ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > ビリー・ホリデイ ソングブック

Standard Jazz Songコミュのビリー・ホリデイ ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

ビリー・ホリデイ ソングブックの対象になる曲は、ビリー・ホリデイが作曲や作詞にかかわった曲だけではなく、ビリーのアルバムに入っていてよく聴かれた曲や、ビリーがステージでよく歌っていた曲で、曲名から、ビリーの十八番だったなぁとわかる曲を集めたもので、オムニバス盤ではなく、一人の歌手がアルバムとして作ったものになります。

新しいジャズファンや若いジャズファンにとっては、時代を感じさせる編曲や伴奏とビリーの唱法があいまってか、ビリー・ホリデイのどこがいいのかわからないという声を聞くことがあります。

また、ビリー・ホリデイの最晩年のアルバムにいたっては、夜中に隣の部屋で包丁を研ぐ鬼婆の声のように聞こえるという人もいます。

一方、自分自身でジャズを歌うことに取り組んでいる人たちは、いろんな人の歌唱を聴きこんで行くほど、ビリーの凄さが判ってくるという話をしてくれる人もいます。

しかし、国内外を問わず、プロの、それも実力のある歌手は、ビリー・ホリデイをジャズ史に残る大歌手として評価しています。
また、ビリー・ホリデイの影響を大きく受けた歌手はたくさんいます。

そして、ビリーと、ビリーの歌唱と同時代を生きてきたジャズファンにとっては、ビリーの偉大さは語るまでもないことと考えられています。

このトピックでは、ビリー・ホリデイ自身の歴史をたどるのではなく、ビリー・ホリデイ ソングブックを通じて、どれだけ多くの人たちがビリーに敬意を表して、ソングブック・アルバムを作ったかという点から、ジャズ史における偉大な歌手、ビリー・ホリデイを掘り起こすことが出来れば、と考えています。

ビリー・ホリデイ ソングブックはかなりの人たちが出しているようです。



Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Billie_Holiday

All Music (Biography)
http://www.allmusic.com/artist/billie-holiday-mn0000079016/biography



All Music (Discography)
http://www.allmusic.com/artist/billie-holiday-mn0000079016/discography

Discogs
http://www.discogs.com/artist/33589-Billie-Holiday

ビリー・ホリデイについては多くの書籍が出ています。
米amazon
http://www.amazon.com/s/ref=nb_sb_noss_1?url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=billie+holiday
日amazon
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%83%87%E3%82%A4

ビリー・ホリデイの伝記的映画 "Lady Sings the Blues"『邦題 : ビリーホリデイ物語』 (1972)が作られました。
http://www.imdb.com/title/tt0068828/?ref_=nv_sr_1
主演はダイアナ・ロスで、ダイアナはビリー・ホリデイの雰囲気を出しながら歌っていました。






ビリー・ホリデイが特に好きだった花はクチナシ (Gardenia) で、彼女の写真で髪に飾っているのはこの花です。

南風ふかば
 匂ひおこせよ くちなしの花
  あるじなしとて 歌を忘るな


tamaeさんはビリー・ホリデイについて、いくつものすばらしいエッセイを書かれています。
あなたの中のビリー・ホリディ(1)
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2010/03/post-91.html
あなたの中のビリー・ホリディ(2)
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2012/03/31-easy-living.html
ビリー・ホリディを彩る二人のアイリーン(1):Irene Kitchings
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2014/01/irene-kitchings.html
ビリー・ホリディを彩る二人のアイリーン(2):Irene Higginbotham
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2014/01/
対訳ノート(31)Don't Explain
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2011/05/dont-explain.html
「奇妙な果実」:カフェ・ソサエティにようこそ
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2013/02/post-175.html

U.C. Berkeley History Ph.D. candidate でもあり、ジャズ、ブルース歌手のキム・ナリーが、ビリー・ホリデイの生誕100年を記念してのソングブック・アルバムを出すにあたり、彼女が研究したビリー・ホリデイの人生と歌について、講演した動画がありました。
この動画をご覧いただきましたら、わたしのつたない解説は不要でしょう :-)





reserved にありますのは、このトピックで未登場のアルバムです。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このトピックで詳しく取り上げていただけませんでしょうか

*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#110 - Ranee Lee / Deep Song: A Tribute to Billie Holiday / Justin Time / 1989
#97 - Kim Nalley / Ballads for Billie / CE Jazz & Blues / 2006.
#79 - Lola Haag / Good Morning Heartache /Big Chair Records / 2002.
#65 - Dee Dee Bridgewater / Eleanora Fagan (1915-1959): To Billie with Love From Dee Dee / DDB Records / 2009
#45 - Carmen McRae / Sings Lover Man and Other Billie Holiday Classics / Essential Jazz Class / 1961
#34 - Abbey Lincoln / Abbey Sings Billie, Vol. 2 / enja /1987
#21 - Abbey Lincoln / Abbey Sings Billie / Live! at The U.J.C Volume 1 / enja / 1987
#1 - Nnenna Freelon / Blueprint of a Lady: Sketches of Billie Holiday / Concord Jazz / 2005.

*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Billie Holiday Songbook】
Annie Ross / To Lady With Love(feat. Bucky Pizzarelli & John Pizzarelli)
Carmen McRae / For Lady Day / 1984
Carmen McRae / For Lady Day, Vol. 2 / 1983
James Carter / Gardenias for Lady Day / 2003
Lee Konitz / Strings for Holiday
Mal Waldron / Blues For Lady Day (Personal Tribute To Billie Holiday)
Mal Waldron / Lullaby: Tribute to Lady Day
Monica Zetterlund / For Lester and Billie
Harry Allen / Rebecca Kilgore / Live at Feinstein's at Loews Regency
Priscilla Paris / Priscilla Loves Billy
Rosemary Clooney / Tribute To Billie Holiday
Terence Blanchard / The Billie Holiday Songbook
Webster Young / For Lady / 1957

*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Ain't Nobody's Business"(Porter Grainger & Everett Robbins/1922) - (#119)
"All of Me" (Gerald Marks/Seymour Simons/1931) - (#19, 67)
"Am I Blue?" (Harry Akst/Grant Clarke/1929) - (#83)
"Balm in Gilead" (黒人霊歌) - (#11)
"Body and Soul" (Johnny Green/Edward Heyman, Robert Sour and Frank Eyton/1930) - (#104)
"The Christmas Song" (Mel Tormé & Robert Wells/1945) - (#62)
"Come Rain or Come Shine" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1946) - (#91)
"Crazy He Calls Me" (Carl Sigman/Bob Russell/1949) - (#26, 68, 100, 113)
"Darn That Dream" (James Van Heusen/Edgar Delange/1939) - (#86)
"Don't Explain" (Billie Holiday/Arthur Herzog, Jr./1944) - (#6, 40, 72, 98)
"Easy Living"(Ralph Rainger/Leo Robin/1937) - (#117)
"Fine and Mellow" (Billie Holiday/1939) - (#73, 101)
"A Foggy Day (in London Town)" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#76)
"For All We Know" (John Frederick Coots/Sam M. Lewis/1934) - (#43)
"For Heaven's Sake" (Elise Bretton/Sherman Edwards/Donald Meyer/1946) - (#41)
"Gimme a Pigfoot (And a Bottle of Beer)" (Wesley Wilson/1933) - (#37)
"Gloomy Sunday" (Rezsö Seress/László Jávor & Sam M. Lewis/1933) - (#25)
"God Bless the Child" (Billie Holiday/Arthur Herzog, Jr./1939) - (#8, 39, 59, 75, 106, 115)
"Good Morning Heartache" (Irene Higginbotham & Dan Fisher/Ervin Drake/1946) - (#68, 85)
"I Cover the Waterfront" (Johnny Green/Edward Heyman/1933) - (#103)
"I Cried for You (Now It's Your Turn To Cry Over Me)" (Arthur Freed & Abe Lyman/Gus Arnheim/1923) - (#53)
"I Didn't Know What Time It Was" (Richard Rodgers/Lorenz Hart/1939) - (#2)
"(I Don't Stand) A Ghost of a Chance" (Victor Young/Bing Crosby & Ned Washington/1932) - (#84)
"I Only Have Eyes for You" (Harry Warren/Al Dubin/1934) - (#24)
"(I Wonder) Where Our Love Has Gone" (Buddy Johnson/1942) - (#111)
"I'll Be Seeing You" (Sammy Fain/Irving Kahal/1938) - (#30, 102)
"(I'm Afraid) The Masquerade Is Over" (Allie Wrubel/Herbert Magidson/1938) - (#92)
"I'm Glad There Is You" (Jimmy Dorsey/Paul Mertz/1941) - (#94)
"I'm Gonna Lock My Heart (And Throw Away the Key)" (Terry Shand/Jimmy Eaton/????) - (#48)
"If the Moon Turns Green" (George Cates/Bernie Hanighen/????) - (#59)
"Ill Wind" (Harold Arlen/Ted Koehler/1934) - #(32)
"In a Sentimental Mood" (Duke Ellington/Manny Kurtz (Manny Curtis)/1935) - (#87)
"Just One More Chance" (Arthur Johnston/Sam Coslow/1931) - (#89)
"Lady Sings the Blues" (Herbie Nichols/Billie Holiday/1956) - (#66)
"The Lady Sings the Blues" (Alec Wilder/William Engvic/1956) - (#66)
"Left Alone" (Mal Waldron/Billie Holiday/1959) - (#17)
"Little Brown Bird" (Nnenna Freelon/Brandon McCune/2005) - (#18)
"Lover Man" (Jimmy Davis/Roger Ram Ramirez/Jimmy Sherman/1941) - (#16, 28, 54, 69, 81, 107)
"The Man I Love" (George Gershwin/Ira Gershwin/1924) - (#105)
"Miss Brown to You" (Richard A. Whiting & Ralph Rainger/Leo Robin/1935) - (#50, 71)
"Mother's Son-In-Law" (Mann Holiner & Alberta Nichols/1933) - (#74)
"My Man" (Jacques Charles & Maurice Yvain/Albert Willemetz & Channing Pollock/1916) - (#51)
"No More" (Tutti Camarata/Bob Russell/1944) - (#38)
"Now or Never" (Billie Holiday/Curtis Reginald Lewis/1949) - (#15)
"Only You Will Know" (Nnenna Freelon/Brandon McCune/2005) - (#13)
"Please Don't Talk About Me When I'm Gone" (Sam H. Stept/Sidney Clare/1930) - (#42)
"She's (He's) Funny That Way" (Neil Moret/Richard A. Whiting/1928) - (#82)
"Some Other Spring" (Arthur Herzog, Jr./Irene Kitchings/????) - (#56)
"Somebody's on My Mind"(Billie Holiday & Arthur Herzog, Jr./1950) - (#116)
"Soul Eyes" (Mal Waldron/1957) - (#31)
"Strange Fruit" (Lewis Allan/1937) - (#9, 27, 49, 77, 108, 118)
"Them There Eves" (Maceo Pinkard/Doris Tauber & William Tracey/1930) - (#12, 46, 99, 120)
"These Foolish Things" (Jack Strachey & Harry Link/Eric Maschwitz/1936) - (#29)
"Trav'lin' Light" (Trummy Young & Jimmy Mundy/Johnny Mercer/1942) - (#55, 93)
"What a Little Moonlight Can Do" (Harry Woods/1934) - (#4, 22, 58, 114)
"When a Woman Loves a Man" (Bernie Hanighen & Gordon Jenkins/Johnny Mercer/1938) - (#112)
"Willow Weep For Me" (Ann Ronell/1932) - (#10)
"Yesterdays" (Jerome Kern/Otto Harbach/1933) - (#47)
"You Don't Know What Love Is" (Gene de Paul/Don Raye/1941) - (#90)
"You've Changed" (Carl Fischer/Bill Carey/1941) - (#14, 70)

コメント(120)

"Lover Man"

作曲・作詞 : Jimmy Davis / Roger Ram Ramirez / Jimmy Sherman
作曲年 1941

曲情報については >>[16] をご覧ください。



"She's Funny That Way"

作曲 : Neil Moret
作詞 : Richard A. Whiting
作曲年 1928

tamaeさんのすばらしい解説と対訳があります。
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2013/08/38she-hes-funny-that-way.html



I'm not much to look at
nothing to see
just glad I'm living
and lucky to be
I've got a man crazy for me
He's funny that way

I can't save a dollar
ain't worth a cent
he doesn't hollar
he'd live in a tent
I've got that man crazy for me
He's funny that way

Though he loves to work
And slave for me everyday
He'd be so much better off
If I went away
But why should I leave him
Why should I go
He'd be unhappy without me I know
I've got that man mad about me
He's funny that way

Never had nothing
No one to care
That's why I seem to have
More than my share
I've got a man crazy for me
He's funny that way

When I hurt his feelings
Once in a while
His only answer is one little smile
I've got a man crazy for me
He's funny that way

I can see no other way
And no better plan
End it all and let him go
To some better gal
But I'm only human
A coward at best
I'm more than certain
He'd follow me West
I've got a man crazy for me
He's funny that way

ビリー・ホリデイの音源です。


"Am I Blue?"

作曲 : Harry Akst
作詞 : Grant Clarke
作曲年 1929

作曲者の Harry Akst (August 15, 1894 – March 31, 1963) についてはこちらを
https://en.wikipedia.org/wiki/Harry_Akst

作詞者の Grant Clarke (May 14, 1891 – May 16, 1931) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Grant_Clarke


この曲はエセル・ウォーターズが歌ってヒットしたもので、ビリー・ホリデイも歌った曲です。

なんとなくビリー・ホリデイにぴったりの曲のような…



Am I blue, am I blue
Ain't these tears in my eyes telling you
Am I blue, you'd be too
If each plan with your man done fell through

Was a time I was his only one
But now I'm the sad and lonely one, lonely
Was I gay till today
Now he's gone and we're through, am I blue

Was I gay till today
Now he's gone and we're through, am I blue
Oh he's gone, he left me, am I blue

歌詞の和訳があります。
http://www.azlyrics.com/lyrics/billieholiday/amiblue.html

ビリー・ホリデイの音源です。


"(I Don't Stand) A Ghost of a Chance"

作曲 : Victor Young
作詞 : Bing Crosby & Ned Washington
作曲年 1932

作詞者のビング・クロスビーの1932年の録音が大ヒットし、その後、ジャズのスタンダード曲になっています。
ビング・クロスビーにはこういう才能もあったのですね。

いかにも英語らしい言い回しの曲名になっています。
直訳するとめちゃくちゃ面白いので、波輪伊庵留海孤さんに取り上げていただきたいなぁと…



I need your love so badly
I love you oh so madly
But I don't stand a ghost of a chance with you

I thought at last I found you
But other loves surround you
And I don't stand a ghost of a chance with you
If you'd surrender

Just for a tender
Kiss or two
You might discover
That I'm the lover

Meant for you
And I'd be true
But what's the good of scheming
I'm dreaming

歌詞の和訳があります。
http://blog.goo.ne.jp/keyagu575/e/144d94755682e113588ad220432ce3b6

ビリー・ホリデイの音源です。



"Good Morning Heartache"

作曲 : Irene Higginbotham / Dan Fisher
作詞 : Ervin Drake
作曲年 1946

曲情報については >>[68] をご覧ください。

このアルバムのタイトルにもなっています。

編曲、特にピアノが、ビリー・ホリデイの歌唱を思い浮かべさせてくれます。



"Darn That Dream"

作曲 : James Van Heusen
作詞 : Edgar Delange
作曲年 : 1939

曲情報については【フランク・シナトラ ソングブック】 #20 - 21 をご覧ください。




ビリー・ホリデイ 1957年の音源です。


"In a Sentimental Mood"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Manny Kurtz (Manny Curtis)
作曲年 1935

曲情報については【デューク・エリントン ソングブック】 #9 をご覧ください。

この曲をビリー・ホリデイが録音を残したか?少し調べてみたのですが、情報が出てきませんでした。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教えください。



"Crazy He Calls Me"

作曲 : Carl Sigman
作詞 : Bob Russell
作曲年 1949

曲情報については >>[26] をご覧ください。

ローラ・ハーグはこの曲の一番お気に入りのフレーズはここです、と言っています(同感!)
The difficult I'll do right now
The impossible will take a little while



"Just One More Chance"

作曲 : Arthur Johnston
作詞 : Sam Coslow
作曲年 1931

この曲は映画 One More Chance (1931) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0022230/?ref_=fn_al_tt_5
https://en.wikipedia.org/wiki/One_More_Chance_(1931_film)
主演はビング・クロスビーで、彼自身が映画の中で歌っています。

作曲者と作詞者については次をご覧ください。
Arthur Johnston
https://en.wikipedia.org/wiki/Arthur_Johnston_(composer)

Sam Coslow
https://en.wikipedia.org/wiki/Sam_Coslow

ローラは、「この許しを願うというのは現代的ではないけれど…」と言っています。



Just one more chance
To prove it's you alone I care for
Each night I say a little prayer for
Just one more chance

Just one more night
To taste the kisses that enchant me
I'd want no others if you'd grant me
Just one more chance

I've learned the meaning of repentance
Now you're the jury at my trial
I know that I should serve my sentence
Still I'm hoping all the while
You'll give me

Just one more word
I said that I was glad to start out
But now I'm back to cry my heart out
For just one more chance

I know that I should serve my sentence
Still I'm hoping all the while
You'll give me

Just one more word
I said that I was glad to start out
But now I'm back to cry my heart out
For just one more chance

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/billieholiday/justonemorechance.html

もう一回チャンスを与えてほしいな
僕の好きなのはきみだけだと証明する機会をね
毎晩その機会を与えてほしいと
願いつづけているんだ
ほんとうにもう一晩だけ
僕を魅了したあのキスを味あわせてほしいな
ただ一度だけでいいから僕にチャンスを与えてくれたら
ほかの人のことなんか考えないよ

悔悛という言葉の意味を厭というほど判らせられたよ
今じゃきみは僕の裁判の陪審員だね
僕がこの孤独という刑期をつとめねばならないのは判っている
でもやっぱり僕はいつも願っている

たった一言でいいからきみが僕に語りかけてくれるのを
もう一度やりなおせたら嬉しいと言ったけど
もう今は心のかぎり泣き叫んでも
そのもう一回のチャンスがほしいんだ

  村尾陸男『ジャズ詩大全』より

ビリー・ホリデイの音源です。



映画の1シーンです。


"You Don't Know What Love Is"

作曲 : Gene de Paul
作詞 : Don Raye
作曲年 1941

この曲は映画Keep 'Em Flying (1941) のために書かれたのですが、公開前にこの曲が歌われるシーンは削除されたそうです。
http://www.imdb.com/title/tt0033781/?ref_=fn_al_tt_1

その後、映画Behind the Eight Ball (1942) でも使われ、こちらは曲が歌われるシーンは残ったそうです。
http://www.imdb.com/title/tt0034500/?ref_=fn_al_tt_1

Gene de Paul (June 17, 1919 – February 27, 1988)についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Gene_de_Paul

Don Raye (March 16, 1909 – January 29, 1985)についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Don_Raye

非常に陰鬱な感じの曲ですが日本人受けする名曲ですね。
多くの人たちによって手がけられています。

わたしがこの曲を初めて耳にしたのはソニー・ロリンズの演奏で、そのときに心をグサッと刺されたような感じを受けたことをいまだに覚えています。



You don't know what love is
Til you’ve learned the meaning of the blues
Until you’ve loved a love you've had to lose
You don't know what love is
You don't know how lips hurt
Until you've kissed and had to pay the cost
Until you've flipped your heart and you have lost
You don't know what love is

Do you know how a lost heart fears
The thought of reminiscing
And how lips that taste of tears
Lose their taste for kissing

You don't know how hearts burn
For love that cannot live yet never dies
Until you've faced each dawn with sleepless eyes
You don't know what love is

You don't know how hearts burn
For love that cannot live yet never dies
Until you've faced each dawn with sleepless eyes
You don't know what love is

引用元はこちら
http://www.bluesforpeace.com/lyrics/dont-know-love.htm

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20061112

ビリー・ホリデイ晩年の録音です。
鬼気迫るものがありますね。


"Come Rain or Come Shine"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1946

この曲はミュージカル(舞台)St. Louis Woman (1946) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/1782
https://en.wikipedia.org/wiki/St._Louis_Woman

ハロルド・アーレンとジョニー・マーサーのコンビが書いた名曲ですね。
大スタンダード曲になっています。



I'm gonna love you like nobody's loved you come rain or come shine
High as a mountain and deep as a river come rain or come shine
I guess when you met me it was just one of those things
But don't ever bet me cause I'm gonna be true if you let me

You're gonna love me like nobody's loved me come rain or come shine
Happy together unhappy together and won't it be fine?
Days may be cloudy or sunny
We're in or we're out of the money

But I'm with you always, I'm with you rain or shine

I'm gonna love you like nobody's loved you come rain or come shine
High as a mountain deep as a river come rain or come shine
I guess when you met me it was just one of those things
But don't ever bet me cause I'm gonna be true if you let me

You're gonna love me like nobody's loved me come rain or come shine
Happy together unhappy together and won't it be fine?
Days may be cloudy or sunny
We're in or we're out of the money.

But I'll love you always, I'm with you rain or shine

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/b/billie+holiday/come+rain+or+come+shine_20018040.html

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20080716

ビリー・ホリデイ1955年の音源です。


"(I'm Afraid) The Masquerade Is Over"

作曲 : Allie Wrubel
作詞 : Herbert Magidson
作曲年 1938

作曲者・作詞者についてはこちらをご覧ください。
Elias Paul "Allie" Wrubel (January 15, 1905 – December 13, 1973)
https://en.wikipedia.org/wiki/Allie_Wrubel

Herbert A. "Herb" Magidson (January 7, 1906 – January 2, 1986)
https://en.wikipedia.org/wiki/Herb_Magidson

なかなかいい曲なのですが、どうやらビリー・ホリデイ自身は歌ったけれども録音を残していないようです。
しかし、ビリー・ホリデイの生涯を考えると、きっと彼女自身の体験が詰まっているんじゃないかと…

ローラ・ハーグのこの歌唱は特に情感がこもっているように聞こえます。

パリアッチというのはオペラ『道化師』に登場する旅回り一座の座長の名前で、道化役を演じています。



My blue horizon is turning grey
And my dreams are drifting away

Your eyes don't shine like they used to shine
And the thrill is gone when your lips meet mine
I'm afraid the masquerade is over
And so is love, and so is love

Your words don't mean what they used to mean
They were once inspired, now they're just routine
I'm afraid the masquerade is over
And so is love, and so is love

I guess I'll have to play Pagliacci
And get myself a clown's disguise
And learn to laugh like Pagliacci
With tears in my eyes

You look the same, you're a lot the same
But my heart says "no, no, you're not the same"
I'm afraid the masquerade is over
And so is love, and so is love

I guess I'll have to play Pagliacci
And get myself a clown's disguise
And learn to laugh like Pagliacci
With tears in my eyes

You look the same, you're a lot the same
But my heart says "No, no, you're not the same"
I'm afraid the masquerade is over
And so is love, and so is love

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/im-afraid-the-masquerade-is-over-lyrics-etta-james.html

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song383.html

"Trav'lin' Light"

作曲 : Trummy Young / Jimmy Mundy
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1942

曲情報については >>[55] をご覧ください。

恋が終わってもちっとも悲しくなくて
No one to see, 'm free as the breeze
という心境の歌なのですね。


"I'm Glad There Is You"

作曲 : Jimmy Dorsey
作詞 : Paul Mertz
作曲年 1941

この曲は多くの人たちの希望を歌った曲、お互いに年をとってから"I'm Glad There Is You"といえたらいいな、という内容になるのではないでしょうか。

この曲もビリー・ホリデイ自身の録音は無いようです。



In this world
Of ordinary people
Extraordinary people
I'm glad there is you
In this world
Of overrated pleasures
Of underrated treasures
I'm glad there is you
I live to love
I love to live with you
Beside me
This role so new
I'll muddle through
With you to guide me

In this world
Where many, many,
Play at love
And hardly any
Stay in love
I'm glad there is you
More than ever
I'm glad there is you

In this world
Where many, many
Play at love
And hardly any
Stay in love
I'm glad there is you
More than ever
I'm glad there is you

引用元はここ
http://lyrics.wikia.com/wiki/Sarah_Vaughan:I%27m_Glad_There_Is_You

歌詞の和訳があります。
http://ameblo.jp/masami-endo/entry-10800291418.html

"God Bless the Child"

作曲・作詞 : Billie Holiday / Arthur Herzog, Jr.
作曲年 1939

曲情報については >>[8] をご覧ください。



これで
Lola Haag / Good Morning Heartache
の全トラックの紹介ができました。

トピックの説明をご覧いただくとわかりますように、ビリー・ホリデイのソングブックはまだまだたくさんあります。

ぼちぼちと取り上げていきましょう。
次はこれにしましょう。

Kim Nalley / Ballads for Billie

Label : CE Jazz & Blues

Recorded in 2006.

1. Don't Explain
2. Them There Eyes
3. Crazy He Calls Me
4. Fine and Mellow
5. I'll Be Seeing You
6. I Cover the Waterfront
7. Body and Soul
8. The Man I Love
9. God Bless the Child
10. Lover Man
11. Strange Fruit

Musicians.
Kim Nalley (vo)
Tammy Hall (p)

トピックの説明の動画をご覧ください。
U.C. Berkeley History Ph.D. candidate でもあり、ジャズ、ブルース歌手のキム・ナリーが、ビリー・ホリデイの生誕100年を記念してのソングブック・アルバムです。

ライナー・ノーツがまったくありません。
しかし、おなじみの極が並んでいます。

キム・ナリーについては【気になる現代の歌姫たち】 #75 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=2&id=78105808

"Don't Explain"

作曲・作詞 : Billie Holiday / Arthur Herzog, Jr.
作曲年 1944

曲情報については >>[6] をご覧ください。

なかなか聞かせてくれますね。


"Them There Eves"

作曲 : Maceo Pinkard
作詞 : Doris Tauber / William Tracey
作曲年 1930

曲情報については >>[12] をご覧ください。



"Crazy He Calls Me"

作曲 : Carl Sigman
作詞 : Bob Russell
作曲年 1949

曲情報については >>[26] をご覧ください。


"Fine and Mellow"

作曲・作詞 : Billie Holiday
作曲年 1939

曲情報については >>[73] をご覧ください。



"I'll Be Seeing You"

作曲 : Sammy Fain
作詞 : Irving Kahal
作曲年 1938

曲情報については >>[30] をご覧ください。

いい曲ですね :-)


"I Cover the Waterfront"

作曲 : Johnny Green
作詞 : Edward Heyman
作曲年 1933

曲情報については【スタンダードソングタイトルの、名迷訳】#13 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=79299384



ビリー・ホリデイの音源です。


"Body and Soul"

作曲 : Johnny Green
作詞 : Edward Heyman, Robert Sour and Frank Eyton
作曲年 1930

曲情報については【スタンダードソングタイトルの、名迷訳】#89 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=2&id=79299384



ビリー・ホリデイの音源です。


"The Man I Love"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1924

曲情報については【ジョージ・ガーシュイン ソングブック】#37 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78819952



ビリー・ホリデイの音源です。



"God Bless the Child"

作曲・作詞 : Billie Holiday / Arthur Herzog, Jr.
作曲年 1939

曲情報については >>[8] をご覧ください。


"Lover Man"

作曲・作詞 : Jimmy Davis / Roger Ram Ramirez / Jimmy Sherman
作曲年 1941

曲情報については >>[16] をご覧ください。



"Strange Fruit"

作曲・作詞 : Lewis Allan
作曲年 1937

曲情報については >>[9] をご覧ください。



これで
Kim Nalley / Ballads for Billie
の全トラックが紹介できました。


U.C. Berkeley History Ph.D. candidate でもあり、ジャズ、ブルース歌手のキム・ナリーが、ビリー・ホリデイの生誕100年を記念してのソングブック・アルバムを出すにあたり、ビリー・ホリデイを研究した成果が詰まったアルバムといえるでしょう。

トピックの説明に、彼女の研究発表の動画がありますので、改めてご覧になってください。


さて、ビリー・ホリデイのソングブックはまだまだあります。
引き続き、ボチボチと取り上げて行きたいと思っています。
次はこれにしましょう。

Ranee Lee / Deep Song: A Tribute to Billie Holiday

Label : Justin Time

Recorded in October 1989.

1. (I Wonder) Where Our Love Has Gone (Buddy Johnson)
2. When a Woman Loves a Man (Bernie Hanighen / Gordon Jenkins / Johnny Mercer)
3. Crazy He Calls Me (Bob Russell / Carl Sigman)
4. What a Little Moonlight Can Do (Harry Woods)
5. God Bless the Child (Billie Holiday / Arthur Herzog, Jr.)
6. Somebody's on My Mind (Billie Holiday / Arthur Herzog, Jr.)
7. Easy Living (Ralph Rainger / Leo Robin)
8. Strange Fruit (Lewis Allan)
9. Ain't Nobody's Business (Porter Grainger / Everett Robbins)
10. Them There Eyes (Maceo Pinkard / Doris Tauber / William Tracey)
11. Don't Explain (Billie Holiday / Arthur Herzog, Jr.)
12. Deep Song (George Cory / Douglass Cross)

Musicians
Ranee Lee (vo)
Richard Ring (g)
Olver Jones (p)
Milt Hinton (b)
Richard Beauder (sax, fl)
Archie Alleyne (ds)

レイニー・リーについては【気になる現代の歌姫たち】#127 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78105808
加の歌姫です。

いままで見てきたソングブック・アルバムは、そこそこの経験を積んだ人で、アルバムを何枚か出した後にソングブック・アルバムを作るというパターンが多かったのですが、自身のデビューアルバムがソングブック、それもビリー・ホリデイのものというのは珍しいのではないでしょうか。
自身の歌唱スタイルが誰の影響を受けたもので、どのような方向を目指すのかを強く主張しているのかもしれませんね。

彼女のことはもっともっと皆さんに知ってもらいたいと思うくらいの歌の上手い、すばらしい人です。

"(I Wonder) Where Our Love Has Gone"

作曲・作詞 : Buddy Johnson
作曲年 1942

作曲者の "Buddy" Johnson (January 10, 1915 – February 9, 1977) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Buddy_Johnson

このアルバムがリリースされたのはレイニーが27歳くらいの頃になるんですね。
充分にプロとしての経験を積んで、一番溌剌としていた年齢になるのでしょう。
上手すぎ!!

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



All I know is that I'm in love with you
Even though you say that we are through
I know without your love I just can't go on
I wonder where our love has gone

Always thought you'd love me more and more
Never dreamed you'd ever let me go
I know without your love I just can't go on
I wonder where our love has gone

Oh what did I do, and what did I say
Never could lead you to treat me this way
If I've been untrue I'm willing to pay
Darling, if that's not enough I'll do anything you say

So darling, please, wherever you may be
Hear my plea, hurry home to me
I know without your love I just can't go on
I wonder where our love has gone

Oh what did I do, and what did I say
Never could lead you to treat me this way
If I've been untrue I'm willing to pay
Darling, if that's not enough I'll do anything you say

So darling, please, wherever you may be
Hear my plea, hurry back to me
I know without your love I just can't go on
I wonder where our love has gone

引用元はここ
http://lyrics.wikia.com/wiki/Billie_Holiday:I_Wonder_Where_Our_Love_Has_Gone

ビリー・ホリデイの音源です。



"When a Woman Loves a Man"

作曲 : Bernie Hanighen / Gordon Jenkins
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1938

曲情報については【ジョニー・マーサー ソングブック】#72 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78960498
現代の歌姫たち【カラブリア・フォティ】#32 も合わせてごらんください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=76564412

いいですねぇ…



ビリー・ホリデイの音源です。



"Crazy He Calls Me"

作曲 : Carl Sigman
作詞 : Bob Russell
作曲年 1949

曲情報については>>[26] をご覧ください。

何度聴いても楽しい歌ですね :-)

ここの1節が大好きです。
The difficult I'll do right now
The impossible will take a little while

Olver Jones (p) が誰かの演奏を思い出させるのですが、誰だったか、名前が出てきません ^^;



"What a Little Moonlight Can Do"

作曲・作詞 : Harry Woods
作曲年 1934

曲情報については>>[4] をご覧ください。

意表をつく導入部から始まる編曲です。

レイニーのうまさが伝わってきますね :-)



"God Bless the Child"

作曲・作詞 : Billie Holiday / Arthur Herzog, Jr.
作曲年 1939

曲情報については >>[8] をご覧ください。



このアルバムの録音は1989年なのですが、2013年頃の彼女のライブ動画がありました。
彼女の円熟ぶりをしっかりと聴いてみましょう。



"Somebody's on My Mind"

作曲・作詞 : Billie Holiday / Arthur Herzog, Jr.
作曲年 1950

この曲についての Bobby Tucker の説明があります。
http://www.billieholiday.com/portfolio/somebodys-on-my-mind/

ビリーがかかわった曲の中では、あんまり耳にしない曲かもしれません。
(その加減か)歌詞の和約は見当たりませんでした。

この1節にある曲 "The Lasting Time" は調べたのですが判りませんでした。
Like an old sweet song, "The Lasting Time"
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらお教えいただけませんでしょうか。



Somebody's on my mind
Like an old sweet song, "The Lasting Time"
Somebody's on my mind
So I'm walking on clouds on a silver line

To dream my dream could be my mistake
But I'd rather be wrong
And sleep right along than wake
Love may be blind I'll take my chances
That it cares this affair, my real romance
That's why you'll find somebody's on my mind

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/b/billie+holiday/somebodys+on+my+mind_20017802.html

ビリー・ホリデイの音源です。


"Easy Living"

作曲 : Ralph Rainger (7 Oct. 1901 - 23 Oct. 1942)
作詞 : Leo Robin (6 Apr. 1900 - 29 Dec. 1984)
作曲年 : 1937

この曲については【愛しちゃったのよ! その2】#914- で展開していますので、曲情報についてはそちらをご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=19&id=75023587



"Strange Fruit"

作曲 : Lewis Allan
作詞 : Lewis Allan
作曲年 1937


曲情報については>>[9] をご覧ください。

レイニー・リーは、抑えた抑えた調子で歌っています。
もし歌詞が聞き取れなければ、こんな内容の歌と判らずに聞きこんでしまう人が出てくるかもしれませんね ^^;




"Ain't Nobody's Business"

作曲・作詞 : Porter Grainger & Everett Robbins
作曲年 1922

作曲者たちについてはこちらをご覧ください。

Porter Grainger (October 22, 1891 − 1955)
https://en.wikipedia.org/wiki/Porter_Grainger

Everett Robbins
https://en.wikipedia.org/wiki/Everett_Robbins

元々の曲名は "Tain't Nobody's Biz-ness if I Do"です。
https://en.wikipedia.org/wiki/Ain%27t_Nobody%27s_Business

1920年代のブルース曲の中でも、最初にスタンダード・ブルース曲になりました。

しかし、レイニー・リーは上手いですねぇ…



There ain't nothin' I can do or nothin' I can say
That folks don't criticize me but I'm going to do
Just as I want to anyway
And don't care just what people say

If I should take a notion, to jump into the ocean
Ain't nobody's business if I do
If I go to church on Sunday, then cabaret all day Monday
Ain't nobody's business if I do

If my man ain't got no money and I say, "Take all of mine, honey"
Ain't nobody's business if I do
If I give him my last nickel and it leaves me in a pickle
Ain't nobody's business if I do

Well, I'd rather my man would hit me
Than follow him to jump up and quit me
Ain't nobody's business if I do
I swear I won't call no copper, if I'm beat up by my papa
Ain't nobody's business if I do, nobody's business
Ain't nobody's business, nobody's business if I do

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/billieholiday/aintnobodysbusinessifido.html

歌詞の和訳があります。
解説がかなり掘り下げたものになっています。
http://blog.goo.ne.jp/stratbrondie/e/d056b7ccda8f807659efa7b5ca1db005

ビリー・ホリデイの音源です。





"Them There Eves"

作曲 : Maceo Pinkard
作詞 : Doris Tauber / William Tracey
作曲年 1930

曲情報については>>[12] をご覧ください。

レイニー・リーのスイング感が素晴らしいですね。
Richard Beauder (ts)もよく歌っています。


ログインすると、残り80件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。