ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > コール・ポーター ソングブック

Standard Jazz Songコミュのコール・ポーター ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Cole Porter (June 9, 1891 – October 15, 1964)
https://en.wikipedia.org/wiki/Cole_Porter


コール・ポーターの作曲リストです。
http://songwritershalloffame.org/songs/C19

コール・ポーターが手がけたミュージカル(舞台)のリストです。
http://songwritershalloffame.org/songs/stage/C19

コール・ポーターが音楽を手がけた映画のリストです。
http://songwritershalloffame.org/songs/film_scores/C19

コール・ポーターは、ごく一部の例外を除いて、自身で作詞作曲を手がけています。


tamaeさんはコール・ポーターについて、いくつものすばらしいエッセイを書かれています。
ほのめかしの美学 < It's All Right with Me > 対訳ノート(21)
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2009/10/-its-all-right-with-me-21.html
寺井珠重の対訳ノート(17) Just One of Those Things (Cole Porter)
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2009/07/17-just-one-of-those-things-co.html
淑女の一分:Miss Otis Regrets (Cole Porter)
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2008/02/post-18.html

コール・ポーターの半生を描いた伝記的映画が作られています。
De-Lovely (2004) 邦題 : 『五線譜のラブレター』
http://www.imdb.com/title/tt0352277/
この映画は、リージョン2のDVDが出ています。

もう一つ、コール・ポーターの伝記的映画がありました。
Night and Day (1946) 邦題『夜も昼も』
http://www.imdb.com/title/tt0038776/?ref_=fn_al_tt_3
この映画は、リージョン2のDVDが出ています。




コール・ポーターの曲は「都会的」とも言える特長があって、"Love for sale"のように、日本の学校では紹介がためらわれそうな曲や "I Get a Kick Out of You"の歌詞の中に「コカイン」というフレーズが出てきて、後年は歌手によってその部分を変えて歌われたり、"It's All Right With Me"という「浮気の歌」があったり(粋な曲ですね)"Too Darn Hot"では「暑うてその気にもならんわなぁ」という曲があったりと、ニヤリとさせる曲がたくさんあります。




----------- この項は推敲中です --------------



reserved にありますのは、このトピックで未登場のアルバムです。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このトピックで詳しく取り上げていただけませんでしょうか

*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#96 - Mabel Mercer ‎/ Mabel Mercer Sings Cole Porter / RHINO(Atrantic) / 1951 - 1969.
#77 - Dionne Warwick ‎/ Sings Cole Porter / Arista / 1990
#60 - Patricia Barber / The Cole Porter Mix / Blue Note / 2007
#1 - Ella Fitzgerald / Sings the Cole Porter Song Book / Verve / 1956


*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Cole Porter Songbook】
 Bing Crosby Sings Cole Porter Songs
 Bobby Short / Bobby Short Loves Cole Porter / Guess Who's in
 Cheryl Bentyne / Cole Porter Songbook
 Daryl Sherman / Mississippi Belle: Cole Porter In The Quarter
 Dave Brubeck Quartet / Anything Goes: The Dave Brubeck Quartet Plays Cole Porter
 Ella Fitzgerald / Ella Loves Cole / Atrantic
 Ella Fitzgerald / Dream Dancing / Pablo (Ella Loves Cole / Atrantic のリイッシュー)
 Eri Ohno & the Great Jazz Trio / Easy to Love
 Ethel Merman / Something for the Boys
 Harry Allen / Cole Porter Songs
 Helen Merrill / Helen Merrill Sings Cole Porter
 James Melton / James Milton Sings George Gershwin and Cole Porter
 Janet Seidel / DeLovely: Live at the Woodfire
 Janet Seidel / Sweetest Live
 Julie London / All Through The Night
 Julie Wilson / Sings the Cole Porter Songbook
 Kiri Te Kanawa / Kiri Sings Porter
 Lee Konitz & Franco D'Andrea / Inside Cole Porter
 Leslie Hutchinson / Hutch sings Cole Porter
 New York Swing / New York Swing: Cole Porter
 Oscar Peterson / Oscar Peterson Plays Cole Porter
 PEARL BAILEY / SINGS THE COLE PORTER SONGBOOK
 Rebecca Luker / Anything Goes: Rebecca Luker Sings Cole Porter
 Rosemary Clooney / Rosemary Clooney Sings the Music of Cole Porter
 Salena Jones / I Love Paris ● Salena Jones Sings Cole Porter
 Spider Saloff / Cole Porter Live at Maxim's
 Stevie Holland / Love Linda: The Life of Mrs. Cole Porter
 Susannah McCorkle / Easy to Love: The Songs of Cole Porter


*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Ace in the Hole" (Cole Porter/1942) - (#48)
"After You" (Cole Porter/1932) - (#101)
"All of You" (Cole Porter/1954) - (#23, 90)
"All Through the Night" (Cole Porter/1934) - (#5)
"Anything Goes" (Cole Porter/1934) - (#12, 87)
"Begin the Beguine" (Cole Porter/1935) - (#24, 85)
"C'est Magnifique" (Cole Porter/1953) - (#68)
"Do I Love You?" (Cole Porter/1939) - (#18)
"Don't Fence Me In" (Cole Porter/Robert Fletcher & Cole Porter/1934) - (#52)
"(You'd Be So) Easy to Love" (Cole Porter/1934) - (#31, 61)
"Ev'ry Time We Say Goodbye" (Cole Porter/1944) - (#22, 98)
"Experiment" (Cole Porter/1933) - (#99)
"From This Moment On" (Cole Porter/1950) - (#27)
"Get Out of Town" (Cole Porter/1938) - (#25, 70)
"I Am Ashamed That Women Are So Simple" (Cole Porter/1948) - (#126)
"I Am in Love" (Cole Porter/1953) - (#26)
"I Concentrate on You" (Cole Porter/1940) - (#51, 56, 71, 91)
"I Get a Kick Out of You" (Cole Porter/1934) - (#17, 63, 80)
"I Love Paris" (Cole Porter/1953) - (#28, 79)
"I Wait for Late Afternoon and You" (Patricia Barber/2007) - (#62)
"I'm Always True to You in My Fashion" (Cole Porter/1948) - (#19)
"I've Got You Under My Skin" (Cole Porter/1936) - (#50, 83)
"In the Still of the Night" (Cole Porter/1937) - (#16, 72)
"It's All Right With Me" (Cole Porter/1953) - (#32, 86, 103)
"It's De-Lovely" (Cole Porter/1936) 1936 - (#39, 97)
"Just One of Those Things" (Cole Porter/1935) - (#21, 66, 92)
"Let's Do It (Let's Fall in Love)" (Cole Porter/1928) - (#20, 58)
"Looking at you" (Cole Porter/1928) - (#124)
"Love for Sale" (Cole Porter/1930) - (#38)
"Miss Otis Regrets" (Cole Porter/1934) - (#13, 74)
"The New Year's Eve Song" (Patricia Barber/2007) - (#75)
"Night and Day" (Cole Porter/1932) - (#47, 78, 94)
"Ours" (Cole Porter/1936) - (#100)
"Ridin' High" (Cole Porter/1936) - (#30)
"Snow" (Patricia Barber/2007) - (#67)
"So in Love" (Cole Porter/1948) - (#49, 81, 104)
"Too Darn Hot" (Cole Porter/1948) - (#14)
"What Is This Thing Called Love?" (Cole Porter/1929) - (#34, 73, 81)
"When Love Comes Your Way" (Cole Porter/1933 - (#125)
"Where Oh Where" (Cole Porter/1950) - (#102)
"Why Can't You Behave?" (Cole Porter/1948) - (#33)
"You Do Something to Me" (Cole Porter/1929) - (#29)
"You'd Be So Nice to Come Home To" (Cole Porter/1943) - (#93)
"You're the Top" (Cole Porter/1934) - (#35, 53, 57, 64, 82)


コメント(126)

"Anything Goes"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1934

曲情報については >>[12] をご覧ください。

なんとなくミュージカルの舞台用に聞こえそうな編曲です。



マイルスさん、エニシング・ゴーは、映画「インディジョーンズ2」のオープニングで使われていまひたよね。
>>[88]

そうでしたかっ!

実は、インディアナ・ジョーンズは1を見通すのが苦痛に感じたので、2までは見ていません(汗)
どうも、ナショナル・トレジャーやインティアナ・ジョーンズはわたしの肌には合わないようです ^^;

しかし、コール・ポーターには粋な曲がたくさんありますね。

日本のTVで不倫報道をするときに、バックで"It's All Right With Me" を流すぐらいのセンスがあれば思わずニヤリとできるのでしょうが…

"All of You"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1954

曲情報については >>[23] をご覧ください。


"I Concentrate on You"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1940

曲情報については >>[51] をご覧ください。



"Just One of Those Things"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1935

曲情報については >>[21] をご覧ください。

なかなか情感豊かに歌い上げています。


"You'd Be So Nice to Come Home To"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1943

曲情報については【クリフォード・ブラウン ソングブック】#14 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=79455382

実はこのアルバムには収録曲が異なる2種類があるようです。
多く出回っているものは、"You'd Be So Nice to Come Home To" が入っていなくて、代わりに"Just One of Those Things" が入っています。
私の手元にあるものも、多く出回っているものの方です。
理由はわかりませんが、この曲が入れ替わっている非常にレアなアルバムがあるようです。

>>[77] の収録曲リストを作るときに All Music のサイトからコピー&ペーストしたのですが、今まで気がついていませんでした(汗)
こういうのを怪我の功名とでも言うのでしょうか、まあ、儲かったとしておきましょう。

コール・ポーター ソングブックでは、この曲は初登場ですね。
有名すぎて取り入れられていないのかな?

リンク先の動画が、複数の音源を持っているのですが、この曲の動画だけを引っ張り出すことができませんでした。



"Night And Day (Jazz Version)"

>>[78] のジャズ・ヴァージョンとなっているのですが、伴奏だけジャズ風になっていて、ディオンヌの歌い方は変わっていないように聞こえるのですが…



これで
Dionne Warwick ‎– Sings Cole Porter
の全トラックが紹介できました。

さすが、コール・ポーターのクラスになるとソングブック・アルバムがたくさんありますね。
ぼちぼちと続けて行きたいと考えています。

リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、どうぞ、続けてご紹介ください。
次はこれにしましょう。

Mabel Mercer ‎/ Mabel Mercer Sings Cole Porter

Label : RHINO / Atrantic

Recorded in 1951 - 1969.

1. It's Delovely
2. Ev'ry Time We Say Goodbye
3. Experiment
4. Ours
5. After You
6. Where Oh Where
7. It's All Right With Me
8. So In Love
9. Looking At You
10. When Love Comes Your Way
11. I Am Ashamed That Women Are So Simple
12. Use Your Imagination
13. Ace In The Hole

Musicians.
Mabel Mercer (vo)

複数年のいくつかのセッションが収録されています。

メイベル・マーサーについては【いろいろなソングブック・アルバム】#271 - #275 に少し整理していますので、そちらをご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78767322

フランク・シナトラがこんな賛辞を送っている人です。
“Everything I know about phrasing I learned from Mabel Mercer.”
– Frank Sinatra

このアルバムは Atrantic に残っている彼女の録音の中からコール・ポーターが書いた曲を集めたもののようです。


このアルバムの特色としては、他の人のコール・ポーター・ソングブックには入っていないような曲がたくさん収録されているところにもあるでしょう。

"It's De-Lovely"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 : 1936

曲情報については >>[39] をご覧ください。

Stan Freeman, Cy Walter (p) ← Duo Pianos
Frank Carroll (b)

Recorded in 1954.



"Ev'ry Time We Say Goodbye"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1944

曲情報については >>[39] をご覧ください。

録音は >>[97] と同じです。



"Experiment"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1933

この曲はミュージカル(舞台)Nymph Errant (1933) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Nymph_Errant

コール・ポーターの伝記的映画 De-Lovely (2004) の中でも使われています。
https://en.wikipedia.org/wiki/De-Lovely

しかし、コール・ポーター作品の中ではもう一つ耳にしないような曲のように思えます。



Before you leave these portals
To meet less fortunate mortals
There's just one final message
I would give to you
You all have learned reliance
On the sacred teachings of science
So I hope, through life you never will decline
In spite of philistine
Defiance
To do what all good scientists do

Experiment
Make it your motto day and night
Experiment
And it will lead you to the light
The apple on the top of the tree
Is never too high to achieve
So take an example from Eve
Experiment
Be curious
Though interfering friends may frown,
Get furious
Aat each attempt to hold you down
If this advice you'll only employ
The future can offer you infinite joy
And merriment
Experiment
And you'll see

引用元はここ
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/e/experiment.shtml

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song535.html


"Ours"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1936

この曲はミュージカル(舞台)Red, Hot and Blue (1936) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-show/red-hot-and-blue-7423

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



The high gods above
Look down and laugh at our love,
And say to themselves,
"How tawdry it's grown!".
They've seen our cars
In front of so many bars,
When we should have been under the stars,
Together but alone!
Ours is the chance
To make romance
Our own!

Ours, the white Riviera under the moon.
Ours, a gondola gliding on a lagoon.
Ours, a temple serene by the green Arabian Sea,
Or maybe you'd rather be going out, buying gay Paree!

Ours, the silent sierras greeting the dawn,
Or a sun-spotted Devonshire lawn
Dotted with flowers.
Mine the inclination,
Yours the inspiration;
Why don't we take a vacation
And make it all ours?

Ours, the glitter of Broadway, Saturday night.
Ours, a box at the Garden watching a fight.
Ours, the mad, the brouhaha at the Plaza's Persian Room,
Or, if this fills you with gloom,
We can go and admire Grant's Tomb!

Ours, a home on the river facing the east,
Or in one of Park Avenue's least
Frightening towers.
Oh, this champion chattin'
Sounds to me like Latin!
Why don't we stay in Manhattan
And make it all -
Why don't we stay in Manhattan
And make it all ours?

引用元はここ
http://lyricsplayground.com/alpha/songs/o/ours_porter.shtml

あんまり耳にしない曲と思っていたのですが、リナ・ホーンが録音していました。





"After You"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1932

この曲はミュージカル(舞台)Gay Divorce (1932) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/gay-divorce-11688
https://en.wikipedia.org/wiki/Gay_Divorce

1934年には映画化されています。
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Gay_Divorcee

どちらも主演はフレッド・アステアです。
舞台の方は、彼の最後のブロードウェイ出演作のようで、その後、映画に専念するようになったようです。

曲名は "After You, Who?" としても知られています。



Though with joy I should be reeling
That at last you came my way,
There's no further use concealing
That I'm feeling far from gay,
For the rare allure about you
Makes me all the plainer see
How inane, how vain, how empty life without you would be.

Refrain:
After you, who
Could supply my sky of blue?
After you, who
Could I love?
After you, why
Should I take the time to try,
For who else could qualify
After you, who?
Hold my hand and swear
You'll never cease to care,
For without you there what could I do?
I could search years
But who else could change my tears
Into laughter after you?

引用元はここ
http://www.lyricsmania.com/after_you,_who_lyrics_cole_porter.html

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song534.html

舞台の主演、フレッド・アステアの音源がありました。
(映画かもしれません)



"Where Oh Where"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1950

ボケーっと曲名を眺めるだけだと、あの、有名なロジャース&ハートの "Where or When" (1937)と間違えてしまいます。

さらに悩ましいのは、この曲はミュージカル(舞台)Out of This World (1950) で使われた曲なのです。
https://www.ibdb.com/broadway-production/out-of-this-world-1898/#songs

"Out of this world" ならハロルド・アーレン&ジョニー・マーサーの有名な1944年の曲があります。

歌詞は見つかりましたが、和訳は見当たりませんでした。
じっくりと英詞を眺めてください。

メイベルの表現力をじっくりと聴いてください。



I often ask because I feel
I've every right to ask
Will time take on the task to reveal
Yes or no,
My beau ideal?

For even though when I'm abed
I dream he holds me tight
Awake, I never light on the man
I plan one day to wed.

Where, oh where
Is that combination so rare?
The cute night in armor,
Completely a charmer,
Who'd still be a millionare?

Where, oh where
Is that combination so rare?
A youth who is able to wrap me in sable,
Who'd still be a love affair?

I could accept a cottage small by a roaring waterfall,
Yet I'd much prefer a castle cool by a marble swimming pool.

But where, oh where
Is that combination so rare?
A highly admissable, kissable boy
To fill me with, practically kill me with joy?
Who'd still be a millionare?
Tell me, where, oh where, oh where?

引用元はここ
https://www.allmusicals.com/lyrics/outofthisworld/whereohwhere.htm

"It's All Right With Me"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1953

曲情報については >>[32] をご覧ください。

何度聴いても粋な曲ですねぇ…

メイベルの巻き舌が楽しいですね。



"So in Love"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 : 1948

曲情報については >>[49] をご覧ください。

何度聴いても、すてきな曲ですね(こればっかり──汗)


>>[104] この曲は、テレビ朝日系列の日曜洋画劇場のエンディング曲ですよねぇ。淀川長治さんが、解説してましたね。印象的な曲でしてしたね。(^^)
>>[105]

ををっ、そうだったのですかっ!

ところでどんな(誰の)演唱だったのでしょうか?

>>[106] googleで調べました。ソニーミュージックよりヒーリング・リラックス系のCDで「イマージュ」と言うコンピレーション・アルバムが出てました。その中に「ソーイング・ラブ」オリジナル曲、1951年物のモノラル演奏「イマージュ10」に入ってますね。2010年1月27日に発売してます。アマゾンにもありますよ。僕も欲しくなりましたね。(^^)
ソーイン・ラブは、ミュージカル「ミス・ケイト」の中での挿入歌です。(^^)
追伸 ソーイン・ラブを演奏していたのは、モートン・クールド楽団です。(^^)
>>[109]

Youtube に音源はありますでしょうか?

あれば紹介いただけませんでしょうか。
>>[110] 了解です。すみません、少し待ってくださいね。(^^)
>>[120]

ありがとうございます。

コメント欄の下にある youtube のアイコン(のつもり)をクリックして、URLを入力します。

こうすると直接貼り付けられますよ :-)




曲情報については >>[49] をご覧ください。
のリンク先に、歌詞、和訳、映画のクリップがあります。
特に、歌詞を味わってください。

>>[49] 最近スタンドが、好きになりましたね。(^^)
>>[121] ありがとうございます。非常に参考になります。色々と勉強しますね。(^^)
"Looking at you"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 : 1928

この曲はミュージカル(舞台)Wake Up and Dream (1929) のロンドン公演で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/wake-up-and-dream-11022
https://en.wikipedia.org/wiki/Wake_Up_and_Dream
上記のデータはブロードウェイ公演のものです。

しかし、リー・ワイリーも手がけていますので、かってはよく知られた曲だったのかもしれません。



(Verse)
I've gone afar, collecting objets d'art
I know the whole game by heart
Why, Joe Duveen
Will tell you what I mean
'Twas I who gave him his start
But since I looked, dear, in your direction
I've quite forgotten my art collection
To be exact
You simply prove the fact
That nature's greater than art

(Chorus)
Looking at you
While troubles are fleeing
I'm admiring the view
'Cause it's you I'm seeing
And the sweet honeydew
Of well-being
Settles upon me

What is this light
That shines when you enter
Like a star in the night?
And what's to prevent her
From destroying my sight
When you center
All of it on me?

Looking at you
I'm filled with the essence of
The quintessence of
Joy
Looking at you
I hear poets tellin' of
Lovely Helen of
Troy

Darling, my life was gray
I wanted to end it
Till that wonderful day
When you came to mend it
And if you'll only stay
Then I'll spend it
Looking at you

引用元はここ
https://genius.com/Cole-porter-looking-at-you-lyrics

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song39.html
"When Love Comes Your Way"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 : 1933

この曲はミュージカル(舞台)Nymph Errant (1933) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Nymph_Errant

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

このアルバムには、エラのコール・ポーター・ソングブックの35曲には入っていない曲がいくつもあります。



If ever to your road
Love comes to you one day
Remember what I say--
I've loved, I know

Love hates the sight of tears,
Love only cares for laughter,
So save your tears 'till after
Love disappears

When love comes your way,
Take every bit of joy you can borrow
Be carefree, be gay
Forget the past and say goodbye to sorrow

Simply live for today,
And never think at all of tomorrow,
For just when you are sure that love has come to stay,
Then love flies away...

引用元はここ
http://lyricstranslate.com/en/cole-porter-when-love-comes-your-way-lyrics.html

コール・ポーター自身が歌っている音源がありました。


"I Am Ashamed That Women Are So Simple"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 : 1948

この曲はミュージカル(舞台) Kiss Me, Kate (1948) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/2054
https://en.wikipedia.org/wiki/Kiss_Me,_Kate

このミュージカルでは "So in love", "Too darn hot" 等は有名なのですが、この曲はあんまり耳にしないような…

コール・ポーターの研究に役に立つ選曲をしてあるアルバムですね。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



I am ashamed the women a so simple
To offer war where they should kneel for peace,
Or seek for rule, supremacy, and sway
When they are bound to serve, love and obey.
Why are our bodies soft and weak and smooth,
Unapt to toil and trouble in the world,
But that our soft conditions and our hearts
Should well agree with our external parts?
So, wife, hold your temper and meekly put
Your hand 'neath the sole of your husband's foot,
In token of which duty, if he please,
My hand is ready,
Ready,
May it do him ease.

引用元はここ
https://www.allmusicals.com/lyrics/kissmekate/iamashamedthatwomenaresosimple.htm

1948年公演のオリジナルメンバーによる音源だそうです。


ログインすると、残り94件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。