ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > エラ・フィッツジェラルド ソン...

Standard Jazz Songコミュのエラ・フィッツジェラルド ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

エラ・フィッツジェラルド ソングブックの対象になりますのは、エラが作詞あるいは作曲を手がけた曲だけではなく、というよりも、エラがアルバムに録音して、世界中でよく聴かれた曲や、エラがステージで好んで取り上げた曲等、ああっ、この曲はエラが歌っていたなぁという曲を取り上げたソングブックアルバムになります。
この、エラの十八番とでも言うべき曲を集めて、わたしが歌ったらこうなる…というソングブック・アルバムが結構あるのです。

彼女は、First Lady of Song, Queen of Jazz, Lady Ella 等とも称されています。

ジャズ史に輝く最高のヴォーカリストの一人、エラ・フィッツジェラルドを耳にしたことがないというジャズファンは、まずいないでしょう。

みなさんもエラの歌唱としてすぐに思い浮かぶ曲がいくつか(も)あることでしょう。

Ella Jane Fitzgerald (April 25, 1917 – June 15, 1996) は1935年ころからチック・ウェブ (Chick Webb) 楽団の専属歌手として活動を始め、人気が沸騰するようになりました。
1938年には、エラが少し手を加えた曲 "A-Tisket, A-Tasket" が大ヒットしました。
1939年のチック・ウェブの死後はエラはしばらくの間、同楽団を率いて活動していました。

その後も Norman Granz 率いるJATPでの活躍等は、みなさんのジャズ知識の中に残っていることでしょう。

また、ピアノの巨人、トミー・フラナガンが、1963年から1965年まで、次いで1968年から1978年までは、伴奏者としてエラ・フィッツジェラルドと共演したこともよくご存知でいらっしゃるでしょう。


また、エラ自身も有名作曲家のソングブック・アルバムを多く出していまして、いずれもジャズ史に残る名盤となっています。
コール・ポーターソングブックに至っては2度製作しています。
エラはソングブック・アルバムを一番多く出している歌手かもしれません。

エラが出したソングブック・アルバムにはこのようなものがあります。

Ella Fitzgerald sings the Gershwin songbook
Ella Fitzgerald the Great American songbook
Ella Fitzgerald sings the Cole Porter songbook
Ella Fitzgerald sings the Duke Ellington songbook
Ella Fitzgerald sings the Rodgers and Hart songbook
Ella Fitzgerald sings the Harold Arlen songbook
Ella Fitzgerald sings the Irving Berlin songbook
Ella Fitzgerald sings the Johnny Mercer songbook
Ella Fitzgerald sings the Jerome Kern songbook
Ella Loves Cole

エラ自身の履歴は Wikipedia にしっかりと記事がありますので、じっくりとご覧になってください。

Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Ella_Fitzgerald

音楽媒体の変遷がSPレコード、LPレコード、CDと変化していく時代の流れの中で、非常に多くの録音が残っています。
これからエラを系統的に聴きなおしてみたいという方は、多くのオムニバス盤やベスト盤がありますので、それらに惑わされることなく、DiscogsやAll Music等のデータを参考にしながら入手されるのがいいでしょう。

Discogs
http://www.discogs.com/artist/31615-Ella-Fitzgerald

All Music
http://www.allmusic.com/artist/ella-fitzgerald-mn0000184502/discography

amazon
http://www.amazon.com/s/ref=nb_sb_noss_2?url=search-alias%3Dpopular&field-keywords=ella+fitzgerald

また、エラは映画にもいくつか出て、その中で歌唱を披露しています。
(中には、出来の悪い曲をエラが一生懸命歌っているものもあります ^^;)

IMDb
http://www.imdb.com/name/nm0280228/?ref_=fn_al_nm_1

エラ自身の伝記的ミュージカルも作られ、【現代の歌姫たち】でとりあげていますフリーダ・ペインがエラの役を演じ、歌っています。
http://www.metrostage.org/ella,-first-lady-of-song.html#.Vcb8nrXEIUp

エラについて書かれた書籍もたくさんあります。
http://www.amazon.com/s/ref=nb_sb_noss?url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=Ella+Fitzgerald

なぜか、エラの公式サイトというのもありました。
http://www.ellafitzgerald.com/


みなさんも、この人のエラのソングブックがあるよ、というのをご存知でいらっしゃったらぜひご紹介ください。


*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#94 - Carol Sloane / Songs Ella & Louis Sang / Concord Records / 1997
#79 - Patti Austin / For Ella / Concord Records / 2001
#61 - Jane Monheit / The Songbook Sessions: Ella Fitzgerald / Emerald City Records / 2015
#45 - Dee Dee Bridgewater / Dear Ella / Emarcy / 1997
#27 - Denise Jannah / Ella! : Denise Jannah sings Ella Fitzgerald / September / 2015
#1 - Ann Hampton Callaway / To Ella with Love / Shanachie Entertainment / 1996


*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
 
*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"A-Tisket, A-Tasket" (Van Alexander/Ella Fitzgerald/1938) - (#46, 84)
"All of You" (Cole Porter/1954) - (#74)
"All Too Soon" (Duke Ellington/Carl Sigman/1940) - (#62)
"Basin Street Blues" (Spencer Williams/Glenn Miller & Jack Teagarden/1928) - (#40)
"Blue Skies" (Irving Berlin/1926) - (#29)
"Body And Soul" (Johnny Green/Edward Heyman & Robert Sour & Frank Eyton/1930) - (#13)
"But Not for Me" (George Gershwin/Ira Gershwin/1930) - (#11, 87)
"Can't We Be Friends?" (Kay Swift/Paul James/1929) - (#99)
"Chelsea Mood"(Duke Ellington & Billy Strayhorn/Manny Kurtz & Irving Mills/????) - (#64)
"Comes Love" (Sam H.Stept/Lew Brown & Charlie Tobias/1939) - (#38)
"Cotton Tail" (Duke Ellington/Duke Ellington & Jon Hendricks/1940) - (#54)
"Dear Ella" (Kenny Burrell/1997) - (#59)
"Do Nothin' Till You Hear from Me" (Duke Ellington/Bob Russell/1940) - (#3)
"Don't Be That Way" (Benny Goodman & Edgar Sampson/Mitchell Parish/1938) - (#98)
"Early Autumn" (Ralph Burns&Woody Herman/Johnny Mercer/1949) - (#30)
"Embraceable You" (George Gershwin/Ira Gershwin/1928) - (#6)
"Ev'ry Time We Say Goodbye" (Cole Porter/1944) - (#19, 71)
"A Fine Romance" (Jerome Kern/Dorothy Fields/1936) - (#4)
"Gee Baby, Ain't I Good to You" (Andy Razaf & Don Redman/1929) - (#100)
"Hard Hearted Hannah" (Milton Ager/Jack Yellen, Bob Bigelow, and Charles Bates/1924) - (#86)
"Hearing Ella Sing" (Arthur Hamilton & Patrick Williams/2001) - (#91)
"Honeysuckle Rose" (Fats Waller/Andy Razaf/1929) - (#81)
"How High the Moon" (Morgan Lewis/Nancy Hamilton/1940) - (#7, 52, 92)
"I Got It Bad (And That Ain't Good)" (Duke Ellington/Paul Francis Webster/1941) - (#20, 37)
"I Used to Be Colorblind" (Irving Berlin/1938) - (#75)
"I Was Doing All Right"(George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#67, 69)
"I Won't Dance" (Jerome Kern/Otto Harbach & Oscar Hammerstein II/Dorothy Fields & Jimmy McHugh/1934) - (#96)
" I'm Beginning to See the Light" (Duke Ellington & Don George & Johnny Hodges & Harry James/1944) - (#12)
"I've Got You Under My Skin" (Cole Porter/1936) - (#76)
"If You Can't Sing It, You'll Have to Swing It (Mr. Paganini)" (Sam Coslow/1936) - (#53, 82)
"If I Were a Bell" (Frank Loesser/1950) - (#33)
"Ill Wind"(Harold Arlen/Ted Koehler/1934) - (#73)
"It's Delovely" (Cole Porter/1936) - (#41)
"Know You Now"(Donovan Jackson & Earl "Chinna" Smith & Gordon Williams & Amy Winehouse/????) - (#67, 68)
"Let's Do It (Let's Fall in Love)" (Cole Porter/1928) - (#51)
"Let's Fall in Love" (Harold Arlen/Ted Koehler/1933 - (#2)
"Little Girl Blue" (Richard Rodgers/Lorenz Hart/1935) - (#16)
"Love Is Here to Stay" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#83)
"Lullaby of Birdland" (George Shearing/George David Weiss/1952) - (#17)
"Mack the Knife"(Kurt Weill/Bertolt Brecht & Marc Blitzstein/1928) - (#48)
"The Man I Love" (George Gershwin/Ira Gershwin/1924) - (#90)
"Midnight Sun" (Francis "Sonny" Burke & Lionel Hampton/Johnny Mercer/1947) - (#50)
"Miss Otis Regrets" (Cole Porter/1934) - (#85)
"Moonlight In Vermont" (Karl Suessdorf/John Blackburn/1944) - (#34)
"My Heart Belongs to Daddy" (Cole Porter/1938) - (#55)
"Nature Boy" (Eden Ahbez/1947) - (#35)
"Oh, Lady Be Good" (George Gershwin/Ira Gershwin/1924) - (#21, 57)
"On a Slow Boat to China" (Frank Loesser/1948) - (#56)
"Reach For Tomorrow" (James McHugh/Ned Washington/1960)- (#42)
"Satin Doll" (Duke Ellington & Billy Strayhorn/Johnny Mercer/1953) - (#89)
"Somebody Loves Me"(George Gershwin/Buddy DeSylva & Ballard MacDonald/1924) - (#63)
"Someone to Watch Over Me" (George Gershwin/Ira Gershwin/1926) - (#32)
"Something's Gotta Give" (Johnny Mercer/1955) - (#65)
"Sophisticated Lady" (Duke Ellington & Irving Mills/Mitchell Parish/1932) - (#39)
"Stairway to the Stars" (Matt Malneck & Frank Signorelli/Mitchell Parish/1935) - (#58)
"Tenderly" (Walter Gross/Jack Lawrence/1946) - (#97)
"That Old Black Magic" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1942) - (#15, 36)
"This Time the Dream's on Me" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1941) - (#77)
"Too Close for Comfort" (Jerry Bock, George David Weiss, and Larry Holofcener/1956) - (#80)
"To Ella" (Denise Jannah/2015) - (#31)
"Undecided"(Sydney Robin/Charlie Shavers/1938) - (#49)
"Where or When"(Richard Rodgers/Lorenz Hart/1937) - (#72)






コメント(100)

次はこれにしましょう。

Jane Monheit / The Songbook Sessions: Ella Fitzgerald

Label : Emerald City Records

Recorded on November 14-19, 2015

1. All Too Soon (Duke Ellington / Carl Sigman)
2. Somebody Loves Me (Buddy DeSylva / George Gershwin / Ballard MacDonald)
3. Chelsea Mood (Duke Ellington / Manny Kurtz / Irving Mills / Billy Strayhorn)
4. Something's Gotta Give (Johnny Mercer)
5. I Was Doing All Right/Know You Now (Astor Campbell / Delroy Cooper / George Gershwin / Ira Gershwin / Donovan Jackson / Earl "Chinna" Smith / Gordon Williams / Amy Winehouse)
6. Ev'ry Time We Say Goodbye (Cole Porter)
7. Where or When (Lorenz Hart / Richard Rodgers)
8. Ill Wind (You're Blowing Me No Good) (Harold Arlen / Ted Koehler)
9. All of You (Cole Porter)
10. I Used to Be Colorblind (Irving Berlin)
11. I've Got You Under My Skin (Cole Porter)
12. This Time the Dream's on Me (Harold Arlen / Johnny Mercer)

Musicians.
Jane Monheit (vo)

セッションごとに少しずつ異なるので、別途にします。

ジェーン・モンハイトについては【気になる現代の歌姫たち】#43 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78105808
現代のジャズシーンを代表する歌姫の一人です。

収録曲の内、3. Chelsea Mood, 5. /Know You Now 以外の曲(トラック)は、全てエラ自身のソングブックに収録されている曲です。

このアルバムを通して聴くと、確かにエラが歌っていた曲ではあるけれど、完全に ジェーン・モンハイトの歌唱になっていて、アルバム・タイトルやアルバムの企画を知らないまま聴くと、エラのソングブックとは気が付かない内容になっています。

わたし自身、ジェーン・モンハイトを充分には聴きこんでいないのですが、このアルバムを丸ごと聴くと、彼女のアルバムをもっともっと聴きたい!という気持ちにさせてくれます。
(みなさんも同じような気持ちになるんじゃないかと…)




"All Too Soon"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Carl Sigman
作曲年 1940

曲情報については【デューク・エリントン ソングブック】#42 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=79085445

Nicholas Payton (tp)
Michael Kanan (el-p)
Neal Miner (b)
Rick Montalbano (ds)
Daniel Sadownick (percussion)

Arranger : Nicholas Payton

最初のトラックから度肝を抜かれますが、これがジェーン・モンハイトです。



このアルバムと同じメンバーでのライブ動画がありました。
年月が彼女をおばさんスタイルに変えてしまって…涙
(この動画の10年以上昔の動画を見てしまうと…)



"Somebody Loves Me"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Buddy DeSylva & Ballard MacDonald
作曲年 1924

この曲は舞台(レビュー)George White's Scandals (1924) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/george-whites-scandals-1924-9543
https://en.wikipedia.org/wiki/George_White%27s_Scandals

大スタンダード曲になっているのですが、ジョージ・ガーシュイン・ソングブック・トピックでは未登場です。

ジェーン・モンハイトの歌唱スタイルをじっくりと聴いてください。

Nicholas Payton (tp)
Michael Kanan (p)
Neal Miner (b)
Rick Montalbano (ds)
Daniel Sadownick (percussion)



When this world began
It was Heaven's plan
There should be a girl for ev'ry single man.
To my great regret
Someone has upset
Heaven's pretty progamme for we've never met.
I'm clutching at straws, just because
I may meet him/her yet.

Somebody loves me, I wonder who,
I wonder who he/she can be.
Somebody loves me, I wish I knew,
Who can he/she be worries me.
For ev'ry boy/girl who passes me I shout, " Hey, maybe
You were meant to be my loving baby. "
Somebody loves me, I wonder who,
Maybe it's you.

引用元はここ
https://www.stlyrics.com/songs/g/georgegershwin8836/somebodylovesme299796.html

歌詞の和約があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070212

エラの音源です。



"Chelsea Mood"

作曲 : Duke Ellington & Billy Strayhorn
作詞 : Manny Kurtz & Irving Mills
作曲年 ????

なんだか "Chelsea Bridge" と "In a Sentimental Mood" をメドレーにして、曲名を縮めたような曲ですね、というより、その通りなんでしょう :-)

曲情報は【デューク・エリントン ソングブック】をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=79085445
どちらの曲も登場しています。

Nicholas Payton (tp)
Michael Kanan (p)
Neal Miner (b)
Rick Montalbano (ds)
Daniel Sadownick (percussion)



[Verse 1]
In the sentimental night I can see the stars
Comes through my world
While lay laughing with tears
Yes, I could fly
(?) and nice they call me
On wings of every kiss
Drifts are melody
So strange and sweet
Every sentimental wish
You make my pair of days
Complete

[Verse 2]
Rose have to seem to fall
It’ s all I could dream
Call you mine
Oh mine my heart
And let us see
Since you’re on this night
I dreamed of (?)
In a sentimental mood
I always say no good
For I never traced you
I am not his sentimental ring

Hmmm
Hooo


引用元はここ
https://www.elyricsworld.com/chelsea_mood_lyrics_jane_monheit.html


"Something's Gotta Give"

作曲・作詞 : Johnny Mercer
作曲年 : 1955

曲情報については【ジョニー・マーサー ソングブック】#49 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78960498

ジェーン・モンハイトのスイング感が面白いですね。
ニコラス・ペイトン(tp)が快調に飛ばしています。

Nicholas Payton (tp)
Michael Kanan (p)
Neal Miner (b)
Rick Montalbano (ds)
Daniel Sadownick (percussion)






>>[63]

"Somebody Loves Me"

動画が亡くなっていましたので、別の動画を貼り付けます。


"I Was Doing All Right / Know You Now"

"I Was Doing All Right"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 : 1937

この曲は映画 The Goldwyn Follies (1938) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0030194/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Goldwyn_Follies

ジョージ・ガーシュイン・ソングブックには現時点では未登場です。

"Know You Now"

作曲・作詞 : Donovan Jackson / Earl "Chinna" Smith / Gordon Williams / Amy Winehouse
作曲年 ????

この曲の情報は調べきれませんでした。
作曲・作詞者についても2人しか情報が見つかりませんでした。

Amy Winehouse
https://en.wikipedia.org/wiki/Amy_Winehouse

Earl "Chinna" Smith
https://en.wikipedia.org/wiki/Earl_%22Chinna%22_Smith

Nicholas Payton (tp)
Michael Kanan (el-p)
Neal Miner (b)
Rick Montalbano (ds)
Daniel Sadownick (percussion)
Brandee Younger (harp)



歌詞については別項にします。


>>[67] "Know You Now"

Amy Winehouse - Know you now です。
UKの不良少女がそのまま大人になった姿のようです(笑)



You're just a little boy underneath that hat
You need your nerve to hide your ego - don't come with that
You think everything is handed to you free
But it's not that easy, no

I gotta know you now
We may never meet again
I gotta know you now and then

My girl says I'm too sensitive to ride with you
But I'm not listening to her, mm hm
Yes I'm perceptive so when I've dance with you you'll whisk your head back the way it were
As you were

I gotta know you now
We may never meet again
I gotta know you now and then

[Ad lib]

Oh, I'm not ruling you out
I'm just in doubt as to what you say you're all about, yeah

I gotta know you now
We may never meet again
I gotta show you now and them
I gotta know you now and then

I gotta know you now
We may never meet again

I gotta know you now
We may never meet again

I gotta know you now
We may never meet again

I gotta know you now
We may never meet again

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/amywinehouse/knowyounow.html


>>[67] "I Was Doing All Right"

カーメン・マクレイの音源です。



I was doing all right
Nothing but rainbows in my sky
I was doing all right
Till you came by.
Had no cause to complain
Life was as sweet as apple pie
Never noticed the rain
Till you came by.

But now whenever you're away
Can't sleep nights and suffer all the day
I just sit and wonder
If love isn't one big blunder.
But when you hold me tight
Tingling all through, I feel somehow
I was doing all right
But I'm doing better than ever now.

But now whenever you're away
Can't sleep nights and suffer all the day
I just sit and wonder
If love isn't one big blunder.
But when you hold me tight
Tinglin' all through, I feel somehow
I was doing all right
But I'm doing better
Better than ever now.

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/ellafitzgerald/iwasdoingallright.html

私はうまくやってたわ
空には虹しか見えなかった
私はうまくやってたのよ
あなたがやって来るまではね

不平なんか言う理由はなにもなかった
生活はアップルパイみたいに甘かったわ
雨なんか気づきもしなかったの
あなたがやって来るまでは

でもいまはあなたがどこかに行ってしまうと
夜は眠れないし昼はずっと苦しみっぱなし
ただ坐って恋って本当は
ただの大きな間違いじゃないかといぶかるのよ

でも、あなたが私をきつく抱いてくれると
やっぱり私の全身にぞくぞくした快感を覚えてしまう
私はうまくやってたのだけれど
今はそれよりもっとうまくやってるわ

村尾陸男「ジャズ詩大全」より(部分引用)
>>[67]が考えてみてください。


"I Was Doing All Right"
エラの音源です。



"Ev'ry Time We Say Goodbye"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1944

曲情報については>>[19] をご覧ください。

Michael Kanan (p) とのデュオです。




"Where or When"

作曲 : Richard Rodgers
作詞 : Lorenz Hart
作曲年 1937

曲情報については【リチャード・ロジャース ソングブック】#83 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78787275

Nicholas Payton (tp)
Michael Kanan (p)
Neal Miner (b)
Rick Montalbano (ds)
Daniel Sasownick (percussion)


"Ill Wind"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Ted Koehler
作曲年 1934

【デューク・エリントン ソングブック】のトピックの説明に少し書いてあるのですが、この曲はコットンクラブの最後のショウで使われました。
コットンクラブは1934年に閉店したのですね。
映画「コットンクラブ」でも最後のシーンにこの曲が使われていました。

Nicholas Payton (tp)
Michael Kanan (p)
Neal Miner (b)
Rick Montalbano (ds)
Daniel Sasownick (percussion)

かなりおどろおどろしい編曲になっています :-)
ちょっとやりすぎ?



Blow ill wind, blow away, find my love today
You're blowin' me no good, no good
Go ill wind, go away, skies are oh, so gray
Around my neighborhood and that's no good

You're only misleadin' the sunshine I'm needin'
Ain't that a shame
It's so hard to keep up with troubles that creep up
From out of nowhere, when loves to blame

So ill wind, blow away, find my love today
You're blowin' me no good, no good, no good

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/e/ella+fitzgerald/ill+wind_10096442.html

歌詞の和訳があります。
http://blog.goo.ne.jp/keyagu575/e/0bce5b20f2bfbdcc8e940d1aee107e04

エラの音源です。



"All of You"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1954

曲情報については【コール・ポーター ソングブック】#23 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78794438

面白い編曲をしているのですが、この手のリズムとメロディの組み合わせは意外と難しいようですね。

Nicholas Payton (tp)
Michael Kanan (p)
Neal Miner (b)
Rick Montalbano (ds)
Daniel Sasownick (percussion)


"I Used to Be Colorblind"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1938

この曲は映画 Carefree (1938) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0029971/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Carefree_(film)
主演はフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースです。

ジェーン・モンハイトは実に軽くスイングしながら歌っています。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をしっかりと眺めてください。
ブロンドの髪と青い目をたたえていますね :-)

Nicholas Payton (tp)
Michael Kanan (p)
Neal Miner (b)
Rick Montalbano (ds)
Daniel Sasownick (percussion)



Strange how a dreary
World can suddenly change
To a world as bright
As the evening star

Queer, what a difference
When your vision is clear
And you see things
As they really are

I used to be color blind
But I met you and now I find
There's green in the grass
There's gold in the moon
There's blue in the skies

That semi-circle that was
Always hanging about
Is not a storm cloud, it's a rainbow
You brought the colors out

Believe me it's really true
Till I met you I never knew
A setting sun could paint
Such beautiful skies

I never knew there were such lovely colors
And the big surprise
Is the red in your cheeks
The gold in your hair
The blue in your eyes

I never knew there were such lovely colors
And the big surprise
Is the red in your cheeks
The gold in your hair
The blue in your eyes

I used to be color blind

エラの音源です。アーヴィング・バーリン・ソングブックのものでしょう。



映画の1シーンです。





"I've Got You Under My Skin"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 : 1936

曲情報については【コール・ポーター ソングブック】#50 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78794438

一風変わった編曲になっています。
こういうスタイルを何というのでしょうか?

Nicholas Payton (tp, p, organ, cowbell, glass bottle, hand claps)
Michael Kanan (el-p, hand claps)
Neal Miner (b, hand claps)
Rick Montalbano (ds, hand claps)
Daniel Sasownick (percussion, hand claps)


"This Time the Dream's on Me"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1941

曲情報については【ジョニー・マーサー ソングブック】#64 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78960498

Nicholas Payton (organ)
Brander Younger (harp)







これで
Jane Monheit / The Songbook Sessions: Ella Fitzgerald
の全トラックが紹介できました。

このアルバムを通して聴くと、確かにエラが歌っていた曲ではあるけれど、完全に ジェーン・モンハイトの歌唱になっていて、アルバム・タイトルやアルバムの企画を知らないまま聴くと、エラのソングブックとは気が付かない内容になっています。

ということがご理解いただけましたでしょうか。

ジェーン・モンハイトという素敵な歌手をしっかりと評価できたことと思います。

次はこれにしましょう。

Patti Austin / For Ella

Label: Concord Records

Recorded at WDRStudio 4 Köln, Germany June 19-22 & 28, 2001 and at Köln Philharmonic Hall June 26, 2001

1. Too Close for Comfort (Jerry Bock / Larry Holofcener / George David Weiss)
2. Honeysuckle Rose (Andy Razaf / Fats Waller)
3. You'll Have to Swing It (Mr. Paganini) (Sam Coslow)
4. Love Is Here to Stay (George Gershwin / Ira Gershwin)
5. A-Tisket, A-Tasket (Van Alexander / Ella Fitzgerald)
6. Miss Otis Regrets (Cole Porter)
7. Hard Hearted Hannah, (The Vamp of Savannah) (Milton Ager / Charles Bates / Bob Bigelow / Jack Yellen)
8. But Not for Me (George Gershwin / Ira Gershwin)
9. Satin Doll (Duke Ellington / Johnny Mercer / Billy Strayhorn)
10. The Man I Love (George Gershwin / Ira Gershwin)
11. Hearing Ella Sing (Arthur Hamilton / Patrick Williams)
12. How High the Moon (Nancy Hamilton / Morgan Lewis)

Musicians:
Arranged and conducted by Patrick Williams
Featuring the WDR Big Band with Gregg Field

パティ・オースティン、Patti Austin (born August 10, 1950) についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Patti_Austin
【気になる現代の歌姫たち】ではまだ取り上げていませんでしたが、このコミュニティでは何度も登場しています。
R&B色の強いジャズ・シンガーと見ていたのですが、こんなにしっかりとしたソングブック・アルバムを出していました。
彼女には多くのアルバムがあります。
https://www.allmusic.com/artist/patti-austin-mn0000017929/discography

彼女はダイナ・ワシントンの影響を大きく受けているように思っていたのですが、エラもずいぶん研究していたようです。
ダイナ・ワシントンは彼女のゴッド・マザーであり、クインシー・ジョーンズは彼女のゴッド・ファーザーになるそうです。

このアルバムではエラに対してやや敬意を表しすぎではないかと思われるトラックもありますが、彼女の歌唱を楽しんでください。
独の最高の楽団 WDR Big Band との録音です。
"Too Close for Comfort"

作曲・作詞: Jerry Bock, George David Weiss, and Larry Holofcener
作曲年 1956

この曲はミュージカル(舞台)Mr. Wonderful (1956) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/mr-wonderful-2408
https://en.wikipedia.org/wiki/Mr._Wonderful_(musical)
主演は Sammy Davis, Jr. です。

ジャズファンにとってはメル・トーメのアルバム Mel Tormé / "Swings Shubert Alley" 1960. の名唱が良く知られているのではないでしょうか。

パティの元気な歌唱を聴いてください。



Be wise, be smart, behave, my heart
Don't upset your cart when she's so close
Be soft, be sweet, but be discreet
Don't go off your feet, she's so close for comfort

Too close, too close for comfort, please, not again
Too close, too close to know just when to say "when"

Be firm, be fair, be sure, beware
On your guard, take care, while there's such temptation

One thing leads to another
Too late to run for cover
She's much too close for comfort now

Too close, too close for comfort, please, not again
Too close, too close to know just when to say "when"

Be firm and be fair, be sure, beware
On your guard, take care, while there's such temptation

One thing leads to another
Too late to run for cover
She's much too close for comfort now

Too close, much too close
She's much too close for comfort now

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/s/sammy+davis+jr/too+close+for+comfort_20802019.html

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song113.html

エラの音源です。



"Honeysuckle Rose"

作曲: Fats Waller
作詞: Andy Razaf
作曲年 1929

この曲は1929年のレビュー(舞台)"Load of Coal" で使われました。
(IBDbにはこの情報は出てきませんでした)

おなじみの大スタンダード曲になっています。
ファッツ・ウォーラー&アンディ・ラザフもおなじみのコンビですね。

honeysuckle: スイカズラ。花の蜜が甘いそうです。
(見かけたことがありますか?ホームセンターの花卉売り場で探してみてください)

糖尿病の人には体に悪そうな曲ですね :-)

このトラックの編曲はなかなか素敵です。



Every honey bee fills with jealousy
When they see you out with me
I don't blame him
Goodness knows
Honeysuckle rose

When you're passin' by flowers droop and sigh
And I know the reason why
You're my sweet
Goodness knows
Honeysuckle rose

Don't buy sugar
You just have to touch my cup
You're my sugar
It's sweet when you stir it up

When I'm taking sips from your tasty lips
Seems the honey fairly drips
You've got vision
Goodness knows
Honeysuckle rose

Every honey bee fills with jealousy
When they see you out with me
I don't blame him
Goodness knows
Honeysuckle rose

引用元はここ
https://genius.com/Fats-waller-honeysuckle-rose-lyrics

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20080720

エラ&カウント・ベイシー楽団のライブ動画です。






"You'll Have to Swing It (Mr. Paganini)"

作曲・作詞 : Sam Coslow
作曲年 1936

曲情報については>>[53] をご覧ください。
"If You Can't Sing It, You'll Have to Swing It (Mr. Paganini)"の方がよく使われる曲名かもしれません。

このトラックは、ちょっとエラに敬意を表しすぎじゃないかと思える内容になっています。
もう少しパティ自身のオリジナリティが欲しいところです。



エラのライブ動画です。


"Love Is Here to Stay"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1937

曲情報については【ジョージ・ガーシュイン ソングブック】#6 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78819952

ガーシュイン兄弟が書いた名曲中の名曲で、エラも何度か録音しています。

エラの音源と比べていただくと判るのですが、オケが一つのメロディをいろいろと加工しながら奏でるという編曲になっています。
パティのこのトラックも同様にオケが一つのメロディをいろいろと加工しながら奏でるという編曲になっています。

パティはスロー・バラードも上手いと感じさせてくれます。




エラの音源です。



"A-Tisket, A-Tasket"

作曲: Van Alexander
作詞: Ella Fitzgerald
作曲 1938

曲情報については>>[46] をご覧ください。

パティはこの曲が好きでよく歌っていたようですね。

Patrick Williams の編曲がいいですね。



"Miss Otis Regrets"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1934

曲情報については【コール・ポーター ソングブック】#[13] をご覧ください
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78794438

パティは自身の音楽キャリア、ゴスペルからR&Bが身についているのか、それらのスタイルを入れて見事に歌いこなしています。
ひょっとするとこのアルバムで一番のトラックになるかもしれません。

しかし、この曲のテーマは、どこの国の、いつの時代のものなのでしょうね。



"Hard Hearted Hannah"

作曲: Milton Ager
作詞: Jack Yellen, Bob Bigelow, and Charles Bates
作曲年 1924

曲情報については【レイ・チャールス ソングブック】#49 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=81616650

パティはずいぶん頑張っていますが、エラの歌唱で類似したものは見当たりませんでした。
エラはもう少し淡々と歌っていました。



エラの音源です。
映画 Pete Kelly's Blues (1955) の1シーンです。
http://www.imdb.com/title/tt0048484/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Pete_Kelly%27s_Blues_(film)



"But Not for Me"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1930

曲情報については【ジョージ・ガーシュイン ソングブック】#39, #105 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78819952

未だに "it's all bananas" の意味が分かりません(汗)
ここのところ
"Than any Russian play could guarantee"
は W&Rさんは「ロシア映画」と訳していますが、「ロシア劇」の方が相応しいかもしれません。
わたしは「ロシアン・ルーレット」のことかと思っていました(恥)



改めてヴァースのところを貼り付けておきます。
"riot" という語が出てきますが、大阪には "riot" という地ビール(エール)があります。
少し脱線しました ^^;

(Verse)
Old man sunshine, listen, you!
Never tell me "dreams come true."
Just try it --
And I'll start a riot.
I'm certain
It's the final curtain.
I never want to hear from any cheerful Pollyannas,
Who tell you fate,
Supplies a mate --
It's all bananas!

引用元はここ
https://ameblo.jp/chaco-jazz/entry-10638294723.html

>>[87]

もう少し調べてみますと加に Riot Brewing Co というビール醸造所がありました。
https://riotbrewing.com/brewery/#the-brewery

これが大阪の地ビール Nishinari Riot Ale です。
https://untappd.com/b/derailleur-brew-works-nishinari-riot-ale/2511187
https://www.facebook.com/Derailleurbrewworks/?hc_ref=ARSKZNOT4ujEQxC2IkBqa9W3KcKtLJIlQYHlGCPao0mIBrZewAOOchqg8LBUsgfDE4E&fref=nf

このエールがかなりいけるんです。
大量には流通していません。

更に脱線してしまいました(汗)

"Satin Doll"

作曲: Duke Ellington / Billy Strayhorn
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1953

曲情報については【デューク・エリントン ソングブック】#[8] をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=79085445



エラの音源です。




【ジョニー・マーサー ソングブック】 #94 のシルヴィア・シムスの音源の最後にありますように、
「デューク・エリントンが書いた素敵な曲なのに歌詞がないので誰も歌えない」
「そこで彼ら(デューク・エリントンとビリー・ストレイホーン?)がジョニー・マーサーに作詞を依頼した」
ジョニー・マーサーのおかげでこの曲が一段とポピュラーになったと言えるのかもしれません。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78960498

"The Man I Love"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1924

曲情報については【ジョージ・ガーシュイン ソングブック】#37 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78819952

この手の「男が欲しいわぁ…」と歌われる同趣旨の曲はいくつかありますね。
さっと思いつくところでは
"Someone to Watch Over Me" (George Gershwin/Ira Gershwin(1926))
"Skylark" (Hoagy Carmichael/Johnny Mercer(1941))
"Lover Man" (Jimmy Davis, Roger ("Ram") Ramirez, and James Sherman(1941))
"Baltimore Oriole" (Hoagy Carmichael/Paul Francis Webster(1942))
"Please Send Me Someone to Love" (Percy Mayfield(1950))
あたりがあります。

この内3曲は第二次世界大戦中に書かれています。



エラの音源です。


"Hearing Ella Sing"

作曲・作詞: Arthur Hamilton & Patrick Williams
作曲年 2001

このアルバムのための書下ろし曲です。
このトピックに登場した、エラのソングブックのために書き下ろされた曲はこれで3曲になります。

作曲者たちについてはは次をご覧ください。
Patrick Moody Williams (born April 23, 1939)
https://en.wikipedia.org/wiki/Patrick_Williams_(composer)
このアルバムのアレンジャーでもあります。

Arthur Hamilton (born Arthur Stern, c. 1926)
https://en.wikipedia.org/wiki/Arthur_Hamilton
ライナーノーツ(日本版)によると、同名の別人かもしれないとあります。
パティに問い合わせると何かわかるかもしれませんね。




Sweet and pure, taht's for sure
And you always know when you're
Hearing Ella sing
Cool and hot
If you're no grooving then you are not
Hearing Ella sing

She sang with Bing and Frank and Nat
On everything from jazz to scat
You bet your bottom dollar
That you learn to swing
Hearing Ella sing

Hear that bird bend that word
Ain't no sound like the one you heard
Hearing Ella sing
Hear the throat bend that note
You'll be hear than the writer wrote
Hearing Ella sing, yeah

She broke all the records at the record shop
And no one's gonna ever stop
Remembering
Hearing Ella sing

Oh, this ooh bla di is for my Ella
Let it flow, let her know
Man, we can still hear Ella all around us
Ella, Ella, we will never let you go

Oh this --- this for Ella
Let it flow, we can
We can still hear Ella all around us
Come on, come on, come on
You gotta let her know
Oh, Miss Fitzgerald
We will never let you go
Ella, Ella, oh, Ella
We will never let you go

ライナーノーツより




"How High the Moon"

作曲: Morgan Lewis
作詞: Nancy Hamilton
作曲年 1940

曲情報については >>[7] をご覧ください。

ちょっとエラに沿いすぎている歌唱ですね。
もっとオリジナリティを発揮してほしいところです。



これで
Patti Austin / For Ella
の全トラックが紹介できました。

トピックの紹介のところをご覧いただきますとお分かりのように、エラのソングブックはあと1枚しか発見できていません。

他にもこんなんがあるでぇとご存知の方がいらっしゃいましたらぜひお教えください。
次はこれにしましょう。

Carol Sloane / Songs Ella & Louis Sang

Label: Concord Records

Recorded May 7 - 9, 1997.

1. I Won't Dance (Dorothy Fields / Otto Harbach / Oscar Hammerstein II / Jerome Kern / Jimmy McHugh)
2. Tenderly (Walter Gross / Jack Lawrence)
3. Don't Be That Way (Benny Goodman / Mitchell Parish / Edgar Sampson)
4. Can't We Be Friends? (Paul James / Kay Swift)
5. Gee Baby, Ain't I Good to You (Andy Razaf / Don Redman)
6. Autumn in New York (Vernon Duke)
7. Let's Do It (Let's Fall in Love) (Cole Porter)
8. Stars Fell on Alabama (Mitchell Parish / Frank Perkins)
9. Moonlight in Vermont (John Blackburn / Karl Suessdorf)
10. Blueberry Hill (Al Lewis / Vincent Rose / Larry Stock)
11. Stompin' at the Savoy (Benny Goodman / Andy Razaf / Edgar Sampson / Chick Webb)
12. When It's Sleepy Time Down South (Clarence Muse / Otis Rene / Leon René)

Musicians:
Carol Sloane (vo)
Clark Terry (flugelhorn, tp, vo)
Bill Charap (p)
Marcus McLaurine (b)
Dennis Mackrel (ds)

キャロル・スローンについては、他のトピックですでに取り上げていますので、ここでは詳しくは延べませんが、原題を代表する歌姫です。
Carol Sloane (born March 5, 1937)
https://en.wikipedia.org/wiki/Carol_Sloane

クラーク・テリーはスイング、バップ、メインストリームと、50年を超えてジャズの最前線を歩んできたトランぺッターで、演奏家として、歌手として、エンターテイナーとしてもよく知られていますが、少し前の2015年に鬼籍に入っています。
Clark Virgil Terry Jr. (December 14, 1920 – February 21, 2015)
https://en.wikipedia.org/wiki/Clark_Terry
また彼は、スキャットを超越した(?)「マンブリング(mumbling)」という唱法を作り上げています。

この2人があるとき共演する機会があり、その後レコード会社の意向もあってか、2人のアルバムを作ることになりました。
これが本アルバムです。

ここで彼らのエンタテインメント性が顕れたのか、題材として、エラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロングが共演した2枚のアルバムからの選曲で構成することになったのです。
トランぺッター兼ヴォーカリストと歌姫という組み合わせが上記のアルバムを思い浮かべさせたのかもしれません。

Ella Fitzgerald / Louis Armstrong / Ella and Louis
Ella Fitzgerald / Louis Armstrong / Ella & Louis Again

題材として2枚のアルバムから選曲したものの、演奏歌唱は全く2人のスタイルで、1997年当時のジャズのメインストリームの演奏歌唱になっています。
このことを知らずに聴いても、上記の2枚を思い出すことなく、2人の楽しい演奏歌唱として聴けるアルバムになっています。


題材になったアルバムについては次の項にします。

エラ・フィッツジェラルドについては、このトピックの冒頭のつたない解説の他に、いくつものソングブックシリーズのトピックで紹介しています。

ルイ・アームストロングについては、Wikipedia をご覧ください。
Louis Daniel Armstrong (August 4, 1901 – July 6, 1971)
https://en.wikipedia.org/wiki/Louis_Armstrong

ニューオリンズで生まれ育ったルイは1920年代にシカゴに移動し、シカゴスタイルと呼ばれる演奏スタイルを作り上げ絶大な人気を博しました。
ジャズにはその後スイング、バップ、クール、メインストリームその他のムーブメントがありましたが、それらのムーブメントに手を出すことなく自身が作り上げたスタイルでの演奏歌唱を取り続けていても人気は絶大なものでした。

このジャズのビッグネーム同士を組み合わせたアルバムが
Ella Fitzgerald / Louis Armstrong / Ella and Louis (1956)
https://www.allmusic.com/album/ella-and-louis-mw0000191819
です。

このアルバムはセールス的には好評のようで続編まで作られています。
Ella Fitzgerald / Louis Armstrong / Ella & Louis Again (1957)
https://www.allmusic.com/album/ella-louis-again-mw0000188027


上記のLPの日本版が出て、日本のラジオで取り上げられるようになったのは1960年代のことと思うのですが、初めて耳にした時に、何とアンバランスな演奏歌唱なんだろうかと耳を疑いました。
このアルバムが録音された当時、エラはジャズのメインストリームの最前線にいる人、一方ルイは1920年代のシカゴスタイルのままの人、この2人が組んでも1956年時点のジャズを何ら変化、進歩させるような内容ではなかったのです。
その後ラジオで何度か繰り返し耳にするようになった時には、落胆を通り越して不愉快さすら感じることがありました。

いわばサーカスの見世物としてビッグネームを2人持ってきたもののようにしか感じることができませんでした。

それぞれのアルバムの収録曲は次のようになっています。

Ella Fitzgerald / Louis Armstrong / Ella and Louis (1956)

1. Can't We Be Friends?
2. Isn't This a Lovely Day?
3. Moonlight in Vermont
4. They Can't Take That Away from Me
5. Under a Blanket of Blue
6. Tenderly
7. A Foggy Day
8. Stars Fell on Alabama
9. Cheek to Cheek
10. The Nearness of You
11. April in Paris

Ella Fitzgerald / Louis Armstrong / Ella & Louis Again (1957)

1. Don't Be That Way
2. Makin' Whoopee
3. They All Laughed
4. Comes Love
5. Autumn in New York
6. Let's Do It (Let's Fall in Love)
7. Stompin' at the Savoy
8. I Won't Dance
9. Gee Baby, Ain't I Good to You

Disc 2
1. Let's Call the Whole Thing Off
2. These Foolish Things
3. I've Got My Love to Keep Me Warm
4. Willow Weep for Me
5. I'm Putting All My Eggs in One Basket
6. A Fine Romance
7. Ill Wind
8. Love Is Here to Stay
9. I Get a Kick Out of You
10. Learnin' the Blues

LPからCD化されるときに付け加えられたトラックがあると思います。
しかし、何と有名曲ばかり集めたアルバムなのでしょうか。
ほとんどの収録曲はこのコミュニティの一連のトピックで取り上げてきています。

"I Won't Dance"

作詞: Otto Harbach / Oscar Hammerstein II (1934)
作詞: Dorothy Fields / Jimmy McHugh (1935)
作曲年 1934

曲情報については【ジェローム・カーン ソングブック】#38 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?page=1&comm_id=6028752&id=78819979



エラ&ルイの音源です。



"Tenderly"

作曲: Walter Gross
作詞: Jack Lawrence
作曲年 1946

作曲者、作詞者についてはこちらをご覧ください。

Walter Gross (July 14, 1909 – November 27, 1967)
https://en.wikipedia.org/wiki/Walter_Gross_(musician)

Jack Lawrence (born Jacob Louis Schwartz, April 7, 1912 – March 16, 2009)
https://en.wikipedia.org/wiki/Jack_Lawrence

この曲はサラ・ヴォーンの最初のヒット曲として、またローズマリー・クルーニーの十八番としてもよく知られている大スタンダード曲ですね。
(わたしはアニタのこの曲の歌唱が大好きです)

曲情報については【サラ・ヴォーン ソングブック】#9 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=79344159



エラ&ルイの音源です。



ついでにエラ単独のも聴いておきましょう。



"Don't Be That Way"

作曲: Benny Goodman & Edgar Sampson
作詞: Mitchell Parish
作曲年 1938

この曲は1938年のベニー・グッドマン楽団の伝説的なカーネギー・ホールのコンサートで披露されています。
ベニー・グッドマン楽団の録音が同年の大ヒットになりました。
後年、(星男)ミッチェル・パリッシュが詞をつけ、ミルドレッド・ベイリーの歌がヒットしました。

作曲者に名を連ねている Edgar Melvin Sampson (October 31, 1907 – January 16, 1973) はチック・ウエッブ楽団の編曲者でもあり、"Stompin' at the Savoy" の作曲者としてもよく知られています。
(チック・ウエッブ楽団とエラの関係はどっかで書いた記憶が…)

1938年のベニー・グッドマン楽団というと、チャーリー・クリスチャンが入団する少し前になりますね。



April skies are in your eyes, but darling, don't be blue
Don't cry, oh honey, please don't be that way
Clouds in the sky should never make you feel that way
The rain will bring the violets of May

Tears are in vain, so honey, please don't be that way
As long as we see it through, you'll have me, I'll have you
Sweetheart, tomorrow is another day
Don't break my heart, oh honey, please don't be that way

Don't cry, oh honey, please, don't be that way
Clouds in the sky should never make you feel that way
The rain will bring the violets of May
Tears in vain, so honey please don't be that way

As long as we will see it through, you'll have me and I'll have you
Sweetheart, tomorrow is another day
Don't break my heart, oh honey, please, don't be that way
Don't cry, don't cry, don't cry

引用元はここ
https://genius.com/Benny-goodman-dont-be-that-way-lyrics

歌詞の和訳があります。
https://ameblo.jp/chaco-jazz/entry-10857067480.html

エラ&ルイの音源です。



エラ単独の1961年の録音も聴いておきましょう。



"Can't We Be Friends?"

作曲: Kay Swift
作詞: Paul James
作曲年 1929

この曲はミュージカル(舞台)The Little Show (1929) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Little_Show
https://www.ibdb.com/broadway-production/the-little-show-10895

Kay Swift
https://en.wikipedia.org/wiki/Kay_Swift

Paul James
https://en.wikipedia.org/wiki/James_Warburg



I thought I'd found the man of my dreams
Now it seems, this is how the story ends
He's going to turn me down and say
"Can't we be friends?"

I thought for once it couldn't go wrong
Not for long! I can see the way this ends
He's going to turn me down and say
"Can't we be friends?"

Never again, through with love
Through with men
They play their game without shame
And who's to blame?

I thought I'd found a man I could trust
What a bust, this is how the story ends
He's going to turn me down and say
"Can't we be friends?"

Yes, I thought I knew the wheat from the chaff
What a laugh, this is how our story ends
I'll let her turn me down and say
"Can't we be friends?"

I acted like a kid out of school
What a fool, now I see this is the end
I'll let her turn me down and say
"Can't we be friends?"

Oh, what should I give?
Though he gave me the air
Why should I cry?
He was sigh and wonder why

Yes, I should have seen the signal to stop
What a flop, this is how the story ends
She's gonna turn me down and say
"Can't we be friends?"

What should I give?
Though he gave me the air
And why should I cry?
He was sigh and wonder why

I should have seen the signal to stop
What a flop, this is how the story ends
I let him turn me down and say
Can't we be, can't we be, can't we be
Can't we be, can't we be, can't we be friends?
Oh, yes


引用元はここ
https://genius.com/Ella-fitzgerald-and-louis-armstrong-cant-we-be-friends-lyrics

歌詞の和訳があります。
http://wasure71.blogspot.com/2013/05/cant-we-be-friendsella-fitzgerald.html

エラ&ルイの音源です。


"Gee Baby, Ain't I Good to You"

作曲・作詞: Andy Razaf & Don Redman
作曲年 1929

Andy Razaf
https://en.wikipedia.org/wiki/Andy_Razaf

Don Redman
https://en.wikipedia.org/wiki/Don_Redman



Love makes me treat you the way that I do
Baby, ain't I good to you
Nothing in this world too good for a girl so good and true
Whoa, baby, ain't I good to you

I bought you a fur coat for Christmas
And a diamond ring, yes I did
And a big Cadillac car, and everything

What makes me treat you the way that I do
It must be love baby
That's why I'm so good to you

I bought you a fur coat for Christmas
And a diamond ring,
And a great big Eldorado, and everything
Related

It must be love that makes me treat you the way that I do
Gee,
Baby ain't I good to you

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/gee-baby-aint-i-good-to-you-lyrics-ella-fitzgerald.html

歌詞の和訳があります。
http://www.geocities.jp/bebi_swinging/geebaby.html

エラ&ルイの音源です





ログインすると、残り60件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。