye Records

Recorded in February 1974

1. You Must Have Been A Beautiful Baby
2. Little Ol' Tune
3. Moon River
4. I Wanna Be In Love Again
5. The Days Of Wine And Roses
6. Talk To Me, Baby
7. Goody Goody
8. Summer Wind
9. Little Ingenue
10. Something's Gotta Give
11. Satin Doll
12. It's Great To Be Alive
13. That Old Black Magic
14. Tangerine
15. The What-cha-ma-call It
16. Midnight Sun
17. I'm Old Fashioned
18. Come Rain Or Come Shine
19. Too Marvelous For Words
20. Autumn Leaves
21. Any Place I Hang My Hat Is Home
22. The Air-minded Executive
23. Pineapple Pete
24. I Thought About You
25. One For My Baby (And One More For The Road)


Musicians:
Johnny Mercer (vo)
The Harry Doche Constellation and The Pete Moore Orchestra
(詳細なメンバーは略します)


トピックの説明にありますように、ジョニー・マーサーは歌手としても活躍していました。

彼にはいくつかのアルバムがあるのですが、それらの多くは自分以外の人が歌詞を書いている曲を歌っているように見えます。

このアルバムは、自身が作詞した曲を集め、自身で歌っています。
同様のアルバムは他にもいくつかあるようなのですが、それらがオリジナルなのか、コンピレイションなのかはまだ調べきれていません(汗)

1974年の録音になりますので、編曲、演奏は当時の流行とでもいうものを感じることができますが、ジョニー・マーサーがこれらの曲を自身でどのようにとらえていたか推測することもできるように思います。

わたしの手元にあるのはCDなのですが、少し音質に不満があります。
ひょっとするとLPの方が音質が良かったりするかもしれません。

ライナーノーツにアレック・ワイルダーが寄せた一文があります。

In a recent letter Mr. Mercer admonished me not "go gush."
Such a suggestion is only to be expected form a modest man.
Well, I guess he must have read my book, and I may have found it irresistible "to gush" when I wrote of his sparkling, evocative, bitter-sweet, witty and profound loving lyrics.
As for his singing performance of those lyrics I can only say that in many instances I prefer his interpretations to chose of all but the greatest popular singers.
And if that's gushing, I refuse to apologize.
-- ALEC WILDER.
New York, June 1974.





"You Must Have Been A Beautiful Baby"

作曲: Harry Warren
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1938

この曲は映画 Hard to Get (1938) で使われました。
https://www.imdb.com/title/tt0030214/?ref_=nv_sr_4
https://en.wikipedia.org/wiki/Hard_to_Get_(1938_film)

この動画はLPを再生しながら別のマイクを使って録音したもののようで、音質が良くありません。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



You must have been a beautiful baby
You must have been a wonderful child
When you were only startin'
To go to kindergarten
I bet you drove the little boys wild!

An' when it came to winning blue ribbons
You must have shown the other kids how
I can see the judge's eyes as they handed you the prize
I bet you made the cutest bow!

Oh!, You must have been a beautiful baby
'cause baby look at you now

Does your dad appreciate
That you are merely great?
Does your mother realize
You're such a treat for the eyes?

You must have been a beautiful baby
You must have been a wonderful child
When you were only startin'
To go to kindergarten
I bet you drove the little boys wild!

An' when it came to winning blue ribbons
You must have shown the other kids how
I can see the judge's eyes as they handed you the prize
I bet you made the cutest bow!

Oh!, You must have been a beautiful baby
'cause baby look at you now (she's a cutie!)
Baby look at you now

引用元はここ
https://genius.com/Johnny-mercer-you-must-have-been-a-beautiful-baby-lyrics

映画のクリップは見当たらなかったのですが、映画の中でこの曲を歌っていた Dick Powell の音源です。



"Little Ol' Tune"

作曲・作詞: Johnny Mercer
作曲年 ????

曲情報については調べきれませんでした。
歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。
愉快な歌詞ですね。



I know a friend of mine
And his business is writing songs
It's a kind of a gift and I get a big lift
From his melodies and diphthongs

We got to talk him once
I was curious as could be
To explain what to do, let him tell it to you
Just the way it was told to me

First you write a little ol' tune, real easy
Not as hard to play as let's say part cheesy
Real simple chords in the key of C
A melody you can groove

Next you add some little ol' words on to it
Try to get some people who'll sing to do it
Then if they say, “My have you got a hit”
You act non committal and say, “Just a little ol' tune”

Now record your little ol' tune, just hum it
Could you try to fancy it up? Far from it
Dub in some top tenor harmony
Just me, me, me, as you groove

Yes, next you sing a baritone part from way back
Add a zoom, zoom, bass and then start the playback
And when they say, “Ma, he's singing forte”
You act non committal and say, “Just a little ol' tune”
You act non committal and say, “Just a little, just a little ol' tune”

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/j/johnny+mercer/little+ol+tune_20826560.html

"Moon River"

作曲: Henry Mancini
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1961

曲情報については>>[12] をご覧ください。

これがジョニー・マーサーのこの曲へのイメージなのかもしれません。



"I Wanna Be In Love Again"

作曲: Johnny Mercer
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1965

曲情報については調べきれませんでした。
この曲を最初に録音したのは Jackie Cain & Roy Kral で、シングル盤で出たようです。
https://www.discogs.com/Jackie-Cain-Roy-Kral-I-Wanna-Be-In-Love-Again/release/7112073

歌詞の載っているサイトは見当たりませんでしたので、しっかりとヒアリングしてください。
Jackie Cain & Roy Kral の音源も見当たりませんでした。



"The Days of Wine and Roses"

作曲: Henry Mancini
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1962

曲情報については>>[6] をご覧ください。

この曲について、tamae さんが素晴らしい解説を書いていらっしゃいます。
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2008/01/3.html
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2017/07/50.html
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2017/07/50-2.html



"Talk to Me Baby"

作曲: Robert Emmett Dolan
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1963

曲情報については>>[4] をご覧ください。



"Goody Goody"

作曲: Matty Malneck
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1936

これもよく知られた曲ですね。



Good thing, got yourself a good thing
It's a good thing
It's a good thing, got yourself a good thing
I won't let you go

So you met someone who set you back on your heels
Goody Goody
So you met someone and now you know how it feels
Goody Goody
So you gave him your heart too
Just as I gave mine to you
And he broke it in little pieces
Now how do you do?

So you lie awake just singin' the blues all night
Goody Goody
So you think that love's a barrel of dynamite
Hooray and hallelujah
You had it comin' to ya
Goody Goody for him
Goody Goody for me
And I hope you're satisfied, you rascal you

Good thing, got yourself a good thing
It's a good thing, got yourself a good thing
I won't let you go

So you met someone who set you back on your heels
Goody Goody
So you met somebody and now you know how it feels
Goody Goody
So you gave him your heart too
Just as I gave mine to you
And he stuck it in his collection, section 92

So you lie awake just singin' the blues all night
So you think that love's a barrel of dynamite
Hooray and hallelujah
You had it comin' to ya
Goody Goody for him
Goody Goody for me
And I hope you're satisfied, you rascal you

引用元はここ
https://genius.com/Johnny-mercer-goody-goody-lyrics

歌詞の和訳があります。
https://plaza.rakuten.co.jp/xxjazz/diary/200511050000/

この曲の最初のヒットになったベニー・グッドマン楽団1936年の録音です。



"Summer Wind"

作曲: Henry Mayer
作詞: Hans Bradtke (独語詞)/ Johnny Mercer (英語詞)
作曲年 1965

曲情報については>>[55] をご覧ください。

このトラックは
Johnny Mercer / Moon River: Johnny Mercer Sings the Johnny Mercer Songbook
のものと同一のようです。
今取り上げていますアルバムとは、ディスク枚数が違い(2枚)収録曲数も28曲あります。
(今のアルバムは25曲)
コレクターなら両方手に入れるのでしょうね :-)




"Little Ingenue"

作曲: Jimmy Rowles
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1974

曲情報については>>[20] をご覧ください。




"Something's Gotta Give"

作曲・作詞: Johnny Mercer
作曲年 : 1955

曲情報については >>[49] をご覧ください。



ジョニー・マーサー、1974年のライブ動画がありました。
彼が亡くなる2年前の動画になります。



"Satin Doll"

作曲: Duke Ellington / Billy Strayhorn
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1953

曲情報については【デューク・エリントン ソングブック】#[8] をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=79085445



"It's Great To Be Alive"

作曲: Robert Emmett Dolan
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1949

この曲はミュージカル(舞台)Texas, Li'l Darlin' (1949) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/texas-lil-darlin-1818/#songs

作曲者についてはこちらをご覧ください。
Robert Emmett "Bobby" Dolan (August 3, 1908 – September 26, 1972)
https://en.wikipedia.org/wiki/Robert_E._Dolan

ジョー・スタッフォードもこの曲の録音を残しているそうです。



It's great to be alive
To work from nine to five
To have a piece of land to farm

It's great to be alive
To have a car to drive
And have your baby on your arm

In spite of bills
And other minor ills
Somehow we manage to survive

It's great to be in love
To have a roof above
And watch the little ones around

Your own descendant
Deductible dependents
It's great to be alive

It's great to be alive
(It's great to be here and kickin')
To work from nine to five
(To hear an alarm clock tickin')
And have a piece of land to farm
(It's really a kick to cultivate chickens on a little ol' farm)

It's great to be alive
(It's up to work and strivin')
To have a car to drive
(Then take your girl to a drive-in)
And swing your baby on your arm
(To know that at five you're really arrivin', she'll be holding your arm)

In spite of bills
(Even though the bills just pile up by the million)
And other minor ills
(We manage to find the proper pills)
Somehow me manage to survive
(To lose the little ills, straight, that really is great)

It's great to be alive
(That girl to love you)
To have a roof above
(That roof above you
To watch the little ones arrive)
(Especially with the little ones arrivin' and all that jive)

Your own descendants
(Your descendants)
Deductible dependents
(In attendance)

It's great, it's great to be alive
We're livin', thanksgivin'
It's great to be alive

引用元はここ
https://genius.com/Johnny-mercer-its-great-to-be-alive-lyrics

ジョー・スタッフォードの音源です。ジョニー・マーサーもいっしょに歌ってますね。



"That Old Black Magic"

作曲: Harold Arlen
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1942

曲情報については >>[7] をご覧ください。

ハロルド・アーレン&ジョニー・マーサーのコンビが書いた大スタンダード曲ですね。



"Tangerine"

作曲: Victor Schertzinger
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1941

曲情報については>>[2] をご覧ください。



"The What-cha-ma-call It"

作曲: Gene de Paul
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1954

この曲は映画 Seven Brides for Seven Brothers (1954) で使われました。
https://www.imdb.com/title/tt0047472/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Seven_Brides_for_Seven_Brothers

あんまり耳にしない曲ですね。
歌詞の載っているサイトが見当たりませんでしたので、しっかりとヒアリングしてください。








"Midnight Sun"

作曲: Francis "Sonny" Burke / Lionel Hampton
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1947

曲情報については >>[21] をご覧ください。



"I'm Old Fashioned"

作曲: Jerome Kern
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1942

曲情報については >>[5] をご覧ください。



"Come Rain or Come Shine"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1946

曲情報については >>[15] をご覧ください。



"Too Marvelous for Words"

作曲: Richard A. Whiting
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1937

曲情報については>>[60] をご覧ください。



"Autumn Leaves"

作曲: Joseph Kosma
作詞: Jacques Prévert(仏語詞), Johnny Mercer(英語詞)
作曲年 1945

みなさんよくご存じの「枯葉」ですね。
元々はシャンソンの曲 "Les Feuilles mortes" で大ヒットしたのですが、米国に持ち込まれた時、仏語よりも英語の方が売れるだろうと、1947年にジョニー・マーサーが英語詞を書きました。
この曲の最初の英語詞での録音はジョー・スタッフォードだったようです。

仏語詞のほうはかなり長いヴァースがついているのですが、英語詞のヴァースはジョニー・マーサーは書かなかったのか、ありません。

仏語詞と英語詞の比較は、みなさんでお調べください。



The falling leaves drift by my window
The autumn leaves of red and gold
I see your lips, the summer kisses
The sun-burned hands I used to hold

Since you went away, the days grow long
And soon I'll hear old winters song
But I miss you most of all, my darling
When autumn leaves start to fall

引用元はここ
https://genius.com/Johnny-mercer-autumn-leaves-lyrics

歌詞の和訳があります。
https://blog.theyannie.com/autumn-leaves/

ジョー・スタッフォード、1950年の録音と称する動画がありました。


ビング・クロスビー1951年の録音と称する動画がありました。


みなさんよくご存じのエディット・ピアフの音源です。
英語と仏語が出てきます。


"Any Place I Hang My Hat Is Home"

作曲: Harold Arlen
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1946

曲情報については>>[42] をご覧ください。



ログインすると、残り83件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。