ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > ビリー・ホリデイ ソングブック

Standard Jazz Songコミュのビリー・ホリデイ ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

ビリー・ホリデイ ソングブックの対象になる曲は、ビリー・ホリデイが作曲や作詞にかかわった曲だけではなく、ビリーのアルバムに入っていてよく聴かれた曲や、ビリーがステージでよく歌っていた曲で、曲名から、ビリーの十八番だったなぁとわかる曲を集めたもので、オムニバス盤ではなく、一人の歌手がアルバムとして作ったものになります。

新しいジャズファンや若いジャズファンにとっては、時代を感じさせる編曲や伴奏とビリーの唱法があいまってか、ビリー・ホリデイのどこがいいのかわからないという声を聞くことがあります。

また、ビリー・ホリデイの最晩年のアルバムにいたっては、夜中に隣の部屋で包丁を研ぐ鬼婆の声のように聞こえるという人もいます。

一方、自分自身でジャズを歌うことに取り組んでいる人たちは、いろんな人の歌唱を聴きこんで行くほど、ビリーの凄さが判ってくるという話をしてくれる人もいます。

しかし、国内外を問わず、プロの、それも実力のある歌手は、ビリー・ホリデイをジャズ史に残る大歌手として評価しています。
また、ビリー・ホリデイの影響を大きく受けた歌手はたくさんいます。

そして、ビリーと、ビリーの歌唱と同時代を生きてきたジャズファンにとっては、ビリーの偉大さは語るまでもないことと考えられています。

このトピックでは、ビリー・ホリデイ自身の歴史をたどるのではなく、ビリー・ホリデイ ソングブックを通じて、どれだけ多くの人たちがビリーに敬意を表して、ソングブック・アルバムを作ったかという点から、ジャズ史における偉大な歌手、ビリー・ホリデイを掘り起こすことが出来れば、と考えています。

ビリー・ホリデイ ソングブックはかなりの人たちが出しているようです。



Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Billie_Holiday

All Music (Biography)
http://www.allmusic.com/artist/billie-holiday-mn0000079016/biography



All Music (Discography)
http://www.allmusic.com/artist/billie-holiday-mn0000079016/discography

Discogs
http://www.discogs.com/artist/33589-Billie-Holiday

ビリー・ホリデイについては多くの書籍が出ています。
米amazon
http://www.amazon.com/s/ref=nb_sb_noss_1?url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=billie+holiday
日amazon
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%83%87%E3%82%A4

ビリー・ホリデイの伝記的映画 "Lady Sings the Blues"『邦題 : ビリーホリデイ物語』 (1972)が作られました。
http://www.imdb.com/title/tt0068828/?ref_=nv_sr_1
主演はダイアナ・ロスで、ダイアナはビリー・ホリデイの雰囲気を出しながら歌っていました。






ビリー・ホリデイが特に好きだった花はクチナシ (Gardenia) で、彼女の写真で髪に飾っているのはこの花です。

南風ふかば
 匂ひおこせよ くちなしの花
  あるじなしとて 歌を忘るな


tamaeさんはビリー・ホリデイについて、いくつものすばらしいエッセイを書かれています。
あなたの中のビリー・ホリディ(1)
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2010/03/post-91.html
あなたの中のビリー・ホリディ(2)
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2012/03/31-easy-living.html
ビリー・ホリディを彩る二人のアイリーン(1):Irene Kitchings
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2014/01/irene-kitchings.html
ビリー・ホリディを彩る二人のアイリーン(2):Irene Higginbotham
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2014/01/
対訳ノート(31)Don't Explain
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2011/05/dont-explain.html
「奇妙な果実」:カフェ・ソサエティにようこそ
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2013/02/post-175.html

U.C. Berkeley History Ph.D. candidate でもあり、ジャズ、ブルース歌手のキム・ナリーが、ビリー・ホリデイの生誕100年を記念してのソングブック・アルバムを出すにあたり、彼女が研究したビリー・ホリデイの人生と歌について、講演した動画がありました。
この動画をご覧いただきましたら、わたしのつたない解説は不要でしょう :-)





reserved にありますのは、このトピックで未登場のアルバムです。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このトピックで詳しく取り上げていただけませんでしょうか

*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#152 - Etta James / Mystery Lady: Songs of Billie Holiday / Private Music / 1994
#141 - Etta Jones / Etta Jones Sings Lady Day / HighNote Records / 2001
#127 - Annie Ross / To Lady With Love / Red Anchor Records / 2013
#110 - Ranee Lee / Deep Song: A Tribute to Billie Holiday / Justin Time / 1989
#97 - Kim Nalley / Ballads for Billie / CE Jazz & Blues / 2006.
#79 - Lola Haag / Good Morning Heartache /Big Chair Records / 2002.
#65 - Dee Dee Bridgewater / Eleanora Fagan (1915-1959): To Billie with Love From Dee Dee / DDB Records / 2009
#45 - Carmen McRae / Sings Lover Man and Other Billie Holiday Classics / Essential Jazz Class / 1961
#34 - Abbey Lincoln / Abbey Sings Billie, Vol. 2 / enja /1987
#21 - Abbey Lincoln / Abbey Sings Billie / Live! at The U.J.C Volume 1 / enja / 1987
#1 - Nnenna Freelon / Blueprint of a Lady: Sketches of Billie Holiday / Concord Jazz / 2005.

*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Billie Holiday Songbook】
Anita O'Day / Trav'lin' Light
Carmen McRae / For Lady Day / 1984
Carmen McRae / For Lady Day, Vol. 2 / 1983
James Carter / Gardenias for Lady Day / 2003
Lee Konitz / Strings for Holiday
Mal Waldron / Blues For Lady Day (Personal Tribute To Billie Holiday)
Mal Waldron / Lullaby: Tribute to Lady Day
Monica Zetterlund / For Lester and Billie
Priscilla Paris / Priscilla Loves Billy
Rebecca Kilgore / Live at Feinstein's at Loews Regency
Rosemary Clooney / Tribute To Billie Holiday
Terence Blanchard / The Billie Holiday Songbook
Webster Young / For Lady / 1957

*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Ain't Nobody's Business"(Porter Grainger & Everett Robbins/1922) - (#119)
"All of Me" (Gerald Marks/Seymour Simons/1931) - (#19, 67, 143)
"Am I Blue?" (Harry Akst/Grant Clarke/1929) - (#83)
"Balm in Gilead" (黒人霊歌) - (#11)
"Body and Soul" (Johnny Green/Edward Heyman, Robert Sour and Frank Eyton/1930) - (#104)
"But Beautiful" (Jimmy Van Husen/Johnny Burke/1947) - (#144)
"The Christmas Song" (Mel Tormé & Robert Wells/1945) - (#62)
"Come Rain or Come Shine" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1946) - (#91)
"Crazy He Calls Me" (Carl Sigman/Bob Russell/1949) - (#26, 68, 100, 113)
"Darn That Dream" (James Van Heusen/Edgar Delange/1939) - (#86)
"Deep Song"(George Cory/Douglass Cross/1956) - (#122)
"Don't Explain" (Billie Holiday/Arthur Herzog, Jr./1944) - (#6, 40, 72, 98, 121, 153)
"Easy Living"(Ralph Rainger/Leo Robin/1937) - (#117)
"Fine and Mellow" (Billie Holiday/1939) - (#73, 101, 124, 147)
"A Foggy Day (in London Town)" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#76)
"For All We Know" (John Frederick Coots/Sam M. Lewis/1934) - (#43, 129)
"For Heaven's Sake" (Elise Bretton/Sherman Edwards/Donald Meyer/1946) - (#41)
"Gimme a Pigfoot (And a Bottle of Beer)" (Wesley Wilson/1933) - (#37)
"Gloomy Sunday" (Rezsö Seress/László Jávor & Sam M. Lewis/1933) - (#25)
"God Bless the Child" (Billie Holiday/Arthur Herzog, Jr./1939) - (#8, 39, 59, 75, 106, 115, 148)
"Good Morning Heartache" (Irene Higginbotham & Dan Fisher/Ervin Drake/1946) - (#68, 85)
"I Cover the Waterfront" (Johnny Green/Edward Heyman/1933) - (#103)
"I Cried for You (Now It's Your Turn To Cry Over Me)" (Arthur Freed & Abe Lyman/Gus Arnheim/1923) - (#53, 146)
"I Didn't Know What Time It Was" (Richard Rodgers/Lorenz Hart/1939) - (#2)
"(I Don't Stand) A Ghost of a Chance" (Victor Young/Bing Crosby & Ned Washington/1932) - (#84, 130)
"I Get Along Without You Very Well" (Hoagy Carmichael/Jane Brown Thompson/1939) - (#136)
"I Only Have Eyes for You" (Harry Warren/Al Dubin/1934) - (#24)
"(I Wonder) Where Our Love Has Gone" (Buddy Johnson/1942) - (#111)
"I'll Be Seeing You" (Sammy Fain/Irving Kahal/1938) - (#30, 102)
"I'm a Fool To Want You" (Joel Herron/Frank Sinatra & Jack Wolf/1951) - (#131)
"(I'm Afraid) The Masquerade Is Over" (Allie Wrubel/Herbert Magidson/1938) - (#92)
"I'm Glad There Is You" (Jimmy Dorsey/Paul Mertz/1941) - (#94)
"I'm Gonna Lock My Heart (And Throw Away the Key)" (Terry Shand/Jimmy Eaton/????) - (#48)
"If the Moon Turns Green" (George Cates/Bernie Hanighen/????) - (#59)
"Ill Wind" (Harold Arlen/Ted Koehler/1934) - #(32, 125)
"In a Sentimental Mood" (Duke Ellington/Manny Kurtz (Manny Curtis)/1935) - (#87)
"It's Easy to Remember" (Richard Rodgers/Lorenz Hart/1935) - (#137)
"Just One More Chance" (Arthur Johnston/Sam Coslow/1931) - (#89)
"Lady Sings the Blues" (Herbie Nichols/Billie Holiday/1956) - (#66)
"The Lady Sings the Blues" (Alec Wilder/William Engvic/1956) - (#66)
"Left Alone" (Mal Waldron/Billie Holiday/1959) - (#17)
"Little Brown Bird" (Nnenna Freelon/Brandon McCune/2005) - (#18)
"Lover Man" (Jimmy Davis/Roger Ram Ramirez/Jimmy Sherman/1941) - (#16, 28, 54, 69, 81, 107)
"The Man I Love" (George Gershwin/Ira Gershwin/1924) - (#105, 155)
"Miss Brown to You" (Richard A. Whiting & Ralph Rainger/Leo Robin/1935) - (#50, 71)
"Mother's Son-In-Law" (Mann Holiner & Alberta Nichols/1933) - (#74)
"Music is Forever" (Russ Freeman/Annie Ross/1996) - (#139)
"My Man" (Jacques Charles & Maurice Yvain/Albert Willemetz & Channing Pollock/1916) - (#51)
"No More" (Tutti Camarata/Bob Russell/1944) - (#38)
"Now or Never" (Billie Holiday/Curtis Reginald Lewis/1949) - (#15)
"Only You Will Know" (Nnenna Freelon/Brandon McCune/2005) - (#13)
"Please Don't Talk About Me When I'm Gone" (Sam H. Stept/Sidney Clare/1930) - (#42)
"She's (He's) Funny That Way" (Neil Moret/Richard A. Whiting/1928) - (#82)
"Some Other Spring" (Arthur Herzog, Jr./Irene Kitchings/????) - (#56)
"Somebody's on My Mind"(Billie Holiday & Arthur Herzog, Jr./1950) - (#116)
"Soul Eyes" (Mal Waldron/1957) - (#31)
"Strange Fruit" (Lewis Allan/1937) - (#9, 27, 49, 77, 108, 118)
"That Old Devil Called Love" (Allan Roberts/Doris Fisher/1944) - (#142)
"Them There Eves" (Maceo Pinkard/Doris Tauber & William Tracey/1930) - (#12, 46, 99, 120, 149)
"These Foolish Things" (Jack Strachey & Harry Link/Eric Maschwitz/1936) - (#29)
"Trav'lin' Light" (Trummy Young & Jimmy Mundy/Johnny Mercer/1942) - (#55, 93, 138)
"Violets For Your Furs" (Matt Dennis/Tom Adair/1941) - (#132)
"What a Little Moonlight Can Do" (Harry Woods/1934) - (#4, 22, 58, 114)
"When a Woman Loves a Man" (Bernie Hanighen & Gordon Jenkins/Johnny Mercer/1938) - (#112)
"When Your Lover Has Gone" (Einar Aaron Swan/1931) - (#135)
"Willow Weep For Me" (Ann Ronell/1932) - (#10)
"Yesterdays" (Jerome Kern/Otto Harbach/1933) - (#47)
"You Better Go Now" (Irvin Graham/Robert Graham & Bickley S. Reichmer/1936) - (#150)
"You Don't Know What Love Is" (Gene de Paul/Don Raye/1941) - (#90, 133)
"You've Changed" (Carl Fischer/Bill Carey/1941) - (#14, 70, 134, 145, 154)

コメント(155)

"Somebody's on My Mind"

作曲・作詞 : Billie Holiday / Arthur Herzog, Jr.
作曲年 1950

この曲についての Bobby Tucker の説明があります。
http://www.billieholiday.com/portfolio/somebodys-on-my-mind/

ビリーがかかわった曲の中では、あんまり耳にしない曲かもしれません。
(その加減か)歌詞の和約は見当たりませんでした。

この1節にある曲 "The Lasting Time" は調べたのですが判りませんでした。
Like an old sweet song, "The Lasting Time"
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらお教えいただけませんでしょうか。



Somebody's on my mind
Like an old sweet song, "The Lasting Time"
Somebody's on my mind
So I'm walking on clouds on a silver line

To dream my dream could be my mistake
But I'd rather be wrong
And sleep right along than wake
Love may be blind I'll take my chances
That it cares this affair, my real romance
That's why you'll find somebody's on my mind

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/b/billie+holiday/somebodys+on+my+mind_20017802.html

ビリー・ホリデイの音源です。


"Easy Living"

作曲 : Ralph Rainger (7 Oct. 1901 - 23 Oct. 1942)
作詞 : Leo Robin (6 Apr. 1900 - 29 Dec. 1984)
作曲年 : 1937

この曲については【愛しちゃったのよ! その2】#914- で展開していますので、曲情報についてはそちらをご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=19&id=75023587



"Strange Fruit"

作曲 : Lewis Allan
作詞 : Lewis Allan
作曲年 1937


曲情報については>>[9] をご覧ください。

レイニー・リーは、抑えた抑えた調子で歌っています。
もし歌詞が聞き取れなければ、こんな内容の歌と判らずに聞きこんでしまう人が出てくるかもしれませんね ^^;




"Ain't Nobody's Business"

作曲・作詞 : Porter Grainger & Everett Robbins
作曲年 1922

作曲者たちについてはこちらをご覧ください。

Porter Grainger (October 22, 1891 − 1955)
https://en.wikipedia.org/wiki/Porter_Grainger

Everett Robbins
https://en.wikipedia.org/wiki/Everett_Robbins

元々の曲名は "Tain't Nobody's Biz-ness if I Do"です。
https://en.wikipedia.org/wiki/Ain%27t_Nobody%27s_Business

1920年代のブルース曲の中でも、最初にスタンダード・ブルース曲になりました。

しかし、レイニー・リーは上手いですねぇ…



There ain't nothin' I can do or nothin' I can say
That folks don't criticize me but I'm going to do
Just as I want to anyway
And don't care just what people say

If I should take a notion, to jump into the ocean
Ain't nobody's business if I do
If I go to church on Sunday, then cabaret all day Monday
Ain't nobody's business if I do

If my man ain't got no money and I say, "Take all of mine, honey"
Ain't nobody's business if I do
If I give him my last nickel and it leaves me in a pickle
Ain't nobody's business if I do

Well, I'd rather my man would hit me
Than follow him to jump up and quit me
Ain't nobody's business if I do
I swear I won't call no copper, if I'm beat up by my papa
Ain't nobody's business if I do, nobody's business
Ain't nobody's business, nobody's business if I do

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/billieholiday/aintnobodysbusinessifido.html

歌詞の和訳があります。
解説がかなり掘り下げたものになっています。
http://blog.goo.ne.jp/stratbrondie/e/d056b7ccda8f807659efa7b5ca1db005

ビリー・ホリデイの音源です。





"Them There Eves"

作曲 : Maceo Pinkard
作詞 : Doris Tauber / William Tracey
作曲年 1930

曲情報については>>[12] をご覧ください。

レイニー・リーのスイング感が素晴らしいですね。
Richard Beauder (ts)もよく歌っています。


"Don't Explain"

作曲・作詞 : Billie Holiday / Arthur Herzog, Jr.
作曲年 1944

曲情報については >>[6] をご覧ください。

編曲・歌唱共に素晴らしいですね。



"Deep Song"

作曲 : George Cory
作詞 : Douglass Cross
作曲年 1956

この曲は、あの有名曲 "I Left My Heart in San Francisco" を書いたコンビによる曲です。
彼らはアマチュア・ミュージシャンなのですが、"I left ...." で有名になりました。
一方、この曲はほとんど知られていないのでしょうね。
しかし、しっかりとビリー・ホリデイに歌ってもらっています。

George C. Cory Jr.
https://en.wikipedia.org/wiki/George_C._Cory_Jr.

Douglass Cross はWikipedia に記事がありませんでした。

歌詞の和訳は見当たりませんでした。



Lonely grief is hounding me
Like the lonely shadow hounding me
It's always there just out of sight
Like a fragling tree on a lightening night
Lonely wind cries out my name

Sad as haunted music in the rain
It's born of grief and born of woe
But I hear it call and I've got to go
Where can I be headed for
The blues call in my north
To lick my heart once more
Love lives in a lonely land
Where there's no helping hand to understand
Why does it bring this hate to me
Why it don't matter why
I only know misery has to be part of me
Never hope to count on love
To be a partner of that heaven above
Never hope to understand
Love is a barrel land
A lonely land, a lonely land

引用元はここ
http://lyrics.wikia.com/wiki/Billie_Holiday:Deep_Song

ビリー・ホリデイの音源です。


>>[110] では収録曲として12曲案内しているのですが、どうやらこのリストはLPの時の収録曲のようです。

わたしの手元にありますCDにはあと2曲、全部で14曲入っていました。

13. Fine And Mellow
14. Ill Wind

ボーナス・トラックになるのでしょうか。

この2曲は次回に取り上げましょう。

"Fine and Mellow"

作曲・作詞 : Billie Holiday
作曲年 1939

曲情報については >>[73] をご覧ください。

Richard Ring (g)
Tilden Webb (p)
Mike Downes (b)
Dave Laing (ds)
Muhammad Abdul Al-Khabyyr (tb)
Ron DiLauro (tp)



"Ill Wind"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Ted Koehler
作曲年 1934

曲情報については >>[32] をご覧ください。

Richard Ring (g)
Tilden Webb (p)
Mike Downes (b)
Dave Laing (ds)
Muhammad Abdul Al-Khabyyr (tb)
Ron DiLauro (tp)

いいですねぇ。



これで
Ranee Lee / Deep Song: A Tribute to Billie Holiday
全トラックが紹介できました。

Youtube の不安定さから、動画2本、#112, #116 が消えてしまっています。

Ranee Lee のアルバムはたくさん出ていますので、他のアルバムもぜひ聞いてみてください。

このトピックはまだまだ続きます。



次はこれにしましょう。

Annie Ross / Bucky Pizzarelli / John Pizzarelli
To Lady With Love

Label: Red Anchor Records

Recorded in August 2013, New York

1. To Lady (Annie Ross)
2. For All We Know (J. Fred Coots / Sam M. Lewis)
3. I Don't Stand a Chance With You (Bing Crosby / Ned Washington / Victor Young)
4. I'm a Fool To Want You (Joel Herron / Frank Sinatra / Jack Wolf)
5. Violets For Your Furs (Tom Adair / Matt Dennis)
6. You Don't Know What Love Is (Gene DePaul / Don Raye)
7. You've Changed (Bill Carey / Carl Fischer)
8. When Your Love Has Gone (Einar Aaron Swan)
9. I Get Along Without You Very Well (Hoagy Carmichael / Jane Brown Thompson)
10. It's Easy To Remember (Lorenz Hart / Richard Rodgers)
11. Travelin' Light (Johnny Mercer / Jimmy Mundy / Trummy Young)
12. Music is Forever (Russ Freeman / Annie Ross)



アニー・ロスについては【気になる現代の歌姫たち】#122 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78105808
1930年生まれの彼女はこのアルバムの録音時点で83歳ぐらいになります。
あの美貌や美しい声が、こうなったという一抹の寂寥感を感じながらも、音楽を追求する姿勢と円熟がもたらした結果が収められているアルバムと言えるでしょう。
彼女は15歳のころからビリー・ホリデイの歌唱を愛していたそうです。
このアルバムには "Strange Fruit", "Good Morning Heartache", "God Bless the Child", "Fine and Mellow" は ”あえて” 入れなかったそうです。
そして、収録曲は、ビリー・ホリデイのアルバム "Lady in Satin" からほぼ選ばれています。
いわば "Annie in Satin" ともいえるアルバムになるでしょう。

ピザレリというギタリストの名前は耳にしたことがあるかもしれないのですが、わたしは聞きこんではいないのでよくわかっていなかったのですが、この機会に整理してみましょう。

父子揃ってのギタリストです。

こちらが父
John Paul "Bucky" Pizzarelli (born January 9, 1926)
https://en.wikipedia.org/wiki/Bucky_Pizzarelli

こちらが子
John Paul Pizzarelli Jr. (born April 6, 1960)
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Pizzarelli

Discography は両記事をご覧ください。



このパッケージには、CDとDVDが入っています。

このアルバムについて、アニー・ロスへのインタビュー動画がありました。
約15分ほどあります。
ビザレリ親子も出演しています。



"For All We Know"

作曲 : John Frederick Coots
作詞 : Sam M. Lewis
作曲年 1934

曲情報については【愛しちゃったのよ! その3】#541 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=11&id=76308806

冒頭に1トラック目の "To Lady" というアニー自身のビリー・ホリデイ解説を入れています。

アニー83歳の歌唱です。



ビリー・ホリデイ Lady in Satin からの音源です。



"I Don't Stand a Chance With You"

作曲 : Victor Young
作詞 : Bing Crosby & Ned Washington
作曲年 1932

曲情報は>>[84] をご覧ください。

凄味がありますね :-)



"I'm a Fool To Want You"

作曲: Joel Herron
作詞: Frank Sinatra & Jack Wolf
作曲年 1951

作曲者の Joel Herron については、ここに情報がありました。
http://www.imdb.com/name/nm0380799/bio

同年、フランク・シナトラの録音はシングルで発売され、ヒットています。
スタンダード曲として、多くの人が手掛けています。

なんと日本人受けする旋律なのでしょうか…



I'm a fool to want you
I'm a fool to want you
To want a love that can't be true
A love that's there for others too

I'm a fool to hold you
Such a fool to hold you
To seek a kiss not mine alone
To share a kiss that Devil has known

Time and time again I said I'd leave you
Time and time again I went away
But then would come the time when I would need you
And once again these words I had to say

Take me back, I love you
... I need you
I know it's wrong, it must be wrong
But right or wrong I can't get along

Without you

引用はこちら
http://www.lyricsfreak.com/b/billie+holiday/im+a+fool+to+want+you_20017831.html

歌詞の和訳があります。
http://seiunsha-co.com/%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%83%87%E3%82%A4-%E5%92%8C%E8%A8%B3-im-a-fool-to-want-you/

ビリー・ホリデイの音源です。



フランク・シナトラの音源も聴いておきましょう。



"Violets For Your Furs"

作曲: Matt Dennis
作詞: Tom Adair
作曲年 1941

曲情報については【マット・デニス ソングブック】#10 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=81573712
和訳は 波輪伊庵留海孤さんご自身の手になるものです。

このトラックを聴いていると、ピアノ・トリオをバックに歌ってほしいなぁという感じが強まります。
(どーも、ギター2本というのは私の好みとは合わないような…ごめんなさい)




ビリー・ホリデイの音源です。



"You Don't Know What Love Is"

作曲 : Gene de Paul
作詞 : Don Raye
作曲年 1941

曲情報については>>[90] をご覧ください。

鬼気迫る歌唱 :-)




"You've Changed"

作曲 : Carl Fischer
作詞 : Bill Carey
作曲年 1941

曲情報については >>[14] をご覧ください。



"When Your Lover Has Gone"

作曲・作詞: Einar Aaron Swan
作曲年 1931

作曲者についてはこちらをご覧ください。
Einar Aaron Swan (born Einar (Eino) William Swan) (March 20, 1903 – August 8, 1940)
https://en.wikipedia.org/wiki/Einar_Aaron_Swan


この曲は映画 Blonde Crazy (1931) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0021673/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Blonde_Crazy

ブルー・ラヴ・バラードとしてスタンダード曲になっています。

アニーが歌うと
「愛する人が行ってしまったら」
と言うよりも
「愛する人が逝ってしまったら」
という感じに聞こえてしまいます。



What good is the scheming, the planning and dreaming
That comes with each new love affair
The dreams that we cherish, so often might perish
And leaves you with castles in air

When you're alone, who cares for starlit skies
When you're alone, the magic moonlight dies
At break of dawn, there is no sunrise
When your lover has gone

What good is the scheming, the planning and dreaming
That comes with each new love affair
The dreams that we cherish, so often might perish
And leaves you with castles in air

When you're alone, who cares for starlit skies
When you're alone, the magic moonlight dies
At break of dawn, there is no sunrise
When your lover has gone

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/when-your-lover-has-gone-lyrics-billie-holiday.html

歌詞の和訳があります。
https://blog.goo.ne.jp/keyagu575/e/08ae275a8371d8003be5ba867d09907c

ビリー・ホリデイの音源です。



映画のトレイラーです。



"I Get Along Without You Very Well"

作曲: Hoagy Carmichael
作詞: Jane Brown Thompson
作曲年 1939

この曲はホーギー・カーマイケルの作曲だったんですね。
彼が後年、自身が出演する映画 The Las Vegas Story (1952) でもこの曲が使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Las_Vegas_Story_(film)

負け惜しみがたっぷりと入った曲です(笑)

スタンダード曲になっています。



I get along without you very well
Of course, I do
Except when soft rains fall
And drip from leaves
Then I recall
The thrill of being sheltered in your arms
Of course, I do
But I get along without you very well

I've forgotten you just like I should
Of course, I have
Except to hear your name
Or someone's laugh that is the same
But I've forgotten you just like I should

What a guy
What a fool am I
To think my breaking heart
Could kid the moon
What's in store
Should I fall once more
No, it's best that I stick to my tune

I get along without you very well
Of course, I do
Except perhaps in Spring
But I should never think of Spring
For that would surely break my heart in two

What's in store
Should I fall once more
No, it's best that I stick to my tune

I get along without you very well
Of course, I do
Except perhaps in Spring
But I should never think of Spring
For that would surely break my heart in two

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/billieholiday/igetalongwithoutyouverywell.html

歌詞の和訳があります。
https://doniepuru.muragon.com/entry/1.html

ビリー・ホリデイの音源です。



映画の1シーンです。



"It's Easy to Remember"

作曲: Richard Rodgers
作詞: Lorenz Hart
作曲年 1935

曲情報については【リチャード・ロジャース ソングブック】#33 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78787275



ビリー・ホリデイの音源です。
マル・ウォルドロンがピアノを演奏しています。



"Trav'lin' Light"

作曲: Trummy Young / Jimmy Mundy
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1942

曲情報については >>[55] をご覧ください。

このアルバムでは曲名が "Travelin' Light" となっています。
ビリー・ホリデイがジョニー・マーサが作詞した曲を歌っていたのは、このトピでは3曲登場しています。



"Music is Forever"

作曲: Russ Freeman
作詞: Annie Ross
作曲年 1996

アニー・ロスはこの曲と同名のアルバムを1996年に出しています。
そのアルバムの最後にこの曲が収録されています。

https://www.discogs.com/ja/Annie-Ross-Music-Is-Forever/release/2892113

歌詞の載っているサイトが見当たりませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。






これで
Annie Ross / Bucky Pizzarelli / John Pizzarelli / To Lady With Love
の全トラックが紹介できました。


ビリー・ホリデイのソングブックはまだまだたくさんあります。
次はどれにするか、まだ決めていません ^^;
次はこれにしましょう。

Etta Jones / Etta Jones Sings Lady Day

Label: HighNote Records

Recorded at M & I Recording Studios, New York, NY on June 21, 2001

1. That Old Devil Called Love (Doris Fisher / Allan Roberts)
2. All of Me (Gerald Marks / Seymour Simons)
3. But Beautiful (Johnny Burke / James Van Heusen)
4. You've Changed (Bill Carey / Carl Fischer)
5. I Cried for You (Gus Arnheim / Arthur Freed / Abe Lyman)
6. Fine and Mellow (Billie Holiday)
7. God Bless the Child (Billie Holiday / Arthur Herzog, Jr.)
8. Them There Eyes (Maceo Pinkard / Doris Tauber / William Tracey)
9. You Better Go Now (Irvin Graham / Robert Graham / Bickley S. Reichmer)

Musicians:
Rtta Jones (vo)
Houston Person (ts)
Richard Waynds (p)
Peter Bernstein (g)
John Webber (b)
Chip White (ds)

Etta Jones (November 25, 1928 – October 16, 2001)についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Etta_Jones

このアルバムは彼女の最後の録音になり、リリースされたのは彼女の死の2か月後になります。
彼女が73歳の時の録音になります。

エタ・ジョーンズはナンシー・ウィルソンに大きな影響を与えた人としても知られています。
(ナンシー・ウィルソン自身が語っています)
そういう視点でも聴いてみてください。

エタ・ジョーンズは1944年の初録音以来、ジャズヴォーカル界のメインストリームとして活動を続けてきました。


よく混乱する人にエタ・ジェイムスがいますが、エタ・ジェイムスはブルース系の人、エタ・ジョーンズはジャズ系の人と覚えておくといいでしょう。








"That Old Devil Called Love"

作曲: Allan Roberts
作詞: Doris Fisher
作曲年 1944

作曲者たちについてはこちらをご覧ください。

Allan Roberts (March 12, 1905 – January 14, 1966)
https://en.wikipedia.org/wiki/Allan_Roberts_(songwriter)

Doris Fisher (May 2, 1915 – January 15, 2003)
https://en.wikipedia.org/wiki/Doris_Fisher_(songwriter)

この曲はビリー・ホリデイが最初に録音しています。

エタ・ジョーンズの表現力をしっかりと聴いてください。



It's that ole devil called love again
Gets behind me and keeps giving me that shove again
Putting rain in my eyes
Tears in my dreams
And rocks in my heart

It's that sly ole-sun-of-a-gun again
He keeps telling me that I'm the lucky one again
But I still have that rain
Still have those tears
And those rocks in my heart

Suppose I didn't stay and ran away
Wouldn't play
That devil-what a potion he would brew
He'd follow me around
Build me up, tear me down
Till I'd be so bewildered
I wouldn't know what to do

Might as well give up the fight again
I know darn well he'll convince me
That he's right again
When he sings that siren song
I just gotta tag along
With that ole devil called love

He'd follow around
Build me up, tear me down
Till I'd be so bewildered
I wouldn't know what to do

引用元はここ
https://genius.com/Billie-holiday-that-old-devil-called-love-lyrics

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song110.html

ビリー・ホリデイの音源です。


"All of Me"

作曲・作詞: Gerald Marks & Seymour Simons
作曲年 1931

曲情報については >>[19] をご覧ください。

ナンシー・ウィルソンへ与えた大きな影響というのが感じられる歌唱ですね。



"But Beautiful"

作曲: Jimmy Van Husen
作詞: Johnny Burke
作曲年 1947

曲情報については【ジミー・ヴァンヒューゼン ソングブック】#9 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=80961677

何度聴いても、素敵な曲ですね :-)



彼女から大きな影響を受けたナンシー・ウィルソンがこの曲をどのように歌っているか、聞いてみましょう。



ビリー・ホリデイの音源です。



"You've Changed"

作曲: Carl Fischer
作詞: Bill Carey
作曲年 1941

曲情報については >>[14] をご覧ください。

Houston Person (ts) がいいですね :-)



"I Cried for You (Now It's Your Turn To Cry Over Me)"

作曲: Arthur Freed / Abe Lyman
作詞: Gus Arnheim
作曲年 1923

曲情報については >>[53] をご覧ください。

執念が滲み出ているような…「ざまあ見ろ!」怖い(笑)



"Fine and Mellow"

作曲・作詞: Billie Holiday
作曲年 1939

曲情報については >>[73] をご覧ください。

エタが途中でビリー・ホリデイ風に歌うところが面白いですね。



"God Bless the Child"

作曲・作詞: Billie Holiday / Arthur Herzog, Jr.
作曲年 1939

曲情報については >>[8] をご覧ください。

Richard Waynds (p) のソロがなかなかいいですね。



"Them There Eves"

作曲: Maceo Pinkard
作詞: Doris Tauber / William Tracey
作曲年 1930

曲情報については>>[12] をご覧ください。

メンバー全員のソロが出てきます。
心地よくスイングしています。



"You Better Go Now"

作曲: Irvin Graham
作詞: Robert Graham / Bickley S. Reichmer
作曲年 1936

この曲はレビュー(舞台)New Faces of 1936 (1936) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/new-faces-of-1936-12125

エタ・ジョーンズ独特の節回しが聴けます。
もう一度、彼女がナンシー・ウィルソンに大きな影響を与えていることを思い出してください。



You better go now
Because I like you much, too much
You have a way with you
You ought to know now
Just why I like you very much
The night was gay with you

There's the moon above
And it gives my heart a lot of swing
In your eyes there's love
And the way I feel it must be spring
I want you so now
You have lips I love to touch
You better go now
You better go, 'cause I like you much, too much

引用元はここ
https://genius.com/Billie-holiday-you-better-go-now-lyrics

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song249.html

ビリー・ホリデイの音源です。



これで
Etta Jones / Etta Jones Sings Lady Day
の全トラックが紹介できました。

エタ・ジョーンズ最後の録音、素晴らしいアルバムでしたね。


ビリー・ホリデイのソングブックはまだまだ発見できています。
続けて行きましょう。

次はこれにしましょう。

Etta James / Mystery Lady: Songs of Billie Holiday

Label: Private Music

Recorded in 1994

1. Don't Explain (Billie Holiday / Arthur Herzog, Jr.)
2. You've Changed (Bill Carey / Carl Fischer)
3. The Man I Love (George Gershwin / Ira Gershwin)
4. I Don't Stand a Ghost of a Chance with You (Bing Crosby / Ned Washington / Victor Young)
5. Lover Man (Jimmy Davis / Roger "Ram" Ramirez / Jimmy Sherman)
6. Embraceable You (George Gershwin / Ira Gershwin)
7. How Deep Is the Ocean? (Irving Berlin)
8. (I'm Afraid) The Masquerade Is Over (Herbert Magidson / Allie Wrubel)
9. Body and Soul (Frank Eyton / Johnny Green / Edward Heyman / Robert Sour)
10. The Very Thought of You (Ray Noble)
11. I'll Be Seeing You (Sammy Fain / Irving Kahal)

Musicians:
Etta James (vo)
Cedar Walton (p)
Tony Dumas (b)
Ralph Penland (ds, percussion)
Josh Sklair (g)
Ronnie Buttavoli (tp, flugelhorn)
Krag Kilby (tb)
Red Holloway (ts, as)


またもや「曖昧さの回避のため」エタ・ジェイムズを取り上げます。
彼女については【クリスマス・ソング ソングブック】#283 に少し解説しています。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=83160273&comm_id=6028752

エタ・ジェイムズ、エタ・ジョーンズ共に何枚かソングブック・アルバムがあり、対象がかぶっています :-)



ライナーノーツによりますと Mystery Lady とは彼女の母のことであり、ビリー・ホリデイのことであり、自分自身のことでもあるというような解説があります。
(このあたりはよく判りません(汗))

本アルバムも有名どころのジャズメンにサポートされて、ジャズアルバムになっています。

エタ・ジェイムズの自伝が出版されているそうです。
Rage To Survive: The Etta James Story Paperback – June 3, 2003
by David Ritz (Author), Etta James (Author)


"Don't Explain"

作曲・作詞: Billie Holiday / Arthur Herzog, Jr.
作曲年 1944

曲情報については >>[6] をご覧ください。



"You've Changed"

作曲: Carl Fischer
作詞: Bill Carey
作曲年 1941

曲情報については >>[14] をご覧ください。

Red Holloway (ts) がいいですね。



"The Man I Love"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1924

曲情報については【ジョージ・ガーシュイン ソングブック】#37 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78819952

確かジャッキー・ライアンのアルバムにレッド・ホロウェイをフィーチャーしているとアルバムジャケット表に出ているものがあったように思います。
このアルバムにはそこまでの記述はありませんが、レッド・ホロウェイがいいですね。



ログインすると、残り115件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。