ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > ジョージ・ガーシュイン ソング...

Standard Jazz Songコミュのジョージ・ガーシュイン ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

George Gershwin (September 26, 1898 – July 11, 1937)
https://en.wikipedia.org/wiki/George_Gershwin


ジョージ・ガーシュインの作曲リストです。
http://songwritershalloffame.org/songs/C70

ジョージ・ガーシュインが手がけたミュージカル(舞台)のリストです。
(彼の死後に作られたものが入っています)
http://songwritershalloffame.org/songs/stage/C70

ジョージ・ガーシュインが手がけた映画音楽のリストです。
(彼の死後に作られたものが入っています)
http://songwritershalloffame.org/songs/film_scores/C70

ジョージ・ガーシュインの受賞暦です。(活躍した時代が早かったので意外に少ない)
http://songwritershalloffame.org/songs/awards/C70


ジョージ・ガーシュインは15歳でティンパンアレイの仕事を始め、17歳で書いた曲が最初の商品になりました。
彼は1910年代にミュージカル(舞台)の音楽を手がけるようになっています。
彼は1920年代に作詞家のバディ・デ・シルヴァ (Buddy DeSylva) と出会い、コンビを組みミュージカルの曲を書いています。
ジョージの兄アイラとのコンビは1924年に始まっています。
この後、ガーシュイン兄弟の大活躍が続きます。

ジョージ・ガーシュインの代表作「ラプソディ・イン・ブルー」 Rhapsody in Blue は1924年に書かれています。
これはジョージのクラシック音楽の最初の作品になります。
彼は1920年代中ごろに仏に滞在し、クラシック音楽の作曲技法を学ぼうとしています。
このときの体験を元に1928年に「パリのアメリカ人」(An American in Paris) を発表しています。
彼は1929年に、現在の『20世紀フォックス』と契約し、映画音楽を手がけるようになりました。

(何度も同じことを書いていますが、トーキー映画は1927年に出現しています)

ジョージ・ガーシュインのもう一つの代表作、デュボーズ・ヘイワード (DuBose Heyward) の原作を元にしたオペラ(フォーク・オペラ)『ポーギーとベス』 (Porgy and Bess) は1935年に書かれています。
この作品の中からはいくつもの有名曲が生まれました。
「ナマズがジャンプする」という歌詞が出てくるサマータイム("Summertime")はこの作品の中の曲の一つです。

この 『ポーギーとベス』の興行成績が芳しくなかったので、彼は1936年にハリウッドに移り、RKO Picturesと契約し、ミュージカル映画『踊らん哉』 (Shall We Dance) を書いています。この映画はフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの主演で大ヒットしました。

翌1937年に彼は脳腫瘍で亡くなりました。
38歳でした。


ジョージ・ガーシュインの伝記的映画が作られています。
『アメリカ交響楽』(Rhapsody in Blue、1945年 アメリカ)
http://www.imdb.com/title/tt0038026/?ref_=fn_al_tt_1
この映画はリージョン2のDVDが出ています。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%A5%BD-DVD-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%80/dp/B000VBNJWO/ref=sr_1_3?s=dvd&ie=UTF8&qid=1443975769&sr=1-3&keywords=Rhapsody+in+Blue

TVで放映された番組(らしいもの)が、邦題「ジョージ・ガーシュイン・ストーリー」としてリージョン2のDVDとして出ています。
George Gershwin Remembered (24 Aug. 1987)
http://www.imdb.com/title/tt0289063/?ref_=fn_tt_tt_1
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-DVD-%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3/dp/B00005ELNV
ハロルド・アーレンやフレッド・アステアも出ています。


作曲家のソングブック・アルバムの中でも、ジョージ・ガーシュインのソングブック・アルバムは、たくさん作られている方に見えます。


------------- この項は推敲中です -------------



reserved にありますのは、このトピックで未登場のアルバムです。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このトピックで詳しく取り上げていただけませんでしょうか

*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#100 - Ella Fitzgerald / Sings the George and Ira Gershwin Song Book / Verve / 1959.
#51 - Sarah Vaughan / Sings George Gershwin / Master Jazz Records / 1957
#1 - Cheryl Bentyne / Gershwin Songbook / Artistshare / 2010


*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【George Gershwin Songbook】
 André Previn / Gershwin
 André Previn / Porgy & Bess: An Original Soundtrack Recording
 André Previn / Previn plays Gershwin
 Bill Charlap / Plays George Gershwin - The American Soul / 2005
 Bing Crosby Sings Songs by George Gershwin
 Brian Wilson / Reimagines Gershwin / 2010
 Chris Connor / Chris Connor Sings the George Gershwin Almanac of Song
 Craig Bohmler / Julie Hill / The George Gershwin Songbook
 Eddie Henderson / DREAMS OF GERSHWIN
 Ella Fitzgerald / Sings Gershwin
 Ella Fitzgerald and Andre Previn / Nice work if you can get it : Do Gershwin
 George Chakiris / Gershwin Songbook
 Helen Merrill / Chasin' the Bird (Gershwin)
 James Melton / James Milton Sings George Gershwin and Cole Porter
 Julie Wilson / Sings the George Gershwin Songbook
 Karin Krog / Sings Gershwin
 Kiri Te Kanawa / Kiri Sings Gershwin
 Lyambiko / Sings Gershwin
 Mel Torme & Frances Faye / George Gershwin's Porgy & Bess(ポギーとベス 全曲)
 Michael Feinstein / Michael & George : Feinstein Sings Gershwin
 Michael Feinstein / Nice Work If You Can Get It ● Songs By The Gershwins
 Michael Feinstein / Pure Gershwin
 Oscar Peterson / Oscar Peterson Plays George Gershwin
 Pearl Bailey / Sings Porgy & Bess And Other Gershwin Me
 Patti Austin / Avant Gershwin
 Ralph Sharon / The Magic of George Gershwin
 Ran Blake / That Certain Feeling (George Gershwin Songbook)
 Ray Charles / Cleo Laine / Porgy & Bess
 Rita Reys / Rita Reys Sings The George Gershwin Songbook
 Rosemary Clooney / Rosemary Clooney Sings the Songs of Ira Gershwin
 Michael Tilson Thomas / Sarah Vaughan / Gershwin Live!
 Spider Saloff / Memory of All That: A Celebration of Gershwin
 Susannah McCorkle / Someone to Watch Over Me: Songs of George Gershwin
 Zoot Sims / Zoot Sims and the Gershwin Brothers
 The Essential George Gershwin(色々な人の歌唱や演奏を集めた2枚組CD 全41曲)



*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Ambulatory Suite: Promenade (Walking the Dog), March of the Swiss Soldiers, Fidgety Feet" (George Gershwin/????) - (#102)
"Aren't You Kind of Glad We Did?" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#68)
"By Strauss" (George Gershwin/Ira Gershwin/1936) - (#118)
"Fascinating Rhythm" (George Gershwin/Ira Gershwin/1924) - (#3)
"A Foggy Day (in London Town)" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#19, 78)
"Bidin' My Time" (George Gershwin/Ira Gershwin/1930) - (#61)
"Blah Blah Blah" (George Gershwin/Ira Gershwin/1931) - (#94)
"But Not for Me" (George Gershwin/Ira Gershwin/1930) - (#39, 90, 105)
"Do It Again" (George Gershwin/Buddy DeSylva/1922) - (#81)
"Embraceable You" (George Gershwin/Ira Gershwin/1928) - (#87, 97)
"Fascinating Rhythm" (George Gershwin/Ira Gershwin/1924) - (#93)
"He Loves and She Loves" (George Gershwin/Ira Gershwin/1927) - (#73)
"How Long Has This Been Going on" (George Gershwin/Ira Gershwin/1927) - (#24, 63, 114)
"I Got Rhythm" (George Gershwin/Ira Gershwin/1930) - (#3)
"I Won't Say I Will" (George Gershwin/Buddy DeSylva & Ira Gershwin/1923) - (#75, 85)
"I'll Build a Stairway to Paradise" (Buddy DeSylva & George Gershwin/Ira Gershwin/1922) - (#58)
"I've Got a Crush on You" (George Gershwin/Ira Gershwin/1928) - (#38, 66)
"(I've Got) Beginner's Luck" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#108)
"Isn't It a Pity" (George Gershwin/Ira Gershwin/1933) - (#17, 54)
"Just Another Rhumba" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#112)
" (Oh Sweet and Lovely) Lady Be Good" (George Gershwin/Ira Gershwin/1924) - (#20, 109)
"Let's Call the Whole Thing Off" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#46, 79, 107)
"Looking for a Boy" (George Gershwin/Ira Gershwin/1925) - (#72, 122)
"Lorelei" (George Gershwin/Ira Gershwin/1933) - (#65)
"Love Is Here to Stay" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#6)
"Love Walked In" (George Gershwin/Ira Gershwin/1930) - (#82)
"The Man I Love" (George Gershwin/Ira Gershwin/1924) - (#37, 62, 95, 98, 116)
"Maybe" (George Gershwin/Ira Gershwin/1926) - (#92)
"My Cousin in Milwaukee" (George Gershwin/Ira Gershwin/1932) - (#124)
"My Man's Gone Now" (George Gershwin/DuBose Heyward/1935) - (#74)
"My One and Only (What Am I Gonna Do?)" (George Gershwin/Ira Gershwin/1927) - (#64, 86, 106)
"Nice Work If You Can Get It" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#48, 96, 110)
"Of Thee I Sing" (George Gershwin/Ira Gershwin/1931) - (#58, 83)
"The Preludes: Prelude I, Prelude II, Prelude III" (George Gershwin/1926) - (103)
"The Real American Folk Song (Is a Rag)" (George Gershwin/Ira Gershwin/1918) - (#120)
"Sam and Delilah" (George Gershwin/Ira Gershwin/1930) - (#104)
"Someone to Watch Over Me" (George Gershwin/Ira Gershwin/1926) - (#21, 60, 119)
"Soon" (George Gershwin/Ira Gershwin/1927) - (#91)
"Summertime" (George Gershwin/DuBose Heyward/1935) - (#18, 67, 84)
"S'wonderful" (George Gershwin/Ira Gershwin/1927) - (#49, 89, 115)
"That Certain Feeling" (George Gershwin/Ira Gershwin/1925) - (#117)
"They All Laughed" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#70, 123)
"They Can't Take That Away From Me" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#88)
"Things Are Looking Up" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#80, 111)
"Who Cares?" (George Gershwin/Ira Gershwin/1931) - (#121)



コメント(124)

"I Won't Say I Will (Alternative Take)"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Buddy DeSylva / Ira Gershwin
作曲年 1923

>>[75] の別テイクです。



"My One and Only (Alternative Take)"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1927

>>[64] の別テイクです。



"Embraceable You (Studio Version)"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1928

この曲はオペレッタ East Is West のために書かれたのですが上演されませんでした。
1930年にミュージカル(舞台) Girl Crazy で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/girl-crazy-11231
https://en.wikipedia.org/wiki/Girl_Crazy

このミュージカルは1943年に映画化されています。
http://www.imdb.com/title/tt0035942/?ref_=fn_al_tt_1
主演はジュディ・ガーランドとミッキー・ルーニーです。

大スタンダード曲になっています。

このアルバムにはサラのスタジオ録音のものとライブ録音のものの2種類の音源が入っています。
この音源はスタジオ録音のものです。



Embrace me
My sweet embraceable you
Embrace me
My irreplaceable you
Just to look at you
My heart grows tipsy in me
You and you alone
Bring out the gypsy in me
I love all
The many charms about you
Above all
I want my arms about you
Dont be naughty baby
Come to mama
Come to mama do
My sweet embraceable you
I love all
The many charms about you
Above all
I want my arms about you
Dont be naughty baby
Come to mama
Come to mama do
My sweet embraceable you

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070113

映画の1シーンです。
1943年というと第二次世界大戦中です。
ジュディ・ガーランドは1939年の映画「オズ」で有名になりましたが、このときは16歳でした。
この映画が公開されたころは彼女は20歳くらいになりますね。



"They Can't Take That Away From Me"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1937

この曲は映画Shall We Dance (1937) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0029546/?ref_=fn_al_tt_2
主演はフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースです。

大スタンダード曲になっています。

サラは "The way you sing off key" のところでわざとキーを外すという茶目っ気を聞かせてくれます :-)



Our romance won't end on a sorrowful note
Though by tomorrow you're gone
The song is ended, but as the songwriter wrote
The melody lingers on
They may take you from me, I'll miss your fond caress
But though they take you from me, I'll still possess

The way you wear your hat
The way you sip your tea
The memory of all that
No, no, they can't take that away from me

The way your smile just beams
The way you sing off key
The way you haunt my dreams
No, no, they can't take that away from me

We may never, never meet again
On the bumpy road to love
Still, I'll always, always keep the memory of

The way you hold your knife
The way we danced till three
The way you changed my life
No, no, they can't take that away from me
No, they can't take that away from me

We may never, never meet again
On the bumpy road to love
Still, I'll always, always keep the memory of

The way you hold your knife
The way we danced till three
The way you changed my life
No, no, they can't take that away from me
No, they can't take that away
Can't take that away
Can't take that away from me

歌詞の和訳があります。
http://ameblo.jp/yukishinozuka/entry-11552763980.html

映画の1シーンです。



"S'wonderful"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1927

曲情報については >>[49] をご覧ください。



"But Not for Me"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1930

曲情報については >>[39] をご覧ください。

大スタンダード曲です。
大勢の人たちが手がけています。



"Soon"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1927

この曲はミュージカル(舞台) Strike Up the Band (1927) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/strike-up-the-band-11031
https://en.wikipedia.org/wiki/Strike_Up_the_Band_(musical)
最初はフィラデルフィアで公演され、すぐにこけてしまったそうです。
1930年、それに手を加えてブロードウェイでの公演は大成功になったとのことです。

この曲も大スタンダード曲になっていて、大勢の人たちが手がけています。



Soon, the lonely nights will be ended.
Soon, two hearts as one will be blended.
I’ve found the happiness I’ve waited for,
The only girl that I was fated for.

Oh, soon.....
A little cottage will find us safe
With all our cares far behind us
Let's make that day come soon....

Very soon…
My dear, you’ll never, never be lonely
Soon, you’ll find I live for you only.
When I’m with you who cares what time it is?
Or what the place or what the climate is?

I'm talking about soon,
Our little ship will come sailing home
Through every storm never failing.....

The day you're mine
This world will be in tune
Let's make that day come soon!

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20080316

"Maybe"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1926

この曲はミュージカル(舞台) Oh, Kay! (1926) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/oh-kay-6935
https://en.wikipedia.org/wiki/Oh,_Kay!

このミュージカルでは "Someone to Watch Over Me" も使われています。

この曲も大スタンダード曲になっていて、大勢の人たちが手がけています。

歌詞の和訳が見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Soon or late - maybe,
If you wait - maybe,
Some kind fate - maybe,
Will help you discover
Where to find your lover.

You will hear - yoo-hoo,
You'll be near - yoo-hoo,
Paradise will open up it's gate,
Maybe soon, maybe late.

You will hear - yoo-hoo,
You'll be near - yoo-hoo,
Paradise will open up it's gate,
Maybe soon, maybe late.

"Fascinating Rhythm" (Bonus Track)

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1924

曲情報については【サラ・ヴォーン ソングブック】 #44 をご覧ください。


"Blah Blah Blah" (Bonus Track)

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1931

この曲は映画 Delicious (1931) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0021793/?ref_=fn_al_tt_3
https://en.wikipedia.org/wiki/Delicious_(film)

元々はミュージカル(舞台)East is West 用に書いた曲なのですが、使われなかったそうです。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたが、歌詞を眺めていただくとわかるでしょう。
つまり、歌詞が完成していない歌(曲)という設定のようです。



I've written you a song
A beautiful routine
I hope you like it.

My technique can't be wrong
I learned it from the screen
I hope you like it.

I studied all that rhymes that all the lovers sing
And just for you I wrote this little thing...

Blah blah blah blah moon
Blah blah blah above
Blah blah blah blah croon
Blah blah blah above.

Tra la la la, tra la la la, la, merry month of May
Tra la la la, tra la la la, la, 'neath a cloud of grey.

Blah blah blah blah blah blah your hair
Blah blah blah your eyes
Blah blah blah blah care
Bla blah blah blah skies.
Tra la la la, tra la la la, la, cottage for two
Blah blah blah blah blah blah darling with you.

Blah blah blah, blah blah blah blah blah blah blah blah blah...

最近の録音では、Eliane Elias / Everything I Love に収録されているのですが、音源は見当たりませんでした。
さわりだけならここで聴けます。

http://www.allmusic.com/album/everything-i-love-mw0000051681

"The Man I Love" (No2) (Bonus Track)

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1924

曲情報については >>[37] をご覧ください。



"Nice Work If You Can Get It"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1937

曲情報については >>[48] をご覧ください。



"Embraceable You (Live Version)"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1928

曲情報については >>[87] をご覧ください。

サッシーはこの曲を何度か録音しています。
この録音は、1957年のもの。
Jimmy Jones (p)
Richard Davis (b)
Roy Haynes (ds)
Live at Mister Kelly's, Chicago, August 8, 1957.



"The Man I Love (Live Version)"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1924

曲情報については >>[37] をご覧ください。

サッシーはこの曲も何度か録音しています。
このトラックは1947年のものです。
Sammy Benskin (p)
Freddie Lacey (g)
Rodney Richardson (b)
Roy Haynes (ds)

ロイ・ヘインズの息の長さ(現在も現役のようです)にも注目してください。



これで

Sarah Vaughan / Sings George Gershwin

の全トラックが紹介できました。

サッシーの比較的若いときの録音が中心でしたが、堪能いただけましたでしょうか。


さすがにジョージ・ガーシュインのソングブックはたくさんあります。
続けて、ぼちぼちと紹介していきましょう。

いよいよこれの出番です。

Ella Fitzgerald / Sings the George and Ira Gershwin Song Book

Label : Verve

Recorded in 1959.

Disc 1.
1. Ambulatory Suite: Promenade (Walking the Dog)/March of the Swiss ...
2. The Preludes: Prelude I/Prelude II/Prelude III
3. Sam and Delilah
4. But Not for Me
5. My One and Only
6. Let's Call the Whole Thing Off
7. (I've Got) Beginner's Luck
8. Oh, Lady Be Good
9. Nice Work If You Can Get It
10. Things Are Looking Up
11. Just Another Rhumba
12. How Long Has This Been Going On?
13. 'S Wonderful
14. The Man I Love
15. That Certain Feeling
16. By Strauss
17. Someone to Watch Over Me
18. The Real American Folk Song (Is a Rag)

Disc 2.
1. Who Cares?
2. Looking for a Boy
3. They All Laughed
4. My Cousin in Milwaukee
5. Somebody from Somewhere
6. A Foggy Day
7. Clap Yo' Hands
8. For You, for Me, for Evermore
9. Stiff Upper Lip
10. Boy Wanted
11. Strike Up the Band
12. Soon
13. I've Got a Crush on You
14. Bidin' My Time
15. Aren't You Kind of Glad We Did?
16. Of Thee I Sing (Baby)
17. The Half of It, Dearie, Blues
18. I Was Doing All Right
19. He Loves and She Loves
20. Love Is Sweeping the Country
21. Treat Me Rough

Disc 3.
1. Love Is Here to Stay
2. Slap That Bass
3. Isn't It a Pity?
4. Shall We Dance?
5. Love Walked In
6. You've Got What Gets Me
7. They Can't Take That Away from Me
8. Embraceable You
9. I Can't Be Bothered Now
10. Boy! What Love Has Done to Me!
11. Fascinating Rhythm
12. Funny Face
13. Lorelei
14. Oh, So Nice
15. Let's Kiss and Make Up
16. I Got Rhythm

Disc 4.
1. Somebody Loves Me
2. Cheerful Little Earful
3. But Not for Me
4. Lorelei
5. Love Is Here to Stay
6. Oh, Lady Be Good
7. Oh, Lady Be Good
8. Oh, Lady Be Good
9. But Not for Me
10. Fascinating Rhythm
11. They All Laughed
12. The Man I Love
13. Nice Work If You Can Get It
14. Clap Yo' Hands
15. Let's Call the Whole Thing Off
16. I Was Doing All Right
17. He Loves and She Loves
18. (I've Got) Beginner's Luck

Musicians.
Ella Fitzgerald (vo)
Nelson Riddle Orchestra


>>[100]


このアルバムは最初はLP5枚組みでリリースされています。
また、バラで1枚ずつLPとしてもリリースされています。
このときの収録曲数は53曲でした。
その後いくつかのパッケージがリリースされ、CD3枚組、CD4枚組と、いくつか種類があります。
CD4枚組には73曲収録されており、これはボーナス・トラックとして追加されたものだろうと思われます。

私の手元のCDは3枚組です。

上記の収録曲は Allmusic のデータを引用したもので、CD4枚組のトラック・リスティングです。
基本的には、エラのソングブック・ボックスセットから Youtube に上がっている音源を使うつもりですので、ボーナストラックについては紹介できない可能性があります。

このあたりCD4枚組のリソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、お手伝いいただけたらと考えています。
わたし宛にご一報くだされば、ご相談させてください。

サラのガーシュイン・ソングブックが1957年、エラのこのアルバムが1959年に録音されています。
このあたりは2人が張り合っていたのかもしれません。

じっくりと聴きこんでください。

現時点で判っている範囲では、エラにはガーシュイン・ソングブックが3種類あります。
トピックの説明をご覧ください。


"Ambulatory Suite (Instrumental)"
"Promenade (Walking the Dog)"
"March of the Swiss Soldiers"
"Fidgety Feet"

作曲 : George Gershwin
作曲年 ????

冒頭は器楽演奏のトラックです。
この曲についての情報は調べ切れませんでした。

Ambulatory : 普遍的な という英語です。




"The Preludes (Instrumental)"
Prelude I
Prelude II
Prelude III

作曲 : George Gershwin
作曲年 1926

ジョージ・ガーシュインが書いた『前奏曲』としてよく知られている曲です。

このトラックも器楽演奏ですが、美しい曲をじっくりと聴きこんでください。


"Sam and Delilah"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1930

この曲は1930年のミュージカル(舞台)Girl Crazy で使われました。
http://www.ibdb.com/production.php?id=11231
https://en.wikipedia.org/wiki/Girl_Crazy
エセル・マーマンがブロードウェイデビューを飾った舞台として有名だそうです。

現在ではあまり耳にすることがない曲かもしれません。
適当な歌詞の和訳は見当たりませんでした。
旧約聖書・士師記に登場するサムソンとデリラの物語に関係があるようです。(無責任 ^^;)
1943年に映画化されていますが、映画の中でこの曲が歌われるシーンは見当たりませんでした。



Delilah was a floozy
She never gave a damn
Delilah wasn't choosy
Till she fell for a swell buckaroo
Whose name was Sam

Delilah got in action
Delilah did her "kootch"
She gave him satisfaction
And he fell 'neath her spell
With the aid of love and "hootch"

But one day, so they tell us
His true wife, he did crave
Delilah, she got jealous
And she tracked him, and hacked him
And dug for Sam a grave

It's always that way with passion
So cowboy, learn to behave
Or else, you're liable to cash in
With no tombstone on your grave

Delilah, oh Delilah
She's no babe in the wood
Run cowboy, run a mile-ah
If you love that kind of woman
She'll do you no good

引用元はここ
http://www.sing365.com/music/lyric.nsf/Sam-And-Delilah-lyrics-Ella-Fitzgerald/45AE9687DC7498DF48256AAB000A0B41



"But Not for Me"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1930

曲情報については >>[39] をご覧ください。
この曲もミュージカル Girl Crazy で使われた曲です。

エラの歌唱はこの曲の名唱のひとつにあげられるでしょう。



"My One and Only (What Am I Gonna Do?)"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1927

曲情報については >>[64] をご覧ください。
エラにはこの曲の録音が何種類かあるようなのですが、このアルバムに入っているのはこの音源です。



"Let's Call the Whole Thing Off"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1937

曲情報については>>[46]をご覧ください。



"(I've Got) Beginner's Luck"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1937

この曲は映画Shall We Dance (1937) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0029546/?ref_=fn_al_tt_2
主演はフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースです。

あんまり耳にしない曲かもしれません。
歌詞の適当な和訳が見当たりませんでしたので、歌詞をじっくりと眺めてください。
1937年には各地にカジノがあったことがわかりますね。



At any gambling casino
From Monte Carlo to Reno
They tell you that a beginner
Comes out a winner

Beginner fishing for flounder
Will catch a 17 pounder
That's what I always heard
And thought absurd,

But now, I believe every word
For I've got beginner's luck
The first time that I'm in love
I'm in love with you

Gosh, I'm lucky
I've got beginner's luck
There never was such a smile
Or such eyes of blue

Gosh, I'm fortunate
The thing we've begun
Is much more than a pastime
For this time is the one

Where the first time is the last time
I've got beginner's luck
Lucky, through and through
'Cause the first time that I'm in love

I'm in love with you

The thing we've begun
Is much more than a pastime
For this time is the one
Where the first time is the last time

I've got beginner's luck
Lucky, through and through
'Cause the first time that I'm in love
Yes, the first time that I'm in love
Oh, the first time that I'm in love

I'm in love with you
I'm in love with you
I'm in love with you
I'm in love with you

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/ellafitzgerald/ivegotbeginnersluck.html

映画の1シーンです。
わんこがたくさん出てきます。
豪華客船にはわんこを連れて乗船できるんですね。



" (Oh Sweet and Lovely) Lady Be Good"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1924

曲情報については>>[20]をご覧ください。



"Nice Work If You Can Get It"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1937

曲情報については>>[48]をご覧ください。

いつ聴いても楽しい曲ですね。


"Things Are Looking Up"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1937

曲情報については>>[80]をご覧ください。



"Just Another Rhumba"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1937

この曲は映画 A Damsel in Distress (1937) のために書かれたのですが、使われませんでした。
https://en.wikipedia.org/wiki/A_Damsel_in_Distress

その後、映画 The Goldwyn Follies (1938) に使われたのですが、どうやらフィルム最後の仕上げでカットされてしまったという話です。
http://www.imdb.com/title/tt0030194/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Goldwyn_Follies

カタカナでルンバと書くと、ああ、あの感じの音楽だろうと大方の方は思われるのでしょうが、じつは "Rumba" と "Rhumba" があるのです。
(以前にどこかで書いたような記憶があるのですが…)

簡単に説明しますと

"Rumba" は19世紀にキューバで発展した音楽のスタイルです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Rumba

"Rhumba" は1930年代に米国で流行した音楽のスタイルで、キューバのソン (son cubano) という音楽を基にしています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Rhumba

具体的にどう違うかというのは、たくさん聞き込んでみないと判らないかもしれません(汗)

この曲は "Rhumba" の方になります。




文字数の関係で歌詞は別項にします。
歌詞の和訳は見当たりませんでした。
>>[112] "Just Another Rhumba"


It happened to me
On a trip to the West Indies
Oh, I'm all at sea
Since that trip to the West Indies

I'm jittery
I'm twittery
I guess I'm done for
I guess I'm through
And it's something about which there's nothing anyone can do

It isn't love
It isn't money trouble
It's a very funny trouble:

It's just another rhumba
But it certainly has my numb-bah
So much so, that I can't eat or slum-bah
Can you imagine anything dumb-bah?

Why did I have to plan a
Vacation in Havana?
Why did I take that trip
That made me lose my grip?
Oh! That piece of music laid me low
There it goes again:

Just another rhumba
Which I heard only last Septum-bah
I'm a wreck, why did I have to succumb-bah
Can you imagine anything dumb-bah?
Why did I have to succumb-bah
To that rhumba?

I'm the cucaracha, who just went blah
And gave up swinging ha-cha, ahah
At first it was devine-ah
But it turned out a Cuban Frankenstein-ah

It's got me by the throat-ah!
Oh, what's the antidote-ah?
It brought me woe and strife-ah
Oh, where's a gun or knife-ah?
It's the rhumba that blighted my life
There it goes again

Just another rhumba
But it certainly has my numb-bah
So much so, that I can't eat or slum-bah
Can you imagine anything dumb-bah?
Why did I have to succumb-bah
To that rhumba?

There it goes again
Just another rhumba
But it certainly has my numb-bah
So much so, that I can't eat or slum-bah
Can you imagine anything dumb-bah?
Why did I have to succumb-bah
To that rhumba?

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/ellafitzgerald/justanotherrhumba.html


"How Long Has This Been Going on"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1927

曲情報については >>[24] をご覧ください。


"S'wonderful"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1927

曲情報については >>[49] をご覧ください。


"The Man I Love"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1924

曲情報については >>[37] をご覧ください。


"That Certain Feeling"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1925

この曲はミュージカル(舞台) Tip-Toes (1925) で使われました。
https://www.ibdb.com/Production/View/9978
https://en.wikipedia.org/wiki/Tip-Toes

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をしっかりと眺めてください。
一目ぼれの歌ですね :-)
Grew sort of dizzy の 'dizzy' は「めまい」になるのでしょう。
そうすると Dizzy Gillespie は「めまいがするようなガレスピー」になる?(笑)



That certain feeling
The first time I met you
I hit the ceiling
I could not forget you

You were completely sweet
Oh, what could I do?
I wanted phrases
to sing his praises

That certain feeling
The one that they all know
No use concealing
I've got what they call love

Now we're together
Let's find out whether
You're feeling, that feeling too

I felt it happen
Just as you came in view
Grew sort of dizzy
Thought gee, who is he?

That certain feeling
I'm here to confess it
Is so appealing
No words can express it

I can not hide it
I must confide it
I'm feeling that feeling, too.

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/ellafitzgerald/thatcertainfeeling.html



"By Strauss"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1936

この曲はレビュー(舞台)The Show is On (1936) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-show/the-show-is-on-7978

また、後年、映画 An American in Paris (1951) でも使われています。
http://www.imdb.com/title/tt0043278/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/An_American_in_Paris_(film)

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

この曲が書かれた1936年当事で有名だった作曲家に、アーヴィング・バーリン、ジェローム・カーン、コール・ポーターそしてジョージ・ガーシュインがいたことがわかりますね。
ミュージカルの作曲家をぼろくそにけなして、ワルツ王シュトラウスの曲が最高と言っているのですが、作曲家のジョージ・ガーシュインを And Gershwin keeps pounding on tin と言っているのは傑作ですね。
このくだりは Tin Pan Alley にかけてあるように思います。



Away with the music of Broadway
Be off with your Irving Berlin
Oh I give no quarter to Kern or Cole Porter
And Gershwin keeps pounding on tin

How can I be civil when hearing this drivel
It's only for nightclubbin' souses
Oh give me the free 'n' easy waltz that is Vienneasy and
Go tell the band If they want a hand
The waltz must be Strauss's

Ya, ya ya, give me oom-pa-pah
When I want a melody
Lilting through the house
Then I want a melody
By Strauss
It laughs, it sings, the world is in rhyme
Swinging to three-quarter time

Let the Danube flow along
And the Fledermauss
Keep the wine and give me song
By Strauss

By Jove, by Jing, by Strauss is the thing
So I say to ha-cha-cha, heraus!
Just give me your oom-pa-pah, by Strauss!

Let the Danube flow along
And the Fledermauss
Keep the wine and give me song
By Strauss

By Jove, by Jing, by Strauss is the thing
So I say to ha-cha-cha, heraus!
Just give me your oom-pa-pah,

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/ellafitzgerald/bystrauss.html

映画の1シーンです。


"Someone to Watch Over Me"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1926

曲情報については>>[21] をご覧ください。

「私を見守ってくれる人」がいなければ「シュレーディンガーの猫」状態になる?──だいぶ外していますね(笑)



"The Real American Folk Song (Is a Rag)"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1918

この曲はミュージカル(舞台)Ladies First (1918) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/ladies-first-8787

ガーシュイン兄弟にとって初めてブロードウェイで使われた曲になるそうです。

彼等らしい曲名に見えますね :-)

歌詞の適当な和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Near Barcelona, the peasant crooned
The old traditional Spanish tunes
The Neapolitan street song sighs
You think of Italian skys

Each nation has a creative vein
Originating a native strain
With folk songs plaintive and others gay
In their own peculiar way

American folk songs, I feel
Have a much stronger appeal

The real American folksong is a rag
A mental jag
A rhythmic tonic for the chronic blues

The critics called it a "joke song" but now
They've changed their tune, and they like it, somehow

For it's innoculated with a syncopated sort of meter, sweeter
Than a classic strain, boy you can't remain, still or quiet, for it's a riot

The real American folksong
Is like a fountain of youth
You taste, and it elates you, and then, invigorates you
The real American folksong, the masses coaxed on, is a rag


The real American folksong is a rag
A mental jag
A rhythmic tonic for the chronic blues

The critics called it a "joke song" but now
They've changed their tune, and they like it, somehow

For it's innoculated with a syncopated sort of meter, sweeter
Than a classic strain, boy you can't remain, still or quiet, for it's a riot

The real American folksong
Is like a fountain of youth
You taste, and it elates you, and then, invigorates you
The real American folksong, is a rag


引用元はここ
https://genius.com/Ella-fitzgerald-the-real-american-folk-song-is-a-rag-lyrics

後年 (1992年)ガーシュインのミュージカル曲を集めたミュージカル Crazy for You (1992) でも使われています。
https://www.ibdb.com/broadway-production/crazy-for-you-4662
https://en.wikipedia.org/wiki/Crazy_for_You_(musical)

舞台の記録のようなのですが、2時間20分ほどの長さがあります。


"Who Cares?"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1931

この曲はミュージカル(舞台)Of Thee I Sing (1931) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/of-thee-i-sing-11468
https://en.wikipedia.org/wiki/Of_Thee_I_Sing

大スタンダード曲になっていますが、歌詞の適当な和訳が見当たりませんでした。
英詞をじっくりと眺めてください。



Let it rain and thunder,
Let a million firms go under.
I am not concerned with
Stocks and bonds that I've been burned with!

I love you and you love me
And that's how it will always be
And nothing else can ever mean a thing

Who cares what the public chatters
Love's the only thing that matters

Who cares if the sky cares to fall in the sea
Who cares what banks fail in Yonkers
Long as you've got a kiss that conquers?

Why should I care?
Life is one long jubilee,
So long as I care for you
And you care for me!

Who cares how history rates me
As long as your kiss intoxicates me?

Why should I care?
Life is one long jubilee,
So long as I care for you
And you care for me!

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/ellafitzgerald/whocares.html


"Looking for a Boy"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1925

曲情報については>>[72] をご覧ください。

エラはヴァースから歌っています。



"They All Laughed"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1937

曲情報については>>[70] をご覧ください。

エラはヴァースから歌っています。



"My Cousin in Milwaukee"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1932

この曲はミュージカル(舞台)Pardon My English (1933) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/pardon-my-english-11182
https://en.wikipedia.org/wiki/Pardon_My_English

ミュージカルのタイトルがタイトルなので、改めて確認しました。
Milwaukee は正しい綴りです。
以下は蛇足です。
ミルウォーキーはウィスコンシン州にある都市。同州最大の都市である。
ウィスコンシン州はアメリカ合衆国の中西部の最北に位置する州である。

「ミュンヘン、サッポロ、ミルウォーキー、旨いビールの合言葉…」
と歌われた街で、緯度が似ているようです。

現地の人は「ミルワッキー」と発音すると聞いたことがあります。


歌詞の和訳が見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Once I visited my cousin, in Milwaukee, USA
She got boyfriends by the dozen, when she sang in a lowdown way
She was a positive sensation
The songs that she sang would never miss
My cousin was my inspiration
That's how I got like this

I got a cousin in Milwaukee
She's got a voice so squawky
And though she's tall and kind of gawky
Oh, how she gets the men

Her singing isn't operatic
It's got a lot of static
What makes your heart get acrobatic
Nine times out of ten

When she sings hot, you can't be solemn
It sends the shivers up and down your spinal column
When she sings blue, the men shout, "What stuff!"
That baby is hot stuff

So if you like the way I sing songs,
If you think that I'm a wow
You can thank my squawky cousin from Milwaukee
Because she taught me how

When she sings hot, you can't be solemn
It sends the shivers up and down your spinal column
When she sings blue, the men shout, "What stuff!"
That baby is hot stuff

So if you like the way I sing songs,
If you think that I'm a wow
You can thank my squawky cousin from Milwaukee
Because she taught me how

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/ellafitzgerald/mycousininmilwaukee.html

ログインすると、残り84件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。