ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > ジョニー・マーサー ソングブッ...

Standard Jazz Songコミュのジョニー・マーサー ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Johnny Mercer (November 18, 1909 – June 25, 1976)
https://en.wikipedia.org/wiki/Johnny_Mercer

本籍は作詞家、時々作曲家、歌も歌ってアルバムも出すし、ラジオ・TVでも大活躍、おまけに(?)キャピトル・レコードの創業者という八面六臂の活躍をしたジョニー・マーサーです。

あの作曲家が書いた大スタンダード曲も、この作曲家が書いた大スタンダード曲も、ジョニー・マーサーが作詞しているではないかっ!

というジョニー・マーサーが作詞した曲を集めたソングブック・アルバムが世にあります。
これらのソングブック・アルバムを聴きながら、改めてジョニー・マーサーの偉大さを偲ぶことが出来ます。

彼はいったい何人の作曲家にどれだけ詞を提供してきたのでしょうか。


ジョニー・マーサーの作詞した曲のリストがありました。
http://songwritershalloffame.org/songs/C18

ジョニー・マーサーがかかわったミュージカル(舞台)のリストがありました。
http://www.ibdb.com/Person/View/12137

ジョニー・マーサーの作詞曲が使われた映画のリストのようです。
http://www.imdb.com/name/nm0006197/?ref_=fn_al_nm_1

ジョニー・マーサーの1930年代から1960年代にかけての作詞曲の中で、大ヒット曲になったもののリストがあります。
http://songwritershalloffame.org/exhibits/bio/C18

また、ジョニー・マーサーは仏語詞の曲や独語詞の曲に英語詞を書いています。
さらに、器楽演奏の曲として知られているものに、後から歌詞を書いたものもあります。

トピックを展開しながら、彼はいったい何人の作曲家に詞を提供したのか、調べていきましょう。
(この手のリストが載っているサイトをご存知でしたらお教えください)


作曲家リスト(アルファベット順)
Barry Manilow (When October Goes)
Bernie Hanighen (Bob White (Whatcha Gonna Swing Tonight?), Here Come the British)
Blossom Dearie (I'm Shadowing You)
Chummy MacGregor (Moon Dreams)
David Raksin (Laura)
Doris Tauber (Drinking Again)
Duke Ellington / Billy Strayhorn (Satin Doll)
Eddie Miller ((Love's Got Me in a) Lazy Mood)
Elmer Bernstein (Love With the Proper Stranger)
Gene de Paul (Jubilation T. Cornpone, I'm Past My Prime)
Gordon Jenkins (P.S. I Love You)
Harold Arlen (That Old Black Magic, One for My Baby, Come Rain or Come Shine, Out of This World, Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive, My Shining Hour, This Time the Dream's on Me, Blues in the Night, Hit The Road To Dreamland, Let's Take The Long Way Home)
Harry Warren (I Wanna Be a Dancing Man, On the Atchison, Topeka and the Santa Fe, Wings Over the Navy, You Must Have Been a Beautiful Baby, Jeepers, Creepers!)
Henry Mancini (The Days of Wine and Roses, Moon River, Charade)
Henry Mayer (Summer Wind)
Hoagy Carmichael (Skylark, In the Cool, Cool, Cool of the Evening, Lazy Bones)
Jerome Kern (I'm Old Fashioned, Dearly Beloved)
Jimmy Mundy / Trummy Young (Trav'lin' Light)
Jimmy Rowles (Little Ingenue)
Jimmy Van Heusen (I Thought About You)
Johnny Mandel (Emily)
Joseph Kosma (Autumn Leaves)
Lionel Hampton / Sonny Burke (Midnight Sun)
Marian McPartland (Twilight World)
Matty Malneck (Goody Goody)
Michael Cleary (The Bathtub Ran Over Again)
Mort Lindsey (Lorna)
Nick LaRocca / Larry Shields (At the Jazz Band Ball)
Paul Lincke (The Glow-Worm)
Ralph Burns / Woody Herman (Early Autumn)
Richard Whiting (Too Marvelous for Words, Hooray for Hollywood, Peter Piper)
Robert Emmett Dolan (Talk to Me Baby)
Rube Bloom (Day In - Day Out, Fools Rush In, Here's To My Lady)
Sadie Vimmerstedt (I Wanna Be Around)
Tony Scibetta (How Do You Say Aug Wiedersehn?)
Victor Schertzinger (Tangerine, I Remember You)
Walter Donaldson (Cuckoo in the Clock)
Ziggy Elman (And the Angels Sing)


自身で作詞作曲をした曲
Dream
G.I. Jive
I'm an Old Cowhand from the Rio Grande
Something's Gotta Give






------------ この項は推敲中です -------------





*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#74 - Monica Mancini / The Dreams of Johnny Mercer / Concord / 2000
#59 - Ella Fitzgerald / Sings the Johnny Mercer Song Book / Verve / 1964.
#36 - Marlene VerPlanck / Loves Johnny Mercer / Audiophile Records / 1978 & 1988
#17 - Daryl Sherman / Johnny Mercer: A Centennial Tribute / Arbors records, Inc. / 2008
#1 - Linda Ciofalo / Dancing with Johnny / Lucky Jazz Music / 2010

*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Johnny Mercer Songbook】
 Bobby Troup / Sings Johnny Mercer
 Bobby Troup / Plays Johnny Mercer
 Buddy Rich / Sings Johnny Mercer
 Dewey Erney / I Remember You, Johnny Mercer
 Eileen Farrell / Sings Johnny Mercer
 John Pizzarelli ‎– John Pizzarelli Salutes Johnny Mercer - Live At Birdland
 Johnny Mercer With The Harry Roche Constellation ‎– Sings The Songs Of Johnny Mercer
 Nancy Wilson / With My Lover Beside Me
 Rosemary Clooney / Rosemary Clooney Sings the Lyrics of Johnny Mercer
 Susannah McCorkle / The Songs of Johnny Mercer
 Sylvia Syms / A Jazz Portrait Of Johnny Mercer

*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Accentuate The Positive" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1944) - (#75)
"Any Place I Hang My Hat Is Home" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1946) - (#42)
"At the Jazz Band Ball" (Nick LaRocca & Larry Shields/Johnny Mercer/1917(1950)) - (#29)
"The Bathtub Ran Over Again" (Michael Cleary/Johnny Mercer/1934) - (#25)
"Charade" (Henry Mancini/Johnny Mercer/1963) - (#30, 56)
"Come Rain or Come Shine" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1946) - (#15, 23)
"Day In - Day Out" (Rube Bloom/Johnny Mercer/1939) - (#11, 44, 62)
"Dream" (Johnny Mercer/1944) - (#32, 70)
"The Days of Wine and Roses" (Henry Mancini/Johnny Mercer/1962) - (#6)
"Early Autumn" (Ralph Burns & Woody Herman/Johnny Mercer/1949) - (#8, 39, 61)
"Fools Rush In" (Rube Bloom/Johnny Mercer/1940) - (#43)
"Here Come the British" (Bernie Hanighen/Johnny Mercer/????) - (#34)
"Hit the Road to Dreamland" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1942) - (#40)
"How Do You Say Auf Wiedersehen?" (Tony Scibetta/Johnny Mercer/????) - (#54)
"I Remember You" (Victor Schertzinger/Johnny Mercer/1941) - (#14, 37, 71)
"I Thought About You" (James Van Heusen/Johnny Mercer/1939) - (#28, 50)
"I'm Old Fashioned" (Jerome Kern/Johnny Mercer/1942) - (#5, 46)
"I'm Shadowing You" (Blossom Dearie/Johnny Mercer/1975) - (#18)
"Jeepers Creepers" (Harry Warren/Johnny Mercer/1938) - (#22, 47)
"Lazy Bones" (Hoagy Carmichael/Johnny Mercer/1933) - (#26)
"Let's Take the Long Way Home" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1944) - (#45)
"Little Ingenue" (Jimmy Rowles/Johnny Mercer/1974) - (#20)
"Laura" (David Raksin/Johnny Mercer/1945) - (#63)
"(Love's Got Me in a) Lazy Mood" (Eddie Miller/Johnny Mercer/1947) - (#57)
"Midnight Sun" (Francis "Sonny" Burke & Lionel Hampton/Johnny Mercer/1947) - (#21, 48, 69)
"Moon River" (Henry Mancini/Johnny Mercer/1961) - (#12)
"My Shining Hour" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1943) - (#53)
"One for My Baby (And One More for the Road)" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1943) - (#13)
"Out of This World" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1944) - (#51)
"P.S. I Love You" (Gordon Jenkins/Johnny Mercer/1934) - (#9, 52)
"Peter Piper" (Richard A. Whiting/Johnny Mercer/1936) - (#27)
"Single-O" (Donald Kahn/Johnny Mercer/1964) - (#66)
"Skylark" (Hoagy Carmichael/Johnny Mercer/1941) - (#10, 41, 65, 77)
"Something's Gotta Give" (Johnny Mercer/1955) - (#49, 67)
"Something Tells Me" (Harry Warren/Johnny Mercer/1938) - (#76)
"Summer Wind" (Henry Mayer/Hans Bradtke (German)& Johnny Mercer (Eng)/1965) - (#55)
"Talk to Me Baby" (Robert Emmett Dolan/Johnny Mercer/1963) - (#4)
"Tangerine" (Victor Schertzinger/Johnny Mercer/1941) - (#2)
"That Old Black Magic" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1942) - (#7, 38)
"This Time the Dream's on Me" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1941) - (#64)
"Too Marvelous for Words" (Richard A. Whiting/Johnny Mercer/1937) - (#60)
"Trav'lin' Light" (Trummy Young & Jimmy Mundy/Johnny Mercer/1942) - (#68)
"Twilight World" (Marian McPartland/Johnny Mercer/????) - (#33)
"The Weekend of a Private Secretary" (Bernie Hanighen/Johnny Mercer/1938) - (#78)
"When a Woman Loves a Man" (Bernie Hanighen & Gordon Jenkins/Johnny Mercer/1938) - (#72)


コメント(78)

"Early Autumn"

作曲 : Ralph Burns / Woody Herman
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1949

ウディー・ハーマン楽団セカンド・ハードの時の大ヒット曲で、スタン・ゲッツのソロがすばらしい演奏で知られています。

曲情報については >>[8] をご覧ください。

名曲ですね :-)



"Hit the Road to Dreamland"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1942

この曲はミュージカル映画 Star Spangled Rhythm (1942) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0035379/?ref_=fn_al_tt_1
ビング・クロスビーやボブ・ホープが出演しています。

1942年というと第二次世界大戦中になります。

マリーンの歌い方がかわいいですね :-)



Bye bye baby
Time to hit the road to dreamland
You're my baby
Dig you in the land of nod

Hold tight baby
We'll be swinging up in dreamland
All night baby
Where the little cherubs trot

Well, look at that knocked out moon
He's been a-blowing his top in the blue
Never saw the likes of you

Bye bye baby
Time to hit the road to dreamland
Don't cry baby
It was divine but the rooster has finally crowed
Time to hit the road

Look at that knocked out moon
He's been a-blowing his top in the blue
Never saw the likes of you

Bye bye baby
Time to hit the road to dreamland
Don't cry baby
Well, it was divine but the cuckoo has finally crowed
Time to hit the road, time to hit the road
Time to hit the road


歌詞の和訳があります。
http://homepage2.nifty.com/jazzsong/Song388.html


映画の1シーンのようです。


"Skylark"

作曲 : Hoagy Carmichael
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1941

曲情報については >>[10] をご覧ください。



"Any Place I Hang My Hat Is Home"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1946

この曲はミュージカル(舞台) St. Louis Woman (1946) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/st-louis-woman-1782
https://en.wikipedia.org/wiki/St._Louis_Woman

ハロルド・アーレンとジョニー・マーサーのコンビはいくつかのミュージカルを書いています。

スタンダード曲になっています。

適当な歌詞の和訳が載っているサイトは見当たりませんでした。
じっくりと歌詞を眺めてください。

マリーンは、このアルバムが録音された1988年頃は、ものすご〜くかわいい声で歌っていたんですね。



Free an' easy,
That's my style,
Howdy do me,
Watch me smile,
But fare the well me after while,
'Cause I gotta roam
An' any place I hang my hat is home!
Sweetenin' water,
Cherry wine,
Thank you kindly,
Suits me fine,
Kansas City, even Caroline,
That's my honeycomb,
'Cause any place I hang my hat is home.
Birds roostin' in a tree pick up an' go,
An' the goin' proves that's how it oughta to be,
I pick up too when the spirit moves me.
Cross the river, round the bend,
Howdy stranger,
So long friend,
There's a voice in the lonesome win'
Keeps whisperin' roam!
I'm going where a welcome mat is,
No matter where that is,
'Cause any place I hang my hat is home.


"Fools Rush In"

作曲 : Rube Bloom
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1940

作曲者の Rube Bloom についてはこちらをご覧ください。
Reuben Bloom (April 24, 1902 – March 30, 1976)
https://en.wikipedia.org/wiki/Rube_Bloom

みなさんの中には、この曲はリッキー・ネルソン、ブレンダ・リー、エルヴィス・プレスリーが歌っていたあの曲じゃないの?と思われる方がいらっしゃるでしょう。
そう、あの曲なのです。

この曲はグレン・ミラー楽団やフランク・シナトラそしてミスターBことビリー・エクスタインが歌ってよく知られる曲なのですが、1960年前後にポップ歌手が取り上げ、再ヒットしました。

ジャズの人もポップスの人も取り上げる大スタンダード曲になっています。

マリーンがしっとりと歌っています。



Fools rush in
Where angels fear to tread
And so I come to you my love
My heart above my head

Though I see
The danger there
If there's a chance for me
Then I don't care

Fools rush in
Where wise men never go
But wise men never fall in love
So how are they to know

When we met
I felt my life begin
So open up your heart and let
This fool rush in

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20090329

エルヴィス・プレスリーです。



ブレンダ・リーです。



フランク・シナトラです。



ジョニー・ハートマンです。



"Day In - Day Out"

作曲 : Rube Bloom
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1939

曲情報については >>[11] をご覧ください。

マリーンは実に軽快にスイングしています。



"Let's Take the Long Way Home"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1944

この曲は映画 Here Come the Waves (1944) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0036912/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Here_Come_the_Waves
主演はビング・クロスビーとベティ・ハットンです。
1944年といいますと、まだ第二次世界大戦中です。

マリーンのかわいい声とスイングする歌唱を楽しんでください。

歌詞の和訳は見当たりませんでした。



Let's take the long way home,
Let's look for the long way home
And on the way, let's pretend
That this wonderful night won't end.
Through Asia would be much too soon,
We'll circle once around the moon,
Our dream boat will carry us across the foam,

We'll take the long way, make sure it's the wrong way,
Let's take the long was home.
Shall we fly through the night,
Shall we dream as we go?
See the star on your right,
See the farm down below?
The whole trip it appears,
Only takes a million years.
If you're in the mood to roam
Then let's take the long way home.

映画のトレイラーです。




"I'm Old Fashioned"

作曲 : Jerome Kern
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1942

曲情報については >>[5] をご覧ください。

このトラックはぜひ大音量またはヘッドホンでしっかりと聴いてください。
マリーンのすばらしい表現力が楽しめます。




"Jeepers Creepers"

作曲 : Harry Warren
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1938

Jeepers Creepers というのは競走馬の名前なんですね。
Jesus Christ をもじったもので、勝ってちょうだいね!イエス・キリスト様という思いも込められている(笑)


"Midnight Sun"

作曲 : Francis "Sonny" Burke / Lionel Hampton
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1947

曲情報については >>[21] をご覧ください。

この曲は歌うのに難易度が高い曲じゃないかと思っています。
マリーンのすばらしい歌唱を聴いてください。
マリーンの歌の最後の音の処理が面白いですね。



"Something's Gotta Give"

作曲・編曲 : Johnny Mercer
作曲年 : 1955

この曲は映画 Daddy Long Legs (1955) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0047969/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Daddy_Long_Legs_(1955_film)
主演はフレッド・アステアとレスリー・キャロンです。
「足長おじさん」を原作にした映画です。

村尾陸男さんのこの曲の解説によると

Something's gotta give は Someting has got to give, give は give way の略で、〈ゆずる〉という意味もあるが、ここでは〈壊れる、折れる〉、ダムなどが〈決壊する〉などの意。主語が人間でない場合の has got to は〈・・しなければならない〉ではなく〈必ずこうなる、こういう結果になる〉の意。そこで Something's gotta give は、てこでも動かない二つの物体や勢力がぶつかりあったとき〈なにかが必ず壊れる、どちらかが壊れる〉の意になる。

en garde は元はフェンシング用語で、主審が試合開始直前に選手に命じる言葉。〈構えて〉の意。

とあります。

ジョニー・マーサー自身が作詞作曲した曲の中でもよく知られ、大スタンダードになっています。



When an irresistible force such as you
Meets an old immovable object like me
You can bet as sure as you live
Something's gotta give, something's gotta give,
Something's gotta give.

When an irrepressible smile such as yours
Warms an old implacable heart such as mine
Don't say no because I insist.
Somewhere, somehow,
Someone's gonna be kissed.

So en garde who knows what the fates have in store
from their vast mysterious sky?
I'll try hard ignoring those lips I adore
but how long can anyone try?

Fight, fight, fight, fight, fight it with all of our might,
Chances are some heavenly star spangled night
We'll find out as sure as we live
Something's gotta give, something's gotta give,
Something's gotta give.


きみに会うと僕は無抵抗でまさに降参だ
石みたいに動かない物体の僕も
きみに会うともう完全にお手上げ
なにかがぶっこわれることになる
僕の心の壁が崩れおちるんだ

愛さずにはいられない素晴らしいきみの笑顔が
和らぐことのない老いた僕の心を温めるときは
ノーなんてけして言わないでおくれ
だって、どこかで、なんとかして
きみにキスされなくちゃこの事態は収まらないんだ

さあ、守りを固めよう、この大きな神秘の空に
どんな運命が待っているかはだれにも判らない
僕はその憧れの唇をできるだけ無視してみるけど
だれだってそんなにもたないだろうな

さあ、闘え、闘うんだ、僕らのすべての力をふりしぼって
きっとある素晴らしい星のきらめく夜に
なにか確かな答えが見つけられるだろうね
このままじゃすまないよ、なにかがぶっこわれるんだ
もはや僕の心のダムが決壊するしかないのさ

       村尾陸男 「ジャズ詩大全」 より

映画の1シーンです。


"I Thought About You"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1939

曲情報については >>[28] をご覧ください。

マリーンはなんてかわいい歌い方をするんでしょうか :-)



"Out of This World"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1944

この曲はミュージカル映画 Out of This World (1945) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0037964/?ref_=fn_al_tt_4
https://en.wikipedia.org/wiki/Out_of_This_World_(1945_film)

1945年といいますと第二次世界大戦が終わった年です。

ハロルド・アーレン&ジョニー・マーサーのコンビが書いた名曲ですね。

他のトピでも書いたのですが、この部分に注目してください。
And spend the next eternity or two with you

これはガーシュインが1937年に書いた大スタンダード曲(作詞はアイラ・ガーシュイン)の "Love is here to stay" の中のこの部分に対抗して、ジョニー・マーサーがそれ以上の表現を考えたんじゃないかと思っているのですが…(笑)
Not for a year, but forever and a day

【ハロルド・アーレン ソングブック】 #15 も合わせてご覧ください。



You're clear out of this world
When I'm looking at you
I hear out of this world
The music that no mortal ever knew

You're right out of a book
The fairy tale I read when I was so high
No armored knight out of a book
Would find a more enchanted Loralie then I

After waiting so long for the right time
After reaching so long for a star
All at once from a long and lonely night time
And despite time, here you are

I cry, out of this world
If you said we were through
So let me fly out of this world
And spend the next eternity or two with you

After waiting so long for the right time
After reaching so long for a star
All at once from a long and lonely night time
And despite time, here you are

I cry, out of this world
If you said we were through
So let me fly out of this world
And spend the next eternity or two with you

Clear out of this world
Clear out of this world
Clear out of this world
Clear out, clear out

きみはこの世の人とは思えないね
だってきみを見つめていると
生身の人間には聞こえるはずのない音楽が
この世のそとから聞こえてくるんだ
きみは僕がちっちやな子供だったころ読んだ
おとぎ話からとびだした妖精なのかもしれない
本のなかのローレライに魅せられるどんな鎧兜(よろいかぶと)の騎士だって
きみに魅せられる僕とは較べようがないだろうね
(女性)本のなかのどんな鎧兜の騎士が魂をささげたローレライだって
   あたしがあなたに魅せられたほど魅せられてはいなかった
永いあいだそのときがくるのを待ちつづけ
星にさえ届かんばかりに手を伸ばし
突然、ながい寂しい夜のなかから
時間を超えるようにしてきみが現れたのさ
傍らの仲がこれで終ってしまうなんてきみが言いだしたら
僕はこの世のそとまで聞こえるくらいに泣き叫ぶだろう

だから僕にもこの世のそとにまで飛んでいかせてくれ
きみと一緒に永遠でもそのまた倍の時間でも過ごせるように

         村尾陸男 「ジャズ詩大全」 より

"P.S. I Love You"

作曲 : Gordon Jenkins
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1934


曲情報については >>[9] をご覧ください。

しかし、彼の国では長年の夫婦間にあっても "I love you" を日常的に言わないと "You don't love me" と取られるかもしれないのですね。
このあたりは日本とは文化がかなり違うといえるかもしれません。
でも、日常的にお互いにこの言葉を交わせるという関係もいいかもしれませんね。

マリーンの歌は心に迫ってきます。



"My Shining Hour"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1943

この曲はミュージカル映画 The Sky's the Limit (1943) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0036363/?ref_=fn_al_tt_1
主演はフレッド・アステアとジョーン・レスリーです。

なかなか素敵な曲です。

編曲、フェイクがいいですね。



This moment, this minute
And each second in it
Will leave a glow upon the sky
And as time goes by, it will never die
This will be my shining hour
Calm and happy and bright
In my dreams your face will flower
Through the darkness of the night
Like the lights of home before me
Or an angel watching over me
This will be my shining hour
'Til I'm with you again
Like the lights of home before me
Or an angel watching over me
This will be my shining hour
'Til I'm with you again

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20080827

映画の1シーンです。


"How Do You Say Auf Wiedersehen?"

作曲 : Tony Scibetta
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 ????

この曲については調べ切れませんでした。
また、作曲者の Tony Scibetta (Anthony James Scibetta) についても調べ切れませんでした。

なかなか美しい曲で、多くの人たちが手がけている、スタンダード曲といえるでしょう。

Auf Wiedersehen は独語で別れの言葉、Good-bye / See you again に相当します。

au revoir は仏語で、同じ意味になります。

きっとこの恋のお相手はドイツ人だったのでしょうね。
映画に使われたかなぁという気もします。

歌詞の和訳も見当たりませんでしたので、じっくりと英語詞を眺めてください。



How do you say auf wiedersehn
To things you'll never see again?
The Wilhelmstrasse in the rain
The day we ran to catch the train
That puffed along the river Seine
Remember Paris
And best of all the Pyrennes
Who could forget such memories
That crazy trip how typical of us
To miss the bus the plane too
How do you say auf wiedersehn to these?

The wild times, the small things
That popular waltz of the day
It ended as all things
But when does the music go away?
Say au revoir but not good bye
I've said it till I want to cry
Perhaps the French could tell us what to do
I wish I knew ah liebschen
How do I say auf wiedersehn to you?



"Summer Wind"

作曲 : Henry Mayer
作詞 : Hans Bradtke (独語詞)/ Johnny Mercer (英語詞)
作曲年 1965

この曲は元の曲名は "Der Sommerwind" という独で作られた曲です。
ジョニー・マーサが英語詞をつけました。
彼は Grethe Ingmann が歌うこの曲を聴いて、英語詞を書いたとされているのですが、この音源は見当たりませんでした。

フランク・シナトラのヒット曲でもあります。

編曲が素直な三拍子になっています。



The summer wind came blowin' in from across the sea
It lingered there, to touch your hair and walk with me
All summer long we sang a song and then we strolled that golden sand
Two sweethearts and the summer wind

Like painted kites, those days and nights they went flyin' by
The world was new beneath a blue umbrella sky
Then softer than a piper man, one day it called to you
I lost you, I lost you to the summer wind

The autumn wind, and the winter winds they have come and gone
And still the days, those lonely days, they go on and on
And guess who sighs his lullabies through nights that never end
My fickle friend, the summer wind
The summer wind
Warm summer wind
The summer wind

歌詞の和訳があります。
http://wasure71.blogspot.jp/2013/04/summer-windmichael-buble.html

フランク・シナトラも聞いてみましょう。
4拍子の編曲になっています。


"Charade"

作曲 : Henry Mancini
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1963

曲情報については >>[30] をご覧ください。

編曲が面白いですね。



"(Love's Got Me in a) Lazy Mood"

作曲 : Eddie Miller
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1947

作曲者の Eddie Miller についてはこちらをご覧ください。
Edward Raymond Müller (June 23, 1911 – April 8, 1991)
https://en.wikipedia.org/wiki/Eddie_Miller_(jazz_saxophonist)

曲情報を掘り出せなかったのですが、1957年にジューン・クリスティが録音しているようです。



I'll tell you why
The days go by
Like caterpillars do,
And clouds are cotton blossoms in a field of blue,
Love's got me in a lazy mood.

I'll tell you why
Stars in the sky
Pick ev'ry night to shine,
And why the moon's a watermelon on the vine,
Love's got me in a lazy mood.

When a bright and early sun begins to steam it up,
You'll find me underneath the nearest tree,
Picking petals off a daisy while I dream it up;
Just the absent minded kid, that's me!

I'll tell you why
I don't reply
To mail that's overdue,
And why I never answer when I'm spoken to,
It isn't that I'm really rude,
Love's got me in a lazy mood,
Love's got me in a lazy mood.

ジョニー・マーサー自身が歌っている音源がありました。


これで

Marlene Ver Planck / Loves Johnny Mercer

の全トラックが紹介できました。

1曲1曲ごとの稠密な編曲をお聴きいただけましたでしょうか。


ジョニー・マーサーのソングブックにはまだまだ興味深いものがたくさんあります。
次はエラにしようかな…

いよいよこれを行きましょう。

Ella Fitzgerald / Sings the Johnny Mercer Song Book

Label : Verve

Recorded in 1964.

1. Too Marvelous for Words (Johnny Mercer / Richard A. Whiting)
2. Early Autumn (Ralph Burns / Woody Herman / Johnny Mercer)
3. Day In - Day Out (Rube Bloom / Johnny Mercer)
4. Laura (Johnny Mercer / David Raksin)
5. This Time the Dream's on Me (Harold Arlen / Johnny Mercer)
6. Skylark (Hoagy Carmichael / Johnny Mercer)
7. Single-O (Donald Kahn / Johnny Mercer)
8. Something's Gotta Give (Johnny Mercer)
9. Trav'lin' Light (Johnny Mercer / Jimmy Mundy / Trummy Young)
10. Midnight Sun (Sonny Burke / Lionel Hampton / Johnny Mercer)
11. Dream (Johnny Mercer)
12. I Remember You (Johnny Mercer / Victor Schertzinger)
13. When a Woman Loves a Man (Bernie Hanighen / Gordon Jenkins / Johnny Mercer)

Musicians.
Ella Fitzgerald (vo)
Nelson Riddle's Orchestra

エラの数あるソングブックの中で、このアルバムはさまざまな評価を受けています。
しかし、ジョニー・マーサー・ソングブックの中では一番のアルバムと言えるでしょう。

選曲も王道を行くものになっていますし、ネルソン・リドルの編曲もすばらしいものになっています。

パッケージはいくつかあるようです。

音源は、youtube にある、エラのソングブック・ボックスセットのものと思われるものを使います。
"Too Marvelous for Words"

作曲 : Richard A. Whiting
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1937

この曲は映画 Ready, Willing and Able (1937) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0029467/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Ready,_Willing,_and_Able_(film)

ここまで歌われると背中がむずかゆくなるくらいの歌です :-)
英語を勉強中の中高生諸君は words と複数形になっているところに注意するといいでしょう。



I search for phrases
To sing your praises
But there aren't any magic adjectives
To tell you all you are!

You're just too marvelous
Too marvelous for words
Like glorious, glamorous
And that old standby, amorous

It's all too wonderful
I'll never find the words
That say enough, tell enough
I mean, they just aren't swell enough

You're much too much
And just too very, very
To ever be in Webster's Dictionary

And so I'm borrowing
A love song from the birds
To tell you that you're marvelous
Too marvelous for words

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/j/johnny+mercer/too+marvelous+for+words_20802941.html

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/esy078.html

映画の1シーンです。


"Early Autumn"

作曲 : Ralph Burns / Woody Herman
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1949

曲情報については >>[8] をご覧ください。

この曲の名唱の一つになるでしょう。


"Day In - Day Out"

作曲 : Rube Bloom
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1939

曲情報については >>[11] をご覧ください。



"Laura"

作曲 : David Raksin
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1945

この曲は映画 Laura (1944) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0037008/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Laura_(1944_film)

1944年と言いますと第二次世界大戦末期です。

後日、ジョニー・マーサーが詞をつけたのですが、その時点では彼はまだ映画を見ていなかったそうです。

この曲は非常に多くの録音が作られ、その数は400種を超えているそうです。

ネルソン・リドルの編曲は、なんとなくサスペンス映画の音楽を感じさせるような始まり方ですね。



Laura is the face in the misty lights
Footsteps that you hear down the hall
The laugh that floats on a summer night
That you can never quite recall

And you see Laura on the train that is passing through
Those eyes how familiar they seem
She gave your very first kiss to you
That was Laura but she's only a dream

And you see Laura on the train that is passing through
Those eyes how familiar they seem
She gave your very first kiss to you
That was Laura but she's only a dream

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/e/ella+fitzgerald/laura_20045809.html

歌詞の和訳がありました。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20110807

映画のトレイラーです。


"This Time the Dream's on Me"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1941

この曲は映画 Blues in the Night (1941) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0033409/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Blues_in_the_Night_(film)

ハロルド・アーレンとジョニー・マーサーの名コンビによる曲ですね。
大スタンダード曲になっています。
他にもこの映画のタイトル曲 "Blues in the Night" も大スタンダード曲になっています。

1941年といいますと、第二次世界大戦中になりますが、米国はこれだけのミュージカル映画を作る国力がある国だったのですね。



Somewhere, someday
We'll be close together, wait and see
Oh by the way,
This time the dream's on me

You take my hand
and you look at me adoringly
But as things stand
This time the dream's on me

It would be fun
To be certain that I'm the one
To know that I, at least, supply the shoulder you cry upon

To see you through
Till you're everything you want to be
It can't be true, but
This time the dream's on me

It would be fun
To be certain that I'm the one
To know that I, at least, supply the shoulder you cry upon

To see you through
Till you're everything you want to be
It can't be true, but
This time the dream's on me
This time the dream's on me

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song64.html

映画の1シーンのようです。
歌っているのは Priscilla Lane でしょう(無責任)


"Skylark"

作曲 : Hoagy Carmichael
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1941

曲情報については >>[10] をご覧ください。



"Single-O"

作曲 : Donald Kahn
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1964

作曲者の Donald Kahn は大作曲家 Gus Kahn のご子息です。
https://www.discogs.com/artist/565095-Donald-Kahn

この曲の由来は調べだせませんでした。
"Single-O" というのは "single-origin" の略なのかどうか…

どうやらこの曲はエラのものが初録音になるようです。

歌詞の和訳も見当たりませんでしたので、歌詞をじっくりと眺めてください。



Single O, all the way
Rain or shine
Gonna stay, single O
Till you're mine

Like the peach
At the top, of the tree
Gonna stay, single O
Till it's me

And though I don't know
What caresses you expect to find
I know my address is lonesome ville
Till you make up your mind

When you do and it's me
You adore, then I'll be
Single O, no more

And though I don't know
What caresses you expect to find
I know my address is lonesome ville
Till you make up your mind

When you do and it's me
You adore, then I'll be
Single O, no more

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/single-o-lyrics-ella-fitzgerald.html

"Something's Gotta Give"

作曲・編曲 : Johnny Mercer
作曲年 : 1955

曲情報については >>[49] をご覧ください。



"Trav'lin' Light"

作曲 : Trummy Young / Jimmy Mundy
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1942

曲情報については【ビリー・ホリデイ ソングブック】 #[55] をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78639354



"Midnight Sun"

作曲 : Francis "Sonny" Burke / Lionel Hampton
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1947

曲情報については >>[21] をご覧ください。

エラの名唱ですね。


"Dream"

作曲・作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1944

曲情報については >>[32] をご覧ください。

これもエラの名唱ですね。



"I Remember You"

作曲 : Victor Schertzinger
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1941

曲情報については >>[14] をご覧ください。

すてきな曲ですね :-)


"When a Woman Loves a Man"

作曲 : Bernie Hanighen / Gordon Jenkins
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1938

曲情報については【現代の歌姫たち【カラブリア・フォティ】】#32 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=76564412

すてきな曲ですね :-)

紛らわしいのは、"When a Man Loves a Woman" (Calvin Lewis / Andrew Wright (1966)) と、順序が逆になっている曲名のものがあります。



歌詞の和訳がありました1
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song508.html
これで
Ella Fitzgerald / Sings the Johnny Mercer Song Book
の全トラックが紹介できました。

すてきなアルバムですね。

エラのソングブックシリーズの紹介も、ジョニー・マーサーで何枚目になりますか…
残りのソングブックも機会を見て取り上げて生きたいと考えています。

ジョニー・マーサーのソングブックはまだまだあります。
意外な発見のもの、珍版といえそうなもの、ジョニー・マーサーご本人が歌っているもの等、数多くありますので、引き続き取り上げて生きたいと思っています。
(他の作詞家までは手が回りません─汗)
次はこれにしましょう。

Monica Mancini / The Dreams of Johnny Mercer

Label : Concord Records

Recorded at Capitol Studios and G Studio Digital, June - July, 2000

1. Ac-cent-tchu-ate the Positive (Harold Arlen / Johnny Mercer)
2. Something Tells Me (Johnny Mercer / Harry Warren)
3. Skylark (Hoagy Carmichael / Johnny Mercer)
4. The Weekend of a Private Secretary (Bernie Hanighen / Johnny Mercer)
5. With My Lover Beside Me (Barry Manilow / Johnny Mercer)
6. When October Goes (Barry Manilow / Johnny Mercer)
7. On the Atchison, Topeka & The Santa Fe (Johnny Mercer / Harry Warren)
8. When the Meadow Was Bloomin' (Barry Manilow / Johnny Mercer)
9. It Had Better Be Tonight (Meglio Sta Sera) (Henry Mancini / Johnny Mercer / Francesci Migliacci )
10. Love Is Where You Find It (Al Dubin / Johnny Mercer / Harry Warren)
11. At Last (Mack Gordon / Harry Warren)
12. Just Remember (Barry Manilow / Johnny Mercer)

Musicians.
Monica Mancini (vo)
Alvin Chea (vo) (track 1)
Randy Waldman (key) (tracks 2,5,6,11,12)
David Torres (p) (tracks 4,9,10)
Michael Lang Ip) (tracks 3,7)
Chuck Berghofer (b) (tracks 2,5,6,7,11,12)
George Lopez (b) (tracks 4,9,10)
Gregg Fiels (ds, percussion) (tracks 2,5,6,11,12)
Dean Parks (g) (tracks 2,5,7,10,11)
Ricardo 'Tiki' Pasallas (percussion) (tracks 4,9,10)
Michito Sanchez (congas & bongos) (tracks 4,9,10)
Munyungo (percussion) (tracks 2,5)
Warren Luening (flugelhorn) (tracks 2,12)
Sal Lozano (fl) (track 4)

The Orchestra (snip)

モニカ・マンシーニについては【気になる現代の歌姫たち】 #129 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78105808

ヘンリー・マンシーニ&ジョニー・マーサのコンビは名曲をたくさん生み出しています。
ヘンリーのご息女モニカは子供の頃からジョニーおじさんを知っていたのでしょうね。

このアルバムの選挙区を眺めますと、バリー・マニロウの曲が4曲入っています。
父君の曲も1曲入っています。
しかし、ジョニー・マーサとどのように関係するのか不明な曲が1曲入っています。

なかなか気持ちよく聴けるアルバムに仕上がっています。



"Accentuate The Positive"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1944

曲情報(歌詞、和訳)については、現代の歌姫たち【ジャッキー・ライアン】#33 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=76091109

この曲は映画 Here Come the Waves (1944) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0036912/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Here_Come_the_Waves
ビング・クロスビーとベティ・ハットンが主演だったのですね。

"Academy Award for Best Original Song" at the 18th Academy Awards in 1945



映画のトレイラーがありました。
この映画で使われた曲が、スタンダード曲になっているものが結構あります。


"Something Tells Me"

作曲 : Harry Warren
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1938

この曲の情報が少し錯綜しています。
ライナー・ノーツにはバリー・マニロウ作曲となっているのですが、ウエブ上の多くのデータではハリー・ウォーレン作曲となっています。
また Charles Dunn の名前がクレジットされているという情報もあります。

ナンシー・ウィルソンも手がけていますので、ジョニー・マーサー初期の作品ながらそこそこ知られている曲なんでしょうね。

なかなか気が利いた曲です。



Haven't read it in your eyes
Haven't heard it in your sighs
Couldn't tell you why it's so
Nevertheless, I only know....

Something tells me I'm falling in love
Something tells me you're sent from above
Not the stars or the man in the moon
Though I'm certain they set the stage and opened the curtain

Something tells me my waiting is through
I hope something is telling you too
Something whispers that we'll never part
And something tells me it's my heart

Must have been so all the time
Must have known that you'd be mine
You were bound to come to me
How I behaved was plain to see

Something tells me I'm falling in love
Something tells me you're sent from above
Not the stars or the man in the moon
Though I'm certain they set the stage and opened the curtain

Something tells me my waiting is through
I hope something is telling you too
Something whispers that we'll never part
And something tells me it's my heart

引用元はここ
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/s/somethingtellsme.shtml

お話のついでに、ナンシー・ウィルソンの音源です :-)


"Skylark"

作曲 : Hoagy Carmichael
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1941

曲情報については>>[10] をご覧ください。

無伴奏で入ってくるイントロがいいですね。
美しい声です。



"The Weekend of a Private Secretary"

作曲 : Bernie Hanighen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1938

Mildred Bailey w Red Norvo & his Orch が1938年にこの曲を初録音しています。
楽しいラテン調の曲ですね。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

蛇足ですが、キューバ革命は1959年です。
米国は1901年にキューバを保護国にしました。
1930年代には米国はキューバに積極的な投資を続けました。
キューバ危機(米ソの核戦争寸前まで行った)は1962年のことです。



I went to Havana on one of those cruises,
For forty nine fifty, to spend a few days.
I went to Havana to look at the natives,
To study their customs, their picturesque ways.

In searching for some local colour,
I ran across a Cuban Gent,
And he was such a big sensation,
I forgot the population!

He showed me the city, he showed me the customs,
My trip to Havana was quite a success!

We had a bacardi,
I forgot the clock,
So we were tardy
In returning to the dock.
So I delayed it,
Even dropping my shawl;
The Cuban made it
As they made the final call,
Darn it all!

I'm back in my office, I'm punching the time clock,
But you can bet my mind is not on my work!
Instead of bacardi I'm ordering bromo,
Instead of the Cuban I'm stuck with the clerk!

The other girls can go to Europe
And marry into royalty,
And they can get an earl or a marquis,
Or a Russian, or a darky!

But when I get married and settle in Brooklyn,
He may be a slicker, he may be a hick,
Or a Rubens,
But you can bet that he'll be Cuban!

ミルドレッド・ベイリー 1938年の音源です。


ログインすると、残り38件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。