ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > エラ・フィッツジェラルド ソン...

Standard Jazz Songコミュのエラ・フィッツジェラルド ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

エラ・フィッツジェラルド ソングブックの対象になりますのは、エラが作詞あるいは作曲を手がけた曲だけではなく、というよりも、エラがアルバムに録音して、世界中でよく聴かれた曲や、エラがステージで好んで取り上げた曲等、ああっ、この曲はエラが歌っていたなぁという曲を取り上げたソングブックアルバムになります。
この、エラの十八番とでも言うべき曲を集めて、わたしが歌ったらこうなる…というソングブック・アルバムが結構あるのです。

彼女は、First Lady of Song, Queen of Jazz, Lady Ella 等とも称されています。

ジャズ史に輝く最高のヴォーカリストの一人、エラ・フィッツジェラルドを耳にしたことがないというジャズファンは、まずいないでしょう。

みなさんもエラの歌唱としてすぐに思い浮かぶ曲がいくつか(も)あることでしょう。

Ella Jane Fitzgerald (April 25, 1917 – June 15, 1996) は1935年ころからチック・ウェブ (Chick Webb) 楽団の専属歌手として活動を始め、人気が沸騰するようになりました。
1938年には、エラが少し手を加えた曲 "A-Tisket, A-Tasket" が大ヒットしました。
1939年のチック・ウェブの死後はエラはしばらくの間、同楽団を率いて活動していました。

その後も Norman Granz 率いるJATPでの活躍等は、みなさんのジャズ知識の中に残っていることでしょう。

また、ピアノの巨人、トミー・フラナガンが、1963年から1965年まで、次いで1968年から1978年までは、伴奏者としてエラ・フィッツジェラルドと共演したこともよくご存知でいらっしゃるでしょう。


また、エラ自身も有名作曲家のソングブック・アルバムを多く出していまして、いずれもジャズ史に残る名盤となっています。
コール・ポーターソングブックに至っては2度製作しています。
エラはソングブック・アルバムを一番多く出している歌手かもしれません。

エラが出したソングブック・アルバムにはこのようなものがあります。

Ella Fitzgerald sings the Gershwin songbook
Ella Fitzgerald the Great American songbook
Ella Fitzgerald sings the Cole Porter songbook
Ella Fitzgerald sings the Duke Ellington songbook
Ella Fitzgerald sings the Rodgers and Hart songbook
Ella Fitzgerald sings the Harold Arlen songbook
Ella Fitzgerald sings the Irving Berlin songbook
Ella Fitzgerald sings the Johnny Mercer songbook
Ella Fitzgerald sings the Jerome Kern songbook
Ella Loves Cole

エラ自身の履歴は Wikipedia にしっかりと記事がありますので、じっくりとご覧になってください。

Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Ella_Fitzgerald

音楽媒体の変遷がSPレコード、LPレコード、CDと変化していく時代の流れの中で、非常に多くの録音が残っています。
これからエラを系統的に聴きなおしてみたいという方は、多くのオムニバス盤やベスト盤がありますので、それらに惑わされることなく、DiscogsやAll Music等のデータを参考にしながら入手されるのがいいでしょう。

Discogs
http://www.discogs.com/artist/31615-Ella-Fitzgerald

All Music
http://www.allmusic.com/artist/ella-fitzgerald-mn0000184502/discography

amazon
http://www.amazon.com/s/ref=nb_sb_noss_2?url=search-alias%3Dpopular&field-keywords=ella+fitzgerald

また、エラは映画にもいくつか出て、その中で歌唱を披露しています。
(中には、出来の悪い曲をエラが一生懸命歌っているものもあります ^^;)

IMDb
http://www.imdb.com/name/nm0280228/?ref_=fn_al_nm_1

エラ自身の伝記的ミュージカルも作られ、【現代の歌姫たち】でとりあげていますフリーダ・ペインがエラの役を演じ、歌っています。
http://www.metrostage.org/ella,-first-lady-of-song.html#.Vcb8nrXEIUp

エラについて書かれた書籍もたくさんあります。
http://www.amazon.com/s/ref=nb_sb_noss?url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=Ella+Fitzgerald

なぜか、エラの公式サイトというのもありました。
http://www.ellafitzgerald.com/


みなさんも、この人のエラのソングブックがあるよ、というのをご存知でいらっしゃったらぜひご紹介ください。


*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#61 - Jane Monheit / The Songbook Sessions: Ella Fitzgerald / Emerald City Records / 2015
#45 - Dee Dee Bridgewater / Dear Ella / Emarcy / 1997
#27 - Denise Jannah / Ella! : Denise Jannah sings Ella Fitzgerald / September / 2015
#1 - Ann Hampton Callaway / To Ella with Love / Shanachie Entertainment / 1996


*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
 Carol Sloane / Songs Ella & Louis Sang
 Patti Austin / For Ella 


*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"A-Tisket, A-Tasket" (Van Alexander/Ella Fitzgerald/1938) - (#46)
"All Too Soon" (Duke Ellington/Carl Sigman/1940) - (#62)
"Basin Street Blues" (Spencer Williams/Glenn Miller & Jack Teagarden/1928) - (#40)
"Blue Skies" (Irving Berlin/1926) - (#29)
"Body And Soul" (Johnny Green/Edward Heyman & Robert Sour & Frank Eyton/1930) - (#13)
"But Not for Me" (George Gershwin/Ira Gershwin/1930) - (#11)
"Chelsea Mood"(Duke Ellington & Billy Strayhorn/Manny Kurtz & Irving Mills/????) - (#64)
"Comes Love" (Sam H.Stept/Lew Brown & Charlie Tobias/1939) - (#38)
"Cotton Tail" (Duke Ellington/Duke Ellington & Jon Hendricks/1940) - (#54)
"Dear Ella" (Kenny Burrell/1997) - (#59)
"Do Nothin' Till You Hear from Me" (Duke Ellington/Bob Russell/1940) - (#3)
"Early Autumn" (Ralph Burns&Woody Herman/Johnny Mercer/1949) - (#30)
"Embraceable You" (George Gershwin/Ira Gershwin/1928) - (#6)
"Ev'ry Time We Say Goodbye" (Cole Porter/1944) - (#19)
"A Fine Romance" (Jerome Kern/Dorothy Fields/1936) - (#4)
"How High the Moon" (Morgan Lewis/Nancy Hamilton/1940) - (#7, 52)
"I Got It Bad (And That Ain't Good)" (Duke Ellington/Paul Francis Webster/1941) - (#20, 37)
" I'm Beginning to See the Light" (Duke Ellington & Don George & Johnny Hodges & Harry James/1944) - (#12)
"If You Can't Sing It, You'll Have to Swing It (Mr. Paganini)" (Sam Coslow/1936) - (#53)
"If I Were a Bell" (Frank Loesser/1950) - (#33)
"It's Delovely" (Cole Porter/1936) - (#41)
"Let's Do It (Let's Fall in Love)" (Cole Porter/1928) - (#51)
"Let's Fall in Love" (Harold Arlen/Ted Koehler/1933 - (#2)
"Little Girl Blue" (Richard Rodgers/Lorenz Hart/1935) - (#16)
"Lullaby of Birdland" (George Shearing/George David Weiss/1952) - (#17)
"Mack the Knife"(Kurt Weill/Bertolt Brecht & Marc Blitzstein/1928) - (#48)
"Midnight Sun" (Francis "Sonny" Burke & Lionel Hampton/Johnny Mercer/1947) - (#50)
"Moonlight In Vermont" (Karl Suessdorf/John Blackburn/1944) - (#34)
"My Heart Belongs to Daddy" (Cole Porter/1938) - (#55)
"Nature Boy" (Eden Ahbez/1947) - (#35)
"Oh, Lady Be Good" (George Gershwin/Ira Gershwin/1924) - (#21, 57)
"On a Slow Boat to China" (Frank Loesser/1948) - (#56)
"Reach For Tomorrow" (James McHugh/Ned Washington/1960)- (#42)
"Somebody Loves Me"(George Gershwin/Buddy DeSylva & Ballard MacDonald/1924) - (#63)
"Someone to Watch Over Me" (George Gershwin/Ira Gershwin/1926) - (#32)
"Something's Gotta Give" (Johnny Mercer/1955) - (#65)
"Sophisticated Lady" (Duke Ellington & Irving Mills/Mitchell Parish/1932) - (#39)
"Stairway to the Stars" (Matt Malneck & Frank Signorelli/Mitchell Parish/1935) - (#58)
"That Old Black Magic" (Harold Arlen/Johnny Mercer/1942) - (#15, 36)
"To Ella" (Denise Jannah/2015) - (#31)
"Undecided"(Sydney Robin/Charlie Shavers/1938) - (#49)







コメント(65)

>>[25]

エラのソングブックはもう少しだけリソースが手元にありますので、カーメン・マクレイ・ソングブックが区切りがついたあたりで、こちらを続けようと考えています。

今しばらくお待ちくださいね。

現在展開しているトピが数あるので、一つのトピについては2回/月程度しか更新できていません。

次はこれにしましょう。
>>[14] で紹介があったアルバムです。

Denise Jannah / Ella! : Denise Jannah sings Ella Fitzgerald

Label : September

Recorded on July 18, 2015, March 17, 2015

1. Blue Skies (Irving Berlin)
2. Early Autumn (Ralph Burns / Woody Herman / Johnny Mercer)
3. To Ella (Denise Jannah)
4. Someone To Watch Over Me (Ira Gershwin / George Gershwin)
5. If I Were A Bell (Frank Loesser)
6. Moonlight In Vermont (Karl Suessdorf / John Blackburn / Vernon Duke)
7. Nature Boy (Eden Ahbez)
8. That Old Black Magic (Harold Arlen / Johnny Mercer)
9. I've Got It Bad And That Ain't Good (Duke Ellington / Paul Francis Webster)
10. Comes Love (Sam Stept / Law Brown / Charles Tobias)
11. Sophisticated Lady (Duke Ellington / Mitchell Parish)
12. Basin Street Blues (Spencer Williams)
13. It's Delovely (Cole Porter)
14. Reach For Tomorrow (Ned Washington / James McHugh)


Musicians
Denise Jannah (vo)
Rob Van Kreeveld (p except 3,11)
Hans Mantel (b except 3,11)
John Engels (ds except 3,11)
Ack Van Rooyen (flh on 3,6,9,12)
Jack Van Poll (p on 3,11)

Denise Jannah については、現代の歌姫たち【デニース・ジャナ】をご覧ください。
蘭の歌姫、彼女がスリナムにいた少女の頃からエラを聴いて来て、8歳の頃からエラの歌う歌を歌ってきた、というようにエラの影響を受けています。

エラのソングブックとして、選曲がユニークな感じも受けます。

もしあなたがエラのソングブックとしてCD1枚分、14曲ほどを選ぶとすると、どのような曲を選びますか?



"Blue Skies"

作曲 : Irving Berlin
作曲年 1926

この曲はミュージカル(舞台)"Betsy (1926)" で使われました。
http://www.ibdb.com/production.php?id=10189
このミュージカルはリチャード・ロジャース / ロレンツ・ハートのコンビが音楽を担当し、その中にアーヴィング・バーリンのこの曲が1曲だけ使われました。

舞台の翌年、1927年に映画初のミュージカル映画 "The Jazz Singer(1927)" の中でこの曲が使われ、アル・ジョルスンがこの曲を歌ったものが大ヒット曲になりました。
http://www.imdb.com/title/tt0018037/?ref_=fn_al_tt_2

アーヴィング・バーリンの大ヒット曲の一つです。
曲名が複数形になっているところも記憶しておくと良いでしょう。


デニース・ジャナの実に軽快なジャズ歌唱です。



I was blue, just as blue as I could be
Ev'ry day was a cloudy day for me
Then good luck came a-knocking at my door
Skies were gray but they're not gray anymore

Blue skies
Smiling at me
Nothing but blue skies
Do I see

Bluebirds
Singing a song
Nothing but bluebirds
All day long

Never saw the sun shining so bright
Never saw things going so right
Noticing the days hurrying by
When you're in love, my how they fly

Blue days
All of them gone
Nothing but blue skies
From now on


歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070222


エラ1947年のライブ録音です。
どうやらスキャットで掛け合いをしているのはバディ・リッチのようです。



"Early Autumn"

作曲 : Ralph Burns / Woody Herman
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1949

ウディー・ハーマン楽団セカンド・ハードの時の大ヒット曲で、スタン・ゲッツのソロがすばらしい演奏で知られています。
ラルフ・バーンズはウディー・ハーマン楽団の編曲者でした。
後年、ジョニー・マーサーが詞をつけました。

大スタンダード曲になっています。

デニース・ジャナのこの歌唱は何度も何度も聴きなおしたくなります。

Rob Van Kreeveld のピアノもいいですね :-)



When an early autumn walks the land and chills the breeze
And touches with her hand the summer trees
Perhaps you'll understand what memories I own

There's a dance pavilion in the rain all shuttered down
A winding country lane all russet brown
A frosty window pane shows me a town grown lonely

That spring of ours that started so April-hearted
Seemed made for just a boy and girl
I never dreamed, did you, any fall would come in view
So early, early

Darling, if you care, please, let me know
I'll meet you anywhere, I miss you so
Let's never have to share another early autumn

歌詞の和訳があります。
http://homepage2.nifty.com/jazzsong/Song34.html


エラ1956年の音源です。


"To Ella"

作曲・作詞 : Denise Jannah
作曲年 2015

このアルバムのためにデニース・ジャナが書き下ろした曲です。

ライナーに歌詞が載っていませんのでじっくりとヒアリングしてください。



"Someone to Watch Over Me"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1926

曲情報については【ジョージ・ガーシュイン ソングブック】 #21 をご覧ください。

デニースは、例のメロディー・ラインと歌詞の切れ目が不一致のところも、言葉を大切にした区切りで歌っています。




エラの音源です。



"If I Were a Bell"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年 1950

曲情報については【フランク・レッサー ソングブック】 #13 をご覧ください。

デニースは「もしわたしが鐘だったら、ディンドンディンと鳴り響いてる」という弾む気持ちを実に明るく歌っています。



エラの音源です。



"Moonlight In Vermont"

作曲 : Karl Suessdorf
作詞 : John Blackburn
作曲年 : 1944

作詞者の John Blackburn についてはこちらを
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Blackburn_(songwriter)
作曲者の Karl Suessdorf についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Karl_Suessdorf

曲情報については【スタンダードソングタイトルの、名迷訳】 #67 をご覧ください。

イントロを聞くと、をやっ?と思いますが、コーラスが始まると安心します。



エラとフランク・シナトラのデュオの動画がありました。



"Nature Boy"

作曲・作詞 : Eden Ahbez
作曲年 1947

このコミュでは何度か取り上げている曲ですが、1948年のナット・キング・コールの録音で大ヒットし、スタンダード曲になっています。

作曲者の Eden Ahbez についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Eden_ahbez
ヒッピーの走りのような生活を送った人のようです。

無伴奏でデニースが出てくるところがドキドキさせてくれます。



There was a boy
A very strange enchanted boy
They say he wandered very far, very far
Over land and sea
A little shy and sad of eye
But very wise was he

And then one day
A magic day he passed my way
And while we spoke of many things
Fools and kings
This he said to me
The greatest thing you'll ever learn
Is just to love and be loved in return

The greatest thing you'll ever learn
Is just to love and be loved in return

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070327

エラの音源です。
ジョー・パスとのデュオです。


"That Old Black Magic"

作曲 : Harold Arlen
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1942

曲情報については【ジョニー・マーサー ソングブック】 #7 をご覧ください。

ハロルド・アーレン & ジョニー・マーサーのコンビが書いた大スタンダード曲ですね。

ドラムスのブラシとデニースのデュオで始まる導入部がドキドキさせてくれます。
デニースは実に軽快にスイングしています。



エラのベルリンでのライブ録音、例の有名な音源です。






"I Got It Bad (And That Ain't Good)"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Paul Francis Webster
作曲年 1941

曲情報については >>[20] をご覧ください。

曲名なのですが、アルバムでは "I've Got It Bad And That Ain't Good" となっています。
"I Got It Bad (And That Ain't Good)"と同じ曲です。
Wikipedia では"I Got It Bad (And That Ain't Good)"にリダイレクトされます。
デニースはアルバムタイトルの歌詞で歌っています。

少しだけ混乱しましたが、もともとの曲名がどちらなのか、よくわかっていません。



エラは "I Got It Bad And That Ain't Good" と歌っています。


"Comes Love"

作曲 : Sam H.Stept
作詞 : Lew Brown / Charlie Tobias
作曲年 1939

曲情報については【愛しちゃったのよ! その2】 #821 - で展開していますので、そちらをご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=17&id=75023587

実に楽しい曲で、『もうあかんねんでぇ〜、どないもでけへんねんでぇ〜』とどのように歌い上げるかが興味の対象ですね。



エラの音源です。


"Sophisticated Lady"

作曲 : Duke Ellington / Irving Mills
作詞 : Mitchell Parish
作曲年 1932

曲情報については【デューク・エリントン ソングブック】 #11 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=79085445

おなじみの名曲ですね。



エラの音源です。




"Basin Street Blues"

作曲 : Spencer Williams
作詞 : Glenn Miller & Jack Teagarden
作曲年 1928

古典だと思っていたこの曲が、思っていたほどには古い極でなかったと、お気づきになりませんか。
歌詞は後年書かれていますが、グレン・ミラーとジャック・ティーガーデンが絡んでいたとは!という驚きもありますね。
W.C.ハンディの時代のものよりもず〜っと新しかったのです。

とはいえ、米国政府の命令で1917年にニューオーリンズの紅灯街は閉鎖されたのですが、1928年には復活していたのでしょうか?

で、この曲をエラが歌っていたことをすぐには思い出せますか?
彼女の1956年のアルバム Lullabies of Birdland に収録されています。
他に、1975年にリリースされた Ella Fitzgerald ‎– Basin Street Blues にも入っています。
それ以外にもコンピレーション・アルバムがいくつかあるようです。
http://www.allmusic.com/song/basin-street-blues-mt0006584598



Won't you come along with me
To the Mississippi
We'll take a boat to the land of dreams
Steam down the river, down to New Orleans

The band's there to meet us
Old friends there to greet us
Where all the proud and elite folks meet
Heaven on earth, they call it Basin Street

Basin Street is the street
Where the best folks always meet
In New Orleans, land of dreams
You'll never know how nice it seems
Or just how much it really means

Glad to be, oh yes-sire
Where welcome's free and dear to me
Where I can lose, lose my Basin Street Blues

Basin Street, oh Basin Street
Is the street, mama (scat)
New Orleans, land of dreams

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/e/ella+fitzgerald/basin+street+blues_20806789.html

歌詞の和訳があります。
http://sound.jp/sogakiyotaka/lyrics/11.htm

エラの1956年のアルバム Lullabies of Birdland が音源でしょう。
ルイ・アームストトングのものまねが入っています。



"It's Delovely"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1936

曲情報については【コール・ポーター ソングブック】#39 - 45 をご覧ください。


"Reach For Tomorrow"

作曲 : James McHugh
作詞 : Ned Washington
作曲年 1960

この曲は映画 Let No Man Write My Epitaph (1960) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0054021/?ref_=fn_al_tt_1

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、歌詞をじっくりと眺めてください。



Reach for tomorrow
Today belongs to the past
The golden hopes of your yesterdays
Can all be yours at last

Reach for tomorrow
And keep your head in the sky
You may get hurt
In a thousand ways
But give it one more try

Have no regret about
Forget about
The chances you missed
In days to come
I know there's something
Better than this

Reach for tomorrow
And keep your dreams ever new
No matter how many times it seems
That dreams are not for you

Reach for tomorrow
And make them all come true

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/ellafitzgerald/reachfortomorrow.html

エラの音源です。


>>[42] "Reach For Tomorrow"

IMDbのデータを眺めて見ますと、この映画にはエラが出演していたのですね。
映画の中でエラの歌が流れたのかもしれません。

この映画は日本未公開のようです。


A・C・クラークに同名の小説があるのですが別物です。

これで
Denise Jannah / Ella! : Denise Jannah sings Ella Fitzgerald
の全トラックの紹介ができました。

エラ・フィッツジェラルド ソングブックはもう少し掘り起こしてあるので、ぼちぼちと続けていきましょう。
しかしアルバムの中には値段がこなれていないものがあります。
つぎはこれにしましょう。

Dee Dee Bridgewater / Dear Ella

Label : Emarcy

Recorded at New York, February 1 & 2, 1997, Right Track Recording Studios.

1. A-Tisket, A-Tasket (Van Alexander / Ella Fitzgerald)
2. Mack the Knife (Marc Blitzstein / Bertolt Brecht / Kurt Weill)
3. Undecided (Sid Robin / Sydney Robin / Charlie Shavers)
4. Midnight Sun (Sonny Burke / Lionel Hampton / Johnny Mercer)
5. Let's Do It (Let's Fall in Love) (Cole Porter)
6. How High the Moon (Nancy Hamilton / Morgan Lewis)
7. If You Can't Sing It, You'll Have to Swing It (Mr. Paganini) (Sam Coslow)
8. Cotton Tail (Duke Ellington)
9. My Heart Belongs to Daddy (Cole Porter)
10. (I'd Like to Get You on A) Slow Boat to China (Frank Loesser)
11. Oh, Lady, Be Good! (George Gershwin / Ira Gershwin)
12. Stairway to the Stars (Matty Malneck / Mitchell Parish / Frank Signorelli)
13. Dear Ella (Kenny Burrell)

Musicians
Dee Dee Bridgewater (vo)
Byron Stripling (lead tp)
Ron Tooley, Virgil Jones, Diego Urcola (tp)
Bob Trowers (lead tb)
Clarence Banks, Benny Powell (tb)
Doug Purviance (bass tb)
Jeff Clayton (lead as)
Antonio Hart (as)
Bill easley, Teodross Avery (ts)
Patience Higgins (bs)
Lou Levy (p)
Ray Brown (b)
Grady Tate (ds)

その他、トラック毎にオーケストラ、ビッグバンド、コンボ、トリオ、デュオの演奏があり、参加メンバーが異なります。


このコミュで何度も登場しています実力者、現代を代表する歌姫の一人、ディー・ディー・ブリッジウォーターが、敬愛するエラ・フィッツジェラルドに捧げたアルバムです。

ディー・ディーが初めてエラに会ったのは1983年、なんと、東京でのことだったそうです。
たまたま仕事で来日していたディー・ディーが、JATPの公演で来日していたエラの楽屋を訪ねたところ、ノーマン・グランツが迎え入れてくれて、エラと親しく話ができたそうです。

ディー・ディーは、私たちにとって、エラそしてビリー・ホリデイとサラ・ヴォーンは、伝統的なジャズの歌唱スタイルを、21世紀に向けてのスタイルへと方向付けてくれたと評価しています。

このアルバムにはエラにゆかりのあるミュージシャンを迎えています。
レイ・ブラウンその人です。
(多くを語る必要はないでしょう)


ディー・ディーには前記の3人、エラ、サラ、ビリーのソングブックがあります。
サラ、ビリーはそれぞれのソングブック・トピックで取り上げています。



"A-Tisket, A-Tasket"

作曲 : Van Alexander
作詞 : Ella Fitzgerald
作曲 1938

この曲はエラの最初の大ヒット曲として知られています。
チック・ウエッブ楽団の専属歌手だったエラの1938年の録音が大ヒットしました。

この曲は、元々は19世紀後半の米国の子供たちが歌っていた曲だそうです。
それに手を加えて、ジャズにして、エラ/チック・ウエッブが大ヒットさせたものです。

ディー・ディーはまさに彼女自身のスタイルで歌っていて、この曲の新しい解釈とでもいうものを聞かせてくれます。



A-tisket A-tasket
A brown and yellow basket
I send a letter to my mommy
On the way I dropped it
I dropped it
I dropped it
Yes on the way I dropped it
A little girlie picked it up
And put it in her pocket
SHE WAS TRUCKIN ON DOWN THE AVENUE
Not a single thing to do
She went peck peck pecking all around
When she spied it on the ground
She took it
She took it
My little yellow basket
And if she doesn't bring it back I think that I will die

A-tisket A-tasket
I lost my yellow basket
And if the girlie don't return it
Don't know know what I'll do

Oh dear I wonder where my basket can be
(So do we, so do we, so do we, so do we, so do we)
Oh gee I wish that little girl I could see
(So do we, so do we, so do we, so do we, so do we)

Oh why was I so careless with that basket of mine?
That itty bitty basket was a joy of mine!

A-tisket
A-tasket
I lost my yellow basket
Won't someone help me find my basket
And make me happy again?
(Was it green?) No, no, no, no
(Was it red?) No, no, no, no
(Was it blue?) No, no, no, no

Just a little yellow basket
A little yellow basket

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/ellafitzgerald/atisketatasket.html

歌詞の和訳があります。
http://camoq.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/a-ts-24f5.html

エラの1938年の音源(たぶん)です。



もう一つ、どの映画だったか調べていませんが、エラが映画出演でこの曲を歌っている動画です。
若いですねっ!



>>[45]

大きな間違いがありました。

>ディー・ディーには前記の3人、エラ、サラ、ビリーのソングブックがあります。
>サラ、ビリーはそれぞれのソングブック・トピックで取り上げています。

ディー・ディーには(まだ)サラのソングブックはありません。

整理しますと、彼女のソングブック・アルバムは
エラ、ビリーのソングブック。
デューク・エリントン、クルト・ヴァイル、ホレス・シルヴァーのソングブック。
となります。

これらは全てそれぞれのソングブック・トピックで取り上げています。


"Mack the Knife"

作曲 : Kurt Weill
作詞 : Bertolt Brecht (独語詞) / Marc Blitzstein (英語詞)
作曲年 1928

曲情報については【クルト・ヴァイル ソングブック】#43 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=79633241

エラのベルリンの実況録音があまりにも有名ですね。

ディー・ディーの上手さが見事に現れています。



"Undecided"

作曲・作詞 : Sydney Robin / Charlie Shavers
作曲年 1938

この曲はエラがチック・ウエブ楽団と1939年に録音しています。

1938年にベニー・グッドマンがこの曲を録音しようとして、作曲者のチャーリー・シェイヴァースに曲名を問い合わせたところ、彼は "undecided" (まだ決めていない)と答えたのをベニー・グッドマンが誤解して、曲名を "Undeceded" としたという説があります。
このときは歌詞はまだなくて、その後書かれたそうです。

ディー・ディーお得意の曲でもあるようです。



First you say you do
And then you don't
And then you say you will
And then you won't
You're undecided now
So what are you gonna do?
Now you want to play
And then it's no
And when you say you'll stay
That's when you go
You're undecided now
So what are you gonna do?
I've been sitting on a fence
And it doesn't make much sense
'Cause you keep me in suspense
And you know it
Then you promise to return
When you don't
I really burn
Well, I guess I'll never learn
And I show it
If you've got a heart
And if you're kind
Then don't keep us apart
Make up your mind
You're undecided now
So what are you gonna do?

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/ellafitzgerald/undecided.html


最初にあなたはするって言ったのにしないのね
それからそのうちするって言ってやっぱりしてないわ
こころが決まらないのね、それで今度はどうするの?
今度は選びたいって言い、つぎはいやいやなのね
一緒にいるよって言うときはあなたは出ていくんだもの
優柔不断なんだから、それでつぎはどうするの?

ずうっと気をつけて様子をみまもってきたんだけど
それもあんまり意味がなかったみたい
だってあなたはどっちつかずで、しかもそれを判ってるんだから
そして今度はもどってくるって言ったのに
もどってこないから私はカッとしてしまうの
私っていつまでも悟らないみたいだし、それを隠せもしないの

あなたに優しいこころと思いやりがあるのなら
私たちを離ればなれにしないで、こころを決めてちょうだい
いつもどっちつかずなんだから、今度はいったいどうするの?

 村尾陸男「ジャズ詩大全」より

エラ/チック・ウエブ楽団の音源です。



"Midnight Sun"

作曲 : Francis "Sonny" Burke / Lionel Hampton
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1947

曲情報については【ジョニー・マーサー ソングブック】#21 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78960498



ディー・ディーのこの上手さ!

エラの音源も聴いてみましょう。


"Let's Do It (Let's Fall in Love)"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1928

曲情報については【コール・ポーター ソングブック】#20 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78794438



エラの音源です。


"How High the Moon"

作曲 : Morgan Lewis
作詞 : Nancy Hamilton
作曲年 1940

曲情報については >>[7] をご覧ください。



エラの音源です。
1983年来日のライブ動画です。


"If You Can't Sing It, You'll Have to Swing It (Mr. Paganini)"

作曲・作詞 : Sam Coslow
作曲年 1936

エラの看板曲の一つになっています。
エラがこの曲を最初に録音したのは1936年で、彼女のスキャット歌唱の代表曲でもあります。

ニコロ・パガニーニ、Niccolò (or Nicolò) Paganini (27 October 1782 – 27 May 1840)についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Niccolò_Paganini
作曲家・ヴァイオリニストで、エラが初録音した頃には存命でした。

歌詞の適当な和訳は見当たりませんでした。

ディー・ディーがこの曲をどう料理して彼女の曲にしているか、じっくりと聴いてください。



Mister Paganini, please play my rhapsody
And if you cannot play it, won't you sing it
And if you can't sing it, you simply have to
Swing it
I said swing it
Oh-oh-oh swing it
And don't ding it
Oh mister Paganini, we breathlessly await
Your masterful détente, go-o on and sling it
And if you can't sling it
You'll simply have to swing it
I said swing it
And scattywahwah
And wahdyscatla
We've heard your repertoire and
At the final bar
We've greeted you with wild applause
But what a great ovation
Your interpretation
Pat-scoodle-atty-doody yeah yeah yeah
Oh Mister Paganini, now don't you be a meanie
What have you up your sleeve, go on and spring it
And if you can't spring it, you'll simply have to
Swing it

引用元はここ
http://www.metrolyrics.com/if-you-cant-sing-it-youll-have-to-swing-it-lyrics-ella-fitzgerald.html

1936年、チック・ウエッブ楽団の頃、この曲のエラの初録音です。


"Cotton Tail"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Duke Ellington / Jon Hendricks
作曲年 1940

曲情報については【デューク・エリントン ソングブック】#78 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=79085445

エラはこの曲をスキャットで歌っていたのですが、ディー・ディーも実に軽やかなスキャットを聴かせてくれます。



エラの音源です。


"My Heart Belongs to Daddy"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1938

この曲はミュージカル(舞台)Leave It to Me! (1938) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/leave-it-to-me-12393
https://en.wikipedia.org/wiki/Leave_It_to_Me!

このミュージカルでは他にも Get Out of Town が使われています。

もちろん "Daddy" はバイオロジカル・ファーザーを指すのではないですね :-)

ディー・ディーはヴァースから歌っています。
この曲にしては珍しいぐらいスローなテンポになっています。



In love with all
Those boys who call
On young cuties
But now I find
I'm all inclined
To keep my mind
On my duties
Since I've begun to share
In such a sweet love affair

Though I'm in love, I'm not above
A date with a duke or a caddie
It's just a pose, 'cause my baby knows
That my heart belongs to daddy

When some good scout, invites me out
To dine om some fine fin and haddie
My baby's sure, his love is secure
Cause my heart belongs to daddy

Yes my heart belongs to daddy
So I simply couldn't be bad
Yes I'm gonna marry daddy
Da-a-a-a-a-a-a-a-ad
If you feel romantic laddy
Let me warn you right from the start
That my heart belongs to daddy
And my daddy belongs to my heart

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/ellafitzgerald/myheartbelongstodaddy.html

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070711

エラのヴァースから歌っている音源です。


"On a Slow Boat to China"

作曲・作詞 : Frank Loesser
作曲年1948

曲情報については【フランク・レッサー ソングブック】#9 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=79567345

ディー・ディーのミディアム・スローでのスイング感はすばらしいですね。



エラの音源です。
ジョー・パスのギターも楽しめます。



"Oh, Lady Be Good!"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1924

曲情報については >>[21] をご覧ください。

一般的にはミディアムからミディアム・ファーストぐらいのテンポで歌われることが多いのですが、 ディー・ディーはミディアム・スローで歌っています。



"Stairway to the Stars"

作曲 : Matt Malneck & Frank Signorelli
作詞 : Mitchell Parish
作曲年 1935

曲情報については【スタンダードソングタイトルの、名迷訳】#3 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=79299384
歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20080824

ディー・ディーのお気に入りの曲のようです。

Mitchell Parish はまさに『星男』ですね :-)



エラの音源です。



"Dear Ella"

作曲・作詞 : Kenny Burrell
作曲年 1997 ← アルバムの録音年にしておきました

Kenny Burrell (g) とディー・ディーのデュエットです。

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、ケニー・バレルが書いた!英詩をじっくりと眺めてください。



Dear Ella
Our Special First Lady of Song
You gave your best for so long
This is true

Dear Ella we're all so glad
You answered the call
For it is certain that your music
Will always stand tall
Your blessing to all

Dear Ella
The soul in your songs
And heart we can feel
Such feeling, emotion
Such beauty of phrase
Each time
You brought joy to so many
With sounds of the music sublime

You started so early and

Made it so fun
With hard work and talent
You became number one

With your bearing so regal
Your voice strong and true
You gave us a standard
Met only by a few

Dear Ella
We'll always remember
Your love and good will
We treasure the place
In our hearts that you fill

We love you
We thank you
For all that you are
Ella... in our hearts
You are a true

Shining star...

Dear Ella.

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/d/dee+dee+bridgewater/dear+ella_21011175.html

これで
Dee Dee Bridgewater / Dear Ella
の全トラックが紹介できました。

エラのソングブックはもう少しありますので、ボチボチと続けてみましょう。
次はこれにしましょう。

Jane Monheit / The Songbook Sessions: Ella Fitzgerald

Label : Emerald City Records

Recorded on November 14-19, 2015

1. All Too Soon (Duke Ellington / Carl Sigman)
2. Somebody Loves Me (Buddy DeSylva / George Gershwin / Ballard MacDonald)
3. Chelsea Mood (Duke Ellington / Manny Kurtz / Irving Mills / Billy Strayhorn)
4. Something's Gotta Give (Johnny Mercer)
5. I Was Doing All Right/Know You Now (Astor Campbell / Delroy Cooper / George Gershwin / Ira Gershwin / Donovan Jackson / Earl "Chinna" Smith / Gordon Williams / Amy Winehouse)
6. Ev'ry Time We Say Goodbye (Cole Porter)
7. Where or When (Lorenz Hart / Richard Rodgers)
8. Ill Wind (You're Blowing Me No Good) (Harold Arlen / Ted Koehler)
9. All of You (Cole Porter)
10. I Used to Be Colorblind (Irving Berlin)
11. I've Got You Under My Skin (Cole Porter)
12. This Time the Dream's on Me (Harold Arlen / Johnny Mercer)

Musicians.
Jane Monheit (vo)

セッションごとに少しずつ異なるので、別途にします。

ジェーン・モンハイトについては【気になる現代の歌姫たち】#43 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78105808
現代のジャズシーンを代表する歌姫の一人です。

収録曲の内、3. Chelsea Mood, 5. /Know You Now 以外の曲(トラック)は、全てエラ自身のソングブックに収録されている曲です。

このアルバムを通して聴くと、確かにエラが歌っていた曲ではあるけれど、完全に ジェーン・モンハイトの歌唱になっていて、アルバム・タイトルやアルバムの企画を知らないまま聴くと、エラのソングブックとは気が付かない内容になっています。

わたし自身、ジェーン・モンハイトを充分には聴きこんでいないのですが、このアルバムを丸ごと聴くと、彼女のアルバムをもっともっと聴きたい!という気持ちにさせてくれます。
(みなさんも同じような気持ちになるんじゃないかと…)




"All Too Soon"

作曲 : Duke Ellington
作詞 : Carl Sigman
作曲年 1940

曲情報については【デューク・エリントン ソングブック】#42 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=79085445

Nicholas Payton (tp)
Michael Kanan (el-p)
Neal Miner (b)
Rick Montalbano (ds)
Daniel Sadownick (percussion)

Arranger : Nicholas Payton

最初のトラックから度肝を抜かれますが、これがジェーン・モンハイトです。



このアルバムと同じメンバーでのライブ動画がありました。
年月が彼女をおばさんスタイルに変えてしまって…涙
(この動画の10年以上昔の動画を見てしまうと…)



"Somebody Loves Me"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Buddy DeSylva & Ballard MacDonald
作曲年 1924

この曲は舞台(レビュー)George White's Scandals (1924) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/george-whites-scandals-1924-9543
https://en.wikipedia.org/wiki/George_White%27s_Scandals

大スタンダード曲になっているのですが、ジョージ・ガーシュイン・ソングブック・トピックでは未登場です。

ジェーン・モンハイトの歌唱スタイルをじっくりと聴いてください。

Nicholas Payton (tp)
Michael Kanan (p)
Neal Miner (b)
Rick Montalbano (ds)
Daniel Sadownick (percussion)



When this world began
It was Heaven's plan
There should be a girl for ev'ry single man.
To my great regret
Someone has upset
Heaven's pretty progamme for we've never met.
I'm clutching at straws, just because
I may meet him/her yet.

Somebody loves me, I wonder who,
I wonder who he/she can be.
Somebody loves me, I wish I knew,
Who can he/she be worries me.
For ev'ry boy/girl who passes me I shout, " Hey, maybe
You were meant to be my loving baby. "
Somebody loves me, I wonder who,
Maybe it's you.

引用元はここ
https://www.stlyrics.com/songs/g/georgegershwin8836/somebodylovesme299796.html

歌詞の和約があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070212

エラの音源です。



"Chelsea Mood"

作曲 : Duke Ellington & Billy Strayhorn
作詞 : Manny Kurtz & Irving Mills
作曲年 ????

なんだか "Chelsea Bridge" と "In a Sentimental Mood" をメドレーにして、曲名を縮めたような曲ですね、というより、その通りなんでしょう :-)

曲情報は【デューク・エリントン ソングブック】をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=79085445
どちらの曲も登場しています。

Nicholas Payton (tp)
Michael Kanan (p)
Neal Miner (b)
Rick Montalbano (ds)
Daniel Sadownick (percussion)



[Verse 1]
In the sentimental night I can see the stars
Comes through my world
While lay laughing with tears
Yes, I could fly
(?) and nice they call me
On wings of every kiss
Drifts are melody
So strange and sweet
Every sentimental wish
You make my pair of days
Complete

[Verse 2]
Rose have to seem to fall
It’ s all I could dream
Call you mine
Oh mine my heart
And let us see
Since you’re on this night
I dreamed of (?)
In a sentimental mood
I always say no good
For I never traced you
I am not his sentimental ring

Hmmm
Hooo


引用元はここ
https://www.elyricsworld.com/chelsea_mood_lyrics_jane_monheit.html


"Something's Gotta Give"

作曲・作詞 : Johnny Mercer
作曲年 : 1955

曲情報については【ジョニー・マーサー ソングブック】#49 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78960498

ジェーン・モンハイトのスイング感が面白いですね。
ニコラス・ペイトン(tp)が快調に飛ばしています。

Nicholas Payton (tp)
Michael Kanan (p)
Neal Miner (b)
Rick Montalbano (ds)
Daniel Sadownick (percussion)






ログインすると、残り25件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。